好きな人へのアプローチが間違っている男性のやっていること7選~勘違いしてないか、チェックしておこう

恋愛のアプローチが間違っている男性の恋愛の仕方をチェックしている画像。正しい恋愛アプローチができているかチェックしている。

好きな人にアプローチするとき、あなたは勘違いせずに相手が好意を持つようなアプローチ方法が選べているだろうか?

積極的な男性は恋愛が成功しやすいと言われるが、間違ったアプローチ方法をしているならその積極性は裏目になることがある。好きな人に嫌われるアプローチに積極的になってしまっているとしたら、すぐに改めたいと思うはず。

そこで今回は「好きな人へのアプローチが間違っている男性のやっていること」を7つのポイントをあげて紹介したい。好きな人ができるとアプローチに頑張るタイプの男性は、勘違いがないか、ぜひチェックしてみよう。

  1. 間違ったアプローチをする男性は「しつこいLINE」をしてしまう
    1. アプローチが間違ってる男性は好きな人に嫌われないで距離を縮めるアプローチが苦手
    2. 好きな人にLINEでアプローチする時は、普段の関係性(会った時の距離感)を踏まえないと嫌われるあぷろーちになる
  2. 間違ったアプローチをする男性は、仲が良くなるとすぐ上から目線になる
    1. 恋愛アプローチは距離感を間違う男性が失敗している
  3. 好きな人に話しかけるけど、デートに誘わないのは間違ったアプローチ
    1. 好きな人と仲良くなれたら、デートに誘えないと「好きな人と付き合えない男性」になる
  4. 恋愛アプローチが間違ってる男性は女性の話を聞けないで、自分でしゃべりすぎる
    1. 正しいアプローチをしたいなら、アピールする男性より「女性の話を聞く男性」になろう
    2. アプローチ中に無言にならないようにしゃべるのは良いが、それだけだと距離は縮まらない
  5. 恋愛に頑張った分の「成果」を求める男性は、恋愛アプローチが間違ってる男性
    1. 正しいアプローチをしたいなら、最初から「好きな人から好かれてる自分」をイメージしない
  6. 間違ったアプローチをする男性は、付き合う前に彼氏面をする
  7. 場所や雰囲気をわきまえない男は、「好きな人の迷惑になる」から恋愛アプローチが間違ってる男性
    1. アプローチを間違える男性は「相手の気持ちに配慮する」ようにすれば変わることができる
  8. まとめ

間違ったアプローチをする男性は「しつこいLINE」をしてしまう

好きな人ができた時は、基本的に「連絡」を通して二人の関係が進みやすい。みんなといるときに積極的に動かない男性でも、影で頑張るのに欠かせないのがLINEというツールだ。

好きな人と距離を縮めるのにLINEを有効活用するのは今の恋愛では必須と言え、メッセージの送り方や頻度が時々一つの恋愛を決定付けることさえある。

では、間違ったアプローチをする男性が好きな人にどんなLINEの仕方をしているかというと、好きな人にLINEできないよりしつこいLINEを送ってしまう人が多い。

相手の気持ちよりも自分の気持ちを優先する感じで、アプローチに積極的なところは良いのだが、好きな人と接触を持ちたいという感情をコントロールするのが苦手な側面を持つ。

アプローチが間違ってる男性は好きな人に嫌われないで距離を縮めるアプローチが苦手

好きな人にアプローチする際は、特に初期だと「いかに嫌われずに距離を縮めていけるか」にポイントがあるため、あまりガツガツ行くと嫌われることを念頭に置くべきだ。

消極的な男性は気にしすぎなのだが、気にしなさ過ぎも間違ったアプローチとなる。

心当たりがある男性は下の記事を読んでおこう。

好きな人にLINEでアプローチする時は、普段の関係性(会った時の距離感)を踏まえないと嫌われるあぷろーちになる

LINEは気軽に送ることができるから恋愛アプローチに向いているが、会った時の関係性を考えずに送りすぎてしまったり、相手との距離感を失って、連絡したいときにそのまま送ってしまうのでは相手女性から「しつこい」と思わる。

メッセージのやりとりが長引くのもめんどくさいことがあるので、片思い中はメリハリある連絡の仕方をするのが彼女を作る上でのポイントだ。さらっと終わる連絡があったり、毎日していたLINEに間を取ってみたり、「しつこい」と思われないアプローチの仕方に配慮しよう。

心と心の距離を縮めていく片思いのアプローチでは、女性の気持ちを考えられない行為のすべてが「間違ったアプローチ」となる。

恋愛における「積極的な態度」と「ガツガツしている態度」の違いとは~片思いの時は、好きな人にどんな態度を取るべきか
恋愛は、好きな人に積極的な態度を取る人ほど上手くいっている状況がある。 言い方を変えれば、好きな人ができた時に「何もできない人」の恋愛が上手くいっていない状況で、好きな人への連絡や話しかける頻度など、積極性の違いが恋愛の成功と

間違ったアプローチをする男性は、仲が良くなるとすぐ上から目線になる

間違ったアプローチをする男性が女性から振られた瞬間

男性は好きな人にカッコつけたいと思うものだけど、調子に乗って上から目線になってしまうことへは気を付けよう。「男らしいアプローチがしたい」と思っている男性は、要注意である。

好きな人へのアプローチ方法が間違っている男性は、仲良くなるとすぐに上から目線になってしまうのが特徴で、積極的な性格が災いしている

つまり、調子に乗りやすい性格がせっかく進んだ恋愛を壊してしまうのである。

恋愛アプローチは距離感を間違う男性が失敗している

確かに仲良くなった人とは仲良くなったなりの態度や言葉で接するのが普通であり、そうすることでお互いに距離が縮まった実感が持てる。好きな人との距離感は「適切」なのがベストであって、気を遣い過ぎる関係や、お互いの存在が遠いのは恋愛を進める上で問題だ。

しかし、これをこじらせて横柄な態度を取る男性は、女性からの評判が悪い。当然、好きな人からの評価も下がり、上から目線が嫌いな女性なら嫌われるところまで行ってしまう。「仲良くするんじゃなかった…」と思われるのがこんな男だ。

男性は、好きな人と仲が良くなってくると調子に乗りやすいところがあるから、スマートな気遣いができなくなってしまうのに気を付けよう。積極的なのに恋愛が苦手な男性によく見られる傾向なので、態度が大きくなりすぎないように配慮すると、「もっと仲良くなりたい」と思ってもらえるように変わってくる。

女性の繊細な心理が分からない男性もこの問題と向き合うことが多いと思うので、下の記事を読んで間違ったアプローチをしないように気を付けてほしい。

好きな人に話しかけるけど、デートに誘わないのは間違ったアプローチ

好きな人にアプローチできるという男性でも、「デートに誘えない」という声はよく聞く。飲み会や普段の態度では積極的に話しかけることができるのに、いざデートへ!となると途端にいろいろな心配と不安で動けなくなる

人付き合いがうまい男性は恋愛にも積極的なのだが、恋愛の雰囲気が苦手だとデートに誘う雰囲気がわからず、誘い方もわからない。仲がいい女友達は作れるけど、恋人が作れないタイプの男性はここに問題がある。ずっと仲良くなるためのアプローチを続けることも間違ったアプローチだ。

好きな人と仲良くなれたら、デートに誘えないと「好きな人と付き合えない男性」になる

せっかく好きな人との関係性が進んできたなら、男らしくデートに誘うのは男の役割である。「積極的にアプローチしてきてくれているのにデートには誘ってこない」というのでは、相手の女性も困惑するだろう。「友達のつもりなのかな…?」なんて勘違いされるとただ友達として仲が良い状態で止まってしまうから、距離が縮まったなら食事デートからでも誘ってみるべき。

アプローチに頑張れるのは良いところだから、自信がなくても会話の展開次第では誘うべきタイミングも存在する。すぐ友達になってしまうという男性も同じようにデートに誘えないところがあるので、「二人で会う関係」にステップアップできるきっかけを作ろう。

下の記事は女性と二人で会うのに役立つと思うので合わせて読んでみてほしい。

食事や飲みに行けるようになった時のために下の記事もおすすだ。

恋愛アプローチが間違ってる男性は女性の話を聞けないで、自分でしゃべりすぎる

女性へのアプローチの仕方を間違えた男性が好きな人から嫌われた様子

女性との会話を引っ張る傾向が高い男性は、「女性の話を聞くのが苦手」だ。自分でよくしゃべるタイプは、会話の内容よりも話している時間や自分のアピールに価値観が偏重してしまっていることが多い。

しかし、これは間違ったアプローチの元となる価値観だ。

正しいアプローチをしたいなら、アピールする男性より「女性の話を聞く男性」になろう

好きな人に “正しいアプローチ” をしたいなら、自分のアピールの2倍以上の時間を使って「女性の話を聞く」のが鉄則だ。

恋愛を進めたい時は、「話を聞いてくれる男性」と思ってもらえる男を目指そう。特に内気な女性を好きになる人は、聞き上手だと思ってもらえると一気に恋愛が進むことがある。

好きな女子から一緒にいて疲れない楽しい男子だと思ってもらうには、自分だけがしゃべる状況では叶わない。自分の話をしても良いが、相手に話をしてもらうことを考えない男性は恋愛アプローチに失敗しているのである。

アプローチ中に無言にならないようにしゃべるのは良いが、それだけだと距離は縮まらない

好きな人との会話では、確かに無言状態が最もマズイ。仲良くなっていい感じにまでなれれば無言を楽しむことができるようにもなるが、その前段階では会話が続くことが仲良くなっていくのに最低条件だ。

好きな人との会話が無言になると気まずい理由や原因とは?~片思いすると沈黙が恐怖なのはなぜか
「好きな人と会話すると、無言になるのが気まずい…」 話しかけるのが苦手な人は、好きな人との会話で沈黙が恐怖だ。それが原因で、恋愛してもアプローチができない人は多いだろう。 意識している人との会話だと、自然に振る舞えないの

しかし、その会話が続く状態を「自分だけがしゃべる状態」で達成しても距離が縮まったとは言えない。できれば5:5、悪くても6:4で二人ともがしゃべる状況で会話して、お互いが相手を理解していけるような会話を展開しよう。

ただ話しかけてしゃべるアプローチは彼女を作るアプローチの方法として間違っている。

最初は自分で会話を引っ張り、彼女の緊張が解けて来たら話が聞けるように配慮すると、こんな男性の恋愛がうまくいきはじめるはずだ。女性は元来自分の話を聞いてほしいと思う生き物。あまり話さない女性ほど、話をしてくれる関係になることが意味深いので、ぜひ頑張ってみてほしい。

聞き上手な男性になるためのポイントは下の記事でまとめているので合わせて読んでおこう。

恋愛に頑張った分の「成果」を求める男性は、恋愛アプローチが間違ってる男性

好きな人にアプローチできる男性は、内向的な性格ではないのが良い特徴だが、その分少し短絡的に「女性との恋愛」を考える傾向が高い。簡単に言えば、アプローチに対してチャラいところがあるわけだ。

そんな男性が好きな人にアプローチすると、早い段階でその「成果」を求める。仲良くなるために頑張っていたはずのアプローチなのだが、その結果思ったような成果がないとすぐにあきらめてしまい、関係を深めていこうとすることに腰が据わらない。

好きな女性からするとチャラいアプローチとなるヒットアンドアウェー型のアプローチをする男性も間違ったアプローチをする男性の “あるある” だ。

正しいアプローチをしたいなら、最初から「好きな人から好かれてる自分」をイメージしない

男性から女性にアプローチするときは、信用・信頼してもらうために男性の感覚よりも時間がかかるケースが少なくない。

女性との恋愛では徐々に詰めていくべき距離が存在し、一気に進む恋愛ばかりではないから、アプローチの初期に「成果」を求めると、頑張ってはあきらめての繰り返しになってしまう。

この恋愛アプローチに関する勘違いは早めに卒業したいところだ。

恋愛は、好きな人に頑張る人ほど傷つくものなので、そんな男性の気持ちはとてもよくわかる。頑張った結果仲良くしてくれたならそのまま一気に付き合うまで距離をなくしていきたいと思ってしまう。

でも、そこはもう一度彼女の立場になって考える必要があり、時折男女のギャップになっている。

好きな人にアプローチするときは「好きになってもらうために頑張っている」という感覚を持っておこう。

頑張った「甲斐」がないとしんどい気持ちになるけれど、そこはグッと我慢。彼女の気持ちがついてくるようになるまで頑張れないと結局軽い気持ちで寄ってきた男に認定されるので、相手の性格も考慮し、きちんと相手に向き合って恋愛を進めていくように意識改革ができるといい。

ここは下の記事でも触れているので、つい自分を好きでいてくれることを期待してしまう男性は読んでみてほしい。間違ったアプローチをしていることが原因で恋愛がうまくいかないなら、それを正すことで今までの恋愛が変わるはずだ。

間違ったアプローチをする男性は、付き合う前に彼氏面をする

付き合う前に彼氏面する男性が好きな人から「間違ってるよ」と言われた瞬間

好きな人にアプローチをして仲良くなれたとしても、それで距離感を失う男性は女性から見たら地雷である。もしかしたら両想いになったかも?と思えるときでも、調子に乗って彼氏面をしてしまっては一気にその恋愛を壊すだから、「付き合ってるか付き合ってないか」は厳密に分けて好きな人と接しないといけない。

恋愛に積極的な男性はいろいろな方面に積極的な性格の持ち主が多いから、行き過ぎてしまうのが時々弱点になる。片思いの時は「他の誰かとのことで抱える嫉妬」や「自分への扱い方」に複雑な感情を持つものだが、距離感を失うと一気に嫌われることを理解しよう。

好きな人に出過ぎた注意をしてしまったり、片思いなのに束縛してしまったり、付き合う前の関係性は常識の範囲内で考えるようにしよう。距離が縮まってきたときほど喧嘩をしやすくなるし、原因や理由によっては意味のある喧嘩もあるのだけど、こじらせた感じが嫌がられたときは彼氏候補どころか仲良くしたくない相手となるので注意が必要だ。

好きな人に頑張れるタイプの男性が間違ったアプローチ方法になるのは、積極的すぎることが災いしているので、こんな視点からも自分の好きな人への接し方を考えておこう。

好きだからケンカになる理由と、好きな人と喧嘩した時の対処法~素直になれない片思いだからこそ起きるすれ違いを考える
「相手が好きな人だから喧嘩になる」 恋愛感情は特別な感情だから、「どうでもいい人」には抱かない想いを持て余すと、人は好きな人に攻撃的な言葉や態度を取ってしまうことがある。 距離が近くなってきた相手だからこそ、軽い言い合い

場所や雰囲気をわきまえない男は、「好きな人の迷惑になる」から恋愛アプローチが間違ってる男性

誰かが自分のことを好きになってくれるのは基本うれしいことだ。好きな人にアプローチするなら、仲良くなるところまでは多くの場合で行けるもの。それができないとすれば、嫌われるアプローチをしてしまっているからだろう。

その嫌われる原因の代表が「好きな人の迷惑になるアプローチをしてしまっている」という点だ。しつこさを冒頭に紹介しているけれど、場所や空気が読めずにところかまわず好きな人にアプローチしてしまう人は嫌われるし、間違ったアプローチの典型例となる。

自分が「恋愛の空気が読めていないかもしれない」と思う人は下の記事をよく読んでおこう。

恋愛が上手く行く空気の読み方~空気を読むと恋愛が上手く行かない?その理由とは!
恋愛では「空気を読める人」が、逆に上手く行かないと言われる。気持ちと気持ちが複雑に絡むのが恋愛だから、「なぜ空気を読むと恋愛が上手く行かないのか」を知りたいと思う人は多いだろう。 気遣いしているつもりが、逆に自分の恋愛を失敗さ

積極的にアプローチできることは恋愛におけるあなたの優位性だから、「抑え込む」という考え方がもったいない。嫌われないようにしようとすると、アプローチできないようになる人もいるから、適切な空気の読み方ができるように発想することが大切だ。

アプローチを間違える男性は「相手の気持ちに配慮する」ようにすれば変わることができる

「常識的な行動」に留めつつ、積極的なアプローチをすることが嫌われないアプローチなので、好きな人に話しかけるタイミングや状況に配慮し、話し込むときも相手だけでなく周りの状況まで配慮できるようになろう。

これができないと「焦っている男性」とも映ってしまうから、女性から見たときのマイナスが大きい。

好きな人の迷惑に着目すると積極的な行動が難しくなるが、「思いやり」をイメージすると単純に消極的になることをある程度防げる

【恋愛】思いやりがある人と思いやりがない人の違い~彼氏や彼女を思いやるとはどんなことか
恋愛では「思いやりを表現する力」が非常に重要な意味を持っている。 優しい人がモテるのは常識になっている中、片思いを成功させるのに手に入れたいのは、好きな人から思いやりがある人だと思われる方法である。 交際後に関しても、彼

ピンポイントでいける男がスマートなわけだが、そこまでできないと彼女ができないわけでもないので、恋愛における「思いやり」を正しく表現しよう。

自信がない男性は下の記事も参考にしてみてほしい。

まとめ

今回は「好きな人へのアプローチが間違っている男性のやっていること」をまとめた。勘違いしているところがあったら改善のヒントにしみてほしい。

恋愛では積極的なアプローチが多くの成功を生む。草食男子が増えて「つきあったことがない男性」は世の中に増えている(参考:【2021年最新】彼氏がいない女性の割合と、彼女がいない男性の割合~世の中の恋愛事情に、私が思うことと伝えたいこと)から、より優位性は増している状況だ。だからこそ少し変えるだけでも効果は得やすい。

女性の心理がわからない、女心がわからないといった男性がアプローチを苦手にしているところがあるので、追われる女性の気持ちを考えるようにしよう。良かれと思ってすることには自信を持つべきだ。

なお、好きな人へのアプローチは「自分を知っていること」が条件となる。良いところをアピールし、悪いところを補ってアプローチすることが大事なので、下の記事も興味があれば読んでみよう。

関連記事:

アプローチ モテない男性 大学生の恋愛
Brightfutureをフォローする
自分の結婚できる確率を理解する

結婚を具体的に考えるべき年齢は意外と若いって知ってましたか?結婚したいと思っている人は、自分の年齢によって変化していく「自分が結婚できる確率」を正しく理解しておくことが重要なんです。
下の記事では、総務省の国勢調査から年齢別・男女別に結婚できる確率を算出して、考察をまとめています。
後悔しないように、今の自分の結婚できる確率がどのくらいなのか把握しておきましょう。

恋愛のすべて
タイトルとURLをコピーしました