別れてもよりが戻るカップルの特徴や別れ方~よりが戻せるカップルとは

よりを戻すカップルのイメージ

あるアンケートを参考にすると、「別れた彼氏とよりを戻すのがアリ」だと言う女性は約6割、「彼女とよりを戻すのがアリ」だと言う男性は約8割となっていた。

この数字はあなたに取ってどう映るだろう?

別れた後によりが戻る可能性は、二人の付き合い方や想いの量も関係していて難しい問題だけど、上記の数字を参考にすれば、多くの人が「別れた恋人とよりを戻したい」と思ったことがあると言えそうだ。別れた後に彼女や彼氏のことを思い出す瞬間は意外にある。

では、別れてもよりが戻るカップルの特徴や別れ方とはどんなものだろう?
よりが戻せるカップルとは?

今回は、別れた恋人とよりを戻したいと思う人へ、「別れても寄りが戻るカップル・寄りが戻せるカップル」についてまとめてみよう。

スポンサーリンク
記事下アドセンス

些細な喧嘩が発展して別れてしまったカップル

頻繁に喧嘩してたり、大きな喧嘩の後に雰囲気が変わった場合を除き、些細なケンカが発展して別れてしまったカップルはよりが戻る可能性があるカップルだ。

理由は二つ。

  • きっかけが小さいものだったため、冷静になった時に後悔しやすい別れ方だから
  • ケンカが発展して感情的になってしまい、思ってもないことまで言ってしまっただけだから

特に、ケンカしたのが「彼氏・彼女以外の問題でイライラしていたのが原因」であった場合や、「疲れていたのが原因」だった場合、安易にキレるか拒絶したくなることが多く、相手のリアクションが悪いことでケンカがヒートアップしてしまい、思ってもみなかった「別れ」へとつながる場合がある。

結局、どちからが「よりを戻したい」と実際の行動を起こさないと元に戻るきっかけがないのだけど、好きな気持ちに変化が起こり易いかと言えば、このようなケースでは確率的には低いので復縁の可能性がある。

もしよりを戻したいと思ったら、長期化させないことがポイントになる。

スポンサーリンク

好きだから抱える感情を理由に別れたカップル

嫉妬(具体的浮気を除く)が一番わかり易い例になるが、「好きだから抱える感情」は時々別れの原因になることがあり、想いとは逆の選択をさせることがある。

その他にも遠距離などで抱えやすい寂しさや、恋愛すると相手のことばかり考えてしまって辛い人など、付き合っていると好きだけど別れたいと思うことがあって、相手のことを想って別れる場合などもそうだと思うのだが、そういったカップルは気持ちが残っている以上、復縁の可能性を残したカップルだ。

恋人の話をしっかりと聞けば、このような場合は別れ話をする時でも本当に別れたいと思って別れ話を切り出していない場合が散見される。

好きだから抱える感情の多くは、不安を取り除いてほしかったり、安心できる言葉を欲していたり、目的と手段が一致していない行動が多い。

本人がそれを自覚している場合については後述するが、気付いていない場合も多いだろう。

このタイプの人と付き合っていると、本当に別れたくて言っているのかそうではないかが分かるようになるのだが(自ずと訓練される)、相手が毎回優しく対応できるかと言えば、どうしてもすれ違いの可能性が出てくる。

やはり素直に言葉を尽くすことがお付き合いの基本だと思う理由の大きな部分だけど、往々にして性格は変わりにくいので、何度もやってしまう人も少なからずいるものだ。

好きだから抱える感情は、ポジティブなものとネガティブなものに分けられ、問題となるのは後者。程度問題がぞれぞれで違っているため、案外問題になるカップルがいる。

これも結局好きだと言う気持ちには変化がなく、逃げたくなっている状態に近いため、根っこの部分でよりを戻す条件は崩れていない。

復縁の可能性があるカップルと言って良いだろう。

彼女が振って、その後によりを戻したいと思っているのも彼女というカップル

冒頭にあるアンケートの結果を紹介したのだが、復縁に対する感覚は女性の方が男性に比べてナシの割合が高い。

復縁に関しては、男性から女性を追うよりも、女性から男性を追う方が、よりを戻すという意味では可能性が高いと言えるだろう。

確率的な話だけではないので続けよう。

男性を分析すると、女性と比べて一般的に以下の特徴があると言われている。

  • 過去の恋愛をカードに例えると、男性は横に並べて(一番上の女性はいるが、その他複数の元カノも意識から消えない)女性は縦に重ねる(一番上に一人の男性だけ)
  • 過去を振り返るのが好きで美化しやすいのが男性、過去を過去と割り切るのが女性
  • 男性は多くの女性からモテると生物的に優れていると実感できるから、一度好きになってくれた女性を特別視し続ける
  • 男性はストレスを抱え込むから処理が遅く、女性は外に吐き出すからストレス処理がうまい

上記の特徴は、当然個人差は大きいけれど、本能の部分と直結しているから、当てはまる男性は多い。

つまり、元さやになるのがアリと答える比率が男性ほど高いのは理由付けが可能と言うことだ。

彼女が振ることで別れたカップルは、彼氏の気持ちは残っている状態が多いと思われるので、振られることで一気に過去の恋愛にすることが苦手な男性脳を考えると、彼女が思い直すのならよりを戻せる可能性が高まるだろう。

逆に彼氏が彼女を追う展開では、別れ方次第なところももちろんあるけれど、難しい。

彼女側に別れる決定的な理由がある場合は、彼女の気持ちを動かすのに、彼氏がただアタックをするだけでは足りないと思われる。

情で付き合いを継続する人も、女性的な感覚では男性と比べて割合は低いから、よりが戻せるかどうかに彼女側の気持ちが大きく影響する。

恋愛経験の少ないカップル

恋愛経験の少ないカップルもよりが戻るカップルの特徴だ。

いくつか理由を挙げてみる。

  • よりが戻った後にうまくいかない経験をしていないので、よりを戻すことにアレルギーがない
  • 出会いがなかったり、モテなかったり、恋愛経験の少ない人は次の恋人ができるまで時間がかかる、加えて両想いになれた存在も貴重に思う傾向がある
  • 色々な「初めて」が心の結びつきを深めて過去を美化しやすい
  • 経験がないことで上手く付き合っていくことができない人も多いので、後悔する別れを経験する可能性がある(どうしたら良いか分からなくて別れてしまう)

あなたと付き合うまで恋愛経験のない人や少ない人とよりを戻したいと思うなら、いくつか可能性が高くなる要素があると思うので、実際のアクションを起こしてみるべきだ。

時間を置くことでうまくいくこともあるので、経験が足りてないだけにもがくことも必要かなと思う。

(参考:恋人と距離を置く理由や意味~何で距離を置こうって思う気持ちになるの?

気持ちを試した結果別れたカップル

時に放置したすれ違いは問題を末期化させることもあるけれど、長期化していないすれ違いはまだどうにかできる可能性が残されている。

何か不安で、相手の気持ちを試した言葉がすれ違って別れてしまった場合、そのいくつかには全く別れる必要の無かった別れもあっただろう。

気持ちを素直に確認できれば、別れる必要の無かったカップルはよりを戻せるはずだ。

気持ちを試すという行為は、相手に取ってその真意が図れない時がある。

察する力にも依存するし、言う方の表現もかなり微妙な問題で、すれ違うことも多く、お互いの気持ちとは裏腹に、結果が思いがけない方向へ進むと引くに引けない状況になる。

気持ちを試した本人はそれなりに悩んでいる状況であることも多いから、期待した言葉が返ってこないと煽ってしまうこともあってこじれていく原因になる。

何度も気持ちを試されるようになれば、反発もしたくなるから、話が良からぬ方向へ行くのも当然だし、言い方が悪いなら喧嘩をふっかける感覚に近くなるため、事と次第によって別れ話にも発展するのも当たり前。

この場合は問題が中長期に渡って表面化してしまっているから、元さやに納まるのが難しいけれど、消耗するほどの期間が経っていないのなら、ただすれ違っただけである可能性がある。

よりを戻すのに一番大事なことは「きっかけ」をいかに作るかということになる。

気持ちは気持ちを動かすから、引きずっているもの同士しかよりを戻せないかと言えばそうではなく、別れた後の変化や別れ話の時に受け取った言葉の捉え方など、相手の気持ちを動かす可能性を孕んだ要素はいくつかある。

過去に仲良く過ごせた期間があったカップルなら、相性の良さはどこかで意識にはあるので、よりを戻す判断があっても珍しくはない。

よりを戻したくてアプローチするときは、過去に付き合っていた相手ゆえに表面的な話にはならないので、しっかり言葉を選んで情熱を込めて気持ちに訴えたい。

「またうまくいかないんじゃないか」ということが頭をよぎることは忘れるべきではないだろう。

相手の気持ちを試す心理と問題点~何度も人の気持ちを試す人は彼女や彼氏とうまくいかない

まとめ

今回は「別れてもよりが戻るカップルの特徴や別れ方」を紹介した。
よりが戻せるカップルとはどんなカップルか、イメージできただろうか。

よりを戻したいと思う相手との恋愛が過去の恋愛と言えるかどうか分からないけど、もう一度やり直したいと思うなら、しっかりその気持ちを伝えることが大事だ。

しかし、失恋によって傷ついた後に追い打ちをかけられるかもしれない行動はなかなか選べない人も多いと思うので、今回挙げたことに当てはまるのなら、勇気を持つきっかけにもしてほしい。

また、よりを戻すのには過去を振り返ってちゃんと反省できていることも条件になるので、ただ猪突猛進にアプローチするのではなく、付き合ってきた歴史に対して色々な角度から深く考えてみよう。

相手への思いやりがないと情熱は空回りする。

本文最後に述べているように、気持ちは気持ちを動かす。

相手の気持ちを推し量ることは悪いことではないけど、それよりも重要なことは、自分がどうしたくてそのためにはどうするべきかを考えて、実際に行動にまで落とし込むことだ。

関連記事: