男性は鈍感!と感じる原因は脈なしサインかも~女性からの好意を受けた(モテる)男性が取る脈なしサインとの関連性

f:id:Brightfuture:20150307170945j:plain

男性は鈍感だ!と感じる女性はどのくらいの割合でいるのだろう?

このブログ上で一度、恋愛的な男性の脳と女性の脳の違いを考えたことがあるのだが、その違いは明らかだった。その結果もあって、男性は鈍感だと女性が考えるのは、結構正しいのではないかと私自身は思っている。

しかし一方で、大事な視点が欠けているのではないかと恐れを抱いてしまう。それは、女性からの好意を受けた男性が送る脈なしサインの存在だ。鈍感だと思う男性がイケメンだったらなおさら、本当にあなたの好意に気付いてないのだろうか。

今回は、男性が鈍感であると女性が思う原因に迫る。モテる男性の心理として、恋愛経験の多い私から一つ、大事な視点を提供したい。

過去記事より男性脳と女性脳について

少し長くなるので今回の重要なところを読みたい人は、ここを飛ばしてくれても構わない。この見出し部分では、私が「男性は鈍感だと思う」理由を示しながら、女性の方が勘が鋭い理由を示してしておこうと思う。

前提条件にはなるので、気になる人は男性脳と女性脳の違いについて一部ではあるが、勉強してみよう。

男の嘘が彼女にバレる理由~女の勘は迷信じゃなかった
「女の勘はヤバイ…」 何人かの女性と付き合ったことがある男性なら、こんなことを一度は思ったことがあるんじゃないだろうか? 「何で俺のウソは彼女にすぐバレるんだろう?」 これもあるあるだ。 実は、男の嘘が彼女にバレるに

冒頭に触れている「男性脳と女性脳の違い」を扱った記事が上の記事だ。

長くなるが引用する。

女性の脳の特徴 大きさと灰白

f:id:Brightfuture:20141015205035p:plain

Neuroinfo Japan:脳とそれをささえる器官のしくみ

上の図は人間の脳の説明図だが、女性の脳自体は男性の脳に比べて8%小さいと言われている。

男女差が脳の大きさで存在しているのは少し驚きだろう。

この他に物質的な違いとして、女性の脳は男性に比べて灰白質というものが20%ほど多い。

灰白質とは、脳内で情報を伝達するための物資を作ったり、受け取ったりする働きをするもの。

つまり、脳全体の連携を高めることを担当している部分だが、これが女性と男性で大きく違っていて、女性の方が優れている。

さらに、脳のデータベース機能を担当している海馬も女性の脳の方が相対的に大きくなる特徴がある。

海馬は、脳内でインプットしていた情報から検索して分析するという機能もあり、女性の方が、男性に比べて高い能力を持っていることになる。

そして、最大の特徴だとも言われいるのが脳梁という神経の違い。

人間は、右と左に一つずつ脳が分かれているが、それを繋いでいる脳梁という神経の束が女性のほうが太い。よって、脳全体を使う能力に優れており、素早い情報の処理が可能となっている。

女性脳を踏まえたウソ発見器としての力

上の女性脳の特徴を考えると、女性が普段の会話で我々男性側の話した内容や話し方、声のトーンまで我々が想像しているよりもっと正確に脳にインプットしていて、その高い情報処理能力と分析能力を使って、男性の付くウソを知らず知らずのうちに違和感として認識しているものと考えられる。

普段、我々は同性と一緒にいることが多いので、それで慣れてしまっているから、上で挙げた能力の高い女性と相対することで、嘘がバレるのだろう。

なんて恐ろしい話だと驚愕しないではいられない事実である。

女性同士の話が飛び飛びに話題が移っていくことは、よく知られた女性同士の会話の特徴だが、あれは結局高速に情報処理をしているから可能であり、左右の脳を上手く使いこなしているから可能なんだろう。

男性はそんな飛び飛びに話を変えられたらイライラするが、それも結局は、一つに集中しないと情報処理が間に合わない証左なのかもしれない。

よって、女性のウソ発見器としての能力は科学的に証明可能ということにしたいと思う。

女の勘として表現されることについては、分析した(本人的にはほぼ自動的にに行われている)情報を上手く表現できないからだとする説が有力のようだ。

一度でいいから、女性の脳になってみたいと思った次第である。

リンク記事のオチはちょっとおふざけになってしまっているのでちょっとアレだが、この記事を書くに当たって色々調べたら、個人的にはかなりの驚きの事実が並んでいたことを今でも覚えている。

引用部分を踏まえると、女性は男性よりも情報処理能力が高いために、男性のことを「鈍感」だと思うのは当然だと推測できる内容になっている。つまり、脳の違いで致し方ない部分もあるのだと言え、「男性は鈍感!」って女性が言うのは、ある程度は正しいのである。

しかしだ。

これには落とし穴があると言わざるを得ない。女性の好意を受けた男性が取る脈なしサインの可能性について見てみよう。

モテる男性は鈍感なフリをする

モテ系の男子にありがちな脈なしサインは、「好意に気付かないフリをする」態度。
女性が抱きがちな「男性は鈍感!」という意識を利用して、気のない女子から好意を感じた場合に、アプローチを「受け流す」のが脈なしサインの典型として存在するのである。

何でもっと分かりやすい脈なしサインを取らないのか?

なぜ、モテる男は分かりやすい脈なしサインを送らないのか

モテる男性が分かりやすい脈なしサインを送らない理由は以下の通りだ。

  • 友達関係を継続したい
  • モテていたいから気持ちをキープ
  • 好意は嬉しいから
  • 態度を硬化させると自分も辛い
  • 面倒を避けたい

5つ挙げたが、モテる男子はこんなことを考えていたりする。

色恋沙汰は人間関係をおかしくするし、振った振られたの関係はお互いで傷つくことも多い。分かりやすい脈ナシサインは、気がないことを伝えられるメリットがある一方で、デメリットも大きいのだ。

男性が鈍感なふりをすると…

男性が鈍感に振る舞うと、その女性はヤキモキすると思うが、実際に二人の関係は進むことが無い。

好意に気づかないふりをしていれば、雰囲気も変わらず「お友達モード」だし、その雰囲気のままでもっと積極的にアプローチできる女性は少なく、脈なしの女の子に取る態度としては結構優秀だと見ることもできる。

イケメン男子は鈍感なまま居られない

確かに男性は女性よりも鈍感だ。

しかし、モテる男子は女性の好意を頻繁に受け取るため、経験則で学ぶから敏感になりやすく、敏感のままでいられるイケメンは少ない。経験を重ねるので、「ああ、これはヤバイかも」ってセンサーは自ずと磨かれる。処世術に近い感じだ。

もし、本当に鈍感なモテ系男子がいるなら、恐らく苦労しているだろう。好意を抱く女性との間につい良い雰囲気を作ってしまって、人間関係を作っては壊すを繰り返してしまうはずだ。

モテる男子は女性が絡む人間関係を考えた時、察する力が求められるのである。モテる男にもメリットとデメリットがある。

【経験談】モテ期は本当にあるのか、その特徴とは?~モテ期がこないという人のために体験談とアドバイスを綴る
モテ期が来ない人は、モテ期が本当にあるのか気になることがあると思う。モテ期が都市伝説のように感じる人は、モテ期を体験したことがない人である。 「自分には、いつモテ期が来るのだろう?」 「モテ期の特徴って、どんな感じなのだろう

好きな人にアプローチしているのに気付いてくれない本当の理由を考えるべき

モテる男子に特化した感じになってしまったが、これは男性全般にもある程度及ぶ話ではないかと個人的には考える。

確かに鈍感な男子は多いと感じることも多いのだが、敢えて鈍感を装う男子の数もバカにならない。女友達を恋愛対象の女として見ている割合(男性)は、男友達を男としてみている割合(女性)よりも断然高いため、モテ・非モテに分けずとも女性の好意に気付く男性は案外少なくないのだ。

このようなことから考えるに、女性が男性に対し「分かり易い好意」を向けているのに、「彼が気付いてくれない」のは、脈なしサインである可能性も高いということ。彼からすると、好意に気づかないふりをしていれば変に気まずくならず、メリットの大きな脈なしの態度ではないだろうか。

好きな人が自分の好意に気づいてくれないが脈なしサインになっている場合の見抜き方

恋愛をすると客観性を担保するのが難しいから、恋愛相談できる友達に確認してみて「それ、彼が気付かないの絶対おかしいよ」って反応が返って来るなら、「鈍感=脈なしサイン」が可能性が増すだろう。

残念な話を長々書いてきてしまったのかもしれないが、はっきりしない態度の理由を知りたいと思った女性は、こんな視点で一度考えてみると彼の考えていることが少し分かるかもしれない。

下の二つの記事でも「好きな人の気持ち」を確認してみよう。

鈍感を装うのは、モテる男子は恋愛のいざこざが多いから

【経験談】モテ期は本当にあるのか、その特徴とは?~モテ期がこないという人のために体験談とアドバイスを綴る
モテ期が来ない人は、モテ期が本当にあるのか気になることがあると思う。モテ期が都市伝説のように感じる人は、モテ期を体験したことがない人である。 「自分には、いつモテ期が来るのだろう?」 「モテ期の特徴って、どんな感じなのだろう

上の記事で詳しく書いていることだが、実際に女性からモテる男性は、いい思いばかりをしているわけではなく、モテることのデメリットも多く感じている。

今回のテーマは「モテ系男子」だが、本当にモテる男子だった場合は、いかに恋愛の雰囲気にならないようにするかを考えないと、女友達との恋愛的ないざこざが増えて日常が落ち着かないことに悩む。

男性は鈍感なのだが、案外自分が興味のない女子ほど冷静に見れて、好意を感じ取ることができる。好きな人との恋愛では主観が入り過ぎて分析能力に欠けるのだけど、好意を持っていない女子ほど客観的に見れてしまうため、「気づかない」ということが減る面がある。

イケメン男子を好きになった場合は、上記の点を踏まえておこう。

自分で客観的に見られない女子は友達に見てもらったり、アプローチした結果どのように二人の関係性が進んできているのかを考えてみると「鈍感」なのか「脈ナシ」なのかが分かりやすくなると思う。

鈍感な男性との恋愛、アプローチのコツは?

