好きな人を好き避けする人の対処方法7つ~避けられた好きな人の気持ちを考え、嫌い避けとの違いをアピール

f:id:Brightfuture:20160728180845j:plain

好きな人を前にすると色々な問題で好き避けしてしまう人は、恋愛の仕方に悩むことが多いと思う。気持ちと裏腹な行動と態度を取るので、後で落ち込むこともしばしばだ。

思ったことができないのが恋愛であって、そんな自分を改善しようとすることは重要だが、責めすぎても良くない。しっかりあなたにあった恋愛の仕方をして、少しずつ改善していこう。

今回は「好きな人を好き避けする人の対処方法7つ」を紹介する。避けられた好きな人の気持ちを考えて嫌い避けとの違いをアピールすることが基本になるので、これから紹介することをぜひ参考にしてみてほしい。

スポンサーリンク
記事下アドセンス

短い会話でもいいから、自分から話しかける瞬間を作る

「それができないから好き避けなんでしょ!」と聞こえてきそうだが、好き避けに対処しようとするなら、「一方的に避けてしまうこと」へ何らかの対策をしないと、恋愛どころか人として嫌われてしまう。「嫌い避けされている」と好きな人に思われるのを何とか止めないと、友達関係すら危ういのである。

少しずつでもいいから、挨拶だけでもいいから、とにかく自分から話しかけて「嫌い避けしているのではない」ということは、好きな人に伝えるべき。客観的に見てみると、きっとあなたもその必要性には気づくはずだ。

好き避けする人は、好きな人から話し掛けれらてもびっくりしてしまってまた避けてしまうのだろうから、あなた自身のタイミングで行動を起こす方が無難な会話ができる。心の準備をした方が緊張したとしても、結果がよくなるからあなたの方が動きべきである。

それができないとなれば、好きな人が「嫌い避けされている…」と感じてしまう。やっていることが「避けること」だと認識すれば、フォローの大切さも分かるので、それを原動力にしてみてほしい。少しでも対処を進めよう。

好きな人の役に立ってみよう

好き避けする人も、何かきっかけがあれば話しかけやすいはずだ。そのきっかけにおすすめなのが、好きな人が何か困っていたり、協力できそうなことを手伝うタイミング。

ぶっきらぼうないい方になってしまってもしょうがないので、あなたを嫌いで避けているのではないということを明確にするために行動する。

仕事なら割り切れるという人もいるし、ちょっとしたことなら話し込むこともないので、ほんのちょっと絡んでみるきっかけにできることもあるから機会を探してみよう。

この方法なら「相手を助けようとしている」という点で、嫌っているのではないことを伝えるだけではなく、好意を伝える手段にできるので、普通の時に話しかけられないなら良いタイミングとなる。

一人が無理なら友達と一緒に近づいてみよう

好き避けする人は友達を利用して好きな人と会話するように努力してみよう。元々好きな人と仲の良い人ならグループトークで少し好き避けが緩和できるかもしれない。

あまり大人数だと効果は知れているのだけど、2対2くらいの規模なら好きな人もあなたと会話したイメージをちゃんと持ってくれる。話が上手い友達と一緒に話せば無言にならないし、会話は盛り上げてくれるだろう。他力本願な方法だが、好き避けする人はまず好きな人に慣れていく必要があるから、そのきっかけ探しは全力を注ぎたい。

好き避けは、好きな人があなたを友達だと思えば十分に恋愛の仕方がある。そのためにまだ親しくない内はグループトークでいいのであなたの方から話しかけにいこう。

避けられるし、近づいてもこないしでは嫌い避け認定は間違いない。二人で話せない人もこの方法なら、誰かと一緒だから話しやすい。会話が盛り上がれば上手く自分を出すことができることもあるのでその機会を何度か作ることで友達になろう。

スポンサーリンク

目が合って何度もそらすのは印象が良くない

f:id:Brightfuture:20160728180948j:plain

好きな人はついみつめてしまう人も多いだろう。
でも「目が合って逸らす」を繰り返すと、気まずくなる原因になり易い。
相手が意識してしまうからだ。

それを活かした恋愛のアプローチもあるが、好き避けする人には向かない方法である。目が合いそうになったら全力で逸らすようにすれば、見られていたことに確信が持てないから何とかなる。とにかく目が合わないように、変な距離感で好き避けをすることがないようにしよう。

