LINEで別れ話を切り出す人の心理~何で一方的にLINEで「別れたい」と言うの?

LINEで別れ話を切り出された彼女がメッセージを見つめている様子

一つに恋愛の終わらせ方は、引きずるかどうかやショックの大きさとも関係していて、恋愛の中でも大切なものとなっている。

それにもかかわらず、もし「LINEで別れ話を切り出された」としたら、傷つく別れ方になるはずだ。

しかも、LINEで別れた時は一方的な連絡になりやすく、自分の気持ちを伝えられないことも多い。やりとりが続かず別れ話がすぐに終わる場合は、彼氏や彼女の心理が分からないことで、余計にモヤモヤするし、最低だと思った人もきっと多いはず。

しかし、LINEで一方的に別れを切り出す人や、顔を見ないでいきなりLINEで別れ話をしてくる人は、一体何を考えているのだろう?

この記事では「LINEで別れ話を切り出す人の心理」について考えてみたい。

あなたの付き合った彼氏や彼女は何でLINEで「別れたい」と言ったのだろうか。辛い別れを経験した人が少しでも相手の心理を知る上で参考になればと思う。

なお、LINEで別れ話をする人の理由はいくつか複合している場合も多いので、そんな視点から読んでみよう。

後半は、LINEで一方的に別れ話をされた時の対処法や、その後に会う時の話し合いのポイントも解説している。

目次

別れ話をしてもめるのがめんどくさいからLINEで一方的に別れを告げる

LINEで別れ話をする人の一番多い理由は、「めんどくさい」という心理だ。最低な別れ方になると、一方的にLINEで別れ話を切り出した後、話が続かないようにブロックされることさえある。

ラインで別れ話をされた人は、その一方的な言い方が「私たちって何だったの?」という気持ちにさせるが、カップルの別れはそれまでの付き合い方を象徴するところがある。

あっけない別れ、その恋愛の価値と原因~別れる時はあっけないものなのか
世の中には、本当にあっけない別れというものが存在する。 「別れよう」 「そうだね…」 別れ際に涙もなく、言い訳や追及もなく、それまでの交際が嘘だったかのようにあっけなく別れるカップル。そんな経験を自分がしてしまうと、「

LINEで別れるのならそれまでの関係だったかもしれない…、そう思うのが無理のないことだ。

LINEで別れ話をする人の心理には「逃げてる心理」も?ブロックされた場合は最低彼氏・最低彼女

カップルの別れ話は、どういった会話になるのか読みにくい。また、別れ話を切り出す方も「よし、これで別れられる!」なんて超前向きに別れるよりも、「悪いな」とか「傷つ付くだろうな」って気持ちでするものなので、別れ話をするのにLINEを選ぶ心理には「めんどくさいことから逃げる心理」も見える。

  • 会って話し合う=会話の展開が読めないからもめることがある
  • LINEで一方的に別れ話をする=最悪ブロックすればめんどくさいことから逃げられる

本当は、別れ話を切り出す時は相手が納得する話をしないといけないし、相手の話も十分に聞かないといけない責任がある。LINEで別れるのが辛いのは、「向き合ってもらえない別れ方」だからだ。

どんなことも、最後の最後には一つの物語の本質が見える。もし一方的にLINEで別れ話をされた上に返信を待たずブロックされるなら、特別の事情がない限り最低な彼氏・最低な彼女だと思ってしまっても仕方ない。

LINEで一方的に別れ話を切り出して逃げてしまう彼氏や彼女のことは、早めに忘れてしまおう。逃げるように別れる人は相手への思いやりに欠けていて、自分のことばかり考える子供である。

大人の恋愛と子供の恋愛の違いとは~特徴や考え方はどこが違っているのか
実際に多くの恋愛経験を重ねてきて、恋愛には「大人の恋愛」と「子供の恋愛」があるように感じている。 これは、「どちらがより良いものなのか」という視点での話ではなく、恋愛の形が変わっていくイメージに近い。 今、あなたのしてい

別れると決めた気持ちを崩されないようにLINEで別れ話をする心理

彼氏にLINEで一方的に別れを告げられた女性

カップルの別れは複雑な気持ちになることが多い。「このまま付き合うか」「もう別れて新しい恋に進むか」など、別れを迷う心理もよく絡むものだ。

「決めた…。もう別れよう…」
別れ話をしたときに、すがられたり、説得されたり、一時的であっても想いや未来を語られて思い留まってしまうことも少なくないので、一方的に「別れたい」と言うことができるLINEで別れを選ぶ人がいる。

別れる決意が変わらないようにLINEで別れ話をする心理は、自分の問題と相手の問題の両方が絡む

この理由でLINEの別れを選ぶ場合は「自分の問題」と「相手の問題」の両方が絡むため、会って別れ話をしない恋人に最低だと思うのは間違っている場合がある。

  • 自分の問題=別れようと決めた気持ちが変わらないように。相手の顔を見た時に「やっぱり続けたい」と思ってしまって振れない状況を回避するために。
  • 相手の問題=話し合いになって説得されないように。すがられて彼氏や彼女がかわいそうだと思って情で付き合うようなことがないように。

よくあるのは、別れを決めたのに別れられなかった経験をしているパターン。「今度こそは…」と思えば、前回とは違った別れ方を選ぶ。これまで別れる別れないの話をしたことがあったなら、LINEで一方的に別れようとするのも分からないではない。

どんな事情があっても大事なことは会って言うべきだと思いながらだが、恋愛では「LINEでしか言えない」という状況がありうる。

自分で決めたことを貫きたい心理で別れ話の切り出し方をLINEにする人がいるのも事実だ。

もう顔も見たくないからLINEで別れる方法を選ぶ

LINEの別れは、「喧嘩」をきっかけにすることも多い。感情的になれば「勢いで別れ話を切り出してしまう」こともあるが、「もう顔も見たくない」という心理で喧嘩の延長線上に「別れ話を切り出す」という選択肢を置く人がいる。

LINEで別れるメリットは顔を見ないで別れ話ができること

LINEで別れる場合は「顔を見なくて済む」というメリットがある。

別れ話を切り出す彼氏や彼女は、「会いたくない心理」からLINEの別れ選んだのかもしれない。

LINEの内容がすごく冷たいメッセージだったら、別れるために会うのも嫌だった可能性がある。

このパターンに該当する人は、LINEで別れ話をされる前に大きな何かがあったのが特徴だ。

LINEのケンカ別れは復縁の可能性があるが、愛情が冷え切っていた時はただの別れのきっかけに過ぎない

LINEの喧嘩別れなら復縁の可能性を残すが、二人の関係が冷えてきた場面では喧嘩がただの別れのきっかけに過ぎない場合もある。「顔を見たくないほど嫌われていた」なんて考えたくもないことだが、恋愛相談に乗るとそういった話は珍しいと言えない。

LINEで別れ話をする人は、「顔を見たくない・会いたくない」という心理からLINEで伝える場合がある。喧嘩別れはすっきりしない別れ方なのだが、それまでのカップルの状態を振り返って、「ケンカして感情的になっただけ」なのか、それとも「愛情が冷めていたところにケンカが起きたのか」という点を考えてみよう。

数日経っても連絡が来ないのなら、意外と相手の彼氏や彼女は別れられたことにすっきりしていることもある。

喧嘩の仲直りに自信がない人は、下の記事を参考に別れの原因にしないようにしよう。

LINEで別れるのは優しさ?声で言うよりも文字の方が傷つかないと思って…

別れ話の切り出し方~タイミングと場所と方法
彼氏や彼女と別れることを決断した時は、別れ話の切り出し方に悩む。もう冷めてしまったとしても好きだった相手だし、まだ複雑な感情を持っていることも多い。 別れ話でもめたくないとの思いが強いかもしれないが、綺麗に別れるためにも別れ話

上の記事でも詳しく解説している通り、別れを決めた人は「どう別れ話を切り出すか」に悩む。

うまく別れたいと思うものの、やっぱり付き合っている人をなるべく傷つけたくないし、ショックも少なくしたい。ある程度の期間つきあったカップルが「円満に別れる」なんて理想でしかないのだが、なるべく傷つかないように配慮するのは彼氏や彼女に冷めた後でも少数派じゃない。

そこで選ばれるのがLINEで別れ話をすること。

別れを切り出す方と、切り出される方でかなりミスマッチになっているのが問題点なのだが、別れ方を考える時にLINEで別れる方が相手を傷つけないと判断する人がいる。

「会ってする別れ話」と「LINEでする別れ話」の、どちらがより相手を傷つけるかは個人差がある。後者「LINE」の方が文字である分、相手の彼氏や彼女を傷つけないだろうと思う人がいても不思議とは言えないのだ。

傷つけたくないと思ってLINEで別れ話をする人は、それを「言い訳にしている」のことも多い

この理由でLINEの別れ話を選ぶ人は相手の彼氏や彼女を「少しでも傷つけないように」という心理があると言っても、自分への言い訳だったり、逃げている自分を正当化している部分もあって、やはり別れ話をされる方の立場になれているかと言えば、そうではない

思いやりをはき違えて、「LINEで別れる」選択をする人がいるのは悲しいことだ。恋愛特有の葛藤が絡む問題だと思われるが、相手のせいにして自分の行動を正当化するようであれば、それは決して優しさではない。

もしきちんとしている彼氏や彼女がLINEで別れ話をしてきた時は、会話に付き合わないで「会って話したい」と一言伝えてみよう。別れ方を間違う人がいるので、LINEの別れ話は返信の仕方で結末が変わることがある。

「別れる」という結果は変わらないから、LINEで別れようと伝える

LINEで別れようと言われた男性

別れる決断が強固であればあるほど、別れ話をする際に「相手のリアクションが気にならない」という人がいる。結果が変わらないなら、LINEという手ごろな方法で、いつも通りの連絡手段で、別れを選ぶ心理である。

話し合いをしたいのではなく「別れを告げたいだけ」なら、結果は変わらない以上、一方的に別れられるLINEは便利とも言えるだろう。別れたい立場としては、合理的な考え方なのかもしれない。

でも、この理由でLINEでの別れ話をする人は、「恋人を想う心が無い」と言うか、「結果が変わらないなら工程はどうでもいい」としたら寂しすぎると感じてしまう。

とても冷たいLINEで別れを告げられた時は、この心理でそういった態度を取ったのか、あるいは、きっぱり別れるのが相手も引きずらない良い方法だと思い、相手は相手でしんどい思いをしているのかは分からない。

しかし、会って話すにはお互いの都合を合わせる必要があり、話し合いになれば時間もかかる。どういう風になっても別れる結果になるのなら、LINEを選ぶ人がいるのも頷けるところだろう。

お互いが別れを確信しているような場合や、明らかに別れる雰囲気のカップルなど、お互いのためにLINEで別れるパターンもあるから複雑な部分だ。

別れるのが辛いからラインで別れを告げる

別れるのが辛いのはどんな別れでも感じることだが、別れる必要を強く感じつつ、気持ちが離れていない状態で別れを選ぶときなど(浮気や不倫や二股関係などは典型的パターン)、別れるのが辛いから直接会わず、声も聴かないLINEは選択しがちなツールだ。

「もうあの人からは離れよう」
そういう心理になるのにも色々な理由がある。

相手から逃げる行為ではあるので恋人への態度としては望ましくないが、「もういい」という心理のときは一方的に言いたいことだけ言って終わりにするパターンがいくつかの場面で存在する。

そんな時はLINEで別れ話をするのが打ってつけなのかもしれない。

「今日言わなきゃ…」
別れ話は本当に気まずい話となってしまうが、切り出し方が分からない人は何度も言おうと思って言えない経験をする。

LINEでも躊躇することはあるのだが、気持ちの上で決心がついたならいきなり別れ話を振るのが会っている時よりもLINEの方が簡単だ。

つらい別れを選択する時は、自己防衛したい心理になってもおかしいと言えないし、顔を見ると別れ話ができないと言うならLINEを送るのも無理はない。

今別れようと決めたから、いきなりLINEで別れ話を切り出す

いきなりLINEで別れ話をしてくる人の心理を象徴した「切れた赤い糸」

LINEで別れ話を切り出す際は、思い立った瞬間にアクションを起こせる。今別れようと決めた人は、「勢いがあるうちに言いたい」という心理になることもあって、いきなりLINEで別れ話をする。

ここはちょっとイメージできない人がいるかもしれないけれど、典型的なのは「友達といるとき」だ。

私自身、恋愛相談に乗っているときにその場で別れるメールやLINEを送る人を何人か見てきた。「今言わないとまた言えなくなる…」そんな心理は理解できないとも言い難い。一緒にいる友達が友情を理由に別れを煽ることもあるから厄介な問題である。

別れたいとLINEを送ってきたとしても、相手が何をやっているかは分からないから、友達と居ても基本的にバレないため、別れのLINEは相手が一人でいるとは限ってない。

また、仕事や学校関係で「相手が今忙しいことを知っている」場合は電話がかかってくる可能性もないので送りやすい面もあるだろう。

友達と一緒にいるときに別れ話を切り出すのも結構失礼な態度ではあるが、リアルな恋愛を見てきた立場としては珍しいとも言えないところだ。

彼氏や彼女の性格・人となりを知っている友達が別れの背中を押す場合、LINEを送るその場に居合わせていることはままある話。

付き合って3か月から6か月くらいだと、付き合っている彼氏や彼女がまだ人生の一部になっている感覚もないので、自分ひとりではなく友達と一緒にいる時に別れを決める人がいる。

LINEで一方的に別れ話をされた時の対処法

ここまでLINEで別れ話をする人の心理を解説してきたが、ここからはLINEで一方的に別れ話をされた時の対処法を解説する。

別れるという結果は変わらないかもしれないが、すっきりしない人やちゃんと別れる理由を知りたい人はこんな方法を取ろう。

文句が言いたいと思っても、普通に「別れるなら最後に会って話がしたい」と言う

LINEで一方的に別れようとする彼氏や彼女は、ショックを受けるだけじゃなくてムカつく人もたくさんいるが、「文句が言いたい」と思った時はそれを出すより「最後に話がしたい」という趣旨の返信をしよう。

LINEで別れ話をする人は色々な心理で別れる方法にLINEを選んでいるので、LINEで文句を言っても響かないし、既読がつかない可能性もある。

それなら、「借りた物を返す」などの言い訳を用意する場合なども含めて、最後に会うことを決めるLINEをする方がすっきりする別れ方になる。相手の話をちゃんと聞けるので、別れることへの納得の度合いも変わってくるはずだ。

LINEで一方的に振られるのが嫌だと思った時は、電話に切り替える

LINEで別れ話をされた際に「一方的に振られた」という状況になるのが嫌だったら、電話に切り替えて話を聞く方法をおすすめする。

会って話を聞く方法を上の見出しでは紹介したが、別れるのが嫌だったらその場で踏み留まってくれるように話し合うのがポイントになる。時間が経つと別れる気持ちが固まってしまうからだ。

LINEで別れることに納得した雰囲気を出した方が電話に切り替えることができるので、「分かったから、少し通話しよ」と言ってみよう。

「話す必要ないでしょ?」と聞かれたら「別れるんだからLINEだけじゃダメでしょ」と返せば、普通の付き合い方ができていれば通話に応じてくれるはずだ。

まだ何か言ってきたら「LINEで別れるのは失礼だよ」と言ってしまおう。雰囲気が悪くなると心配かもしれないが、電話したら謝ってくるはずだ。そこから話し合いに持ち込めば良い。

LINEで一方的に別れようと言われた後、ブロックされた時の対処法

LINEで振られた後にブロックされた時は対処法が非常に限られるが、どうしても話が聞きたいと思った時は相手の友達に連絡を取ることをおすすめする。

その際に向いている相手は、あなたの味方になってくれる、相手と同性の友達だ。

  • 女性の場合=彼氏の男友達で仲が良い人
  • 男性の場合=彼女の女友達で仲が良い人

はっきり言って、LINEで一方的に振ってブロックされた状況は誰から見てもひどい別れ方だから、あなたの味方になってくれる人に相談すれば、彼氏や彼女に連絡を取ってくれるはず。

恥ずかしいと言うか、悔しいと言うか、すごく複雑な気持ちになることは百も承知で解説しているが、LINEの別れに納得できないなら誰かを頼ってでも話をするべきだ。

共通の友達がいないとできない方法だが、ブロックされると連絡を取り合う手段がなくなるので、どうしても会いたい時は検討してみよう。

LINEで別れ話をされた後、会う時のポイント

LINEで別れ話をされた後、もし会うことになった際はあなたが望む方向性によって話し合いの仕方が変わる。

それぞれ解説しよう。

友達に戻りたいと思ったら

一度、恋愛感情を持った人と普通の友達に戻ることはできるのか~好きな人・彼氏・彼女に「友達でいよう」と言われたその後
下の記事で「友達でいようと振る人の心理」を解説した。 片思いの告白や、付き合っているカップルの別れの際には、「友達でいよう」と振られることが実際にある。振られる言葉としてモヤモヤするのはもちろんだが、実際に「好きな人と

詳しくは上の記事で解説しているけど、LINEで別れ話をされた後に会って話をする際、友達に戻りたいと思ったら二人でそれを確認して、1か月くらい冷却期間を置いた後にグループトークから普通に話す雰囲気を作る。

最初は表面的であったとしても少しずつ友達に戻っていけるので、切り替える期間は設けるようにしよう。

話し合いのポイントは、変なわだかまりを残さないように楽しかった思い出を軽く話して、感謝の気持ちを伝えると別れた後の関係が良好になるので、友達に戻るなら良い雰囲気で解散できるように話をしよう。

別れたくないと思ったら

LINEで別れ話をされた後で「別れたくない」と思って彼氏や彼女に会う時は、まずじっくりと「なぜ別れたいのか」を聞くことが重要になる。

相手にすっきりさせる効果があるので、「わかれたくない!」という気持ちを最初は押さえて、「どうして別れたいの?」と素直に聞いてみよう。

そして、相手の話を聞いた上で今度はあなたが別れたくないと思っている理由をなるべく冷静に話す。愛情を伝えることが重要だと思ってしまうと思うが、それよりも大切なのが「自分の非を認めること、自分の悪いところを直したいと思っていること」を伝えることだ。そこから愛情が伝わるように話せるとベストである。

もちろん相手が心変わりしていた時はどんな話し合いをしても無駄になってしまうけど、別れる時点で本当に気持ちが残っていないことは稀なので、すがるならすがり方を相手目線で考えよう。

事前に下の記事を読んでおくと、あなたがどんなことを話すのか、方向性が定まるかもしれない。

まとめ

今回は「LINEで別れ話を切り出す人の心理」をまとめた。
何で一方的にLINEで「別れたい」と言うのか、参考になっただろうか。

後半は、LINEで一方的に別れ話をされた時の対処法や、その後に話し合う際のポイントもまとめているので、あなたの悩みが総合的に解決できたら嬉しい。

恋愛はどう終わるかも大事なことだ。
良い別れを定義するのはとても難しいことだが、悪い別れは引きずる原因になりやすく、トラウマになることも少なくない。

真剣に付き合っていて、しかも長く付き合っていたなら、別れる場合もそれを踏まえて対応するべきだ。

でも、別れ話をするのは振られる方はもちろんだけど振る方も辛くて、どっちにしても別れる結末を迎えることが確定しているときほど「一方的」になってしまうことがある。

いずれにしても、あなたが「終わった恋」とするなら明るい未来が見たい。
相手の愛情がなくなって別れる場合は、モヤモヤした気持ちを処理するために「もう一度会う」という選択をしたり、前を向くことために行動することも大事だ。

☆次の恋に進む人は、良い恋愛ができるように下の記事も読んでみよう。

関連記事:

LINE・メール 別れ 失恋
Brightfutureをフォローする
自分の結婚できる確率を理解する

結婚を具体的に考えるべき年齢は意外と若いって知ってましたか?結婚したいと思っている人は、自分の年齢によって変化していく「自分が結婚できる確率」を正しく理解しておくことが重要なんです。
下の記事では、総務省の国勢調査から年齢別・男女別に結婚できる確率を算出して、考察をまとめています。
後悔しないように、今の自分の結婚できる確率がどのくらいなのか把握しておきましょう。

恋愛のすべて
タイトルとURLをコピーしました