好きな人とのLINEの始め方~初めてLINEする時はどうしたらいい?きっかけや話題を徹底解説!

好きな人とのLINEの始め方にチャレンジする女性

好きな人ができたときだけじゃなく、気になる人ができたときや意識する人ができたとき、「LINEの始め方」はすごく悩む部分である。

LINEは間接的なコミュニケーションだから、そのほかのアプローチに比べて気軽で簡単なイメージがあるけど、意識する相手だからこそ、逆に基本的なLINEのやりとりが分からなくなったり、初めてLINEする時はどうしたら良いか分からないという場合がよくある。

そこで今回は、気になる人や好きな人に初めてLINEする人に向けて「好きな人とのLINEの始め方」をまとめるので、これからLINEを使って好きな女性や好きな男性と仲良くなろうとする人は参考にしてみよう。

好きな人との距離を縮めるLINEの方法を紹介したい。

まずは連絡先の交換!好きな人のLINEを聞くにはどうしたら良いか(LINE交換の方法)

今回は好きな人との始め方なので、好きな人のLINEを聞く方法から紹介する。

好きな人や気になる人のLINE交換については、下の記事で解説している。

好きな人と連絡先を交換したい!メアドやLINEのIDを交換する方法やきっかけ
「好きな人と連絡先の交換がしたい」 同性の友達同士だったら悩むことがないLINEの交換などの「連絡先の交換」も、好きな人が相手では意識してしまう人が多いことだろう。 男性から女性、女性から男性に連絡先を聞くってだけで、ち

簡単に内容を紹介すると、以下のことがまとめてある。

  • 何人かとグループでLINEの交換をする方法
  • 少し仲がよくなった後で連絡先を聞く方法
  • LINEを聞くタイミング
  • シェアするために「便宜上」連絡先を交換する方法
  • 連絡する口実を作ってメアド・LINE交換する方法

好きな人のLINEが聞けない、LINEの交換をする方法が分からないという人は、本文を読んでみてほしい。

好きな人のLINEを聞く方法は2通りから選ぶ

好きな人とLINEの交換をしたい場合は、2つのアプローチに分かれる。

  • 仲良くなってから友達としてLINE交換する
  • 仲良くなるために知り合いとしてLINE交換する

1つ目は、無理に好きな人と連絡先の交換をしないで、まず仲良くなる方向からアプローチする方法だ。この方法のメリットは、LINE交換後にそれをきっかけにして一気に距離を縮めることができる点で、デメリットは距離を縮めるまでに時間がかかること。

一般的には仲良くなった後で連絡先を交換する方が多いのだが、恋愛を進める意味でおすすめは2つ目の方。何か理由を付けてでも先にすぐ連絡先の交換をしてしまうアプローチ方法を取る方が、恋愛を進めやすくなる。

片思いを叶えるLINEの始め方を知りたいなら、LINEを使って仲良くなる方法をこの記事で学んでみよう。先にLINEを聞くデメリットは「LINE聞いても頻繁にやりとりできるかどうかはまた別の話になってしまう点」だけど、LINEでやり取りできる環境ができることは恋愛を進めていく中で本当に大きい。

好きな人ができたら、なるべく早くLINEを聞くのが正解

好きな人のLINE交換は、多少不自然だったり「このタイミングで聞いていいの?」という状態でも、先に聞くのが恋愛的に正解だ。

ぶっちゃけた話、話しかけながら仲良くなっていく方が何かと勇気がいる。コミュニケーションの頻度もやっぱりLINEの方が高くなるので、紹介した記事も参考にしながら早い時期にLINEのIDを聞いておこう。LINEの交換くらいなら「○○さん、LINE教えて?」と聞くだけで何の問題もなく済むことの方が多い。

好きな人とのLINEの始め方、きっかけはどうしたらいい?

