冷たくなった男性と以前の関係に戻りたい!急に態度が変わった男性と元に戻るには?対処の方法を解説!

冷たくなった男性と元の関係に戻りたい女性

「急に態度が変わってしまった男性と元に戻るにはどうしたらいいんだろ…?」

仲良かったのに気まずい異性や、話さなくなった異性など、もし悪い意味の男性の態度の変化で悩んだら、完全にすれ違って以前の関係に戻れなくなる前に、きちんとした「対処法」を実践してみよう。

男性が急に態度を変えたら何かしらの意思や気持ちを表現している場合があるが、それがもし「誤解」を原因としている場合であっても、付き合う前の片思いの時は些細なきっかけで気まずい関係になってしまい、上手くいっていた恋愛が簡単に壊れてしまう。

彼氏と気まずくなったのであればカップルとして話し合って二人で解決できるけど、まだ付き合う前なら、自然に好きな人の態度が元に戻ることを願うだけじゃなく、あなたの行動と態度が大事になる。

そこで今回は、冷たくなった男性と以前の関係に戻りたい女性に向け、「急に態度が変わった男性と元に戻る方法」を解説したい。

気まずくなった異性や、仲悪くなった異性には、どう関係修復したら良いだろう?

好きな人の態度がそっけなくなって寂しい女性は、今の自分にできることがないか、参考にしてみてほしい。

LINEが急に冷たくなった男性への対処法や、職場で気まずくなった異性への対処法も、解説する。

  1. 仲良かったのに気まずい異性は、急に冷たくなった理由をなるべく具体的に把握することが大事
  2. 好きな人と気まずくなった時は、急に冷たくなった男性の変化に落ち込むけど、自分も冷たくならないように注意する
    1. 急に気まずくなった異性と関係修復できないのは「自分も冷たくなる」から
    2. 仲良かったのに気まずい異性は、1日1回1言でもいいから話しかけて会話をすると「仲良くしたい気持ち」が伝わる
  3. 急に冷たくなったきっかけが無いなら、気まずくなった異性にストレートな質問をするのはNG
    1. 仲良かったのに気まずい異性に対して原因や理由を聞くと、答えにくいから余計に気まずくなる
  4. いきなり冷たくなった男性は「LINEするのと直接会う機会」のどっちで関係を修復すると良いのか
    1. 気まずくなった異性には時間を置いた方が良いパターンがある!関係を修復する時は焦らないことが重要
  5. LINEが急に冷たくなった時の対処法:気まずくなった異性とのLINEはどうすれば良い?
    1. 気まずくなった異性にはLINEの頻度を下げると同時に、会った時の話しかける頻度を上げて関係修復する対処法を実践する
    2. 気まずくなった異性に送るLINEの内容
  6. 冷たくなった男性に探りを入れる方法、ポイントは?
  7. 急に冷たくなったのは嫌われたから?気まずくなった時は好き避けを誤解しないこと!
  8. すごく冷たくなった男性には「距離を取る」方が嫌われるリスクを回避できる
  9. 男性の態度が変わったことを確信しても、また仲良くなりたならネガティブになり過ぎない
    1. 恋愛中は好きな人と気まずい関係になりやすい。たとえ好き避けが原因でも気まずい会話を繰り返すと修復不可能になる
    2. 仲良かったのに気まずい異性は、明るく接していれば「嫌われた」のでなければまた仲良くなれる
  10. 職場で気まずくなった異性がいる場合の対処法
    1. 職場の男性と気まずくなったら、業務連絡や仕事の相談など、オフィシャルな話題で話しかける
    2. 職場の気まずい人と一気に関係修復するには、3人や4人の飲み会に誘うのが効果的なアプローチになる
  11. まとめ

仲良かったのに気まずい異性は、急に冷たくなった理由をなるべく具体的に把握することが大事

仲良かったのに気まずい異性に対しては、問題を解決するためにまず「気まずくなった原因」を知ることが対処法を実践する上でスタートラインになる。

あなたの好きな男性が急に冷たくなった理由は何だったのだろう?

正しい答えがはっきりわからない場合でも、彼が冷たくなった理由に近づくことで対処の方法はより具体化されるので、しっかり考えてみよう。

下の記事で男性の態度が変わる理由や原因についてまとめているから、「何で好きな人は突然冷たくなってしまったか」がよく分からない人は、正しい対処法を実践するために予め読んでみてほしい。

急に冷たくなった理由がすべて特定できるわけではないのだけど、気まずくなった理由を色々な角度から考えてみると、答えが見つかる場合や何となく察することができる場合がある。

好きな人の態度が変わった理由から対処を考えるなら、その状況に合った具体的な対処法が見えると思うので、イメージしながら続きを読んでみよう。

好きな人と気まずくなった時は、急に冷たくなった男性の変化に落ち込むけど、自分も冷たくならないように注意する

急に冷たくなった男性の対処法を解説する女性

急に冷たくなった男性の様子からショックを受けると、多くの場合で自分も普通の態度が取れなくなる。

特に仲良かった異性だったら余計に気まずいと感じる人が多いはずだ。

お互いに気まずい態度を取っていると、会話がぎこちなくなったり、メールやLINEの連絡もなくなったりして、どんどん関係が冷え込む原因になるけど、それは相手だけでなく自分も「空気が変わった」ことが主な原因である。

急に好きな人が冷たくなった時は、お互いに「気まずくなった」と思い合う悪循環にならないように、軽度の態度の変化には自分から相手に接触することを大事にしよう

「避けられたら避け返す」のが最も関係修復から遠ざかるので、最低限、何度か自分から話しかけて、明るく接することが本当に大切だ。

相手の重要度によっては「一度無視された」「この間話しかけたら雰囲気が違った」というくらいでも気まずいと思って態度が変わっちゃうことがあるからぜひ注意してほしい。

  • 好きな人が冷たい+自分も冷たくなる=気まずくなる
  • 好きな人が冷たい+自分は明るく接する=気まずくならない

急に気まずくなった異性と関係修復できないのは「自分も冷たくなる」から

男性の態度が変わった理由を問わず、相手男性と以前の関係に戻りたいと思うなら、自分から動いていくことが関係修復に向けた対処法で大事なことだ。

好きな人が冷たくなったことがきっかけだったとしても、コミュニーションがなくなってしまうと相手の気持ちを知ることが難しいし、疎遠になると嫌い合ってるような雰囲気が出て余計にギクシャクする。

急に気まずくなった異性には、簡単な会話でいいから自分から話しかけるようにして、二人の関りを途絶えさせないようにしよう。

話していれば見えることがあるはずなので、接触を避けるのではなく、何でもいいので自分から関りを持つように頑張ることが大切だ。

  • 男性が冷たくなったから話しかけることをやめた=関係が壊れるから疎遠になって終わり
  • 男性が冷たくなったけど自分から関りを持つようにした=関係が継続できるから、時間がかかってもいつか元の関係に戻れる可能性がある

先ほど紹介した男性が冷たくなった理由の記事では「好き避け」や「勘違い」、「誤解」や「押し引き」などを悪い態度の変化の原因として挙げているのだけど、どんな理由であっても気まずい雰囲気になった時に女性の方からアクションを起こすことで、男性の態度が元に戻る場合は決して少なくない。

仲良かったのに気まずい異性は、1日1回1言でもいいから話しかけて会話をすると「仲良くしたい気持ち」が伝わる

この恋愛サイト「恋愛のすべて」に来てくれるユーザーは、好きな人とのことで悩みながらも、そのまま時間を経過させているケースが散見されるため、自分から何もしないのはとてももったいないと感じている。

あるきっかけがあって気まずくなった異性には、たった一回話しかけたり、LINEしたりするだけで空気が変わることもあるし、関係作りは双方向で行うべきものだ。

相手にばかり期待するのは恋愛でうまくいかない原因になっているところだから、少しずつでも頑張ってみよう。

実際、急に男性が冷たくなった時は、女性側から動くことで解決できる理由も多くなっている。

「1日1回は話しかけてみよう」
この気持ちを大切にしてみてほしい。

本当に気まずくなってると、話しかけた結果一言で会話が終わることもあると思うけど、気まずくなった異性にはあなたが行動や態度で仲良くしたい意思を表現していき、相手の気持ちの変化に自分から作用するべきだ。

嫌いな人から話しかけられたら嫌な気持ちになるが、元々仲良かった異性なら一時的に気まずくなるくらいで済むことが多いので、1日1回1言の会話をまずは目標にしてお互いに気まずい雰囲気を出し合う関係にならないように対処しよう。

特に好きな人と気まずくなったら「そんな態度を取るならもういい!」と反発心を持ってしまうことで余計に仲が悪くなる傾向があるので注意してほしい。

前向きさを失うと片思いが叶うはずもないので、ここでしっかり自分の方向性を確認しておこう。

好きな人に話しかけるのが苦手な人は、下の記事を読んでみてほしい。

急に冷たくなったきっかけが無いなら、気まずくなった異性にストレートな質問をするのはNG

急に冷たくなった男性との間に直近何か原因と思われるようなことがない場合は、「何でいきなり冷たくなったの?」「どうしてそっけない態度をとるの?」というストレートな質問は控えよう。

原因が分からない以上、相手が答えられる内容かどうかも分からないため、察することが大事になる。

場合によってはもっと気まずくなる原因となる部分だから、遠まわしに情報を聞き出すように、間接的な質問にとどめて置く方が関係修復のタイミングがやってくる。

  • ストレートな質問をする=答えてくれず、気まずい雰囲気になる
  • 遠回しな質問から察する=丁度いい距離感で、関係が修復しやすい

仲良かったのに気まずい異性に対して原因や理由を聞くと、答えにくいから余計に気まずくなる

積極的な女性は「なんかしたっけ?」など、聞き方を考えて直接好きな人になぜ仲良ったのに気まずいのか聞きたくなることがあるが、どんな聞き方をしても「質問の内容が答えにくい内容」なので、答えてもらえずに余計きまずくなる原因になるから注意しないといけない。

ここは逆の立場で考えて質問内容の良し悪しをしっかり考えよう。気まずい相手から「どうしたの?」と聞かれたところで本音は答えられないはずだし、余計に空気が悪くなると想像できるはずだ。

片思いの時期は、お互いに気持ちを語り合う関係にないため、あやふやにしておくべきこともある。

そもそもあなたに何か言いたいなら相手がストレートに言ってくるはずだから、「言いたくても言えないこと」など微妙な気持ちにも配慮するようにしよう。

特に男性心理だと、こういった「感情の話」をストレートに話したくないシャイさを持っている。男心にも配慮しつつ、めんどくさい女だと思われないためにも気まずくなった時の対処法のポイントだと理解してほしい。

ストレートな質問をすることでお互いに「気まずくなった」と意識し合うのもデメリットだ。

好意は匂わすものであって確信させない~好意を匂わせることで相手の心理はどうなるか
好意の匂わせる男や女に「気になる」「意識してしまう」という感情を持ったことがある人は多いと思う。 好きを匂わせる、好意があると匂わせる人は、本音や心理が気になるものだ。 でも、この点を逆の立場で考えると「好きな人に好意を

いきなり冷たくなった男性は「LINEするのと直接会う機会」のどっちで関係を修復すると良いのか

LINEが冷たくなった男性に気まずい女性

いきなり冷たくなった男性と関係修復するためには、基本的に「直接会う」時に積極的になるべきである。

その方が、表情や声、雰囲気や話し方で相手の気持ちが分かりやすいからだ。

あなたの立場から見た場合も、たとえ遠まわしになったとしても、会って話せば言葉以外で伝えられることが増えるメリットは大きい。

“文字” でやり取りするメールやLINEでは色々と悪い方向にも考えやすく、余計ネガティブになって好きな男性の冷たくなった態度に落ち込むことが多いから、会った時に話しをするように頑張るのが「男性が冷たくなった時の対処法」の基本だ

  • LINEで関係を修復する=文字だけだから、自分の気分で受け取り方が決まる面があり、誤解や勘違いのリスクが高い
  • 会っている時、会話する中で修復する=表情や声、雰囲気や話し方などで気持ちが伝わるし、相手のリアクションから誤解や勘違いに気づくことができ、必要があれば訂正できる

もし気まずくなった異性にLINEで関係修復をしたいと思ったら、相手の雰囲気が良いことを条件にして、できたら通話に繋げられるとベストである。

好きな人と気まずくなった時は、なるべく誤解されないコミュニケーション方法で気まずい雰囲気を脱却しよう。

気まずくなった異性には時間を置いた方が良いパターンがある!関係を修復する時は焦らないことが重要

しかし一方で、冷たくなった男性に対して、時間を置いた方が良い場合もあるのが難しいところだ。

急に気まずくなった異性には1週間から2週間くらいは距離を置く期間を作って、ある意味の「ほとぼりが冷める」のを待つべきシチュエーションがある。

すぐに会おうとするのか(すぐに話しかけるのか)、軽い連絡を入れる程度で繋げておくのかについては相手男性の態度から察しよう。悪い意味の態度の変化が大きい時ほどゆっくり関係を修復するように動くことがポイントだ。

先ほど紹介している「男性が冷たくなった理由」の記事を読んでもらえた人は理解できるかもしれない。

完全に疎遠にならないように定期的にLINEやメールを送りつつ、軽いコミュニケーションで徐々に元に戻るイメージで接する方がうまくいく場合もあるので、焦らずに色々な関りの中からどちらが適切かを考えよう。

自分から動くことが大事だと言ってきたことに矛盾するようだがそうではない。

話し掛けてみることで相手の態度に変化がある場合もあるし、少し時間をかけた方がいいかもしれないことに気づくこともある。

自分の中でモヤモヤ考えているよりも相手の情報を引き出した方が対処はしやすいので、「積極的に追っていけばいい」との単純な判断で余計に関係悪化させないように解説している。

接触しながらゆっくり関係を元に戻す方向で考えるべき状況があることを踏まえて、何度かコミュニケーションの機会を作って相手の気持ちを考えてみよう。

恋愛の駆け引き「連絡しない」は、正しいのか間違いなのか~恋愛テクニックは「使いどころ」を間違えると効果がないだけじゃなく、悪影響も!
恋愛の駆け引きで「わざと連絡しない」という方法は、かなり有名な恋愛テクニックである。 「押してダメなら引いてみろ」なんて言葉もあるくらいだから、恋愛すれば誰でも気になったことがあるのが「自分から連絡しないのは正しいのか」、「好

LINEが急に冷たくなった時の対処法:気まずくなった異性とのLINEはどうすれば良い?

好きな人や気になる人と連絡を取っていて、「LINEが急に冷たくなった」と感じた時は、やり取りの頻度を下げる対処法が有効だ。

LINEを減らす中で、疎遠にならないための行動を取っていると、関係修復のチャンスがやってくる。

気まずくなった異性にはLINEの頻度を下げると同時に、会った時の話しかける頻度を上げて関係修復する対処法を実践する

気まずくなった異性とのLINEは、「昔みたいに盛り上がるにはどうしたらいいの?」と焦ってしまって、自分から送るLINEの量を上げる人がいるのだが、それは間違いだ。

逆にネガティブな人は「もう自分からLINEしない」と決めるけど、それも間違いになっている。

気まずくなった男性と元の関係に戻りたいなら、疎遠にならないようにしながら距離感を調整していくことが大事なので、LINEの頻度を下げる対処法を取ろう。

たとえば、毎日LINEしていた場合は週に2回くらいにLINEの頻度を落とし、週に2回から3回のやり取りだったら週に1回ほどにLINEの頻度を調整する。

好きな人とのLINEの頻度とは~付き合う前の男性や女性にしつこい、迷惑だと思われないやりとりの考え方
付き合う前の好きな人とのLINE(ライン)では、誰もが「どのくらいLINEするか」というLINEの頻度に頭を悩ませる。 高校生や大学生でもそうだし、社会人ならなおさらだ。片思いの時期のLINEの頻度は、相手の迷惑も考えないとい

好きな人や気になる人には主観が入りすぎるため、「本当にLINEが冷たくなったのか」という点は吟味する必要があるものの、LINEのやり取りは相手の気持ちを反映しやすいので、脈なしサインを察知するように「急に冷たくなった」と思うことがある。

そこで急な態度の変化に気付かずに、いつも通りの連絡を続けると「冷たくしてるのにしつこい」と思われてしまうから、LINEが急に冷たくなったら会った時にグループトークで関係を作りなおす方が元に戻れる可能性を高める。

「会話を引き延ばす」「たくさん質問する」なども控えるようにしよう。

LINEの頻度と量を下げつつ、複数人で会話できそうな場面で話しかける頻度を増やして、関係修復を目指すと良い。

気まずくなった異性とはLINEの方がコミュニケーションが取りやすいけど、今までと態度が変わったら連絡頻度を落とさないといけない。

  • 冷たくなった男性にそれまで通りの頻度でLINEする=しつこいと思われるから、LINEの印象も変わってこない
  • 冷たくなった男性にLINEの頻度を下げると同時に、会った時に複数人でコミュニケーションを取るようにする=めんどくさい印象を持たれないから、LINEの印象も少しずつ変わってくる

時間がかかる対処法を取らざるを得ないが、好きな人からLINEが来るようになれば元の連絡の取り方に戻せるので、LINEに気まずい雰囲気が出たら嫌われない対処の仕方を優先しよう。

今のLINEの状況をより正確に深く分析するなら、下の記事を参考にしてみてほしい。

気まずくなった異性に送るLINEの内容

仲良かった男性と仲悪くなると「送るLINEの内容が分からない」との意見をよく聞くのだが、もし気まずいと思ってしまうなら「誰もがもらって嬉しいLINEを送る」ようにしよう。

男性が喜ぶLINEの恋愛テクニック9選~男性がもらって嬉しいLINE、好きな人のLINEの褒め方
恋する女性は、LINEの恋愛アプローチを考える際に「男性が喜ぶLINEってどんなLINEだろう?」と悩むことがきっとたくさんあると思う。 「好きな人にかっこいいと言うLINEは喜んでもらえるのかな?」 「男性がもらって嬉しい

上の記事でも取り上げているように、たとえばお礼のLINEや感謝のLINEを送るなら、嫌われてない限り、好きな人は嬉しい気持ちになることが確定的だ。「ありがとう」と言えることがあったら、その日の夜にLINEしてみよう。

その他にも、好きな人に良いことがあった時に「おめでとうのLINE」や、「褒めるLINE」を送るならウザいと思われることがほとんどないので、好きな人と気まずくなった時におすすめだ。

好きな人との関りを減らすことなく頑張っていたら、このようなLINEの内容で送れるエピソードがあるはずだから、急に冷たくなった男性に対して簡単に「LINEをやめる」という判断をするべきではない。

好きな人とのLINEを続けるべきかやめるべきか、迷う時の対処法と考え方~どう判断すると後悔しないのか
LINEは簡単で気軽なコミュニケーションツールだから、恋愛アプローチの意味で好きな人とLINEをしている人はたくさんいると思う。 短いメッセージが好まれるLINEでは話題もそう迷うことなく送れるし、LINEグループで好きな人と

気まずい人でも、お礼のラインやお祝いのラインはもらったら嬉しいLINEなので、チャンスを見つけてみよう。

気まずい異性には「このくらいのことでLINEしたら迷惑かな?」と思ってしまうこともあるけど、LINEしなくなった異性とLINEを再開する時にも非常におすすめだ。

冷たくなった男性に探りを入れる方法、ポイントは?

急に冷たくなった男性に探りを入れる女子

冷たくなった男性と元の関係に戻りたいと思ったとき、「探りを入れたい」と思うときもある。もっと言って、関係を戻すための探りの入れ方が気になる女性もいるだろう。

もし、好きな人の会話中に探りを入れたいと思ったなら、「ポジティブな気持ちを伝えるやり方」がおすすめだ。

仲が良かった時のことを「楽しかった」「うれしかった」と話すことで、誤解やすれ違いが原因で冷たくなった男性と元に戻りやすくなる。

好きな人の反応から現在の関係が分かるので、ちょっとした思い出話ができるような話題にチャレンジしてみよう。LINEの反応が良いならLINEの会話でやってみても良い。

片思いの時に好きな人へ個人的な気持ちを伝えるのは難しいことだが、片思いの後期ですれ違った場合は恥ずかしいと感じるような言葉が必要な場合も多々ある

これが言えないがために、付き合うまで関係を発展させることができない人も多くなっている。

「〇〇に行ったとき楽しかったよね!また行きたいな~」
「先月LINEでたくさん話聞いてくれてありがとね、結構助かってたかも」

つい不満ぽくなってしまうことに気を付けて、ポジティブに感情表現するのは片思いを叶えるコツでもある。好きな人や気になる人気まずくなったなら「必要な対処法」とも言えるだろう。

急に冷たくなった男性に向けて言う言葉としては多少踏み込んでいるように感じるかもしれないが、「あ、そんな風に思ってたんだ…」と思ってくれることがあるからやってみる価値は高い。

冷たくなった男性の気持ちを確かめるときは「ポジティブな感情表現」で反応を見る。これも好きな人と気まずくなった時の対処法として押さえておこう。

急に冷たくなったのは嫌われたから?気まずくなった時は好き避けを誤解しないこと!

片思いから両想いに変わる過程では、お互いに持つ複雑な気持ちが気まずい雰囲気を誘発する。

いきなり冷たくなった男性には「嫌われたから冷たくなったの?」と疑うことも多いと思うが、逆に好きだから避けてしまう「好き避け」の可能性もあるので、片思いが進んできたタイミングで急に冷たくなった男性については単純に心理を考えないことがポイントだ。

  • 好きになったばかりの頃=気まずくなったのは嫌われた可能性が高い
  • 好きな人と仲良くなった後=気まずくなったのは、複雑な恋愛感情が原因の場合もあって、好き避けや恋心のナイーブさが理由の場合もある!

下の記事では、好きな人の好き避けと嫌い避けの違いについてまとめているので、恋愛下手な人や、好きな人が恋愛経験が少ないタイプだったりする場合は読んでみよう。

いきなり冷たくなった男性の理由に心当たりがない場合は、ただの友達としては態度の変化が不自然すぎる。好き避けされている様子ならあなたのリードが不可欠になるので、むしろ積極的に話しかけていくべきだ。

いきなり冷たくなる男性は、恋愛中の女性に取って「ポジティブな理由」もしっかり考えてみるべきである。

「好きになったから、意識してしまって態度が悪くなる」なんてことも普通に起こるのが恋愛の世界なので、一度や二度冷たい態度を取られても「好きな人が変わってしまった…」と思わずに、「意識されてるのかな?」と考えてみることが意外に大切だ。

特に恋愛経験が少ない男性の場合、意識する女性には普通に話してるだけでも気まずいと思ってしまうことがあり、相手女性が誤解してしまうことがよくある。

すごく冷たくなった男性には「距離を取る」方が嫌われるリスクを回避できる

仲良かったのに急に冷たくなった男子

「すごく冷たくなった」と感じるような、好きな男性の態度の変化が大きい場合は、一時的に距離を取る対処法を取ろう。

そこまで大きな態度の変化がある場合は「冷たい態度で関わりたくない気持ちを伝えている状態」だから、相手の希望通りにあなたの態度を変えないと、その内避けられる・無視されるレベルで嫌われる可能性がある。

あくまでも好きな人の態度の変化は客観的に判断してほしいのだが、「すごく冷たい」と感じるまで態度が変わってしまった男性は、女性側の「勘違い」や「誤解」の可能性がほぼ無い

  • 冷たくなったと確信できるレベルの態度の変化=勘違いや誤解ではないから、距離を取らないと末期的に嫌われる
  • 冷たくなったように感じる、ちょっと気まずいレベルの態度の変化=勘違いや誤解の可能性があって、距離を取る方が余計に気まずくなる

悪い方向に大きな態度の変化が起きた場合でも、男性心理ではネチネチ嫌い続けることが少ないので、時間を置くことで態度はだんだんと軟化する。

関係を一から作り直す覚悟を決めて、長期戦で元の関係を目指そう。こちらも参考にしてほしい。

好きな人と仲良くなりたいなら~好きな人と仲良くなるためにするアプローチは自分を好きでいてくれることを期待してはいけない
あなたは好きな人ができた時に「仲良くなること」ができているだろうか? 恋愛が苦手な人の恋愛の仕方に触れてきて、私が大きな問題だと感じているのが、「好きな人と仲良くなることができない」という問題だ。 現実問題として、自分の

ここまで変わってしまった場合は理由が明確に分かるのが特徴だから、心当たりがないならネガティブに受け取りすぎないこともポイントだ。

男性の態度が変わったことを確信しても、また仲良くなりたならネガティブになり過ぎない

ちょっといい雰囲気だった男性の態度が変わると、誰だってとても残念な気持ちになるもの。気まずくなるきっかけがなく、原因がはっきりしないときは深い悩みになることだって少なくない。

しかし、冷たくなった理由はすべてが脈なしサインというわけでもないので、ネガティブに考えすぎるのはやめよう

前述しているように、自分から重い空気を作ることが対処法として最もやってはいけないことだから、気まずい人ができたら「ショックを受ける」「落ち込む」などの感情をコントロールをすることが本当に重要だ。

ここは特に恋愛中に意識し続けないといけないことでもある。

恋愛中は好きな人と気まずい関係になりやすい。たとえ好き避けが原因でも気まずい会話を繰り返すと修復不可能になる

恋愛感情が絡む関係はちょっとした態度の意味を深く考えることで誤解が起き、すれ違いが起きやすい。

「優しくしてほしいのにそっけなくされた」という程度でも「嫌われた」と思ってしまう人もいるくらいだ。

恋愛中は二人の悪循環で空気を壊すことが本当に多いから、気まずい雰囲気が漂っても自分から明るく接して空気を変えるように振る舞うようにしよう。

気まずい関係は気まずい会話を繰り返させば繰り返すほど修復が困難になっていくので、できたら気まずくなりそうな雰囲気を察知した段階から意識的に努力したいし、既に気まずくなってしまったのなら、業務連絡的な会話でも明るく話すことでイメージを変えていきたい。

先に冷たくなったのは彼の方かもしれないが、結果的にあなたも冷たくなってしまうのなら以前の関係に戻れない。

元に戻りたいという気持ちが強いのあれば、むしろ努めて明るく接するように頑張る方がうまくいく。

仲良かったのに気まずい異性は、明るく接していれば「嫌われた」のでなければまた仲良くなれる

確かに、気まずくなった雰囲気があるなら明るく接するのはあなたに取ってとても難しいことかもしれない。

相手の態度は冷たく感じるのに、自分は暖かく接するわけだから意識しないとできないことだ。

でも、最低限ネガティブに考えないようにする努力だけでもできると、それが表情や雰囲気に表れて「壊れるべきではない関係」だけは守れる。お互いに気になっている状態の二人などがその代表例だ。

気になる人や好きな人からされたことは、自分の感情を大きく揺さぶることになるから、辛いことも幸せなこともたくさん起きる。好きな人に対しては、恥ずかしいくらい満面の笑みで会話する機会があったかと思えば、泣きたいくらい悲しい気持ちになって、ふさぎ込んだ表情にもなってしまうこともあるはず。

お互いの気持ちが通じていれば察することができるこんな感情の動きも、付き合う前ではたとえ両想いでも難しい。

だから、冷たくなった好きな人がなぜ冷たくなってしまったかを知る前に、自分から離れていくようにネガティブな思考を続けてしまうのは避けるべきだ。まだどうなるか分からないなら、自分から壊すべきではない。

好きになってもらいたい人、好きでいてほしい人には、むしろ自分から愛情を注ごう。好きな人の前では、素敵なあなたでいてほしい。

悩む過程でネガティブ一色になることは誰でもあることだ。そうなった後に気持ちを立て直すことができる人がきっと冷たくなった彼を振り向かせることができる

せっかく話しかけてくれる機会があっても暗い表情でぎこちない会話をしてしまっては本当にもったいないと思うので、頑張ってポジティブに考えることは対処法でとても大事なことになる。

好きな人と一緒にいるときは、何もないのに気まずいと感じることが多い。その理由と対処とは?
まだ片思いの時期は、好きな人と一緒にいるだけで特に原因や理由がないのに気まずいと感じることがある。 何かの拍子に好きな人と二人きりになってしまった時など、どうしていいか分からなくなって、むしろそれが原因でぎこちなくなってしまう

職場で気まずくなった異性がいる場合の対処法

職場で気まずくなった異性と会話する女性

最後に、「職場で気まずくなった異性がいる場合の対処法」を解説する。

ここまでの解説を前提にして、 “職場・会社” だからこその注意点を説明しておこう。

職場の男性と気まずくなったら、業務連絡や仕事の相談など、オフィシャルな話題で話しかける

職場の関係や会社の関係では、仲間内の会話とは少し違って「冷たくなった」とか「気まずくなった」と思うような態度で接することが、機会の意味で多い。

仕事中は、忙しい時や急いでる時もよくあるし、ピリっとした職場の雰囲気になることもよくある。

この点を考慮しても職場の人と気まずくなったと感じた時は、休憩時間や仕事終わりのコミュニケーションで「本当に気まずくなったのか」を確認し、確信に変わった場合はなるべくオフィシャルな会話から関係修復するようにしよう。

たとえば、業務連絡や仕事の相談などで「会話の機会」を作って、好きな人が軽い冗談を言うくらいの雰囲気になるまで少し距離を取ると、嫌われずに関係が保てる。

職場恋愛だと二人の関係以外が気まずくなる原因になるケース(仕事が上手くいってないとか、上司にストレスを抱えているなど)も多いため、距離を縮めるタイミングにない時は少し慎重に行動しないといけない。

職場の異性と気まずくなったのなら、再度オフィシャルな関係に戻すイメージから、またプライベートな関係へと距離感を調整していこう。

職場の気まずい人と一気に関係修復するには、3人や4人の飲み会に誘うのが効果的なアプローチになる

職場で気まずくなった異性がいる人は、特に「前は仲が良かった」場合、3人や4人の飲み会に誘うアプローチが「一気に関係修復する方法」となる。

お酒を飲むとざっくばらんに会話ができるし、少人数の飲み会や食事会であれば、気まずいまま終わることなく、関係が戻る糸口くらいは見つかる。

飲み会中は頑張って話を振って、昔の関係を思い出してもらうように振る舞ってみよう。この時も自分から好きな人に話しかけることがすごく重要だ。

何度も言っている通り、好きな人が冷たくなった・気まずくなった時は、「関係を元に戻すため」にあなたがリードしないといけない。

積極的に関係修復する機会を作るなら、「気まずい…」という気持ちに打ち勝って簡単な質問などを振ってみよう。

少人数の飲み会だったらあなたを好きな人が避けるのにも限界があるし、酔ってきたら相当嫌われてない限り共通の話題で会話できる。

一気に関係を戻したい時は、仲が良い人に協力してもらって飲み会や食事会を企画してみよう。

社内恋愛の脈ありと脈なしの違いが分かる9つのポイント~好きな人の態度でサインの見分け方を徹底解説する
社内恋愛は、自分的にも相手的にも "慎重さ" が求められる恋愛だ。職場に好きな人ができたら、闇雲にアタックするのが間違いになりやすい。 そうなると、他の恋愛よりさらに重要になるのが、社内恋愛の脈ありサインと脈なしサインを見抜く

まとめ

今回は、冷たくなった男性と以前の関係に戻りたい女性に向けて「急に態度が変わった男性と元に戻る方法」を解説した。

気まずくなった異性に対してはそのまま成り行きに任せると気まずい関係が極まっていってしまうので、この記事で解説した内容をぜひ実践してみてほしい。

付き合う前の男性と関係に悪い意味で変化があった場合は、理由や原因を特定するのが難しいこともあるが、多少の気まずさを乗り越えてコミュニケーションを継続させることができると、関係修復に向けたヒントはたくさん得られる。

「好きな人から嫌われた!」と思っても、距離感を調整しながら元の関係に戻れるタイミングを探していこう。

ネガティブになり過ぎたり、ただ待っているだけで何もできないと、気持ちのすれ違いはどうしても修復不可能になってしまうので、頑張るべき相手には具体的な努力をするべきだ。

恋愛の意味で幸せになるのに、頑張れる時期は意外と短い。今すきな人がいるなら、後悔がないように行動しよう。

自分が結婚できる確率って実際どのくらい?5年以内に結婚できる確率から見える現実
20代後半から30代になると、結婚願望がある人は「自分はこのままで本当に結婚できるのだろうか」と不安に思うことがあるのではないだろうか? 20代半ばから始まる「結婚のピーク」で周りの人が次々と結婚していくのを見ると、結婚に焦り

関連記事:

友達良い雰囲気の二人
Brightfutureをフォローする
自分が結婚できる確率を理解する
自分が結婚できる確率を知って具体的な努力をして結婚できた女性

結婚を具体的に考えるべき年齢は意外と若いって知っていましたか?
いつか結婚したいと思っている人は、自分の年齢によって変化していく「自分が結婚できる確率」を正しく理解しておくことが重要になってます。
下の記事では、総務省の国勢調査から、年齢別・男女別に結婚できる確率を算出して、考察をまとめています。
後悔しないように、今の自分の結婚できる確率がどのくらいなのか把握しておきましょう。

恋愛のすべて
タイトルとURLをコピーしました