好きな人に気持ちを知られて片思いがうまくいかない!好きバレのデメリットや悪影響は?

好きバレしてしまう女性の画像。好きバレする人が恋愛にどんなデメリットがあるか知りたくなった。

過去記事「好きバレしたら恋愛はうまくいかない?好きバレのメリットや恋愛の効果とは」で、好きバレのメリットや恋愛の効果などをまとめた。

上の記事でも言っているのだが、基本的に「好きな人に自分の気持ちがバレること」についてほとんどの人がネガティブに考え、好きバレのデメリットや悪影響を気にしている状況がある。そこであえてメリットや効果について説明したのが上の記事。

しかし、「好きな人に気持ちが知られると片思いは上手くいかないの?」という質問の答えは、「恋愛の進め方や恋愛の仕方が変わるだけで、片思いが叶わないわけじゃない」ということだから、きちんと好きバレのデメリットや悪影響を知っていることが重要になるはずだ。

この記事では、好きな人に気持ちを知られた人や好きな人が分かりやすい人に向け、「好きバレのデメリットや悪影響」について解説する。

自分の恋愛の仕方は、受け入れることができればきちんと対処できるし、改善もできる。いつも好きバレして片思いがうまくいかない人の対処法も最後に触れるので、ぜひじっくり読んでみてほしい。

スポンサーリンク
記事下アドセンス

好きバレのデメリットと悪影響を知る意味

好きバレした時のデメリットは、メリットと表裏一体。つまりは、強みに変えることができるかどうかが大事であり、「好きバレ=片思いが実らない」という公式は成り立たない

個人的には時期によっては、むしろ敢えて「好きバレさせる」くらいでちょうどいいと考えており、デメリットが気になる気持ちは理解できるものの、対策や対処の方向で今回の記事を読んでほしい。

恋愛の仕方は、「正しい方法」がその人ごとに違っているのが片思いを進める難しさに繋がっている。アピールが上手なのか、仲良くなるのが上手なのかで好きな人へのアプローチ方法は変わってくるし、自分の弱点だけでなく強みに注目するのも大切なこと

好きな人に自分の気持ちが知られた人は、デメリットや悪影響を受け入れて、その上で対処に当たろう。弱みを強みに変えることができれば、むしろ恋を叶える人になれる。

好きバレにはどんなデメリットがあるのだろう?
一つ一つ丁寧にみていこう。

スポンサーリンク

意識し過ぎて関係が変わる

片思いだけを考えた場合、恋愛のいい雰囲気は友達以上恋人未満の時が最も盛り上がる。友達なのか好きな人なのか、片思いなのか両想いなのか、分からないから独特の空気が生まれ、それがいわゆる恋愛のいい雰囲気を作ることに強く作用する。

いい雰囲気になる前に好きバレした時は早い時期に「確信」が加わるから、一気に関係が明確になってしまい、「普通」を装うことが難しくなり、距離を縮めていくことも難しくなるのがデメリット。恋の進め方を選びにくくなり、距離を縮めていきたいと思う時期でも、恋愛感情ありきで接するしかなくなる。人によってとても難しい関係になってしまうことがある。

片思いの気持ちがばれたことがきっかけで友達関係が崩れ、片思い成就どころか、友達ですらいられなくなってしまうことがあるのは恋愛が苦手な人。好きバレした際は気持ちを知られた後でもそれまで通り接することができるかどうかで大きく道が違ってくるだろう。

よく好きバレする人は、気持ちを知られることを前提に恋愛を進めていく方法を考える必要がある。

意図しないタイミングで恋の決着がつけられる

敢えて好きバレさせたのでなければ、自分の片思いの気持ちがバレることは告白と似ている面があり、望まないタイミングで恋に決着がつけられるパターンも出てくる

好意を受け取った立場(相手)としては、好きだと知った後でも普通に接するべきとの意見もあるにはあるが、気のない人から好意を寄せられ、それを知ったにも関わらず仲良くするのは「思わせぶりな態度」になりかねない行為。好きバレをきっかけに「ジャッジ」される面は、タイミング次第で大きなデメリットに感じるはずだ。

温めたい関係であっても、好意が完全にバレた後では難しいことが多くなる。好きバレのタイミングがいい雰囲気になった後か、それともまだ距離を縮めていこうと思っている時期か、で変わってくる。

冷やかしの対象になる

周りの人に好きバレすると、冷やかしの対象になるのがデメリットだ。好きな人の前で普通ではいられなくなる原因の一つにもなっている。シャイな人、恥ずかしがり屋で恋愛経験の少ない人は、周りの目を無視してアプローチするのが難しく、ごまかすための行動や態度に躍起になってしまうのである。