好きな人に初めてLINEするきっかけを掴んだ女性

好きな人のLINEを聞いたら、次は好きな人とのLINEの始め方でも悩む人が多い「LINEを始めるきっかけ」を解説する。

LINEを交換したらとりあえず「よろしく」のLINEを入れる

気になる人や意識する人とLINEを始める時は、意識してしまうからこそ「LINEの始め方」に悩むのだが、普段の人間関係を思い出すとそこまで「LINEを始めるきっかけ」は大したメッセージから始まらないことに気づくと思う。

友達同士なら気軽にやり取りしているのがLINEだから、好きな人に送る最初のLINEの内容は挨拶からで十分なのだ。

好きな人とLINEで長く話す方法については後述していくので、もしこれから好きな人のLINEを聞く人はLINEを聞いたその日に「今日はありがとう」とLINEを送ってみよう。

最初のLINEをすぐに送っておけば次のLINEが送りやすい。内容にこだわる気持ちはわかるけど、相手の気持ちを考えると特にどんなメッセージでも不自然には思わないので、意識しすぎてLINEできない状態にならないようにしよう。

LINEするきっかけがない人は、好きな人と関わりがあった日にその内容でLINEすることからLINEを始める

職場や学校など、定期的に好きな人と会う関係にある人は、日常LINEの始め方のきっかけがある。好きな人と関りがあった日にその内容でLINEするようにすれば良いのだ。

たとえば、仕事を手伝ってもらったなら「今日、手伝ってくれてありがとね!すごく助かったよ」と感謝の気持ちを伝えれば、嫌がる人はまずいない。好印象で好きな人とのLINEの始め方が成功するはずだ。

学校に好きな人がいる高校生や大学生は、グループで会話することが多いと思うので、その内容をLINEのきっかけにすれば良い。その場で好きな人が話した内容をもとにLINEするのだ。

「○○くんって○○が好きなんだね!私も一緒だからびっくりしちゃった」
「今日、〇〇行ったって言ってたよね?私も行ってみたいと思ってたんだけど、どうだった?」

確かに突然LINEが送られてくると最初の1通はどんな内容で送っても軽い違和感があるけど、好きな人や気になる人が「あ、あのことか」と思う内容なら自然なLINEに思うから、LINEの始め方も自然になる。

この方法なら応用の幅は非常に広いので、「好きな人とLINEを始めるにはどうしたらいいの?」と悩んでいる人はぜひ使ってみてほしい。もっと色々なLINEの話題や内容を知りたい人のために次の見出しでさらに解説していく。

好きな人とのLINEの始め方、話題や内容はどうしたらいい?

好きな人とのLINEの始め方は、「最初の1通」だけが気になってるわけじゃない人がほとんどだ。

「好きな人にLINEした時に続かなかったらどうしよう?」
「好きな人にLINEしたいけど、一回送ったきり内容や話題がない…」

こんなことが悩みになる。

では、どんなLINEをすれば、好きな人とLINEが続くのだろう?
どんなきっかけでLINEすると好きな人と楽しいLINEができるのだろう?

次の日もまたその次の日もLINEできる関係を目指すために、ここでは好きな人とのLINEの始め方でも特に重要な「内容・話題」を紹介する。

タイムリーな話題で好きな人とLINEする

好きな人とのLINEの始め方が分からない人にチャレンジしてほしいのが、誰もが気になる「タイムリーな話題でLINEする方法」だ。

この方法なら「何でLINEしてきたんだろう?」と思われないし、「驚いた」「びっくりした」という気持ちで共感できるから、盛り上がるLINEの内容になる。

では、どんな話題がタイムリーな話題なのかと言うと、2つの視点で考えれば良い。

  • SNSなどで関心を集めた大きなニュース(社会のこと)
  • その日の職場や学校で起きたこと(身の回りのこと)

話題になってることはみんなが気になっていることなので、初めて好きな人にLINEする場合であっても盛り上がる内容になる。なるべく好きな人が関心を持ちそうなニュースでLINEするようにしてみよう。

気遣いのLINEをきっかけにする

初めて好きな人にLINEする時はとっかかりがないことに悩むけど、そんな人におすすめの内容が「気遣いのLINE」である。

たとえば社会人なら、好きな人が忙しそうにしているのを見た時に「最近、遅いみたいだね。体調とか大丈夫?」とLINEを送ってみよう。仕事の失敗をした時や、大きな仕事を任された時なども応用して考えて良い。

