好きな人とのLINEの頻度とは~付き合う前の男性や女性にしつこい、迷惑だと思われないやりとりの考え方

  ※ 当サイトはアフィリエイト広告を利用してます

付き合う前の男性へのLINEの頻度に悩む女性

付き合う前の好きな人とのLINE(ライン)では、誰もが「どのくらいLINEするか」というLINEの頻度に頭を悩ませる。

高校生や大学生でもそうだし、社会人ならなおさらだ。片思いの時期のLINEの頻度は、相手の迷惑も考えないといけない。

「好きになってほしいけど、しつこいLINEで嫌われたくない…」
「LINEしすぎかな…。でもやっぱり好きな人とLINEしたい…」

恋愛中は微妙な感情の中で気になる人や好きな人と接するが、LINEの頻度についても「積極的かつ迷惑にならない頻度」を探る必要があり、シビアな判断が求められる。

好きな人とのLINEは送りたい時に送れば良いというほど単純ではないため、片思いしたらみんなが悩む問題だ。

そこで今回は、恋愛がうまくいく「好きな人とのLINEの頻度」を徹底解説する。

仲の良さにも配慮して解説するので、気になる人とのLINEの頻度についてもこの記事を読めば適切な間隔でLINEできるようになるはずだ。

好きな人の迷惑にならないLINEの頻度を押さえつつ、付き合う前の男性や女性と仲良くなれるLINEの頻度を解説していくから、仲良くなりたい人がいる人(=意識する人や気になる人)や、好きな人とのLINEの頻度に悩んでいる人は、ぜひ参考にしてみてほしい。

この記事の後半では「LINEの頻度を上げるタイミング」を解説し、ラストの見出しでは職場恋愛・社内恋愛に特化して、気になる人や好きな人とのLINEの頻度、LINEの頻度の上げ方も解説している。

カップルのLINEの頻度に関しては下の記事で専用の解説記事を用意しているので、彼氏や彼女とのLINEの頻度に悩んでいる人はこちらを読んでみよう。

  1. 付き合う前の適切なLINE(ライン)の頻度は、好きな人からの返信で分かる
    1. 好きな人が送るLINEのメッセージの長さから頻度を考える
    2. 「好きな人の返信までの時間」でしつこいと思われないLINEの頻度を考える
    3. 好きな人をLINEグループに誘えると「付き合う前のLINE頻度」が客観的に判断できる
    4. 好きな人とLINEで仲良くなりたいなら頻度の気にしすぎもダメ!LINEできないとそもそも片思いは実らない
  2. 付き合う前の男性や女性へのLINEの頻度は「普段の関係性」を踏まえて判断する!仲良くなる度にLINEの頻度を上げよう
    1. 好きな人とのLINEを頻度を上げるコツ:LINEの会話を会った時の会話に繋げていくと、LINEの頻度を上げることができる
    2. LINEの頻度を調整しても、LINEするだけの関係はすぐに終わる!好きな人とたくさんLINEしたいなら、会った時の会話に頑張る
    3. 好きな人に送るLINEの内容を「会った時の話題」として考えてみると、会った時と離れてる時のアプローチが連動して良いアプローチになる
  3. LINEの頻度と量の関係:LINEの頻度を上げる時は1回当たりの量を減らすと好きな人からしつこいと思われない
    1. 好きな人にしつこいと思われて嫌われたくないなら、LINEの頻度を重視して、一度にやり取りする回数を抑える
    2. 気になる人や好きな人となかなかLINEできない時期は、LINEできた時に会話を続けられるように頑張る
  4. 付き合う前の好きな人に送るLINEの頻度はどれくらいが良いか:デート前とデート後で「LINEの頻度を変える」のがポイント
    1. 好きな人と二人で会う前、デートする前のLINEの頻度
    2. 二人で会うようになった後、デート後のLINEの頻度
  5. わざとLINEの頻度を少なくする?片思いのLINEは、タイミングによって引いてみることも考えよう
    1. 押してばかりの片思いをしている人は、LINEの頻度を調整しよう
  6. 気になる人や好きな人とのLINEの頻度が減ったらどうすれば良いのか
    1. 好きな人のLINEが減った時は、関係性を高めるように具体的な努力をする!どんな行動が必要になっているのか
    2. LINEの頻度が激減したら1ヶ月くらいは引く
    3. 好きな人とのLINEの頻度が減った時は脈なしなのか
  7. 職場の気になる人や好きな人とのLINEの頻度
    1. 職場の好きな人や気になる人とLINEの頻度を上げるコツ
    2. 職場の年上男性や年上女性に送るLINEの頻度は、少なめからスタートする
    3. 職場の気になる人や好きな人とのLINEの頻度を上げる時期
  8. まとめ

付き合う前の適切なLINE(ライン)の頻度は、好きな人からの返信で分かる

LINEは、好きな人からの「返信」でどんなやり取りをするべきか判断できる。

「どのくらいLINEするべき?」と思ったら、好きな人の返信の仕方から適切なLINEの頻度を探ることが重要だ。

恋愛はどんな時も「相手の気持ちを考えること」が基本になるけど、何でそれを判断するかというと「相手の態度と行動」である。

LINEであれば、「どんな返信の仕方をしてくるか」を見ていると、相手の気持ちが見えてきてLINEの頻度も適切にできる。

LINEなら後から好きな人とのやりとりを振り返ることができるため、ぜひ客観的にトーク履歴を判断して、仲良くLINEできるように配慮しよう。

では、好きな人のLINEのどこを見て「丁度いい頻度を決めるべきか」、さらに具体的に解説する。

好きな人が送るLINEのメッセージの長さから頻度を考える

付き合う前の好きな人とのLINEの頻度を決める際は、「好きな人からの返信がどのくらいのメッセージ量か」を一つの判断基準にしよう。

短いLINEを脈なしだと決めつける必要はないのだけど、傾向として「LINEの返信がいつも一言だけで終わる」「スタンプで簡単に済まされる」というパターンが多い場合は、LINEの頻度を落とす方が結果的に仲良くなれるチャンスを残すことになる。

好きな人の性格にもよるが、LINEのメッセージ量が好きな人と同等程度なら、相手にとって迷惑にならない頻度になっていることが想定できる。

たとえば、あなたが2つの吹き出しを使ってLINEした時、相手も同じように2個の吹き出しで返信してくれたり、2行でLINEした時に2行で返ってくるのが基本になっているなら、今のLINE頻度で問題ないサインであり、LINEの頻度を上げるべき状況だ。

逆に、自分がそれなりの長さでLINEしてるのに相手の返信が短文LINEばかりだったり、スタンプや顔文字だけの返信をされることが多くなってきたら、LINEの頻度を下げるべきサインだ。

LINEの頻度が多すぎることで好きな人が迷惑だと思っているのなら、返信が無意識にでも短いメッセージになるし、あえてそっけないLINEを送ることで迷惑サインを出すこともある。

いわゆる「察してくれ」という状態になったらLINEの頻度を落とすサインで、既読無視はしないけど返信に脈なしの気持ちを伝えるパターンになったら、しつこい頻度になってる可能性が高い。

そのままLINEしすぎの状態を続けると、既読スルー・未読スルーに発展していってしまうので、頻度を落とすようにしよう。

その意味で、「返信のメッセージ量」はLINEの頻度を考える時に重要な判断基準である。

恋愛は積極的に頑張っていくのも大切なことなので、特に問題が無ければ徐々にLINEの頻度を上げる方向でアプローチしよう。

この記事の基本スタンスは、あくまでも「積極的にLINEすること」にある。その上でしつこいLINEや迷惑にならないLINEの頻度を模索していく趣旨で解説していくから、あなたもそのつもりで読んでいってほしい。

「好きな人の返信までの時間」でしつこいと思われないLINEの頻度を考える

LINEのやり取りの中では、「返信までの時間」にも気になる人や好きな人の気持ちが表現されている。

常に早く返ってくる状態の時ほど良好な雰囲気なのだが、LINEが返ってくるまでの時間は非常に個人差が大きい。そこで重要になるのが、LINEが返ってくるスピードの変化に注目することだ。

「最初と比べてどうなってきてるか」を見てみると、しつこいと思われない・迷惑にならないLINEの頻度が見えてくる。

最近の好きな人とのトーク履歴を見てみて、だんだん返信がくるまでの時間が短くなっているのか、それともだんだん返信がくるまでの時間が長くなっているかという2点を分析して適切なLINEの頻度を考えていこう。

この2点を意識すると、好きな人とのLINEで頻度を落とすべきか上げるべきかの判断がしやすい。

あんまり頻繁にLINEを送ってきてほしくないと考えれば、好きな人はあなたへの返信をだんだん遅らせていくから、その感じがあればLINEの頻度を下げるようにしよう。

最初から返信が遅い人もいるけど、このタイプに対してはあなたもLINEのテンポを遅らせて、相手の返信に合わせて返信していればLINEの頻度を下げる必要はない。

返信が遅くなったという悪い変化がヤバイので、相手のLINEの仕方を織り込んで考えよう。

ここでも好きな人の性格を考慮するべきだし、相手の予定(スケジュール、忙しさ)の問題があるので、傾向を掴むことに努力するのがコツだ。

最初はまだ手探りだが、LINEしている内にあなたに対してどう思っているかがLINEに表れてくる。最初はLINEで失敗しないことを重視しながら、やり取りする期間を長くしていくように連絡を取り合おう。

好きな人をLINEグループに誘えると「付き合う前のLINE頻度」が客観的に判断できる

好きな人の返信からLINEの頻度を考えていく時に一番分かりやすいのが、好きな人を小さいグループに誘って、普段の好きな人のLINEの仕方を知ることだ。

その意味では、グループデートができるような状況が作れるとベストなのだが、そこまで行かなくても好きな人と一緒のグループLINEがあれば良い。

LINEにも人によって好き嫌いがあるし、メッセージの長さやスピード感を掴むのに、好きな人が第三者と絡む「グループトーク」を見てみると、判断を間違うことが減る。

「好きな人が友達とどんなLINEの仕方をしているか」というのは、LINEのグループ内のやりとりである程度分かるから、それを自分とのLINEと「比較」してみよう。

普段ノリノリでLINEしているのにあなたとのLINEのテンションが低いなら、少しLINEの頻度を下げて様子を見るようにし、グループラインよりテンションが高いLINEが来る場合はもっと仲良くなることができるように少しずつLINEの頻度を上げていく。

グループラインでは人によって発言量がだいぶ違っているけど、恋愛は基本的にポジティブに捉えてアプローチしていく方がずっと成就する可能性が高いため、客観視しながらも前向きに考えていくことがポイントだ。

普通にLINEできるなら、付き合う前の恋愛アプローチという意味でLINEの頻度を少しずつ上げる判断をする。

仲良くなっていってる実感が少しでもあるなら、好きな人が迷惑に思うLINEの頻度はそこまで少なくないから、片思い中は積極的にLINEすることを大切にしてほしい。

好きな人に嫌われるのが怖いなら、下の記事を読んでおこう。気になる人とのLINEの頻度についても、「完全脈なし」でない限り、仲良くなりたいという気持ちを伝えるためにちょっとずつLINEを増やすのが基本になる。

嫌われるきっかけになるNGラインの特徴~うざいLINEとは?LINEが嫌われてるサインとは?
好きな人ができた時にLINEで仲良くなろうとする時は多いと思うが、あなたは「好きな人から嫌われるライン」に注意しながら連絡を取っているだろうか? 恋愛のアプローチにLINEやメールを使うのは当たり前になっているが、専門家の立場で恋愛相

好きな人とLINEで仲良くなりたいなら頻度の気にしすぎもダメ!LINEできないとそもそも片思いは実らない

好きな人からの返信は内容が気になって色々考えてしまうと思うが、相手にもその時々の気分と事情がある。

LINEしている時は目の前に相手がいるわけではないので、実際のところではヒマしているのか忙しいのかもストレートには分からない。

したがって、気になる人や好きな人と仲良くなるLINEの仕方をしたい人は、「頻度の気にしすぎ」にも注意が必要だ。

「たった1回」の脈なしラインで頻度を下げる判断をしたり、気にしすぎてLINEが送れなくなってしまうと、そもそも恋愛成就の可能性が作れない。

迷惑そうにしてるサインが出た時も同じように、「その時は忙しかっただけかもしれない」と考えて、様子見しながらLINE頻度と向き合ってみよう。

好きな人との正しいLINEの頻度は、絶対に「傾向」で考えるようにして、心配しすぎになることも回避しよう。

言い訳して好きな人にLINEしない人は、好きな人を仲良くなることができない人だ。

恋愛成就を目指すなら、好きな人とのLINEは段々と頻度を上げて行くのが基本になる。気になる人ができた時もLINEの量を増やしていくことで本当に好きになるかどうか確認していこう。

問題なくLINEのやり取りができていると判断できる場合は、会話の内容も加味しながら毎日LINEできる関係を目指していく。

付き合う前のLINEの頻度の理想は「毎日」なので、そこを目指しながら連絡を取り合おう。

あなたが好きな人にアプローチする立場だったら、LINEを嫌がる態度を取らないのを広義の意味の脈ありサインと捉えることが大切だ。積極的に行けないと恋愛成就の可能性を上げることができない。

それでもどうしても脈なしが気になるという人は、下の記事で現状を把握するようにして、勇気が出ない自分を変えるきっかけにしてほしい。

付き合う前の男性や女性へのLINEの頻度は「普段の関係性」を踏まえて判断する!仲良くなる度にLINEの頻度を上げよう

好きな人とのLINEの頻度を判断するために普段の関係を思い出す女性

LINEのやりとりも結局のところコミュニケーションなので、LINEの頻度を考える時は「普段の好きな人との関係性」を踏まえることがすごく大事なことになる。

普段ぜんぜん話さないのにバンバンLINEすると気持ち悪いと思われることがあるし、仲良くないのに毎日LINEすると「距離感を失ってる人」だと思われてLINEが返ってこなくなる。

LINEだけで仲良くなろうとする人は恋愛下手で、嫌われるLINEの仕方にもなっているからぜひ注意してほしい。

では、どのようにLINEの頻度を上げて行けば迷惑にならないでたくさんLINEできるようになるかというと、LINEの会話を会った時の会話に繋げるのがコツだ。

または、会った時の会話をLINEの会話に繋げるようにして、オンラインとオフラインを連動させていくのが「LINEで好きな人と仲良くなるコツ」になる。

会った時に会話できない関係性でLINEの頻度を上げていくと、好きな人からめんどくさいと思われるし、悪い意味のギャップが生じて「LINEしてくるのが気持ち悪い」と思われることも出てきてしまう。(※LINEしてくるのに話しかけてこない人の印象は悪い)

片思い中は「用もないのにLINEするのが迷惑だ」と思う必要はないが、「話すことがないのにLINEする」のは迷惑に思われる確率が高いので、話題の確保という意味でもLINEの頻度を上げたい時は話しかけることが重要になっている。

好きな人とのLINEを頻度を上げるコツ:LINEの会話を会った時の会話に繋げていくと、LINEの頻度を上げることができる

LINEの頻度は「好きな人と仲良くなっていく中で上げていく」のが理想だ。

好きな人とたくさんLINEしたいと思ったら、短い会話で良いので、会った時に話しかけるようにして、好きな人とのLINEのやりとりを普段のコミュニケーションに繋げていく意識を持とう。

LINEの頻度を上げていくには、
会った時の話題⇒LINEの話題⇒会った時の話題
といったように、コミュニケーションが連動していく形を作ればよい。

簡単に言えば「話題が繋がっていくと、話すことがたくさんできて、好きな人と仲良くなれる」ということだ。

本来の意味で2人が仲良くなると、表面的な意味のLINEの頻度はあまり気にならなくなる。あなたがよくLINEしてる友達に「頻度」なんて考えないだろう。

好きな人と仲良くなってLINEの会話が盛り上がると、付き合う前から自然に毎日LINEしてる状態になることもよくある。

気になる人や好きな人とのLINEは仲良くなる度に頻度を上げると違和感なく距離を縮められるので、「LINEだけで仲良くなろうとしない」のは大きなポイントになる。

LINEの頻度を調整しても、LINEするだけの関係はすぐに終わる!好きな人とたくさんLINEしたいなら、会った時の会話に頑張る

相手の反応を見ながらLINEの頻度を調整しても、LINEするだけの関係になったら、その関係は1ヶ月からヶ月以内を目途にすぐ終わる。

最初は楽しいLINEができても、その内に既読無視や未読スルーされるようになる。

なぜなら、会った時に会話がないとLINEが盛り上がることもないため、好きな人はあなたとのLINEがだんだんつまらなくなるからだ。

LINEの頻度を調整すればすぐに飽きられることはないかもしれないが、たまにLINEする関係にしかなれずに片思いは進まない。

ここは特に男性心理で問題になる部分なので、「話さないけどLINEする」という状態は女子の片思い中に好ましくない状態だ。

行動の一貫性がないと「どんなつもりでLINEしてくるのか分からない」と思われて、いずれ距離を取られる。

これを回避するために、会った時にきちんと話しかけて会話をし、二人で仲の良さを実感できるように頑張ろう。そうすれば、LINEを毎日続けることも当たり前の関係ができてくる。

好きな人とたくさんLINEしたい人は、LINEの盛り上げ方にだけ頑張るのではなく、必ず直接話す機会に会話の盛り上げ方にも頑張ろう。(※対策については子の小見出しの下に解説記事を添付する)

あまり仲が良くない状態でバンバンLINEを送られてしまうと、好きな人が迷惑だと感じる頻度になってしまう可能性が高い。しかも、そこまで仲良くないのにLINEするのだから、LINEの話題も表面的になり、好きな人に踏み込むこともできなくて一向に距離が縮まらない状態となってしまう。

「LINEだけで仲良くなろうとする失敗する」という点は、恋愛する人全員に知っておいてほしい、付き合う前の恋愛の原則である。

会話が苦手なら、下の記事を参考にしてみよう。

好きな人に送るLINEの内容を「会った時の話題」として考えてみると、会った時と離れてる時のアプローチが連動して良いアプローチになる

せっかくLINEを使って好きな人とのコミュニケーションが取れる関係なら、それを生かして「片思いを進める」という方向でLINEの話題を考えるべきだ。

その点で、次に会った時に話題にできる内容をLINEで送って、好きな人から「LINEの頻度が上がったのは仲良くなったからだ」と思ってもらえるLINEの仕方をしよう。

気になる人や好きな人とのLINEの頻度が減っていく人は、会った時と離れてる時のアプローチのバランスが悪くなっているからだ。

そうなると連絡を取り合うのがめんどくさくなるから、だんだん疎遠になる。

もし、あなたと好きな人の関係がまだそこまで仲が良いとは言えない関係なら、LINEの頻度も多くなってはいけない。

これから関係作りをしていく段階では、迷惑にならないLINEの量に留め、会った時にきちんと会話できる関係を作りながらLINEの頻度を高めていこう。

そのために、好きな人に送るLINEは会った時に話題にできるもの、話題にしていくものを意識的に選ぶと良い。

では、どんなLINEの仕方をすれば、好きな人が仲良くなったと感じるのだろう?

次の見出しでは、「LINEの頻度と量の関係」を詳しく解説する。

LINEの話題がないと言う人はこちらの記事を参考にしてみよう。
>>好きな人にLINEを送る時の話題の考え方と、LINEするきっかけの作り方

LINEの頻度と量の関係:LINEの頻度を上げる時は1回当たりの量を減らすと好きな人からしつこいと思われない

片思いのLINEの頻度はどのくらいからしつこいと思われるか分かった女性

基本的に人は、心理学的にも「誰かと親密になった」と感じるのに「接触の頻度」が重要な意味を持っている。

「一週間前に、2時間電話したよ」
という関係より、
「30分くらいだけど、今週3回電話したよ」
という方が、電話の総量自体は少ないのに二人の仲の良さを感じないだろうか?

人が「親近感」を感じるのは、どちらかと言うと「頻度の多さ」の方であり、「量の概念」より感覚的に重視している。

それを考慮すると、LINEの頻度を上げるために「やりとり一回の量を減らす(ラリー回数を少なくする)」ことで、相手に迷惑にならずに密に連絡を取り合う関係を目指した方が、付き合う前のアプローチとしては良いことになる。

好きな人とのLINEの頻度は「一回の量を減らす」ことで相手の負担を減らしつつ、頻度を高める方向でアプローチするべき時期があるから、LINE全体のやり取りの仕方を考えてしつこいと思われない方法で連絡を取ろう。

好きな人にしつこいと思われて嫌われたくないなら、LINEの頻度を重視して、一度にやり取りする回数を抑える

恋愛を上手くいかせたいなら「好きな人との接触頻度」を意識するべきなので、仲が良いなら短めのLINEを何回もする方向で考えるのが恋愛的に正解だ。

その方が好きな人が仲良くなりたい相手になれるし、実際にLINEの頻度が上がって好きな人が仲良くなったと実感していく。

LINE1回のやり取りが少ないと、好きな人からしつこいと思われないので、より自然な形で「そういえば最近よくLINEしてるな」と思わせることができ、悪い印象を持たれないで意識させることができる。

付き合う前の男性や女性にLINEするなら、無理にLINEのやりとりを引き延ばすことを考えるより、切るところはスパっと切って、好きな人にめんどくさいと思われないLINEの仕方をしよう。

ちょくちょく連絡をしていく方が意識されるから、恋愛的な発展性が期待できる。

ここは解説が難しいところなのだが、好きな人とのLINEが楽しいと思うと、テンションが上がって無理に会話に付き合わせるようになる人もいるので、あなたがもしそういうタイプなら、「量」より「頻度」だと割り切って嫌われないLINEの仕方をしていこう。

好きな人からLINEがくるようになったら、長いLINEも織り交ぜて行けば良い。

好きな人が楽しそうにLINEしているなら会話を続けるのも正解だが、めんどくさそうにしているなら切る方が良いのは誰もが分かってることだと思う。LINEでたくさん会話できるように頑張るより、LINEの頻度を上げられるように頑張る方が片思いは進めやすくなるから、焦らないで関係性をつくっていこう。

切り方が分からない、切るタイミングが分からないという人は下の記事が参考になる。

好きな人とのLINEの終わらせ方~上手なLINEの切り方、相手が出すラリーを終わらせたいサイン
好きな人とのLINEが長く続いた時は、「終わらせ方」「切り方」が難しい。短いLINEのやり取りでも、相手が好きな人や気になる人なら「LINEをどう終わらせるか」は悩みがちな問題だ。 せっかく好きな人とLINEしてるのだからなるべく長く

ただし、これが仲良くなる前の段階だと解説が違うので、まだ好きになったばかりだったり気になる人ができたばかりなら、次の小見出しに注目だ。

気になる人や好きな人となかなかLINEできない時期は、LINEできた時に会話を続けられるように頑張る

気になる人や好きな人となかなかLINEできない時期は、用事ができたりしてLINEできた時に、会話を続けられるように頑張って、業務連絡よりちょっと特別なLINEにするようにしよう。

要件だけで済ます、用事だけ言ってLINEを終わるとLINEの頻度があげられないから、特に職場の気になる人だったり、好きな先輩にLINEする時は「会話に発展するように頑張る」と良い。

気軽にLINEできない関係性だったり、仲があまり良くない状況なら、最初はやりとりが長くなる方向で考えると、関係性が進められる。

次のLINEを送るタイミングが1週間以上先になるような相手の場合は、1回のやり取りで会話を続ける方が結果的に仲良くなれるので、片思いの時期によって柔軟に考え方を変えよう。

仲が良くない状態でLINEの頻度を上げると、いくら軽い連絡の仕方をしてもそれだけで「めんどくさい」と思われるので、最初は何かきっかけがあった際にピンポイントのロングトークで仲良くなろうとする方が距離が縮まる。その後に頻度を上げていくことで深い仲を目指すと良い。

逆に、「LINEは時々できるようになっている状況」だとしたら、盛り上がっている時は別として、一回のやりとりの総量をあえて抑えてしつこいLINEにせず、1週間に何度もやりとりする方向で考えていくのが効果的だ。微妙なニュアンスを掴んでほしい。

仲の良さやこれから目指す関係性で、LINEの頻度と量の関係を自分なりに考えてみよう。

付き合う前の好きな人に送るLINEの頻度はどれくらいが良いか:デート前とデート後で「LINEの頻度を変える」のがポイント

好きな人とのLINEの頻度はどのくらいがいいか悩んでる女子

基本的に、付き合う前のLINEの頻度は、1日1回のLINEが限度だ。(LINE1回当たり何通かやりとりする場合を含む)

限度から逆算すると、付き合う前の男性や女性と仲良くなろうとする時期は、2日に1回から3日に1回のLINEが頻度的に限度となる。

ただ、難しいのは「LINEの頻度を上げるタイミング」ではないだろうか?

好きな人の迷惑を考えない人はその内既読スルーから未読スルーの道を歩みやすいから、「週2回くらいならしつこいと思われないよね」とつい安全策を取ってしまって、結局「ちょくちょくLINEする関係」にとどまってしまうことが多いと思う。

では、「LINEの頻度を上げるタイミングはいつか」という点だが、ここは一つの指標として「二人で会う関係の前後」で好きな人とのLINEのやり方を変える考え方をしてみると良い。

恋愛では積極性が大切でもあるため、「好きな人と2人で会った段階」からLINEの頻度を上げるのは、片思いを叶える意味においてすごく重要な恋愛テクニックだ。

片思いから両想いへ、デート前と後でLINEの頻度のポイントをそれぞれ解説する。

好きな人と二人で会う前、デートする前のLINEの頻度

二人で会う関係になる前、好きな人と仲良くなる前のLINEは、週に2回から3回を目安にLINEを送ると、ベストな頻度に近くなる。

なるべくなら用事や話題などを意識して、「なぜLINEするのか」LINEする意味を分かってもらえるようなLINEから送るようにしてみよう。その方が、あなたのLINEを自然なものに感じやすい。

「何となくLINEしてきた」と感じる場合、仲良くなる前は「めんどくさい」と思われやすいので、しつこいLINEにならないようにすることが大切だ。

「おはようLINE」や「おやすみLINE」は二人で会えない時期には送らないようにし、本来の意味の連絡ツールとしてLINEを使う方が、好きな人から嫌われない。

仲良くなる前なのに妙に馴れ馴れしいLINEを送ると、好きな人がしつこさを感じやすいので、LINEの頻度の意味で「押し引き」も考慮しつつ、会った時の話題に繋げるイメージで軽めのコミュニケーションを目指そう。

まだ二人で会えない時期はそこまでLINEが盛り上がらないことも多いと思うが、最初は「定期的にLINEする関係」を目指すくらいで丁度いい。

脈ありLINEを期待するとつらい恋愛になるので、ハードルを低めに考えて連絡するのが恋愛を進めていくコツだ。

最初は仲良くなる意識だけで好きな人にLINEしよう。デートする前は、LINEが続くだけでOKだ。

二人で会うようになった後、デート後のLINEの頻度

二人で食事に行ったり飲みに行く関係になった後、デート後のLINEの頻度は、1日1回から2日に1回のLINEに切り替えていく。

この時期に押し引きしていると相手から友達だと思われるリスクが高まるので、恋愛感情ありきの連絡であることを分かってもらう方が恋愛がうまくいきやすい。そのために頻繁にLINEする状況をわざと作るようにしよう。

「LINEするのは好きだから」だと匂わせるイメージを持つと良い。

好意は匂わすものであって確信させない~好意を匂わせることで相手の心理はどうなるか
好意の匂わせる男や女に「気になる」「意識してしまう」という感情を持ったことがある人は多いと思う。 好きを匂わせる、好意があると匂わせる人は、本音や心理が気になるものだ。 でも、この点を逆の立場で考えると「好きな人に好意を匂わせる」の

当然ここまで説明してきたことも考慮して好きな人とのLINEの頻度を考えていくのだが、二人で会った後は、LINEを送ること自体が恋愛アプローチになっている面がある。

「ご飯に誘われるし、LINEもたくさんくる」のは、8割以上の人が好意を疑う状態だからだ。

デート後は普通にLINEするだけで好意のサインを送る意味が付与されるので、一気に意識される確率が上げられる。

LINEを送る内容が無いと感じる場合であっても、軽めのLINEを送って連絡を取り合う関係を維持しながらデートを重ねるのが、最もストレートに恋愛が発展しやすいパターンだ。

デートした後は「LINEするのが恥ずかしい」と思う気持ちが強まるかもしれないけど、ここで恥ずかしがってると片思いは叶わない。デート後はLINEの頻度を「2日1回以上」に上げよう。

雰囲気が良いなら毎日LINEする状況に持って行って、二人の関係性をより親密なものに変えて行く。

特に付き合う前の女性に対しては、LINEの頻度も含めて「積極的な態度と消極的な態度を繰り返す」と、思わせぶりだとか真剣じゃないと判断されて、近い将来距離を置かれる。

2人で会ったのなら、LINEの頻度を上げて微妙なアプローチにならないように注意しよう。

2人で会うような関係になった後はなるべく一貫して押していく方が二人に信頼関係が生まれて恋愛の意味で親密になれる。当然、女性からアプローチしている場合に関しても、デート後はLINEの頻度を上げて密に連絡を取り合う関係を作っていく方が付き合う確率が高い。

実際に、2人で会った後にLINEの頻度を上げると、脈ありならお互いにLINEを送り合う関係になっていく。

あなたばかりがLINEしていたのが、好きな人からもLINEがもらえるようになれば、後は二人で会う中できっかけが生まれて、付き合うか付き合わないかと言った雰囲気まで進めるだろう。

好きな人と仲良くなった後のLINEの頻度は基本的に高位に保ちながら、「口説く」とか「落とす」と考えずに「楽しくLINEで会話する」ということを意識してやり取りを続けよう。

LINEの会話が盛り上がると次のデートも誘いやすいし、成立しやすい。ここまで関係が深まった後は頻繁に会えるように頑張ることも重要なので、タイミングやきっかけを見つけたら誘いも入れるようにしよう。

誘い方が分からないなら、下の記事が参考になる。男性向けにタイトルをつけているが、女性から誘う際も参考になる方法をたくさん紹介している。

女性をサシ飲みに誘う方法24選~二人だけで飲みに行くにはどんなきっかけや理由があるのか、経験から誘い方を紹介!
気になる女性や好きな女性ができた時は、二人きりで飲む「サシ飲み」に誘いたいと思う男性は多い。 実際、気になった女の子と長い時間二人だけでお酒を飲むことができれば、距離が縮まるのは間違いないところだ。 サシ飲みはいきなりデートに行くよ

付き合う前のLINEは相手の都合をいつも考えながらLINEをするべきではあるが、友達から彼氏や彼女に発展する際は、相手も「どんなつもりでLINEしてきてるのか」「どんなつもりで2人で会うのか」などとあなたの気持ちを考える。

付き合う前の恋愛は本気かどうか疑われることも実際にあるので、二人で会える関係になった後は、好きだからとる単純な行動や態度を増やして、二人で気持ちを確認しあう期間を作れるとベストだ。

LINEだけでは恋愛成就は厳しいので、会ったときにも楽しい雰囲気で一緒にいれるように、LINEからつなげてみよう。何度も食事や飲みに行ける関係なら下の記事を読んでおくと脈ありと脈なしの違いが分かる。

わざとLINEの頻度を少なくする?片思いのLINEは、タイミングによって引いてみることも考えよう

わざとLINEの頻度を下げる女性

LINEにおける恋愛の押し引きについては、一度下の記事で触れたことがあった。

好きな人とのLINEを続けるべきかやめるべきか、迷う時の対処法と考え方~どう判断すると後悔しないのか
好きな人とのLINEにおいて、時折悩みになるのが「好きな人とのLINEを続けるべきか、やめるべきか」という問題である。 LINEは最も身近で気軽なコミュニケーションツールだから、恋愛アプローチの意味で普段から好きな人とLINEをしてい

恋愛アプローチはまっすぐが基本だが、「LINEが迷惑になってるかもしれない」「あんまり好きな人とのLINEが盛り上がらない」という状況になったら、相手への迷惑にならないように気を付ける意味でも恋愛の進め方的にも、時に「引いてみること」が大切になることがある。

好きな人と毎日LINEしている関係から進展しない場合、わざとLINEの頻度を下げると相手の反応を見ることができるし、好きな人に与える心理的な影響も期待できる。

どんな心理的な影響があるのか、内容については先ほどの添付の記事を参考にしてみてほしいが、押し引きすると好きな人の気持ちを揺さぶることができるから、LINEの頻度を調整する必要性が出てきたときは柔軟に考えよう。

押してばかりの片思いをしている人は、LINEの頻度を調整しよう

あなたの性格によるのだが、押してばかりだからLINEの頻度が気になってここへ辿り着いたという人は、迷惑にならないやりとりの方法としても「引いてみる」と思った以上の恋愛効果が得られる可能性がある

LINEは気軽に送れるものなので、つい好きな人に頻繁に送ってしまってそっけない態度を取られてしまう人がいるが、自分の気持ちを優先した恋愛の仕方は基本的に好きな人から嫌われる原因となるところだ。

「最近、ちょっとLINEを送り過ぎたかな…」と言う人も同じように、一旦引いてみて相手の出方を見てみると良い。

好きな人が迷惑だと感じるLINEの頻度だったなら少し間が空いてしまうこともあるが、もし迷惑ではなったなら好きな人からのアクションがあるはずだ。安心できることもあると思う。

それまでのLINEのやりとりや、あなたの性格と恋愛傾向しだいでは「引く」という選択肢に一考の価値があるので、「タイミング次第でLINEしない選択」も検討しながら片思いの後期「付き合う前」を攻略しよう。

気になる人や好きな人とのLINEの頻度が減ったらどうすれば良いのか

好きな人とのLINEの頻度が減った女性が対処法に悩んでいる様子

付き合う前のLINEの頻度は、増えたり減ったりして頻度が固まらない面があるけど、もし気になる人や好きな人とのLINEの頻度が減ったら、LINEで挽回するよりも会ってる時に関りを増やすことで、もう一度LINEをたくさんする関係を目指そう。

好きな人のLINEが減った時は、関係性を高めるように具体的な努力をする!どんな行動が必要になっているのか

気になる人や好きな人のLINEが減った時は、前半で解説している通り、基本的にはあなたから送るLINEの頻度を少なくするべきだ。

それまで好きな人がLINEをくれていたなら、LINEの頻度を保とうと自分から送るLINEを増やせば、どうしても「しつこい」と思われる

それより有効な対処法は「会った時に話しかける回数を増やす」ことの方で、求められてるのは「LINEしたい」と思ってもらえる関係性を取り戻すことだ。

ある程度恋愛が進んできていた人は、軽いニュアンスでご飯に誘う、飲みに誘うのがLINEが減った時に効果があるので、構えないで誘ってみよう。

要は、2人の関係にアクセントをつける「自分主導の行動」が必要になっているということだ。一般的な恋愛アプローチから自分がやりやすい方法で好きな人に行動を起こそう。

ご飯に誘う時にどうしても緊張してしまう人は下の記事が参考になる。

断られにくい誘い方7つのポイントと会話例!誘う言い訳や口実が大切なのは、相手が誘いに乗る理由になるから
「断られない誘い方がしたい!」 好きな人をデートに誘う時は誰もがこんなことを考えるけれど、あなたが実際に好きな人や気になる人を誘う時、「断られにくい誘い方」ができているだろうか? まだ付き合う前の関係では、二人で会うのに理由や口実が必

LINEの頻度が激減したら1ヶ月くらいは引く

もし、ある程度はLINEのやり取りをしていたのに、ある時期を境にLINEの頻度が激減した場合は「1ヶ月を目安の期間に引く」のが正解だ。

LINEが激減した場合は理由や原因が様々あるが、「急に忙しくなった」「体調を崩した」など、相手に事情があることも考えられるから、焦るとしつこいLINEになりがちだ。

嫌われた場合に関しても1ヶ月くらい期間を空けると普通の態度に戻ることもあるので、一旦LINEしない期間を作って様子を見よう。

好きな人とのLINEの頻度が減った時は脈なしなのか

気になる人や好きな人とのLINEの頻度が減るのは、一般的に脈なしサインに分類される。

LINEの頻度が下がる時は恋愛的にうまくいってない状況だ。

付き合う前は少しずつLINEの頻度が上がるのが順調な恋愛であるため、「好きな人のLINEが減った」と断言できる状態は、片思いしてる人に取って思わしくない状況になっている。

しかし、付き合う前のLINEは頻度がバラバラになることの方が実際は多く、やっぱり恋愛は公式通り進まない。

出会ってからしばらく経つなら、またLINEの頻度が上がるように関係性を高めていけば逆転可能だ。

では、「なぜ脈なしじゃないのにLINEが減ることがあるのか」という点だが、理由や原因は以下の通りだ。

  • 忙しくなった(仕事や学校関係以外にも、趣味や友達との付き合いなどが含まれる)
  • 体調の波
  • 好意の波(気になると言う感情が減った)
  • 軽い押し引き(無意識な場合もある)

付き合う前は、お互いに離れている時間に何をやっているか、今どんな気分なのか、どんな体調なのかということが本当のところは分からないので、ひどい場合は「脈ありなのにLINEの頻度が減った」ということも起こり得る。

付き合っていると色々な事情が聞けるからまだ安心できるのだけど、それでも彼氏や彼女に「自分以外の理由でLINEが減った場合」でも愛情を疑ってしまうのだから、恋愛は自分の感情コントロールがすごく重要だ。

簡単に脈なしだと思って諦めるとどんな恋も叶わないので、ぜひ色々な理由を想定して、自分を励ましながら片思いを両想いに近づけていこう。

どうしても脈なしLINEが気になる人は下の記事で今の状況を正確に判断してほしい。LINEが減っただけで脈なしだと決めつけるのは明らかに間違いだから注意しよう。

LINEで好きな人の気持ちが分かる!脈ありと脈なしのLINEの違い
好きな人との距離を縮めるために使うLINE(ライン)は、既読無視や既読スルーの問題もあるから、メールに比べて相手の気持ちが読みやすい。 しかし一方で、LINEはなかなか長文でやり取りされないため、短いメッセージ量で脈ありと脈なしの違い

職場の気になる人や好きな人とのLINEの頻度

職場の気になる人とのLINE頻度に悩む男性

職場に気になる人や好きな人がいる人は、「なかなかプライベートな連絡ができない」と悩みやすいけど、当然ながら職場恋愛を成功させる人は付き合う前からプライベートな時間にLINEしている。

では、どうしたら職場の人とLINEできる関係になれるのだろう?

職場の人とのLINEの頻度を上げるには?

年上男性や年上女性を好きになった人もいると思うので、そこも含めて解説する。

職場の好きな人や気になる人とLINEの頻度を上げるコツ

基本的に職場に恋愛相手がいる場合でも、LINEの頻度は週2回から3回を目指していくけど、会社の人にプライベートな話題でLINEするのは雰囲気によっては難しいと思う。

もしあなたがそういう状況だったら、「仕事の相談」を理由に深い話をして、そこからプライベートで連絡を取り合う相手になろう。

会社の人なのに急に個人的な連絡が来ると「常識がない」とか「仕事が終わった後に連絡が来るのはストレス…」なんて思われることもあるから、先に親密な関係を作ってLINEする方が引かれない。

その親密な関係になる一番簡単な方法が「仕事の相談をすること」だ。

自分の悩みを打ち明ける、本音を言うことで、職場の気になる人や好きな人と個人的に連絡が取れる関係になれる。

なるべく心の壁を取っ払って話をすることに努め、最後は「これからちょくちょく話聞いてもらってもいいですか?」と締めておくと、その後のLINEが自然になるので、良いきっかけが作れる。

この方法でも不自然だと思う人もいると思うけど、そこは片思い中の頑張りどころである。社内恋愛や職場恋愛だと個人的な付き合いを作るのに多少強引に行かないといけない面もあるので、きっかけ作りだと割り切ろう。

職場の年上男性や年上女性に送るLINEの頻度は、少なめからスタートする

職場の年上男性や年上女性の場合、LINEするきっかけを作れたら、すぐに個人的なLINEをしていくより、普段の付き合いから話しかける頻度を上げるのを先にやっておこう。

「相談された→話しかける頻度が増えてきた」という状況を作ると、年上から慕ってくれる後輩・部下だと思われるので、自然に距離が縮められてLINEの頻度を上げやすくなる。

社会人はどうしてもお互いの立場をわきまえないといけないので、人としての好意が伝わったところで個人的な付き合いをしていき、少しずつ気持ちを伝えていこう。

LINEの頻度は、最初は週に1回からはじめて1か月くらい様子見をしてからアプローチの強度を上げると良い。

年上男性や年上女性は普段なかなか年下とLINEしないタイプもいるから、距離感に注意して恋愛を進めよう。

職場の気になる人や好きな人とのLINEの頻度を上げる時期

職場の人との恋愛は、LINEで仲良くなるより、普段付き合いがあるという関係性を生かして「食事や飲みに行く」のが基本になる。

よって、少しでも仲良くなれた実感があったら早めに食事や飲みに誘い、二人で会う関係ができたところでLINEの頻度を少しずつ上げて行こう。

二人で会うとお互いのことを話すタイミングが必ず来るから、LINEでプライベートなことを話しても自然な状態になる。

ここまで来た段階で週2回から3回の頻度にLINEの頻度を上げると、ただご飯に行くだけの関係だと思われずに意識してもらえる可能性を上げられる。

社内恋愛は仕事上の付き合いと勘違いされるリスクがあるので、「お誘い」と「LINE」をセットでアプローチしよう。

職場で仕事中の仲の良さを過信すると痛い人だと思われるから、関係性を高めてからLINEの頻度を上げると相手に嫌がられないで好意を伝えられるはずだ。

職場恋愛の脈ありと脈なしの違いについては下の記事で確認してほしい。

社内恋愛の脈ありと脈なしの違いが分かる9つのポイント~好きな人の態度でサインの見分け方を徹底解説する
社内恋愛は、自分的にも相手的にも "慎重さ" が求められる恋愛の形だ。職場に好きな人ができたら、闇雲にアタックするのが間違いになりやすい。 そうなると、他の恋愛よりさらに重要になるのが、社内恋愛の脈ありサインと脈なしサインの見抜き方で

まとめ

今回は「好きな人とのLINEの頻度」について、付き合う前の男性や女性にしつこい、迷惑だと思われないやりとりの考え方を解説した。

好きな人へのLINEは、アプローチの一つとして頑張る時には頑張っていかないといけない。本文では「引くこと」も大事であることを言っているが、それはあくまでしっかりとアプローチが出来ているからこそ意味がある。

自然と仲良くなれる関係なら無理に押す必要性は薄いが、そうでないなら自分から行動していくことは片思い中に重要なことだ。積極性がないと片思いは進んでいかない。

LINEの頻度を気にしすぎて、行動が取れないことが一番マズイことなので、この記事で「LINEの頻度の判断の仕方」や「どれくらいLINEするべきか」という点を理解したら、ぜひ自分を鼓舞しながら片思いの成就を目指してほしい。

恋愛中は好きな人に嫌われるかもしれないという不安も大きいかもしれないが、基本的なスタンスとして「積極的に頑張る」ことを大切に、思いやりを持って好きな人にアプローチしていれば、恋人候補として考えてくれるはずだ。

良い伝わり方で「好かれてるかもしれない」と思わせることができれば、好きな人に自分を意識してもらうことが可能になる。

何もできない時に一番後悔すると思うから、アプローチの方法を学んだらぜひ行動に移してほしい。

好きな人とLINEをやっていると、「LINEの返信が来ない」という状況に遭遇することがある。このタイミングで対処法を間違えて気まずくなる人が多いので、心配なら下の記事を読んでみてほしい。

関連記事:

アプローチLINE・メール社内恋愛大学生の恋愛
Brightfutureをフォローする
自分が結婚できる確率を理解する
自分が結婚できる確率を知って具体的な努力をして結婚できた女性

結婚を具体的に考えるべき年齢は意外と若いって知っていましたか?
いつか結婚したいと思っている人は、自分の年齢によって変化していく「自分が結婚できる確率」を正しく理解しておくことが重要になってます。
下の記事では、総務省の国勢調査から、年齢別・男女別に結婚できる確率を算出して、考察をまとめています。
後悔しないように、今の自分の結婚できる確率がどのくらいなのか把握しておきましょう。

恋愛のすべて
タイトルとURLをコピーしました