男性に食事やデート代をおごってもらう時のマナーやお礼の方法・お返しの考え方

奢ってもらう時のマナーやお礼の方法を考える瞬間のイメージ

男性と食事やデートをした時におごってもらう場合、女性はマナーやお礼の方法が気になると思う。

「奢ってもらったらどうしたらいいの?」
奢られ慣れていない女性は何をどうしたらいいか分からないこともあるし、
「好きな人とご飯食べに行ったら奢られたんだけど、お返しは?」
という感じで、もっと積極的に男性が好意を抱く奢られ方を知りたい女性もいる。

実際、男性の立場では女性に奢る場合に考えていることや感じていることがあるから、この記事では「男性に食事やデート代をおごってもらう時のマナーやお礼の方法・お返しの考え方」をまとめる。

あなたとしても恋愛が絡んだ席では、「おごってもらうのが当たり前だと思っている女には見られたくない」と思うし、「男性のプライドを傷つけるような態度も取りたくない」と思うはずなので、しっかり対処できるように参考にしてみてほしい。

おごってもらうお返しについても後から気になる女性がいると思うので一緒にまとめていきたい。

スポンサーリンク

 現在のカップルにおける会計事情

彼女との旅行費用の負担割合はワリカン?驕る?カップルのおすすめ負担方法を紹介!
彼女との旅行は、普段のデートよりも長く一緒にいることができるし泊まりなのもあって、旅行前は気分もルンルンになる。初旅行なら特に期待で胸がいっぱいなはず。...

上の記事は、「旅行」における会計事情を中心にまとめた記事である。
こちらの記事で紹介している「カップルが旅行する時の会計」は、ワリカンカップルが3組に1組のくらい割合だった。

デート代に関してもマイナビウーマンの行ったアンケートによれば、ワリカンするカップルが4割弱となっており、昔と違って今は女性も同等程度にかかった費用を負担するのが主流になっている。(参考:働く女性に聞いた! デート代は、割り勘or彼のおごり? | 「マイナビウーマン」

ちなみに同アンケートにおける「ほとんど彼が驕るカップル」の割合は、2割弱だ。

世間の会計事情を鑑みるに、どんな男性と付き合うかや女性の収入や考え方で変わってくると思うから世間とのギャップが生まれても問題無いと思いつつも、男性が女性を奢るのが当たり前ではないことから、「おごってもらうのが当たり前女」に思われるのは恋愛的に間違いなく問題となることがはっきりしている。

おごってもらう時のマナーやお礼の方法を色々なところから知っておく必要はあると思うので、この記事でしっかり奢られる時の態度を学んでみよう。

男性におごられる時のマナー

まず、一番大事なことは、あくまであなたに支払いの意思があることを相手に伝えることだ。会計をする際に奢られるのが分かっていたとしても、払う意思を感じない女性に対しては、男性が「奢ってもらうのが当たり前と思っているのかな?」なんて一瞬考えてしまう。

男性に奢ってもらう時のマナーとして、スマートに「私も払うよ」って気持ちを伝えよう。
会計でゴタゴタするのはせっかくのデートにふさわしくないから以下の点で割り勘にする意思があることを伝えるのがおすすめだ。

  • 会計の時は財布を出す
  • 男性がおごろうとしたらいくらかでも出すことを一言で伝え、リアクションを待つ
  • 再度おごる意思を伝えられた場合は、素直に御礼を言う

自分に負担する意思があることを伝えながら、スマートに会計をするのが良い。

そのままおごってほしいなら「え?いいの?」みたいな感じで確認のみをし、おごられるのが嫌だと思う女性は、次の機会に予め自分が払う旨を伝えた上で、食事なりデートをした際に実質的に割り勘になるように負担することを考えよう。

まだ付き合っていない男性との会計は、スマートさが大事である。
せっかくのお互いの気遣いが逆の方向に作用するのは避けたい。

そして、実際に奢ってもらう時の会計時の態度だが、横にいるよりも一歩引く方が女性として男性を立てているような態度になるため、可愛らしい態度に見える。実際にいくらかかったかを見ないのはマナーに当たるため、「いくらだった?」という質問や態度は控えた方が綺麗だ。

もし男性があなたに気遣われたくないと思った場合、金額を詳細まで知られたくないと思う場合がある。奢る男性にも考えていることがあるため、奢られることが決まったら男性のリードに従って会計をスマートに済ませよう。

財布の中身を見られそうになるのを嫌がる男性もいるので、持ち合わせの問題や無理をしている場合がないわけではないから、「先に店を出ていて」という男性もいるかと思う。

その場合も、似たようなことを考えていたりすることと、経費を持っている男性が領収書を取る可能性もないわけではなかったりするので、そのままお店の外で会計が終わるのを待つと良い。

そして、奢られた後、一番肝心なのは御礼の方法である。

次の見出しでしっかり説明していこう。

男性におごってもらう時のお礼の方法

男性に奢ってもらった際は、お礼をきちんと言葉にして伝えよう。男性は女性に奢る時に「お返し」は求めていないが、「感謝の気持ち」だったり「喜んでくれる気持ち」は実質的に求めている。

一緒に食事した女性に男性が奢ると言う場合は、好意を行動に落とし込んだものなので、気持ちには気持ちで応えてあげると男性は喜んでくれる。お金のことはないがしろにするべきではないので、常識のある女性として見てもらえるよう、可愛いなって思ってもらえるよう、きちんとしたお礼を言葉で伝えるのが正解だ。

私も何十人と女性に奢った経験があるが、はっきり言ってお礼がない女性に対する見方は一気に変わることがある。礼儀がきちんとしていない女性は性格や人格を疑うし、気持ちはどうあれ好意を受け取ったのだから御礼を言うのが当たり前だと思う。何の言葉も態度もないままに店を出て「次、どうする?」なんて言われると、男性は確実に引くと思うのでしっかりしたいポイントである。

会計でおごってもらうことが決まった時もお礼を言っていると思うが、会計が終わった後にもお礼を伝えよう。
ここも一言で良いから、気持ちを込めて言えると良いだろう。

「ありがとう。御馳走様でした」
こういう時の女性の敬語は可愛いので、「でした」って言葉を付けるのは男性目線でおすすめだ。あなたのキャラに問わずやってみよう。男性がツッコミを入れるかもしれないけど、内心では「奢ってあげて良かったな」と思ってくれるはずだ。

女性本人としては媚びるイメージとも感じるかもしれないが、お金が絡む問題でもあるので一瞬だけ改まった感じが出ると、「ちゃんとした女性なんだな」と印象に残る。意外と奢られる女性の態度は違いや差が小さくないので、きっちりやっておく方がいいと思う。

おごられたことを重大に捉えてお礼を言うよりも、おごってもらった食事やデートの感想をポジティブに話してくれる方がおごった男性は嬉しいと感じる。「楽しかった」「おいしかった」など、笑顔になる話題に繋げると、「次のデート」も近づくだろう。

おごる男性の心理はいくつかの理由が存在しているが、結局のところ好意を前提とするなら、目的は「楽しんでほしい」という優しさが主である。女性にお金のことを気にせず、楽しんでほしいのである。

男性としては楽しい時間を過ごせたことを伝えらる方が、おごられたお礼をたくさん言われるよりも嬉しいと感じるので、話しをそちらに広げていくといい。食事をしたなら「素敵なお店だったね」という感じだ。

もし、うまくタイミングが見つからなかったり、彼の方から話をしてきてお礼がまともに言えなかったら、解散した後のメールやLINEでお礼を言おう。特に好きな人との食事や気になる人とのデートでは、つい言うタイミングを失ってしまったということが少なくない。

とにかく経済的にあなたの負担を避けたいと考える男性は、会計後に違う話をして敢えてお礼のタイミングをなくす人もいる。スマートに次に繋げていこうとする男性もいるので、タイミングが無くて言えないことがあるので、そんな時は「LINEやメール」で対処をしよう。

正し、ちゃんとお礼を言えた時の解散後のメールやLINEで再度お礼を言うかは、少し微妙な問題となる点には注意をしてほしい。

長文を送るなら一言添えても良いかと思うが、短文なら「楽しかったこと」「また会いたい」旨を伝えること方が恋愛として良いアプローチになるかと思う。何度もお礼を言われるとめんどくさい感じも出るため、きちんとしたお礼が言えたデートではこのような対処がおすすめとなる。

会社の先輩だったり、上司など目上の人におごってもらって次の日に会う場合は、社会人の常識として「昨日はご馳走様でした」と一言お礼を言う。ここは恋愛が絡んでいても社会的常識が優先されるため、翌日にも改めてお礼を言おう。

親しくなっている時はよそよそしさを感じる行為だが、関係性によっては社会的な行動を重視した方が良い場合もあるので、可愛い後輩としてきちんとお礼を言い、もう少し関係性のアピールをしたい時はその後に続ける言葉で「また誘ってくださいね」など、ニュアンスの違う言葉でアクセントを付けるといい。

奢ってもらったお返しに関する考え方

先程触れたように、女性に食事やデートをおごる男性が見返りを求めているかと言えば、多くの場合でそうではない。

確かにおごった女性に振られた男性は、文句の一つや二つを言いたくなるものだが、経済力や優しさ・男らしさのアピールの一環として行ったことだろうし、見返りを求めて行うことはあまりないと言える。あくまでも気持ちの表現であり、それは恋愛感情を含む場合も含まない場合もある。

見返りを求めるなら下心と関係が深くなるので、そういったところに気を付ければ良いと言ったところだ。
しかしながら、好きな女性におごる時に下心がメインになることはあり得ないので、お返しを考える必要はないとの結論に至る。

確かに相手男性の金銭的な負担は増えるから、そこを気にしてお返しをしたい女性は、機会を作って今度は自分がおごってあげる方法でお返しをすると良い。断れそうだったら、チケットを二人分買って一緒にいくとかの方法も取ることができるから、各自の事情で臨機応変に考えよう。

しかし、奢ってもらったお返しを無理に考える必要はないかと思う。恋愛として考えていくなら「スマートに奢られる女性」の方が確実に上手くいくだろう。

もし何度もおごってもらうのが悪い(嫌だ)と思うなら、次の機会の会計よりも前に、その旨を伝えてしまおう。おごられたくないという女性も普通にいるので、会計の時に言うとゴタゴタが面倒だから、そこを避ければ我慢しておごられることもないと思う。

「俺にはおごられたくないのか」と感じる男性もいそうだけど、伝え方の問題でクリアできるレベルだ。従って、その伝え方は少し気遣いがほしいところ。

普通は無理矢理おごるようなことをしないはずなので、あなたの価値観を曲げる必要はないから、相手の男性とうまくコミュニケーションを取って、あなたらしい態度も大事にしよう。

特にどちらでも良いという女性は、「可愛くお礼を言ってアピールする」か、次は私が奢るねと「次につなげる理由にしてしまう」かで選択すると良い。

まとめ

今回は男性に食事やデート代をおごってもらう時のマナーやお礼の方法を紹介した。

特別気を付けるべきことがあるわけではないが、おごられる立場でも人によっては気を使うだろうし、深く考えるとお返しのことも気になるから、他の意見も参考にしながら自分の振る舞いを決めると良いだろう。

相手男性は好意でしてくれることだと思うので、あなたの好意を返せれば普通は問題ないはず。

多くのカップルが割り勘になってきている状況なので、おごられるのが当たり前と思っているように取られると大きなマイナスとなるから、そこだけは注意をしておけばいいかと思う。

関連記事:

モテる女性年上男性デート
スポンサーリンク
Brightfutureをフォローする
自分の結婚できる確率を理解する

結婚を具体的に考えるべき年齢は意外と若いって知ってましたか?結婚したいと思っている人は、自分の年齢によって変化していく「自分が結婚できる確率」を正しく理解しておくことが重要なんです。
下の記事では、総務省の国勢調査から年齢別・男女別に結婚できる確率を算出して、考察をまとめています。
後悔しないように、今の自分の結婚できる確率がどのくらいなのか把握しておきましょう。

スポンサーリンク
恋愛のすべて
タイトルとURLをコピーしました