男性が「めんどくさい」と感じる女性の特徴~7つの視点でチェックしてみよう

めんどくさい女性の特徴のイメージ

男性はめんどくさいのが嫌いな生き物である。

これは恋愛にも持ち込まれる感覚だから「めんどくさい女」は敬遠されがちだ。

めんどくさいと思われるかもしれないと心配な女性が男性との恋愛で自分を作るところまで対策する必要はないのだが、男性がめんどくさい女だと思う女性には特徴があるため、そこを知ることで自分の改善するべきポイントが見つかるなら、あなたの恋愛にプラスの効果があるだろう。

この記事では「男性がめんどくさい女と感じる女性の特徴」を解説するから、自分に当てはまるところがないかチェックしてみよう。

男性がどんな時に「めんどくさい女」だと感じるのかを紹介していく。

目次

めんどくさい女は本当にモテない?めんどくさいのにモテる女との違い

リアルな恋愛を語るのがこのサイト「恋愛のすべて」の特徴だが、今回テーマにする“めんどくさい女”は、丁度いいめんどくささであれば、むしろ「モテる」ことに作用することを最初に伝えておきたい。

恋愛した時、女性なら多くの人が「好きな人ができるとめんどくさくなる」と自覚していると思うが、恋愛感情は本気で好きになって時に誰もがめんどくさいところがあるので、自分の恋愛の仕方に自信をなくすことはない。

ここら辺は下の記事で詳しく解説しているので、「めんどくさい女はダメなの?」「めんどくさいとモテないの?」と思うなら読んでみよう。なぜめんどくさいのにモテる女がいるのか分かると思う。

恋愛は多少めんどくさい人の方がうまくいく理由~好きな人に「表現する」意味を知ろう
恋愛では「めんどくさい男」「めんどくさい女」が嫌われるのが有名な話だ。 もともと恋愛感情そのものが自分でも持て余すような気持ちであるし、恋愛は異性の心理を読まないといけない点もめんどくさい。こんな恋愛サイトを運営する私でも、「

ただし、男性が嫌がるめんどくさい女は確実に存在しているのは確かなこと。

好きな人からマイナスイメージを持たれて「彼女にしたくない」「付き合いたくない」と思われないように、悪い意味で「どんな女性がめんどくさい女だと思われるのか」を理解しよう。

めんどくさい女の特徴① よく泣く女性

よく泣くめんどくさい女

恋愛の世界では、「女の涙は武器になる」とも言われ、シチュエーションが合えば「泣く女性」は男性から可愛く見える面もあるのだが、よく泣く女性はとにかく男性からめんどくさいと思われる女だ。

実際、女性に泣かれてしまうと、男性はどうしようもなくなる。それでも何とか慰めないといけなかったり、泣き止むのを待っていたりしないといけないため、泣かれると放っとくわけにいかず、特に頻繁に泣く女性は「めんどくさい」と思ってしまう。

合理的な男性心理では泣くことで「話ができなくなる状態になる」ことがめんどくさい

泣く原因がどちらにあるかを問わず、泣いてしまうようなことがあった時に男性は合理的な解決策を模索する一方、女性は感情的になる。

男女には考え方が違うのだから歩み寄りが必要なのだが、男性心理では「泣かれると話ができない」からめんどくさいと思ってしまう。泣いていても何も解決しないと思うのが男性脳だ。

付き合う前や付き合ったばかりの頃は、自分のことで涙まで流す彼女が可愛かったりするのだが、何度も見た涙は良い意味を無くしていき、ストレートにめんどくさい。

泣かせた男性はストレスを感じることも「めんどくさい」と思う原因

もし周囲に人がいるようなところで泣かれてしまえば更にめんどくさく、自分が泣かせた立場でそこに立っているとストレスが溜まることも。理不尽な立場の差に「いい加減にしてくれ」と内心で思うくらいだ。

涙が出るほどの大事件があれば泣くことで好きな人や彼氏に伝わるものがある一方で、男性がめんどくさいと感じる女性の特徴として「よく泣く女」が挙げられるので、涙を女の武器にするような頻度と態度には注意しよう。

めんどくさい女の特徴② 気分屋の女性

気分屋だと相手に思わせる人は案外女性にも多く、あまり免疫がない男性からするとめんどくさい女だと感じやすい。

女性特有の問題で、月1で少し荒れるくらいならしょうがないかとも思うが、気分がころころ変わる女性は、ご機嫌取りに疲れる男性が多くなる。めんどくさいと感じる女性の特徴だ。

