真剣な人限定>>恋愛がうまくいかないのは恋愛力の問題?

好きな人が思わず既読無視してしまうLINE7つの特徴

好きな人から既読無視されるLINEの特徴をイメージした携帯の画像。

好きな人とのLINEでは、既読がついて返信が無いと色々悩みになってしまう。好きな人からLINEの「既読無視」「既読スルー」されるのは本当につらいことだ。

しかし、数あるLINEの中から一つのLINEが既読無視されるのはやはり理由がある。原因を知って反省するべきところは反省しないと、LINEの既読スルーが繰り返されてしまう可能性が高まってしまうし、好きな人との関係も深まっていかない。

送ったLINEに問題があったり、やりとりに問題があった場合は、それを自覚して工夫をすることで現状が変わってくるだろう。

今回は、「好きな人が思わず既読無視してしまうLINEの特徴」を考えてみるので、好きな人とのLINEが上手く行っていないなら参考にしてみてほしい。

何個も質問がある

LINEを確認して返信しようと思った時、いくつも質問が並んでいると既読無視に繋がり易い。

返信にかかる文章や時間が明らかに長くなってしまうことを受け取った一瞬で理解するので、後にしようなんて考えている内にそのまま既読スルーしてしまうのは自然なこと。質問の多いLNEは圧迫感もある。

好きな人から既読無視されないためには、返信のし易さを意識しないといけない。好きな人が面倒だなと感じれば、どうしても既読スルーに繋がってしまう。恋愛するなら、相手の気持ちを考えるのは基本となるのだ。

文章の流れでいくつかの質問が出てしまうなら、少し内容を考え直した方が良い。会話は言葉のキャッチボール。LINEなら猶更リズムを意識するようにしよう。

理解に苦しむスタンプを繰り返す

LINEではスタンプを使うことも多いが、好きな人との話題がないことを理由にスタンプのみを送る人がいる。スタンプから会話を始めることが多い人は注意が必要。好きな人が思わず既読無視してしまうLINEの特徴が「理解に苦しむスタンプを繰り返す人」である。

面白いスタンプや可愛いスタンプは、ちょっとしたコミュニケーションを取りたい時に重宝するが、LINEを受け取った時に好きな人がどんな気分でいるかは分からないから「無意味なスタンプ」には気を付けよう。ウザいと思われることが実際に多い。

意味が分からなければ返信に困ってしまう。最初はそれでも返してくれるものだけど、よく分からないLINEばかり送るならイメージが段々悪くなって既読無視される可能性が高まる。

スタンプのみのメッセージがいけないのではなく、その頻度が大事だ。何度も繰り返されると、返信は面倒に感じ易い。LINEでする会話がほとんど意味のない内容になっている人は気を付けよう。メリハリを付けるようにすれば多少のタイミングの悪さは目を瞑ってくれるものだが、面倒なLINEを送る人がタイミングを誤るとLINEが既読無視されてしまう。

好きな人と継続的にLINEがしたいなら、話した時などにちゃんとLINEの話題作りをしておくことも大事になる。

忙しくて返せない時に履歴が溜まっている

自分に用事があってLINEのメッセージが読めない時に、同じ人から履歴がたまっていると、既読無視に繋がってしまう。

最初は「え?」って感じで済むけれど、繰り返すと「またか…」というイメージに変わり、手違いなどで既読を付けてしまえばそのまま無視という流れが起きる。しかも、既読を付けてしまったことにさえ相手は嫌悪感を覚えるから、まさに最悪な事態だ。

返信していないのにLINEが溜まっていると、やはり迷惑なイメージが残る。内容が急ぐ内容なら仕方ないが、そうでないなら返信を待つべきだろう。気遣いが無いイメージを持つ人もいる。たとえその場で返信があっても、デリカシーの無い人とはメッセージのやりとりを続けたいとは思わないだろう。

そういうLINEにしっかり返信していると、送ってくる相手はそれが悪い行為だとは思わない。既読無視されたLINEがあるなら、好きな人は「不快感」を訴えているかもしれない。既読スルーはかなり失礼な態度だが、相手に無言で気持ちを伝えている場合も多いのだ。

好きな人にLINEを送ったら、返信が無くてもしばらく様子を見た方が次につながる。好きな人が相手だからこそ気になるものだけど、思いやりを持って接するようにしよう。

何を送ってもやりとりが続く

LINEは、相手の顔や声のトーンが分からない以上、メッセージから相手の状態を想像しないといけない。中には、分かり易い言葉で都合が悪いことを伝えない人もいるので、好きな人の性格なども考えて、やりとりを切る時はきっちり切らないといけない

何を送っても続いていくLINEは、相手に取って負担に感じることでもあるので、注意をしよう。空気を読む力は恋愛の全般で大切だ。

LINEの既読無視をされた場合は、相手は「もうこれで終わり」と言う意味で送ったLINEを続けてしまっている可能性があり、それが何度かあったことで既読無視の機会自体が増えているのかもしれない。相手が「これで終わるだろう」と思って送ったLINEなら「?」で返しても返ってこないときは返ってこない。明確な意思とは映らなくても、相手なりに意思を伝えたつもりになっているからだ。

好きな人とたくさんLINEをしたい気持ちはよくわかるが、メッセージの表面だけでなく、相手の気持ちも考えてあげるようにしよう。LINEは比較的会話が続きやすいので、続けるときと切るときのリズムも合わせられるとベストだ。

内容が質問などに偏る

内容が偏ったLINEばかりが送られてくると、面倒な感じを受ける。例えば、質問ばかりだったり報告ばかりだったり。内容が偏っている時は、少し工夫をするようにしよう。

返信を面倒に感じるのが、「質問ばかり送られてくること」だが、会って話している時と同じように、LINEでも会話の流れを重視するとこういうことは減ってくる。ワンパターンなLINEをしてしまっている人は、今すぐ改善しよう。

一緒に話している時に、自分の話だけをする人もいないし、質問するだけの人もいないはずなので、心地良いメッセージのやりとりを意識すると良い。やっていく内に慣れていくけれど、異性とのLINEをあまりしない人も注意が必要だ。男女の会話と同性の会話も若干違っているから、心地良いコミュニケーションが取れるように意識しながら好きな人とのLINEもうまくなっていこう。

なぜ連絡してきたか分からないLINEの送り方をする

LINEなどの「連絡」は突然来るものだから、返すか返さないかは気分次第なところがある。その前提に立てば、「用件が分からないLINE」を送る人は既読無視されやすい。送られてきたLINEがそのあとにどうなっていくか想像できないから、なんとなく既読スルーしてしまうのだ。

好きな人がヒマなら問題ないこのようなLINEも、忙しかったり眠かったり相手の事情によっては対応がかなり変わる。「ヒマ?」「ねぇ」「〇〇!(名前やあだ名)」などなど、一見して意味が分からないLINEはとりあえずスルーされる可能性が上がるので気を付けよう。

恋愛が絡むLINEでは「用件」を前面に出すようなLINEの仕方が合わない場合も多いのだが、仲良くなる前やいい感じになる前のLINEでは、相手が会話の展開を想像できる内容で送る方が返信をもらいやすい。

ここら辺は、好きな人との距離感や、あなたが好きな人にとってどんな存在になっているかも関係しているから、最初は用件から入るLINEの仕方を中心とし、LINEで会話する機会を作りながら二人の会話の雰囲気を作っていこう。その後に段々と崩していくのは当然アリだし、それが雰囲気を良くしていく部分もある。

LINEの連絡は距離感が難しいので、次の点にも注意が必要だ。

馴れ馴れしいLINE

LINEは気軽に送れるものだし、顔を見ないで話せるから、使い方を間違う人が意外に少なくない。問題が大きくなるとすれば、それは「距離感」を間違うから。典型的な特徴で言えば、「馴れ馴れしいLINE」は既読無視される、既読スルーされることが多いLINEとなる。

恋愛ベタな人が特に気を付けたいのは、LINEと会った時の態度の違いだ。LINEなら押せ押せで話せるのに、会った途端に口ごもってしまう場合は、そう時間がかからずにLINEの返信がなくなるだろう。好きな人があなたがどんな人かを理解しにくくなるので、得体の知れない印象を受ける。

こう言うとLINEのアプローチに躊躇する人が出てきてしまうのだが、私が言いたいことはそうじゃない。LINEで調子に乗らないように気を付け、段々と仲良くなっていけば良いのである。恋愛では積極性が超重要なものだから、徐々に距離を縮めていく考え方を持っていれば問題ない。

LINEだけ馴れ馴れしい人は男性に多いので、会った時の態度を逆に難しくするような連絡の仕方は卒業しよう。結局のところ、恋愛は会った時の方が何倍も大切だ。好きな人と会った時のためにLINEがあるとも言えるから、こんな発想が無かった人はよく理解しておいてほしい。

LINEはうまくタイミングが合えば好きな人と長時間の会話ができたり、使い方次第で恋愛に活かせるツール。ただ好きな人と連絡を取りたいという気持ちからもう少し成長し、お互いの理解や距離を縮めるために使えるようになろう

まとめ

今回は「好きな人が思わず既読無視してしまうLINE7つの特徴」についてまとめた。

ポイントは、主観的になり易い「好きな人とのLINEのやりとり」において、どれだけ客観的に問題のないやりとりをしていくかだろう。最初は仲良くLINEができていたのに段々空気がおかしくなるならLINEのやり方に問題があるのかもしれない。

LINEで仲良くなろうとすることは間違いではないが、普段の付き合いの延長線上にLINEのやりとりが存在しているのは間違いない。LINEでばかり仲良くなろうとすると、相手の迷惑に繋がってしまうこともあるので、普段の生活とLINEのやりとりを連動させて仲良くなっていくことが大事だ。

色々な角度から好きな人へのアプローチを考えていこう。

LINEの既読無視については、下の記事でもテーマにしているので一緒に読んでもみよう。

好きな人を振り向かせたい女性は下の記事もぜひ合わせて読んでみてほしい。

好きな人からLINEが来ない人は下の記事を参考に。脈なしパターンをまとめている。

タイトルとURLをコピーしました