>>自分の恋愛傾向が分かるプロの診断を受けてみました

好きな人をいじめる男性心理~何で好きなのにいじめたくなるの?ちょっかいを出す男性心理とは

好きだからいじめる男性心理のイメージ

好きな人をいじめたくなる心理を持つ男性は、少年から大人になった後でも好きな人をいじめるようなイメージでコミュニケーションを取ろうとする。

その中には、「好きだからからかうんでしょ?」とわかりやすい態度がある一方で、恋愛感情が絡まないような雰囲気の態度もあって、女性から見ると男性心理の謎の一つかもしれない。

男子はなぜ好きな人をいじめるのだろう?
好きになのにいじめたくなる男性心理とは?

今回は、こんな疑問に答えるため、「好きな人をいじめる男性心理」について解説しよう。
恋愛力アップのために、好きな人をいじめたくなる男性心理についてぜひ理解してもらえたらと思う。

あの人の「ちょっかい」は、やっぱり好きだからされるのだろうか?

スポンサーリンク

いじめた後のリアクションが可愛いから

「いじめ」と言うと重たいものも含んでしまうけれど、恋愛の中では「ちょっかい」という形で男性が好きな人をいじめるようにコミュニケーションをとる男性が多い。

ちょっかいを出された女性は何かしらリアクションを取ると思うが、それが男性から見ると可愛い姿に映る。

女性の中には、よく男性からいじめられるタイプ(からかわれるタイプ)の人がいると思うけど、そういう人はリアクションが可愛いという経験則はないだろうか?

ハタから見ると喜んでいるようにも見え、チヤホヤされているのが心地良さそうにも見える。
本人としてはそんな態度を取っているつもりがなくても、喜んでいるような態度に映ったり、妙に可愛く照れてみたり、むくれてみたり。

勘違いも含めて考えれば、男性の胸キュンポイントを巧みにつくようなリアクションを取る女性もいたりする。

そういう意味では少しハードなコミュニケーションの取り方とも言え、次のことに繋がっている。

コミュニケーションを取りたいから

男性の中には、好きな人をいじめているつもりがなくいじめるタイプの人もいる。

かまってほしくてそんな態度を取ってみたり、気にかけてほしくていじめてみたりと言った形で、恋愛に不器用なタイプの男性が積極性を出すと、「好きな人をいじめる」という形でコミュニケーションを取ろうとする場合があるのだ。

これは顕著な例を出しているだけで、案外男性全般にもそう言える瞬間が多い。不器用な男性らしさを感じる部分だが、女性心理としてはちょっと複雑だろう。

「好きならいつも優しくしてよ」と女性なら思うかもしれないけれど、ちょっかいを出し易いシチュエーションができれば、コミュニケーションを取りたい気持ちの方が優先される。

好きな人と話しができるチャンスであれば、「いじめる」という形でも話しかけたいと思うことは男性に多い。話しかけるきっかけを探しているなら、「いじめること」と「可愛がること」が少し似ているのだ。

少年ぽさを忘れない男性心理とも関係していそうだが、いたづら心とも関連して好きな人をいじめたくなる瞬間である。スマートに慣れないタイプは、10代の頃はもちろん、20代を卒業するまでこんなコミュニケーションの取り方が多い男性もいるくらいである。

男性のこんな心理を知った後では「女性のぶりっこ」に対する見方も変わるだろう。下の記事では、男性から見た女性のぶりっこについてまとめているので、気になった人は読んでみよう。

好き避けの一種・好きバレ防止の心理

好きな人に好きな気持ちがバレることを恐れる心理は男女で共通しており、なかなかオープンに気があることを伝えながらアプローチするタイプの人は少ない。

そうなれば「好きな人をいじめる心理」と「好き避け」は密接な関係にあることが分かる。

普段からコミュニケーションを取るような女性を男性が好きになれば、一貫した態度でアプローチするタイプは少なく、いじめてみたり優しくしてみたり、上手く好きな気持ちを隠しながらコミュニケーションを取ろうとする。

つまり、男性が好きな人をいじめる心理には、「好きバレ防止の意味」も含まれるということだ。

好きな人と自分との間に物理的な距離を取りながらアプローチすれば隠すことも容易なのだろうが、それではコミュニケーションが減ってしまって寂しく感じるので、好きな女性に取る態度を調整するために「いじめたくなる心理」を持つことがある。

優しさばかりで接していれば気持ちがバレるので、好意を隠すために好きな女性をいじめる心理。ちょっかいの出し方次第では恋愛感情を感じない話しかけ方ができるので、本人的には精神的にバランスが取れるのである。

好きだからイラっとする心理(嫉妬)

好きな人に対しては男性であっても複雑な心理を持ち易い。
「嫉妬」などは一番分かり易い複雑性を表す心理だろう。

男性は好きだからこそイラっとする瞬間があって、それは時に攻撃的な行動で発散されたり、意思表示されたりする。

特に付き合っていない女性に対してだけでなく、恋人関係になった女性に対しても、男性は女性に気持ちをストレートな言葉で伝えるのが不得意だ。変なプライドが邪魔をするし、不器用である。

感情的な意味で男性が好きな子をいじめる心理が働く時は、好きだからこそイラッとする瞬間が関係していて、結果的にその意思表示や発散として行われる場合がある。

男性が嫉妬している時の態度が良く分からない女性は下の記事で知識を深めよう。

笑いを取りたい

好きなのにいじめたくなるのだから、男性に取っては何を言ってもその多くは冗談である。話をするきっかけにしていたり、最初はちょっかいのような感じで話しかけてくるなら、ニュアンス的に悪く思われていないのは女性の方も気づくと思う。

言葉によっては本当に傷付いてしまうこともあるとは思うが、相手男性からしたら「冗談で好きな人を笑わせたい」のが本音である場合も多い。

男性は好きな人には「面白い人」だと思われたい心理をもっている。
面白い人が女性にモテる経験則もあるし、一緒に居て楽しい人が女性の好みであると思っているので、女性との会話で笑いを取ることは男性として大事なこと。

好きな人をからかうと笑いを取るのが比較的簡単であり、軽いものであれば笑顔のある会話になりやすい。ちょっかいを出した後にフォローをするタイプは、あなたに笑ってほしい心理でいじめているのかもしれない。

明るい感じでからかうことが多い男性は、あなたに面白い人だと思ってほしい心理でやっている可能性が高い。だからこそ、下の記事で解説しているように「よく笑う女性」はモテるのである。

参考:よく笑う女性がモテる理由~好きな人を笑顔で落とす?

女性の感性に寄せたコミュニケーションができない

基本的に、異性とする会話と同性とする会話では若干雰囲気が違っていて、自然と相手にお互いが合わせる。男性は話し相手が女性だと意識するし、女性は男性を意識して同じ女性との会話と少し違うコミュニケーションの取り方をするはずだ。異性と同性では、距離感がちょっと違っている。

男性が女性をいじめる心理に、「全くいじめているつもりがない場合もある」と言ってきたが、その原因はコミュ力の無さが代表格である。

なんとなく高圧的で攻撃的で不器用な男性を女性が相手にした場合、「いじめられている感じがする…」なんて感じがち。シャイな男性は感じ悪い態度も多くなるので、ノリが悪いのを通り超えて、いじめているような態度になることもある。

あなただけじゃなくて女子全般に同じような態度である場合は、「女性の感性に合わせたコミュニケーションができない」という理由でそうなってしまうのかもしれない。

さきほど挙げた「好き避け」もコミュ力を下げる原因となるため、自分にだけ態度がおかしい場合はその可能性を考えてみよう。男性心理を考えた場合、キライな女子をいじめるより、好きな女子をいじめる方が実際は多い。

好き避けを嫌い避けの違いが分からない人は、下の記事で確認しておいてほしい。

まとめ

今回は好きな人をいじめる男性心理を紹介した。

何で好きなのにいじめたくなるの?という疑問に対して、何となく男性の心理をイメージできただろうか。

好きな人に取る態度の一種として今回考えているので、いわゆる「いじめ」とは違って「からかう」方が近い言葉のようにも思うけど、受け取り手である女性の意見を聞くと大差が無いと感じる場合も多いようだ。

次回は「好きだからいじめるのか」「嫌いだからいじめるのか」その違いを男性の態度や雰囲気で紹介しよう。

「好きだからからかう」のと「嫌いだからいじめる」の違い~ちょっかいはどんな態度で見分けるの?
好きな人をいじめたくなる心理を理解できない女性は、「好きだからからかう」のと「嫌いだからいじめる」の違いが見分けにくいと感じている。ある男子からちょっか...

関連記事:

タイトルとURLをコピーしました