犬や猫など、動物を飼うと結婚できない理由を解説!結婚や恋愛はデメリットもあるから「一人のさみしさ」がなくなると求めなくなる

犬を飼うと結婚できないと言われて理由が気になってる20代女性

結婚できない人をイメージする時、よくペットや飼う動物について話題に出す人がいる。

「猫を飼うと結婚できなくなる」
「犬を飼っている人は結婚できない」

ペットを飼っている人は結婚できないという類の話は、あなたも一度は聞いたことがあると思う。

しかし、なぜ動物を飼うと結婚できなくなるのだろう?

もし結婚できなくなる理由がわからない独身の人は、気になることがあるかもしれない。

そこで今回は「犬や猫など、動物を飼うと結婚できない理由」を解説する。結婚や恋愛はデメリットもあるから、「さみしさ」がなくなると求めなくなる。

とても単純な話だけど、「結婚したいけどさみしいから動物を飼おうか悩む人」に参考になればと思う。

独身の人がペットを飼うと結婚できない理由:犬や猫を飼うと結婚できなくなる?

結婚しない人にアンケートを取ると、「一人がさみしくなくなった」という答えが共通していることを知っているだろうか?

一人がさみしくなくなると、恋人など「他の誰か」を求めることがなくなる。恋愛や結婚にはデメリットもあるため、必要性を感じなくなるからだ。

自分の価値観やライフプランに合っているなら、今は当たり前に「結婚しない選択」をする時代になった。昔に比べて人の生き方はもっと多様化して、実際に一生結婚しないと決める人や、事実婚を選ぶ人も増えてきた。結婚しないという選択が決して不自然な選択でも間違った選択とも言い切れない世の中だ。

しかし、「なぜ結婚したいと思うのか」というあなたの価値観次第では、犬や猫などのペットを飼うという行動には慎重でいるべきである。

動物を飼うことで「一人にさみしさを感じなくなる」と、結婚しなかった人の条件にピタリとはまってしまうのだ。ペットを飼う人とペットを飼わない人を比較した下の解説を確認してみてほしい。

  • ペットを飼う→寂しくなくなる→結婚したい気持ちが減退する→結婚するために頑張れなくなる、具体的な努力をしないで「いつか結婚できたらいいな」くらいしか思わない→結婚できないで将来後悔することも…
  • ペットを飼わない→寂しい→結婚したい気持ちが高まる→結婚するために頑張れる、具体的に努力できる→自分の結婚できる確率を最大化できる

やはり、誰かが誰かを好きになることや必要とするのに、「さみしい」という感覚は関連深くて、先々のことも考えながら選択するべきなのだろう。

「結婚したいと思う人」は、違う形でそのさみしさを満たすことが、果たして自分に取って「良いことなのか悪いことなのか」を吟味しないと、将来後悔する原因になってしまうことがある。

猫や犬を飼うと結婚できない根本的な理由は、一人が寂しくなくなって、煩わしいこともある恋愛や結婚の必要性をなくすからだ。実質的に犬や猫に結婚へのモチベーションを奪われ、ペットという存在に満たされる想いでそのまま独身を貫くことになる人が本当に多い。

加えて、もし素敵な人と出会えてもペットを飼うくらい「犬好きか・猫好きか」というハードルができてしまうので、時と場合によっては好きな人とペットを天秤にかけないといけない事態もないわけじゃない。実際、犬連れ結婚や猫連れ結婚に失敗した人が世の中にはたくさんいる。

自分に合う人と幸せな家庭を作りたいと思う人は、自分のモチベーションをなくして今以上に恋愛や結婚に努力する気持ちをなくしてしまう可能性のある選択に少し待ったをかけたい。

ある意味、自分を追い込んで真剣に結婚と向き合う時期を作ることも、大切なことである。寂しいから犬を飼う、猫を飼うのは、恋愛や結婚のことを考えるとデメリットがある。

結婚したい人に伝えたい、犬や猫などのペットを飼うデメリット:一人暮らしの男女がペットを飼うと結婚できなくなる具体的な理由

独身の人がペットを飼うと結婚できないことに悩みながら猫を見つめる様子

どんな人が犬や猫を飼っても結婚できる人なのかを考えると、どうしても「家族暮らし」の人しか全ての特徴を網羅できないことに気づく。やはり、一人暮らしの人が自分だけでペットの世話をしていると、結婚や恋愛への悪影響が大きすぎるのだ。

実際、色々と取材すると、ペットを飼う上で恋愛のデメリットになることとして以下のような声が多く挙がった。

  • 早くペットに会いたくて誘いを断ることが増えた
  • 休みの日もずっとペットを遊ぶようになった
  • 「もう1軒行こう」と言われたけど、ペットが気になって帰宅した
  • ペットにお金がかかるから交際費を削りがち
  • 犬派(猫派)かどうか気になるようになって結婚相手のハードルが上がった
  • 気軽に「お泊り」「旅行」に行けなくなった

上に挙げた「ペットを飼う人の声」は、複数の人が言ったことだけをまとめている。これらは、これからペットを飼う人が受け入れないといけない「結婚できなくなる理由」となる。全てに当てはまる人はそうそういないけど、実際にペットを飼ってみると複数の点で悩む機会があるだろう。

猫や犬を飼うと結婚への悪影響はまず何かしら出てきてしまうので、さみしさが緩和されて結婚へのモチベーションをなくす以外に、対処しないといけないことは数多くある。それぞれもう少し詳しく解説する。

ペットを飼うと微妙な誘いを断るようになるから、彼氏や彼女ができるきっかけがなくなる

犬や猫を飼うと、早くペットに会いたいという気持ちから、色々な誘いを断るようになる人が非常に多い。

特に一人暮らしの人は自分しかペットの面倒を見る人がいないから、早く家に帰ってあげてお世話したくなる。それを義務だと思う人も多いだろう。

しかし、日常の関りがある人との恋愛(職場恋愛や校内恋愛)などは、すごく些細なことがきっかけになるけど、犬や猫を理由に付き合いが悪くなると、特定の誰かと親しくなるきっかけも少なくなり、彼氏や彼女ができるきっかけがない生活になってしまう。

寂しい気持ちを埋めるのが犬や猫という存在だが、自分の中の心のシェアが上がるにつれ、犬がいればいい、猫がいればいいという気持ちになっていくから、積極的に参加したいと思わない “微妙な誘い” はどうしてもスルーするようになって、恋人ができない人の特徴にはまってしまう。

恋愛は精神的・物理的の両面で余裕がある人にチャンスが訪れるから、犬や猫などのペットで埋めると、結婚できなくなる理由になる。

ペットを飼うと、休日の過ごし方が変わるから結婚できない

犬や猫を飼うと、たまの休日はペットに癒してもらう人が圧倒的に多くなる。暇なら色々考えて休日の過ごし方にも幅が出るけど、ペットと過ごす日曜日にはペット以外とのかかわりがないため、恋愛に発展する何かは起きようがない。

もちろん、ここまで極端に休日の過ごし方が変わる人ばかりではないけど、「今日は○○(ペット)と過ごそう」と思う日は少なからず出てくることを踏まえると、恋愛のチャンスはその分減ってくると考える方が妥当だ。

実際、忙しい人より日常にゆとりがある人の方が彼氏ができる確率・彼女ができる確率が高いので、ペットの存在によって暇じゃなくなると、恋愛に悪影響が出る。

ペットが気になるから長時間外出しなくなると、せっかく気になった人と食事に行く際も早い解散を提案してしまう

ペットを飼いながらでもいいなと思う人や気になる人ができることはあるのだが、ペット優先の生活が板につくと「長時間の外出」にアレルギーを感じる人が多く出る。

この問題が顕在化するのが食事や飲みに誘われた時で、せっかく気になった人と食事に行く際もペットが気になって早い解散を提案してしまうのは犬や猫を飼ってる人のあるあるだ。

社会人の恋愛は「仕事終わり」に色々なきっかけがあるけど、ペットを飼うと家に帰る必要性が出てきてしまうので、仕事帰りの食事や飲みと相性が悪く、中には会社の飲み会の参加率が如実に下がる場合もある。

特に、付き合う前の恋愛にありがちな「急な誘い」を断ってしまうと、お互いに意識していても、タイミングが悪い人になってしまう点は注意が必要だ。

ペットにお金がかかるから交際費を削るため、彼氏作りや彼女作りにお金を回さなくなる

犬や猫を飼うと、ペット代が毎月かかってくるため、同じ人がペットを飼ってなかった場合に比べて交際費に余裕がなくなる。

ある程度高収入でもペットにお金をかけるタイプはそこそこいて、いずれにしても交際費を削る傾向があるのはペットが大切だからだ。

人の心は自分自身でも完全にコントロールできないから、ペットへの愛情がペット以外への視野を狭くする効果を持ってしまうと、「彼氏作り・彼女作り」へのモチベーションを削るけど、実際にそこまで興味がない会への参加を「あんな会に行くくらいなら…」と思ってペットにお金を回すようになれば、恋愛環境的にはきつくなる。

結婚したいと思いながらこれからペットを飼うか迷ってる人は、ペットを飼う費用面にも気を配ろう。少しでも生活を切り詰めるような発想を持つことがあるなら、交際費を削る可能性が高いから、今よりも恋愛のきっかけがなくなる可能性がある。

犬派(猫派)かどうか気になるようになって結婚相手の条件が増えた

結婚適齢期を迎えた人に取って「結婚相手に求める条件」は多ければ多いほど結婚できない確率が増していく。

自分が思い描く結婚生活を送るために、譲れない条件があるのは当然だが、そこに「犬派(猫派)の人」であることが絶対条件に加わればペットを飼ってない場合と比較して結婚したいと思える人が減ることになる。

ここは価値観にあたる部分であるため、「結婚するためにはペットを飼うべきではない」との主張をする材料にはならないけど、猫や犬を飼うと結婚できないという実態経験をした人は、犬好きじゃないと付き合えない・猫好きじゃないと付き合えない自分の感覚が結婚するためには問題になったと複数答えている点には注目するべきだ。

つまり、結婚後も犬や猫を飼うことが前提になるような結婚観を持つため、合わない人がかなりの割合で発生するということ。人間性や性格、そのほかの結婚する条件には当てはまるものの、ペットを飼うほど犬好き・猫好きじゃないと付き合えないとなれば、あまりモテないタイプが貴重なチャンスを失うのは容易に想像できる。

ペットを飼い始めると、犬や猫はあなたにだけ愛情を注ぐ存在になるから、飼う前と飼った後では価値観の変化も訪れる。それが結婚を邪魔する価値観であれば、ペットを飼うことで結婚できない理由になる。

いい感じになった人や付き合った人が犬アレルギーや猫アレルギーを持っていたら、交際や結婚を諦めるしかない

犬派・猫派の問題はまだ乗り越えることもできる壁だが、犬や猫などのアレルギー持ちまで行ってしまうと、交際や結婚は諦めるしかない。

いい感じになった人や、付き合うことになった彼氏や彼女があなたの飼うペットにアレルギーを持ってると、ペットを諦める選択肢がない以上、好きな人を諦めるという選択肢しか選べないから、結婚したいと思ってる人にとっては大きなリスクになる。

これも実体験で挙がった意見なので、現実的な問題として理解しておこう。

犬や猫がいると、彼氏や彼女と気軽に「お泊り」「旅行」に行けないから、つまらない恋人になってしまう

犬や猫を飼うことに理解がある恋人ができても、ペットを優先する生活の中では気軽にお泊りや旅行に行けないし、行こうと思う気持ちをそぐ方向に作用する。

この点もまるっと理解してほしいのが犬や猫を飼う人だけど、恋人が遠慮するようになれば、「付き合っていてもつまらない」と思われることが出てくる。

すごく現実的な話をしている部分だが、恋愛の世界には「仕事と私どっちが大事なの?」という有名な質問があるくらい自分を優先してほしい気持ちを持つものだから、「ペットがいるから…」と思わせると、結婚へは悪影響が出てくる場合もある。

犬や猫を飼うことで生活の自由度が制限されると、やはり彼氏や彼女との交際にも悪い影響がある。

特に付き合い始めは「カップルの旅行」が交際のポイントになりやすいので、犬や猫を飼うなら注意しておいた方がいい。

やはり、犬や猫を飼うと結婚できない理由は、複数の視点から論理的に説明が可能で、ペットを飼ってない場合と比較すれば、付き合う前の恋愛にも、付き合った後の恋愛にも悪影響を与え得る。結婚したいと思ってるなら、犬や猫を飼わない選択が正しい場合が多いから、今検討段階にあるならこのパートで解説したことはぜひきちんと理解した上で決断してほしいと思う。

最後に、結婚したいと思っている人へ大事なことを伝える。

どうせ結婚できないと諦める気持ちからペットを飼わないこと!容姿を言い訳にしないで、結婚するための具体的な努力をしよう

犬を飼うと結婚できないと思って我慢した結果、結婚できた男女

ペットを飼い始めるか悩んでる人に話を聞くと「私はどうせ結婚できないと思うんだよ。でも一人は寂しいから犬(猫)を飼おうか迷ってるんだよね」みたいな話をよく聞くのだが、なんで結婚できないのか聞くと多くは自分の見た目を言い訳にする。

結婚できない理由については、一般的に「自分は異性として魅力がない」との答えが多い。恋愛できないから、結婚もできないんだと。

これは真っ向うから否定できないことだけど、結婚を意識する年齢になるとより中身を重視した恋愛が増えていくのは間違いないところなので、「自信の無い容姿」は言い訳にしないようにしてほしいと常々思う。実際、授業参観に訪れる親の大半は、美男美女の夫婦じゃない。

20代の恋愛で理解しておきたい「10個のウソ」とは~20代の前半から後半まで、「知ってほしい恋愛で大事なこと」
20代の恋愛は、まだまだ恋愛経験が少ないから、多くの失敗もしてしまう時期だ。実際は、傷つきながらも成長するようなイメージで「20代の恋愛」があるのだろうけど、たくさんの人が知ることになる「恋愛のウソ」は、30代になるまでにぜひなるべ

健康的に見える体型を維持して、清潔感のある見た目に気を遣えていれば、見た目の意味では十分結婚相手に選ばれるスタートラインに立てる。

長く付き合うことになる結婚相手は、容姿にこだわる人を排除するほうがむしろうまくいくので、外見を追ってアプローチを受けることがない人は、「関係作り」をもっと前面に婚活ができるメリットもある。

外見に魅力がある人は、その人なりに問題を抱えることがある。「外見ばかり気に入られて中身のない人が多い」なんて話がその代表だ。選べる立場にある「モテるタイプ」は、総合的に恋愛や結婚に対して優位性を持っているのは間違いないと思うのだけど、恋愛で失敗する人も多いという特徴がある。

一瞬じゃわからない「中身に魅力を持った人」のほうが、「より深いコミュニケーションの中で恋愛関係になる」と説明すれば、少しわかりやすくなるだろうか。下の記事で解説しているような “運命のパートナー” は少なくても外見じゃ分からない。

運命のパートナー9つの特徴!運命の人に出会った時のサインとは?
「運命のパートナーってどんな人なんだろう?」 「もし運命の人と出会ったらどんなサインが出るの?」 「運命の人と出会うとお互いに感じる?」 女性から恋愛相談を受けると "運命の人" に関する話がよく話題に上る。 女性の

このパートは「婚活のススメ」みたいになっているが、恋愛も含めて「結婚したいと思う人同士が出会う」と、ちゃんと関係を作るだけで恋愛関係に発展しやすいのが主な理由だ。日常ではむしろ排除されやすい「素敵だな」と思う気持ちが婚活では前提になるので、仲良くなっていく過程がそのままお付き合いまでの道そのものになる。

恋愛が苦手な人ほど、お互いで「素敵な人と出会いたい」と思う中で出会うことが有効だ。「どうしたらいい雰囲気になるのかわからない」とか「恋愛はどうしたらいいか経験がなくてわからない」という人は、恋愛するために出会う場に期待してみても良いのではないだろうか。特に外見に自信がない人は関係性を作るときに踏み込んでいけないところもあるので、婚活サービスは利用価値が大きいとよく思う。

たとえばゼクシィの運営するゼクシィ縁結びは、ブランドのイメージから「はじめての婚活」に今女性が選んでいるサービスだ。女性が集まる婚活は男性から人気となるので、ここ最近かなり知名度が伸びてきた。結婚相談所よりもライトに婚活したい人は一度無料会員になってみると、有料会員になってきちんと活動したくなると思う。

無料会員の登録でも相手検索・紹介・マッチングまででき、1通までだがメッセージも送ることができるから、まだよく知らない人は公式サイトをぜひチェックしてみよう。

公式サイト >>ゼクシィ縁結び

きっかけがないなら将来が不安なままだ。もっと前向きな自分でいられるように中身を覘いてみよう。

まとめ

今回は「犬や猫など、動物を飼うと結婚できない理由」を紹介した。

結婚や恋愛はデメリットもあるから「一人のさみしさ」がなくなるとモチベーションを失って求めなくなるのが主な理由だったが、結婚しない選択をした人が共通して「一人でもさみしくない」と感じており、自分のライフプランや家族観など次第では動物を飼うことのデメリットがあることを知っておこう。

今回のテーマは一つの要因に過ぎず、これだけでいろいろなことが決まるわけではない。結局のところ、現状から遠くなってしまっている希望を叶えるためにいかに具体的な行動を起こせるかが大事なので、今回のことを一つのきっかけに変えて頑張ってみようと思ってもらえたらと思う。

公式サイト >>ゼクシィ縁結び

社会人恋愛の王道は「職場恋愛」だが、上手く行かない人は下の記事を読んでみよう。

積極的な婚活の優位性については下の記事で解説している。

下の記事では、恋愛経験ゼロの女性が彼氏を作った経緯についてまとめている。

恋愛したい
Brightfutureをフォローする
自分の結婚できる確率を理解する

結婚を具体的に考えるべき年齢は意外と若いって知ってましたか?結婚したいと思っている人は、自分の年齢によって変化していく「自分が結婚できる確率」を正しく理解しておくことが重要なんです。
下の記事では、総務省の国勢調査から年齢別・男女別に結婚できる確率を算出して、考察をまとめています。
後悔しないように、今の自分の結婚できる確率がどのくらいなのか把握しておきましょう。

恋愛のすべて
タイトルとURLをコピーしました