会えない寂しさやイライラで彼氏を攻撃してしまう女性へ~本当にあなたが望むことって何だろう

寂しさから彼氏を攻撃してしまう彼女のイメージ

恋愛している女性は、「寂しさ」を理由にイライラしたりストレスを感じてしまうことがある。

彼氏と会いたいのに会えない寂しさ、話を聞いてほしいのに話せない寂しさ…。
これらは好きな人への愛情を源泉にした気持ちなのに、イライラやストレスと言った負の感情に変わって、彼氏を攻撃してしまう原因へと繋がる。

「本当は寂しいだけなのに、なぜかついイライラして彼氏を攻撃してしまう…」

恋愛感情を持つ相手には余計に気持ちのコントロールが難しいため、寂しい気持ちから発生したストレスの発散が、あなたの望まない形になってしまうことも多いはずだ。

彼氏が好きだから寂しくなるのに、自分がやってしまっているのが「彼氏への攻撃」。
もしそうだとしたら、つらいのはあなただけじゃなく、大好きな彼氏だって同じだろう。

一部はどうしようもないことになってしまっている状況もあるとは思うけれど、これが状態化してしまっては、当然彼氏とのお付き合いがうまく行かなくなってしまう。

そこで今回は、「会えない寂しさやイライラで彼氏を攻撃してしまう女性へ」と題し、男性とのお付き合いで大切なことや、寂しさで攻撃された時の男性心理などを紹介していきたい。

彼氏と会えなくて寂しい時、本当にあなたが望むことって何だろう?
今の接し方を真逆にするのはムリだとしても、攻撃しなくて済む瞬間を少しでも増やせるように、考え方を変えていくきっかけになればと思う。

スポンサーリンク

攻撃は反発を生む行動

あなたが寂しさを抱えてしまった時に相手を攻撃してしまうとしたら、喧嘩に発展してしまったり、そこまでいかなくとも雰囲気を悪くしてしまうことがよくあると思う。

本当は複雑な心境かもしれないし、この記事を読んでくれているのだから悩みにもなっていたりするのかもしれないけれど、相手の彼氏からすると、やっぱりそれは愛情から発生する「寂しさ」でそうなっているとは言え、「攻撃」として認知されやすく、どうしても「反発」されやすくなってしまう。

付き合っている以上は彼氏からあなたへの理解があるはずなので、どこまで譲歩するかは置いておくとしても、「攻撃された理由」が「寂しさ」であると認知する人は認知する。
何度か繰り返しの中で学んでいくと言うか、考えていることが何となく分かってくる感じだ。
それを簡単な言葉で括ると、イメージとして「ツンデレ」って認識する。

しかし、彼氏があなたの性格を理解できていたとしても、いつも余裕を持っているわけではない。

彼女からの攻撃を受け流してご機嫌を取るのは、寂しさを理由に攻撃しない彼氏からすると結構骨の折れることであって、余裕がない状況では単純に「めんどくさい」と思う気持ちを止められなくなることが度々出てくるのが現実だ。

男はすぐに「めんどくさい」と言うところがある。
女性の細かい心理的な浮き沈みに疎いのである。

愛情の深さで乗り越えてほしいと思う女性も多いのだろうけど、そういう問題ではないと考える男性が多いのは間違いないかなと思うところ。

めんどくさがりの男性なら尚更「攻撃された事実」が頭を支配してしまう瞬間を迎えやすい。

寂しさを素直に表現しないとすれ違いの原因に

攻撃には反発がつきものだとすれば、寂しさを素直に表現しない場合、二人の気持ちがすれ違う原因になってしまうことがあるのは間違いない。

ある瞬間だけ「寂しさから攻撃してしまう女性」ならまだしも、その傾向が強く、頻繁にストレスから攻撃してしまう女性はなかなか長くお付き合いが続かないだろうし、良い雰囲気の中で彼氏と日常を送ることも難しくなってしまうだろう。

寂しさを抱えてしまう時と言うのは、基本的にコミュニケーションが不足がちになっている時に多い。かまってちゃん的な彼女だったり、どの程度の「寂しがり屋の女性」かにもよるが、彼女側が彼氏を攻撃してしまうほどの寂しさを抱えた時点で、良い雰囲気とは言えない状況になってしまっている場合がどうしても多いはずだ。

そんな時に素直になれず、自分の気持ちとは裏腹な態度を取ってしまう場合、相手の彼氏には彼氏なりに考えることもあるわけなので、どうしてもすれ違いやすい。

特に、「状態化した雰囲気の悪さ」を感じてしまっている時は、お互いの愛情の確認が不可欠になっている時なので、イライラして「攻撃すること」でむしろ彼氏側の愛情表現が遠ざかってしまう原因を作ることになり、上手くいかない理由となる。

素直に感情を表現するのは「信頼関係」がないと難しいのだが、もし寂しさが理由とは言え彼氏を攻撃してしまうのなら、信頼関係を壊す行動・態度になってすれ違いが末期化する可能性を高めてしまう。

寂しいと感じる時と言うのは既にすれ違い始めている場合も多いので、少なくてもカップルのポイントになるようなタイミングでは、「素直さ」が必須となる。

今の二人の状況を少し考えてみることで、あなたが変わる可能性は作れるんじゃないだろうか?

次は、寂しい気持ちからイライラしたりストレスを感じて、彼氏を攻撃する女性の対処法を紹介していく。

素直になれる瞬間を作ることの繰り返しで経験則から学びを得る

会えない寂しさや話せない寂しさで彼氏を攻撃してしまう女性に向け、ここからは対処法も検討していこう。ここまでは今回のテーマを「悪いこと」として言ってきたが、ここからは前向きにどうしていくかをまとめていく。

頭では「素直にならないと!」と思って、攻撃してしまう自分が良くないと思っているのなら、ある瞬間だけ頑張ることの繰り返しで、段々と彼氏への接し方を変えていく自分をイメージしよう。

「素直になった方がいい」と実感する瞬間をいくつか体験することで考え方そのものを変えていく人がいて、結果相手との関係も良化したり、素直な感情表現をすることにも慣れていくことから、意外とこの部分に関しては意識することで付き合い始めとは変わっていく人が多い部分だ。

付き合い始めは、まだ意地を張ってしまったり、プライドが邪魔をしたりして、素直になれない人は少なくない。

でも、あらゆる意味で打ち解けていく内に素直になれるのは、悪い意味の緊張感がなくなって本音でしゃべれるようになる点が一つの理由で、喧嘩しても仲直りする過程で色々な感情を含めた話をするから付き合っていく内にお互いの理解が進むことも理由だ。

結局、考えていることをちゃんと相手に伝えないとうまくいかないことをお互いで学んでいく。

以前にカップルに取って「ケンカを乗り越えること」がよりラブラブになる要因となり得ることを紹介している。

彼女や彼氏とケンカした時、ケンカ前よりラブラブになるための仲直り方法
カップルが上手くいくかどうかは、「ケンカの仕方で決まる」ところがある。言うまでもなく「仲直りの方法」も含めての話だ。 良いケンカの仲直り方法を知っ...

衝突によってこのような結果を得ることもあるのだから、寂しさを原因に相手を攻撃してしまったことそのものは、全てが悪いことではない。
感情の表現方法は間違っているかもしれないが、ただただ我慢して限界を迎えるよりよほどいいとも言えるだろう。

最大の問題は「繰り返し」が悪い方向で状態化してしまうこと。
すれ違いが末期化すると素直になれる瞬間を見失いやすいので気を付けたい。

感情面の話を理屈に落とし込むには限界があるとは思うけど、「どうしたらいいのか」を考える時に「次は頑張る」とするよりはだいぶいいと思う。

もう少し続けよう。

本当にあなたが望むことって何だろう

会えない寂しさや話せない寂しさで彼氏を攻撃してしまう時、あなたが望むことって何だろう?

少し無理してでも会う時間を作ってもらうことだったり、忙しい時でもちょっとした時間に電話をしてきてくれるようになってくれることではないだろうか。

寂しさを抱えた理由が「もっと、もっと」という気持ちからだったら対処が難しいのだけど、明らかにコミュニケーションが不足しているような時って、相手の彼氏だってそのことには気づき始めるものだ。

ここで素直に「寂しい」と言えれば、二人で対処を考えることも可能だろう。

満足できるほどの調整ができるかは分からないけど、恋人から「寂しい」と言われれば、相手は「どうにかできないか」を考える方が普通だ。多くの場合で改善のポイントがいくつかみつかる。

彼氏だけでなくあなたも一緒に努力できることがあるはずなので、問題点と二人で向き合うことができれば、現状よりも未来は明るくなるだろう。

しかし「攻撃してしまって素直になれない」のなら、そう遠くない未来にお互いで考えていることが分からなくなる。

事実はやっぱり大きくて、攻撃されることが多ければ連絡を取り合いたくなくなるし、会うのも面倒に思い始める。男性心理を勘案すれば、ここはあなたが思っている以上のスピードで末期化する部分だ。

誰だって衝突することが分かり切った接触には消極的になる。
恋愛に絡む感情は確かに自分が理想とする状況とは遠ざかり易い。
「なんでいつもこうなっちゃうんだろう」
友達の相談でも、実際の体験でもこんなことを思うことはよくあることだけど、少しでもどうにかしていかないと改善なんてしないのだから、「目的」を強く意識したい。

自分がしたいことは何なのか、何を目指しているのか、どんな風に相手と一緒にいたいのか。

全部の行動や態度を変えていこうとは思わず、何回かに一度でも自分の想いと行動を一致させることができればまだどうにかなるものだ。

時には「寂しさから攻撃してしまう自分」を彼氏に相談してみるのも一つの方法になるだろう。

何も考えずに攻撃していると彼氏が思うことはないと思うけど、状況次第ではネガティブな考えが支配する瞬間がないとは言えない。

自分が望むことを意識できれば、きっと伝え方が変わる。

伝え方が変われば相手のリアクションが変わってくる。

寂しさは人によってはかなり辛い気持ちになってしまうものだが、一人では解決しにくい問題だから、どうしたら二人で向き合えるかを考えよう。

まとめ

今回は、会えない寂しさやイライラで彼氏を攻撃してしまう女性へ向けて、男性の視点から記事をまとめた。

感情表現が豊かな女性においては、男性としてかわいいと思える態度や行動もその分多いのだけど、ツンツンしてしまうと雰囲気がどうしても悪くなりがちなので、傾向として頻繁に彼氏を攻撃してしまう女性は、「寂しさ」を理由としていると言っても、改善・対処を考えよう。

つっかかってきたり、イライラをぶつけられると、受け止める方もストレスになるからそれなりに大変だ。

理由が分かっているならどうにか受け止めたいと思うけど、いつも余裕があるわけではないから衝突も増えてしまう。

せっかく相手への愛情を前提とした感情なのだから、攻撃とは違う形で表現しよう。

関連記事:

付き合いはじめケンカ
スポンサーリンク
Brightfutureをフォローする
自分の結婚できる確率を理解する

結婚を具体的に考えるべき年齢は意外と若いって知ってましたか?結婚したいと思っている人は、自分の年齢によって変化していく「自分が結婚できる確率」を正しく理解しておくことが重要なんです。
下の記事では、総務省の国勢調査から年齢別・男女別に結婚できる確率を算出して、考察をまとめています。
後悔しないように、今の自分の結婚できる確率がどのくらいなのか把握しておきましょう。

スポンサーリンク
恋愛のすべて
タイトルとURLをコピーしました