彼女との旅行費用の負担割合はワリカン?驕る?カップルのおすすめ負担方法を紹介!

カップルの旅行費用の負担割合が気になる男性

彼女との旅行は、普段のデートよりも長く一緒にいることができるし、泊まりなのもあって旅行前は気分もルンルンになる。初旅行なら特に期待で胸がいっぱいなはず。

しかし、期待するからこそ不安なことや心配なことがあり、その一つに「カップルの旅行費用」の問題がある。

お金のことはきっちりしておかないと「自分が良いから大丈夫」ってわけにもいなかない。しかも旅行は費用が普段のデートよりも高額だから、負担割合は彼氏も彼女も気になる問題だ。

そこで今回は、「彼女との旅行費用の負担割合はワリカン?驕る?」という疑問に答える記事を用意した。

彼女と旅行する時のお勧め負担方法まで触れていくので、彼女との旅行・彼氏との旅行を控えている人に参考にしてもらえたらと思う。

旅行はカップルの大事なイベント!普段のデートと同じ金銭感覚ではない場合もある

カップルに取って旅行は本当に大事なイベントで、「年に1回は必ず旅行に行きたい」という人は多いし、大学生はもちろん社会人でも長期休暇は彼氏と彼女で旅行に行くのが交際相手がいる時の楽しみにもなっている。

それだけいつもと違った感覚で捉えるのが「旅行」だから、普段のデートで奢りの男性も割り勘の男性も、旅行の費用はまた別に金銭感覚を持っておこう。カップルで行く旅行は国内旅行でも海外旅行でもいつものデートと比較すると費用は高額になるから、カップルで話し合って決める方がお互いに納得できるし、わだかまりもない。

旅行は準備の段階から楽しいものなので、スケジュールや観光地を決める際に一緒にお金の話も出るはずだから、そこでお互いに意見交換すると楽しく旅行の費用割合も決めることができる。

お金の話は普段あんまり良い話題ではないと思うけど、旅行の前には大事なことだから簡単にでも二人で共通認識を持てるように話題に出すことをおすすめする。(※カップルの旅行費を割り勘にする方法は詳しく後述する)

それではまず、「世間のカップルがどんな割合で旅行費を負担しているのか」からみていこう。

カップルの旅行費用の負担割合のアンケート結果

カップルの旅行費用を割り勘にするか、彼氏が奢るか、「一般的な彼女とのデートで男性心理が知りたい」と思ってる女子

ウエディングパークが20代から30代の女性375人を対象に行った調査によると、カップルの旅行代は以下のように負担していた。(ソースはこちら

【今のカップルの旅行費用の負担割合】

  • 半分ずつ払う(割り勘)=43.3%
  • 費用の6割から9割を彼氏が払う=26.5%
  • 旅行費を全額彼氏持ち=18.4%
  • 費用の6割から9割を彼女が払う=1.1%
  • 旅行費を全額彼女持ち=1.1%
  • (その他=9.6%)

カップルは旅行にかかる費用を割り勘するのが普通で、一部で彼氏が多く費用を負担している状況だ。

これは今のトレンドになっていて、実は約9年前にガールズLABOが222人を対象に行った調査によると以下のように負担割合の傾向に違いがある。

ひと昔前までは、彼氏が多く払う割合が今によりさらに多くて、旅行費を割り勘するカップルが少なかったのだ。(ソースはこちら

【9年前のカップルの旅行費用の負担割合】

  • 割り勘=36.5%
  • 彼氏が多く払った=53.6%
  • 彼女が多く払った=5.9%
  • 行ったことが無い=4.1%

確かに彼女の希望を聞けば「旅行費は彼氏が奢ってくれたら嬉しい」ということになるけど、「旅行費を割り勘にされたら引く」という女性はどんどん減っているので、男性側が割り勘にしたいなら普通に切り出して良い状況になっている。

【大学生のデート代】割り勘?彼氏のおごり?付き合う前と付き合った後で割合に変化アリ
大学生カップルのデート代は、昔と違って今は「割り勘」が主流になってきている。 本音では、彼氏のおごりを望むお金のない女子大学生は少なくないと思うけど、実際の大学生がどんな風にデート代を出しているかについては、なかなか確認できな

彼女との初旅行は彼氏が多く払うべきなのか

一般的なカップルは彼氏との旅行(彼女との旅行)で割り勘しているけど、彼女側の意見にはそれぞれの事情によってある程度のばらつきがある。

彼女が「彼氏に多めに払ってほしい」と思っていたり、「できたら旅行中に奢ってほしい」と思ってる場合もあるということだ。

では、どんな時に彼女との初旅行で彼氏が多めに払うべきなのだろうか。

べき論で言うなら、カップルの旅行費は収入差や年齢差を勘案して負担割合を決定するべき

最近の女性は「遠慮しないで付き合いたい」「彼氏に多めに出させるのは申し訳ない」と考えるタイプが増えていて、カップルの旅行代についても7割から8割は「割り勘でOK」と考えているが、彼氏と彼女との間に格差があった場合は彼氏が多めに払うべきだ。

たとえば、明らかに「彼氏の方が収入が多い」とか「彼氏の方が3歳以上年上だ」という場合は、旅行代を多めに払ってほしいと思う女性の割合が一気に上がる。

そこには「私より高収入なんだからかっこつけてほしい」と思っていたり、「年上彼氏と割り勘にするのはつらい」という切実な気持ちがあったりする。

この点を踏まえると、収入差があるカップルと年齢差があるカップルは、金銭的余裕がある彼氏が多めに払ってあげる方がカップルとしてうまくいくだろう。

しかし、だからと言って彼女との旅行を全額奢りにするべきかというとそこまでやる必要はない。もし多めに払いたいと思ったら「旅行中に何度か奢る機会を作る」という方法で彼女と差をつけるのがおすすめだ。

彼女との初旅行でかっこつけたいなら、基本割り勘にして夜ご飯やお昼ご飯、カフェ代など個別的に奢るのがおすすめ

自分がちょっと多めに出すべきだと思った男性以外でも「彼女との初旅行でかっこつけたい」とか「初旅行だけは少し奢りたい」と思った男性は、旅行中のご飯代やカフェ代を個別に奢ることを考えよう。

基本的な旅行費用は割り勘にしといて(宿泊代や交通費などなど)、夜ご飯代・昼ご飯代やカフェ代などを「ここは俺が払うよ」と軽めに言うと、彼女に精神的な負担がない状況で「自分が多めに払う」ことができる。

最終的に旅行代金の中でどのくらい払うかで負担割合は決まってくるので、個別的に奢る機会を作ると割合が調整できる。

これが、「全体で7万円だったから4万円払う」となれば彼氏が多めに払うことが目立ちすぎるし、いちいち計算しないと多めに払う状況を作れない。どこかで奢りの機会を作るだけなら会計が単純になるメリットもあっておすすめだ。

初旅行だけ彼氏が多めに払うことは可能!2回目の旅行のことを考える必要はない

一度多めに払うと次の旅行も多めに払わないといけないから面倒だと思う男性もいると思うが、私の経験ではそこまで考える必要がないというのが答えだ。

上の方法で、ある場所である機会だけ奢る方法で彼女との初旅行の費用を負担すると、彼女はその時だけだと思うから、財布目当てじゃない限り基本的に「次も奢ってくれるかな?」と期待しないし、奢ってあげたら喜んでくれる。

最初から「俺が多めに払うよ」と言ってると彼氏との旅行の仕方にそういうイメージを持つので、サプライズ的に奢ってあげる方が後々のことを考えても有効な方法だ。

3ヶ月以内に別れるカップルの法則~すぐに別れるカップルの特徴って何?
せっかく付き合うことになっても、短期間で別れてしまうカップルは意外と多くて、交際3か月という期間はカップルにとって1つの壁になっている。 実際、短命カップルになってしまうことが悩みになると、恋愛がすごくしんどいものに感じるはず

カップルの旅行を割り勘にする方法

彼女との初旅行で温泉旅行に来たカップル

彼女と旅行に行く時は、「今回の旅行は割り勘にしよう」とまで言わなくても、なんとなく割り勘の雰囲気を出すのは簡単だ。

例えばパッケージツアーでスノボーに行くなら「一人○○円だから安いね!」とか、レンタカーして自由に動く旅行なら「一人○○円で借りれるからホテルはちょっといいところにしよっか?」などと、楽しい会話から割り勘を考えていることが彼女に伝えられる。

カップルの旅行を割り勘にする方法の基本は、「旅行に行く前から割り勘旅行であることを匂わせる」ことが重要なので、「一人○○円」という話を積極的に出して彼女に割り勘の雰囲気を察知させるとうまく行く。

20代の恋愛で理解しておきたい「10個のウソ」とは~20代の前半から後半まで、「知ってほしい恋愛で大事なこと」
20代の恋愛は、まだまだ恋愛経験が少ないから、多くの失敗もしてしまう時期だ。実際は、傷つきながらも成長するようなイメージで「20代の恋愛」があるのだろうけど、たくさんの人が知ることになる「恋愛のウソ」は、30代になるまでにぜひなるべ

私の経験則と、カップルの旅行費のお勧めの負担方法

私は普段のデートでは彼女の分まで多めに払う彼氏なのだけど、旅行費については基本的に負担割合を割り勘に寄せている。普段は7割くらい支払うが、旅行費については5.5割くらいに落とし、彼女が4.5割くらいを負担するイメージだ。

普段割り勘のカップルは完全割り勘で良いと思うが、おごりメインだったりいつもは差をつけて会計しているカップルも、旅行の費用については特別に割り勘に寄せることで仲良く旅行できるように工夫しよう。

なぜカップルの旅行は「ちょっと彼氏が多く払う」くらいにして割り勘に寄せるべきなのか

これは私の経験則から出している答えなのだが、カップルの旅行が特別なイベントであるため、普段はおごられる彼女も旅行に関しては費用の負担をしたがる傾向があった。(そこまで収入差がなく、年齢差もない場合)

旅行は国内旅行でもかかるお金が大きくなるし、彼女自身も楽しみにしているイベントだから、計画的に貯金してきているのがその理由である。

前述しているように、カップルの旅行は計画段階から楽しいから、彼氏のおごりでは彼女が気を遣ってしまうことが予想できる。奢られるからあまり口を出せないと考えても納得できるところだろう。

彼氏だって気を遣う部分ではあるが、せっかくカップルで旅行を楽しみにしているなら、やはり対等に色々な提案ができるように、基本的な費用に関しては割り勘(ちょっと彼氏が多く払う程度)を強くおすすめする。その方が彼氏の負担も小さくなり、彼女も計画から旅行を楽しむことができるからオールハッピーになれる。

カップルで行く旅行費用のおすすめの支払い方

そうしてカップルで一緒に旅行の計画から楽しんだ後は実際に二人で旅行に行くのだが、先ほど紹介した方法と合わせておすすめの割り勘方法は、先に二人が同額の金額を出した「二人の財布」を用意する方法だ。こちらの方法を使うと旅行中に何度もある会計が楽になるメリットがある。

改めて新しい財布を用意しなくても、どちらかの財布が「二人で出し合った旅行費用だけ入っている状態」になっていればOKだし、何か安いもので代替のものを用意しても良い。

3万円なら彼氏も彼女も3万円ずつ合計6万円だけが入った財布を用意して旅行に出かけ、旅行でかかったお金はすべてその財布から出すと完全なる割り勘が簡単に可能となる。

お土産などの個人的な費用もかかるから財布は分けて持っておく必要もあるのだが、割り勘の計算をするなら最初から二人でお金を出し合っておくと便利になる。この方法なら後からお金のことで話す時間が減るから、高額な旅行費でももめたりはしない。基本的には最後におつりを分け合って旅行費の清算は終了する。

彼女におごるタイプの彼氏は自分が会計をしたいと思う人もいると思うので、多少管理は面倒であるものの、二人が出し合ったお金を自分でもって会計すればいつも通りの会計ができる。

いずれにしてもカップルの両方が納得できる旅行費のお勧め負担方法だと思うので、参考にしてほしい。

器が小さい男の特徴10選~器が大きい男との違い
男らしい頼れる彼氏がほしい女性は、付き合う前から「器が小さい男」を見抜いて、付き合う男をしっかり見極めるべきだ。 せっかく彼氏を作るなら、同じ男性として「器が大きい男」と素敵な恋愛をしてほしいと思う。器の小さい彼氏と付き合うと

カップルの旅行費は彼氏が多く出せば良いといった単純なものでもない

彼女と初旅行に来た彼氏が彼女に気を遣わせている様子

旅行はそう何度も頻繁に行けない人がほとんどだから、二人で楽しむ気持ちが何より大事だ。普段のデートにサボリがちな人も、旅行は少し気合をいれたい。

彼女との旅行や彼氏との旅行が「初旅行」だった場合はお金の負担がややネックになると思うけど、予約の段階で一定の金額を先払いするなら、先にお金の話はしておくほうが後から非常に楽になる。

私も10代の頃や20代前半まで「自分が多めに出せば問題ないだろ」と思っていたのだが、彼女のリアクションを見る限り、計画から二人で楽しめるように基本は割り勘の方が良いと結論付けるようになった。それだけ彼女も楽しみにしており、特別な行事だから女性心理としても「彼氏に甘えたくない」という気持ちを持つことが多ったからだ。

また、割り勘にすると言ってもいちいち会計するのに割り勘していては面倒である。だからと言って適当に割っていければ旅行で長い時間一緒にいると少しの違いが最終的に結構な差になってしまうことがあり、変なバランスになると彼氏も彼女もストレスがたまるからやっぱりお金の問題は適当にするのが良くない。

カップルなら「お金」の問題もそんなにナーバスにならない話題だが、旅行は高額になる分テキトーはおすすめできない。金銭感覚も疑われるし、お金のことだけにせっかくの旅行が台無しになるリスクをはらむ。

今回私が提案した方法はあれこれやってみて落ち着いた答えなので、「お金のことだからきっちりしたいけど、簡単な方法がいい!」って人は試してみてほしい。

「彼氏も私も適当でどんぶり勘定だから!」という人は純粋に楽しんで雰囲気で会計する方が楽しめるだろう。なんだかんだキチっとしたい人が向いている方法を紹介した。

いずれにしても、カップルの旅行がそれなりのイベントだということを理解して、「普段通りでいい」と思うよりも「旅行だから気を付けよう」という気持ちの方が楽しくなるし良い思い出にすることができると思う。

一番大事なことは「正しいカップルの旅行の負担割合や負担方法」ではなく「あなたたちカップルが両方とも納得できる旅行の負担割合や負担方法」なので、私のヒントからそれを目指してみよう。

長続きするカップルの秘訣10選~長く付き合うにはどんな付き合い方をしたらいいの?
もしあなたが大好きな人と付き合うことになったら、あなたの精一杯で恋人を大切にしてあげてほしい。長続きするカップルになってほしいのだ。 カップルは、不安や心配や期待や嫉妬などなど、複雑な恋愛感情をお互いに向けあっている関係だから

まとめ

今回は、「彼女との旅行費用の負担割合はワリカン?驕る?」ということで、一般的なカップルの旅行費の負担割合と、カップルのお勧め負担方法を紹介した。私の経験では紹介した方法が一番簡単且つきっちりできる方法だったので、ぜひ参考にしてほしい。

普段のデートでおごっている彼氏は「さすがに旅行までおごりはきついなぁ」と思うことがあると思うが、その感覚はおそらく彼女と共有できている。きちんと話す方がむしろ彼女のためなのは「二人で旅行を計画から当日まで思い切り楽しみたい」から。

世間のカップルも「旅行は割り勘にする」というカップルが一番多いので、少なくても「彼氏が少し多めに出す」程度に留めるので問題ない。彼女と色々なことを話す中であなたたちカップルの「最適」を探してみよう。

彼女と行く旅行は本当に楽しいし、ずっと心に残る思い出になる。楽しい旅行にするために、準備を怠らずにその日を迎えよう。

関連記事:

付き合いはじめ
Brightfutureをフォローする
自分の結婚できる確率を理解する

結婚を具体的に考えるべき年齢は意外と若いって知ってましたか?結婚したいと思っている人は、自分の年齢によって変化していく「自分が結婚できる確率」を正しく理解しておくことが重要なんです。
下の記事では、総務省の国勢調査から年齢別・男女別に結婚できる確率を算出して、考察をまとめています。
後悔しないように、今の自分の結婚できる確率がどのくらいなのか把握しておきましょう。

恋愛のすべて
タイトルとURLをコピーしました