好き避けしてしまう人が好きな人と目が合っても、微笑むことはできないと思う。そうなれば、目が合う度に逸らされて嫌な感じを好きな人に与えてしまう。
日頃の好き避けも好きな人は体験しているので、実質「目が合う度に印象が悪くなっている」という状態になっており、好き避けする人の恋愛で一番ダメなパターンに陥る。

目を合わせないようにすれば日頃の気まずさも緩和されて他の方法の努力は届きやすくなると思うので、つい見てしまう時も見つめるのは止めよう。
好き避けする人はやっていることがそういうことだから仕方ないのだけど、自分で自分を追い込んでしまうから、少しでも楽観的に恋愛できるように、気まずくなる原因は排除しよう。

自分からLINEを送る

LINEは顔を見ていないから好き避けする人が最も活用するべきツールだ。好き避けしてしまった時ほど、自分からLINEを送ることで対処しよう。

避けるという行動は、通常嫌われている人に取られてしまう行動なので、誰でもその行動を気にする。もしそんなことが繰り返されたら、嫌いになってしまうことも懸念されるので、フォローは本当に大切だ。

できれば、好き避けしてしまった後にでも話しかけてバランスを取る方が良いが、そこまでできない人はLINEを自分から送ってみよう。

最低限嫌っているのではないことを伝えることができるから仲良くなる方法につなげられる。

好きな人のことを知りたい気持ちを高める

好き避けを対処する際、根本を変えるために一番重要なことが「いかに自分らしく好きな人の前で振る舞えるようになっていくか」という対策。

それについては、好きな人への興味を行動へと繋げる考え方が大事だ。

好き避けする人でも、好きな人のことは知りたいはず。自分をアピールすることを考える前に、まずまともに好きな人の前で普通の振る舞えるようにならないといけないが、突破口になりそうなことは、好きな人への純粋な興味である。

最初は質問が多くなっても仕方ない。それでも避けるよりはましだし、何より次につながる方法だ。好きな人を知る内に、段々自分を知ってもらいたい感情になっていくのを理想として、対処を進めていこう。

そのためにまずは、好きな人を知りたい気持ちからコミュニケーションを取れるようにしていく。好き避けする人は自分ばかりを見てしまっているので、好きな人への興味で自分への意識を少し緩和しよう。

好き避けは、押し引きになっていたりもする

自分からLINEができる人は、好き避けが自然と恋愛的な押し引きになっていたりする。
LINEで盛り上がれることがあるなら、好きな人は会った時とのギャップに戸惑い、あなたが余計に気になっているかもしれない。

誰でも心理的に「好き避け」はあるからその存在を知らない人はいないし、LINEはよくするのに会ったら全然話さない理由は何だろうと、普通考える。

好き避けは、気にし過ぎることより、そこからどうしていくかの方が遥かに大事だ。LINEができているならあまり気にしないことも大事な対処方法。
ある程度プラス思考的な部分だが、恋愛には大切な要素である。

みんなと居る時に好き避けする人もいれば、二人きりが苦手な人もいるので、あなたの好き避けに合った対処をしていこう。今よりス子でも改善できると段々自信がついてくるはずだ。

まとめ

今回は「好きな人を好き避けする人の対処方法7つ」をまとめた。避けられた好きな人の気持ちを考えると「嫌い避け」との違いをアピールする必要性は理解できたと思うので、ぜひ対処に頑張ってみよう。

好きなのに避けてしまう好き避けは、本人も相手も悩みが深くなり易く、長期化すれば友達関係も危うい。

今回は、好き避けの対策を7つの方法で紹介したのだが、できることから始めることで嫌い避けとの明確な差を出すようにすれば、遠くない未来に好きな人があなたの好き避けに気付く可能性が出てくる。

ごめん避けも絡んでくるので、できれば好き避けを少しづつ緩和できるように努力をすることが大切だ。好きな人に「嫌われている」と勘違いされるのを避けることがはじめの一歩だから、どこかでそのサインを出すようにしよう。