彼氏に言われると彼女が傷つく言葉~彼女を傷つける何気ない一言とは

彼氏の一言で傷ついた女性が落ち込んでいる様子

付き合ってからしばらく経つと、慣れが悪い意味の甘えに繋がって、繊細さを欠く男性はつい「彼女を傷つける言葉」を使ってしまう。

それは男性的な感覚だと何気ない一言である場合も多いのだが、女性の感覚や恋愛的な観点で捉えると思った以上に重い意味になってしまうことがあるから、注意しないといけない言葉たちが存在する。

問題なく付き合いが続いたときほど信頼関係を過信して、自分が気づかぬうちにとてもひどいことを言ってしまうのが男性だから、特に恋愛経験が少ない男性はこの記事で「彼氏に言われると彼女が傷つく言葉」を理解しておこう。

彼女を傷つける何気ない一言とはどんな言葉だろう?
彼女を落ち込ませてしまうことのある男性は参考にしてみよう。

「 じゃー他の子誘ってみるね」

最初に挙げる彼氏に言われると傷つく一言は、「他の女」を引き合いに出してくる彼氏の一言。何か彼女にお願いして断れた時や、急なデートのキャンセル、付き合ってほしい場所に誘ったけど予定が合わなかったときなどなど。彼女に断れた時に少しイラついてつい軽はずみに他の女子を引き合いに出してしまう男性は気を付けよう。我々男性が思っている以上に彼女を傷つける一言となってしまう。

仲の良い女友達がいる男性は気軽に誘うことのできる人も多くいるだろうが、彼女に対し、自分が簡単に浮気してしまうことを連想させる言葉を気軽に言ってしまうのは問題。こんな言葉は冗談半分に言うことが大半だろうけど、これを笑って受け流す女性は少なく、マジギレされたり泣かれたり、予想しないリアクションをされることが多い。

彼女は確かに彼氏を信頼しているとは思うけれど、その自身が彼氏自身が信頼を裏切るような言葉を言うなら、彼女の心はかき乱されてしまう。「他の女」を引き合いに出した一言には気を付けた方がいい。

「元カノは〇〇だったのに」

先ほどあげた「他の女」を引き合いに出す行為で、彼女を最も傷つける可能性を秘めているのが彼氏の「元カノ」だ。一つ前の見出し部分の補足になるけれど、もう少し続けよう。

元カノの話をする彼氏はつい「比べて」しまいがちだ。「元カノは〇〇だったのに」という一言は彼女に取ってズンと心の底まで落ちていく一言になってしまうことがある。

体型に関することや性格、してくれたことや付き合い方など、元カノと比較して彼女に何か変化を求めたりするのは男性がよくやってしまうことだけに気を付けたい。それだったら彼氏の主観のみで言われた方が、彼女も努力してみたいと思うことが多くなるし、変に傷つけることが少なくなる。

付き合っていると彼女への要望を持つことも珍しくないが、元カノを繋ぎ合わせて理想を語られても、現在付き合っている彼女は辛いだけだ。こだわりのある一点に対してそうならまだ気持ちはわかるのだけど、こういう一言で彼女を傷つけるタイプの男性は何かと「他の女」を引き合いに出してしまう。

元カノの話しはなるべく控えて、ちゃんと今付き合っている彼女と向き合おう。理想を語るのも伝え方を考えなければ、相手を傷つけるだけの結果に終わることも多いから注意だ。

「いつも言い訳してるね」

彼女としてはただ話を聞いてほしいだけなのに、話をした結果が日々の努力を根底から否定するような一言だったら、傷つける言葉になってしまうことは本当に多い。

特に「過程(普段の努力)」への価値観が高い女性的な感性と、「結果(成果)」への価値観が高い男性とでは、愚痴や悩みを聞く時にお互い相手の気持ちを配慮した上で言葉を選ぶことが重要なこととなる。

ストレートに相手を否定する言葉を選ぶことは稀だったとしても「いつも言い訳してるね」なんて遠回しな否定は自分がイライラしている時など使いがち。気を付けよう。

「うるせーよ!」

段々ヒートアップするようにキレる女性に対し、男性は一定の我慢が限界に達した時点で突如としてキレるタイプが多くいる。彼女の冗談を本気に捉えて、いきなり「うるせーよ!」などとキレる彼氏に恐怖心を持ってしまう女性も多くいるので気を付けたい。仕事などでストレスが溜まっているとつい当たってしまう男性もいると思うので、彼女に対しキレるのはなるべく控えよう。

器が小さい男の特徴10選~器が大きい男との違い
男らしい頼れる彼氏が欲しい女性は、「器が小さい男」と付き合うべきではない。 せっかく彼氏を作るなら、同じ男性として「器が大きい男」と素敵な恋愛をしてほしいと思う。 しかし、女性の中には「男の器はどうやって見抜くの?」」と

器の小ささが露見しているように捉える女性もいるので一気に引いてしまうこともあり得るから注意だ。

また、「黙ってろ!」なども同様だが、彼女を突き放すような言葉も「彼氏に言われて傷ついた言葉」としてあげる女性が多い。イラついているなら理由を話してあげればわかってくれる彼女は少なくないと思うので、事情があったとしても相手がどう思うかを考えた上で言動を決められるようになろう。感情的な男の評価は低いし、付き合っていると傷つく言葉も多いので、男性としてはしっかりしておきたいところ。

「あー、今のちょっと冷めたわ」

付き合っている恋人からは、多くの人が「愛されたい」と思っている。一緒に居る時に何か残念なことがあっても「冷めた」とかの表現は相手を傷つけることになるので控えよう。「ちょっと」などの言葉で多少濁しても、相手には「冷めた」という言葉が響く。

また、「冷めた」は「引いた」という言葉に変えても同じ意味で彼女を傷つける言葉となる。冗談のつもりやツッコミのつもりで言う一言でもやはり言っていいことと悪いことがあるはず。愛情を前提としたカップルなのにそれを否定するような言葉を言われて傷つかない人はいない。もちろん時と場合によるけれど、雰囲気が悪くなったときなどについ思い出してしまうのが今回紹介しているような「彼氏に言われると傷つく言葉」たちなので、何気ない瞬間にも配慮が必要。

普段、愛情表現ができているわけではないのだったなら尚更気を付けないと、その言葉といつもの行動がマッチしてしまう人だっているだろう。「本当に冷めたのかも」と思わせてしまうとかなり空気は悪くなる。

「どうでもいい」

真剣な相手に対して、自分が気のない返事をしてしまっては、傷つく一言になってしまうのが避けられない。話題によっても変わってくるけれど、「どうでもいい」などの言葉のように、彼女への興味すら否定してしまうと悲しむ人は多いだろう。いつも丁寧に相手をしないといけないわけではないけれど、連発してしまったり頻度が高くなれば「自分に興味がなくなった」と思う女性は珍しくないはずだ。

今回扱った「彼氏に言われると傷つく言葉」は、わかり易いリアクションをする彼女が相手ならフォローも可能かもしれない。しかし、その場でキレたり凹む彼女ばかりではないのが問題だ。ため込んでしまうと悪い方向に考える材料が増えて段々と上手く行かなくなっていくきっかけになったりもする。何気ない一言や気軽に言った一言でも彼女には溜まっていくところがあることも押さえておくべきだ。

まとめ

今回は「彼氏に言われると傷つく一言」をまとめた。彼女を傷つける何気ない一言がどんな言葉か、捉え方なども併せて述べてきたので参考にしてみてほしい。

初々しいころは少しとそよそしい感じが寂しい一方で、言葉の一つ一つに気遣いもあって、会話が盛り上がるなら案外良い雰囲気で一緒に居られるのがカップルだ。

時間の経過でお互いの慣れが良い方向だけに作用するわけではないので、何気ない一言で彼女を傷つけてしまわないように、最低限の気遣いは忘れないようにしよう。

関連記事:

長続きケンカ
Brightfutureをフォローする
自分の結婚できる確率を理解する

結婚を具体的に考えるべき年齢は意外と若いって知ってましたか?結婚したいと思っている人は、自分の年齢によって変化していく「自分が結婚できる確率」を正しく理解しておくことが重要なんです。
下の記事では、総務省の国勢調査から年齢別・男女別に結婚できる確率を算出して、考察をまとめています。
後悔しないように、今の自分の結婚できる確率がどのくらいなのか把握しておきましょう。

恋愛のすべて
タイトルとURLをコピーしました