【コラム】恋愛を理屈で考えることの是非~「なぜ」を解決すれば「好きな人に届く恋愛の仕方」ができるはず

f:id:Brightfuture:20140802140324j:plain

この恋愛ブログ「恋愛のすべて」は、恋愛を理屈的に紐解いていくことを是と考え、様々な角度から「恋愛のなぜ?」を抽出し、理由と改善案を悩んでいる人へ提案している。私がこれまで知ったことを伝え、もっともっと恋愛を通して幸せを感じる人を増やしたいという想いで運営しているところだ。

しかし、そもそも恋愛を理屈で考えることがナンセンスだと考える人もいるかもしれない。

人間関係を形作っていく時に、理屈的なものを排除して自然に良い形を作っていける人は特にそう思うはずだ。理屈ではなく、良いことと悪いことが考える前に分かっていて、それが自然に対人関係で表現でき、結果も良好であれば、そういった全般を理屈で考える人をむしろ何か悪いものに思う。

確かに、その一つの優しさが理屈で考えたものであったのなら寂しいと感じるし、むしろいらなかったとさえ思うこともあるだろう。この点に私も反論の余地はない。

しかし、良好な人間関係を作っていく時に、自然な発想で出来ることが少なかったり、より良い形を求めた場合でも理屈で考えていくことが間違いだろうか。

例えば、「好きな人に優しくしたい!」という強い恋愛感情からくる欲求があったとしよう。その表現方法を自然な形で体言化できる人にとっては造作もないことであったとしても、それが苦手な人は、行き場を失った感情の処理に苦しむ。さらに恋愛ではそれが大きな悩みになり、自信を喪失する中で負のスパイラルに陥っていく人がいる。

モテる人のテクニックを小手先で真似てみようにも中身がないとなかなか伝わるものじゃない。そのテクニックが「なぜ効くのか」を理解していないと自信持って行動に移すことも容易では無いから、私はやはり解説が必要だと思うのだ。

恋愛では「モテる人」と「モテない人」の差が確実に存在している

私の運営していた前ブログに寄せられた数えられないほどの恋愛相談で、恋愛テクニックや恋愛の考え方を知りたいという人は本当に多かったという私の経験則がある。

これから好きな人と付き合う方法を考えようとする時、ある恋愛の考え方がなぜ大切になるのか、どのように表現したらより相手に良い印象を持ってもらえるのかを考えている人達はこの世界にたくさんいる。

恐らく恋愛に絡む検索をする人は、恋愛経験も豊富とは言えない時期にこのブログに辿り着いてくれているんだと思う。

そうした人達に私が「恋愛は理屈じゃない、恋愛テクニックを使うことは間違っている」と伝えた場合、せっかく好きな人に頑張ろうとしている人の恋愛はどうなってしまうだろう。

恐らくその歩みは期待した軌跡を描かないと思うのである。

f:id:Brightfuture:20140929142231j:plain

過去の経験は全然活かされないのが恋愛だとする意見もあるが、それは間違っていると私は思う。

何人もの女性と付き合って、親しくし、私は「男女の違いの大きさ」や「男性心理と女性心理の違い」に多く触れてきた。男性と女性が恋愛するなら、知っておくべきことが確実にあるのだ。

その点に多く気付けるのが恋愛においてモテるの人達で、過去の経験から異性の感性に合った行動が取れるようになっている。もちろん、小手先のテクニックを全ての恋愛相手に当てはめて、それが有効に機能していることを私は言っているのではない。

もっと大きな枠組みの中で異性の感性を理解しているという意味だ。
そして、その大きな枠組みの中に細分化されたグループをイメージしている。
「このタイプは…」って具合にイメージして、そこからその異性にあったアプローチをしていくわけだ。

恋愛経験が多い人の方がモテるのは、普段の生活だけでは取得できない「異性の恋愛」を知って、男女の恋愛に長けていくから。モテる人とモテない人の違いは確かに存在し、それは「差を広げる」という形で表面に出てくるレベルで世の中の恋愛に影響しているんだ。

恋愛の悩みを解決するために

私のブログは、ゲームのように恋愛を考えることはあくまで否定した上で、感情の表現方法や悩みの解消に、感情的な表現よりも理屈的に考えていくことで答えを示すことで多くの人の恋愛に携わろうとしている。

私が学んできたことは過去の私が知りたかったことだから、記事を書く際の想定読者は実は昔の私だったりもしている。これまでを色々な角度で検証すれば、恋愛経験が少なくてなかなか自分に自信が持てない人の助けになるはず。そう思ってこのブログはこれからも成長していく。

本当に人を好きになれば、悩みが深くなることは当たり前なんだ。

大事な人に大切な想いを抱く。
緊張しないはずがないし、臆病になるのも仕方ない。自分らしくなんて居られない人がほとんどである。

でも、人と人はコミュニケーションによって分かり合わないと親しくはならない。お互いに想い合うならもっと深いコミュニケーションが必要で、それはある程度の「慣れ」が条件になることも珍しくない。知らず知らず身に着けた恋愛テクニックみたいのがモテる人にはあって、それをモテない人が知ればまた違った恋愛ができてくるはず。

私はこの恋愛ブログを通して一人でも本気で恋愛する人を手助けしたい。なるべく多くの「なぜ?」に答え、男女関係なく私が真実と思うことを書くことで読者に貢献していく。

私は恋愛を本当に素晴らしい人の営みだと思っている。みんなが好きな人と結ばれる世界は平和に決まっているはずだ。本当はたった少しの言葉や態度で叶い恋があるから、少しでも前に進める人をこのブログを通して作っていけたら私も幸せである。

今回はとてもまとまりのない記事となってしまったが、もしこのブログが気に入ってくれたらまた度々訪れてほしい。それまでに私はあなたに役立つ記事を一つでも用意することを約束する。

まとめ

今回は、「恋愛を理屈で考えることの是非」を恋愛コラムとして綴った。

恋愛はその人ごと、その状況ごとに違うことが多いから「理屈」で考えることが間違っているとよく言われている。

しかし、「恋愛を知る」その過程は、たくさんのシチュエーションをたくさんの異性と接する中で学んでいくものでもある。モテる人とモテない人が確実に存在するのだから、私は自分が学んだことをこのブログで伝えて、少しでも恋愛が分かるという感覚を読者に与えられたらと思う。

自信がないから恋人ができない人、恋愛が分からないから前に進めない人、そんな人がたくさんいるから、このブログはこれからもずっと誰かの役に立つもので居続けると、私は信じている。

モテない男性私の恋愛観
Brightfutureをフォローする
自分が結婚できる確率を理解する
自分が結婚できる確率を知って具体的な努力をして結婚できた女性

結婚を具体的に考えるべき年齢は意外と若いって知っていましたか?
いつか結婚したいと思っている人は、自分の年齢によって変化していく「自分が結婚できる確率」を正しく理解しておくことが重要になってます。
下の記事では、総務省の国勢調査から、年齢別・男女別に結婚できる確率を算出して、考察をまとめています。
後悔しないように、今の自分の結婚できる確率がどのくらいなのか把握しておきましょう。

恋愛のすべて
タイトルとURLをコピーしました