感情的になる女性はイライラを相手にぶつけるからめんどくさい女だと思われる

イライラを表に出すか出さないかは、女性毎に大きく違っている部分だが、感情的になる頻度が多ければ多いほど、その度合いが強いほど男性にはめんどくさいと思われる。

なぜなら、男性は感情的になることが女性と比較して少なく、「ヒステリー」になるのは多くが女性だと思っているから。感情的になる人に慣れていないなら、めんどくさいのである。

めんどくさい女だと感じた時は、急に冷める男性が多いので、後で後悔するような態度を取り続けるのは自分のためにならない。どんな事情があっても、理不尽な態度だと思われることは自重するようにしよう。

めんどくさい女の特徴③ 自分の優先順位を常に1番にしようとする女性

自分が一番じゃなきゃ許せない、めんどくさい女

私と仕事、どっちが大事なの?」って有名な言葉があるけど、この問いの趣旨は女性の「私を優先して」って願望だ。

仕事が友達に変わっても同じだし、その他なんでも当てはまるが、自分の優先順位を常に(もしくは多くの場合で)1番にしようとするのは、男性がめんどくさいと感じる女性の特徴。

確かに自分の優先順位は大切なものだし、愛されていないのではないかと感じる局面に女性が聞きたくなる気持ちは男性側も理解しているが、これも限度の問題とその状況毎の問題が絡んでいる。

「どっちも大事だよ!」って答えたい男性の立場を考えると、常に1番でいたい彼女はめんどくさいし、付き合いきれないと思いやすい。

特に付き合う前から自分の優先順位に拘る女は、付き合った後の「彼女」としてのイメージも悪くなるため、「束縛される」とか「嫉妬がひどい」と思われて、彼女にしたくない女だと思われる。

愛情表現は素直にしてほしいのが男性心理

もし、自分を優先して欲しいなら、それを素直に伝えて欲しいと考えるのが男性心理で、どうしようもないことがあるのを分かってほしいとも考える。

彼女側の反論は予想できているが、せめて折り合いをつけたいと考えやすいので、優先順位を聞かれること自体めんどくさいし、「常に1番は無理」って考えると主張が感情的過ぎて相手にしたくなくなるのが男性だ。

良い関係を築けていれば自然と高い優先順位を維持できるので、「もっと私のことを大事にして」と思うなら、その気持ちを伝えるよりも愛される女になる方がケンカせずに願いも叶う。

ここは下の記事も参考にしてみよう。

愛される女性になるために実践してほしいこと~愛されたいなら
恋愛で「好きな人から愛されることが一番の喜び」だと思っている人は、女性に多い。 本能的に女性は自分が大事にされることを望んでおり、愛してくれる男性を求める傾向があるからだ。 行動的で自由を大事にする男性とは逆に、女性は自

めんどくさい女の特徴④ 連絡に絡む問題がある女性

マメな男性がモテるのは、女性が求めていることを提供できていることも多いのだが、相対的に男性として競争力が高いことも理由である。

つまり、男性は連絡したりされたりすることにマメな人が少なく、彼女から頻繁に連絡があるとめんどくさいと感じることが多いということ。

連絡の頻度についてはある程度幅があるものの、彼氏の態度でサインを見逃すと女性的な感性では男性側との差異が大きいため、予想しているよりもめんどくさいと感じられることが多くなるだろう。

彼氏とバランスを取って付き合いたいという女性は、彼氏の反応に気を付けると良い。

連絡を返さなかった時のリアクションでめんどくさい女に認定されることも…

また、連絡を返さなかった時のリアクションで男性に窮屈さを与える女性も、めんどくさいと感じさせる女性の特徴だ。

自分のしてほしいことやしてほしくないことを伝えて、よりよい付き合い方をしたい気持ちはよく分かるが、彼氏との折り合いがあってこそその目的は達成される。

めんどくさいと感じさせては、より良い付き合い方に遠ざかることもあるため、よく考えてみよう。

次で、めんどくさい女のLINEの特徴を解説する。

めんどくさい女の特徴⑤ LINEの仕方がめんどくさい

めんどくさい女のLINEの仕方をする女子

めんどくさい女のLINEは7つの特徴があるので、それぞれ自分が当てはまっていないかチェックしてみよう。

めんどくさい女のLINEの仕方①
LINEが終わらない

男性はだらだら続くLINEのやり取りをめんどくさいと感じる。

男同士のLINEでもくだらない話をすることもあるのだが、一度のやり取りの平均を比べれば「男性相手」より「女性相手」の方が2倍以上長いので、「好きな人とのLINEを長引かせる傾向を持った女性」はめんどくさいLINEの仕方をしている。

めんどくさい女のLINEの仕方②
一日に何度もLINEしてくる

付き合ってる彼女であれば一日に何度もLINEするのは普通のことだが、付き合う前はある程度の距離感が欲しいと思うのが男性心理であるため、一度会話が終わったのに数時間後にまたLINEが来ると、めんどくさいと思ってしまう。

男性の「連絡」は基本的に目的を持って行われる面があるから、毎日何度もLINEする女性の気持ちがよく分からない。「時間奪ってる感覚ある?」とか「暇なの?」と思われることがあるから、恋愛の盛り上がり方と合わせてLINEの頻度を調整しよう。

意味のないLINEを送ってはいけないという意味ではないので、しつこいと思われないLINEの仕方をすればOKだ。

好きな人とのLINEの頻度とは~迷惑にならないやりとりの考え方
好きな人とのLINE(ライン)では、誰もが「どのくらいLINEするか」というLINEの頻度に頭を悩ませる。 「好きになってほしいけど、しつこいLINEで嫌われたくない…」 「LINEしすぎかな…。でもやっぱり好きな人とLIN

めんどくさい女のLINEの仕方③
返事の催促をする「追撃LINE」

好きな人からLINEが返ってこない時はつい気になって追撃LINEを送ってしまうことがあるけど、自分のフォローも含めて、返事の催促をしていると感じさせるLINEはめんどくさいと思われる原因になる。

お互いに予定があるから、好きな人に送るLINEは最低1日は返事を待ってみよう。既読無視の対処法については下の記事で解説しているので、苦手なら参考にしてみてほしい。

好きな人にLINEを既読無視された時の考え方と対処方法
誰かを好きになって仲良くなりたいと思ったとき、一番使われる手段が「LINE(ライン)」を活用したアプローチである。簡単なメッセージのやり取りは、好きな人と仲良くなる前のコミュニケーションに最適だ。 しかし、LINEを使った恋愛

めんどくさい女のLINEの仕方④
前触れがない長文LINEで重い話をする

付き合う前であっても、深い相談やシリアスな話はLINEでしても良いのだが、どんな事情があってもいきなり長文LINEが送られてくると、男性はめんどくさい女だと思う。

重い話をしたい時はきちんと前置きを作って、相手が雰囲気を読めるようにしよう。

急に重い話をされるとLINEが長引くことも多いし、相手が忙しいのか暇なのかを察知することも重要になる。長話できる雰囲気を察知しよう。

めんどくさい女のLINEの仕方⑤
スタ爆:スタンプの連打

女性にもLINEだとちょっかいを出すタイプの人がいるけど、いわゆる「スタ爆」は非常に男性からの評判が悪い。

「なんだよ、めんどくさいな~」って思われるだけなので、好きな人にはストレートなLINEのやり取りをするようにしよう。

めんどくさい女のLINEの仕方⑥
すぐに返信する、やり取りのリズムを考えない女

LINEの連絡もコミュニケーション方法の1つなので、「リズムが合わない女」は男性からめんどくさい女だと思われやすい。

女性が特に注意してほしいのが、「すぐに返信する」ことだ。相手のLINEのペースが遅いのに合わせないでLINEすると、それだけでLINEがめんどくさいと思われる。

ここも相手の男性のLINEの仕方が重要な物差しになるので、「あなたの好きな人がどのくらいのスピードで返信してくるか」を見てみよう。

相手がすぐに返信してくるタイプならあなたもすぐに返信するので問題がないが、時間を置くタイプなら、あなたも時間を置いて返信する方が相手の男性に取って心地良いLINEのやり取りになる。

めんどくさい女のLINEの仕方⑦
話題を提供するつもりが、自然に自慢話をする

LINEのやり取りはお互いの近況報告から会話が始まることも多いのだけど、あまりリア充アピールをしすぎると、めんどくさいと思われることがあるから注意しよう。

普通に話題を提供しているつもりが、LINEの内容によっては相手の男性から「自慢話を聞かされてる」と思われることがあるため、「相手からどう思われるのか」という視点は絶対に忘れてはいけない。

