付き合っている人がいると不安になって辛い人へ~不安の解消法

付き合っているのに不安な彼女がつらい状態にある様子

恋愛すると色々な感情が芽生えて、時に自分を苦しめる感情と向き合うことも増えていく。

付き合っているのに不安になる人は付き合いはじめの時に多いが、恋愛中はずっと不安な気持ちと付き合う人もいて、「恋愛中の不安がしんどい」と思いながら交際を続けることがある。

意外と多くの人が交際中の不安で悩んでいるのは、自分の気持ちの問題で不安になるだけでなく、彼氏や彼女のせいで不安になることもあるから。

嫉妬や浮気、振られる不安などの気持ちが代表的な原因だが、恋愛中の不安は恋愛感情の複雑な心理が相互に影響することもあって、「彼氏への不安でしんどい」「付き合ってるのに不安な彼女がいて辛い」など、幸せより不安が勝つ恋愛になることがある。

大好きな彼氏や彼女と付き合っている時の苦しい胸の内はよく理解できるが、恋愛特有の「不安の対処法」を間違えれば、すれ違いの原因になるし、放置しているだけではあなたが精神的に潰れてしまうかもしれない。

あなたが抱える苦しみが大きくなれば、やがて彼氏や彼女に発散される可能性まで考えていくと、現状まだどうにかなる時点で解決を図る努力をする方が二人の幸せにもつながるはずだ。

そこで今回は、付き合っている人がいると不安になって辛い人へ、彼氏や彼女がいる時の恋愛特有の「不安の解消法」を提案してみたい。

付き合っている不安な彼女や彼氏がいる人は、好きな人とうまく付き合っていくために参考にしてほしい。

誰と付き合っても不安になる人や、恋愛中にずっと不安になる人などは特に参考になると思う。

  1. 彼氏や彼女に不安になる自分を否定しない:そもそも不安な気持ちは恋愛に必要なものである
    1. 不安にならない恋愛は恋愛の醍醐味がない
    2. 彼氏への不安、彼女への不安がもたらすカップルへのメリット
    3. 彼氏や彼女が好きだから付き合っていても不安になる
  2. 恋愛の不安の解消法① 彼氏や彼女への「心配のしすぎ」を無くすためにはどうしたらいいか?
    1. 恋愛の不安の原因を特定する方法
    2. 彼氏や彼女に不安になる時は「不安が作る妄想」に負けないことが重要
  3. 恋愛の不安の解消法② 彼氏や彼女が自分を不安にさせている事実は取り除く努力をする
    1. 付き合っていても不安になる彼氏や彼女に対しては「不安の原因」を伝えた方が良い
    2. 彼氏や彼女にあなたの不安と向き合ってもらうには不安の伝え方が大事になる
    3. 付き合ってても不安な時、メンヘラ化しないためには「察してほしい」「分かってほしい」をやめる
  4. 恋愛の不安の解消法③ 本音を話すことで彼氏や彼女と「不安にならない信頼関係」を作る
    1. 不安だと言えない人は恋人に本音を話せない人、不安だと伝えると「本音」を伝えることができるから不安にならない関係が築ける
  5. 不安になる恋愛はやめるべき?付き合っているのに不安にさせる彼氏や、付き合っていても不安な彼女は別れる選択も…
    1. なぜ不安にさせる人とは別れるべきなのか
    2. 不安にさせる彼氏や彼女を変えたいなら
  6. 彼氏や彼女に不安でしんどい時にやるべき4つのこと
    1. 付き合ってるのに不安な彼女や彼氏には、相手から誘われるのを待つのではなく、自分からデートに誘う
    2. 親友に不安でしんどい気持ちを聞いてもらう:恋愛の不安はなるべく信用できる人に話を聞いてもらう
    3. 彼氏や彼女に不安になった時に暇な時間を作ると、さらに自分を精神的に追い込む!友達と遊んだり、外に出て気分転換をすることも大事
    4. 寝る前に彼氏や彼女のことを考えて不安でしんどい時は音楽やASMRを聴く
  7. まとめ

彼氏や彼女に不安になる自分を否定しない:そもそも不安な気持ちは恋愛に必要なものである

誰かを本当に好きになると、付き合っている付き合ってないに関わらず、「好きな人が自分を好きでいてくれるか」「嫌われてしまうんじゃないか」と思って不安になる。

これは本気で好きになった時の副作用みたいなもので、誰かを真剣に好きになればほぼ100%の人が体験することだ。

軽い恋愛観を持ってる人は不安より楽しいが勝るタイプもいるけど、そんな人も含めて恋人を本気で好きになれば「最初からなんの不安もない恋愛」は存在しない。

この前提に立つと、恋愛の不安がしんどいと思った時にすごく重要なのが、その不安を否定しないことだ。

「恋愛には不安がつきもの」とばっさり切るつもりはないけど、明らかに相手に問題があるケースを除いて、「付き合うと不安になる」ということは「それだけ彼氏・彼女が大切だから(好きだから)」だ。

付き合っているのに不安になる人は、自分の恋愛観を否定しないで「どんな風に恋愛の不安と付き合っていくか、どうしたら少しでも不安が和らぐか」という点を考えるべきである。

恋愛特有の不安な気持ちは確かに自分を苦しめるけど、恋愛する上で悪い作用ばかりではない。

その不安な気持ちが恋愛を恋愛にしている面があって、素敵な恋にしていくために必要不可欠なものでもある。彼氏や彼女に不安になる人は、その不安こそが恋愛のだいご味である「ときめき」の源泉になっていることを知っておこう。

不安にならない恋愛は恋愛の醍醐味がない

不安にならない恋愛とは、安心感に満たされた恋愛だが、不安がなくて楽な恋愛は、トキメキとドキドキがない。

幸福感に満たされると案外それは短い期間になりがちで、「慣れていく」ことで恋愛を終わらせる事も多い

いわゆる倦怠期」は、多くの場合で過度な安心感が原因だ。

恋愛における「安心感と不安感」は理想的な関係を作っていきたいと願うけど、「不安じゃなくなった」と言えるほどの安心感を持つと、現実は「彼氏に飽きた彼女に飽きた」という状態になっている。

簡単に言えば、不安の大きさは相手への愛情とリンクしてるのである。

不安な気持ちは、上手く付き合うことができれば良い作用を恋愛に齎すものだから、そもそも彼氏・彼女への不安は悪いものではないと理解することも対処法の重要な部分でり、交際中の悩みと向き合う上で前提となる考え方だ。

彼氏への不安、彼女への不安がもたらすカップルへのメリット

彼氏への不安や彼女への不安は「好きな人に自分を好きでいてほしいと思う気持ち」を高める方向に作用する。

不安があるからこそ、かっこいい自分・かわいい自分になるために努力をするし、気遣いや思いやりの気持ちも高める。優しさを言葉・態度・行動に出す気持ちも同様に高める。

こういった気持ちがカップルに取ってすごく大切なものであることは、説明しなくても理解できるところだろう。

不安がなくなって安心感が相当以上に勝れば、気遣いや思いやりがないがしろになっていってしまうのが交際相手がいる時の恋愛だ。

彼氏や彼女への不安を改善したい人も、「恋人への不安」は恋愛に必要なものだと思いながら「しんどいと思うレベルの不安をどうするか」という点を考えてほしい。

彼氏や彼女が好きだから付き合っていても不安になる

恋愛感情がつれてくる不安は、それだけ大きな「好き」だという気持ちがあなたにあるということを証明している。

人は、大事なものに対して、心配したり、不安になったり、失う怖さを持つ。不安があなたにあることは、それだけ大事な人がいるということだ。

それは本来、つらいこと・しんどいことと言うより、嬉しいことであって喜ぶことであるはず。

恋愛すると苦しくなるのは、それだけ好きな証であって、誰しもが程度の差があったとしても不安な気持ちを抱えている。彼氏や彼女に対して不安なのはあなただけではない、という言葉が少しでも救いになったら「前向きに問題と向き合う」ことができると思う。

実際、私だって大好きな彼女には大きな不安を持ちながら付き合ってきた。特に、付き合って半年を過ぎるくらいまでは、不安にならない彼女はいなかったくらいだ。

なぜ付き合ったばかりだと不安になりやすいかについては後述するけど、感情の浮き沈みが楽しくもあり、苦しくもあるのが「本当に好きな人と付き合う」ということであるのは間違いない。

しかしながら、付き合っていると不安になってしまうという人は、不安と上手く付き合っていかないと、時に恋愛を壊してしまう原因になる。

ちゃんと幸せに付き合っていけるように、具体的に「彼氏や彼女がいる時の不安の解消法」を提案しよう。

恋愛の不安の解消法① 彼氏や彼女への「心配のしすぎ」を無くすためにはどうしたらいいか?

付き合っているのに不安な人の対処法を解説する女子

彼氏や彼女がいる時の恋愛の不安を取り除くためには、まずあなたが抱えている不安の中身を具体化して頭の中をクリアにする必要がある。

恋愛の不安の原因を特定する方法

彼氏や彼女に対して、漠然とした不安を抱えていると思っていても、「事実」と「妄想」の二つに分けて整理すると、悩んでる時にありがちな混乱している状態にならないで「不安の原因」を特定できる。

ここでいう「事実」とは、彼氏や彼女の言葉や行動などをそのまま客観的に表現できるものを指す。

あなたの憶測とか、決めつけなどを全て排除して、起こった事実だけを並べて不安の原因を具体化しようとすると、恋愛中に不安になりやすい人ほど、彼氏や彼女への不安の中身が自分の妄想で作り出してしまったものもたくさんあったことに気付くはずだ。

恋人への不安の中には、事実よりもネガティブな感情を膨らませて記憶してしまっていたり、疑いの目で見ていただけで事実は違う場合も多くある。

それらは、彼氏や彼女を大事に想うからこそ作り出してしまった「不安」そのものであり、そんな気持ちと上手く付き合うには「事実」を事実として認識し、なるべく意識して「ネガティブに考えた妄想」を捨てていくことが大事になる。

好きな人には無意識に抱いてしまう不安を完全に抑えることができないから、許容するように努めるのが不安に負けないコツである。

事実のみを並べて、思い込みで勝手に自分を追い込んでいくことを止める。不安に反論する事実を意識的に思い出すことも徹底すればこれだけでだいぶ楽になるはずだ。

好きな人は、そんなにあなたを不安にすることをしたのだろうか?
好きな人は、そんなに不安にさせるような言葉をあなたに言ったのだろうか?

彼氏や彼女に不安になったら、この二つを真正面から考えてみよう。

彼氏や彼女に不安になる時は「不安が作る妄想」に負けないことが重要

付き合ってる人に対して不安になる時は、「あの言葉はきっとこれを言いたかったんだ」と決めつけるのは良くないし、言葉以上にネガティブに捉えてしまうのは相手が望んでない。

勝手な誤解はあなたは当然として誰も幸せにしないため、不安でしんどい時に悪い妄想が膨らみそうになったタイミングでは、自分の不安な気持ちを疑う感覚も必要になる。

その際にあなたを救うのは「彼や彼女が実際にやってること、言った言葉(=事実)」である。

付き合ってるのに不安になる彼氏や彼女に対しては、「本当に不安な相手なのか」を客観的に見つめるようにしよう。不安の原因をなるべく正確に見抜くことが重要だ。

付き合っている意味がないカップルの特徴~ずるずる付き合わないで捨てるべき?
恋愛相談を受けていると、時々「付き合っている意味がないと思う」という話をする人がいる。 彼氏や彼女との付き合い方に疑問を持っていたり、そもそも愛情面でも疑問を持っていたりと理由は様々だが、上手く行っていないカップルは「付き合っ

恋愛の不安の解消法② 彼氏や彼女が自分を不安にさせている事実は取り除く努力をする

上の工程で「事実(不安の原因)」をしっかり洗い出したら、次にあなたを不安にさせている事実を取り除く努力をしよう。

本当は付き合っている好きな人に自分から気付いてほしいし、それが自然発生的に解決することがベストだけど、それは現実的に難しいことが多い。

時間をかけることで自然に解決することもあるだろうけど、あなたが不安になる気持ちに負けてしまえば、恐らく解決の前にカップルの関係がおかしくなってしまうはずだ。

ここでは、「付き合っていても不安…」と思っていることがカップルに与える悪影響を意識するべきである。

付き合っていても不安になる彼氏や彼女に対しては「不安の原因」を伝えた方が良い

不安を原因にした喧嘩などをしないようにするには、あなたを不安にさせている事実を付き合っている彼氏や彼女に伝えて、一緒に解決を目指す方が最終的に上手く付き合える。

一例を出すならば、よく女性が彼氏に不安になる時に問題になってるのが、彼氏が好きな気持ちを言葉にしてくれないという問題だ。

「好きだと言ってくれないから不安になる」「好きか聞いても答えてくれないから不安になる」というのは、彼女が不安になるパターンで本当にあるあるになっている。

男性は好きか聞いても曖昧に答える人が多いし、特に男性心理では愛情表現が不得手である。なのに、彼女からすると不安に思う原因の最たるものとなって、よく男女間で問題となる。

