LINEで別れ話を切り出す人の心理~何で一方的にLINEで「別れたい」と言うの?

LINEで別れ話を切り出された彼女がメッセージを見つめている様子

一つに恋愛の終わらせ方は、引きずるかどうかや、ショックの大きさとも関係していて、恋愛の中でも大切なものとなっている。もし「LINEで別れ話を切り出された」としたら、傷つく別れ方になるはずだ。

しかも、LINEで別れた時は一方的な連絡になりやすく、自分の気持ちを伝えられないことも多い。やりとりが続かず別れ話がすぐに終わる場合は、彼氏や彼女の心理が分からないことで、余計にモヤモヤするだろう。

LINEで一方的に別れを切り出す人や、顔を見ないでいきなりLINEで別れ話をしてくる人は、一体何を考えているのだろう?

この記事では、「LINEで別れ話を切り出す人の心理」について考えてみたい。

あなたの付き合った彼氏や彼女は何でLINEで「別れたい」と言ったのだろうか。辛い別れを経験した人が少しでも相手の心理を知る参考になればと思う。なお、LINEで別れ話をする人の理由はいくつか複合している場合も多いので、そんな視点から読んでみよう。

スポンサーリンク
記事下アドセンス

別れ話でもめるのがめんどくさい

LINEで別れ話をする人の一番多い理由は、「めんどくさい」という心理だ。一方的にLINEで別れ話を切り出して、話が続かないようにブロックしてしまう人もいる。

カップルの別れはそれまでの付き合い方を象徴する。LINEで別れるのならそれまでの関係だったかもしれない。そう思うのが無理のないことだ。

カップルの別れ話は、どういった会話になるのか読みにくい。
また、別れ話を切り出す方も「よし、これで別れられる!」なんて超前向きに別れるよりも「悪いな」とか「傷つ付くだろうな」って気持ちでするものなので、LINEを選ぶ心理には「めんどくさいことから逃げる心理」も見える。

本当は別れ話を切り出される相手が納得した話をしないといけないし、相手の話も聞かないといけない。LINEで別れるのが辛いは「向き合ってもらえない別れ方」だからだろう。

別れると決めた気持ちを崩されないように

カップルの別れは複雑な気持ちになることも多い。「このまま付き合うか」「もう別れて新しい恋に進むか」など、別れを迷う心理もよく絡む。

「決めた。もう別れよう…」
別れ話をしたときにすがられたり、説得されたり、一時的であっても想いや未来を語られて思い留まってしまうことも少なくないので、一方的に「別れたい」と言うことができるLINEで別れを選ぶ人がいる。

自分で決めたことを貫きたい心理で別れ話の切り出し方をLINEにする人がいるのも事実だ。

もう顔も見たくない

LINEの別れは「喧嘩」をきっかけにすることも多い。中には勢いで別れ話を切り出してしまうこともあるが、「もう顔も見たくない」という心理で喧嘩の延長線上に「別れ話を切り出す」という選択肢を置く人がいる。

LINEで別れる場合は「顔を見なくて済む」というメリットがある。
別れ話を切り出す彼氏や彼女は、「会いたくない」心理からLINEの別れ選んだのかもしれない。

LINEの内容がすごく冷たいメッセージだったら、別れるために会うのも嫌だった可能性がある。

スポンサーリンク

声で言うよりも文字の方が傷つかないと思って

別れを決めた人は「どう別れ話を切り出すか」に悩む。うまく別れたいと思うものの、やっぱり付き合っている人をなるべく傷つけたくないし、ショックも少なくしたい。「円満に別れる」なんて理想に違いないのだが、なるべく傷つかないように配慮するのは少数派でもない。

別れを切り出す方と切り出される方でかなりミスマッチになっているケースが多い理由だと思われるが、LINEで別れる方が相手を傷つけないと考える人がいる。

「会ってする別れ話」と「LINEでする別れ話」の、どちらがより相手を傷つけるかは個人差がある。
後者「LINE」の方が文字である分、相手の彼氏や彼女を傷つけないだろうと思う人がいても不思議とは言えないのだ。

ただ、相手の彼氏や彼女を「少しでも傷つけないように」という心理があると言っても、自分への言い訳だったり、逃げている自分を正当化している部分もあって、やはり別れ話をされる方の立場になれているかと言えば、そうではないと感じる。

思いやりをはき違えて、「LINEで別れる」選択をする人がいるのは悲しいことだ。

「別れる」という結果は変わらないから

別れる決断が強固であればあるほど、「相手のリアクションが気にならない」という人がいる。話し合いをしたいのではなく「別れを告げたいだけ」なら、結果は変わらない以上、一方的に別れられるLINEは便利とも言えるだろう。

別れたい方としては合理的な考え方なのかもしれない。
でも、「恋人を想う心が無い」と言うか、「結果が変わらないなら工程はどうでもいい」としたら寂しすぎると感じてしまう。

とても冷たいLINEで別れを告げられた時に、この心理でそういった態度を取ったのか、あるいは、きっぱり別れるのが相手も引きずらない良い方法だと思い、相手は相手でしんどい思いをしているのかは分からない。

しかし、会って話すにはお互いの都合を合わせる必要があり、話し合いになれば時間もかかる。どういう風になっても別れる結果になるのなら、LINEを選ぶ人がいる。

別れるのが辛い

別れるのが辛いのはどんな別れでも感じることだが、別れる必要を強く感じつつ、気持ちが離れていない状態で別れを選ぶときなど(不倫や二股関係などは典型的パターン)、別れるのが辛いから直接会わず、声も聴かないLINEは選択しがちなツールだ。

「もう離れよう」
そういう心理になるのにも色々な理由がある。

相手から逃げる行為ではあるので、恋人への態度としては望ましくないが、「もういい」という心理のときは一方的に言いたいことだけ言って終わりにするパターンはいくつかの場面で存在する。

そんな時はLINEで別れ話をするのが打ってつけなのかもしれない。

今別れようと決めたから

LINEで別れ話を切り出す際は、思い立った瞬間にアクションを起こせる。
今別れようと決めたから「勢いがあるうちに言いたい」という心理なども手伝ってLINEで別れ話をする。

ちょっとイメージできない人がいるかもしれないけれど、典型的なのは「友達といるとき」だ。恋愛相談に乗っているときにその場で別れるメールやLINEを送る人を何人か見てきた。「今言わないとまた言えなくなる…」そんな心理は理解できないとも言い難い。

LINEを送られてきても相手が何をやっているかは分からないから、友達と居ても基本的にバレない。

また、仕事や学校関係で「相手が今忙しいことを知っている」場合は電話がかかってくる可能性もないので送りやすい面もあるだろう。

友達と一緒にいるときに別れ話を切り出すのも結構失礼な態度ではあるが、珍しいとも言えないところだ。

まとめ

今回は「LINEで別れ話を切り出す人の心理」をまとめた。
何で一方的にLINEで「別れたい」と言うのか、参考になっただろうか。

恋愛はどう終わるかも大事なことだ。
良い別れを定義するのはとても難しいことだが、悪い別れは引きずる原因になりやすく、トラウマになることも少なくない。

真剣に付き合っていて、しかも長く付き合っていたなら、別れる場合もそれを踏まえて対応するべきだ。

でも、別れ話をするのは振られる方はもちろんだけど振る方も辛くて、どっちにしても別れる結末を迎えることが確定しているときほど「一方的」になってしまうことがある。

いずれにしても、あなたが「終わった恋」とするなら明るい未来が見たい。
相手の愛情がなくなって別れる場合は、モヤモヤした気持ちを処理するために「もう一度会う」という選択をしたり、前を向くことために行動することも大事だ。

関連記事: