彼女が泣いた時の対処法や励まし方と落ち込んだ女性の励まし方

彼氏の前で泣いた彼女のイメージ

彼女が泣いたときは、男性としてどうしたらいいか分からないことが多いと思う。特に、恋愛経験が少ない人は「女性を励ます」とか「落ち込んだ女性の対処」が選択肢すら浮かばないこともあるはずだ。

男性同士で一緒に居る時にはあまり経験しないことなので、免疫がなく、良い励まし方をしたくてもただアタフタしてしまい、とにかく泣き止むようにお願いしてみたり、呆然と立ち尽くしてしまったり。

落ち込んだ女性の扱い方を知らないと、余計に彼女を悲しませることもあるので注意が必要。

そこで今回は、彼女が泣いた時の対処法や励まし方を紹介する。
落ち込んだ女性はどうしたら慰められるかも合わせて考えてみるので、男性は参考にしてみよう。

スポンサーリンク

ケンカした時に女性が泣いてしまった場合

ケンカした時に彼女が泣いてしまった場合は、取り合えず一旦落ち着いて、自分が責めすぎているなら話を止めよう。

もし、一方的に理屈をかざして彼女に話していた時は、彼女が傷付いて泣いている可能性や思いが言葉にならなくて泣いている可能性などが考えられるが、いずれにしても感情が高ぶっている状態なので、怒りのまま言葉を発すれば事態は悪化の一方だ。彼女はしゃべれない状態なので、あなたが話し続けても仕方がない。

話し合える環境を整える方向へ頭を切り替えよう。

もし素直に言い過ぎたことを謝れるならそちらの方が良い。
ケンカの原因が問題で謝れないのなら、一度黙って、彼女が泣き止むか話し出すまで待ってあげる。

この時、「泣いたって仕方ない」とか「何で泣くんだよ」と責めると、問題の解決ができないどころか、多くの場合で他の問題を誘発させるから気を付けるべきだ。ケンカで泣かれた時は、とにかくトーンダウンさせて泣き止むのを待つのが鉄則である。

場合によっては励まし方を考えても良いのだが、ケンカの原因を取り除きたいのが男性的な考え方だろうから、うやむやにしてしまうと彼氏側の不満が大きくなると思われる。

従って、話ができる状態になったら、ゆっくりと自分の非も認めながら話ができると良い。
落ち込む方向であっても感情的になった女性は、まず沈静化させることが大事だ。

感情的な状態から少し落ち着いて話ができるようになったら、問題をしっかり絞って解決の手段を考えたり、話し合いをする。泣いた後に流暢に話をする女性は少ないから、最初はゆっくり話を聞いてあげる方が良い。

こんな時は話しが脱線し易く、問題を大きくしがちなので、そこには気を使って誤解を解くのが励まし方になる。彼女を否定したかったのではないことなどを伝えるのがポイントだ。

問題をよく絞り込めば、ちゃんと着地できるように話しができるから、彼女が泣いたことで慌てたり感情的にならず、彼氏としてきちんと立ち回ろう。

何かのトラブルで彼女が泣いた時

付き合っている彼女がいれば、色々なことが起きるから何かのトラブルで彼女が泣いてしまうこともあると思う。彼女が「どうしよう…」って泣いている時のイメージだ。

こうなった女性は、男性よりも冷静さを失いやすいことを覚えておこう。

本人もそれが分かっているから彼氏に連絡をしてきたりする面もあるので、こんな時は話を聞いてあげるだけでは彼氏として頼りない。

アドバイスができるような話しだったら彼氏として冷静な判断をしてあげるべきだし、よく事情が分からないことなら質問することで彼女の頭を整理させて、聞いた内容をまとめてあげると良い。

女性はパニックにもなり易いので、こんな時は強い言葉を控えてトラブルの対処法を一緒に考えてあげよう。ゆっくり話を聞いてあげる時間があれば話しているうちに段々彼女も落ち着いてくるので、いつもと違う彼女だと感じた場合は、無理でも落ち着こうと努めさせることが重要である。

押し付けると混乱することもあるので、いくら良い判断をできそうでも、ちゃんと話を聞いてあげてからアドバイスするようにしよう。

落ち込んで彼女が泣いている時

きっかけがあったにせよ緊急性がなく、とりとめのない話のようにも聞こえることを話しながら女性が泣いている時は、とにかく話を聞いてあげることに徹するのが対処法の基本となる。

この時に大事なことは、共感してあげること。

泣いている女性の前にいる男性は非常に居心地の悪い思いをすることもあるが、励まし方として、気分を変えさせようとふざけてみたり、元気づけようと話を遮るのはよくない。

女性はストレスを外に吐き出そうとする性質が強いので、そういう時は男性側がしっかり受け止めてあげることが大事だ。そうしてあげることでだいぶ彼女を救ってあげられる。

また、「どうしたらいい?」と意見を聞かれるのではなく「どうしよう」とかの曖昧な聞き方であった時は、あまり強いアドバイスはいらないから、「聞いてほしいんだな」と理解すると良い。「うん、うん」と聞いてあげると彼女の話ぶりも変わってくると思う。

ニュアンスの問題になってしまうが、グチっぽくなっている時は話を聞いてあげることに徹するイメージでいよう。

自分(彼氏)とは関係のないことで落ち込んでいる時の励まし方

よく言われることだが、落ち込んでいる女性を前に「頑張れ」とか「大丈夫」と言ったような励まし方はよくない。

恐らく、既に頑張っているはずだし、大丈夫でないから泣いているからだ。
少なくとも泣いている瞬間はきっとそう思っているだろう。

それよりも、ちゃんと話を聞いた後は、気持ちをリセットさせるように女性を励ますと良い。
彼女の好きな場所へ一緒に行く約束をしたり、好きなものを食べに行く約束をしたり。

「またその時も話を聞いてあげるよ」って言葉と共に安心感を与えながら目線を違うところに持って行ってあげる。彼女がしんどいことに集中して考えてしまっているので、励ましたいなら目線を変える提案をしてあげて、落ち込んでいる内容にも寄り添ってあげよう。

もちろん、話を聞いてあげた後であって、話を終わらせるために用いてはいけない。

女性は男性と違って、とことん一つのことを考え続けて答えを出すよりも、気分転換しながら物事を考えるから、あくまで話をじっくり聞いた後、元気になってもらいたい時に活用してみてほしい。

「頑張っているから」ってご褒美的な感じにすると、彼女の努力を認めていることを伝えられるし、優しさが伝わるのではないだろうか。

自分(彼氏)のことで落ち込んでいる時の励まし方

心理学上、男性は肉体的な繋がりを重視し、女性は精神的な繋がりを重視するとされている。
これが全ての場合に当てはまるわけではないにしろ、彼氏のことで落ち込んでいる彼女を励ますのなら、愛情表現は言葉で伝えるべきかと思う。

例えば、会いたくても会えない時などは、「仕方ない」とか事情をくどくど語るよりも、「会いたいと思っているけど会えない」ことを寂しく感じていることは伝えるべき。

事情が事情なら、短い時間でも会うための努力が具体的に示せれば更に良いかと思う。

彼女が自分のことで落ち込んでいる時は、往々にして我がままな印象を持ったりしがちだが、気持ちがすれ違っている可能性は考えるべきだ。理屈的に「仕方のないこと」は、感情的に「どう思っているのか」が欠如してしまうことが多いので、仕方ない問題は仕方ないとしながらも「どう思っているのか」や「どうしたいと思っているのか」をしっかり伝えた方が良いし、それが慰め方や励まし方に繋がる。

また、先程触れたことに矛盾するようだが、落ち込んでいる時は黙って抱きしめてあげても慰める効果が高い。言葉にできない人は気持ちを行動で伝えるのも悪くない方法だ。

愛情が絡む問題で彼女が落ち込んだ時は、スキンシップが思いの他励ましになるので、ドラマのワンシーンではないが、ギュッてしてあげるのもお勧めの励まし方となる。

言葉を伝えるにしても、抱きしめながら伝える場合と、面と向かって伝える場合とで、使い分けをするべき時もある。

まとめ

今回は、彼女が泣いた時の対処法や励まし方を紹介した。
状況別にしたので、彼女の状態で使い分けてみよう。

女性と男性とで、ストレス時の行動が違うばかりか、対処法や励まし方も大きく違っているから、彼女目線で考えないと悲しみが増す結果にもなりかねない。

女性が泣いた時の対処法は、彼女の性格で違ってくる部分もあるので、今回の内容を基本に考えながら、より良い慰め方をしてあげよう。

関連記事:

付き合いはじめケンカ
スポンサーリンク
Brightfutureをフォローする
自分の結婚できる確率を理解する

結婚を具体的に考えるべき年齢は意外と若いって知ってましたか?結婚したいと思っている人は、自分の年齢によって変化していく「自分が結婚できる確率」を正しく理解しておくことが重要なんです。
下の記事では、総務省の国勢調査から年齢別・男女別に結婚できる確率を算出して、考察をまとめています。
後悔しないように、今の自分の結婚できる確率がどのくらいなのか把握しておきましょう。

スポンサーリンク
恋愛のすべて
タイトルとURLをコピーしました