しかし、少しでも対処してみようと「好きって言って!」と伝えたところで、それを実行できる人は少ない。

心を込めてその瞬間に「好き」と言える男性は、恐らくその前に好きと言えている男性だろう。真剣に不安の伝え方を考えると、やはり難しさを感じると思う。

不安の伝え方を間違えると、今の例でいうなら「好きって言ってくれる人じゃないと不安でつらい!」など相手を否定してしまうような言い方をしてしまうことがあるからぜひ気を付けてほしい。彼氏や彼女へ不安を伝える際の注意点だ。

相手はあなたがどれだけ不安な気持ちになっているかは分からないので、否定されると唐突に文句を言われてるような印象を受ける。

では、どのようにあなたの不安を彼氏や彼女に分かってもらうと良いだろう?

彼氏や彼女にあなたの不安と向き合ってもらうには不安の伝え方が大事になる

彼氏や彼女に不安になる時は、その不安を伝えて二人で解決しようとするのがベストだが、抱えている不安を問題化して恋人に向き合ってもらうには、不安の伝え方をしっかり考えて、優しく自分の気持ちを伝える方が良い。

不安を爆発させて相手を責めるのではなく、不安な気持ちを分かってもらうように伝える必要がある。そのためには言い方が重要だ。

例に挙げている場合では、悲しみや寂しさを伝えるのがベストである。この例に限らず、彼氏や彼女に不安を伝える時の大事なコツなのでニュアンスを掴もう。

「曖昧な答え方されると悲しくなるよ」
「たまには好きって言ってくれないと寂しいな」

雰囲気的には「急にどうしたの?」ってくらいは重たさを付けるけど、相手が黙ってしまうようなところまではしない感じだ。遠まわしに「不安」を言葉に出す方がカップルの雰囲気が壊れない。

それで本当に好きって言ってもらえるのか疑問に感じるかもしれないが、確かにこれを実行したからと言って、ちゃんとした言葉が返って来るかは分からない。

しかし、ちゃんと伝えることで嬉しい言葉が聞ける可能性は高まり、具体的に伝えることで相手に考えさせることができる。

直接「好き」って言葉ではなかったとしても、それに準ずる言葉が出たり、何度か言ってみることで具体的な言葉が聞ける機会が訪れるはずだ。

完璧な結果を得られないとしても、恋愛における不安を取り除くにはこういった行動が本当に大事になってくる。1回で不安を解決するのではなく、不安が少なくなる付き合い方をする意識を持とう。

付き合ってても不安な時、メンヘラ化しないためには「察してほしい」「分かってほしい」をやめる

もし、あなたが気持ちを伝えずに、言い方は悪いが「勝手に不安になって苦しんでいる」としたら、それは相手だって望んでいることじゃない。

特にちょっとでも恋愛中の不安からメンヘラ化してしまうことがあったなら、不安を抱えていることが彼氏や彼女に取って副作用がある状態だ。

その状態を放置すれば二人ともストレスを与え合う関係になってしまう。本当は不安なだけなのに “攻撃してしまう” なら二人は間違いなくすれ違う。

カップルのすれ違いが起きる理由と別れる時期~見えない気持ちと矛盾する人の行動
恋愛という視点で男女を見ると、「男と女は全く違う生き物」だと思うくらい、本当に違った恋愛観を持っている。 だからこそ起こるのが「男女のすれ違い」だ。 カップルは異性同士だからこそ気持ちのすれ違いを完全に避けることができず

でも、気持ちを伝える・思っていることを伝えるなら、二人で問題の解決に当たるチャンスが作れることになる。

何も伝えないで察してほしいと思っても、男女は考え方が違うから同性の親友のようにはいかない

彼氏や彼女に対して不安で辛い人は、自分で抱え過ぎてしまっている人が多いけど、異性同士で付き合うなら相手が理解しにくい「女心」「男心」を分かりやすく伝えていくことが大事だ。

話すことで発散する意味もないわけじゃないが、きちんと伝えることを念頭に言い方を考えよう。

もしかしたら、彼氏や彼女はあなたの不安を取り除いてあげたいと思っているのかもしれない。その方法があるとしても、あなたから「不安だと打ち明ける」ことがなければ、相手は動きようがない。

例に挙げた「彼氏の愛情表現」の問題については下の記事で対処法を解説しているので、不安の原因になっている人は読んでみよう。

彼氏にもっと愛情表現してほしい!なかなか好きって言ってくれない男性に愛情表現させるコツ
大好きな彼氏と付き合っているなら、どんな女性でも「彼氏からの愛情表現」を求めるもの。なかなか好きって言ってくれない彼氏にはヤキモキしてしまうのが女性である。 「どうしたら彼氏は愛情表現してくれるの?」 「彼氏に好きって言って

恋愛の不安の解消法③ 本音を話すことで彼氏や彼女と「不安にならない信頼関係」を作る

彼氏に不安でしんどい彼女が本音で「不安だ」と打ち明けた様子

不安になる恋愛から不安にならない恋愛にするために、最も大切なことは「強い信頼関係を作ること」だ。

大好きだけど不安にならないと思える人は、彼氏や彼女を心の底から信じることができている。

もちろん、どれだけ信じられると思っても不安がなくなるわけじゃないけど、強い信頼関係ができたカップルは、少なくても不安が原因で精神的なバランスを崩すことはない

要は、適度な不安で彼氏や彼女と交際を続けることができている。

「付き合い始め」はどうしても不安な交際になることが多いと言ったが、お互いを信じ合える関係になるのに時間がかかることが理由だ。

カップルはどのくらい付き合ったら長続き?~各交際期間についてカップルの状態と長続きに対するイメージを解説
好きな人と付き合えているのはとても幸せなことだ。 「このまま長続きして、ずっと楽しく一緒に居れたらいいな」 そう思えるなら、ラブラブに付き合うカップルである。 当然、カップルの目標は「長続きすること」ではないから、どのくら

ただし、長く付き合うと不安がなくなるかと言えばそうじゃない。きちんと彼氏や彼女と信頼関係を作ることが求められる。

では、どうやって恋愛の不安がしんどいと思うレベルを脱するだけの信頼関係を作れるかというと、恋人に素直に接して隠し事をしないことが基本にしてすごく重要なことになっている。

彼氏や彼女に不安になるとその気持ちを隠したくなるけど、本音を話さない人は「素直じゃない」「隠し事をする」という点で信頼関係ができない付き合い方をしてしまっている。

不安に思ってるなら不安を話すことで本音で付き合ってることが伝わるから、不安感のようにナイーブな感情ほど恋人と共有して、それこそ心の距離を縮めるような付き合い方をすることで強い信頼関係を作っていこう。

本音を話す人は相手も本音ベースで付き合ってくれるようになり、彼氏や彼女を信じられるだけの信頼関係ができてくる。

不安だと言えない人は恋人に本音を話せない人、不安だと伝えると「本音」を伝えることができるから不安にならない関係が築ける

恋愛中に不安になると、彼氏や彼女に不安になる自分を重いと思ったり、恥ずかしいと思ったりして、特に恋愛経験が少ない人ほど「不安だと言えない」という人が多いけど、不安だと言えない人は恋人に本音を話せない人であり、それが信じられる関係になることを阻害している。

不安でしんどいなら、ストレスでおかしくなる前に、その本音を恋人に話してみよう。不安だと伝えると「本音」を伝えることができるから、不安にならない関係が築けるように作用する。

もちろん、わがままになるのは違うし、勝手に被害妄想を膨らませるのも違うけど、不安をもらうことは二人で不安を解決するように動けるメリットのほかに、強い信頼関係を作るメリットもある。

伝え方を考えた上であなたが不安の原因を話すと、恋人は「本音を言ってくれてる」と感じ、信頼関係がより強まっていく効果があるので、重いなどと思わずに信じられる関係を作るためになるべく素直に接するようにしてみてほしい。

「どうしたの?」と聞かれた時に、「なんでもない」と言う彼氏や彼女に対して「寂しい」と思う心理は理解できると思うので、不安だと言えない人は本音を隠す副作用もぜひ意識してみてほしい。

恋愛における信頼関係の構築方法とは~カップルが信頼関係を作るにはどうしたら良いか
カップルの信頼関係を作るには彼氏と彼女両方の努力が必要だが、努力の仕方が分かっていなければ、せっかく好きな人と付き合えても信頼関係の作り方に失敗することで付き合いはじめから気まずい雰囲気が漂う。 実際の恋愛では、彼氏や彼女と信

不安になる恋愛はやめるべき?付き合っているのに不安にさせる彼氏や、付き合っていても不安な彼女は別れる選択も…

不安にさせる彼氏に別れるか迷う彼女

ここまで「カップルには不安がつきものだ」という前提のもとに述べてきたが、世の中には「不安にさせる彼氏」「不安にさせる彼女」がいるのも事実である。

わざと不安にさせる人はまた別の問題があるけど、普通に付き合っていて不安にさせる恋人は別れる選択肢も現実的になる。

キープされてる時」などはその典型例だが、本命として付き合ってる時でも、やはり別れるべき相手というのが存在する。

なぜ不安にさせる人とは別れるべきなのか

被害妄想でない限り、不安にさせる彼氏や彼女はあなたの気持ちを軽視しているところに大きな問題点がある。

あくまでもこの記事で解説した不安の解消法を実行した上での話だが、不安になっている恋人の気持ちを知っても何の努力もしてくれない恋人は、あなたを大切にしてない。

誰もが恋愛感情に負の側面があることを知っているから、彼氏や彼女から「不安な気持ち」を打ち明けられたら、つらい恋愛にならないように何かしら改善案や対処法を一緒に考えようとする。

しかし、不安にさせる彼氏や彼女はそういった努力をしてくれないばかりか、嘘をつく・ごまかすような態度を取りがちだ。

詳しくは下の記事で解説しているのだけど、幸せになれない恋愛はあなたの未来の幸せさえ奪うものだから、そのまま交際を続けるかはしっかり考えたい問題である。

付き合っていても幸せじゃないなら別れるべき理由~幸せになるためにはどう考えたらいいか
恋愛では、「幸せじゃないのに付き合っている」という状況に悩む時がある。 付き合ってるのに辛い、幸せではないと思う理由は様々だけど、彼氏や彼女との付き合いは毎日の生活にも確実に影響を与えるものだから、「付き合ってても幸せじゃない

不安にさせる彼氏や彼女を変えたいなら

付き合っていても不安になる理由が相手にある時は、しっかり伝え方を考えた上で問題定義をした後、それでも改善が見られない場合は、「別れる選択肢」を念頭に置きながら、ある程度の具体的なルール作りが必要になる。

言っても聞かないのは、カップルに価値観の違いがあるからだ。

不安になると言っても不安にさせる理由は、「好きじゃないから」か、「不安になるようなことじゃないと思っていないから」である。そこを一致させていくには、「具体的なルール」がいる。

たとえば、「飲み会は一次会だけか二次会までで、遅くても終電までには帰る」とか、「家に帰ったら電話(LINE)する」などなど、浮気癖のある彼氏と付き合っている彼女などは明確なカップルのルールを設けることがある。

カップルには信頼関係が大切だから、あまりがんじがらめにするのは副作用が強いものの、つらい恋愛を続けるデメリットは決して小さくない。

不安にさせる彼氏や彼女と付き合っている人は、「このまま付き合い続けるべきか」という問題と向き合って、必要なら踏み込んだ話し合いをしよう。

不安しかない恋愛は、付き合っていても幸せになれない。時間がほしい時は、「距離を置く」という方法もあるから、自分に合った対処法を具体的に取ろう。

恋人と距離を置く理由や意味~何で距離を置こうって思う気持ちになるの?
「距離を置きたいって言われたら、別れたいって意味?」 「突然、距離置こうって言われたけど、意味も理由もわからない…」 付き合っている彼氏や彼女から急に距離を置きたいと言われたら、誰でも頭の中は混乱する。 距離を置く意味

彼氏や彼女に不安でしんどい時にやるべき4つのこと

彼氏や彼女と付き合っていて不安になった時、「しんどい」と思うほどメンタルがきついなら、ここで挙げる4つのことをやってみよう。

付き合ってるのに不安な彼女や彼氏には、相手から誘われるのを待つのではなく、自分からデートに誘う

恋人との交際中に不安でしんどい時は、デートに誘われるのを待ってるのではなく、自分からデートに誘うようにしよう。

会う日が決まってると精神的にかなり楽になるし、目標が明確になると頑張る気力も沸く。

彼氏や彼女に対して不安でしんどい時はなるべく「短い期間で会う」ことで安心することが重要なので、会えない状況を放置して自分を追い込まないように注意してほしい。

不安になる女性の中にはデートに誘うのが苦手な人が多いけど、下の記事を参考にすれば自分から彼氏に会いたいと言えるようになる。ぜひ合わせて読んでみよう。

彼女から会いたいと言う方法と、彼氏は嬉しい?ウザい?我慢した方がいいの?問題
過去記事で「彼氏が会いたいと思う彼女になるコツ9選~彼氏に会いたいと思わせたいなら」という記事をまとめたことがあった。 彼氏から会いたいと言ってほしい女性は上の記事も参考にしてほしいが、彼女が彼氏に会いたいと思った時に「会いた

親友に不安でしんどい気持ちを聞いてもらう:恋愛の不安はなるべく信用できる人に話を聞いてもらう

この記事の前半部分で何度も行ってきたことだが、恋愛中に不安でしんどい気持ちになる現象はほどんどの人が経験していて、彼氏や彼女への愛情がそうさせるのだと実体験で理解している。

だから、付き合う不安に負けそうな時は、あなたが信用・信頼している友達に、なるべく詳細に自分の気持ちを聞いてもらうようにしよう。

特に女性は恋愛中に不安になりやすい人が多いけど、彼氏の話ができる友達がいるかどうかで「不安でしんどい時の気持ち」が全然違う。(※人に言えない恋愛がつらいのは誰にも聞いてもらえないのも大きい)

直接的に解決する方法ではないかもしれないけど、あなたの味方になってくれて、粘り強く話を聞いてくれる人が周りにいるなら、恋愛中に辛くなった時に話を聞いてもらうと本当に楽になる。

男性についても同様に「プライド」の問題や「恥ずかしさ」を原因にして、彼女への不安でしんどいのに友達に話せないことがあるのだけど、本当に辛くなった時は友達を頼るべきだ。

話を聞いてもらうことで精神的なケアができれば、彼女と良い関係を築くだけの気持ち的な余裕が生まれる。余裕がなくなったらどうなるかはわかってると思うので、男性に関しても、恋愛の不安や付き合う不安については、誰かに話を聞いてもらうことがすごく重要だ。

私は精神的に強い方で、プライドも高い方なのだが、それでも彼女に不安でしんどい時に友達に何時間も話を聞いてもらったことが複数回あった。

恋愛経験豊富な友達に話すと現実的な恋愛アドバイスをもらえることもあるから、その点でも不安でしんどい時におすすめの行動だ。

彼氏や彼女に不安になった時に暇な時間を作ると、さらに自分を精神的に追い込む!友達と遊んだり、外に出て気分転換をすることも大事

恋愛のことで悩みがある時は「暇を作らない」のが精神衛生を保つコツだ。

彼氏や彼女に不安でしんどい時はなるべく暇な時間を作らないようにして、恋人に会えないまでも友達と会うようにしたり、趣味などを楽しむために外に出て気分転換をするようにしよう。

恋愛のことで病んでる時は何かに集中するのが効果的だから、「料理をする」「映画を見る」「ゲームに没頭する」などもよくある対策だ。

彼氏や彼女に不安でしんどい時は、恋人との交際そのものがストレスを与えるような状況になっているので、意識的にストレス発散をしないといけないが、そもそもストレスをためる原因が「うだうだと考えてしまう時間」なので、自分で自分を追い込むことがないようにスケジュールにも気を遣えると良い。

恋愛中に不安でしんどい時というのはあらゆる事情で彼氏や彼女と会えない時だったり、連絡が取れない時があるあるなので、その時間の過ごし方は非常に大切だ。

寝る前に彼氏や彼女のことを考えて不安でしんどい時は音楽やASMRを聴く

彼氏や彼女に不安でしんどい時というのは、寝る前に辛いことが多いと思うが、心理的に人は夜に落ち込むことが多いので、この時間も悩みを深めないように対処しないといけない。

