>>自分の恋愛傾向が分かるプロの診断を受けてみました

どんな共通点?居心地がいい女性の特徴を厳選9つのポイントで徹底解説!

男性が居心地がいいと感じる女性のイメージ

男性が彼女に求める条件に「居心地の良さ」がある。女性が恋愛にドキドキ・キュンキュンを求めるのと少し違って、男性心理を象徴した一つの視点だ。

もちろん女性との共通点も多数存在する中ではあるが、男性が彼女にしたい女性の特徴に「居心地のいい女性」を挙げる声はそう小さいものではない

しかし、実際「男性が居心地の良い女性とはどんな女性か」、なんとなくしかイメージのできない女性は多いのではないだろうか。

この記事では、そんな女性に「男性が居心地の良さを感じる女性の特徴」を9つのポイントで徹底解説する。

居心地のいい女性の共通点を知って意識すれば、あなたの恋愛がもっとうまくいくはずだ。

スポンサーリンク

居心地のいい女の特徴① 感情的になることが少ない

男性と女性を比べたとき、女性の方が感情表現が豊かなのは性別的な特徴である。ぶっきらぼうな男性に対し、女性は気分がわかりやすい

当然そこは男性から見たときの女性の魅力になっているところだが、特徴を短所に感じる女性のタイプが「頻繁に感情的になる女性」だ。

男性が居心地のいい女だと感じている時は、そこに安心感を感じていることになるが、感情的になる瞬間が多ければ多いほど、安心感を抱くこととは遠ざかる。

ヒステリーに代表にされるように、悪い感情を表に出し易い女性に男は居心地の良さを感じない。どちらかというと、彼女のご機嫌取りをずっと気にしていないといけないから、男性からすると居心地が良いとは感じないのである。

好きだったらワガママ彼女でも可愛く見えることは否定しないが、彼女の感情の起伏に振り回される感じになればいずれ彼氏は疲れるだろう。居心地の良い女性であればむしろ彼氏のことを気遣うような行動や態度が増えるので、差は歴然としている。

特に男性は性別的に感情的になって騒ぐことが少ないので、「女が面倒くさい」というタイプの中にはここが気になっているケースがよくあるのだ。そんな男性は、「女性はすぐ感情的になるから面倒くさい」と話す。

感情表現が多いことは女性として魅力的であるため、余裕がなくなった時の態度に気を付けて彼氏と接するようにすれば、居心地の良い彼女とのイメージをもってもらえるはず。彼氏が感情的にならないタイプであったならなおさら気を付けたいポイントだ。

男性が女性にアタフタしなければいけない時、やはり内心で「面倒臭い」と感じていることは多い。

居心地のいい女の特徴② 自分の意見を持っているが、普段は一歩引いている

プライドを大事に生きる男性は、やっぱり立ててくれる女性が好みのタイプである。そこら辺を上手く立ち回れる女性には、器量の良さを感じることが多い。当然、居心地の良い女性の特徴と言える部分だ。

加えて、何かを決める時にはちゃんと自分の意見が言えるのもポイントで、ただ引いている性格ではなく、思いやりや気遣いから男性を立てるタイプの女性が居心地が良い女性だ。ここは女性の印象に大分作用するので、男性が気づきやすい共通点。

そういう意味では男性のことを理解している女性が居心地の良さを感じる女性と言えるかもしれない。

ガンガン主張するタイプの女性がモテないのは周知の通りだろうと思うが、かと言って聞いても答えてくれない女性でも困ってしまうので、バランス的に「少し引いている」くらいが居心地のいい女の共通点である。

相手の男性の性格次第でバランスの微調整までできると、完璧な彼女のイメージとなる。

居心地のいい女性の特徴③ 世話焼きだがお節介はしない

ダラしない男性が多い中で、適度な世話焼きの女性は居心地の良さを感じる女性の特徴だ。男性の本音で言えば、女性らしい細やかな配慮は彼女に求める一つの魅力だと言える。

注意点は、見出しにも挙げている「お節介」とのバランス。彼氏のために献身的に何かをしてあげたいという気持ちで行うのであればほとんど問題ないのだが、「私がしっかりしないと!」って気持ちで押し付けるような世話焼きになると、彼氏に嫌がられる女性のタイプになってしまうから気を付けよう。

女性の母性本能からくる愛情で彼氏の世話を焼ける女性は結婚相手としても理想なので、「奥さん」にも選ばれる女性になれる。あくまでも「愛情の表現方法」として彼氏の世話を焼くと居心地の良い女性に見られそうだ。

何かしている内に彼氏に文句も言いたくなるが、そこまでになってしまうと「別に何もしてくれなくていいから」と、距離を取られてしまう。彼氏のリアクション次第でリバランスするのが居心地のいい女になるコツ。

恋愛関係の維持は絶対なので、本当のお母さんみたいになるとアウト。フォローするようなイメージで「ありがとう」と言ってもらえる彼氏の構い方をしよう。

居心地のいい女性の特徴④ 悪口を言わない前向きな女性

裏表のある女性は9つの特徴で見抜く!男の前で態度が変わる女とは?
あなたは、裏表のある女性を見抜くことは得意だろうか。 案外男の前で態度が変わる女は多くて、それを気付けずに付き合ってしまうと、苦労するのは彼氏にな...

男性同士で話しているとあまりグチの言い合いになることが少ないこともあって、男性は悪口をよく言う女性とは感性が合わないとよく感じる。友達同士での会話で長時間に渡って悪口を聞くことがほとんどないから、もし彼女にそうされたら苦痛に感じ易いのが男性心理である。

理想的には、自分に嫌なことがあっても笑顔で包んでくれるような女性に男性は居心地の良さを感じるから、悪口を言わないのが居心地のいい女性の特徴だ。

また、グチを言ったとしても最後は前向きな言葉で終わることも大切なこと。女性は「聞いてほしい」という心理が強いから、「グチを言っちゃいけない」と思うとお付き合いが途端にしんどくなる。

そうじゃなくて、彼氏の気持ちを考えることが大事だし、適当なところで切り上げて前向きな話にしたり、彼氏の話を聞いてあげて支え合う関係を作ることも大事だ。居心地のいい彼女は、お互いで支え合う付き合い方ができているのが共通点。

普段はやせ我慢することの多い男性に取っては、「外に吐き出して終わり」って感じの話が苦手なので、少し感性を寄せてみると居心地のいい女になるかと思う。

なるべくどんな時も、相手と自分の両方を意識できる女性が「居心地のいい女」となる。

居心地のいい女性の特徴⑤ オンとオフが使い分けられる

居心地の良さを表現する時、無言の時の雰囲気を重視することは男性によくあることだ。ずっと話をしていないと落ち着けない関係は男性があまり好まないところがあって、彼女と一緒にいるからこそゆっくりしたいという心理も強い。

他愛もない会話が嫌いということも無いのだが、黙ってゆっくり流れる時間に癒しを感じることは男性の感覚的に多い。空気を読めるのが居心地のいい女の共通点である。

全てを男性側に合わせる必要はないものの、やはり空気を察して「オン」と「オフ」を使い分けられる女性は、居心地の良い女性の特徴だ。はしゃぐような会話で楽しく一緒に居られるし、ゆっくりしたいときは寄り添ってくれるような落ち着きある空間も作れる。そんな彼女とはずっと一緒にいたいと思わせてくれる。

気遣いをできることと似ている気もするが、男性が黙っている時にどんどん自分の話をしてしまう女性は、少し控えた方が良い場合もあるので、注意が必要かもしれない。彼氏の態度から「今求めているもの」を少し考えることができると、接し方が変わってくるだろう。

居心地のいい女性の特徴⑥ 素直で甘えることができる

男女は、お互いで考えていることの全てをわかり合うことができないところがあるので、素直さはとても重要。特に「愛情を伝えること」を大切にする女性は、関係作りがうまくて居心地の良い女性だ。

「何で分かってくれないの!」ってなる気持ちはお互い様であり、不機嫌になって嫌な気持ちほど伝えようとする態度は、居心地の悪さに繋がる。

また、「甘えられる」ことも居心地のいい女の特徴を考えた時は重要だ。彼女という意味でも恋愛の意味でも、甘えられるのは女性の能力の一つとさえ思うことがある。

適度に甘えることができる彼女は、気取った感じを受けないし、心を開いていないとできないことでもあるため、愛情を感じる。男性に取って彼女からの気持ちが伝わる分かり易い態度となるのだ。

彼氏だけに拘らず、素直に甘えることのできる女性は友達としてでも居心地がいい。

頼りがいのある男は男性の憧れでもあるため、甘える女性はそこを刺激しているところがあるし、女性の可愛らしさが自分を癒すことに繋がっているのだろう。

好きな人と親しくしているなら、ぜひ素直になって愛情表現として甘えてみよう。強がりは反発した態度になることもあるから、居心地の良さとしては結構正反対に分かれている。

居心地のいい女性の特徴⑦ 気持ちが返ってくる男性と付き合い、都合のいい女にならない

居心地のいい女性と言うのは、男性の希望を叶えるだけの存在ではなく、男性がずっと一緒に居たいと思う女性なので、好きな人から受ける愛情の量はむしろ大きい。気持ちが返ってくる男性と付き合い、都合のいい女にならないのが特徴になっていて、男性からは大切に扱われる。

都合のいい女は男性が自分勝手に扱うので、居心地のいい女性とは全く違う存在だ。前述した通り「自分の意見を持っている」のも特徴だから、男性がひどい扱いをするなら自分から離れていく。思いやりを持って接しても相手が思いやりを返さないなら、付き合うことはない。

男性が居心地の良さを感じる女性は確かに「都合のいい女」になってしまうリスクがあるのだが、本来居心地のいい女性と言うのは離したくない女性であり、素敵な男性と恋愛すれば他の女性より大切にされるもの。大切にしない時点で深く付き合うべき相手ではないから、流されることなく自分から離れていくのが正解。

居心地の良い女性は男性から人気の女性になるので、男性に媚びる女性とは違う。恋愛テクニックで男性を落とすようなイメージとは違っているので、勘違いしないように注意しよう。

居心地のいい女性の特徴⑧ 自然体で接して、ウソで盛らない

自分が自然体で居られる相手こそ居心地の良さを感じるものだが、この空気作りが上手い女性は間違いなく居心地のいい女性だ。そんな女性は、自分から自然体で接することができていて、嘘で盛ることがないという特徴を持っている。

ここを読んだ女性は、「自分に自信がないとできない」という感想を持ちそうだが、この特徴が際立つ女性は意外と地味なタイプの女性が多くて、飾らない雰囲気を持っている。素直さが雰囲気に出ているとも感じる部分だ。

気になる人ができたり、好きな人ができると、ついつい自分をより良く見せようと背伸びしがちだが、少なくても仲良くなってきた段階からはなるべく自然体に近づけるような努力をしたい。付き合う前の緊張感は恋愛に必要なものなのだけど、息が詰まるような雰囲気を作ると「居心地が悪い女性」との印象を持たれる

男性にはプライドの問題で盛るタイプが多いのは事実だと思うが、だからと言って男性から見た「盛る女」は非常に評価が低く、虚勢を張る態度に居心地の悪さを感じる。意中の男性に自分の見せ方を工夫することは大切なポイントに違いないが、あざとい女のイメージになってしまうのは注意しよう。

居心地のいい女性の特徴⑨ 一緒に居て疲れない、求めすぎない女性

男性は居心地のいい女性とはずっと一緒に居たいと思う。それは、文字通り「長時間一緒に居たい」と思うことも表すわけだけど、理由は「一緒に居ても疲れないから」だ。

その一緒に居ても疲れない女性の代表的な特徴は「求めすぎない」ということ。どちらかと言えばギブアンドテイクの「ギブ」に寄っていて、男性が「楽しませないと!」とか「機嫌は大丈夫かな?」と思わず、リラックスして一緒に居られる

付き合えば長く一緒にいる時間もできるのだけど、ここに対策したい女性は、「一緒に居て疲れる女性にならない」ことが重要。下の7つに当てはまらないように注意してみよう。

  • わがまま
  • すぐ泣く
  • 共感より反発が多い
  • テンションが高すぎる
  • 詮索する
  • ネチネチ責める
  • 思い込みが激しい

簡単に言えば、相手のことを考えずに自分勝手に振舞う女性は一緒にいて疲れる女性だ。居心地のいい女性になりたいと思っていれば大半は防げるので、この記事で得た学びをどんな形であれ表現したいと思っている女性は大丈夫だろう。

友達関係と違い、男女の恋愛関係はずっとゲラゲラ笑うような会話の雰囲気がなくてもいいので、落ち着いた雰囲気の会話を楽しめる余裕を持とう。恋愛力が低く、恋愛的にコミュ症の女性ほど、好きな男性に落ち着ける雰囲気を提供できていないとよく感じる。

恋愛すると頑張りすぎてしまう女性は「居心地のいい女性ってどんな女性だろう?」と思いを馳せるだけで変わってくる部分があると思うので、大人な恋愛にチャレンジしてみてほしいと思う。

男性が居心地のいい女性と一緒に居ると「しっとりした雰囲気」になるから、「居心地のいい女になろう」とすることは、いい雰囲気になっていくのにも有効な雰囲気作りの方法となる。

まとめ

今回は、「男性が居心地の良さを感じる女性の特徴」を9つのポイントで徹底解説した。居心地のいい女になるために参考にしてもらえたらと思う。

結婚を考える場合はもちろん、長く幸せに付き合う本命の彼女になるためにも、居心地のいい女になることは恋愛する上で重要なことだろう。

全てを網羅する必要はないので、少しでもそれに近づこうとする努力ができれば、きっと素敵な彼女になれるはずだ。

幸せになりたいと思う女性で恋愛が上手く行っていない場合は、下の記事もぜひ合わせて読んでみてほしい。

女性が恋愛する上で注意したい関連記事:

タイトルとURLをコピーしました