ちょっとした一言で男性に思いを伝えるアピール方法~LINEで送る?直接言う?

女性が男性に思いを伝える一言を言っている画像

女性の片思い時のアプローチはあまり大胆な方法を取れない人が多いので、さりげない言葉で自分の気持ちを少しでも伝えることが恋愛を進める上で重要なことだ。

思いを伝える言葉は、LINEやメールなどの間接的な方法で伝えることでも効果は高いし、雰囲気に寄っては直接言って、告白させちゃうことにも使える。

今回は少し関係が進んできた女性向けに「ちょっとした一言で男性に思いを伝えるアピール方法」を紹介しよう。

ストレートなアピールは若干ハードルが高いかなと感じるならLINEやメールで冗談ぽく、思い切って恋愛を進めたい女の子は直接言って好きな人との関係を進めていこう。

スポンサーリンク
記事下アドセンス

恋愛は現状分析が大事

思いを言葉で伝えると、必ず相手からのリアクションがあるから、まずはそっちを説明していこう。

言葉で思いを推し量れる一言をあなたが好きな人に向かって発した時、嬉しい反応ばかりが返ってくるわけではないと思う。

それは両想いだったとしてもだ。

なぜなら、からかっているようにも思うことがあるし、彼としても自分の気持ちを素直に伝えられずに、テレを優先したリアクションを無意識にも選んでしまうことがあるから。

そんな時に考えて欲しいのは、今の現状がどうかと言うこと。

仲が良いならそれは恋愛の意味においても良い状態である可能性が高いし、コミュニケーションが取れる機会が多ければ、それは二人でそれを求めているからかもしれない。

片思いの時は特に言葉と思いは違うものだから、相手の反応が悪くても、鵜呑みにするのは少し間違っているかなと思う。

アプローチとして何等かのアクションを起こす時は、どうしても相手の反応で一喜一憂してしまうけど、落ち込むかどうかはもっと先の関係がどうなるかで考えよう。そんなに簡単には関係が崩れないと思うから、ちょっとした一言は効果があっても、害は少ないはず。

では、好きな男性に思いを伝えるちょっとした一言を紹介していこう。

スポンサーリンク

会いたいと思っていることをアピールする一言

自分から誘うことができない人は、自分の予定が空いていることをさりげなくアピールしよう。

「3連休なのに予定が1日しか入ってないよ。何か寂しい」

とか、

「友達にドタキャンされちゃって寂しいよう」

など。

あんまり寂しいアピールは、あなたの価値を落としそうだから微妙な線を突きたい。
もし彼の反応が「へ~」で終わるなら「そっちは?」って話を振ってみて話を発展させてみる。

誘う方の立場で言うと、一番気になるのは、そもそも予定は合うのかどうかという問題。

仲が良い子に誘いにくさを感じる時は、その子が忙しい時だ。

誘っていいのかなとかも思うから、誘っていいよアピールは効果的。

仲の良さに関連したアピールの一言

男女が仲良くなった時、それが友情の意味なのか恋愛の意味を含んでいるのかはとても気になるところ。

周りとの兼ね合いもあるから、好きになるのを止めようと思うこともあり、早めの段階で仲の良さがどのような意味を持っているかについて考えさせることは意味が大きかったりする。

「私達で結構話すこと多いよね。何でだろうね?」

とか

「女の子の友達って多いの?私は男の子の友達って少ないんだよね」

と、特別な人だとアピールしてみても良い。他の男と自分が違うんだと思わせることができるし、あなたから連絡したりすることが多ければ、相手はその意味を考える。

純粋に仲の良い状態に戸惑っていることを言葉にすると気まずくならないと思うのでお勧め。

仲の良さ次第では

「私みたいによく話す女の子ってたくさんいるの?」

って一言も効果的にあなたと意識させる一言になる。

また、アピール色を強くしたいなら

「連絡ありがとう。元気になった」

「話していると、元気になれる。ちょっと不思議」

とかは、男性が喜ぶ一言なので使ってみよう。

二人で話している時のことでアピールする一言

二人で話している時でもいいし、終わった後でもいいので、二人で話した時のことでアピールすることは重要。

好きな人は、あなたの気持ちに気付いていないなら、「もっと話しかけていいんだ」とか「そんな風に感じていたんだ」って嬉しくなるし、次の機会のハードルが下がるからとても有効。

是非使ってみよう。

「え!もう〇時なの?アッと言う間に時間が過ぎちゃったね」

って一言は楽しかったんだなって思わせるし、

「今度はゆっくり話したいね」

って長く話たいアピールも有効。短い時間しか話せなかったら、笑顔でさりげなく言ってみよう。

楽しいアピールとしては、

「私、笑い過ぎ?何か笑顔になっちゃうみたい」

って言葉もお勧め。さり気なく言えれば好きな人も笑顔になってくれるはず。

誘って欲しいアピールを積極的に

最初の「会いたいと思っていることをアピールする一言」より積極的にアピールしたいなら、流れを利用して誘ってほしいアピールを是非とも行ってみよう。

恥ずかしいなら交辞令的でいいので、一言添えておくだけで、展開が変わる。

もし、あなたの好きな人があなたと両想いだった場合、どうにかデートにでかけたいと内心では思っているはず。

色々考えてしまうとなかなか誘えない場合が多いが、女性側からが手助けしてあげることで誘い易さはかなり変わる。

もし両想いでなくても、「そこまで言うならちょっと誘ってみようかな」と思わせる一言は、リスクも小さく効果の高いアピール方法。

みんなで出かけた時によく話ができたなら

「二人で出かけてみても楽しいかもね」

って言ってみたり

「女の子と二人で遊びにいくならどんなとこ行くの?」って聞いてみて

「楽しそう!行ってみたいな」

答えてみるとか。

積極性を高めてみたけど、恥ずかしいなら話を流すようにサラッと伝えてみよう。

相手のリアクションを求めないような言い方なら、問題になり難くすることができる。

あくまで社交辞令として言うことで、相手に真意を考えさせても良い。

お世辞とか、話を盛り上げるためにヨイショするような言葉を出す場合があるが、全く思ってもないことを言う人は少ないし、単純に考え易い男性の心理を考えれば、効果は大きいと思う。

草食男子には、女性の方からアシストするようにして、最後はしっかりキメテもらおう。

まとめ

今回は、「ちょっとした一言で男性に思いを伝える女性のアピール方法」を紹介した。

LINEやメールで送ると、直接は伝えにくいことも伝えることができるし、積極的に恋愛を進めたいたいなら、直接話して会話を進めてみても良いだろう。

リアクションを求めないようにすればさりげなさが増すので、あなたの積極性次第で使い分けるようにすれば、応用も可能。

最初に触れているように、相手の男性が素直な反応をするかどうかは気持ちだけでは決まらないので、関係が良好に進むなら、あまり気にしないでアピールを続けるようにしよう。

微妙な期間を長時間過ごすと恋愛的にあまりよろしくない場合があるので、できる範囲で好きな人にアピールしてみよう。

待っているだけだとどうしても恋愛のチャンスはすくなくなるから、できることをやってみるのが重要だ。