彼氏や彼女と「自然消滅」を狙うのは何で?音信不通で別れる理由や心理とは

彼氏と自然消滅した女性。彼氏の心理や理由が分からないと悩んでいる。

彼氏や彼女ができると、普通はどれだけ浅い関係に終わったとしても、別れ話を経て別れが確定する。

しかし、あまりたくさんの機会ではないにしろ、時々「自然消滅してしまう」ことで実質的な別れを経験することがある。

相手からちゃんと話を聞けたわけじゃないから相手の気持ちが分からず、非常にモヤモヤする恋愛の終わり方が自然消滅だ。はっきりとした言葉がない別れ方は、ストレートに「別れよう」と言われるよりもショックは小さくなるかもしれないが、納得がいかない分、引きずりやすい。

もしあなたが経験したなら、自然消滅を狙う相手の心理や理由が少しでも知りたいと思う場合は出てくるだろう。

この記事では、彼氏や彼女と「自然消滅」を狙うのは何で?という疑問に答えていく。音信不通で別れる理由や心理とはどんなものだろう。なぜ自然消滅で恋愛が終わるのかを見てみよう。

スポンサーリンク
記事下アドセンス

逃げてしまいたい

別れ話というのは、立場を変えると「相手のために」される意味もある。
しっかり別れる理由を説明してあげないと、相手である彼女や彼氏は別れる理由に納得いかないし、受け入れることが難しいからだ。

しかし、別れることを決めた人が彼氏や彼女に別れを切り出す際、「気まずい」という理由や、もっと悪く言えば「面倒」だという心理になって、逃げたくなる人が出てきてしまう。既に愛情が冷めている場合は、相手の都合よりも自分の都合を優先してしまうことがあるのだ。

真面目に付き合ってきた立場の恋人としては怒り心頭の理由だが、自然消滅を狙う卑怯者は「逃げてしまいたい」と思ったことをそのまま行動に移してしまう。

他に何等かの理由も組み合わさって自然消滅を狙うことになるのだが、相手が逃げてしまおうと思っていることは、多くの場合で当てはまるだろう。

スポンサーリンク

他に好きな人ができた

自然消滅を狙う心理には、「罪悪感」がキーワードになりやすい。別れ話はどんな時も気まずい空気になるものだが、自分都合がわがまま過ぎる理由だった場合、どうしても別れ話をする気持ちになれなくて、彼氏・彼女から逃げてしまう。

その際の一番の理由が「他に好きな人ができた」という理由だ。普通は、付き合っている人がいる状態で新しい好きな人ができると「浮気」になってしまうので、罪悪感を理由に「別れ話が気まず過ぎる」と感じて、そのまま音信不通にしてしまう。

特に、他にできた好きな人との関係が少しでも進んだ時に連絡を絶つ人が多い。一つの特徴になっている部分だ。「仲良くなってきた」「デートに行く・食事に行く機会が増えてきた」という場合、これ以上は彼氏・彼女との関係を続けることができないと感じて、ある日を境に音信不通にしてしまう。

カップルが別れる理由としても一般的なものではあるが、別れ話の気まずさを増長させる何らかの罪悪感が絡んだ場合は、自然消滅を狙う人が増える。

しっくりこない

もしあなた達カップルが付き合い始めだった場合、「いざ付き合ったけどしっくりこない」という理由で、彼氏・彼女は自然消滅を狙った可能性がある。

お互いに遠慮してしまったり、好き避けしてしまうタイプだと尚更、「会話が持たない」などの理由で一緒にいてもお互いが消耗するような時間の過ごし方をするため、「一緒にいるのがつらい」という状況になりやすい。愛情とは別の問題だったとしても、「会いたくない」と思えば自然消滅を狙う心理にも一定の理解ができるだろうか。

こんな時の特徴は、彼氏側・彼女が側の「どちらからも連絡しない期間が継続すること」が挙げられる。楽しく会話が持たないので、用事がない時にはLINEやメールの連絡が空き易いのだ。

一緒にいてもきまずさを感じるのに連絡まで空いてしまっては、「合わないのかな」とか、「やっぱり付き合うべきじゃなかった」なんてことを考えることがあり、まだ浅い付き合いだけに別れ話がしにくく、会っても会話が続かないことも心配になったりして、そのまま連絡しないことで自然消滅を狙う。

相手の彼女や彼氏が同じようにそのまま連絡しなければ、かなりの時間が連絡を取らない状態で過ぎていくので、結果として「友達以上恋人未満のような関係に終わる」ことと似ている。

男女は付き合うことになったからと言ってそのまま上手くいくわけでは無いし、軌道に乗せることに失敗すると、コミュニケーションが気まずくなって自然消滅することもあり得る。

音信不通で自然消滅しそうな時は、自分から連絡すること
特に付き合い立てのカップルが気を付けるべきなのだが、カップルの最初の時期に気まずい空気が流れると、連絡が途絶えがちになってしまうことで自然消滅しやすい。
LINEの既読無視やメール無視をされると連絡するのが怖くなったり、自分から連絡するのに躊躇してしまうことがあるけれど、中途半端な別れ方をしたくないなら「自分から連絡する」べきだ。
恋愛は複雑な感情がすれ違いや勘違いの原因になるため、コミュニケーションがなくなる状態が一番まずい。カップルとして付き合っているなら二日連絡が途絶えたら三日目にはとりあえず連絡を入れる癖をつけ、「どちらから」と言った発想に拘るのをやめよう。自然消滅しそうな時も、必ず一度は改めて連絡するのが正解となる。

興味がなくなった・冷めた

恋愛が自然消滅で終わるということは、愛情が一方的であった状態であることも多い。
普通は、お付き合いは二人でするものだから、どちらからともなく連絡したり、デートに誘うことで付き合いは続いていく。

そこら辺は男性がマメでないことも多いが、カップルなのに連絡が空けば、普通どんな男性であっても連絡はするはず。女性なら猶更だ。

それなのに連絡が無いということは、付き合っている恋人に興味がなくなった・冷めた可能性が出てくる。連絡が空いたのに「自分と同じほどは気にしていない」ことが疑われるということだ。

連絡が空いても気にしない理由は色々あるが、他に興味が移ることで彼女や彼氏から心が離れる場合もある。

その一部が、さきほど挙げた「他に好きな人ができた」という理由。気になる人レベルでもこういったことは起きている。他に好きな人ができた時は、相手に別れる理由が言いにくいが、自然消滅を狙うことで別れる理由を言わなくて良いことが相手方のメリットになる。

会わずに連絡も取らなければ、「勝手に諦めてくれるかな…」という心理で、敢えてコンタクトを取らないように努めるのだ。

また、ちゃんと別れないといけない関係というものがある一方で、適当な別れでも良い関係が存在することもこの部分と密接に関わる。

例えば、「繋がりの全くない合コンで知り合った関係」など、自分が自然消滅に逃げても特段のデメリットが浮かばない関係は、実際連絡がなくなって別れているカップルが多い。

そのような関係だった場合は、冷めたり興味がなくなれば敢えて修羅場を自ら作り出すより、そのまま自然消滅を狙う方が自分が傷つかない。卑怯であり、自己中心的な考えだが、実際にこういう人は存在する。自然消滅を「狙う」心理は、黒い理由もやはり多いだろう。

自然消滅を何度も経験している女性は、会いたいと思ってもらえる彼女になれるよう、下の記事も参考にしてみてほしい。彼氏が冷めてしまうのは、究極的に「会いたくない」と思われるからだ。

二度と会いたくない

愛情と憎悪は紙一重と言われるが、時にケンカがヒートアップしたり、浮気の問題が出た時などは、持っていた愛情が憎悪に変わってしまうことがある。その憎悪が「もう二度と会いたくない」という気持ちにまで変われば、そのまま音信不通にして自然消滅させてしまう。

典型的なのが、デートがケンカ別れした後に、音信不通になって自然消滅してしまうパターン。もう一方から謝られても対応すらしたくなくなることもあるし、気まずくてケンカの後に連絡できないということも考えられる。

自然消滅を狙うメリットは、会わずに別れられることなので、二度と会いたくないと思った時も、そのまま無視され続けることで自然消滅させられてしまう。

ケンカの内容や揉めた内容の大きさで可能性の高さは変わってくるが、愛情が裏返る瞬間は何が起きても不思議ではない。この瞬間だけを考えればまだ愛情を完全に失ったわけじゃないから話し合いができない状態とも言い切れないのだけど、ストレスを攻撃的に発散するタイプは時間を置いても話し合えない場合が多い。

自然消滅する理由があなたの中で明確な場合は、きちんとその理由と向き合ってから事の重大さに応じて彼氏・彼女に伝える言葉を考えないと、余計にこじれる結果となるだろう。

そもそも付き合っていなかった

下の記事は当ブログでもよく読まれている記事の一つである。

付き合っていると思っていたけど勘違いだった経験をする人が犯している決定的なミス
異性と仲良くなって、すごく一緒に居る時間が増えると、恋人同士のような感覚を覚えることがあって、付き合っていると思っていたけど勘違いだ...

今回の記事タイトルに「彼氏や彼女」という括りを設けたのは、この記事との差別化を図る意味が大きい。もし、付き合っていたと確信できない恋愛関係で自然消滅したのなら、上の記事を参考にしてみよう。

やはり、ちゃんとしたお付き合いに発展していなかった場合は、自然消滅しやすい。はっきりした言葉がない、酔った勢いだけで付き合った場合など、自分たちが本当に付き合っていたかどうかを考えるべきパターンがある。

相手の心理を考えれば、自然消滅する時というのは「別に付き合うとは言ってない」とか、「彼氏(彼女)のつもりはなかった」という理由が返ってくる可能性がある。

【対策】二度と自然消滅したくないなら

最後に「二度と自然消滅したくない」と考える人へ、その対策を紹介しよう。

今回の記事を読んでみて、いくつか気になった理由や心理があったと思うが、自然消滅するカップルの最大の理由は「関係が深まらなかった」という点である。相手はひどいことをしたのかもしれないけれど、そのまま別れることになったならあなたにも原因の一部があったと考える方が妥当だろう。

密接に関係し合うカップルは、別れるならきちんとした別れ話があるものだし、適当な関係ほど適当に別れてしまう可能性はやっぱり高い。

片思いから両想いになるときに、カップルはカップルとしての関係作りが始まるわけだが、これに失敗するとすごく短い期間で別れてしまうから、付き合うことになった瞬間から次のステージで頑張る状況になったことを自覚するようにしよう。

あなたの気持ちは伝えない限り伝わらない。恋愛は不安になったり心配になったり、複雑な気持ちがお互いに交差するから、コミュニケーションがうまくいかないと一緒にいてもしんどい関係となってしまう。

相手に求めるのではなく自分から動く。お互いに足りないところは補い合うように、自分がリードできるところはリードしてあげるように、今後の恋愛では付き合うことになったらカップルとしての関係作りにきちんと努力してみよう。

自分の恋愛がよく分からない人は下の診断をおすすめしているので、自分を客観的に見るきっかけにしてみてほしい。

相手が相当悪い人でない限り、きちんと関係作りができる人は自然消滅するような恋愛の仕方を卒業できる。もし反省する点があるなら、自分と相手の両面から恋愛の形を見てみよう。これからに活かせることがあるはずだ。

まとめ

今回は、彼氏や彼女と「自然消滅」を狙うのは何で?という疑問に答えながら、音信不通で別れる理由や心理をまとめた。

恋愛中は、なかなか客観的に自分達の関係を見ることはできないものだが、自然消滅しそうだと感じた時の状況で客観的な事実を並べていくと、相手の心理や理由への理解が少しは進んでいくだろう。

それと同時に、相手の性格や自分との関係、接し方まで客観視できれば、自然消滅を狙っていたのか、それとも行き違いで自然消滅を迎えたのかがわかるはず。

いずれにしても、自然消滅するまでどうにもできなかった、もしくはどうにもしようとしなかったのなら、列記とした「別れ」であった可能性が高い。「自分がもっとできたこと」にも向き合う必要があると思う。

今回挙げたポイントは、個別のケースに落とし込めていないので、参考にしながら自分達のことを振り返ることで理由をよりはっきりさせよう。その時は、浮かんでくる事実をきちんと受け入れることが重要になると思う。

自然消滅で終わるカップルの特徴やメリット・デメリットを知りたい人は:

>>恋愛が自然消滅で終わる時~カップルの特徴とメリット・デメリット

カップルが長続きする秘訣が知りたい人は:

>>長続きするカップルの秘訣10選~長く付き合うにはどんな付き合い方をしたらいいの?

恋愛力を付けたいと感じた人は:

>>女性におすすめの恋愛本7選~恋愛がうまくいかない人、幸せになりたい人に読んでほしい女性向けの恋愛の本

>>男性におすすめの恋愛本7選~女性の心理が分からない、モテない、恋愛経験がない人が読むべき恋愛の本