彼氏や彼女のことを考えて眠れない時は、そのまま悩む時間にするのではなく、音楽を聴いたりASMRを聴くなりして、寝る前にも自分を追い込まないようにしよう。

「追い込まないように」と注意する理由は、恋人に対して不安でしんどい時というのは、ネガティブになりすぎて実際に会った時におかしな雰囲気にしてしまう人が多いからだ。

自分のメンタルを立て直すように対処するのが恋愛の不安に対処するコツなので、無駄に悩む時間が何も生み出さないようなら「減らす」のが正解になる。

恋人のことを考える時間は通常幸せな気持ちにさせるものだが、暗い気持ちになったり、しんどいと思う時は寝る前に考えずに、明るい時間帯に(カフェなど)外で考え事をした方が「○○をやってみよう」など具体的な対処法が浮かびやすいからおすすめだ。

長続きするカップルの秘訣10選~長く付き合うにはどんな付き合い方をしたらいいの?
もしあなたが大好きな人と付き合うことになったら、あなたの精一杯で恋人を大切にしてあげてほしい。 彼氏や彼女と長く付き合うには、恋人に持つ愛情の強さだけでは無理で、お互いの正しい努力が求められる。 長続きするカップルになる

まとめ

今回は、付き合っている人がいると不安になってつらい人へ、「不安の解消法」をまとめた。

ポイントは、あなたと付き合っている彼氏や彼女が、同時に不安の解消へ向けた努力をすることだ。

「なぜ不安になるのか」を正確に分析し、「不安の伝え方」を考えて、あなたの不安を二人の問題としてとらえてもらい、カップルで解決に当たろう。彼氏彼女のどちらかが「付き合ってて辛い」なら、それは二人の問題である。

不安になることがいけないことではないから、想い合う二人なら要は「伝え方」が大事になっている。

恋愛の不安を解消するには、あなただけでは難しいし、相手に求めすぎてもいけない。
自分が変わろうとすることが出発点だけど、それには相手の協力や変化が必要な時もある。それを具体化できたら、押し付けることなく、悲観し過ぎることなく伝えよう。

信じることができる関係を作るためには、信じようとあなたが努めることが大事だけど、それ以上に大事なことは信頼関係を二人で作ろうとする意思だ。

あなたの抱く不安は、もしかしたら二人でしか解決できない問題かもしれない。

「信じて頼る」と書いて「信頼」という言葉が出来ている。あなたから頼っていくことでも信じることに繋がって、信頼関係ができてくる場合もある。

抱えている不安の全てを取り除くことはできないかもしれないし、そうすべきではないとも思うが、私があなたのパートナーだったのなら、本音で色々な話を聞きたいと思う。

それを繰り返す形でしか相手の気持ちが本当のところでは分からないし、繰り返すことで相手の気持ちが分かっていく。

そうやって上手く付き合ってみてはどうだろうか。

★あなたの女子力アップに下の記事も合わせて読んでみよう。香り対策はあなたの女っぷりをあげてくれる。

【恋愛の香り対策】片思いもマンネリも、男性をその気にさせる秘密は「恋に効く香水」にあった!
あなたは「恋愛の香り対策」をどのように行っているだろう? 恋に効く香り、恋に効く香水という視点から「女性の香り」を考えたことがあるだろうか? 恋愛は本能も絡むものだから、人は五感を使って恋をする。「嗅覚を刺激する」なんて

関連記事:

付き合いはじめ嫉妬
Brightfutureをフォローする
自分の結婚できる確率を理解する
自分が結婚できる確率を現実的に分かった女性

結婚を具体的に考えるべき年齢は意外と若いって知ってましたか?結婚したいと思っている人は、自分の年齢によって変化していく「自分が結婚できる確率」を正しく理解しておくことが重要なんです。
下の記事では、総務省の国勢調査から年齢別・男女別に結婚できる確率を算出して、考察をまとめています。
後悔しないように、今の自分の結婚できる確率がどのくらいなのか把握しておきましょう。

恋愛のすべて
タイトルとURLをコピーしました