アプローチやアピールとは真逆の行動を取っていては片思いが実るはずもなく、好きバレによって自分の片思いをあきらめてしまうことにも。

恋愛感情は人の感情の中でも特別なものだから、冷やかしの対象にされると傷つくし、とても恥ずかしい。好きバレした後は良い意味で開き直れるかどうかが大事である。

コミュニティー内の恋愛では次の恋にも影響する

真剣な恋愛を望む人に取って、コロコロ好きな人が変わる人は信用に値しない。片思いは残念ながら実らないことも多いのだが、だからと言ってマッチングのように多くの人を好きになって誰かと付き合えれば良いものでもないから、恋の多い人に対する見方は悪くなってしまうのが現実。

好きバレである人への片思いがバレると、次の恋もしにくくなる面はデメリットのなることがある。いつも好きバレする人は真剣な想いがそう捉えられなくなってしまうことも出てくるだろう。

恋に恋しているように思われる機会もあるため、「いつも好きバレする」人で「いつも片思いが実らない」人は、好きバレすることで片思いが成就しない状況になっている可能性がある。

好きバレがあなたの恋愛環境を悪化させるまで末期化することは少ないと思うけど、同じコミュニティーで恋愛しにくい状況になることは少なくないため、恋愛初期から好きバレする人は相当にデメリットを感じているかもしれない。

シャイな人・恋愛経験の少ない人との恋愛では相手の態度が変わることも

恋愛は相手がいることではじめて成立するもの。ここまでは自分に起きる変化や影響をまとめてきたが、相手のことでも好きバレにデメリットがある。その代表は、「シャイな人・恋愛経験の少ない人」の「態度の変化」だ。

あなたの片思いに気づいた相手は、好きバレ後に態度や行動に悪い意味の変化を起こす場合が想定される。これが「自分には気が無いから」という理由ならまだ納得できるけど、気があってもおかしな関係になってしまうことがある人は、シャイな人だったり、恋愛経験の無い人・恋愛経験の少ない人だ。

気持ちを知った後に「普通」を維持するのは、好きバレした本人にも難しく感じるだけでなく、相手も難しくなってしまうことがある点に好きバレのデメリットがあるだろう。

何となく恋愛感情が絡んでいそうな関係と、確実に恋愛感情が絡んでいる関係は、案外感覚的に大きく違っていて、恋愛経験の意味で若いころの恋愛は好きバレで関係が壊れてしまうことが頻繁に起きる

好きバレするタイプは、現実的に「恋愛をリードする力」が求められる恋愛が少なくない。

いつも好きバレしてしまう人が片思いを実らせるためには

「いつも好きバレして片思いが実らない人」へは、また違う記事でまとめを書くつもりではあるが、好きバレすることを受け入れて恋愛することが必要になってくる。

過去記事(好きバレしたら恋愛はうまくいかない?好きバレのメリットや恋愛の効果とは)で言ってるように、好きバレにはメリットもあって、好きバレ自体が恋愛を壊すわけではない

それよりも問題は、好きな人に気持ちがバレることでそれまでの関係や態度を維持できないことや、意識し過ぎて自分から距離を縮めていくことができなくなったりする点だろう。本当に好きバレが原因で片思いが実らないか、も考えるべきだ。

しかしながら、いつも好きバレして好きな人と普通に接することができなくなるのは今後の恋愛にも確実に影響してしまう。自分自身がそう感じてしまっていることが最大の弱点だ。恋愛に絡む感情はコントロールできる感覚ではないので、年齢を重ねて多くの経験と共に恋愛感情ありきの関係を深める方法を学んでいくことになると思う。

学校や職場、サークルなどで恋人を作るのに向いていない人もいることは確かだ。彼氏や彼女を身の回りの友達から恋人を作りたくないという人もいるだろう。自分がどんな恋愛観なのかを理解して、必要な出会い方を求めるのも大切になる人がいる。

好きバレしても恋愛が進めやすい出会い方は、お互いが素敵な人を探している場が適している。代表格は「ネット恋活」だ。もしまだ中身を見たことが無い人は国内最大手の「ペアーズ」を見ておこう。ここでは好きバレするのが全く問題にならない。特に女性は無料なので一度相手検索だけでもやってみてほしい。

公式サイト >>【Pairs】(R18)

まとめ

今回は「好きな人に気持ちが知られて片思いがうまくいかない」という人に好きバレのデメリットを紹介し、いつも好きバレする人の恋の仕方にも最後に触れた。

好きバレにはメリットとデメリットがあり、片思いが実らない原因になることがある一方で、恋愛成就に寄与する場合もある。要は強みに変えることができるかが問題であり、やはり恋の進め方次第といったところ。

いずれにしても、自分の特徴となっているなら生かす方向で考えてみよう。自分の恋愛の仕方をしっかり理解して好きな人へのアプローチの仕方を模索すれば、「好きばれする人は恋愛できない」との公式は打ち崩すことができる。

恋愛の基本である「自分自身への理解」が進んでいない人、自分の恋愛が分からない人は、下の記事も参考にしてみてほしい。

関連記事: