女性が彼氏や好きな人に嫉妬している時の態度と特徴

女性が好きな人に嫉妬しているイメージ

女性が好きな人や彼氏に嫉妬している時は、男性に比べて態度に出やすい特徴がある。
女性の扱いに慣れている男性は見抜くのにそう難しい印象はない。

嫉妬している時は何かしらのサインをついつい出してしまうのが女性である。
やせ我慢をする男性と比べた場合、女性らしい特徴と言えるだろう。

しかし、恋愛経験が少ない男性や女性慣れしてない男性は「女性が好きな人に嫉妬している時」が分からないことも多くなっているのではないだろうか?

そこで今回は、「女性が好きな人や彼氏に嫉妬した時にどのような態度を取るか」をまとめる。彼氏の立場なら彼女を怒らせないように対処をするために、まだ片思いの男性は脈ありサインとしても活用するために、参考にしてみよう。

スポンサーリンク
記事下アドセンス

嫉妬に関する男女の違い

男性が嫉妬した時の態度は関連記事で一度まとめている。

見出しだけ引用しよう。

急に黙り込む
話しを変える
自分が同じことをしても平気か聞く
他のことでキレる
こぶしを握る
自分の話をしなくなる
(男性が嫉妬している時の態度や特徴より)

男性が嫉妬した時は、直接的よりも間接的な形で態度に出る傾向が見える。

男性が嫉妬している時は、なるべく隠そうとすることが増え、やせ我慢をする傾向が強い。
嫉妬はカッコ悪いと考え易いし、大きな男でいたい男性心理も影響している。

しかし、女性の場合はここら辺がストレートになり易い。男女で「嫉妬している時の態度」が違うので注意しよう。

一方、女性は嫉妬していることがどうかと考えるよりも、感情表現を行動面に出し易いのが男性の差として大きい部分だ。女性の嫉妬は、解決を図ろうとしたり、愛情を確認したりし易い。相手男性の行動や態度には敏感に反応するのが恋愛しているときの女性心理である。

面倒臭い男性特有のプライドが邪魔しないのも、女性に嫉妬が素直な行動や態度に現れる理由と言えそうだ。

前提になることなので、押さえておこう。

それでは具体的な好きな人や彼氏に嫉妬している時の女性の態度をまとめていく。

女性は、嫉妬の対象について質問が深くなる

女性は嫉妬している時、その対象について質問が深くなる。
要は、アレコレと詮索してくることが増えるということ。
嫉妬しているのだから、決して聞きたいことではないのだが、気になるし不安だから深い質問をしてくる女性が多い。

特に彼氏に対しては、安心できるまで質問を繰り返す場合もあるので、嫉妬した原因によってはよくケンカの原因になる。

片思いの好きな男性に対して嫉妬している時は、もちろん隠そうとする場合も増えるのだが、関係性によっては「確認する」質問をする女性は案外多かったりする。探り探りする会話もその範疇なので興味の度合いで判断しやすいだろう。

女性の方が嫉妬している時は態度に出やすい。

愛情を試すように甘えたりわがままになったりする

女性が嫉妬している対象は、「嫉妬してはいけない対象」にも及ぶことがある。
納得できるのかは別として、例えば好きな人の友達に嫉妬したりした時などはストレートな敵ではないため、怒るよりもすねるような態度になる。

そんな時は、べったり甘えてきたりわがままになって、愛情を試すような態度を取る女性が多い。

女性の嫉妬は、対象が色々なものに向かうのも特徴なので、好きな人や彼氏が他の女性に取られてしまう危機感を覚える以外にも嫉妬するし、そんな時は愛情を確認したくなることが多くなる。

甘えられることは男性があまり悪く思う態度では無い気がするが、わがままはちょっと厄介に思う男性が多いだろう。
もし、彼女の嫉妬が原因でわがままを言ってきているなら、対処を間違えると完全にケンカに発展する。

女性の嫉妬している時の態度や特徴を知ることで女性の扱い方が上手くなるのは「適切な対処ができるから」である。嫉妬が原因の時は愛情表現をしてあげよう。

不機嫌な態度

「不機嫌な態度」は、女性が嫉妬した時と男性が嫉妬した時の差として大きい部分。
男性は内に押さえながら嫉妬を処理しようとするのに比べて、女性が嫉妬した時は攻撃的になることが増える。
同じ内容で嫉妬している時などは、この傾向が顕著になる。

わがままはあくまで彼氏や好きな人の愛情確認が主な目的だから、対処を間違えなければ大きな問題にはならないが、嫉妬によって抱えたストレスを発散する時は男性側の対処にあまり影響を受けず、彼女の感情次第で問題が大きくなる。

特に男性側が彼女の嫉妬に納得できていない時は、彼女の不機嫌が理不尽に映って、同じように態度が硬化し易い。嫉妬させないようにすることも重要になるのは言うまでもないこと。

不機嫌になった理由を隠すよりも、主張することも多いので、もし嫉妬によって不機嫌になったのなら同じ理由で嫉妬させないように対処したい。

その方法は彼女が教えてくれるが、実行できるかどうかはかなり怪しい。
どうするべきかは、一度考えてから話した方が良く、適当な返答は時に逆効果になるので注意が必要。

嫉妬の原因が長期化するパターンに入ると、彼女の機嫌を直すのは本当に骨の折れる作業となる。

落ち込むことも

自分に自信がない女性や、彼氏・好きな人の愛情に自信が無い場合も、時に攻撃の真逆である「落ち込む」という態度を嫉妬した時に見せる女性もいる。

嫉妬がストレスになった場合は、外に発散するのが得意な女性の特徴が見える一方で、最終的に好きな人の愛情が欲しい女性としては、ストレスよりも落胆することもあるのが事実である。

気持ちのバランスがカップルで崩れていて、彼女の方の愛情が強く、それを本人が自覚している場合などに起こり易いし、片思いの時も同様。

感情を表に出し易いのが女性の特徴なので、落ち込んだような態度を取った時はその原因が嫉妬ではないかと疑ってみるのも大切になる時がある。

彼氏の立場ならちゃんと愛情表現するべきタイミングになるし、まだ付き合う前なら思い切った言葉が言えないまでもフォローしておく方が良い。

女性の性格や関係性、直近の状況によっては、テンションを急に下げて落ち込むことも、嫉妬している時に起こり易い。

付き合っていない好きな人への嫉妬はアピールの動機に

まだ付き合っていないのなら、男性のライバル関係に比べて、女性のライバル関係の方が直接争うことが多い。

好きな人に嫉妬した時に、アピールの動機になるのは女性ならではかもしれない。

以下のような態度はまだ付き合っていない女性が嫉妬した時に取り易い態度なので、押さえておこう。

  • 他の女性の評価を落とす発言
  • (好きな人と)仲良いアピール
  • ライバルに見せつけるような態度

パターンはもう少しあるだろうが、女性の同性に向けられる恋愛的な競争意識はかなり高い。

本格的に争うかどうかは、状況とその女性の性格次第であるが、男性は短距離走のようにレーンに分かれて争う傾向があるのに対し、女性はビーチフラッグのようなノーレーンで争うようなところがあるので、違いを把握しておくと面倒から回避できるだだろう。

嫉妬を原因とした恋愛アピールは、ちょっと距離を空けて対処した方が板挟みにならない。

女性の嫉妬は「表情」に出やすい

ここまでで何度も「女性の嫉妬は分かりやすい」と言ったが、それは表情一つ取っても言えることで、ネガティブな印象の表情へ「変化」した時は嫉妬も原因究明のヒントになることがしばしばだ。

女性は、嫉妬の感情をプライドで隠すわけじゃなくて「本心を知られたくない」という気持ちで隠す。だから、表情が曇った時や笑顔が急に消えた時はそこから次の行動がどんな形になるにせよ、一定のリアクションがあったと判断するべき。嫉妬を隠さないタイプも多い一方で、嫉妬を隠そうとするタイプにはこんな見抜き方が有効だ。

男性と比べて女性は表情で感情を表現する力が高いため、男性を見ているよりも女性の方が「違和感」を感じやすいはずだ。嫉妬した気持ちを表現する女性はここまでの態度や特徴を参考に、隠すタイプは隠そうとするまでの一瞬の「表情の変化」を参考に見抜いてみよう。一瞬と言っても会話しているなら気づくレベルだから、そう難易度が高い話はしていない。

恋愛経験が普通から多い人向けになるかもしれないけど、意識していると感情の動きは分かりやすいと感じるはずだから、ポイントとして捉えてみるといいだろう。

まとめ

今回は、女性が彼氏や好きな人に嫉妬している時の態度と特徴についてまとめてみた。

女性の性格を前提にするべきだが、既に付き合っている彼女が嫉妬している時は、かなり分かり易い態度を取ることが多いので、放置して問題が大きくなる前に対処を考えるべきだろう。

まだ片思いで付き合う前の女性が嫉妬している時は、当然気持ちがバレないように隠そうとする場合も多くなるが、もし関係が進んでいて付き合う直前であれば、男性よりも女性の方が嫉妬していることを態度に示してくることが増えると思う。

女性は、考えていることを隠すのも上手いが、感情を表に出そうとする心理は強いので、今回の内容を把握することで女性の嫉妬に気付き易くなるはずだ。

嫉妬した女性は時に怖い存在なので、鈍感な男性は彼女のサインを見逃さないように気を付けよう。

関連記事: