告白されたことがない男女の理由や原因と改善点!告白されやすい人と告白されにくい人の違いとは?

告白されたことがない女性が好きな人のことを思い浮かべながら原因と理由を考えている様子

世の中には、そこそこ見た目(外見)も中身(性格)も良いのに告白されたことがない人が少なくない割合で存在する。

実際、告白されやすい人と告白されにくい人には違いがあり、告白される人と告白されない人には違った特徴がある。

この記事では、告白されたことがない女性と男性向けにその理由や原因を洗い出し、改善点を徹底解説していく。

なぜ告白されないのだろう?

どうしたら告白されるようになるのだろう?

恋愛の専門家の立場から、「告白される人に変わる方法」としてこの記事を幸せになりたいと思っているあなたに捧げたい。

  1. 告白されたことない人の割合
    1. 告白されたことがない高校生の割合
    2. 告白されたことがない大学生の割合
    3. 告白されたことがない社会人の割合
  2. 【告白されたことがない理由と原因】なぜ告白されないの?告白される人と告白されないの違い
    1. しっかり者は告白されない人?真面目な人だと思われてることは大事だが、隙が無い人は告白されない
    2. 告白する人は成功率7割くらいの雰囲気を求めている!告白されない人は告白されたらOKを出すサインが送れない
    3. 自分からアプローチしている人は、告白してくれるだろうと思われてるから告白されない人になっている
    4. 告白される直前の気まずい雰囲気や、告白される時の緊張した雰囲気が苦手
    5. 忙しそうで誘いにくい人は、デートしにくいだけでなく、告白されにくい人になってしまう
    6. モテようとする、告白させようとする行動が裏目になってしまう人は、むしろ自分から告白されないように作用している
    7. 告白されたことがない人の性格は、自分の心配ばかりしている「恋愛中に内向的になる人」が圧倒的に多い
  3. 【対処法】告白されない人から告白される人に変わるには、どこをどう改善すれば良いのか
    1. 告白されたことがない女性は「告白させる方法」を学ぼう
    2. 告白されたことがない男性は、告白を待つ恋愛観を捨てて「好きな人と付き合える能力」にプライドを持とう
    3. 告白されない人を卒業したいなら、徐々に距離感を詰める恋愛の仕方をする
  4. まとめ:告白されたことがない人は、原因や理由を知って少しずつでも自分を変えていこう

告白されたことない人の割合

告白されたことがない人は「今まで告白されたことない…。これって異常なことなの?」という悩みを持ちがちだけど、実際に告白されたことがない人の割合は各世代で次のような結果になった。

告白されたことがない高校生の割合

コアネット教育総合研究所が行ったネットアンケートでは、告白されたことがない高校生の割合は、40.6%で約4割という結果だった。

  • 告白されたことがある高校生=59.4%
  • 告白されたことがない高校生=40.6%

高校生までは「恋愛より部活」「恋愛より勉強(進学)」と考えている人も多く、同調さの中学生で告白されたことがない人の割合が63.3%だったことからも、高校生で告白されたことがない状態は、いわゆる “普通” の範疇になっている。

どちらかと言えばモテる人は告白された経験を持っているけど、そうでもない人やモテない人は告白されたことがないと思っていて良さそうだ。

この年代までは告白されたことがないことをそこまで深く悩む必要はない。問題は大学生で恋愛格差が一気に広がることである。

告白されたことがない大学生の割合

同調査によると、告白されたことがない大学生の割合は、71.9%という結果で、高校生までとは一気に変わり、告白される人と告白されない人の違いがかなり明確な差とになっていることが分かる。

  • 告白されたことがある大学生=71.9%
  • 告白されたことがない大学生=28.1%

告白された人数の問題があるからさすがに「告白されたことがないのはヤバイ」とか「告白されたことがないと言うと驚かれる」という感じではないが、大学生を卒業する頃には告白される人とされない人が決まってくる部分があって、それは過去記事でも解説しているところである。

【恋愛】大学生はなぜモテる人と非モテの人の差が広がるのか~恋愛格差の理由を知ればあなたも恋人ができるかも?
大学生の恋愛はモテる人と非モテの人の格差が広がる時期だ。大学入学から1年程度たって2年生や3年生になると、最初についていた恋愛力の差がさらに広がったことに気付く。 高校生の時に非モテだった人が大学生になってモテる人に変わること

大学生は特に文系だと時間的・金銭的余裕がそこそこあって、年齢的にも恋愛や恋人に関心が高まる時期でもあるため、告白される人は大学生までに何人かから告白される経験をする。

大学生までで告白されない人は社会人になってもずっと告白されたことがない状態になってしまうので、彼女ができない・彼氏ができないことにも悩みがちだ。

告白されたことがない社会人の割合

告白されたことがない社会人の割合になると色々なアンケート調査があるので調べてみたが、平均すると約3割くらいの結果で、大学生と社会人では「告白される人と告白されない人の違い」は開かなった。

前述したように、学生時代に告白される人とされない人が決まってしまっているのである。

  • 学生時代に告白されたことがある人=社会人でも告白されることがある
  • 学生時代に告白されたことがない人=社内人になっても告白されない状態が続く傾向が高い

もちろん容姿(外見)が良い人の方が告白される確率が高いものの、基本的に恋愛は「中学生→高校生→大学生→社会人」と年齢を重ねる度に中身重視になっていくので、告白されない人は告白されにくい理由や原因があると考える方が妥当だ。

では、どんな原因で告白されない人になってしまうのだろう?

告白される人と告白されない人の違いを明確にしながら、告白されない人の理由や原因を解説する。

【告白されたことがない理由と原因】なぜ告白されないの?告白される人と告白されないの違い

告白されたことない人が憧れる「告白される人」の視点

告白されない理由や原因は、大きく7つのポイントがある。告白される人と告白されない人の違いを知って、ぜひ告白される人に変わろう。

しっかり者は告白されない人?真面目な人だと思われてることは大事だが、隙が無い人は告白されない

告白されたことがない人は、真面目な人だったり、しっかり者の人に多い。なぜなら、告白するかしないかと考えるような関係になるために必要な “隙がない” からだ。

人から真面目だねと言われる人は、悪い言い方をすると「遊び心がない」と思われてる。結婚を考える年齢ならこんなタイプも興味を持たれるのだが、「好きになる」とか「好意を持つ」というところでは、話していて楽しい人の方がモテるし、実際に仲良くなれるから告白される機会も自然に訪れる。

告白されない人と告白される人の違いでは「親密になる異性の数」が明確に違っているので、隙が無いと思わせている人はもう少しフランクに話せる会話術を身につけよう。

特に女性は隙がないとモテない原因になるので、十分に注意して、具体的な対策を講じてほしい。

告白する人は成功率7割くらいの雰囲気を求めている!告白されない人は告白されたらOKを出すサインが送れない

告白されたことがない人は、告白してくる人の心理が分からないのもその原因になっているが、告白するかしないかを決める最大の要素は「OKされる確率の高さ」である。

振られたら関係が終わる以上、告白する人はOKしてくれると思うからこそ告白に踏み切る。

あるアンケートでは、告白する人が求める成功確率は7割以上が最多になっていて、OKがもらえる確信まで行かなくても、OKしてくれそうな雰囲気を感じない限り、告白しない人が多くなっている。この点については、私の経験を踏まえても納得できる結果だ。

もしあなたが告白されたことない人だったら、「告白されたらOKするよ」というサインをどれだけ出せていたか振り返ってみよう。

「恥ずかしいからOKサインが出せない」「相手が好きか分からないから自分から好意を表現できない」という人は、それが理由で告白されない人になってしまっている可能性がある。

いい感じまで行くのに告白されたことがない、仲良くなる異性がいるのに告白されないなど、ある程度の進展があった恋愛を経験している人は、ぜひ告白のOKサインを出せるようにしよう。

自分からアプローチしている人は、告白してくれるだろうと思われてるから告白されない人になっている

付き合う前の恋愛にも「流れ」ができるため、自分からアプローチしているのに “告白だけは待ちになってしまう人” は、ずっと告白されない状況になってしまうことがある。

告白されたことがない原因が「アプローチできない」ことなのはあまりに有名な話だけど、アプローチできる人はそのまま「デートや食事に誘う・告白する」ことも自分の役目だと思って最後まで押していかないと、相手が待ちになってしまう流れができて告白されない。

アプローチを受けている相手としては「告白してくれるだろう」と思ってしまうのだ。結果としてあなたから告白されないと「思わせぶりな態度だっただけだ」と思われて、結局告白してもらえない。

告白されたことがない人の中にも「告白したことがある人」や「自分からアプローチできる人」が含まれているけど、自分からアプローチする人は告白されたことがないという点に拘らず、最後まで押していって自分から告白するようにしよう。

女性は自分から告白することに抵抗があるかもしれないが、自分からアプローチすることで良い雰囲気になった時は、告白待ちに徹するべきではない。

女性から告白しなければならない状況と男の特徴7つ
あなたは、正式な彼女になるために女性から告白しなければならない時がどんな時か分かるだろうか。 女性から告白することには抵抗がある人も多い思うが、それでも時と場合によっては、女性から動かないといけない時が存在する。 今回は

告白される直前の気まずい雰囲気や、告白される時の緊張した雰囲気が苦手

告白されない人は「告白される直前の雰囲気が苦手」だったり、「告白される時の緊張した雰囲気が苦手」な人が多い。

告白の前兆~告白される前触れや予兆として考えられる態度やサインとは
片思いの時、好きな人と仲良くなると「告白の前兆」が気になることは多いと思う。 いい雰囲気になっていたり、脈ありの恋愛では特にそうではないだろうか? 付き合う前に友達関係が落ち着いてしまうと、距離を縮めても恋人関係になるのはど

明るい雰囲気が好きなのは良いことだが、告白の雰囲気を壊す人はずっと告白されたことがない人になってしまうので注意しよう。

告白されやすい人は、恋愛独特の微妙な雰囲気や緊張感のある雰囲気で余計なことをしゃべらないから、相手の決心を待つことができている。

「どうしたの?」と聞くくらいなら問題ないものの、無理に話題を作ったり、言いたいけど言えない雰囲気が分からない人は、勇気がいる告白を促すことができてない。

実際に私の経験でも、今日は告白しようと思っていたデートで微妙な雰囲気を察知してくれず、少し無言になると相手がしゃべりだすことで結局告白できなかったことがあった。しかも、そんな女子が複数いたのだ。

付き合う前の恋愛は、どうしても本音を言う時や好きだと伝える時に気まずい雰囲気が漂うので、そこで友達の雰囲気を出してしまう人は告白されない人になってしまう。

忙しそうで誘いにくい人は、デートしにくいだけでなく、告白されにくい人になってしまう

ここは「隙が無い人」と共通する部分なのだが、普段の生活が忙しい “デートに誘いにくい人” は、恋愛が進まないだけでなく、告白されない人の特徴になっている。

理由は、以下の2つだ。

  • 忙しい人は時間のゆとりがないから、脈ありじゃないとご飯にも来てくれなそうなイメージを持たれる(デートに誘えない)
  • 忙しい人は付き合えてもデートできないイメージを持たれるから、付き合いたいと思われない(交際しても楽しくなさそう)

もしあなたがそれなりの仕事に就いていて、忙しいイメージを持たれる可能性がある場合は、「毎日が充実している」という意味で忙しいアピールするより、遠回しな彼氏がほしい・彼女がほしいアピールをする方が、デートに誘われる可能性が上げられて、告白されやすい環境も作れる。

日常の生活が華やかなのは当然良いイメージに繋がるわけだが、「忙しくて時間がない」と思われれば、可愛い女子やかっこいい男子でも敬遠される。自己肯定感が低い人であれば、「手が届かない」と高嶺の花のようなイメージを持つこともあるから注意が必要だ。

告白されやすい人はもっと自分のアピールにバランスが取れていて、中には素朴なところをアピールできている人もいる。告白されたことがない人は「異性からどんなイメージを持たれるか」を客観的に評価して、「つまらなそう」と思われる人はリア充アピールに頑張り、「時間がなさそう」と思われる人は自分のハードルを下げるようにコミュニケーションを取ろう。

ついつい自分を盛ってしまう女子は、下の記事も参考にしてほしい。

男性目線で可愛い女の子になる方法!男子から見てかわいい女子の特徴とは?
男性目線で可愛い女の子は、女性目線で可愛い女の子と少し違っている部分がある。 せっかく素敵な彼氏を作るために可愛くなるための努力をしても、「男子から見てかわいい女子」にならないと女友達に褒められて終わりだ。 そこで今回は

モテようとする、告白させようとする行動が裏目になってしまう人は、むしろ自分から告白されないように作用している

告白されたことがない人は、それが悩みになっているからこそ、モテるためだったり、告白してもらえるように努力をすることがあるけど、多くが裏目になってしまっているのをよく見てきた。

たとえば、モテるアピールなどがその代表だ。

俺モテるアピールする男性の心理【それ何か意味あるの?】~モテる自慢する男の理由を知ると、なぜ地雷が多いのか分かる!
「俺モテるんだよね~」 「え?モテる自慢?いやいや、ほんとモテると困ることもあるんだよ」 お酒に酔った席などでは、男性からこんなセリフを聞いたことがある女性が実はそこまで少なくない。 聞いた女性の立場だと「そのモテ自

上の記事は男子が女子にモテるアピールするケースを書いているが、女子が男子にやることもあるし、色々なところで間違った恋愛の仕方をしている人は多い。

モテるアピール以外にも、あなたはこんな行動を取っていないだろうか?

  • 気を引くために他の異性を褒める
  • オシャレなイメージを持たせるために、色々な自慢をしてしまう
  • 押し引きする意味で急に冷たくしてみたり、連絡をやめてみる
  • 好きな人の前で「いい人いないかな…」と興味がないフリをしてしまう
  • 嫉妬させようとして、他の異性と仲良くしてることを伝える

例を挙げると切りがないが、打算で恋愛テクニックのような行動や態度を取ってしまう人は、恋愛ドラマや恋愛漫画を見すぎである。リアルな恋愛では、自分から失敗する原因を作ってしまう。

現実では、もっと素直に恋愛する人の方が告白されやすいのだ。変に恋愛テクニックを駆使するより、素直になって好意を伝えたり、ストレートに誘う人が告白される経験をする。

彼氏や彼女ができるように努力することは素敵なことだと私は思っているが、多くの人は「自然に好きになる人と出会いたい」と考えているので、恋愛テクニックに寄せるよりは「いかに素直になれるか」を考えるべき。

特に今まで告白されたことがない人は、恋愛の雰囲気を苦手にしている人が多いので、好意の隠しすぎにも注意しないといけない。自然と出てしまう好意のサインは、告白されるために必要なものだ。

付き合う前からそこまで大胆にできないことの方が多いと思うが、モテようとする行動や告白させようとする行動が裏目になってしまうことはよくあることなので、もっと自分の気持ちに素直になって、好きな人とさらに親密な関係が築けるように、分かりやすい人を目指そう。

恋愛感情は複雑だから、打算があるとこじれやすい。告白される人とされない人の違いに「素直さ」は大きな差が開いているため、大事なポイントになっている。

告白されたことがない人の性格は、自分の心配ばかりしている「恋愛中に内向的になる人」が圧倒的に多い

私は、告白されたことがない人から恋愛相談を聞くたびに「自分の心配ばかりしてる」と感じてきた。性格の特徴を挙げるなら「恋愛中に内向的になる」のが告白されない人なのだ。

もちろん、どんな人も恋愛中は自分の心配をしてしまうのだけど、告白される人は「相手が本当はどう思っているか」という点を深く考えることができていて、自分の気持ちよりも相手の気持ちを考える時間が長い。

主観的になってしまう自分を押さえて、客観的に好きな人と自分を並列に考え、どうしたらもっと関係が深まるか考えることができている。だから、告白されるまでの関係を築けているのだ。後一歩まできた恋愛を付き合うまで発展させることができている。

一方で、告白されたことがない人や告白されにくい人は、好きな人の表面的な態度をネガティブに捉えてしまい、傷ついた自分の気持ちを立て直すのに必死になってしまう。

「俺のあの行動がダメだったんだ、何であんなことしちゃったんだろう…」
「私のあの発言が冷たくされるようになった原因かもしれない…」

自分自身に足りないものに意識が行ってしまって、「もう一度誘う」とか「脈なしから脈ありに変える」などの、アクティブな恋愛の仕方ができない。そういう意味では、すぐに諦めてしまうのも告白されない人の特徴だろう。

恋愛は二人でするものだから、告白されたい人は告白する人の気持ちを盛り上げるような接し方をしないと、最終的に「一時は告白を考えたけど、やっぱりやめた」という状態になってしまう。

告白されたことがない人は、恋愛で傷つく覚悟が足りないから、好きな人に踏み込むことも、好きな人から踏み込まれることも苦手になっているのかもしれない。

恋愛中に内向的になってしまう恋愛傾向を持っている人は、意識を変えないとずっと告白されないことに悩むような恋愛を繰り返すだろう。もしこの部分が心に刺さった人は、下の記事で改善の仕方を学んでみてほしい。

恋愛できない原因は恋愛で傷つきたくないからでは?出会いを増やしても付き合う人を作れない敗因
恋愛できない人の原因は、深く探っていけばいくほど「恋して傷つきたくない」という気持ちに集約されていくように思う。 当ブログ「恋愛のすべて」では、恋愛の最も基本的な要素が3つにまとめられると説明していて(参考:モテない男が彼女を

【対処法】告白されない人から告白される人に変わるには、どこをどう改善すれば良いのか

告白されない人から告白される人に変わった女性

告白されたことがない人の原因や理由の部分でも改善案は出してきたが、最後に告白されない人から告白される人に変わる方法として対処法を解説する。

ぜひ自分にできることをやってみよう。

告白されたことがない女性は「告白させる方法」を学ぼう

告白されたことがない女性は、告白のさせ方を理解しよう。下の記事で男性に告白させる方法を解説している。

好きって告白されたい!好きな人に告白させる方法~告白のされ方や促し方にはコツがある!
「好きって告白されたい」と思った時、告白される方法についてあなたはどんな工夫をしているだろう? 奥手な女性は好きな人に告白できないことで悩むけど、告白のされ方が分からないとせっかく両想いの雰囲気になってもそこから進まない恋愛に

ある程度恋愛を進めることができるなら、女性の場合は最後の一歩を促すのが正解になる。その方法を知らないことが告白されない原因になっている女性も多いので、上の記事でもっと詳しい知識を持つと変わってくるはずだ。

告白されない女性は、告白される女性がやってることをやってみて、本来付き合うべきだった恋愛を壊さないように、正しい知識を付けてほしい。

告白されたことがない男性は、告白を待つ恋愛観を捨てて「好きな人と付き合える能力」にプライドを持とう

告白されたことがない男性は、自分をモテない男のように思ってプライドが傷つけられている人が多いと思うのだが、恋愛において男性が本当にプライドを持たないといけないのは「自分から作用して、好きな人と付き合える能力」だ。

あるアンケートでは、男性から告白してほしいと言う女性の割合が8割を超えていた。一方で、女性から告白してほしいと言う男性の割合はわずか3割だったことから、世の中の男性は自分から告白することにプライドを持っていることが分かる。

この記事をここまで読んでくれた動機が「彼女は作れるけど、告白されないから」だったら余計なお世話になってしまうけど、もしあなたが「彼女はできないし、告白されない」という男性なら、告白を待ってる場合じゃない。

男性はどうしても女性から恋愛慣れを求められる面がある(※女性の扱い方が上手い男性がモテる)から、付き合った経験がない男性や恋愛経験が少ない男性は、「自分から告白できる能力」を伸ばすべきだ。

告白できないし告白されないという男性は、下の記事を参考に「告白できる男性」に変わる道から、告白される男性を目指そう。女性に慣れていけばモテるようになる男性は決して少なくないので、遠回りのように思うかもしれないが、効果的な方法で恋愛力を上げてほしい。

好きな人に告白できない人へ~後悔する前に考えたいこと
好きな人に告白できない人って、実はかなり多いことがデータ上ではっきり分かっている。 上の記事で紹介しているデータの中に、告白した人数の平均を条件別で算出している部分があるのだが、告白できない人は彼女ができない傾向が強い

告白されない人を卒業したいなら、徐々に距離感を詰める恋愛の仕方をする

告白されたことがない人は、告白されるくらいの距離感を作ることができていない人が多いので、今後は「徐々に距離感を詰める恋愛の仕方」にチャレンジしてみよう。

好きな人と仲良くなるのと同時に、物理的・精神的な距離感を詰めると、相手が付き合った後を明確にイメージできるようになる。存在自体が近くになるため、「このまま疎遠になりたくない」との気持ちが告白したい気持ちにもつながるので、好きな人と仲良くなる度に他人行儀な態度をやめて、自分から親密な関係を作るようにしてみよう。

その他には、下のような行動や態度を少しずつ増やしていくと良い。

  • ボディタッチやスキンシップ
  • 自分からLINEする
  • LINEが盛り上がった時などに「電話・通話」に切り替えてみる
  • 食事で良いので自分から誘う
  • 会った時の会話の距離感を少し詰めてみる
  • 話す人を選ぶような話題で相談してみる

特に社会人になった後は、年齢を重ねる度に形式ばった告白をするより気持ちの確認をするような告白で付き合い始めるカップルが増えるので、距離感を詰める恋愛の仕方はまさに幸せを掴むためにも重要だ。

告白されない人から告白される人に変わるには、今までよりも好きな人と親密になる恋愛の仕方をするようにしよう。そのために、連絡の頻度を上げる、物理的な距離感を詰めることが有効になる。

まとめ:告白されたことがない人は、原因や理由を知って少しずつでも自分を変えていこう

今回は、告白されたことがない人の原因や理由と改善点を解説した。

告白されたことがない人の割合を紹介するところからスタートした記事だったが、少しでもあなたが「告白される人に変わるヒント」を得られていたら嬉しく思う。

告白されたことがない人は、その原因が分かれば改善すべきことが見えてくる。

おそらく多くの人が「私はブスだから」「俺はブサイクだから」と変えられない “外見” に問題を感じていると思うのだけど、外見の重要度は年齢を重ねる度に低くなるから、実は学生時代にイケてる容姿で告白される人になっていた人と恋愛経験の量で差がついているのが「告白される人とされない人の違い」で大きい。

20代で告白される女性は告白させる方法がうまくなっていて、告白される男性は女性が追いかけたいと思うほどいい男になっているのだ。

ただし、この違いが逆転不可能かと言うとそうではない。恋愛に苦手意識を持つから「改善」が為されずに恋愛格差が広がるのだ。内面は変えられるのだから、今からでもできることに努力を始めれば、未来は変わる。

この記事だけではなく、ぜひこの恋愛サイト「恋愛のすべて」の記事からヒントをたくさん掴んで、幸せになれる恋愛の仕方をしよう。

結婚のことを考える年齢になってきた人は、時間を無駄にして後悔することがないように、下の記事も合わせて読んでみてほしい。

自分が結婚できる確率って実際どのくらい?5年以内に結婚できる確率から見える現実
20代後半から30代になると、結婚願望がある人は「自分はこのままで本当に結婚できるのだろうか」と不安に思うことがあるのではないだろうか? 20代半ばにある「結婚のピーク」で周りの人が次々と結婚していくのを見ると、結婚に焦りを感

関連記事:

恋愛したい モテない男性 モテない女性
Brightfutureをフォローする
自分の結婚できる確率を理解する

結婚を具体的に考えるべき年齢は意外と若いって知ってましたか?結婚したいと思っている人は、自分の年齢によって変化していく「自分が結婚できる確率」を正しく理解しておくことが重要なんです。
下の記事では、総務省の国勢調査から年齢別・男女別に結婚できる確率を算出して、考察をまとめています。
後悔しないように、今の自分の結婚できる確率がどのくらいなのか把握しておきましょう。

恋愛のすべて

コメント

タイトルとURLをコピーしました