「友達でいよう」と振る人の心理~片思いの告白と付き合っているカップルの別れの場合でそれぞれ考える

友達でいたいと言われた人が相手の心理を考えているところ

告白した時や別れる時、「友達でいよう」と振る人がいる。

好きじゃないなら付き合うことができないのは当たり前だけど、スパッと関係を絶って関係ない人になるより、友達でいたいと願うこんなタイプの人は、実際に一定数存在する。

「付き合えないけど友達でいたい」
「別れた後も友達でいよう」

私も好きになった人から過去に何度も色々なセリフで、友達でいよう、友達でいたいと言われたことがある。

しかし、友達でいたいと言われた人は、自身の恋愛観によって「振られ方」として納得できない部分があると思う。振ったのに友達でいようと言う人は、一体どんな心理でそんなことを言ってくるのか、意味が分からないと思う人もいるだろう。

どれだけ告白の成功率を見積もっていたかを問わず、気持ちを伝えた上で振った後も友達でいようと言われると、思うところが色々ある状態だ。特に「友達でいよう」と振る相手の心理は気になる。

加えて、カップルの別れ方でも度々使われる言葉なので、片想いの時だけ向き合う言葉ではないところも問題だ。彼氏や彼女から友達でいたい、友達でいようと言われた人は理由だけじゃなく、その後の接し方も気になると思う。

そこで今回は、そんな「友達でいよう」「友達でいたい」と振る人の心理を、片思いの場合と付き合っていたカップルの場合でそれぞれ解説して、友達でいたいと言われた後の接し方も解説する。

告白した時、又は別れ話をされた時、「友達でいたい」と言われた人はぜひ参考にしてほしい。

  1. 友達に告白された時に「付き合えないけど友達でいたい」と本気で思う人はいるのか:本心を見抜く方法
    1. 友達でいたいと言われた時、本気か嘘かの判断基準
    2. なぜ好きな人から友達でいたいと言われたのか(本気で友達でいたいと思われる構造的理由)
  2.  「友達でいよう」と振る人の心理(片思い編)
    1. 告白をされた人が相手を振る際は、「友達を失うリスク」にさらされる。だから、友達として大切な人には友達でいたいと言う
    2. 周りとの関係を考慮して「普通にしてほしい」と思って、友達でいようと言う心理
    3. グループ内恋愛だった場合は、グループを壊したくないから友達でいようと言ってくる
  3. 片思いの時に「友達でいようね」と振る相手の問題点:付き合えないけど友達でいたいは、都合が良すぎる気持ち
    1. 友達でいたいと言われると、振られる側の人はつらい
    2. 重い雰囲気ではなく、軽い雰囲気で友達でいようねと言われた時は、言いたいことを言った自分が今後の関係性を選ぼう
    3. 告白して振られると傷ついた方は振られた側だから、振った側がせめて相手のためにできることは「今後の接し方」でこれ以上傷つけないこと
  4. 別れ話で「友達でいよう」と振る人の心理(カップル編)
    1. 付き合ったばかり(付き合い始め)に友達でいたいと別れる場合の心理
    2. 彼氏や彼女に、別れた後も友達でいたいと言う心理には「完全に冷めたから」という心理が含まれる
    3. 気まずい別れ方をしにくい関係では、友達でいようと約束しないといけない場合がある
  5. 「友達でいよう」と言った好きな人の真意を知るには
  6. 友達でいたいと言われた後の接し方
  7. まとめ

友達に告白された時に「付き合えないけど友達でいたい」と本気で思う人はいるのか:本心を見抜く方法

告白して振られた時、好きな人から友達でいよう・友達でいたいと言われると、まず直感的に思うのは、好きな人が「付き合えないけど友達でいたいと本気で思っているのか」ということである。

片思いの状態で好きな人から友達でいようと言われた時は「社交辞令の意味」だったり「ただの気遣いの言葉」の場合もあるから、対処法の前に友達でいたい気持ちが本気かどうかが気になる。

嘘だったのなら意味がない言葉になってしまうから、まずは好きな人の振るセリフが本気だったかを見抜く方法について理解しよう。

友達でいたいと言われた時、本気か嘘かの判断基準

告白を振られる時の「友達でいよう」という発言は、風邪をひいた時の「お大事にね」と似た意味で “添えられる” ことがあるけど、「友達でいたい」と訴えるような言い方をされた時は、今までの関係を壊したくないと本気で思ってそう言っている。

冷たい言い方だったら社交辞令の可能性があるものの、感情的だったり、自分の本心を訴えるような気持ちがこもった言い方をされたなら、「人として好かれていた」のは間違いない。

冒頭から、私も好きだった人から友達でいたいと言われた経験が何度もあると言ったが、軽く言われる時は社交辞令の意味だった一方、気持ちがこもっている時ほど、「友達でいてほしい」「(良い意味で)本当に友達のままがいい」と思われていたし、自分が言う時も同じ法則が働いていた。

友達でいよう、友達でいたいと言われた時は、その言い方の温度感でまず本気かどうかを判断し、その後の態度で真意を探ると勘違いしない。

振った人と友達でいたいと思うことは実際にあるから、振られた後も友達でいたいと思ったら、後半で解説する「友達の戻り方」を実践しよう。もちろん、友達ではいられないと思ったら、断ることも普通にあり、選ぶ権利は「振られた人」にある。

なぜ振られた方の人が「振られた後の関係」を選ぶ権利があるのかというと、相手に対して恋愛感情を持ち、その気持ちが叶わなかったからだ。「付き合えないけど友達でいたい」という気持ちは振られた人からすると「振ったくせに…」と思うわがままな気持ちなので、無理なら無理と言うことはできる。

なぜ好きな人から友達でいたいと言われたのか(本気で友達でいたいと思われる構造的理由)

好きな人から友達でいようと言われた時、本気で友達でいたいと思われてることもあるわけだが、その理由は片思いした時のアプローチの仕方に構造的な原因がある。

もちろん、あなたのアプローチが悪いことも問題になるのだが、それ以上に「恋愛した時の構造的な問題」が友達でいたいと思われた大きな理由になっている。

どういうことか説明する。

誰かに好意を持つと、人はまず好きな人の仲がいい友達になろうと頑張る。その結果、二人の接触の機会が増えると、想いがあるからこそ良好なコミュニケーションができることもあって、Aさんは恋愛アプローチの一環だと思っていても、相手であるBさんは「よく話しかけてくれて共感してくれる友達」だと思いながら二人は仲良くなる。

この “二人の関係性への意識の違い” が、告白した時に友達でいようと言われる、友達でいたいと言われる最大の理由だ。自分は好きだから仲良くしていたけど、相手は気が合う友達だと思っていたから、告白されると「友達でいようよ」と振りたくなる。

恋愛経験が少ない人ほど、片思いした時に好きな人に対して恋愛の雰囲気を出さないで、好きな人にとって良い印象の人を半ば演じながら接するので、せっかく仲良くなっても友情の意味と捉えられやすい。

だから、告白した時に友達でいたい、友達でいようと言われるのだ。好きな人はあなたの行動や態度をアプローチだと思わなかったから仲良くしていたか、もしくは恋愛対象として検討している中で告白されて、好きになれなかったから振ったのか、いずれにしても人としては好きだが、恋愛対象としては好かれかった。

このパターンで振られた場合は、友達から好きな人になるステップアップができなかったことを意味しており、振られた時に確定するのは、相手が「友達だと思っていたから仲良くしていただけ」だということと、友達から好きな人に変わるきっかけを作れなかったということだ。「友達を好きになることもあるのか」という本人の恋愛観も関係する。

好きな人との関係作りには成功したけど、好きなってもらうところまではいけなかった場合、告白後の相手の理想は「付き合わないけど友達関係は続けたい」ということだから、振った立場でもそれを口にするのは分からないでもない。

この点を踏まえた上で、友達でいよう、友達でいたいと振る人の心理を「付き合ってない場合」で解説する。

 「友達でいよう」と振る人の心理(片思い編)

付き合えないけど友達でいたいと振られた女性

告白して振られる際、友達でいたいと言う人は、それが本気であればあるほど、あなたのことを “友達として” だが、大切に思っていることが確定する。

友達だと思っていた人から告白されると、相手は「友達を失うリスク」にさらされるから、重要度に応じて振るセリフに「友達でいたい」という気持ちが含まれる。

告白をされた人が相手を振る際は、「友達を失うリスク」にさらされる。だから、友達として大切な人には友達でいたいと言う

どの程度「恋人」までの距離があったかは様々だけど、結局告白を受け入れるところまで行けなかったとしたら、相手は告白をきっかけに「友達」を失うリスクにさらされる。

どんな理由があって仲良くなったのかを考えさせられるのが「告白」だけど、相手は相手の都合で物事を考えるのだから「友達でいられなくなる」ことが寂しく思うのは自然な発想の範疇である。

最初に説明したように、男女の友情に「恋愛感情」が敵だとすれば、好きな人が言う「友達でいよう」という言葉には、「友情はあっても愛情がない」と、単純に言葉の意味通り受け取るべきかと思う。

振られる際に付け加えられる言葉があったならそこは吟味するべきだけど、「告白」は関係を変える行為(=成功すれば付き合うことになり、失敗すれば友達関係を壊す)なのだから、もし告白した好きな人に取ってあなたが友達であったなら、友情の気持ちから「友達でいよう」と本心で伝えることはよくある話である。

仲が良かったなら、振ることで友達を失う寂しさがあって、それは「恋愛感情の有無」とは関係なく抱く感情だ。

周りとの関係を考慮して「普通にしてほしい」と思って、友達でいようと言う心理

また、今回の問題は「周りとの関係」や「周りの目」を気にしている場合も想定され、友達でいようと言ってくる人は「今まで通り普通にしてほしい」と思っている場合も多い。

これは、職場恋愛(社内恋愛)だったり、学校恋愛(クラスやサークル、部活などを含む)だったりするとあるあるになっており、気まずい関係になるとめんどくさいから「友達でいよう」と言って変な関係を避けようとする。

友達でいたいと言われた時に優しさを感じないニュアンスだったら、あなたを振った人は、あなたのことを気にしていたのではなく、自分自身のことを気にしていたのだろう。

周りから変な目で見られるのが嫌だと思うと、振る人はよく「これからも普通にしてほしい」と言ってくる。

グループ内恋愛だった場合は、グループを壊したくないから友達でいようと言ってくる

上のことに付随して、もっと深い関係(=同じグループの人、時々みんなで遊ぶ関係)だった場合は、現実的な意味で友達でいたいと言ってくる。

自分たちに恋愛感情が絡んでしまったことで、振った相手は「みんなに迷惑をかけたくない」というのが本音だ。ひるがえって、「自分の生活空間の環境悪化」も気になっている。

これは私自身、振る方の立場で経験があるのだけど、友達だと思っていた人に告白されて、心の底から「今まで通りにしてほしい」と思ったことがあった。

グループの人たちに何て思われるか不安になったのだが、そこには「振った自分が悪者になるんじゃないか」という心配の気持ちもあった。

あなたが友達でいようと言われた相手がどのように思っていたかははっきり特定できないけど、もし自分に近しい人に告白した際に友達でいたいと言われたのなら、関係を終わらせるわけにいかない事情があったかどうかを考えてみると、相手の本音に近づけるかもしれない。

片思いの時に「友達でいようね」と振る相手の問題点:付き合えないけど友達でいたいは、都合が良すぎる気持ち

告白して振られた人が「友達でいよう」と言われたところ

友達でいようと振る人の心理は「せっかく仲良くなったあなたと友達じゃなくなるのが嫌だ」という気持ちが主だが、この場合の問題点は、「恋愛感情を抱いた相手への配慮が欠落してしまっている点」だ。

友達でいたいと言われると、振られる側の人はつらい

好きだと言われて「付き合えないけど友達でいたい」という趣旨の返答するのは、失恋させることになった自分の言動に責任を欠いている。

どちらがよりつらいかと言えば、それはどうしても「振られた方」となるので、「友達でいたい」という気持ちを伝えることが間違いではないものの、「友達でいよう」との振り方が正しい振り方とは思えない。

友達でいたいと言われた方が明らかに失恋から立ち直るのが大変だからだ。

今後の接し方や関係性は振られた方が選ぶべきところ、振った側が「これからも友達でいてね」と言うのは、やっぱり失礼な振り方に分類されるべきである。

重い雰囲気ではなく、軽い雰囲気で友達でいようねと言われた時は、言いたいことを言った自分が今後の関係性を選ぼう

ニュアンスが明るければ明るいほど受け止め方の点でもひどい振り方となるから、もし軽い雰囲気で言われた時は、「友達でいないといけない」と振られた方が思う必要はない。

言いたいことがあれば言う権利があるし、「付き合えない」と言われた以上は心の整理にかかる時間もある。友達でいたいと言われた時は、あなたが思う今後の関係性について話しをするべきだろう。

基本的には、振った側より振られた側が今後の接し方を決めるのが通例だ。

【経験から学んだ】振った相手への接し方!告白されて振ったのに連絡するのは相手を傷つける態度?
振った相手への接し方はすごく微妙な問題だ。振った後の対応を間違えると余計に傷つける態度になるのは誰もが想像するところだけど、どんな接し方をするのが正解かは相手の気持ち次第なところがあって、振った相手と気まずい関係になる人がたくさんい

告白して振られると傷ついた方は振られた側だから、振った側がせめて相手のためにできることは「今後の接し方」でこれ以上傷つけないこと

振る・振られるという状況でお互いの希望が交錯する場合は、振られた方が「より傷ついている」という理由で今後についての考え方が優先されるべきだ。

女性は「彼氏を振る・彼氏に振られる」のどっちがつらいのか~「彼氏の気持ちが離れたと思う行動」にも注目!
恋愛の一つのテーマに、「振るのと振られるの、どっちがつらい?」という問題がある。 どんな恋愛も別れるときは傷つくしつらいものだけど、振った方がきついのか、振られた方がきついのかは、難しい問題である。 あなたは彼氏・彼女と

告白された時点でいずれにしても関係は変わるため、ある程度二人ともが冷却期間を置くべきである。友達でいたいと言われたからと言って、本当に今までと変わらない態度で接することはできないはず。

結局は二人の価値観次第ではあるが、一つの考え方として参考にしておこう。振られる方が辛いのだから、振った方が「友達でいよう」と言うのはあまりにもずるい。

あなたが忘れやすい人であれば問題がないけど、友達でいるのは無理だと思ったら「友達じゃいられない」と言う方が失恋から立ち直るのが少しでも早くなる。

失恋から立ち直るまでの期間はどのくらい?~男性と女性の違いを調べてみた結果
失恋から立ち直るまでの期間はみんなバラバラだと思うけど、あなたは失恋の傷が癒えるまでどのくらいの時間がかかるだろう? 恋愛観だけが問題じゃないし、一つの恋愛がどう始まってどう終わったかでも変わってくるが、一般論として「失恋から

別れ話で「友達でいよう」と振る人の心理(カップル編)

彼氏から友達の方が良かったと言われた女子

次に、付き合っていた彼氏・彼女に「友達でいよう」と振られた場合を解説する。

最初に「片思いの場合」を解説したが、付き合っていたカップルなら大きく事情の違う場合もある。

付き合ったばかり(付き合い始め)に友達でいたいと別れる場合の心理

付き合ってまだ数ヶ月も経っていないカップルで「友達でいよう」と振られたなら、以下のような理由・心理が考えられる。

  • 付き合ってみたけどなんか違った(お試しで付き合った場合も含めて)
  • まだ付き合った期間が短いから友達に戻れると期待した

付き合ってからの時間が短いカップルは、友達でいた頃の感じがイメージしやすくから、「友達でいよう」という言葉は若干使われやすい特徴がある。

各種のアンケートでも「好きな人以外からの告白を前向きに考える」という人は少なくなく、実質的にお試しで付き合うケースも少なくない。付き合ってみたらなんかしっくりこないというケースでは、別れ話で「別れた後も友達でいようね」と簡単に言ってくる人が珍しくないのが現実だ。

付き合い始めでは、カップルとして進んでいないことも多くあって、「友達に戻る」ことが現実的に可能だと思う人がたくさんいる。

先程の「片思い編」で説明した心理も合わさると、長続きしたカップルと比較して、付き合い始めのカップルでは「友達に戻りたい」という振られ方がよくある話しだ。

この場合は状況によってお互いが納得の上で元の友達関係に戻るカップルが一部で存在する。

彼氏や彼女に、別れた後も友達でいたいと言う心理には「完全に冷めたから」という心理が含まれる

付き合ったばかりの場合を含めて、「友達でいよう」と振る人の心理を考える際、検討したいのが「友達の要件」、すなわち「男女で友情が成立する条件」とは何だろうというところからの逆説だ。

簡単に言うと、「少しでも恋愛感情が残っているなら、友達に戻れない」ことは分かっているのだから、社交辞令で友達でいようと言っているんじゃないなら、「完全に冷めた」から」そんなことが言えるんじゃないかという視点だ。

「友達でいよう」という言葉が文字通りの意味であり、付き合った後にでも「友達として仲良くしたい」と思うなら「恋愛感情」が全くなくなったことは検討しないといけない考え方になってくる。

冷めきった関係から「友達でいよう」と振られたなら、「恋愛感情が全くなくなった」というパターンは増える。

失恋から立ち直るまでの期間はどのくらい?~男性と女性の違いを調べてみた結果
失恋から立ち直るまでの期間はみんなバラバラだと思うけど、あなたは失恋の傷が癒えるまでどのくらいの時間がかかるだろう? 恋愛観だけが問題じゃないし、一つの恋愛がどう始まってどう終わったかでも変わってくるが、一般論として「失恋から

この記事で意外と多かったのが「別れた翌日にスッキリする人の割合」だったのだが、そんな人ほど「友達でいよう」という言葉は使いやすいのが想像できる。

「友達」が「恋愛感情を持たない間柄」だとすれば、言葉の意味通り、完全に冷めてしまった人ほど使いやすい言葉であることは事実だ。

別れた彼氏や彼女と接触を保ちながら気持ちをなくしていくことは普通難しいと考えるから、別れる時点でどの程度愛情が残っていたかも関係する。

気まずい別れ方をしにくい関係では、友達でいようと約束しないといけない場合がある

「友達でいよう」という言葉は、別れた後の「二人の状態」に対する希望を訴える言葉でもある。

本人がそうできるかできないかを問わず、「そう言わないといけない関係」も少なくない

共通の友達に囲まれていれば、グループ全体・コミュニティー全体に自分達が別れたことで迷惑をかけてしまう可能性が出てきてしまう。ある意味でコミュニティー内の恋愛では「綺麗に別れること」が暗黙の内に期待されてるのが現実だ。

別れた社内恋愛カップルを見て、「めんどくさい」と言っている人があなたの周りにもいるんじゃないだろうか?

周りとしては気遣いの必要な関係がグループ内にあるのは面倒と感じる。別れた後に普通に振る舞うことはなかなか難しいことだけど、事情があってそうしたいと思ったなら自分の気持ちを顧みずに使われる言葉でもある。

「友達でいよう=普通に接してほしい」

その中の心理や理由についてはいくつかのケースが想定できるものの、別れる時点の「恋愛感情」の有無とは別のところで「将来の関係に希望を訴えている」ことは考えるべきことになってくる。

「友達でいよう」と言った好きな人の真意を知るには

これまで説明してきたように、「友達でいよう」と振る人の心理は単純に言葉の意味通りであることが多いと言えるが、複雑な感情を持っている場合が無いとは言えない。

相手の真意を理解しようとしないと誤解もあるだろう。

相手の心理を誤解しない方法として最も分かりやすいのは、やはり「相手に直接聞くこと」である。態度で察したいところだし、それが可能なこともあるけれど、人の行動は矛盾もはらむから誤解も起きやすい。

もし「友達でいよう」と言われた直後にその真意を聞けなかったとしても、納得がいかなかったり、ちゃんと真意を知りたいと思うなら、機会を作って言葉にしてもらうのが一番良い。

添えられた言葉で考えることもできるから、客観的に意味を考えてみるのも一つではあるが、恋愛中に好きな人の言葉を客観視できる人は稀だと思うので、やはり相手に直接聞くこと以外に完璧な心理分析は不可能なはず。

相談しようとしても話し方などにあなたのバイアスがかかってしまって事実が上手く伝わらないことがある。

片思いのケースであれば恐らく「恋愛感情を持っていないから」仲が良くなった人とは友達でいたい心理がそう言わせるのだろうが、付き合っていたカップルならもう少し複雑な心理があった可能性を否定できない。

振られた後に向き合うことが辛く感じることも多いと思うけど、悩んでいるだけでは答えとは遠ざかるから、勇気が必要になることもある。カップルとして付き合っていた場合にどんな意味で友達でいたいと言われたか分からない時は、もう少し分かりやすい説明を求めるようにするべきだ。

友達でいたいと言われた後の接し方

友達でいたい言われた後の接し方を模索するカップル

友達でいたいと言われた後の接し方については、「そもそも好きだった人と友達に戻れるのか」という問題が絡むことと、事前に把握するべき課題を理解した上で解説を読んでほしいので、個別に記事を書いた。

一度、恋愛感情を持った人と普通の友達に戻ることはできるのか~好きな人・彼氏・彼女に「友達でいよう」と言われたその後
下の記事で「友達でいようと振る人の心理」を解説した。 片思いの告白や、付き合っているカップルの別れの際には、「友達でいよう」と振られることが実際にある。 振られる言葉として「友達でいたい」と言われると、モヤモヤす

上の記事では、友達でいようと言われた人や、友達でいたいと言われた人が、「今後どのような接し方をするべきか」について総合的に解説している。

恋愛経験が少ないと、対処法を間違ってしまって「傷つくだけの結果になった」ということが起こるので、今回の問題を多角的に理解するためにもぜひ合わせて読んでみてほしい。

1回好きになった人と友達でいるには、なかなか難しい課題をクリアして、正しいステップを踏まないといけない。

まとめ

今回は「友達でいよう」って振る人の心理を解説した。

付き合う前の片思いと付き合っているカップルの場合でそれぞれ考えたが、どのような感想を持っただろうか。

友達でいたいと振られると本当に複雑な気持ちになるけど、本気で言われるならあなたを失いたくないと相手は思っている。

振るとどうしてもそれまでの関係が壊れてしまうけど、友達でいれたら “振る側” は気持ちが楽だ。

ただし、これはあくまでも振る側の話であって、振られる側は余計に傷つく振られ方になりかねない。

恋愛の基本は振られた方が今後の関係性を決めるから「友達になんてなれない」と思うなら、そのままストレートにそれを言うべきだろう。

また友達になるのは無理ではないけど、本当に好きになっていたのなら課題は多い。

いずれにしても、友達でいようねと言う人の心理は言われる人に取ってあまり良くない感情が想定されるので、忘れるためにどうしたらいいか」を最優先に考えるべきだ。

モヤモヤするなら、振った相手に直接聞くことも検討するべきである。

振った相手を後悔する瞬間9選~「何で振っちゃったんだろう…」って思う時
何人かに告白されたことがある人なら、「振った相手を後悔する時」がきっと一度くらいはあると思う。振った相手が気になる、振った後で好きになるという経験をしている人もいるだろう。 好きな人以外は付き合わないと思っている人は、時にタイ

関連記事:

別れ 失恋
Brightfutureをフォローする
自分の結婚できる確率を理解する

結婚を具体的に考えるべき年齢は意外と若いって知ってましたか?結婚したいと思っている人は、自分の年齢によって変化していく「自分が結婚できる確率」を正しく理解しておくことが重要なんです。
下の記事では、総務省の国勢調査から年齢別・男女別に結婚できる確率を算出して、考察をまとめています。
後悔しないように、今の自分の結婚できる確率がどのくらいなのか把握しておきましょう。

恋愛のすべて
タイトルとURLをコピーしました