デートで好きな人とイチャイチャしたい!デート中にイチャイチャする方法や場所を紹介!

付き合う前のデートでイチャイチャするカップル

付き合う前のデートでも、イチャイチャする方法が分かっていれば、イチャイチャデートは可能だ。

好きな人とのデートでは、付き合ってる恋人同士か付き合う前のいい感じの時かに関わらず、イチャイチャしたいと思うのが恋愛している時だけど、デート中にイチャイチャできる場所や方法が分からないと行動に移しようがない。

スキンシップは恋愛に重要なものだから、デートでイチャイチャしたいと思う気持ちが好きな人と共有できるなら、ぜひ恋愛を進めるため、好きな人ともっと仲良くなるためにイチャイチャする方法を知っておいてほしい。

そこで今回は、「デートで好きな人とイチャイチャしたい!」という人向けに、デート中にイチャイチャする方法やイチャイチャできる場所をまとめる。

特にカップルになったばかりの人はスキンシップから関係を深めていくことが付き合いをうまく行かせることに大切なものでもあるから、ぜひ参考にして彼女や彼氏と良い関係を築いてほしい。

片思い・付き合う前の人も参考にできるようにまとめるので、あなたの状況を意識しつつ読んでみよう。

好きな人なら「くっつきたい」「イチャイチャしたい」気持ちは誰もが持つ自然なもの

好きな人のことになると、途端に「普通」が分からなくなるものなので基本の話から始めよう。

あなたが好きな人に「くっつきたい」「イチャイチャしてみたい」と思うのはとても自然な気持ちで、想い合うカップルなら誰もがやっていることだ。

恋愛にウブな人は「恥ずかしい」とか「プラトニックな関係でいたい」という気持ちで体の接触を嫌う人がいるにはいるが、好きな人に触れたいという気持ちは、人が持つ本能的なものであり、誰もが持つ気持ちだから、今回の記事を素直になるきっかけにして、好きな人とイチャついてみよう。

イチャイチャしない彼氏や彼女は「愛情を感じない」というデメリットがある

今回この話から入ったのは、「普通だよ」と安心してもらう意味もあってのことだが、それ以上に伝えたいのは「スキンシップのないカップル」に対して「恋人の気持ち」を考えてほしかったからだ。

多くの人が好きな人と触れ合いたいと思っているのだから、恋愛では広義の意味で「手を出さない」ことが全ての場合で「正解」となるわけじゃない。イチャイチャしない彼氏や彼女は「愛情を感じない」というデメリットがあるのだ。

恋人を大事にしているつもりが、「自分に興味がないのかな」とか「触れたくないのかな」と思われると予想外のすれ違いが悲しい誤解を生むので注意したい。

カップルならイチャイチャしたい。付き合ってから時間の経過とともに関係が深まってきたらスキンシップも大切にしよう。

次からは好きな人とイチャイチャする方法に移っていくけど、具体的な方法の前に「イチャイチャできる条件」と「デート中にイチャイチャできる場所」を解説する。

デート中にイチャイチャできる条件

デート中にイチャイチャできる条件を満たしたカップル

デート中に好きな人とイチャイチャするには次の条件をなるべく満たす必要がある。

  • 暗くてクローズドな場所にいる
  • 相手と隣同士、横にいる
  • 人がいない、若しくは他にイチャついてるカップルがいる
  • 触れること・触れられることにお互いの嫌悪感がない

好きな人とイチャイチャするには、そういう雰囲気を作ることと、くっつける条件が揃っているのが前提だ。

無理にイチャつこうとして気まずい雰囲気になると、次の行動がなかなか難しくなってしまう人がいるので、「雰囲気だけ」「条件だけ」でイチャイチャしようとしないことが失敗しないポイントになる。

付き合う前の好きな人とイチャイチャするには、まず手を繋ぐこと

仲良くなってくるとジャレ合うことも出てくると思うけれど、スキンシップを取りたくない相手にそういう雰囲気を作られると「気持ち悪い」と思うものなので、特に片思いの人がステップアップを狙ってイチャイチャしたいと思うときは「手を繋いでデートできること」を条件にするといい。

デートでイチャイチャしようとするなら「何度か手を繋いだことがある」程度の関係でいたい。手を繋いだ回数がクリアできない場合は「自然な感じで手を繋ぐことができた」ことを条件に、好きな人がスキンシップを嫌がってない態度を見極めた後で手を出すようにしよう。言葉で伝えるのが難しいところだけど、そういう感じの雰囲気があるといい。

もし手を繋いでデートするところから始める場合は、下の記事を読んでみよう。

現実的な恋愛では付き合う前の好きな人とデート中にイチャイチャするタイミングはお酒が関係しやすいので、お互いに素直になるためだったら下の記事で紹介しているカクテルを参考にしてみると良い。デートで好きな人とイチャイチャしたいならバーデートもおすすめだ。

イチャイチャできる場所

デートでイチャイチャするために、デート中にイチャイチャできる場所を紹介する。一例に過ぎないが、デート中にイチャイチャするチャンスを伺うならこんな場所をおすすめする。

  • 公園のベンチ
  • 横に座る居酒屋
  • バーのソファ席・ボックス席
  • 映画館
  • 夜の海辺・海岸
  • 夜景が綺麗なスポット
  • エレベーター
  • 観覧車
  • プリクラ
  • 車の中

挙げていけばキリがないけど、上の10個は全部私が経験している場所から「イチャイチャできる場所」として紹介している。手つなぎデートや腕組デートでラブラブできたら、もう一歩進んでみよう。

それぞれでポイントは違っているけれど、カップルがイチャイチャしている場所と言うのは「イチャイチャしているのをよく見るところ」と「実はイチャついているところ」に分けられるので、雰囲気重視か条件重視かであなたが選ぶべき場所が変わる。

付き合っているカップルなど、好きな人とのスキンシップが既にある人は「条件重視」で、スキンシップがあまりない人は「雰囲気重視」で選んでみると、うまくいきやすくなる。

イチャイチャできる関係なのにイチャイチャできないのは、場所が悪いから

カップルがイチャイチャするのは「デートの一部」ともいえるけど、それでもイチャイチャできない原因は、「手を出さないから」以外だと「場所が悪い」ことが最も多い。

普通にデートするとイチャイチャできる場所に行けないと思ってしまうかもしれないが、上の10個を覚えておけば自然に誘導できるチャンスが必ずある。

デート中に行く場所としても不自然な場所ではないから、後は勇気だけだろう。付き合ってない好きな人とイチャイチャするには「雰囲気作り」が必要になるが、そもそもイチャイチャできない場所で頑張っても意味がないばかりか「断られたから気まずい」なんて思いをしてしまうので注意してほしい。

デートで好きな人といちゃいちゃする方法

イチャイチャっする方法に成功した男性と女性

デートで好きな人とイチャイチャするにはおすすめの方法が7つある。一つ一つ解説していくので要点を押さえよう。

イチャイチャする方法①じゃれ合う雰囲気からスキンシップに発展させるとイチャイチャする流れができる

デートでイチャイチャするには、じゃれ合う雰囲気からスキンシップに発展させると意外と簡単にイチャイチャする流れができる。

イチャイチャする時は、明るい雰囲気より暗い雰囲気(=ちょっとシリアスな感じ)をイメージしている人も多いのだが、実際は逆だ。明るい雰囲気からイチャイチャする中でムーディーな感じになっていく。

笑いながらスキンシップを取ってみたり、「もう!」みたいな言葉からボディタッチしてみて雰囲気を作るのもおすすめだ。

今までじゃれ合うのがある一瞬だけだった人は多いと思うので、それを継続させてイチャイチャする流れを作ろう。

イチャイチャする方法②くっついて話している内にそういう雰囲気に持っていく

カップルがイチャイチャする時は、距離感が限りなくゼロになっているため、彼氏や彼女とイチャイチャしたいなら、「くっついてる」と非常に簡単になる。

「イチャイチャするにはどうしたらいいの?」と思ったらまずは好きな人にくっついてみよう。抱きつく感じじゃなくても、常に腕が当たる距離感で一緒にいてじゃれ合ってるといつのまにかイチャイチャしてる雰囲気になってることもあるので、全部自分からと考えなくても「くっつくこと」で二人が同じ気持ちだったら自然にイチャイチャする流れになる。

自然なイチャイチャの仕方を実践したい人は、くっつくだけでもやってみると今までの雰囲気が変わるかもしれない。

イチャイチャする方法③マッサージからイチャイチャする流れを作る

デート中にイチャイチャする流れを作りたい人は、マッサージからイチャイチャする流れを作るのがおすすめだ。

最初は肩のマッサージから始めると、本当に疲れが癒されるし、自然にスキンシップが始まるので、嫌がられることが少ない。

マッサージしてあげたら次は彼氏や彼女にマッサージしてもらうことでイチャイチャできるので、あんまり積極的に動けないと言う人はマッサージからの流れがおすすめだ。

イチャイチャする方法④ぷにぷに、つんつんしてじゃれ合う流れからイチャイチャする

よくあるカップルのちょっかいの出し方だけど、「おなかをぷにぷにする」「脇腹をつんつんする」などのじゃれ合い方からイチャイチャする方法につなげるのもおすすめだ。

付き合い始めのカップルだとおなかは彼女が嫌がることがあるので、もっと気軽に触れられる肩や腕にすると嫌がられないでイチャイチャできるだろう。

からかう感じでやってみると好きな人も乗ってきてくれると思うので、明るい雰囲気で楽しみながらイチャイチャできる方法だ。

イチャイチャする方法⑤耳打ちから好きな人とイチャイチャする

付き合う前にイチャイチャする方法としておすすめの方法が「耳打ちからの流れ」だ。

こしょこしょ話は距離もゼロになるし、そもそも耳は敏感だから色々な刺激もあって、付き合い始めのカップルがイチャイチャする方法としてもよく使われている。

既に付き合ってる彼氏や彼女が相手なら「耳打ちする」と思わせて息をかけるのも面白いから、じゃれ合う雰囲気でやってみよう。

もし実践するなら、軽めにやって耳をくすぐるようなイメージが良い。思い切りやるとびくっとして思ったような雰囲気にならないことがあるから注意しよう。

イチャイチャする方法⑥体の一部(腕や髪やほっぺなどなど)を話題にしながら

カップルがイチャイチャするタイミングではお互いに触れ合ってる状況になるが、はじめはどちらかが相手に触れるところから始まる。

そのきっかけにおすすめなのが体の一部を話題にしながら触ってみること。

たとえば、「髪綺麗だね」と言いながら触ってみると甘い雰囲気でイチャイチャできるし、「ほっぺ柔らかい?」と聞いて触りながら感想を言うと明るい雰囲気でイチャイチャできる。

最初はちょっと触れるくらいからスタートすると相手の反応が分かるので、「イチャイチャする自信がない人」は軽いスキンシップから入ってみよう。

デートでイチャイチャする方法⑦(よりかかってみたり)甘える

彼氏とイチャイチャしたい女子におすすめのが、彼氏に甘えてみること。

女性からイチャイチャする方法は「彼氏からどう思われるだろう?」「彼女がガツガツしてると引かれるかも」と思ってしまうけど、甘える態度から発展させていけばイメージダウンを避けながら彼氏とイチャイチャできる。

肩や腕に寄りかかってみたり、腕に抱きついてみたりして、彼の反応を見てみよう。イチャイチャする雰囲気ができてきて、二人のムードが高まるかもしれない。

イチャイチャできない!もしイチャイチャしようしたけど拒否られたら…

自分からリードしてイチャイチャしようとする場合、もし拒否られたら冗談にできるくらいの余裕がないと一気に気まずくなることもあるから注意しよう。

カップルなら冗談半分に拒否られても絶対に慌てることなく適切に対処するのが重要だ。片思いのいい感じのときは予想外に拒否られてそこから気まずくなることもあるので、探り探り慎重になることも大切になる。

デートでいちゃいちゃできない原因は以下のことが予想されるので押さえておこう。

  • 恥ずかしいだけで、拒否っているというより受け入れる前の段階
  • いきなりイチャイチャしだしたからその先を考えてしまって断った
  • そもそもイチャイチャできる場所じゃなかった
  • 心の準備ができていなくて、突然の事態に条件反射で拒否した
  • 彼氏・彼女じゃない(たとえ好きでも)人とはイチャイチャしない主義も人だった
  • じゃれ合うくらないならまだいいが、あなたとはイチャイチャしたくない

これも多くのパターンがあるので例を挙げればきりがなくなってしまうので代表的なものを紹介した。

ポイントは「いいなと思っている人でもイチャイチャできない場合がある」という点だ。「あー、ごめんごめん、嫌だった?」みたいに冗談で相手をフォローできない人は慎重にならざるを得ないだろう。

イチャつこうとして拒否られた場合は、まぁまぁ気まずい雰囲気になってしまう。相手が上手くあしらってくれることも多いのでそこまで気にする必要はないけど、上記に挙げたイチャイチャするのを拒否る理由は、たとえ好き同士でもあり得るものを中心に紹介しているから覚えておくといい。

と、言うのも、拒否する方が当然気持ち的にしんどいから、アクションした方がフォローしないといけないからだ。イケるかな?と思いつつも、「拒否るかもしれないからそうなったらちゃんとフォローして気まずい空気にしないようにしないと」って心意気はほしい。

覚悟してしまえばショックで何も言えないみたいになることが減るので、大げさだけど、対処を考えておくべきである。好きな人が相手なら誰でもイチャつきたいって思うものだと説明しておきながらこんなことも説明しないといけないのが恋愛の複雑さである。

場所の問題でイチャイチャできないカップルの対処法

イチャイチャするのに、お互いの部屋だったり、ホテルだったりを使えるなら、この記事をここまで読んでいないと思う。

付き合う前、付き合い始めにイチャイチャするのに一番問題になるのは「いつ、どこでイチャイチャするのか」という問題。実際ファーストキスの場所で一番選ばれるのが「家」である。(関連記事:ファーストキスの場所ランキングとその考察~高校生や10代は必見!何で1位は「家」になるのか、理由を紐解く

常識的に、とても紳士的に考えるなら、何の問題も心配もなくイチャイチャできる場所というのは外にはない。

「ここじゃヤダ」「こんなトコでダメでしょ」
今回紹介した「カップルでイチャイチャできる場所」でも上に挙げたことを思う人がいるのは事実だから、カップルで仲良く付き合っているのに拒否られてしまう場合もないことはない。

もしちゃんと両想いでもイチャイチャするのを断られる時は、「じゃ、部屋いこうか」と誘ってみてもいい。イチャイチャしようとするあなたに「条件」を理由に拒否するなら、相手の望む条件をクリアすればいい。社交辞令の意味ではなく本音でそう言う彼女には「移動しようか」って誘ってみてもいいかなと思う。

前半部分で解説した通り、時期はあなた次第だが手を出さない彼氏に悩むこともあるのが恋愛のナイーブなところで、社会人のカップルなら2ヶ月~3ヶ月程度で何もないのはちょっと悩みになる。お互いが望んでプラトニックな関係でいるならそれで全然問題ないが、色々な方向から考えてみると、リスクは他の面であるかもしれない。

強く拒否しないけど、その場を断る場合は「条件」を見直し、もう一歩進める恋愛もある。

まとめ

今回は「デートで好きな人とイチャイチャしたい」と思う人に向けて「デート中にイチャイチャする方法や場所」をまとめた。好きな人との関係が進んできたときは参考にしてみよう。

イチャイチャしたいときは、まずイチャつける関係を作っておくことが大切だ。ただ、それは目で見えるものではないので探り探りになってしまう面もある。

スキンシップを取れるようになることから始まり、お酒の力を借りたり雰囲気を見てみたり、ちょっかいを出すイメージからじゃれ合ってみよう。楽しい雰囲気からイチャイチャする方が相手も受け入れやすく、「勢い」じゃない感じが変な緊張感もつれてこない。また、冗談にもしやすいので拒否られてもどうにかしやすい。

スキンシップや、イチャイチャすることも含めて、人によって今回のテーマは大きく考え方や価値観が違っている。片思いの人は順序を考えることも時に大切だし、両想いの人はいつまでも「できない」ではうまくいかなくなる原因にもなってしまうので、チャンスをうかがってみよう。

好きな人とイチャイチャしたいという女性向けに、雑誌でもTVや紹介されて話題になっているコスメの記事を張っておくのでこちらも参考に。

彼が思わずキスしたくなる唇になれる?男性の8割が支持した「キス専用美容液」なら、グロスやリップより「キスしたいぷるぷる唇」に!
女性の顔のパーツで、恋愛的に一番大事なのは、間違いなく「唇」である。 男性から見た女性の唇はセクシーで、顔のパーツの中では群を抜いて「女性の象徴」だと思われている。 女性と会ったとき自然と女性の唇に視線が行くのは男性の本

関連記事:

タイトルとURLをコピーしました