専業主婦になりたい女性は50%以上と判明!では、男性の「専業主夫になりたい割合」は?20代・30代・40代で違いはある?

専業主婦になりたい女性。専業主夫になりたい男性の割合が気になる。

ワタナベウェディングの行った「家事に関する意識調査」の結果が興味深い内容だった。

既婚男女402人に聞いたアンケート調査なのだが、こちらによれば「専業主婦になりたい女性の割合」が未だに50%以上あるというのだ。

結婚後もバリバリ働きたい女性が増えたと言われる中、実は「働かざるを得ない状況」が共働き家庭をここまで増やしているのだろうか?

この記事では、ワタナベウェディングの行った「家事に関する意識調査」をまとめてみたい。専業主夫になりたい男性の割合も判明したので、結婚に興味がある人は参考にしてみよう。

スポンサーリンク
記事下アドセンス

女性の半数以上が専業主婦になりたい?

記事タイトルに挙げているように、今回紹介するアンケートでは、実に女性の半数以上が「専業主婦になりたい」と思っていることが分かった。(こちらのページの下部にあるPDFより)

【専業主婦になりたいですか?】

20代 30代 40代
はい  49.3%  49.3%  64.2%
いいえ  50.7%  50.7%  35.8%

40代の女性が全体を引っ張る形になったが、全体を見た「女性の専業主婦になりたい割合」は何と54.2%。一億総活躍社会と言いつつも、女性の願望は根強く専業主婦に憧れるという結果になった。

20代女性と30代女性は僅かに過半数を下回ったとは言え、ほぼ半数が専業主婦になりたいと答え、就職したばかりの女性から主任以上になっていく年齢になっても約半数が仕事をやめて専業主婦になりたいと考えているのはある意味驚きである。

あくまでも女性の憧れは「寿退社」ということだろうか。

次に、男性の「専業主夫になりたい割合」を見てみよう。

男性の4人に1人が専業主夫になりたいと思っている?

あくまでも「願望」という意味ではあるものの、今回紹介しているアンケートでは、男性の4人に1人が「専業主夫になりたい」と思っていることが判明した

【専業主夫になりたいですか?】

20代 30代 40代
はい  26.9%  26.9%  20.9%
いいえ  73.1%  73.1%  79.1%

出世して課長や部長になっていく40代の男性はさすがにほかの世代と差をつけたが、それでも男性全体の実に4人に1人が専業主夫願望を持っている点については、女性同様驚きの結果とみる人が多いのではないだろうか?

あくまでも願望である点は注意するべきで、実勢社会で「専業主夫」は市民権を得ているとは言いにくく、「じゃ、専業主婦になっていいよ」と配偶者が言ってくれても、男性は専業主夫を選べる状況ではないが、やはりこれだけの割合で男性も「家庭に入りたい」と思って働いている点は面白い結果だった。

家事は無償の愛?それともお金?

今回紹介しているアンケートでは「家事を行うことでお金を得たいですか?」という質問もあった。

家事は無償の愛なのだろうか?
それともやっぱりお金を得たいと考える行為なのだろうか?

結果を見てみよう。

【家事を行うことでお金を得たいと思いますか?】

男性 女性
世代 20代 30代 40代 20代 30代 40代
はい  41.8%  46.3%  19.4%  61.2%  62.7%  50.7%
いいえ  58.2%  53.7%  80.6%  38.8%  37.3%  49.3%

家事を行うことで対価を得たいと考えている人の割合は女性で58.2%となり、男性の1.6倍となった。先に挙げたアンケート結果と合わせて、20代・30代と比べ、40代は古き良き日本を愛する世代のように見えた。

ただ、20代・30代に関しては女性で6割以上、男性でも4割以上が「家事でお金をもらいたい」と考えていることから、今後は家庭内の家事分担が「逃げ恥(ドラマ、逃げるは恥だが役に立つ)」のようにお金が絡んでいく場合があるのかもしれない。

変にもめるよりも合理的な方法は男性も望むところだと思われるため、女性の望みはこれから叶う可能性がある。

しかしながら、このパートの男女差は、明らかに女性に寄った「家事分担」が結果へ大きく関係しているのは間違いないところ。つまり、女性の家庭内における家事の負担が大きいから、「これだけやっているのに…」といろいろな不満を持っている可能性がある。

確かに「結婚」を意識したとき、「二人で家庭を作っていく」ということへ不安や、もっと言って煩わしさを感じる人も少なくない。

では、結婚した男女はそこまで「家事の分担」についてパートナーへ不満だらけなのだろうか?次で紹介するアンケート結果は要チェックである。

スポンサーリンク

家事の分担に、みんな満足して結婚生活を送っているの?

「家事をするならお金がほしい!」なんて意見を聞くと、「結婚した人はみんな幸せなの?」と疑いの気持ちを持つと思うが、最後に紹介するアンケート結果では、きちんと救いがあった。

【パートナーの家事に対して満足してますか?】

男性 女性
世代 20代 30代 40代 20代 30代 40代
はい  79.1%  70.1%  83.6%  59.7%  53.7%  44.8%
いいえ  20.9%  29.9%  16.4%  40.3%  46.3%  55.8%

さきほどのアンケート結果から負担が大きくなっていることが予想される「40代女性」の割合は過半数を下回ったものの、女性全体では53%が「パートナーの家事に対して満足している」と答えた。

男性は78%の人がパートナーの家事に満足しているから、どうしても女性に家事の負担が大きい現実は未だに継続しているが、それでも段々と男性が家事の分担に積極的になってきている状況はありそうだ。

専業主婦はやっぱり女性の憧れなのか

今回のアンケート結果から、女性が持つ「専業主婦への憧れ」は未だに根強いものがあり、少し調べただけでも「専業主婦になる方法」とか「彼女が専業主婦になりたいと言っている」なんて質問があったり、仕方なく共働きを選んでいる家庭も多くいることを裏付けた。

専業主婦になることが「永久就職」と言われるように、「社会で働かなくていい」という身分は、どこか「逃げ込める場所」のようにも思えて、これからも一定のところで憧れの対象で居続けるのかもしれない。

現在は、長い時間をかけながらだが、女性が社会で活躍できる社会作りが進められており、社会環境と男性の意識に変化が起こることで「女性の願望」も変わってくるだろうと思いながら、「幸せになるための選択」がもっともっと多様化していけばいいなと思うところだ。

専業主婦が良いとか悪いとかではなく、女性が「選ぶことができる」という状態がベストだろう。子供を産む女性が家庭に専念して守っていく状態も、決して悪いものではなく、女性の社会的立場が未だに実質的な意味で「男性の下」にある状態が望ましくない。

今回のアンケートでは男性が専業主夫になりたいと思っている割合がそこまで低くないことも判明しているため、男女が本当の意味で平等になるとき、家庭の在り方も変わるのだろうと思った。選択できる社会は個人的にも望むところである。

いずれにしても、社会全体の「幸福」が最大化される社会になればいいなと思った。
現在は専業主婦にあこがれの気持ちを持ちながら、男女の家事分担が少しずつ進んでいる世の中のようだ。

まとめ

今回は、ワタナベウエディングが行ったアンケート結果をもとに、「専業主婦になりたい女性の割合」「専業主夫になりたい男性の割合」など、家事の考え方についてまとめた。

女性の50%以上が専業主婦に憧れる今の状態には賛否だけでなく、原因についても意見が分かれそうだけど、今回テーマにした内容は「個人の幸福」が優先される問題で、それぞれの家庭の在り方で選択できる社会になれば理想である。

ある意味「男性が主夫になることを選べる社会」も悪くないはずなので、女性の社会的立場が適切なものになることは、すべての人の幸福につながるのかもしれない。

関連記事: