気になる女性や好きな女性の彼氏いない歴を男性は気にするのか

彼氏いない歴を男性が気にするのか考えている女性のイメージ

女性の「彼氏いない歴」に関する質問は、男性との恋バナでよく話題になる。
適当な男性に聞かれたなら女性も適当にリアクションすれば良いけど、気になる男性や好きな人から聞かれたら、あなたは何て答えよう?

「彼氏いるの?」
「どれくらい彼氏いないの?」
これらの質問は、まだ仲良くなる前でも踏み込んでくる男の人はいて、特に男性としても気になる女子の恋愛事情は余計に気になるから、つい質問してしまう事柄だったりする。興味のない女性にも質問するけど、やっぱり気になるのは恋愛対象の女性。

そう考えていくと「彼氏いない歴」に関する質問は、答え方が意外に大事で、でもかと言って女性は自分のパーソナルな情報への質問だから、「相手の男性がどう思うか」と「自分の恋愛事情に関する情報をどう表現するか」で揺れて、戸惑うことも少なくない。

そこで今回は、「気になる女性や好きな女性の彼氏いない歴を男性は気にするのか」という質問に解答を示したい。「男性は女性の彼氏いない歴をどう思うの?」って疑問に思う女性は参考にしてみよう。

スポンサーリンク

彼氏いない歴に関するアンケートの結果

マイナビのアンケートによれば、気になる女性の「彼氏いない歴」が気になるか?との質問に、24%の男性が「気になる」と答えている(参考:男のホンネ。ぶっちゃけ、気になる異性の「彼氏いない歴」って気になる? | 「マイナビウーマン」)。

ざっくり4人に1人程度のレベルであることを考えれば、多くの男性がそんなに気にしていないと表現できるだろう。

私がこのアンケート結果を見た時の印象は「案外少ないな」という感じだった。
「彼氏いない歴」という言葉そのものにどれだけ重きを置くかで変わってくるように思うが、気になる人の恋愛に関する近況はもう少し気になってもいいなのかなという印象。

彼氏いない歴に関する質問の答えは、この結果を見るに、どんな答えでも良いということになるだろうか。

4人に3人が気にしないのだから、正直に答えても良いということになる。
では、なぜこんな質問があるのだろう?

次に、彼氏いない歴を聞く男性心理に迫ろう。

気になる人の「恋愛事情」はやっぱり気になる

恋バナはその深度によって、結構微妙な空気を作ることがある。
その人の恋愛に関する話しは、かなり個人的なものだ。

しかし「彼氏いない歴」くらいなら、そんなに気にしないで聞ける。
「彼氏いるの?」って言葉の延長線上で、次に選ばれる質問のイメージがある。

気になる人のことは、どんなことでも気になるものだが、恋愛の近況はその最たるものだろう。好きな人や気になる人のことは何でも知りたいが、恋愛事情に関してはストレートに気になる人が多いはず。

彼氏がいると分かれば、好きにならないようにする人だって多くいる。

女性の中には、興味のない男性には「彼氏いるよ」って答える人もいて、要は「私に異性として興味を持たないでください」ってサインに使う人もいるくらいだから、「彼氏いない歴」に関しては、正直に答えないといけない質問ではないだろう。

「しばらく」とかで良いので、気になる男性に彼氏いない歴を聞かれたなら、流すよりは曖昧にでも答えた方が良い。

彼氏持ちの女性を恋愛対象に見る人は、少数派だ。
あなたに取って可能性のある男性に聞かれたなら、彼氏持ちに思われないように配慮した方が無難な答えになる。

気になる女性の「彼氏いない歴」は、短いよりは長い方が嬉しいかも

アンケートの記事によれば、彼氏いない歴が短い女性を敬遠したいという男性の意見が紹介されている。過去の恋愛が多い女性を嫌う男性心理が出ている部分だろうか。

個人的にこの意見に対する理解はあるが、彼氏いない歴で恋愛のアクセルとブレーキを操作する男性をあまり知らない。

では、もう少し「彼氏いない歴が短い女性の印象」を深堀していこう。
男性は、どんな感情が芽生えるだろうか。

まず、直近の恋愛からまだ時間が経っていないなら、「復縁」の問題や「切り替え」の問題はクローズアップされる。

別れのきっかけが振ったのか振られたのかは置いておくとしても、「失恋直後だから落とし易い」と考える割合より、「できれば、過去の恋愛が清算完了している女性の方が良い」と考える人の割合は高いのかなと思う。

彼氏いない歴が短いよりも長い女性の方が嬉しいと思う男性の割合は高そうだ。

有名な男性心理の中に「好きな女性の最初の男性になりたい」という気持ちがある。
対して女性は「好きな男性の最後の女性になりたい」。

当然、全ての男性に当てはまるわけではないのだが、これを勘案すると、最近の恋愛から間が無い女性よりも、時間の経っている女性の方が、気になる男性が予想する彼氏のトータル人数も少なくなって良い印象を持つ可能性が高いため、相対的な競争力は高まると思われる。

女性の中には、彼氏いない歴が長いことが自分の魅力の無さをアピールしてしまっているようで気になる人もいるかもしれないが、異性として意識している人には「しばらく」くらいの中期的なイメージで伝える方がいいかもしれない。

これは、次のトピックでもう少し説明する。

好きになったら、女性の彼氏いない歴はほとんど関係ない

恋愛に注目しても、過去は過去である。

彼氏いない歴を聞いてどんな答えが返ってこようが、今現在彼氏がいないなら、ほとんどその恋愛に影響はないだろう。気になるのはとっかかりのところで、出会ってから間もない状況が一番イメージに近い。好きになった後では恋愛そのものへのストレートな影響はほぼ無いと考えて良い。

経験人数は少ない方が好みである男性は多いのだが、好きになったのならそれも問題でなくなることも多い。(常識的な人数の場合)
恋愛感情はもう少し自然発生的なものである。

ここで問題となるしたら、答えの曖昧さだと思う。
「彼氏はいない。でも彼氏いない歴は微妙な答え」

気になる人に、こんな印象を持つ「彼氏いない歴の答え」があったのなら、
「元カレと切れてない?」
「友達以上恋人未満みたいな人がいるのかな?」
と思われる可能性を残してしまう。

確信まで至らないまでも、疑念は湧く可能性があるのかなと思うところ。プラスかマイナスかを言えば、曖昧さがマイナスへ作用すると思われる。上で紹介した男性の疑問は、実際に起こり得る状況である。

期間をはっきり言ってしまうことに抵抗があるなら、先程から言っているように「しばらく」とかぼかしながらで良いので、誤解させるような返答を避けておく方が無難な答えだ。

恋愛するときに相手へのイメージは大事なものであるため、曖昧にするべきところと曖昧にして誤解されるのを防ぐべきところがある。今回の件では「今は特に問題なくフリーですよ」という意味の言葉を、恋愛対象としてみてもらうために織り交ぜたい。

最後にもう一つトピックを出そう。

過去の恋愛遍歴を聞きたくない人もいる

好きな人の過去の恋愛は過去である一方で、聞かされると胸はざわつく。
自分の過去の恋愛話を聞かれてもないのにアレコレしゃべるのは副作用が大きいだろう。

聞きたくない話として上位にくるのが「元カレの話」だ。
しかし、これに矛盾するように「どんな彼氏だったの?」とか「何で別れたの?」なんて質問が来る場合も多い。

気になる人のことだから、つい深堀したくなるのだが、聞いた後で後悔することも多かったりする何とも微妙な話題。期待する答えがそれぞれあるのかもしれないが、それを予想して答えるのは至難の業。だからと言って、正直な答えが正しいとも思えない。

付き合ってからこのような会話になったのならまた話は別だが、まだ付き合っていない状況なら、「彼氏いない歴の話」から派生する質問は、聞かれても詳しく話さなくていいかなと思う。

グチれば悪い印象を持たれそうだし、褒めれば現在の気持ちを疑われる。

質問返しで逃げるか、思い切って話題を変えてしまっても良いかな。
見たくないけど、覘きたい心理に似ている。

過去の話だからと言って、気にしないことも問題があるので注意だ。

まとめ

今回は「気になる女性や好きな女性の彼氏いない歴を男性は気にするのか」についていくつかの角度から考えてみた。

アンケート結果でも示したように、気になる女性の彼氏いない歴が気になる男性の割合は4人に1人程度であるため、気になる男性は少数派だ。

嘘をついて信用を失ったりする方が不味いと思うので、期間をそのまま言わずともぼかしながら答えておこう。

あくまで過去は過去。
現在への影響があるように思われないことと、過去を深堀してしまって墓穴を掘らないように気を付ければ良いと思う。

関連記事:

友達男性の心理と特徴モテない女性
スポンサーリンク
Brightfutureをフォローする
自分の結婚できる確率を理解する

結婚を具体的に考えるべき年齢は意外と若いって知ってましたか?結婚したいと思っている人は、自分の年齢によって変化していく「自分が結婚できる確率」を正しく理解しておくことが重要なんです。
下の記事では、総務省の国勢調査から年齢別・男女別に結婚できる確率を算出して、考察をまとめています。
後悔しないように、今の自分の結婚できる確率がどのくらいなのか把握しておきましょう。

スポンサーリンク
恋愛のすべて
タイトルとURLをコピーしました