>>自分の恋愛傾向が分かるプロの診断を受けてみました

冷たくなった男性と以前の関係に戻りたい!急に態度が変わった男性と元に戻るには?対処の方法を解説!

冷たくなった男性とそれを気にする女性が一緒にいる様子。

「急に態度が変わってしまった男性と元に戻るにはどうしたらいいんだろ…?」

もし好きな人の態度の変化で悩んだら、完全にすれ違って以前の関係に戻れなくなる前に、一度きちんとした「対処の方法」を考えてみよう。

男性が急に態度を変えた場合はやはり何かしらの意思を表現している場合があり、それがもし「誤解」を原因としている場合、片思いの時は些細なきっかけで良い恋愛が簡単に壊れてしまう

彼氏であればカップルとして「二人」で解決できるけど、まだ付き合う前なら好きな人の態度が元に戻ることを願うだけじゃなく、あなたのアクションが大事になるのだ。

そこで今回は、冷たくなった男性と以前の関係に戻りたい女性に向け、「急に態度が変わった男性と元に戻る方法」を解説したい。

仲が良かったのに気まずくなった男性がいる女性、好きな人の態度がそっけなくなって寂しい女性は、今の自分にできることがないか、参考にしてみよう。

スポンサーリンク

 急に冷たくなった理由をなるべく具体的に把握する

まず、問題を解決するために「原因」を知ることが対処のスタートラインになる。

あなたの好きな男性が急に冷たくなった理由は何だったのだろう?

正しい答えがはっきりわからない場合でも、彼が冷たくなった理由に近づくことで対処の方法はより具体化されるので、一度しっかり考えてみよう。

下の記事で男性の態度が変わる理由や原因についてまとめているから、「何で好きな人は突然冷たくなってしまったか」がよく分からない人は、正しい対処法を実践するために予め読んでみてほしい。

急に冷たくなった理由が全て特定できるわけではないのだけど、色々な角度から考えてみると、答えが見つかる場合や何となく察することができる場合がある。

好きな人の態度が変わった理由から対処を考えるなら、その状況に合った具体的な対処法が見えると思うので、イメージしながら続きを読んでみよう。

急に冷たくなった男性の変化を「待っている」のではなく、「自分から」動く

急に冷たくなった男性の様子からショックを受けると、多くの場合で自分も普通ではいられなくなる。気まずいと感じる人が多いはずだ。

会話がぎこちなくなったり、メールやLINEの連絡もなくなったりして、どんどん関係が冷え込む原因になるのは、相手だけでなく自分も「空気が変わった」ことが主な原因である。

急に好きな人が冷たくなった時は、悪循環にならないように軽度の態度の変化には自分から相手に接触することを大事にしよう

  • 好きな人が冷たい+自分も冷たくなる=気まずくなる
  • 好きな人が冷たい+自分は明るく接する=気まずくならない

男性の態度が変わった理由を問わず、相手男性と以前の関係に戻りたいと思うなら、自分から動いていくことが対処法で大事なことだ。

好きな人が冷たくなったことがきっかけだったとしても、コミュニーションがなくなってしまうと相手の気持ちを知ることが難しい。簡単な会話でもいいから、話していれば見えることがあるはずなので、接触を避けるのではなく、何でもいいので自分から関りを持つように頑張ろう。

  • 男性が冷たくなったから話しかけることをやめた=関係が壊れる
  • 男性が冷たくなったけど自分から関りを持つようにした=関係が継続できる

「好き避け」や「勘違い」、「誤解」や「押し引き」を先程紹介した「冷たくなった理由」の記事で挙げているのだけど、女性の方からアクションを起こすことで男性の態度が元に戻る場合は決して少なくない

当ブログに来てくれるユーザーは、悩みながらもそのまま時間を経過させているケースが散見されるため、自分から何もしないのはとてももったい無いと感じている。たった一回話しかけたりLINEしたりするだけで空気が変わることもあるし、関係作りは双方向で行うものであり、相手にばかり期待するのは恋愛でうまくいかない原因になっているところだから、少しずつでも頑張ってみよう。

理由の記事で紹介しているように、女性側から動くことで解決できる理由も多い。

「何かやってみよう」
この気持ちを大切にしてみてほしい。

それが、あなたを以前通りに素敵な印象にするだろうし、前向きさを失っては片思いが叶うはずもないので、ここでしっかり自分の方向性を確認しておこう。

急に冷たくなったきっかけが無いなら、ストレートな質問はNG

急に冷たくなった男性との間に直近何か原因と思われるようなことがない場合は、「何でいきなり冷たくなったの?」というストレートな質問は控えよう。

原因が分からない以上、答えられる内容かどうかも分からないため、察する方が大事になる。場合によってはもっと気まずくなる原因となる部分だから、遠まわしに情報を聞き出すように間接的な質問にとどめて置くと関係修復のタイミングがやってくる。

  • ストレートな質問をする=答えてくれず、気まずい雰囲気になる
  • 遠回しな質問から察する=丁度いい距離感で、関係が修復しやすい

積極的な女性は「なんかしたっけ?」など、聞き方を考えて好きな人に直接聞きたくなることがあるが、どんな聞き方をするかよりも質問の内容が微妙になるので、片思いの時期はあやふやにしておくべきこともある。

そもそもあなたに何か言いたいなら相手がストレートに言ってくるはずだから、「言いたくても言えないこと」など微妙な気持ちにも配慮するようにしよう。

特に男性はこういった「感情の話」をストレートに話したくないシャイさを持っている。男性心理にも心を配り、めんどくさい女だと思われないためにも、対処法のポイントだと理解してほしい。

いきなり冷たくなった男性は「LINEと、直接会う機会」のどっちで関係を修復するか

いきなり冷たくなった男性と関係修復するためには、基本的に「直接会う」方が良い。表情や声、雰囲気や話し方で相手の気持ちが分かりやすいからだ。あなたの立場から見ても、遠まわしになったとしても伝えられることが増えるメリットは大きい。

「字」でやり取りするメールやLINEでは色々と悪い方向にも考えやすく、余計ネガティブになって好きな男性の冷たくなった態度にへこんでしまうことは多いから、会った時に話しをするように頑張るのが「男性が冷たくなった時の対処法」の基本だ

しかし、冷たくなった男性に対して時間を置いた方が良い場合もあるのが難しいところ。先ほど紹介している「冷たくなった理由」の記事を読んでもらえた人は理解できるかもしれない。

完全に疎遠にならないように定期的にメールやLINEを送りつつ、軽いコミュニケーションで徐々に元に戻るイメージで接する方がうまくいく場合もあるので、焦らずに色々な関りの中からどちらが適切かを考えよう。

自分から動くことが大事だと言ってきたことに矛盾するようだがそうではない。

話し掛けてみることで相手の態度に変化がある場合もあるし、少し時間をかけた方がいいかもしれないことに気づくこともある。自分の中でモヤモヤ考えているよりも相手の情報を引き出した方が対処はしやすいので、積極的に追っていけばいいとの単純な話ではないことを説明している部分だ。

接触しながらゆっくり関係を元に戻す方向で考えるべき状況があることを踏まえて、何度かコミュニケーションの機会を作って相手の気持ちを考えてみよう。

LINEが急に冷たくなった時の対処法

好きな男性と連絡を取っていて、「LINEが急に冷たくなった」と感じた時は、やり取りの頻度を下げよう。毎日LINEしていた場合は週に2回くらいにLINEの頻度を落とし、週に2回から3回のやり取りだったら週に1回ほどにLINEの頻度を調整する。

「本当にLINEが冷たくなったのか」という点は吟味する必要があるものの、LINEのやり取りは相手の気持ちを反映しやすいので、脈なしサインを察知することがあると思う。

急な態度の変化に気付かずにいつも通りの連絡を続けると「しつこい」と思われてしまうから、会った時にグループトークで関係を作りなおす方が元に戻れる可能性を高める

時間がかかる対処法を取らざるを得ないが、好きな人からLINEが来るようになれば元の連絡の取り方に戻せるので、嫌われない対処の仕方を優先しよう。

下の記事も参考にしてみてほしい。

冷たくなった男性に探りを入れる方法、ポイントは?

冷たくなった男性と元の関係に戻りたいと思ったとき、「探りを入れたい」と思うときもある。もっと言って、関係を戻すための探りの入れ方が気になる女性もいるだろう。

もし、好きな人の会話中に探りを入れたいと思ったなら、「ポジティブな気持ちを伝えるやり方」がおすすめだ。仲が良かった時のことを「楽しかった」「うれしかった」と話すことで、誤解やすれ違いが原因で冷たくなった男性と元に戻りやすくなる。

好きな人のリアクションから現在の関係が分かるので、ちょっとした思い出話ができるような話題にチャレンジしてみよう。

片思いの時に好きな人へ個人的な気持ちを伝えるのは難しいことだが、片思いの後期ですれ違った場合は恥ずかしいと感じるような言葉が必要な場合も多々ある。これが言えないがために、付き合うまで関係を発展させることができない人も多くなっているだろう。

「〇〇に行ったとき楽しかったよね!また行きたいな~」
「先月LINEでたくさん話聞いてくれてありがとね、結構助かってたかも」

つい不満ぽくなってしまうことに気を付けて、ポジティブに感情表現するのは片思いを叶えるコツでもある。

急に冷たくなった男性に向けて言う言葉としては多少踏み込んでいるように感じるかもしれないが、「あ、そんな風に思ってたんだ…」と思ってくれるならやってみる価値は高い。

冷たくなった男性の気持ちを確かめるときは「ポジティブな感情表現」を。これも対処法として押さえておこう。

急に冷たくなったのは嫌われたから?好き避けと混同して考えない!

片思いから両想いに変わる過程では、お互いに持つ複雑な気持ちが気まずい雰囲気を誘発する。

いきなり冷たくなった男性には「嫌われたから冷たくなったの?」と疑うことも多いと思うのが、逆に好きだから避けてしまう「好き避け」の可能性もあるので、片思いが進んできたタイミングで急に冷たくなった男性については単純に考えないことがポイントだ。

下の記事では、好きな人の好き避けと嫌い避けの違いについてまとめているので、恋愛下手な人や、好きな人が恋愛経験が少ないタイプだったりする場合は読んでみよう。

いきなり冷たくなった男性の理由に心当たりがない場合は、ただの友達としては態度の変化が不自然すぎる。好き避けされている様子ならあなたのリードが不可欠になるので、むしろ積極的に話しかけていくべきだ。

いきなり冷たくなる男性は、女性に取って「ポジティブな理由」もしっかり考えてみるべきである。

すごく冷たくなった男性には「距離を取る」方が嫌われるリスクを回避できる

「すごく冷たくなった」と感じるような、好きな男性の態度の変化が大きい場合は、距離を取る対処法を取ろう。そこまで大きな態度の変化がある場合は「態度で気持ちを伝えている状態」だから、相手の希望通りにあなたの態度を変えないと、その内避けられるレベルで嫌われる可能性がある。

あくまでも好きな人の態度の変化は客観的に判断してほしいのだが、「すごく冷たい」と感じるまで態度が変わってしまった男性は、女性側の「勘違い」や「誤解」の可能性がほぼ無い

時間を置くことで態度はだんだんと軟化するはずなので、関係を一から作り直す覚悟を決め、長期戦で元の関係を目指そう。

ここまで変わってしまった場合は理由が明確に分かるのが特徴だから、心当たりがないならネガティブに受け取りすぎないこともポイントだ。

男性の態度が変わったことを確信しても、ネガティブになり過ぎない

ちょっといい雰囲気だった男性の態度が変わると、誰だってとても残念な気持ちになるもの。きっかけがなく、原因がはっきりしないときは深い悩みになることだって少なくない。

しかし、冷たくなった理由はすべてが脈なしサインというわけでもないのでネガティブに考えすぎるのはやめよう。自分から空気を重くすることが対処法として最もやってはいけないこととなる。

恋愛感情が絡む関係は「すれ違い」が起きやすく、二人の悪循環で空気を壊すことが本当に多い。先に冷たくなったのは彼の方かもしれないが、結果的にあなたも冷たくなってしまうのなら以前の関係に戻れるはずもない。

元に戻りたいという気持ちが強いとしたら、むしろ明るく努めて接するように頑張るほうがうまくいくのは当然なのだ。

確かにこれはとても難しいことかもしれない。相手の態度は冷たく感じるのに自分は暖かく接するわけだから意識しないとできないことだ。

でも、最低限ネガティブに考えないようにする努力だけでもできると「壊れるべきではない関係」だけは守れると思う。つまりはお互いに気になっている状態の二人。

気になる人や好きな人からされたことは、自分の感情を大きく揺さぶることになるから、辛いことも幸せなこともたくさん起きる。恥ずかしいくらい満面の笑みで会話する機会があったかと思えば、泣きたいくらい悲しくふさぎ込んだ表情にもなってしまうこともあるはず。お互いの気持ちが通じていれば察することができるこんな感情の動きも、付き合う前では両想いでも難しい。

だから、冷たくなった好きな人がなぜ冷たくなってしまったかを知る前に、自分から離れていくようにネガティブな思考を続けてしまうのは避けるべきだ。まだどうなるかわからないなら、自分から壊すべきではない。好きになってもらいたい人、好きでいてほしい人にはむしろ自分から愛情を注ごう。好きな人の前で、素敵なあなたでいてほしい。

悩む過程でネガティブ一色になることは誰でもあること。そうなった後に立て直すことができる人がきっと冷たくなった彼を振り向かせることができる。せっかく話しかけてくれる機会があっても暗い表情でぎこちない会話をしてしまっては本当にもったいないと思うので、頑張ってポジティブに考えることは、最後になってしまったが対処法でとても大事なことになる。

まとめ

今回は冷たくなった男性と以前の関係に戻りたい女性に向けて「急に態度が変わった男性と元に戻る方法」をまとめた。

付き合う前の男性と関係に悪い意味で変化があった場合は、理由や原因を特定するのが難しいこともあるが、多少の気まずさを乗り越えてコミュニケーションを継続させることができると、関係修復に向けたヒントはたくさんある

「好きな人から嫌われた!」と思っても、距離感を調整しながら元の関係に戻れるタイミングを探していこう。

ネガティブになり過ぎたり、ただ待っているだけで何もできないと、気持ちのすれ違いはどうしても修復不可能になってしまうので、頑張るべき相手には具体的な努力をするべきだ。あなたに足りない恋愛力が分からないなら下の記事も参考にしてみてほしい。

ツヴァイの「恋愛傾向診断」を実際に受けた体験談【画像あり】~無料なのに本当に当たる?数値化されるその結果がすごい!
もし、あなたの恋愛力が数値化される診断があるとしたら、受けてみたいと思わないだろうか? しかも、プロが真剣に作ったテストで、恋愛傾向まで分析してくれて...

関連記事:

タイトルとURLをコピーしました