年上の男性に構ってほしい!構われる女の特徴とは?~男性が構いたくなる女ってどんな女性?

構ってもらえる女性の特徴を持った人

年上男性がタイプの女性は、年上男性が持つ「包容力」を独り占めしたくなって、「思い切り構ってほしい!」と思うことがあると思う。

年上の男性は「女心を分かってくれる」のも魅力になっているため、色々な女性をうまく可愛がっている人も少なくない。

「何であの子は構ってもらえるのに、私は構ってくれないの?」
もし、年上の男性に構ってもらえない女性は、「男性が構いたくなる女性の特徴」をちょっと勉強してみよう。

この記事では、好きな人に構ってほしいと思う女性に向け、「構われる女の特徴」を紹介する。「男性が構いたくなる女ってどんな女性?」という疑問が浮かんだら、ぜひじっくり読んでみよう。

あなたの魅力にプラスワンできれば、きっとあなたの好きな年上男性は、あなたを思いきり構ってくれるはずだ。

スポンサーリンク

リアクションが可愛い「いじられ上手な女性」

男性が構いたくなる女性の特徴は「リアクションが可愛い女性」である。
あなたの周りにも、男性から構われる時に「可愛いリアクションをする女子」がいると思うけど、やっぱり人気になっているのではないだろうか?

男性は可愛い女性を「いじめたくなる心理」を持っている。
これは、いわゆる「いじめ」みたいな意味ではなく、「ちょっかい」を出すような女子を可愛がるイメージで、年上男性の場合はこんな心理で年下の女性に接しても、相手の女性は「構ってもらっている」という印象で扱いが上手い。

ちょっとした機会に男性が遊び心で年下の女性を構いたくなるとき、その結果相手の女性がどんなリアクションをするかはその後の行動や態度に影響する。可愛いリアクションをするなら何度も構いたくなるし、冗談を本気で受け取ったような態度だったり、綺麗にスルーされれば構いたくなくなる。

男性がある女性を構いたいと思うにはもちろん理由があって、その代表格は「リアクションのかわいらしさ」が見たい心理だ。男性の見方としてやっぱり女性の見た目は大事なんだけど、「可愛らしさ」と言っても容姿だけが影響しているわけではない。

一時的でなく継続的に構いたくなる女性は、むしろ「性格」などの内面が大きいウエイトを占めており、いじられ上手な女性は見た目に関係なく多くの男性から構ってもらっている。

好きな人からいじられた時は、何度もまたはなしかけてくれるように、笑顔とリアクションに気を付けて対応してみよう。構ってほしいと思う時は、まず最初に「頻繁に絡まれる」って状態を目指したい。男性心理に疎い女性は、下の記事も読んでおくとここの重要性がよくわかるだろう。

好きな人をいじめる男性心理~何で好きなのにいじめたくなるの?ちょっかいを出す男性心理とは

きちんとお礼の言える礼儀正しい女性

男性が構いたくなる女性の特徴は、「気軽に接しやすい女性」だ。あなたが「構ってほしい」と誰かに言われたときに構い方がよく分からないように、女性を構っている男性もどこか、構っているつもりが状況で実質女性を構っているような状況になっている場面も散見される。

つまり、コミュニケーションが多い状態が「構ってもらっている」と感じる要因になっているということ。

それを基本とするなら、人付き合いが上手い女性が構ってもらえる女性の特徴ということになるが、最も基本的なことで言えば「礼儀正しい女性」がそれにあたるだろう。人は相手が何を考えているか本当のことはわからないので、「ごめんね」と「ありがとう」をちゃんと言葉にできる人がなんだかんだと人付き合いをうまく回している。

普段の付き合いの中で「礼儀正しい女性だ」と思われれば変に色々考えずに話しかけることができ、男性は女性を構うのに抵抗がなくなる。これが逆に何を考えているかわからない女性だったり、言葉足らずで誤解を与えやすい女性だったら好きな人も最低限のコミュニケーションで留めるはずだ。

特に異性と接する際には同性よりも気を使う人の方が多い。
その中で、きちんとお礼の言える女性は、何かしてもらった時に「うれしい」とか「感謝」の気持ちを言葉にして伝えるので、相手の男性としては「自分の行動が相手の女性に取って余計なことではなかった」ことを知る。

これが大きい。

きちんとお礼の言える女性は男性が放っておかないので、構ってほしいと思う時に構ってもらえるだろう。

男性の中には「女性が構ってほしいと思っていてもどうしたらいいか分からない」という人が少なくなくて、自分の行動が果たして正しいのかどうかに悩むことがあるから、「お礼」の有無は大事だったりする。

健気さを応援したくなる「一生懸命な女性」

男性から見た「女性」というのは、か弱くて守りたい心理にさせる生き物だ。色々補足説明が必要な部分ではあるが、最も単純に言って「男性の方が体が強いこと」を理由にしている。本能の部分と置き換えることもできるだろう。

これを踏まえると、見出しに挙げた「健気さを応援したくなるような、一生懸命な女性」は、構われる女の特徴を持った人である。

一生懸命に頑張る女性は周りから応援してもらえるけど、男性から見た女性という意味では、手助けしたくなって構いたくなる。特に年上の男性は女心を読むのが上手いから、年下の女性が一生懸命になって疲れた時に気づくことができ、「かまってほしい」と思うタイミングで構ってもらうことも多くなっている。ストレートな表現ではないけれど、人間性の部分でこういったところは周りの男性が見ているポイントだろう。

「ネガティブな女」に構った男性がいたとしたら自分まで気分を落とすし、励ますのも容易ではなく、聞いている話もしんどいから避けることが出てくる。逆に、「一生懸命な女」はポジティブな考え方をする女性の方が多いし、接すると自分まで元気になれるところがある。

男性心理で頑張る女性を「放っておけない」という部分が大きいのだけど、もう少し大きな意味で「一生懸命な女性」は応援されるから構ってもらえる。

人に頼れる素直さを持つ女性

この記事を読んでくれている女性の中には、おそらく「素直に甘えること」が苦手な人が多いと思う。好きな人に構ってほしいと思ったときは「素直に甘える」のが一番だと言われる中で、きっとほかの方法を探しているんじゃないだろうか?

恋愛すれば「察してほしい」と思うことが多いのだが、その多くは空振りに終わってしまい。好きな人はあなたの気持ちをなかなかわかってくれない。これはどんな恋愛にも起こっていることだから、「伝えること」はすごく重要な恋愛力。

従って、もし男性に構ってほしいと思ったら、実際に構ってもらえる女性は「素直に甘えることができる女性」というのが特徴になる。

甘えるのが苦手でも、構われる女になりたい人は、せめて素直になってみよう。

実際、男性は基本的に女性から頼られたいと思っている。
彼女になればその気持ちが大きくなるのは当然なのだが、結構女性全般にその気持ちを持っている男性は多く、女友達でも頼られたなら一時的でも世話焼きになる男性は少なくない。

ここは「男心は情が深い」と表現したら少し理解しやすいだろうか。
“都会の狼どもに負けてはいけない”女性の方が、誰かをばっさり切るが得意である。

構ってほしいと思うときは素直になろう。
「相談」としてしまうと少し重たい印象を持つ人も多そうだけど、「相談がある」と言って連絡してくるのにそんな内容ほとんどない女性とかも案外いるものだ。そんな連絡が入ったら、後から「構ってほしかったのだな」と、思ったりする。でも、後味は悪くなくて、「元気になってくれたらいいな」と思うが男性である。

人に頼れる素直さがあると、それがどんな形であれ「意思表示」ははっきりなされるから、やっぱり気持ちが成就する可能性は高まる。

まとめ

今回は「年上の男性に構ってほしい」と思う女性に向けて、「構われる女性の特徴」を紹介した。男性が構いたくなる女とはどんな女性かイメージできただろうか。

構ってほしいと思う時は今回挙げたようなこと意識して特定の男性のアピールにも参考にしてみよう。

人が寄ってくるような女性はどこかにわかり易い魅力があるものだ。
恋愛では、自分の魅力をどう見せるかも大事な要素になる。

構ってほしいと思う時に彼女がやってみることに興味があれば下の記事も読んでみよう。

彼氏に構ってほしいなら彼女がやってみる5つのこと~構ってくれない彼氏の対処法とは?

年上男性とのデートではおごってもらう機会も多い。マナーやお礼の方法などが分からない女性は下の記事も参考になる。

男性に食事やデート代をおごってもらう時のマナーやお礼の方法・お返しの考え方

年上男性モテない女性社内恋愛
スポンサーリンク
Brightfutureをフォローする
自分の結婚できる確率を理解する

結婚を具体的に考えるべき年齢は意外と若いって知ってましたか?結婚したいと思っている人は、自分の年齢によって変化していく「自分が結婚できる確率」を正しく理解しておくことが重要なんです。
下の記事では、総務省の国勢調査から年齢別・男女別に結婚できる確率を算出して、考察をまとめています。
後悔しないように、今の自分の結婚できる確率がどのくらいなのか把握しておきましょう。

スポンサーリンク
恋愛のすべて
タイトルとURLをコピーしました