専業主婦になりたい女性は50%以上と判明!では、男性の「専業主夫になりたい割合」は?20代・30代・40代で違いはある?

  ※ 当サイトはアフィリエイト広告を利用してます

専業主婦になりたい女性。専業主夫になりたい男性の割合が気になる。

ワタナベウェディングの行った「家事に関する意識調査」の結果が興味深い内容だった。

既婚男女402人に聞いたアンケート調査なのだが、こちらによれば「専業主婦になりたい女性の割合」が未だに50%以上あるというのだ。

結婚後もバリバリ働きたい女性が増えたと言われる中、実は「働かざるを得ない状況」が共働き家庭をここまで増やしているのだろうか?

実はこの調査では、男性の専業主夫になりたい割合も判明しており、非常に興味深い結果が出ている。

そこでこの記事では、ワタナベウエディングが行った調査をもとに専業主婦になりたい女性の割合と、専業主夫になりたい男性の割合を中心に解説し、「夫婦の家事の分担」に関する調査結果と、実情の意味の「専業主婦の割合と共働き夫婦の割合」も解説する。

この記事の後半では、専業主婦になる女性の特徴と専業主夫になる男性の特徴を紹介し、専業主婦になりたいと思っている人のために「専業主婦になる方法」も解説しているので、結婚や夫婦に興味がある人はぜひ参考にしてほしい。

  1. 女性の半数以上が専業主婦になりたい?
    1. 専業主婦になりたい女性の割合
    2. 専業主婦になりたい女性の割合が最も高いのは40代女性
    3. 20代女性の専業主婦になりたい割合と30代女性の専業主婦になりたい割合は同じ数値に!専業主婦を希望する女性は減ってない?
    4. 今の世の中では、本気で専業主婦になろうとする女性はやっぱり少ない
  2. 専業主夫になりたい男性の割合:男性の4人に1人が専業主夫になりたいと思っている?
    1. 専業主夫になりたい男性の割合は24.9%
    2. 20代男性の専業主夫になりたい割合と30代男性の専業主夫になりたい割合は4人に1人以上!
  3. 家事は無償の愛?それともお金?家事で対価をもらいたい人の割合
    1. 家事は立派な仕事?家事を行うことでお金を得たい人の割合は女性で6割弱との結果に!
  4. 夫婦の家事の分担にみんな満足して結婚生活を送っているの?家事の分担に不満がある人の割合
    1. 夫との家事分担に不満がある女性の割合は過半数割れ!家事の分担に満足している女性の方が多い
    2. 家事の分担に満足している男性の割合は約8割に!家事に不満がある男性の割合は2割以下
  5. 実際は?専業主婦の女性の割合と、共働き夫婦の割合
  6. 【専業主婦になる方法】専業主婦になるには?
    1. 高収入の男性が多い大企業に勤めているなら、社内恋愛に頑張ると専業主婦になれる確率が高い
    2. 周りに高収入の男性がいないなら友達の紹介を頼ることで専業主婦になる道を模索する
    3. 専業主婦になる方法で最も確率が高い方法は、条件で結婚相手を選べる「結婚相談所」
  7. 専業主婦になる女性の特徴や、専業主夫になる男性の特徴とは?
    1. 家事全般が得意であることが専業主婦になれる条件?特に「料理の腕」は非常に大きい要素
    2. 専業主婦になれる人は、パートナーの支え方が上手い人
    3. 専業主婦になれる人は、好きな人に守りたいと思ってもらえる人
    4. 専業主婦になる人は、一人の時間を持て余すことなく、落ち着いていて丁寧な暮らしをしているのも特徴
    5. 専業主婦になれる人は子供好きの人
  8. 専業主婦はやっぱり女性の憧れなのか
  9. まとめ

女性の半数以上が専業主婦になりたい?

記事タイトルに挙げているように、今回紹介するアンケートでは、実に女性の半数以上が「専業主婦になりたい」と思っていることが分かった。(こちらのページの下部にあるPDFより)

【専業主婦になりたいですか?】

20代30代40代
はい 49.3% 49.3% 64.2%
いいえ 50.7% 50.7% 35.8%

専業主婦になりたい女性の割合

こちらのアンケートでは、女性の専業主婦になりたい割合は54.2%にも及んだ。

女性活躍社会や、一億総活躍社会と言いつつも、女性の願望は根強く専業主婦に憧れるという結果になった。

専業主婦になりたい女性の割合が最も高いのは40代女性

40代女性で専業主婦になりたい人の割合は6割を大きく超えており、20代女性と30代女性を突き放した。

40代になると職場でも責任がある仕事を任される年齢だが、「できたら仕事をしたくない」と思ってる人がおおよそ3人に2人いるのは驚きの結果かもしれない。

昔は専業主婦に憧れる女性が多かったし、親が専業主婦をしていた関係で自分も専業主婦になる夢を持っていた人が多かったため、40代女性へのアンケートでは他の世代と差が開いた形だ。

20代女性の専業主婦になりたい割合と30代女性の専業主婦になりたい割合は同じ数値に!専業主婦を希望する女性は減ってない?

この調査で驚きだったのは、20代女性の専業主婦になりたい割合と、30代女性の専業主婦になりたい割合が同じだったことだ。

僅かに過半数を下回ったとは言え、20代女性と30代女性でもほぼ半数が専業主婦になりたいと答え、就職したばかりの女性から主任以上になっていく年齢の女性まで、約半数が仕事をやめて専業主婦になりたいと考えているのは、イメージと乖離があった人も多いと思う。

現状の時代推移や価値観の変遷を見ると「40代>30代>20代」と専業主婦を希望する女性の割合が減っていきそうだが、現実はそうではなかった。

今の世の中では、本気で専業主婦になろうとする女性はやっぱり少ない

ただ、実際のところは今の物価上昇と増税の流れ、低賃金の社会では、結婚する女性が本気で専業主婦になろうとすることが非常に珍しくなってきており、男性の結婚観としても共働きを受け入れる女性を結婚相手に選びたいと考える人が圧倒的に増えた。

専業主婦の割合については後で具体的に取り上げて解説するけど、今回紹介した調査結果は、あくまでも「専業主婦になりたいかなりたくないか」を聞いているだけで、「実際に結婚した時に専業主婦を希望するか」、「夫となる男性に専業主婦になりたいと言うか」、「結婚したら仕事をやめてもいいと言ってくれる結婚相手を探すか」という点はまた別の話になってくる

女性の憧れは高収入の夫を捕まえて「寿退社(=結婚を機に仕事をやめる)する」ということになるのだろうが、現実的に考えた際に本気で専業主婦になろうとする女性の割合はもっと低い

次に、男性の「専業主夫になりたい割合」を見てみよう。

専業主夫になりたい男性の割合:男性の4人に1人が専業主夫になりたいと思っている?

専業主夫になりたい男性の割合を解説する男性。

あくまでも「願望」という意味ではあるものの、今回紹介しているアンケートでは、男性の4人に1人が「専業主夫になりたい」と思っていることが判明した

【専業主夫になりたいですか?】

20代30代40代
はい 26.9% 26.9% 20.9%
いいえ 73.1% 73.1% 79.1%

専業主夫になりたい男性の割合は24.9%

全体の専業主夫になりたい男性の割合は24.9%だった。

昔に比べて増えているとはいえ、専業主夫の男性はまだまだ珍しい存在だが、男性にも一定レベルで “専業主夫になりたい願望がある” ことがわかる。

出世して課長や部長になっていく40代の男性はさすがに専業主夫になりたくない人の割合が圧倒的だが、それでも男性全体の実に4人に1人が専業主夫願望を持っている点については、女性同様驚きの結果とみる人が多いのではないだろうか?

20代男性の専業主夫になりたい割合と30代男性の専業主夫になりたい割合は4人に1人以上!

やはりこの結果で特筆するべきなのは、20代男性と30代男性で専業主婦になりたい人の割合が4人に1人を超えたことだ。男性4人グループがあったら1人は専業主夫になれたらいいなと思ってると思うと、少し複雑な気持ちになる。

あくまでも願望である点は注意するべきで、実勢社会で「専業主夫」は市民権を得ているとは言いにくいから、「じゃ、専業主婦になっていいよ」と配偶者が言ってくれても男性は専業主夫を選べる状況ではないが、やはりこれだけの割合で男性も「会社をやめて家庭に入りたい」と思いながら働いている点は、女性にとって驚きの結果だっただろう。

今回紹介している調査は他にも「家事」に関して聞いていることがあるので、引き続き紹介していく。

家事は無償の愛?それともお金?家事で対価をもらいたい人の割合

今回紹介しているアンケートでは「家事を行うことでお金を得たいですか?」という質問もあった。

家事は無償の愛なのだろうか?
それともやっぱりお金を得たいと考える行為なのだろうか?