最後に、本当に鈍感な男性を好きになった場合の「恋愛の進め方」に言及しておく。

もし、あなたの好きな人が鈍感なタイプの男性だった場合、どんどんアプローチの圧力を上げて気持ちに気付かせるよりも、二人の雰囲気を見てアプローチの圧力を調整する方が恋愛成就に近づける。

鈍感なタイプの男性は、女性と仲良くなっても恋愛的な視点で相手を見ないのが原因で気持ちに気付くことができないのだけど、「ウザイ・しつこい」という感覚に鈍いわけじゃない

確かに、恋愛は相手に自分を意識させてからが勝負になるのだが、鈍感な男性との恋愛は気持ちに気付かせる方へ軸足が置かれると、気づかれた瞬間は「嫌われた瞬間」になることが往々にしてあるから注意するべきだ。

つまり、恋愛が苦手な鈍感なタイプの男性との恋愛は、距離が縮んでいるならそのまま距離を縮めきってしまって、気持ちに気付かせるのは後回しにするべきだということ。

どちらかと言うと、あなたが好きな人に取って「必要な存在」や「居ないとダメな人」になっていくイメージで恋愛を進めていく方が上手く行く。

当然、やんわりと好意を伝えていることが前提になるし、今後も好意を匂わせながら接していくことが基本にはなるので、アプローチの仕方が悪いなら工夫・修正する。(参考になる関連記事:さりげない好意の伝え方(遠回し)~どうやって好きな人に好意を伝えるの?

しかし、あなたにできる範囲で好意を伝えることができているなら、彼の鈍感さにはイライラしないで、距離を縮める方に軸足を置く方が「好きになってもらえる自分」でいられるはずだ。

鈍感な男性の恋愛はどうしたって女友達から彼女になっていく形になりやすいので、その過程を心地良い雰囲気で過ごすのが恋愛成就のコツになる。

ここら辺についてもっと詳しく学びたい女子は、下の記事を参考にしてほしい。

鈍感な男性との恋愛で注意するべきこと

自分の気持ちに気付いてもらえない片思いは女性の方もきついとは思うのだけど、そこでこじらせた感じになると彼はあなたがいずれウザくなる。

鈍感な男性はまだあなたを恋愛対象だと意識してないことが恋愛の進まない最大の原因なので、「強引に気づかせる」ことが果たして正しいかをきちんと考えておこう。

二人で飲みに行ったり食事をしたりするのを繰り返していけば、きっかけはちゃんとやってくる。彼が恋愛の雰囲気に気付くまで友達として良い関係を作っていき、関係が熟したところでいわゆる「恋愛的な深い会話」をしていくと付き合う・付き合わないという雰囲気で二人の縁が試せるはずだ。

トントン拍子に恋愛が進まない相手だからこそ、恋愛の進め方が大切なので、理解しておいてほしい。

飲みに誘う方法については下の記事で詳しく解説している。男性向けにまとめているが、女性も十分に参考になるはずだ。

飲みに行ける関係になったら下の記事を参考に付き合える恋愛の仕方をしてほしい。

まとめ

今回は「男性は鈍感!」と感じる原因を脳の違いからアプローチし、脈なしサインとの関連性について説明した。最後は、本当に鈍感な男性との恋愛の仕方を解説したが、あなたの経験則と照らし合わせてどうだっただろうか。

今回想定しているのは、鈍感と脈なしの関係性なので、全てのケースで落胆する必要はないだろう。前半の引用部分で触れているように、男性は女性よりも脳的には鈍感だと言える。(当然、個人差は大きいと推測できるが)

ある事実を見る時に視点の角度は複数ある方が正確さを増すはずなので、こんな見方で一度好きな人の「鈍感問題」を考えてみよう。

関連記事:

脈あり・脈なし 男性の心理と特徴
Brightfutureをフォローする
自分の結婚できる確率を理解する

結婚を具体的に考えるべき年齢は意外と若いって知ってましたか?結婚したいと思っている人は、自分の年齢によって変化していく「自分が結婚できる確率」を正しく理解しておくことが重要なんです。
下の記事では、総務省の国勢調査から年齢別・男女別に結婚できる確率を算出して、考察をまとめています。
後悔しないように、今の自分の結婚できる確率がどのくらいなのか把握しておきましょう。

恋愛のすべて
タイトルとURLをコピーしました