特に、ノリが良い会話をしようと、自慢話をした後にバカにする態度を取ると、プライドを大事にする男性心理に思いのほかストレスを与えるので、注意するべきだ。

めんどくさい女の特徴⑥ 不安な気持ちが強い女性

すぐ不安になるめんどくさい女

好きだと言うのを嫌がる男性でも、たまに「好き?」って聞かれた時くらいは「好きだよ」って答えてあげたいなと思うのだが、何度も聞かれるのはめんどくさい。

付き合う前後に関わらず、気持ちの確認をしたいのはそれだけ不安な気持ちがあるからこそなのだが、ネガティブな女性に男性はめんどくさいと感じる。

愛情表現についても男女間の溝は大きく、男性側は「言葉で言わなくても分かってるだろ」と考えがちで、女性は「言葉にしないとわかんないよ」って考えがち。

個人的には女性側に合わせてあげた方が良い部分だと思っているが、この違いに気付かずに何度も彼氏に「好き」って言わせようとするのは流石に頂けないし、めんどくさいと感じる男性はかなり多い。

不安な気持ちがいつも強い女性は、男性がフォローをしないといけなからめんどくさい女だと思われるのだ。

彼氏側に問題があるケースは多いのだが、もしそうではなく勝手に不安になっている面が強いなら、相手に対しても悪影響が強いので気を付けたい。

付き合う前に関しても、「私なんて…」と思ってしまう女性は好きな人への接し方が悪くなってしまうし、不安になっているだけなのに「機嫌が悪そうに見える」という事も多いので、意識的に自分の態度を調整するべきタイミングがある。

「信頼しようとするのか、裏切られることばかりを考えるのか」で変わってくることもあるから、自分の視点をコントロールできるようになろう。

めんどくさい女の特徴⑦ 甘えてるつもりがわがままになっている女性

頼られること、甘えられることが好きな男性でも、わがままな女性は嫌いである。

自分は甘えているつもりでも、男性に取ってそれがわがままに映っていることを自覚できない女性は、めんどくさいと感じる女性の特徴だ。

甘えているつもりで何かをした時も、男性のリアクションには注意をしてみよう。男性は女性にツンデレ的な態度を示す人が少ないので、正直なリアクションをしている場合が多い。

基本的に男性は女性から甘えられると心地よく感じるので、嬉しいと思っていれば笑顔が見えるだろうし、もしわがままだと捉えられているのなら、めんどくさそうにする態度が見えるはず。

甘えることは恋愛の雰囲気になって良いことだから気にし過ぎるのはよくないが、「これってわがままかな?」と疑問を持つことは必要なこと。

バランスが大事だが、一方的に自分がわがままになってしまうのは避けよう。

わがままな女性が男性に取ってめんどくさいと感じる女性なのは誰でも知っていることだと思うので、そんな視点が大事かもしれない。

まとめ:男性から嫌われる「めんどくさい女」を卒業しよう

今回は、めんどくさい女性の特徴を7つの視点からまとめてみた。

自分がめんどくさい女になってしまった場合は、せっかくうまくいっていた恋愛でも男性が急速に冷めてしまうことがあるから気を付けよう。

男性がめんどくさいと思っている時は必ずサインを出すので、片思いを叶えるには心配しすぎないこともポイントになっている。

バランス感覚が大事になってくるので、恋愛感情の複雑さに負けず、いつも「好きな人から見た自分を意識する」ことを目標にしてみてほしい。

相手の気持ちを考えることができれば、めんどくさいと思われないで恋愛ができるはずだ。

恋愛が進んできている人は、下の記事も参考にしてみてほしい。

好きな人の気持ちを知る方法~自分のことを好きかどうか知りたい人へ
誰かを好きになれば、一番知りたいのは「好きな人の気持ち」だ。 どんな恋愛の仕方をしたとしても常に気になるのが好きな人の気持ちであり、みんなが好きな人の言葉や態度に意味を見つけて、一喜一憂しながら恋愛している。 きちんとア

関連記事:

長続き
Brightfutureをフォローする
自分の結婚できる確率を理解する

結婚を具体的に考えるべき年齢は意外と若いって知ってましたか?結婚したいと思っている人は、自分の年齢によって変化していく「自分が結婚できる確率」を正しく理解しておくことが重要なんです。
下の記事では、総務省の国勢調査から年齢別・男女別に結婚できる確率を算出して、考察をまとめています。
後悔しないように、今の自分の結婚できる確率がどのくらいなのか把握しておきましょう。

恋愛のすべて
タイトルとURLをコピーしました