変化に気付く男性と女性がなぜモテるのか~相手の気持ちから理由を考える

f:id:Brightfuture:20160712191400j:plain

女性や男性のちょっとした変化に気付く人はモテる。
女性の変化に気付く男性がモテるというのは有名な話だが、当然ながら男性の変化に気付く女性も逆の場合に比べてモテるのは明らかだ。

それは自分が変化した時の気持ちから相手の気持ちを考えると、モテる理由が分かるだろう。

今回は、変化に気付く男性と女性がなぜモテるのかを考えてみたい。
相手の気持ちから理由を考えれば、あなたも変化に気付く重要性に気付けるだろう。

スポンサーリンク
記事下アドセンス

何かを変えたら褒められたい

変化に気付く男性と女性は、多くの場合でそのポイントを褒めることが多い。
「髪型変えたの?似合っているね」
「ちょっと痩せた?可愛くなった気がするな」
誰でも言われないよりは言われた方が嬉しい言葉ではないだろうか。

変化した相手の気持ちで考えてみよう。
もし上記の言葉が実際に起こった変化であった場合、「褒められたい」ポイントだと思っていることが多い。
髪型を変えるのは少しでも自分がカッコイイ男になりたいからだし、可愛い女でいたいからだ。
もちろん、気分転換などの意味でも変化は起こすものだが、「ちょっとした期待」もない変化はそうそうない。

お世辞を言われて素直に喜ばないのが人であったとしても、期待に沿う言葉を拒絶したりはしないだろう。
テレてしまってリアクションが悪いパターンもあるが、内心ではやはり嬉しいものだ。

変化したら褒めて欲しいと思うのは、当然の欲求なのだから、それを満たせる人が気になったりするのは自然なこと。
変化に気付く男性と女性がモテる理由である。

変化は期待と不安が同居している

人は変化を嫌う生き物だとされている。
同じ生活は安定を意味していると捉えるところがあるし、変化させることによって失敗することもあることを経験から知っているのだから、冒険することを拒み、安定を求める。

だとしたら変化した人は不安も抱えていることが分かる。
いつもと違った感じのファッションで変化させた人がいたとしたら、「可愛い自分・カッコイイ自分」になりたいって期待を抱きながらも、「似合うかな?」「いつもと違うから変かな?」って不安を抱えていることは案外多いものだ。

当然ながら、これも強弱の問題がある。
不安と期待はほんの少しだけかもしれないし、潜在的にしか持っていない感情かもしれない。

しかし、全く無いという人は珍しい傾向は顕著なので、変化に気付く人が「認めてあげて褒めること」は、安心にも繋がっていると表現できるはずだ。

また、自分の趣味(変化は基本ポジティブな感情から生まれる)と合致した意見を言って貰えることで、親近感がわくし、褒めてもらえば好意を抱き易いのも人なので、その変化に気付く人がモテるのは当たり前である。

前向きにしてくれる人を人は好きになる

いつも後ろ向きな人と一緒にいると、自分も同じように後ろ向きになる経験をした人は多いはずだ。
「朱に交われば赤くなる」とは少し違うが、人が同調性を持っていることは有名な話。

ポジティブな人間関係の中に身を置きたい人は多い。

変化したその人が、もし努力によって変化したとしたら、最もモチベーションが上がる時は「結果が出た時」である。
変化に気付く人がそのポイントを褒めてあげれば、変化した人に取って最も「モチベーション」が上がる時を迎えることになる。
もっと頑張ろうと思えるはずだし、頑張って良かったなと思うはずだ。
他者によってそれが引き出されるのなら、それはきっと素晴らしい人間関係であるはず。

ポジティブにさせてくれる人を変化に気付く人だとすれば、ネガティブにさせる人は変化に気付かない人だ。
例えば、付き合っている彼氏に彼女がこう言ったとしよう。
「ねーねー、3キロも痩せたんだけど、可愛くなった?」
変化に気付かない彼氏はこう続ける。
「マジで?見た目じゃ分かんねーな。もっと痩せろよ」
…これじゃ、別れだって考える彼女も出てくるだろう。

ちょっと盛った例ではあるが、彼女としては自分から言わないで褒めて欲しかっただろうし、気付かないまでも自分から打ち明けた時点でせめて褒めて欲しかったはずだ。
もし、近くに自分から気付いて褒めてくれる男性がいれば、気持ちが少しなびくかもしれない。

取ってつけたようなお世辞が上記の例の場合で有効だったかは分からないが、彼女が3キロ痩せたことを彼氏に報告しているんだから、その意味を考えるべき局面だったのは間違いない。
ガッカリさせるようなことを言うべきではなかったが、変化に気付かない男性や女性はやりがちなことでもある。

人は前向きにさせてくれる人を好きになる。
それは異性としてよりも、人間としての意味の方が大きいのだが、異性であったなら好意の種類の変化も起こることなので、モテる理由にも当然繋がっている部分だ。

スポンサーリンク

変化に気付くのは脈あり?好意があるから?

この答えは完全にYESとは言えない。
変化に気付く人は、特徴として変化に気付くことが得意であることもあるからだ。

しかし、好意を持っている人の方が変化に気付き易いのは間違いなく、脈ありである可能性は高いとまでは言えるだろう。
できれば、他の人の変化にも同様に気付く人なのかで判断できると一番良い。

変化は普段との違いで気付くのだから、興味の有無が関係している。
変化に気付くのはそれだけ「普段」を知ってるからであり、頭に残っているからだ。

好意を抱いている人はその条件にハマるし、脈ありと言えるのだが、一つの材料として考えるくらいが妥当だろう。
その他のことと合わせて判断したい。
当然だが、プラス要素としての価値は高いのは事実である。

ここでポイントになるのは、相手の気持ちの方だと私は考える。
つまり、「好意があるの?」と相手に思わせる効果の方がモテる理由に繋がっていると思うのである。

もし自分の変化に誰も気付かないで1日が終わろうとしている時に、その変化について一声かけられれば、ちょっとした感動と共に「何でこの人は気付いたんだろう」って思うこともあるんじゃないだろうか。
その気持ちはほんのちょっとだけかもしれないが、恋愛のアプローチとしてはストレートな効果が見込めるはずだ。
「好意があるの?」ってほんのちょっとでも思わせることができれば、異性として意識される。

変化に気付く人がモテる理由として大きいだろう。

好きな人に自分の変化を気付いてもらえなかったことで過度に凹むことは避けるべきだが(変化は少しでも魅力的な自分になろうとしたのだから結果はその先にある)、好きな人の変化に気付くことでやんわりした好意を伝えることは可能だ。
褒めるポイントとしても変化したポイントは最良だろう。

変化に気付かれることが好意を感じる瞬間であるし、好意があるのか考える瞬間になる点は、恋愛的に大きな意味を持っている。
気付かれる方、気付く方の両方でこのポイントを考えると良いのではないかと思う。

男性でも変化に気付かれたい

女性の変化に気付く男性がモテるのは有名だが、逆の場合、男性の変化に気付く女性が男性にモテるのも事実である。
モテたいから変化をする男性はかなり多い。
それくらい男性のモテたい願望は強いものである。

変化に気付く女性は、結局男性が褒めて欲しいポイントを的確に突いているのが大きいのだろう。男は単純だから素直に喜ぶし、「脈あり?」とも思いやすい。

全ての男性の変化がモテるためだとはしないが、変化した時に女性の目が気にならない男性は圧倒的に少ない。
やっぱり女性から見てカッコイイ男性でいたいのである。

シャイな男は増えているから、変化したポイントを褒めたところでリアクションが薄い場合もかもしれないが、内心では高確率で喜んでいる。
もし好きな人の変化に気付いた女性は、一言褒めてあげると良いアプローチになるはずだ。

男性だって、女性と同じように、変化に気付いてほしいと思っているし、肯定して褒めて欲しいと思っている。

そっとしておいてほしい人はいないのか

これが案外いるものなので、付け加えた。
ちょっと冒険してみた時などの変化は、「そっとしておいてほしい」「ツッコまないで」と思うことも実際にはあるものだ。

だからこそ、変化に気付いた時にその変化のみの話題で終わらず「肯定してあげること」が大事になる。
チャカすことはマイナスになることを肝に銘じよう。
チャカすくらいなら気付かない方が良い。

このポイントでなぜ褒めることが重要かが分かると思う。

「いつもと違った自分」で気分転換したい時などは、誰にも気付かれないで良いと思うことも多いし、変に話題にされたくない。
男性や女性の変化には、気付けば良いのではなく、「どのように伝えるか」が大事なので、一声かける時は一呼吸置くと良い。

自分だったらどのように言って欲しいだろ変化に気づいた男性のイメージうと考えてみることが有効だと思う。

まとめ

今回は、変化に気付く男性と女性がモテる理由を考えてみた。
相手の気持ちから理由を考えてみると、納得できたのではないだろうか。

ちょっとした変化に気付ける人は、好意を伝えやすいし、意識してもらいやすい。
頑張った結果として起きた変化に気付くのは、彼氏や彼女としても重要な役割にもなるので、意識したいところだ。

ただ変化に気付けば良いのではないから、その変化をポジティブに伝えて褒めてあげることは基本に考えよう。
チャカされた時の恥ずかしさはなかなかのものなので、褒められない変化には言及しないことも大事になってくるかもしれない。

いずれにしても伝え方が重要になる。

関連記事: