好きだけど喧嘩ばかり…彼氏や彼女と喧嘩ばっかりになった時の改善点と対処法

ケンカが多いカップルの微妙な気持ちをイメージした画像

「好きだけど喧嘩ばかりしている…」

想い合うカップルでも、ケンカが増えた時は彼氏・彼女の両方がしんどい思いをする。

喧嘩ばっかりという状況になったときはどちらに原因があるかもよく分からなくなって、改善のポイントも解決策も、どうしたらいいか何も浮かばなくなってしまうことがよくある。

しかし、カップルの喧嘩がある程度仕方のないものだとしたって、彼氏や彼女との喧嘩が多くなれば付き合っていること自体がつらい。

仲良く付き合っていきたいのに喧嘩が多いというカップルは、対処法を探しているはず。

そこで今回は、ケンカが多いカップルに向け、「彼氏や彼女とケンカばかりになった時の改善点と対処法」についてまとめる。恋人と仲良く付き合っていきたいと思う人は参考にしてみてほしい。

喧嘩ばかりになったら、挑発し合って喧嘩をヒートアップさせないことから対処法をスタートさせる

喧嘩は、発展させればさせるほど元通りに戻るのが難しくなる。二人が抱えるわだかまりも大きくなるので解決が難しくなるのだ。

お互いで挑発し合うような喧嘩の仕方をすれば、喧嘩が大きくなってしまうから仲直りが難しくなり、仲直りするまでの時間も長くなりがち。ケンカしている時間が長くなればどうしても「喧嘩ばかり」と感じる原因になるから絶対に気を付けたい。

激しい言い合いになってしまえば喧嘩の原因に関係なく思ってもないことまで言葉にしてしまい、どんなカップルもお互いを傷つけ合うことになる

好きだからムカつくこともカップルにはあるから、喧嘩をヒートアップさせないようにすることは簡単ではないものの、今回の「改善点」で最も基本的なことになる。

喧嘩しやすいカップルがまず取り組みたい改善点が「喧嘩を大きくしない」ことだ。

そのために売り言葉に買い言葉で些細ないざこざを喧嘩レベルのもめごとに発展させないようにする。喧嘩が増えてきたなと思う時には、なおのこと二人で意識したいことだ。

「謝ったのに許してくれない」と言う状況になれば、仲直りは本当に難しい状況となる。

喧嘩して謝ったのに無視される時や許してくれない時の対処法
彼女や彼氏と喧嘩した時は、落ち込んだり、ムカついたり、日常のことに集中できなくなったり…、悩んでしまう人はとことん気にしてしまうことがある。 特に、ちゃんと謝ったのに無視される場合や許してくれない場合は、喧嘩してから仲直りする

カップルが喧嘩ばかりになる原因「彼氏や彼女に当たる」のをやめる

喧嘩ばかりになったカップル

カップルの喧嘩の原因の中でも、「機嫌が悪いから」とか「イライラしてたから」という恋人に当たる喧嘩の仕方が最悪の喧嘩の原因だ

喧嘩してもそのカップルに取って良いことは生まれないし、繰り返した場合は人間性も疑われてしまう。喧嘩ばかりになったという自覚があるなら、なるべくこういった喧嘩をしないように、「感情のコントロール」が問題解決の前提条件だ。

喧嘩しやすいカップルは恋人に当たってしまうタイプの人がよく陥ってしまうところがあるので注意をしたい。喧嘩ばかりになってきたと思った時点で徹底して意識しておきたいところだ。

理不尽な態度を取る彼氏や彼女は喧嘩ばかりになる

相手に取って、理不尽な態度を取られていると思えば喧嘩になってしまうのも当然なので、彼氏や彼女と接する時間はイライラしたりしている自分を切り替えるように、気持ちをコントロールしよう。それができないと、自分勝手な人だと思われて嫌われるところまであり得る。

今付き合っている彼氏や彼女はあなたに取ってとても大切な存在のはず。ずっと自分のことを好きでいてほしいと願っている相手だろう。

でも、距離が近くなっていくとそんな大切な相手にこそ当たってしまうことが珍しくない。

気持ちはよくわかるのだが、自分とは関係ないところでイライラしている恋人が当たってきたら、相手はとても理不尽な態度に感じる。支え合うという意味を広義に考えれば時々当たってしまうことがあっても仕方ないのかもしれないが、状態化だけは避けるべき

彼氏や彼女の大切さをもう一度自覚することで、思いやりを持てるように頑張りたい。

「好きだから」という理由でイライラする女性は、下の記事も参考にしてみよう。

喧嘩ばかりになった時は「仲良く付き合っていくための喧嘩の仕方」に切り替えていく

「雨降って地固まる」ような喧嘩は、カップルがするべき喧嘩のカタチだ。分かり合うために、自分の気持ちを伝えるために、喧嘩は時にカップルに取って必要なものにもなる。

言い方を変えたりすることで喧嘩をしない方法も後述していくが、なかなか思ったことを言えない場合も多いので、喧嘩を通して気持ちを語り合うことはカップルに取って良い面もある

喧嘩の仕方が重要という視点もカップルがケンカばっかりになったときに大切な対処法のヒントだ。

では、カップルが仲良くなるための喧嘩の仕方とはどんな喧嘩の仕方だろう?

カップルが仲良くなる喧嘩の仕方

彼女や彼氏とケンカした時、ケンカ前よりラブラブになるための仲直り方法
カップルが上手くいくかどうかは、「ケンカの仕方で決まる」ところがある。言うまでもなく「仲直りの方法」も含めての話だ。 良いケンカの仲直り方法を知っていれば、ケンカする度に仲良くなるカップルになれるし、お互いを理解して二人に取っ

この記事は今回のテーマと密接に関係しているので、もしよければ合わせて読んでみよう。ここではポイントを掻い摘んで「仲良くなるための喧嘩にするための方法」についてまとめておく。

  • 喧嘩の原因を二人で認識し合う(すれ違いを防ぐために)
  • 思っていることを冷静に言葉にして伝える(うやむやで終わらないために)
  • 要求だけをせず反省を伝え、相手の気持ちも聞く(より分かり合うために)

この3つは最低限意識しておこう。感情が爆発するから喧嘩をしてしまうのだけど、あくまでカップルがカップルらしい喧嘩をするのはより良い付き合い方をするためだ。

相手に合わせないといけないところもあるだろうし、あなたにも譲れないところがあるだろう。喧嘩の原因は様々あるのだけど、好きだからしてしまう喧嘩は仲直りの後にもっとラブラブになれる喧嘩となる場合があるから、喧嘩が増えた時こそカップルは喧嘩の仕方が大事になる。

仲直りの仕方を再考する必要もあると思うので、リンク記事も参考にしながら改善・対処を考えよう。

喧嘩ばかりになったカップルは「価値観を合わせる」付き合い方をしよう!自分と彼氏や彼女は違う考え方をしている

彼女と喧嘩ばかりになった彼氏が一緒に行きたいと思っているカフェ

付き合っていると、カップルは似ていくところがある。長年寄り添った夫婦は顔まで似てくると言われるくらいだ。実感したことのある人は多いと思う。

しかし、どれだけ似てきても相手は自分と同じではない。

分かってくれているだろうという気持ちになっているなら「おごり」となるし、同じ考えをしているだろうと確信するなら「求めすぎ」となってしまうから、喧嘩ばかりになった時こそ、改めて自分と恋人は違う存在であることを意識しておこう。

カップルは長く付き合うと「合わない」ことがストレスになる

付き合いが進んで二人の関係に自信が持てるようになると、カップルは前提を間違うことが多々ある。

今までは二人が合うことが嬉しかったはずなのに、今度は合わないことが許せなくなったりイライラする原因になるのだ。それがケンカばかりになる原因へと繋がる。

期待し過ぎたり求め過ぎればやはり喧嘩が多くなってしまうから、あなたの彼氏や彼女は育った環境もそれまでの人生も全く違う人だともう一度ここで再認識しよう。

カップルは違っているから刺激も学びもあるわけで、恋愛が成立している。改めて前提となる考え方が間違っていなかったかを考えよう。

価値観が合う付き合い方をするには?

喧嘩ばかりになったカップルは「価値観が合う付き合い方」をしないといけないから、まず「これから価値観を合わせていく」ということを大事にしないといけない。

その前提に立った後、価値観が合うように付き合うには思ったことを言葉にすることが大事だ。「なぜそう思うのか」「なぜそう感じるのか」を言葉にすることで、彼氏や彼女はあなたの価値観を理解していく。

この理解の上で「共感」が起きると、喧嘩ばかりのカップルの価値観が少しずつ合ってくるので、もちろん最初は合わないと思うことが多いかもしれないけど、お互いに自分の感情を話し合える関係を作ろう。

長続きする中でたくさんの共感が起こしていけば、カップルはお互いに好きな人と向き合っている以上、少しずつ合ってくる。

ここら辺は下の記事でも詳しく解説しているので、もし喧嘩ばかりになった彼氏や彼女と合わないかもしれないと思うなら、読んでみよう。

彼女や彼氏と「合わない」と思った人へ~段々と合うようになるカップルの付き合い方とは
付き合いはじめは、彼氏や彼女と「合わない」と思ってしまうことが少なくない。 合わない彼氏、合わない彼女と付き合っている自覚がある人は、周りにいるラブラブなカップルが羨ましく見えることもあるんじゃないだろうか? カップルが

喧嘩ばかりになったら、過去のことを蒸し返さないこと

喧嘩ばかりになったカップルが辛いのはその繰り返し感である。仲直りしても全く前に進んでいない感じがするし、「またか」と感じるだけでつらく、イライラする。

喧嘩しやすいカップルは、喧嘩するからまた喧嘩が発生している面があるだろうと思うところだ。

そんな状態になってしまった時に大事な改善点は、「過去の話を蒸す返さないこと」だ。

じっくり向き合う形で喧嘩ばかりになってしまっていることを二人で意識することは良い面もあるのだけど、過去に起こった色々なことを度々蒸し返しながら話をされると、もう何をどうしたら良いのかが分からなくなる

喧嘩ばかりになったカップルに溜まっていくものがあることを否定するつもりはない。でも、文句が言いたいだけになってしまっていないかは考えるべきだ。

本当に改善が必要なら彼氏や彼女とじっくり話し合って解決するべきだろう。何度も蒸し返していれば解決が不可能になってしまう。

喧嘩ばかりになったことを「不満」としてぶつけると、お互いに不満を言い合うことになって、別れる以外に選択肢が浮かばなくなる

喧嘩ばかりになっていることを嫌な雰囲気でお互いが不満としてぶつけ合えば、どうしたってこのまま付き合っていく自信など持てない。

問題が山積してしまっている時でも一つ一つと向き合うべきであり、アレもコレもごっちゃにし、現在と過去までかき混ぜてしまうと関係は末期化してしまうので、改善しよう。

何度も言うが、喧嘩ばかりになったカップルは彼氏も彼女もそのことを気にしているし、お互いに不満に思っている。その不満をぶつけても相手から同じ不満が返ってくるだけなので、「対処法」に二人で向かうために「蒸し返さないこと」が喧嘩ばかりを抜け出す方法の必要条件になる。

喧嘩ばかりになったカップルの対処法① 気持ちを語ることから逃げないで、喧嘩の原因を分かりやすく話す

彼氏と喧嘩ばかりになった彼女が対処法に成功した様子

「何でこんなことをするの?!」
「また遅刻?私(俺)のことはどうでもいいと思ってるんじゃないの?!」

こんなことを言いたくなる気持ちになった時、喧嘩にしないためには「気持ちを語る」ことで改善できる場合がある。

「〇〇されると〇〇な気持ちになるから〇〇してほしい」
「会うのを楽しみにしているから何度も遅刻されると寂しい気持ちになる」

例はあくまでも例であってあなたの気持ちを語ればいいのだけど、ポイントは、責めずに自分の気持ちを相手に理解してもらって、自ら改善したいと思ってもらえるように伝えることだ。

伝え方で相手の捉え方が変わるので喧嘩しやすいカップルにはお勧めの方法となる。

喧嘩ばかりになったら、責めないで分かってもらう対処法を取る

何かあった時、相手から責められると言い返したくなるのが人の心理である。

自分にも言い分があるから、強い言い方をされれば強い言い方でそれを返す。悪いことをしたのが自分であるとの認識は時にずれることがある点にも注意をしておくといいだろう。相手は相手で考えがあったのかもしれない。

喧嘩は、つっかかっていくから相手をイラつかせてしまい、発展していく。

何度も我慢したことが爆発することもあるから難しい対処法ではあると思うけれど、気持ちを語ることができていないと思う人はやってみる価値があるので、素直な気持ちを語るように努めてみよう。

分かりやすく喧嘩の原因を話すことで、必ず相手は今まで以上にあなたの気持ちを理解する。怒った理由、悲しくなった理由、不機嫌になった理由を、恥ずかしがらずに「分かってもらおう」と話してみよう。

彼女や彼氏と喧嘩ばかりになった時は、命令をせず、相手を責めず、自分の気持ちを理解してもらえるように話をすることで相手に反省を促すようにしてみるのが正解だ。きちんと話せば、恋人同士の関係なのだし、気持ちを汲んでくれるはずである。

もう一歩譲歩できる人は「お願い」するところまでいけると、尚更相手の印象はよくなると思う。

彼氏に言いたいことが言えない彼女は「可愛いお願いの仕方」で本音を言う方法がおすすめ~彼氏に言いたいことがあるなら
彼氏に言いたいことが言えない彼女は、「伝え方」を考えることでかなり改善できる。 そのおすすめの方法が、「可愛いお願いの仕方」をして、不満の形で自分の意見をぶつけるように伝えるのではなく、「彼女からのお願い」の形で彼氏の気持ちに

喧嘩ばかりになったカップルの対処法② 喧嘩しないように自分から努力を始める

喧嘩ばかりになってしまったり、喧嘩しやすいカップルは、相手への不満も多くなってつい相手の変化に期待してしまうのが悪循環の原因となる。

悪いのは相手であって、自分は仲良くしたいと思っているのに分かってくれないと感じがちなのである。喧嘩ばかりになったのなら、実際にそれを裏付けるエピソードだってたくさんある状態だろう。

でも、喧嘩しやすいカップルや喧嘩ばかりのカップルは、お互いで相手に期待してしまっている。

好き同士で付き合ったのに喧嘩が増えた理由は、すれ違いが原因であることも多いので、相手の変化に期待する心を持ちながらも、自分から変わっていくことを大事にしよう。

まずは自分から喧嘩しないように努力をはじめる。

これがお付き合いだけでなく人間関係を良化させていくのにとても大切なことだ。裏切られたように感じることも多々出てくるかもしれないけれど、あなたの目的が「幸せに付き合っていくこと」だとすれば、そうではない現状を変えるために、変えられない「彼氏や彼女の気持ち」より、変えられる「自分の気持ち」を変えて具体的な努力を始めたい。

相手を変えることも可能だけど、簡単なのは自分を変える方だ。彼氏や彼女を変えることの方が難しいので、「自分から」という気持ちを大事にするのが喧嘩ばかりになった時の改善点となる。

より強く目的や目指すところを意識して、そのために働きかけよう。最初はから回ることが多いと思うが、あなたが変われば行動や態度が変わって、彼氏や彼女に伝わっていく。

喧嘩ばかりになったカップルの対処法③ 別れるか迷う時は一旦、距離を置く選択肢も検討する

最後の対処法は1年以上付き合ったカップル向けだが、長続きしたカップルは「交際にできる波」の存在も考慮して、別れる前に「距離を置く」という選択肢も検討しよう。

喧嘩ばかりになったカップルはこじれているので、ここで解説した対処法を実践しても「手遅れ」に感じることもあるのだが、長く付き合ったカップルは簡単に別れるべきじゃない。

本当に好き同士だったら「悪い時期の乗り越え方」が大事になってくるから、「もう別れないといけないのかな…?」と思っているなら、元に戻ることを前提に距離を置く方がお互いの幸せのためになることがある。

少し距離を置くと、喧嘩ばかりの状態が落ち着くことになるので、改めて彼氏や彼女のことを考えられるし、相手も冷静に考えてくれる。

そこまでして関係を修復したいと思えない恋人なら別れるべきなのだろうけど、「どうにかしたいけど、どうにもできない」と思った時は効果的な方法だ。

下の記事を参考にしながら、喧嘩ばかりの時期を乗り越える方法はぜひ多角的に考えてほしい。

まとめ

今回は「彼氏や彼女と喧嘩ばっかりになった時の改善点と対処法」をまとめた。

カップルは、コミュニケーションが深く密になるから、喧嘩が避けられないところがある。喧嘩して仲直りしてのサイクルがより二人を近づけるので、お付き合いのサイクルに喧嘩自体が含まれていると言えるが、喧嘩ばかりになってしまうとしたらお互いがしんどくなっていって愛情を失っていく原因となる

現状が「ケンカばかり」になっているなら、その内お互いが向き合えなくなってしまうことも懸念されるので、末期化する前に一度真剣に対処を考えておきたい。放置すると喧嘩するのもダルくなっていくから最終的には決定的にすれ違ってしまうだろう。

後悔することがないように、できることをやらないといけない時期に実行しよう。今回の記事がそのヒントになればと思う。

もしあなたがいつもケンカが原因で別れを繰り返していたり、好きな人と上手くいかない経験が多いなら下の記事も合わせて読んでみよう。

関連記事:

倦怠期 ケンカ
Brightfutureをフォローする
自分の結婚できる確率を理解する

結婚を具体的に考えるべき年齢は意外と若いって知ってましたか?結婚したいと思っている人は、自分の年齢によって変化していく「自分が結婚できる確率」を正しく理解しておくことが重要なんです。
下の記事では、総務省の国勢調査から年齢別・男女別に結婚できる確率を算出して、考察をまとめています。
後悔しないように、今の自分の結婚できる確率がどのくらいなのか把握しておきましょう。

恋愛のすべて
タイトルとURLをコピーしました