中学生や高校生は「最近暑くなってきた(寒くなってきた)けど、部活頑張ってるね」とか「自転車で帰ってるの見たけど今日の雨すごかったでしょ?大丈夫だった?」などと送ってみることから好きな人とのLINEを始めてみよう。

気遣いのLINEから好きな人とのLINEを始めると、相手は優しい人だなと思ってくれるので、「わざわざありがとう」という心理になる。印象が良いLINEになるから、はじめは「大丈夫?」と聞くようなLINEから入るのもおすすめだ。

お疲れ様のLINEをきっかけにして仲良くなる

好きな人とのLINEの始め方は、不自然か自然かに拘るより、好きな人が喜ぶLINEをする方が結果として続くようになる。

そこでやってみてほしいのがお疲れ様のLINEだ。ねぎらうLINEは、好きな人に送る初めてのLINE向き。

たとえば、社会人なら好きな人が大事なプレゼンを終えた日に「今日はお疲れ様!プレゼン成功して良かったね」と送ってみたり、中学生や高校生なら「今日試合だったよね!お疲れ様」と送ってみたりすると、初めてのLINEでも「ありがとう」と好印象かつ返事が返ってきやすいLINEになる。

さらに良いLINEの始め方をしたい人は、「好きな人と二人で何かやった時のお疲れ様LINE」にチャレンジしてみよう。

ねぎらいのLINEは、好きな人にだけ起こったことより、二人の間に起こったことでLINEする方が連絡を取り合う関係になれる可能性が高まる。

もし好きな人と協力して何か行うことがあったら、その日の夜に「今日はありがとう!お疲れ様」という感じで感謝の気持ちと一緒にねぎらいのLINEを送ってみよう。

好きな人に送る最初の1通は、お願い事をするLINEもおすすめ

好きな人とのLINEの始め方は、最初の1通が最も送りにくいのだけど、もし「LINEできない」ことに悩んだら、業務連絡みたいなLINEから始めてみるのがおすすめ。LINEで好きな人にお願い事をしてみよう。

たとえば、社会人なら「お疲れ様!昨日の資料なんだけど、良かったら明日見せてくれない?失くしちゃったみたいでさ」みたいなLINEから会話を始めてみたり、あえてLINEする用事を作るには自分でお願い事を考えると良い。

好きな人に送る最初のLINEはどうしても「こんなメッセージ不自然だよね…」と複雑に考えてしまう人がいるので、だったら業務連絡のような本来の “連絡の使い方” で最初の1回を乗り越える方法が自然にやり取りを始める方法になり得る。

高校生や大学生も「テスト・課題」から考えればお願い事や頼み事は浮かぶと思うので、応用して考えてみよう。最初のLINEはそれまでLINEしてない関係だから「珍しいな」と思われるけど、それを乗り越えればもっと気軽にLINEできる関係になれる。

好きな人と二人で話せた日の夜に「会話の内容」を利用してLINEする

好きな人とのLINEの始め方は「仲良くなってる時」ほど成功する。そこで利用したいチャンスが好きな人と二人で話せた日だ。

好きな人と会話できるチャンスがあったら、その会話の内容で夜にLINEしてみよう。好きな人と話した時は何かしら好きな人の情報が聞けたと思うので、その内容を活かすと「会話からLINEに繋がる」ことで初めてのLINEが成功するし、二人が仲良くなれた実感も沸く。

たとえば、「今日○○くんが言ってた○○をネットで見てみたら、本当にすごかった!嘘じゃなかったんだね(笑)」みたいに自分が知らなかったことを好きな人が話してたらネットで詳細を調べて改めてLINEで話題にしてみるとLINEが盛り上がる話題になる。

好きな人との会話がLINEするきっかけになっているので、絶対に不自然なLINEはしたくないと思っている人におすすめのLINEの始め方だ。

好きな人とLINEがしたいならNGなLINEは事前に知っておこう!

好きな人とのLINEの始め方を実践する上で注意点が気になる女性

好きな人と仲良くLINEがしたいなら、恋愛中にやってはいけない「NGライン」を押さえておく必要がある。

【厳選9個】嫌われるきっかけになるNGメール・NGラインの特徴
好きな人ができた時にLINEやメールで仲良くなろうとする時は多いと思うが、あなたは好きな人から「嫌われるLINE・嫌われるメール」を意識しながら連絡を取っているだろうか? 恋愛のアプローチにLINEやメールを使うのは当たり前に

LINEのやりとりでNGになってしまう可能性が高いこととして、こちらの記事では以下の見出しを挙げて説明している。

  • 質問ばかりは嫌われる!「?マーク」の量に注意
  • しつこいLINEをする人は嫌われる!恋愛は察する力が大切
  • 仲良くないのに頻繁にLINEすると嫌われる
  • 返信のタイミングが合わないと好きな人から嫌われやすい
  • LINEで暗い話題が多い人は嫌われる!好きな人とのLINEではネガティブな話題に注意
  • 良く知らないのにLINEで好意を伝えると嫌われる!知り合ったばかりの頃は、相手のリアクションを見ながらアプローチする
  • LINEのスタンプの使い方で嫌われる人の特徴
  • 温度感が合わないから長文LINEは嫌われる
  • プライべートなLINEのやり取りを周りに言いふらす人は嫌われる

好きな人とLINEで取り合うようになったら上のことには気を付けよう。嫌われないようにアプローチするのは恋愛の基本でもあるので「LINEでやってはいけないこと」として、認識しておくと段々仲良くなっていく関係が作れていく。

恋愛でNGとなってしまう行動の基本は「しつこさ」と「暗さ」と「マナー(詳しくは後述)」である。

まずは、仲良くなって距離を縮めることだけに集中して連絡を取り合うことができれば嫌われるところまではいかないので、基本を押さえたらむしろ勇気をもって連絡していくように頑張ろう。

何かアクションを起こさないと好きな人との距離を縮めることはできない。LINEを交換してNG行動を知ったところで、実際に好きな人とどうLINEを使って距離を縮めていくのか解説しよう。

好きな人とのLINEの始め方、最初の頻度はどう考えていけば良いか

LINEの話題やきっかけ作りをして好きな人とのLINEの始め方に成功した後、次に悩みになるのがLINEの頻度だ。

好きな人とのLINEの始め方を実践する時はどのくらいの頻度でLINEしたら良いのだろう?

好きな人とのLINEの頻度とは~迷惑にならないやりとりの考え方
好きな人とのLINE(ライン)では、誰もが「どのくらいLINEするか」というLINEの頻度に頭を悩ませる。 「好きになってほしいけど、しつこいLINEで嫌われたくない…」 「LINEしすぎかな…。でもやっぱり好きな人とLIN

上の記事で好きな人とのLINEの頻度について解説している。見出しに挙げているのが次のことだ。

  • 適切なLINEの頻度は好きな人からの返信で分かる
      メッセージの長さ
      返信までの時間
      グループに誘えると一番分かりやすい
      気にし過ぎもダメ
  • 好きな人とのLINEの頻度は「普段の関係性」を踏まえて判断する
  • LINEの頻度と量の関係
  • 片思いのLINEはタイミングによって引くことも考える
  • 好きな人に送るLINEの頻度はどれくらいが良いか:デート前とデート後で「LINEの頻度」を変えるのがポイント

記事を参考に、好きな人とのLINEの頻度をそれぞれの状況に合わせて考えていこう。

基本としてこの部分で説明したいことは、仲良くなる基本が「接触の頻度」である点。
好きな人とLINEができるようになったら、とにかく長くやりとりするよりも毎日LINEをするように頑張ってみよう。

記事本文から一部再引用する。

基本的に人は、心理学的にも親密に感じるのに接触の頻度は重要な意味を持っている。

「一週間前に、2時間電話したよ」

という関係より、

「30分くらいだけど、今週3回電話したよ」

って方が、仲の良さを感じないだろうか。

要は、身近感を感じるのはどちらかと言うと頻度の多さの方であり、量の概念より感覚的に重視している。

短いLINEに拘ることはないが、丁度いいところで切っておくことを意識しておくと、相手に取って迷惑なLINEになりにくくなるのは間違いない。

LINEは切るタイミングや終わらせ方が難しいコミュニケーションツールなので、毎回短くしないといけないわけではないが、長く続けるほど時間を取ってしまうことになるので、迷惑になってしまう可能性が上がっていくことは覚えておこう。

連絡を取りだすと長くなるタイプが友達にいるならこの感覚がすごくわかると思うので、あまり説明はいらないところだとも思うけれど、相手が好きな人になった途端複雑に考える人がいるので再度意識しておくと変に迷うことが無い

ここまでをまとめると、LINEの頻度のポイントは以下の通り。

  • 毎日、もしくは1日から二日置きにLINEをする仲になっていく
  • 長く続くラインがあっても良い。しかし、なるべく続けようとするよりも身近な人になっていくイメージでLINEをする

接触を増やしていくことが好きな人とのLINEの基本ではとても大事にしてほしい感覚だ。

好きな人にはどんなLINEを送れば仲良くなれる?

LINEで好きな人と仲良くなることに成功した男性

好きな人とLINEができるようになったら話題やきっかけに困る場合がとても多い。コミュニケーションを取りたいけれど、いざLINEしようとしてもどうしたら良いか分からないパターンだ

基本を説明するので、こういったところからLINEを使って好きな人と仲良くなっていこう。

まずは好きな人とたくさんLINEできる関係を築く

好きな人と仲良くなる、好きな人と距離を縮める、そのためにはまずコミュニケーションの数を増やす必要がある。

その後にコミュニケーションの深さを探って行っていくのだが、いきなりヘビーな会話をしようとしてもできないし、距離感を失って悪い印象を持たれる。

LINEは軽いコミュニケーションなのが魅力なので特徴を押さえて接触するようにすれば良い。

まずは仲良くなる。それが好きな人とのLINEの基本では一番のテーマだ。

好きな人からLINEが来るようになったら、なるべく自分のことを理解してもらえるようにLINEする

好きな人とのLINEの始め方が上手くいくと好きな人とのLINEのやり取りが増えていく中で、「好きな人からLINEが来る状態」になる。

そのタイミングで重要なことが「自分のことを話すこと」だ。好きな人とLINEで仲良くなりたいなら、なるべく自分のことを理解してもらえるようにLINEするようにしよう。

たとえば、「今日は吉祥寺言って友達とカフェ巡りしてきたよ!オシャレなカフェで茶するの好きなんだ~(画像添付)」など、自分の趣味嗜好をLINEで送ってみたりすれば、好きな人があなたのことを理解することでもっと仲良くなれるし、自分から自己開示することで好きな人が自分のことを話してくれるようになる。

いきなり自分のプライベートなことをしゃべる人は「距離感を勘違いしている」と思われることがあるから順序が大事になるけど、好きな人からLINEが来るようになったら「距離を縮めること」も大事になる。

恥ずかしいし、付き合ってもないのに自分のことを話すのは勇気がいるかもしれないが、踏み込まないと進まないのが恋愛だから、できることからやってみよう。好きな人から誘われない女性にもすごく重要なことだ。

好きな人とのLINEはマナーを守って信頼関係を築く

ここまでを読んで、好きな人とのLINEの基本は押さえることができたと思う。

マナーの話と、恋愛を考えるときに大事ににしてほしい「信頼関係を築く」という点を押さえることで、好きな人と発展的なコミュニケーションをとれるようにもう少し説明を加えよう。

まず、自分から連絡する上で守るべきLINEの基本的なマナーについて、ポイントになることを5つ挙げておく。

  • 夜遅く、朝早くのLINEは迷惑になる可能性を考える
  • 文字ゆえに感覚を疑われる過激なワードは避ける
  • 意味もなく何度もスタ爆(スタンプ連投)は幼稚
  • 自分から連絡しておいて既読スルーは意味分かんない
  • 丁寧過ぎる、ラフ過ぎるのは人に接する距離感を失っている

LINEは気軽に送れるコミュニケーションツールだが、離れていて相手の状況が分からず、ニュアンスも伝えにくいという特徴がある。ここは好きな人とのやりとりで必ず意識しておこう。

絶対にマナーを気にしないといけないのはまだ仲良くなる前の段階だが、気遣いや優しさは愛情表現の一つ。マナーを守って、変に崩れた関係になっていって恋愛感情抜きの友達関係になってしまうことは避けることをおすすめしたい。

好きな人と恋仲になっていくためには適度な緊張感がスパイスになる。最終的に付き合いたいとおもっているなら仲良くなっていくことだけを目的にLINEをするのはやめよう。いい感じの雰囲気になっていくためにも「信頼関係を築く」ことに注力できると良い。

恋愛は究極のコミュニケーションだ。関係が進むことはそれだけ信頼関係が深まった証であり、それが恋愛感情に発展していくことも恋のきっかけ。当然、いい雰囲気になったときは相手と付き合った後のことだって少しは考える。気持ちにブレーキをかけさせないためにも信頼関係を築くことを大切にしてほしい。

きちんと自分に対応してくれる人に、人は好感を覚える。LINEだけで好きな人に好きになってもらうのは難しいけれど、LINEのやり取りが頻繁にできてくればデートに誘えるタイミングやきっかけは必ずあるし、食事に誘う機会ならなおさら多くなるはず。

信頼関係を築くという点を重視することでいずれ会話は深くなっていくので、ノリを大切にしながらもそれだけにせずきちんと対応し、気持ちも乗せるように発展的なコミュニケーションをとるようにしよう。

今回は恋愛を前提にLINEの基本を解説したのでここまでにしておくが、仲良くなっていく方向が「友達として」ではなく、「恋人になるため」に為されるために、「好意を伝えること」は重要になる。下の記事は基本の先にあるものなので読んでおくと恋を進めるヒントがある。時間があれば合わせて読んでおこう。

まとめ

今回は「好きな人とのLINEの始め方」を総合的にまとめた。これから好きな人とLINEしたい人はぜひ参考にしてみてほしい。

好きな人と仲良くなる、距離を縮めるためには、コミュニケーションの量と質がポイントになる。特に初期段階はより多くの接触の機会を持つために今はLINEが必須ツール。

軽いやりとりからで良いからまずは自分からアクションを起こし、日常的に連絡を取り合う仲になっていこう。最終的には信頼関係を築いていきたいので相手を気遣った対応ができるといい。

男友達から好きな人になるきっかけ~友達から彼氏になるヒント
男友達から彼氏になるにはいくつかのきっかけがある。 友達から好きな人に変わるかどうかは、その人毎の異性の友達に対する考え方や感覚によって可能性が大きく変わるが、あり得ないことではない。 女性が友達の男子を好きになる瞬間が
女友達から好きな人になるきっかけ~友達から彼女になるヒント
男友達を好きになった場合、一番気になるのが「男は女友達を好きになることがあるの?」という疑問。 確かに、一度友達認定をしたら恋愛を考えられないという人もいるが、女友達を好きになった経験のある男性は決して少なくない。 友達

関連記事:

アプローチ LINE・メール
Brightfutureをフォローする
自分の結婚できる確率を理解する

結婚を具体的に考えるべき年齢は意外と若いって知ってましたか?結婚したいと思っている人は、自分の年齢によって変化していく「自分が結婚できる確率」を正しく理解しておくことが重要なんです。
下の記事では、総務省の国勢調査から年齢別・男女別に結婚できる確率を算出して、考察をまとめています。
後悔しないように、今の自分の結婚できる確率がどのくらいなのか把握しておきましょう。

恋愛のすべて
タイトルとURLをコピーしました