好意でしてくれる男性の行動に対する理想的な女性のリアクションとは

男性の好意に対するリアクションをしている女性のイメージ

好意でしてくれる男性の行動に、あなたはいつもどんなリアクションをしているだろう。

男性が、気になる人や好きな人に「優しさ」のアピールをすることは多いから、受け手である女性のリアクションは、恋愛で結構大事な要素となる。モテる女性と非モテ女性で差がついている部分だ。

恋愛を上手く進めていくのにも、男性の好意を上手く受けていかないと次の機会がやってこないことから、関係が進まないことに繋がってしまう。

今回は「好意でしてくれる男性の行動に対する理想的な女性のリアクション」を紹介するので、甘えることが苦手な女性などは特に参考にしてみてほしい。

なお、今回紹介することの逆をやれば男性の好意を切り捨てることができるので、面倒な男が周りにいるなら、逆方向から活かすこともできるだろう。

スポンサーリンク
記事下アドセンス

「ごめん」よりも「ありがとう」を使おう

基本的に人間関係というのは、「ごめん」と「ありがとう」をしっかり言えていればかなり良好に行くのだが、片思いの恋愛に大事なのは「ありがとう」の方だ。

何か男性の好意でしてくれたことがあったなら、「ごめん」とか「すみません」を言うよりも、「ありがとう」を伝えよう

好意で行うこと、例えば仕事を手伝ってあげたりする男性の心理は、「役に立ちたい」「助けてあげたい」という心理だ。

恐縮して「すみません」と言ってしまう気持ちは理解できるが、行き過ぎれば「余計なお世話だったかな」とか「気を使わせてしまうだけで裏目ったな」などと思い易い。

それが「ありがとう」と笑顔で言ってもらえると、「やって良かったな」と思うし、謝られるよりも感謝された方が嬉しく感じる。

「ごめん」という言葉が文字通りの意味で使っていないのなら、そのニュアンスは相手に当然伝わるのだが、謝られる言葉より感謝を伝える言葉の方が理想的な女性のリアクションになる。

笑顔になり易いのも「ありがとう」の方であるし、好きな人にはつい謝りたくなる人も多いと思うので、感謝を伝えて二人で笑顔になる会話を心がけよう。

男性が好意してした「声掛け」には甘えることも大切

これも遠慮してしまう女性が苦手なことだ。男性が好意で声掛けをしてくれた時は、素直に甘えることも、恋愛を進めていく上では大切なことである。

話しの流れで社交辞令的に声掛けが為されることもあるが、もしそうではなく自発的な好意から声掛けを受けたなら、素直に甘えてくれる方が男性は嬉しい

男性は「頼られたい」という気持ちから女性に声掛けを行っているので、強がるよりも素直に受け入れてくれる女性の方が可愛くみえる

また、誰かからの好意を受ける時はその人に対する好意が必要でもあるため、断られた時にはショックを受ける場合も結構あったりするものだ。「あー、俺の優しさはあんまり受け取りたくなんだね」という感じである。
無下に断るようなリアクションは、案外傷つけることもあるから注意したい。

コミュニケーションの一環にもなるため、嫌いじゃない男性からの好意は、受け取ってあげるのも実はやさしさだ。

周りの男性も見ていることがあるから、断りまくっている女性へは誰でも近づいてこなくなる。この点にも、ぜひ注意をしてほしい。

驕られるのが嫌な人は

男性と二人で食事に行った時、経済力のある男性が驕ってあげようとする場合があるだろう。
でもあなたが驕られるのが嫌だと思う人なら、話の展開次第では強引に断ることになるかもしれない。女性のリアクション問題を考えるときはテーマにするべき問題だ。

ちなみに、驕られるのを断る女性へ対する男性側の評価は、あまり下がることは無いから安心してほしい。

好みの問題はあるが、奢ろうとする男性に対し女性の理想的なリアクションを、「断ること」とも「驕ってもらうこと」ともしがたい部分があって、女性ごとの価値観で判断できる部分だ。

しかし、断り方が大事であるのは間違いなくて、キツイ言い方になるくらいだったら好意を受け取る方が正解となる。特に立場で差がある場合は変に怒りを買わない方が無難。もし気になる人や好きな人が相手の場合に断る際は、「次は私がごちそうします」と次に繋げるリアクションがおすすめで、プレゼントのような形でお返しするのも可愛いリアクションになる。

せっかくの好意を台無しにしてしまう行為はもったいないので、工夫するようにしよう。

男性におごられる際の記事は個別に用意しているので、興味があれば読んでみよう。

お世辞を真に受けたくないなら

男性が異性として褒めてくれる時、お世辞で言っているのか本当にそう思って言っているのか分からず、全部冗談にしてしまう女性がいるが、どう受け流すかのリアクションは重要だ。

女性の場合は、笑い話にしてしまうようなリアクションは、かなり残念かなと思う。
確かに女性を褒める時に、男性が完全なお世辞で言うことは少なくない。からかっているわけではないが、円滑なコミュニケーションの一部であるイメージだろうか。

従って、全てを真に受けることが理想的なリアクションにはならない。
どういう意味で褒めているのかを察知できれば一番良いのだが、それは現実的な手段にはならないから受け流すにしても、その方法を女らしくない感じにしないように気を付けよう

本気で褒めたのに盛大にボケられると、男性から見た女性としてはやっぱり可愛くないのだ。
男性が探りを入れつつ口説いているとしても、雰囲気が盛り上がるはずもなく、相手の態度をきっかけに冗談にしてしまいたくなるリアクションになってしまう。

お世辞を言われた際の良いリアクションとしては、男性に褒められた時も、やはり「ありがとう」と言って笑えると良いだろう。

褒め慣れている男性でも、全く思っていないことを褒めることは稀だ。
「こう言ってほしいのかな」とは思っても、自分が全くそう思えないなら、普通は言わない

正し、自分からその話を振ったなら、全く別。
例えば「髪切ったんだ~」って話に「似合っているね。可愛いよ」というのは、テンプレ的な話の展開であって、深い意味を持っていないパターンは増える。

しかし、何も言っていないのに相手から話かけてきてそう言ったなら、口説くつもりかどうかは別にしても、ある程度本気でそう思っているのだろう。そうでなければ、自分から話かけて褒めたりはしない。

また、かわいいリアクションを意識するなら、褒められた時に否定してしまうのも控えよう。
テレ隠しが行き過ぎると、時々自分から自分を否定してしまう人がいるけど、それも残念なリアクションである。

謙虚なリアクションが可愛くみえることもあるが、否定まで言ってしまうと褒めたことが逆効果だったと男性が感じる。

自己評価が低いところを褒められても、どちらかと言うと喜んでいる様子でリアクションを取ってくれることが男性に取って理想のリアクション。要は、男性が女性を喜ばせたくてそう言っていることを、否定しないようにすることが大事だと言うことだ。

お世辞を言われたと思っても、相手を褒め返すことで会話を盛り上げる

せっかくこの記事を読んでくれた女性は、男性に褒められた時の理想のリアクションとして「褒め返すこと」にもぜひチャレンジしてほしい。笑顔の会話となり、雰囲気の良い会話につながるからだ。

客観的にみると「お互いに褒めあう」ということになってちょっと変なのだが、まだ打ち解けあっていない関係なら社交辞令を言い合っているような状況になるのでそこまで変じゃない。何よりも、テレが良いスパイスとなってお互いが笑顔になる会話となるため、好意を持つ男性からお世辞を言われた際は、「褒めるチャンス」とも考えてみてほしい。

好きな人を褒めることは恋愛アプローチの基本だが、案外やろうとするとできない人は多い。自然な会話で流れができると難易度は低いものの、やっぱり恋愛は意識してしまって普段通りできない場合が多々あるのだ。

褒められたとき、お世辞を言われたときは、そのリアクションとして「相手を褒め返す」。これができるようになると、お互いで良いイメージを伝え合うことになるので間違いなく雰囲気は良化するはず。

積極的ではない女性は恋愛テクニックにもなると思うので、「リアクションなんだ」と思ってやってみよう。「〇〇さんこそ、話が面白くて素敵ですよ」なんて、ちょっと冗談半分で言ってみると、可愛い表情が見れるかもしれない。

当然この部分は、男性が好意でしてくれた行動に対するリアクションとしても、応用的に考えてみてほしい部分だ。

まとめ

今回は「好意でしてくれる男性の行動に対する理想的な女性のリアクション」を紹介した。
自分が好意を持っている男性から今回挙げたようなことをされたら、受け入れて笑顔でお礼を言えると良いかなと思う。

全く遠慮しない女性は奥床しさが欠けるけど、好意を受け取ってくれないのはやはり寂しいと感じるので、甘え上手の女性の方がモテる。

ウザい男性に言い寄られているのなら好意は受け取らず、全て断るのが基本となるが、普段から好意を受け取らない女性は冷たい感じを受ける。

好意で何かをした男性は、そのまま自分を受け入れない態度と取るだろう。
弱い女性の方が良いとまで表現しなくとも、好意の受け取り方は大事なので、相手の気持ちを汲んであげるようなリアクションが取れると良いだろう。

関連記事: