真剣な人限定>>恋愛がうまくいかないのは恋愛力の問題?

好きな人をいじめる男性心理~何で好きなのにいじめたくなるの?ちょっかいを出す男性心理とは

好きだからいじめる男性心理で彼女をいじめる彼氏。

好きな人をいじめたくなる心理を持つ男性は、少年から大人になった後でも好きな人をいじめるようなイメージでコミュニケーションを取ろうとする。

その中には、「好きだからいじめるんでしょ?」とわかりやすい態度がある一方で、恋愛感情が絡まないような雰囲気の態度もあって、女性から見ると男性心理の謎の一つかもしれない。

男子はなぜ好きな人をいじめるのだろう?
好きになのにいじめたくなる男性心理とは?

今回は、こんな疑問に答えるため、「好きな人をいじめる男性心理」について解説しよう。恋愛力アップのために、好きな人をいじめたくなる男性心理についてぜひ理解してもらえたらと思う。

あの人がちょっかいを出す理由は、やっぱり好きだからなのだろうか?

男性心理には「好きだからいじめたくなる」という気持ちがあります。この記事で、「好きな人をいじめる男性心理」を正しく理解してみましょう。

【理由】なぜ男性は大人になっても好きな女性に意地悪するの?

そもそも、男性がすきな女性をいじめる理由は「かかわりを持ちたいから」という心理が最も大きなウエイトを占める。それなら普通に話しかける方がよほど恋愛向きなのだが、愛情表現が不器用な表現になるのはまさに男性心理を象徴しているのかもしれない。

好きな子に意地悪すると嫌われるリスクがあるのだし、少なくても彼氏候補として評価が上がるはずもないので、好きな人をいじめる男性心理は矛盾しまくっているのだが、大人になっても「好きな人とどう接したらいいか分からない」とか「普通に好きな人に話しかけれない」と言った人はそこまで少なくないので、好きな人のことをいじめる男性の割合もそこまで低くない。

ただし、男性心理には「好きな人をいじめたくなる心理」もある。大人になっても好きな子に意地悪するのは恋愛経験がない男性ばかりではなく、恋愛に慣れている男性も実はある瞬間に好きな人をいじめたい心理になっている。

男性からいじわるされると「嫌いだから」と思いがちですが、好きだからいじめたくなる男性心理を理解すれば、また違って見えてきますよ。

では、男性はどんな理由で好きな人をいじめたくなるのだろう?

好きな人をいじめる男性心理

好きな人をいじめる男性の画像。

ここからは、好きな人をいじめる男性心理について解説する。

男性は好きな人をいじめたくなる心理を持っているが、どんな理由で好きなのにいじめるのだろう?

好きな人をいじめる男性心理を、様々な角度から分かりやすく説明する。

いじめた後のリアクションが可愛いから

「いじめ」と言うと重たいものも含んでしまうけれど、恋愛の中では「ちょっかいを出す」という形で男性が好きな人をいじめるようにコミュニケーションをとる場合が多い。

ちょっかいを出された女性は何かしらリアクションを取ると思うが、それが男性から見ると可愛い姿に映るのだ。これが、男性が好きな人をいじめたくなる心理になる最大の理由である。

女性の中には、よく男性からいじめられるタイプの人がいると思うけど、そういう人はリアクションが可愛いという経験則はないだろうか?

ハタから見ると、いじめられてるのに喜んでいるように見え、チヤホヤされているのが心地良さそうにも見える。本人としてはそんな態度を取っているつもりがなくても、妙に可愛く照れる女性や、むくれても可愛い女性というのが、あなたの周りにもきっと存在しているはず。

男性が好きな人をいじめる時はすでにその子が可愛いと思っているので、ちょっと反応してくれるだけで「リアクションが可愛い」と思ってしまう。男性が何度もいじめたくなるのは、好きな人の可愛いリアクションを見たいからだ。

女性は、「男性から見た女性」を意識して心理を紐解くと、好きな人をいじめる心理が理解できるかもしれない。

男性は、好きな人のリアクションが可愛いからいじめたくなるんですね。あしらうような反応をすると、やめてくれるかもしれません。

実はいじめてるつもりがない

男性の中には、いじめているつもりがないのに好きな人をいじめるようなコミュニケーションの取り方をするタイプがいる。

かまってほしくてそんな態度を取ってみたり、気にかけてほしくていじめてみたりと言った形で、恋愛に不器用なタイプの男性が積極性を出すと、コミュニケーションを取ろうとする時に「好きな人をいじめる」ような形になってしまう場合があるのだ。

これは顕著な例を出しているだけで、案外男性全般にもそう言える瞬間が多い。不器用な男性らしさを感じる部分だが、女性心理としてはちょっと複雑だろう。冗談のつもりが冗談になってないというパターンや、意図せずに言葉が強くなってしまったパターンなど、女性がいじめられてると思う時でも、男性にはそのつもりがない時があるのだ。

「好きならいつも優しくしてよ」と女性なら思うかもしれないけれど、好きな人にちょっかいを出しやすいシチュエーションができれば、コミュニケーションを取りたい気持ちの方が優先される。

好きな人と話しができるチャンスであれば、「いじめる」という形でも話しかけたいと思うことは男性に多い。話しかけるきっかけを探しているなら、「いじめること」と「可愛がること」が少し似ているのだ。

少年ぽさを忘れない男性心理とも関係していそうだが、いたづら心とも関連して好きな人をいじめたくなる瞬間である。スマートになれないタイプの男性は、10代の頃はもちろん、20代を卒業するまでこんなコミュニケーションの取り方をする男性もいるくらいである。

女性をいじめる男性は、「女性とのコミュニケーションの取り方が分からない」というタイプも多いですよ。好きな人に話しかけたい時に、いじめる態度になってしまうこともあります。

好き避けの一種・好きバレ防止の心理

好きな人に好きな気持ちがバレることを恐れる心理は男女で共通しており、なかなかオープンに気があることを伝えながらアプローチするタイプの人は少ない。

そうなれば、「好きな人をいじめる心理」と「好き避け」は、密接な関係にあることが分かる。

普段からコミュニケーションを取るような女性を男性が好きになれば、一貫した態度でアプローチするタイプは少なく、いじめてみたり優しくしてみたり、上手く好きな気持ちを隠しながらコミュニケーションを取ろうとする。

つまり、男性が好きな人をいじめる心理には、「好きバレ防止の意味」も含まれるということだ。時々いじめてくる男性がいるなら、好意を隠すためにわざとやってるかもしれない。

好きな人と自分との間に物理的な距離を取りながらアプローチすれば気持ちを隠すことも容易なのだろうが、それではコミュニケーションが減ってしまって寂しく感じるので、好きな女性に取る態度を「調整するため」に、男性はいじめたくなる心理を持つことがある。

優しさばかりで好きな人に接していれば気持ちがバレるので、好意を隠すために好きな女性をいじめることでバランスを取ろうとするのは、かなり男性心理の特徴が出ている部分である。

ちょっかいの出し方に寄っては恋愛感情を感じさせない話しかけ方ができるので、本人的には精神的にバランスが取れるのである。

好きな女性をいじめる男性心理はかなりガキっぽいなって感じますが、好意がバレるのが怖いのは男女共通です。恋愛の雰囲気を消して女性に近づくタイプは、日によって接し方を変えてきますよ。

気になるからちょっかいを出したくなる

男性がある女性をよくいじめる時は、それだけ気になっている証拠である。気になるからちょっかいを出したくなるのであって、なんだかんだ話しかけるのだから意識しているのは間違いない。

男性のいじめたくなる心理は基本的に「ターゲット」が先に浮かぶので、いじめたいからいじめるというより、「気になるからちょっかいを出したくなる」という方が圧倒的に多い。

頭に相手の女性が浮かぶから、「どうやって絡もうかな」と考えるのである。

女性は嫌がるとは思うけど、いじめてくる男性はちょっかいの出し方を考えてから行動を取っている。アクションの前に、あなたのことを考えているのだ。

不器用な絡み方が本当に残念ではあるが、頻繁に話しかけるならそこには意味がある。いじめられてると思う時でも、「もしかしたら好きだからいじめてるのかな?」と勘繰ってみても良いのではないだろうか。

いじめてくる男子がいたら、「好きなのかな?」って考えてみるのが意外に大事です。本当に嫌いなら関りを持ちたくないですからね。

好きだからイラっとする心理(嫉妬の問題)

好きな人に対しては男性であっても複雑な心理を持ち易い。
「嫉妬」は一番分かりやすい例だろう。

男性は好きだからこそ女性にイラっとする瞬間があって、それは時に攻撃的な行動で発散されたり、意思表示されたりする。

これは、付き合っていない女性に対してだけでなく、恋人関係になった彼女に対しても、男性は女性に気持ちをストレートな言葉で伝えるのが苦手だ。変なプライドが邪魔をするし、不器用である。

感情的になるという意味で男性が好きな子をいじめる心理が働く時は、好きだからこそイラッとする瞬間が関係していて、結果的にその意思表示や発散として行われる場合がある。

男性心理は女性心理と比べて攻撃的なので、嫉妬した時は本音を隠していじめるような態度を取ることがあります。男性がいじめる理由を考える際は、「嫉妬されたかも」という発想も持ってみましょう。

男性が嫉妬している時の態度が良く分からない女性は下の記事で知識を深めよう。

照れ隠しの態度

男性の照れ隠しに疎い女性は見出しをタップすると詳細記事が読めるのでチェックしてみてほしいのだが、好きな人をいじめたくなる心理は「照れ隠し」が原因になっていることもよくある。

いじめられたからいじめ返すようなイメージで、男性は恥ずかしい気持ちを隠すために好きな人をいじめることがある。会話のトーンとしては、逆襲的な意味合いだ。

男性心理は攻撃的なところがあるので、好きな人の前で照れてしまうようなことがあった時に、本音の気持ちとは逆の態度を取ることが珍しくない。好きな人に意地悪したくなる時というのは、意地悪された後だったりするものだ。

もし、あなたの方からアクションした後にいじめられることが多いなら、照れてる気持ちを悟られないようにごまかしているのかもしれない。

男性心理は「恥ずかしい」という気持ちの処理がすごく下手です。いじめてくる理由が「照れ隠し」だった場合は、好意を持たれている可能性がありますよ。

いじって笑いを取りたい

好きなのにいじめたくなる時は、男性に取ってほぼすべてが冗談である。話をするきっかけにしていたり、最初はちょっかいのような感じで話しかけてくるなら、ニュアンスで悪く思われていないことに女性の方も気づくと思う。

いじめ方と言うか、言葉のかけ方によっては、女性が本当に傷付いてしまうこともあるとは思うが、相手男性からしたら「冗談で好きな人を笑わせたい」のが本音である場合も多い。様々な男性の恋愛を見ていると、「いじめてる」より、「いじってる」と思っていることも多くなっている。

男性は好きな人には「面白い人」だと思われたい心理をもっている。
面白い人が女性にモテる経験則もあるし、一緒に居て楽しい人が女性の好みであると思っているので、好きな女性との会話で笑いを取ることは男性として大事なこと

好きな人をいじめると笑いを取るのが比較的簡単であり、軽いものであれば笑顔のある会話になりやすい。ちょっかいを出した後にフォローをするタイプの男性は、あなたに笑ってほしい心理でいじめている可能性が高い。

明るい感じでからかうことが多い男性は、あなたに面白い人だと思ってほしい心理でやっているのだろう。だからこそ、下の記事で解説しているように「よく笑う女性」はモテるのである。

女性が笑ってしまうようないじり方をする男性は、その女性が好きで「笑わせたい」と思っているのかもしれません。男性はいじめているつもりがないパターンなので、あとでフォローがあるなら脈ありです。

女性の感性に寄せたコミュニケーションができない

基本的に、異性とする会話と同性とする会話では若干雰囲気が違っていて、自然と相手にお互いが合わせる。男性は話し相手が女性だと意識するし、女性は男性を意識して同じ女性との会話と少し違うコミュニケーションの取り方をするはずだ。

異性と同性では、話題や距離感がちょっと違っている。

男性が女性をいじめる心理に、「全くいじめているつもりがない場合もある」と言ってきたが、その原因はコミュ力の無さが原因である。

なんとなく高圧的で攻撃的で不器用な男性を女性が相手にした場合、「いじめられている感じがする…」なんて感じがちだ。シャイな男性は感じ悪い態度も多くなるので、ノリが悪いのを通り超えて、いじめているような態度になることもある。

相手男性があなただけじゃなくて女子全般に同じような態度である場合は、「女性の感性に合わせたコミュニケーションができない」という理由でそうなってしまうのかもしれない。

さきほど挙げた「好き避け」もコミュ力を下げる原因となるため、自分にだけ態度がおかしい場合はその可能性を考えてみよう。男性心理を考えた場合、キライな女子をいじめるより、好きな女子をいじめる方が実際は多い。

男性がいじめてくる理由を知りたい時は、他の女子との接し方と自分の場合で「比較」してみましょう。あなたが特別な人だからいじめるような態度になってしまっているのかもしれませんよ。

恋愛経験の少ない男性の見抜き方については下の記事を参考にしてみよう。

好きだからいじめてくるの?男性からいじめられる時の脈ありと脈なしの違い

男性からいじめられる時の脈ありと脈なしの違いをイメージしたカップルの画像。

「好きな人からいじめられる」という女性向けに、好きな人がいじめてくる時の脈ありと脈なしの違いについて解説する。

もちろん男性心理にも「嫌いだからいじめる心理」があるので、「嫌われてないか」という点を基準にした脈ありと脈なしの判断はやっぱり必要だ。

ここについては下の記事で一度テーマにしたことがあったので、ポイントを引用する。

「好きだからからかう」のと「嫌いだからいじめる」の違い~好きな人からからかわれる意味とは?
男性の「好きな人をいじめたくなる心理」を理解できない女性は、「好きだからからかう」のと「嫌いだからいじめる」の違いが分からないと感じている。 ある...
  • 明るい雰囲気
  • リアクションを気にしている
  • 特定の人だけからかう
  • からかった後にフォローがある
  • からかう流れで笑わせてくる
  • からかう態度とは裏腹な態度も取る

好きな人があなたをいじめる時、上の6つに当てはまるなら「好きだからいじめる」という状況である可能性が高い。あなたが望まない形とは言え、好きな人はコミュニケーションが取りたくていじめてるものと推測できる。

男性に好きな人をいじめたくなる心理がある以上、脈ありと脈なしの違いを見極めるのは女子の恋愛力です。嫌われているよりも、好かれている場合の方が多いくらいなので、勘違いしないようにしましょうね。

では、もし好きな人が恋愛感情や好意を理由にいじめてくる場合、女性はどんなリアクションを取ると良いだろう?

好きな人がいじめる時の対処法を解説する。

好きな人からいじめられる時の対処法

好きな人からいじめられる時は、下の3つの対処法からあなたらしい方法を選んで実践してみよう。

片思いの時はなかなか思った通りのコミュニケーションが取れないので、現状を改善するためにどうしたら良いかアドバイスを送る。

好きな人からいじめられた時は、可愛いリアクションをすることでもっと好きになってもらう

片思いの時期は相手によってコミュニケーションの取り方がまちまちで、あまり恋愛向きでない「好きな人をいじめてしまう」というタイプもいる。

しかし、ここまで述べてきた通り、男性は好きだからいじめる心理を持っているので、邪険に扱って関係を壊すリスクを負うより、可愛いリアクションをすることでもっと好きになってもらう対処の仕方がおすすめだ。

実際には、好きな人よりも、気になる人や意識する人のレベルに「いじめたくなる」というタイプが多いので、好きな人が絡んでくる状況を恋愛成就に繋げよう。

では、「どんなリアクションが男性から可愛いと思ってもらえるのか」についてだが、下に挙げる4つからシチュエーションも踏まえて選んでみてほしい。

  • とにかく笑顔でリアクションして笑ってあげる
  • 何も言わずに微笑みながら見つめる
  • ツッコんでボディタッチしてみる
  • 逆に自分から話題を変えてお話してみる

好きな人がいじめてくる状況を生かすことができれば、今よりもっと距離が縮まるので、好きな人が望むリアクションにチャレンジしてみよう。

「うわ、かわいい!」と思ってもらえたら、絡み方も変わってくる。

好きな人からいじめられる時は、可愛いリアクションをすることでイメージアップできます。嫌じゃないなら、笑顔で反応してみましょう。

いじめられるのが嫌だった時の対処法

もしあなたが「好きな人からいじめられたくない」と思っていたら、本人にその気持ちを伝える方が上手くいく場合もある。これは、「好きな人だから我慢してた」という人や「好きな人だから喜んでるような態度を取ってしまっていた」という人に有効な対処法だ。

今の雰囲気を変えたいと思っているなら、そのままいじめる・いじめられるの関係を続けるべきではない片思いもあるだろう。

いじめる男性心理の中には「コミュニケーションが不器用になってる」というケースもあるので、「普通に話しかけてくれる方が嬉しいのにな…」とか「私は優しい人の方が話しやすいんだけどな」と、少し悲しそうにリアクションすることで、彼の気づきを促してみると良い。そのあとのフォローをしておけば、気まずくなることはない。

もし好きな人本人に言えない場合は、彼に届くように「いじめる人は嫌い」と周りに言ってみたり、もっとストレートに「優しくしてほしいと思ってるって」と友達につたえてもらう方法もある。

いずれにしても、好きな人からいじめられたくないと思っている時は何らかの形でその気持ちが伝わるように工夫してみよう。

好きな人からいじめられたくない人は、しっかり意思表示しましょう。いじめてることに気づいてない男性もいますし、喜んでいると思っている男性もいるので、伝え方を考えて行動しましょう。

いじめられない関係になる

好きな人からいじめられる時期はまだ恋愛の雰囲気になっていない時期だ。本当は両想いなのに関係が止まっている場合は、あなたと好きな人の両方が恋愛の進め方を間違えてるのかもしれない。

そこで、好きな人からいじめられる時の対処法としておすすめしたいのが、「今の関係をもっと恋愛の雰囲気にすること」だ。いじめられる関係からいじめられない関係になることができれば、彼の気になる人以上になれているあなたは彼女になることができるはず。

踏み込んでいくことになるから友達関係を壊すリスクは出てくるのだが、友達の雰囲気を放置して実る恋はほとんどない。いじめてくる好きな人に今まで通りのリアクションをしていると、その内どちらも友達で居ようと思うだろう。

もし、好きな人と言い雰囲気になる方法が分からないなら下の記事が参考になる。

また、好意の伝え方に関しては下の記事でまとめているので、合わせて読んでみてほしい。

好きな人が、いじめる態度であってもあなたとの関りを持とうと行動するなら、片思いの進め方はある。絡んでくれなくなった後で後悔することがないように、あなたにできることに努力してみよう。

好きな男性がいじめてくる時は「友達の雰囲気」であることが多いです。女友達として仲良くなる過程では、好意を伝えていくことが重要ですよ。

まとめ

今回は、好きな人をいじめる男性心理を紹介した。何で好きなのにいじめたくなるの?という疑問に対して、何となくでも男性の心理をイメージできただろうか。

最後は、「好きな人がいじめてくる時の脈ありと脈なしの違い」「好きな人にいじめられる時の対処法」もまとめているので、ぜひ参考にしてみてほしい。

好きな人に取る態度の一種として今回考えているので、いわゆる「いじめ」とは違って「からかう」方が近い言葉のようにも思うけど、受け取り手である女性の意見を聞くと大差が無いと感じる場合も多いようだ。

「好きな人がいじめるのはなんで?」と恋愛相談をされた時は、男性の感覚では「からかってるだけだよ」と思うことが多いので、本文中にもリンクを貼った記事だが下の記事も合わせて読んでみるとより男性心理の理解につながると思う。

「好きだからからかう」のと「嫌いだからいじめる」の違い~好きな人からからかわれる意味とは?
男性の「好きな人をいじめたくなる心理」を理解できない女性は、「好きだからからかう」のと「嫌いだからいじめる」の違いが分からないと感じている。 ある...

男性は好きな人をいじめたくなる心理を持っているから、もし好きな人がいじめてくるならその理由をしっかり考えてみて、脈ありなら自分からアクションを起こそう。未来を変える努力をすれば、好きな人が絡んでくる状況を生かすことができるはずだ。

関連記事:

タイトルとURLをコピーしました