大学のサークルで恋愛トラブルを起こしたくない!いざこざを作らないために、気を付けるべき5つのポイント

大学のサークルの飲み会の様子

大学生になってサークルに興味がある人は、大学サークル特有の「恋愛トラブルやいざこざ」を作らないように、いくつかのポイントだけは事前に知っておきたい。

サークルで彼氏や彼女を作る気がある人ならなおさらで、恋愛の可能性を作りつつも「恋愛トラブルを回避する方法」を知るのは、素敵な恋愛のための準備とも言える。

また、サークルで恋人を作らない人も、大学のサークルは恋愛トラブルやいざこざに「巻き込まれることもある」というのが厄介なところなので、この記事でポイントだけ知っておこう。

今回は、「大学のサークルで恋愛トラブルを起こしたくない!」という人のために、「いざこざを作らないために、気を付けるべき5つのポイント」を解説する。サークル内で彼氏や彼女を作る人も作らない人も、参考にしておこう。

スポンサーリンク
記事下アドセンス

恋人の有無ははっきり言っておこう

サークルに入った当初に必ずと言ってほど話題になる「彼氏いるの?」や「彼女いるの?」という質問には、恋愛トラブルを起こしたくないなら「はっきりとYESかNOで」答えよう。

中には「チヤホヤされたい」と思う人や「サークル内で恋愛がしたい」と考える人もいると思うが、恋人の有無を隠して動くとろくなことにならない。

大学生くらいの恋愛だと、付き合ったり別れたりが結構多くあって、今恋人がいるかどうかでチヤホヤ度はいくらか変わるものの、恋人がいると言っても楽しく活動できるレベルでチヤホヤされる人は少なくない。

ここら辺は正直、恋人の有無よりもモテるタイプかモテないタイプかの方が影響は大きいだろう。いい人がいれば恋愛の可能性はつぶしたくないと考えるなら、「いるにはいますよ」的な返答をしておけば、恋人がいることを伝えながら「新しい恋もナシではないことくらいの気持ち」が伝えられる。積極性次第では「あんまうまく行ってない」と言っても良い。

彼氏持ちや彼女持ちの人が気になった場合、うまく行っているか行っていないを気にする人は多いので、うまく行ってないことを伝えると「アプローチOK」のニュアンスとも取れるため、動く人は動く。

恋人がいるのにいないと言って嘘がバレると信用を落とすし、軽い印象になってろくなことにならないので、ニュアンスで伝えておくといい。完全に恋愛のいざこざをなくしたいなら笑顔で「いますよ!」と答えればあんまり変なのは寄ってこない。サークルで恋愛トラブルを起こさないコツは、「大事なことにウソをつかないこと」である。

飲み会は2次会までで話題に付いていける

サークルに入ると飲み会が多くなると思うけど、基本的に2次会まで出席できればおおよそのところで話題にはついていける。3次会や4次会で朝までコースになると記憶をなくしたり、グダってどうしようもないパターンも多くなって、その分変な面白ろエピソードは増えるけれど、実家組の女の子なんかはあまり出席しないし、中心の話題からは外れない。

3次会や4次会をおすすめしないのは、無駄ないざこざが増える傾向があるためだ。人は酔い過ぎると誰でもおかしくなることが増えるし、酔わせてお持ち帰りしようとするタイプもいるので、いざこざに巻き込まれやすいのは飲み会で日付変更線を超えた後。はっちゃけたタイプは女子でも出席する人がいるが、無理して付き合うこともない。

「その場の勢い」もお酒が入れば入るほど増える。楽しく飲めるのも2次会までなので、興味があればそれ以降も出てみていいけど、「もうやめとく」って判断でも正しいことを伝えておこう。

いつも2次会までしか出ない女子などは、恋愛トラブルを確実に回避している。逆はどうしたって何かしらのトラブルやいざこざを経験しているので、ポイントにはなっている部分だ。

3角関係など、あまり人の恋愛に首を突っ込み過ぎない

大学のサークルは恋愛が多いところは本当に恋愛が多くなっている。一つのコミュニティーだからとっかえひっかえというタイプはそんなにいないのだが、付き合っているカップルが数組いるサークルは全然珍しくない状況だ。

そうなると多くなるのが「恋愛相談」である。頼られるタイプやモテるタイプ、聞き上手な人などは、「人の恋愛に首を突っ込み過ぎる」のを防ぐのがいざこざに巻き込まれないコツだ。恋愛相談されるとなかなか断るのが難しいが、スタンスを間違えて3角関係に巻き込まれると、問題が発展したときに立場が危うくなる。

人の恋路は聞いていると面白い話しも多いが、あまり方々にいい顔をすると、サークル内のいざこざは第3者の立場でも巻き込まれる。これも恋愛トラブルの一種となるので、対処しておきたい。

適当に話しを合わせるのも恋愛が絡むと難しいところだが、自分から突っ込んでいくとその積極性の分、後から「裏切られた」ともなりかねないので注意が必要だ。めんどくさい相談は「あんまり恋愛の話はしないからさ」的な文句で逃げるのも一つかもしれない。

スポンサーリンク

同時進行しない

大学のサークルでは恋バナも多い。同時進行的に複数の異性に裏でアプローチしてもバレるものと思っていた方が無難。典型的な恋愛トラブルだ。

声かけまくっていると印象付けてしまうとサークル活動がしにくくなるし、うまくやっているつもりでも、バレたときに一気に評判を落とすタイプも多いので、続けていこうと思うサークルでは手の出し過ぎに注意。恋人持ちが動きすぎるも、問題になることがある。

大学のサークルでは男女の垣根を超えて仲良くなる人がいる。本人たち同士では全く恋愛の甘い雰囲気なんてないと思っていても、ハタから見ると印象が変わる場合もある。友達付き合いが深まってきたときは冷やかされる体験をするかもしれないが、いざこざを回避する意味では友達アピールも時に必要だったりするものだ。

高校生もそうだが、大学生も噂話は好きなので、ウエットな関係になるなら相手を選ぼう。いざこざに巻き込まれたくないなら個人的な付き合いを調整すると変な感じにならない。「友達なのに色々言われてめんどくさい」という体験をしている人は多いから、これも恋愛トラブルに巻き込まれないコツである。

合宿で調子に乗り過ぎない

大学の休み期間は長いので、「サークルの合宿」を催すところも多い。実際の体験ではいざこざがまったく起きない合宿の方が珍しくて、誰かしらが何かしらで「失敗」と表現しなければならないことが起きるもの。恋愛トラブルも実際に多いイベントとなっている。

いつもと違ったところでお泊りする合宿ではついついはしゃぎすぎる。どうせなら楽しむ方がいいし、年に1度や2度のことなので全力ではっちゃけてもいいのだが、恋愛絡みのいざこざを作りたくないなら、その気持ちは忘れないようにしよう。自分から積極的に問題になるようなことをしなくても、受け身を間違うといざこざに巻き込まれる。

彼氏持ちや彼女持ちの人は、合宿参加前にそこそこ覚悟みたいのがあるからうまく回避している人も多くなる。調子乗り過ぎて刹那的な判断をすると時と場合によっては取り返しのつかないことになるのがサークルの合宿である。トラブルを起こしたくないなら気を付けよう。

まとめ

今回は、「大学のサークルで恋愛トラブルを起こしたくない!」という人に向け、いざこざを作らないために気を付けるべき5つのポイントを解説した。

大学生の恋愛は色々なコミュニティーの中であるものなので、サークルでは仲の良い友達を作るためにいざこざも多い「恋愛」を排除する人もいる。

良い恋愛をするためにも節度ある行動や態度を取って、大学生の生活を楽しみつつも充実したものにしよう。

彼女がいない男性は『大学生で彼女ができない男の特徴と理由に対する改善の方法~彼女を作るためにまず何をやる?』も合わせて読んでみよう。

恋愛経験がない女性は、『恋愛経験ゼロの女性が「彼氏がほしい」との相談をきっかけに彼氏ができた経緯~彼氏ができるまでに女性がした具体的な行動とは?』がおすすめだ。