デートの約束をキャンセルされないために気を付けるべきポイント~デートの約束をする時から当日までの注意点

デートの「約束」をイメージした画像

前回記事『デートの約束をしたけどキャンセルしたくなる理由~何でドタキャンされるの?』でデートの約束をキャンセルされる理由について紹介した。

あまり関係が進んでいない状況で初デートに誘うと、どうしても「ドタキャンされる」こともあり得る。

上記記事の最後でも、なかなか対処法が難しいとしているのだが、今回は「デートの約束をキャンセルされないために気を付けるべきポイント」について考えてみたい。

デートを約束する時からデート当日までの動きでどんなことに注意したら良いか、いくつかのポイントで考えてみよう。

スポンサーリンク

LINEなどで相手との距離を詰めておく

約束をキャンセルする理由の多くは「相手を重要視していないから」である。

気乗りしなくなることや、ほかの用事を優先される場合など、自分が相手に取ってそこまで重要な存在でない時ほど気楽に約束を破られてしまう。

この点で「デートに誘うまでにどの程度距離を縮めておくか」は重要だろう。

相手がきちんとした人で忙しい人でなければ、デートの約束が破られることはあまりないかもしれないけれど、逆に少し適当なところがあり、忙しい人であれば「ただデートの約束を取り付けるだけ」では後からキャンセルされる可能性が出てくる。

従って、恋愛の進み具合を見た「デートに誘うタイミング」は少し検討しておきたい。

できればある程度距離を詰めておきたいところだし、出会ったばかりでデートの約束をしたなら、当日までLINEなどで簡単な連絡を取り合っておく方が良い。

毎日連絡を取ることが大事ではないけど、連絡が続いている状況を作っておく方がデート当日の雰囲気も悪い方向にイメージされないので、後から約束をキャンセルされる可能性を下げることができる。

何か用事を見つけてでも連絡が続いている状況を確保しておこう。
それができていれば、たとえどうしようもない理由でデートをキャンセルされるようなことがあっても、二度目の誘いがしやすくなる。

デートの予定は、あまり先々の予定を立てない

あまり関係が深くない中で初デートの約束をするなら、あまり先々の予定で日取りを決定するべきではない。

忙しい人なら仕方のない問題にもなってくるけど、なるべく誘う日からデート当日の日数を少な目にできるよう調整してみよう。もし先の予定しか空いてない状況なら、また改めて誘う方が流れはよくなることも多い。

やはり予定というものは先になればなるほど曖昧になる。
デートの約束から当日までに日数があけば、どうしても「気分が変わる」ことも出てくるだろうし、ほかの予定にも左右されやすくなる。

あなたとのデートへのモチベーションがそれなりに高ければ多くの問題が解決できるのだけど、そこを調整するのにも限界があるので、なるべく誘いをOKした流れの中でデート当日を迎えられるように、日数を空けないように予定を聞き出してデートの日取りを決定しよう。

気がない状態でデートをOKするのは「楽しそう」と思えるかどうか

とりあえずデートに行く女性の割合と、その理由~まだ脈なしだけど、とりあえずデートに誘うのはアリ?ナシ?
過去記事『微妙な人からの誘いに「とりあえずデート」するメリットと魅力~断るか、断らないか迷ったら』では、好きではない人ととりあえずデートするメリットをテ...

上記記事内で「女性が気のない男性とデートに行くこと」についてアンケート結果を紹介しているのだが、「友達として楽しそうと思える男性とならデートに行く」と言う女性は9割を超えている。

デートの約束をキャンセルされる理由は色々だけど、やはり脈ありとは言えない状況なら、「気乗りしなくなってめんどくさくなる」ことが理由となることが多い。

何度か言っていることにはなるけれど、デートをキャンセルされないためには「楽しいデート」の提案が不可欠である。同時に、自分が相手に取って「一緒にいて楽しい人」になる必要がある。

「楽しいデート」の提案をするには好きな人の興味関心を引き出すことが重要。
社交辞令で話を合わせることも多いことを考えると、会話量は大事になってくるはずだ。

話が盛り上がる時に、勢いでデートに誘うことも多いと思うけど、より良いデートの場所は吟味した方がいい。

デートプランの考え方・デート当日の注意点は下の記事も参考にしてみよう。

うまくいくデートプランの考え方~どんなデートを計画すれば好きな人と楽しくデートできるのか
好きな人とデートをする際、あなたはどんなデートプランを考えるだろう? デートの計画は、どんなところに気を付けて考えているだろうか? 好きな人とは...

まとめ

今回は「デートの約束をキャンセルされないために気を付けるべきポイントについて紹介した。デートの約束をする時から当日までの注意点が分かっただろうか。

誘う相手の性格が色濃く出るから、「適当な人」を好きになると細かなことを気にしないから楽である一方、いい加減な約束もあったりしてモヤモヤすることもあると思うから、参考にしてみよう。

デートをキャンセルされないためには、デート当日に良いイメージを持ってもらうことが重要だ。脈ありまでいかなくてもいいが、最低限「一緒にいて楽しい」というところまでもっていってから誘いたい。

デートの誘いは勇気が必要な場合も多いと思うので、もし勢いで誘ってしまった場合は当日までLINEなどの連絡を使ってコミュニケーションを取っておこう。

誘ってからデート当日までの時間が空くと色々考えてしまうこともあるし、ほかの用事が入る可能性も上げてしまうから、予定の調整にも気をつかえるといいだろう。

関連記事:

初デート大学生の恋愛
スポンサーリンク
Brightfutureをフォローする
自分の結婚できる確率を理解する

結婚を具体的に考えるべき年齢は意外と若いって知ってましたか?結婚したいと思っている人は、自分の年齢によって変化していく「自分が結婚できる確率」を正しく理解しておくことが重要なんです。
下の記事では、総務省の国勢調査から年齢別・男女別に結婚できる確率を算出して、考察をまとめています。
後悔しないように、今の自分の結婚できる確率がどのくらいなのか把握しておきましょう。

スポンサーリンク
恋愛のすべて
タイトルとURLをコピーしました