結果を見てみよう。

家事は立派な仕事?家事を行うことでお金を得たい人の割合は女性で6割弱との結果に!

【家事を行うことでお金を得たいと思いますか?】

男性女性
20代30代40代20代30代40代
はい41.8%46.3%19.4%61.2%62.7%50.7%
いいえ58.2%53.7%80.6%38.8%37.3%49.3%

家事を行うことで対価を得たいと考えている人の割合は女性で58.2%となり、男性の1.6倍となった。

先に挙げたアンケート結果と合わせて、20代・30代と比べて40代は古き良き日本を愛する世代で、まさに昭和的な価値観を持っていると分析できる。

ただ、20代・30代に関しては女性で6割以上、男性でも4割以上が「家事でお金をもらいたい」と考えていることから、今後は家庭内の家事分担が「逃げ恥(ドラマ:逃げるは恥だが役に立つ)」のようにお金が絡んでいく場合があるのかもしれない。

変に家事の分担でもめるよりも、家事に対価を払う・得るというのは合理的な方法とも言え、これからの時代の変遷次第ではお金で解決しようとする夫婦が増える可能性がある。

実際、残業が多い男性や女性は家事分担に協力しようとしても、その時間と体力がない。持ちつ持たれつで夫婦生活を過ごしていくのが愛のある夫婦だったとしても、残業した結果として収入が増えるなら、その時間に家事をしてくれていた妻や夫に何らかの形でpayする方が合理的判断である。

しかしながら、このパートの男女差は、明らかに女性に偏ってしまっている「家事分担」が、結果へ大きく関係しているのは間違いないところだ。

つまり、女性の家庭内における家事の負担が大きいから、「これだけやっているのに…」といろいろな不満を持っている可能性がある。

私ばかり家事をしていると思えば、「対価がないのはおかしい」と思っても何も不思議ではない。

では、結婚した男女はそこまで「家事の分担」についてパートナーへ不満だらけなのだろうか?

次で紹介するアンケート結果は要チェックである。

夫婦の家事の分担にみんな満足して結婚生活を送っているの?家事の分担に不満がある人の割合

家事の分担をする新婚夫婦の買い物風景。

「家事をするならお金がほしい!」なんて意見を聞くと、まだ独身の人は「夫婦でお金の支払いなんて発想してて、結婚した人は本当にみんな幸せなの?」と疑いの気持ちを持つと思うが、紹介しているアンケート結果では、きちんと救いがあった。

【パートナーの家事に対して満足してますか?】

男性女性
20代30代40代20代30代40代
はい79.1%70.1%83.6%59.7%53.7%44.8%
いいえ20.9%29.9%16.4%40.3%46.3%55.8%

夫との家事分担に不満がある女性の割合は過半数割れ!家事の分担に満足している女性の方が多い

先ほどのアンケート結果から判明しているように、家事の負担が大きくなっていることが予想される「40代女性」の割合は過半数を下回ったものの、女性全体では53%が「パートナーの家事に対して満足している」と答えた。

家事の分担に不満がある女性の割合は47%だから差はわずかかもしれないが、家事は毎日のことで不満になりやすいことを考えると、多くの夫婦は「うまくやってる」のが現実だとわかるデータだった。

家事の分担に満足している男性の割合は約8割に!家事に不満がある男性の割合は2割以下

一方、家事の分担に満足している男性の割合は78%で、ほとんどの男性は妻の家事に満足しているという結果が出ている。

家事の分担に不満がある男性の割合は、わずか22%だ。

これは、家事の負担が夫に偏ってる夫婦が2割程度しかないことを示唆していて、自分が担ってる家事が少ないから相手の家事に不満を持たないということ。今の時代、家事をやってもらってるのに妻の家事に不満を持つなんてことは、普通はない。

どうしても女性に家事の負担が大きい現実は未だに継続しているから夫側が満足しているのは当然の結果だが、それでもだんだんと男性が家事の分担に積極的になってきている状況はありそうだ。

では、実際の専業主婦の女性の割合はどうだろう?

実際は?専業主婦の女性の割合と、共働き夫婦の割合

厚生労働省が発表している「厚生労働白書」によると、2024年(令和6年)現在確認できる最新情報では「専業主婦の割合」と「共働きの夫婦の割合」は以下の通りになっていた。

  • 専業主婦の女性の割合=約37%(664万世帯の調査)
  • 共働き夫婦の割合=約63%(1129万世帯の調査)

専業主婦の夫婦と、共働き夫婦の割合を示した図表。

出典:図表1-2-11 共働き等世帯数の年次推移

引用の図で示した通り共働き夫婦の割合は概ね右肩上がりで上昇を続けているため、専業主婦になりたい女性に取って現実はなかなか厳しい

独立法人「労働政策研究所」が行った1980年の調査では専業主婦の女性の割合が64%もいたので、実際に専業主婦になる女性の割合は昔と比べて激減している。

専業主婦になりたいなら、専業主婦になる方法を実践する必要があると言えそうだ。

では、専業主婦になるためにどうしたら良いだろう?

【専業主婦になる方法】専業主婦になるには?

女性が専業主婦になるためには、「経済力のある男性」と結婚することが絶対条件になる。

専業主婦になりたい女性がここまで多い中で、実際の専業主婦の割合が低い状況なのは「生活のために働く」から

専業主婦を許してくれる男性と結婚しない限りは「生活のために働いてほしい」と言われてしまう。あなた自身も経済力のない男性と結婚すればきっと働きたくなるだろう。

さらに、「お嫁さんには専業主婦になってほしいと思う男性」でないと現在では常識的にどうしても共働き夫婦になる可能性が高いので、専業主婦になりたいあなたと結婚相手の男性が「結婚観」についても合っている必要がある。

なかなか難しい2つの問題をクリアすることが「専業主婦になる方法」の課題だ。

高収入の男性が多い大企業に勤めているなら、社内恋愛に頑張ると専業主婦になれる確率が高い

総合職の男性が高収入の大企業に勤めている女性は、夫婦の出会い方でもトップにくる社内恋愛が専業主婦になるベストな方法だ。

専業主婦のお嫁さんを持てる器の大きい男性が周りにいるなら、その環境を生かすべきである。

付き合う前に軽いニュアンスで良いので、「結婚観について話しておくこと」が専業主婦になるコツだ。

冗談交じりの会話の中で「専業主婦のお嫁さんってどう思う?」という話を出してみたり、友達の話として「友達が専業主婦なんだけど、○○さんは共働き派?」などの質問をして、相手の結婚観を把握しながら恋愛相手を探していく。

女性が専業主婦になるには普通の共働き夫婦と同等かそれ以上の収入がある男性との結婚が不可欠なので、そんな男性が周りにたくさんいる環境なら仲良くなった男性の結婚観を聞いて狙うべき男性を選別すると良い。

社内で婚活するのは抵抗感があると思うが、専業主婦の奥さんが持てる男性は限られた存在だから、ある程度は割り切って活動していく必要がある。

社内恋愛のコツなどについては下に当サイトの一覧ページを貼っておくので参考にしてみよう。

周りに高収入の男性がいないなら友達の紹介を頼ることで専業主婦になる道を模索する

もしあなたの周りに高収入の男性がいない場合は、友達の紹介を頼るのが専業主婦になる方法の基本になる。

専業主婦になりたいなら特別な努力が必要なので、恥ずかしがらずに人脈を持っている友達を頼ろう。男友達の紹介まで検討していくと、意外に穴場の紹介案件はある。友達付き合いの多い女性におすすめの方法だ。

しかし、社内恋愛や紹介は、自分の環境を大きく変えてしまう可能性を持っているのがデメリットだ。恋愛に絡むゴタゴタがめんどくさいし、揉め事や上手く行かなかった時の副作用も大きい。

そこでおすすめする専業主婦になる方法が結婚相談所である。

専業主婦になる方法で最も確率が高い方法は、条件で結婚相手を選べる「結婚相談所」

専業主婦になりたい女性に取って、最も確率の高い専業主婦になる方法は男性の条件で結婚相手を選べる「結婚相談所」だ。

特に20代半ば過ぎくらいまでの女性に最もおすすめで、早くから本格的な婚活を行うと専業主婦になれる確率が現実的数値まで上昇する。

お互いに結婚相手を探している婚活では、条件で出会う相手を絞れるほかに、高い費用を払ってまで登録し活動するほど出会った相手が「結婚したい」と思っているのが大きなメリットである。

専業主婦の奥さんを持ちたい高収入の男性は結婚へのモチベーションが低いタイプが多いため、せっかく付き合えても結婚まで遠いのが特徴になってしまっている。自分が選ぶ側の人間だと自覚している人が多いので、女性が将来性に注目して交際しても、なかなか結婚してくれないのである。

もし、あなたが「専業主婦になるために頑張ってみたい」と思うなら、なるべく早く本格的な婚活がスタートできるように動いてみよう。この方法が最も専業主婦になる方法として確率が高い方法だ。

たとえば、CMでもおなじみのオーネット(旧 楽天オーネット)では、実際に登録している人の中に自分の希望条件にあった男性がいるかテストできる「結婚チャンステスト(無料)」をやっている。

高収入の男性との結婚を目指す「あなた自身の専業主婦になれる確率を知る」こともできるし、無料診断なので興味があれば受けてみよう。

共働き夫婦の平均年収は2017年の総務省の家計調査で約730万となっている(年齢は平均で46.5歳)ので、結婚チャンステストに入力する「相手の年収」は、20代なら600万円~700万円、30代なら700万円~800万円を目安にすると良い

詳しくは公式サイトを見てみてほしい。

ネット婚活については下の記事でおすすめのサイトなどについても解説している。専業主婦になりたいなら早めに婚活を始める方が断然有利なので、20代から行動力を発揮しよう。30代の人は多少の「焦り」も行動力の源にしてほしい。

20代から婚活をする女性が、なぜ恋愛に成功したのか~秘密はあなたの知らない効果がメリットになったから?!
最近、20代前半や半ばからライトな婚活をする女性が増えている。 ひと昔前は「婚活は切羽詰まった女と男のやることだ」という雰囲気もあったが、SNSがネットをよりリアルに近づけて、ネット婚活への価値観が変わった。 ネット婚活は自宅に居な

専業主婦になる女性の特徴や、専業主夫になる男性の特徴とは?

専業主婦になりたい女性や、専業主夫になりたい男性のために、「どんな人が専業主婦になれるのか」、その特徴を解説する。

先ほど挙げた「高収入の人と結婚する」という点も含めて、どんな人が専業主婦になれるのだろう?

家事全般が得意であることが専業主婦になれる条件?特に「料理の腕」は非常に大きい要素

専業主婦になれる女性や専業主夫になれる男性のほとんどは、「家事全般が得意」という特徴を持っている。

特に重要なのは「料理の腕」で、専業主婦になりたいなら結婚前から得意と言うレベルにしておきたいところ。

ただし、専業主婦になった人の中には結婚後に料理が得意になった人もいるので、そこまでハードルを高く見積もる必要はない。

そういう意味では、「料理が好きな女性や男性」であれば専業主婦になる最低限の条件を超えていると言えるだろう。もし料理が得意じゃないなら料理好きをアピールすると良いアピールになる。

本当に料理好きじゃないと成長も見込めないけど、あなたが本当に料理が好きだったら専業主婦をする中でプロ並みの腕前になることは可能だ。そういう人を何人も知っている。

もちろん結婚前の花嫁修業は必須となるものの、結構誰にでもこの条件はクリアできると思う。

専業主婦になれる人は、パートナーの支え方が上手い人

結婚相手に専業主婦になってほしいと思う男性や、専業主夫になってほしいと思う女性は、そのほとんどが高収入が故の「仕事の忙しさ」が悩みになっている。

では、仕事が忙しい人がどんなパートナーを求めているかというと、自分を支えてくれる人だ。

社長レベルになると「刺激をくれる人」や「一緒に成長していける人」を求める声も大きいのだが、商社マンや金融業界の人で専業主婦の奥さんがほしいと言う男性は、献身的に支えてくれる女性を結婚相手に選んでいる。

専業主婦になりたい女性や専業主夫になりたい男性は、「パートナーを支える力」を養っておくべきである。

ここら辺は本人の人間力と経験からの学びが必要なので身につけるのは難しいけど、もしテキストから学んでみたいと思ったら下の記事が参考になる。ぜひ合わせて読んでみよう。

恋人を大切にするとはどんなことか~彼氏を大切にしたい、彼女を大切にしたい人へ
大好きな人と付き合っている人は、「彼氏を大切にしたい」「彼女を大切にしたい」と思うもの。義務感とか責任感と言った気持ちよりも、純粋な愛情がそう思わせる。 「恋人に大切にされたら嬉しいですか?」 この問いにNOと言う人はやっぱり少数派

専業主婦になれる人は、好きな人に守りたいと思ってもらえる人

30代で専業主夫をやってる男性や専業主婦をやってる女性に実際に会うと、旦那さんや奥さんを立てるタイプが多く、毎日頑張ってくれているパートナーに感謝しながら結婚生活を送っていることが伝わってくる。

これを逆の立場からさらに分析していくと、配偶者に専業主婦・主夫になってほしいと思う人は、「守りたい」と思える人と結婚しているという共通点があることに気づく。

その意味では、パートナーに愛される力も大事になってくるということだ。

さきほど専業主婦になるには支える力が必要だと言ったが、そういう人は好きな人から「守りたい」と思ってもらえる人であり、専業主婦を持てる人から結婚相手に選ばれるタイプの人だ。

仕事のやる気を出させてくれる人は、恋人としても結婚相手としても、仕事ができる人から人気である。

前述しているように、専業主婦を持てる人は結婚相手を選ぶ側の人なので、ギブの先進で交際し、「この人を一生守りたい」と思ってもらえるように交際しよう。恋愛は、与えるからこそ与えれる。

男性が「守りたい女」「守りたくなる女」とは?男が支えたい女性になるコツ
男性が守りたいと思う女性について、あなたはどんなイメージを持っているだろう? 男性がそばにいてあげたいと思う女性とは、守りたいと思う女性、守りたくなる女性だ。 男性はそばで支えたいと思う女性に恋をすることが多く、「俺が一緒にいてあげ

専業主婦になる人は、一人の時間を持て余すことなく、落ち着いていて丁寧な暮らしをしているのも特徴

あなたがもし専業主婦になりたいと思うなら、落ち着いた丁寧な暮らしをするように心がけてみよう。

結婚したら専業主婦の奥さんがいいと言う男性に話を聞くと、家に一人になっても変な心配をしないでいい女性が結婚相手に向いてるとよく話す。

なぜなら、今はマッチングアプリで気軽に出会いを確保できるため、「暇を持て余したら簡単に浮気できる時代だから」だ。

男性目線では、精神的に落ち着いてる女性じゃないと専業主婦として結婚するのは不可能だとイメージしている。

そもそも一人の時間を持て余す性格だと思われたら専業主婦を許す男性はいないので、もし婚活するなら精神的に落ち着いてる女性だとイメージされるようにアピールしよう。

共働きなら結婚している以上、浮気の心配はそこまで現実的に考えないけど、男性からすると専業主婦には時間があるイメージがあるので、そもそもの人間性を見られる傾向がある。

女性を想定した解説をメインにしたけど、立場が逆転して男性を想定しても基本は同じなので、「一人にしても大丈夫」と思われる信頼感はやはり必須の条件だ。

専業主婦になれる人は子供好きの人

現実的に考えると、専業主婦になるタイミングの王道は「子供が出来た時」だ。

今は産休や育児休暇が充実している企業が多いため、子供ができたとしてもやめないで働ける環境があるけど、それでも専業主婦になる人は「子供好きで、子供の成長を全力でサポートしたい」と考えてる割合が高い。

この点を夫や妻が理解するから、「それじゃ君は仕事をやめて育児に専念していいよ」と納得してくれる。

専業主婦になりたい人は、結婚前に子供好きと育児に頑張りたいアピールをしておくと、実際に子供を授かった時に専業主婦になれる確率が高まる。

もちろん、パートナーも子供好きなのが条件になるので、「育児も大切だけど経済的安定も大事」と言う人は結婚相手に向かない。そもそも子供嫌いな男性や、子供がほしくない男性は論外だ。

【子供はいらないと言う男性心理から対処法まで】子供が欲しくない男性の理由や本音は?変わる可能性はある?
少子化が進んだ今の日本では、結婚に関する問題で「希望する子供の人数の不一致」より以前の「子供が欲しいか子供が欲しくないか」が問題になるカップルが増えている。 あなたが「結婚したら子供は絶対に欲しい」と思うなら、「結婚しても子供はいらな

専業主婦になる方法は色々な角度のアプローチができると思うのだけど、このパートで挙げた5つの特徴はなるべく多く「秀でている」というレベルで自分の特徴にしておきたい。

「やっぱり今の時代に専業主婦になるのは難しいな」と思うなら、最も確率が高い「婚活」に全力で頑張ってみよう。婚活を始めるなら早いに越したことはないので、「どうしたら専業主婦になれるの?」と悩んでいる時間はなるべく少なくして、具体的な行動を取ることが重要だ。

\自分の望むスペックの人とマッチングするか調べてみる/

専業主婦はやっぱり女性の憧れなのか

今回のアンケート結果から、女性が持つ「専業主婦への憧れ」は未だに根強いものがあり、仕方なく共働きを選んでいる家庭も多くあることを裏付けた。

専業主婦になることが「永久就職」と言われるように、「社会で働かなくていい」という身分は、どこか「逃げ込める場所」のようにも思えて、これからも一定のところで憧れの対象で居続けるのかもしれない。

現在は長い時間をかけながらだが、女性が社会で活躍できる社会作りが進められており、社会環境と男性の意識に変化が起こることで「女性の願望」も変わってくるだろうが、「幸せになるための選択」がもっともっと多様化していけばいいなと思うところだ。

専業主婦が良いとか悪いとかではなく、女性が「ライフスタイルを選ぶことができる」という状態がベストだろう。

子供を産む女性が家庭に専念して守っていく状態も決して悪いものではなく、女性の社会的立場が未だに実質的な意味で「男性の下」にある状態が望ましくない。

今回のアンケートでは男性が専業主夫になりたいと思っている割合がそこまで低くないことも判明しているため、男女が本当の意味で平等になるとき、家庭の在り方も変わるのだろうと思った。選択できる社会は個人的にも望むところである。

いずれにしても、社会全体の「幸福」が最大化される社会になればいいなと思った。
現在は専業主婦に憧れの気持ちを持ちながら、男女の家事分担が少しずつ進んでいる世の中のようだ。

まとめ

今回は、ワタナベウエディングが行ったアンケート結果をもとに、「専業主婦になりたい女性の割合」「専業主夫になりたい男性の割合」など、家事の考え方についてまとめた。

女性の50%以上が専業主婦に憧れる今の状態には賛否だけでなく、原因についても意見が分かれそうだけど、今回テーマにした内容は「個人の幸福」が優先される問題で、それぞれの家庭の在り方で選択できる社会になれば理想である。

ある意味「男性が主夫になることを選べる社会」も悪くないはずなので、女性の社会的立場が適切なものになることは、すべての人の幸福につながるのかもしれない。

自分が専業主婦になれるか不安なら、業界No.1の会員数を誇るオーネットの結婚チャンステストを受けてみよう。CMもやっている大手の結婚相談所なら、あなたの可能性をしっかり試せる。

関連記事:

男性の心理と特徴結婚生活女性の心理と特徴世の中の恋愛事情
Brightfutureをフォローする
自分が結婚できる確率を理解する
自分が結婚できる確率を知って具体的な努力をして結婚できた女性

結婚を具体的に考えるべき年齢は意外と若いって知っていましたか?
いつか結婚したいと思っている人は、自分の年齢によって変化していく「自分が結婚できる確率」を正しく理解しておくことが重要になってます。
下の記事では、総務省の国勢調査から、年齢別・男女別に結婚できる確率を算出して、考察をまとめています。
後悔しないように、今の自分の結婚できる確率がどのくらいなのか把握しておきましょう。

恋愛のすべて
タイトルとURLをコピーしました