好きな人に話しかけられない原因とその対処法~気になる異性に話しかけることができないと悩むなら、理由を知って改善しよう

好きな人に話しかけられない人が話しかけ方を考えて悩んでいる様子。男性と女性が映っている。

「好きな人に話しかけることが苦手…、どうしたら気軽に話しかけることができるんだろう?」

誰かを好きになれば、誰もがこんなことに悩むものだ。好きな人に話しかけたいけれど、いざというタイミングで話しかけることができない。

そこで今回は「好きな人に話しかけられない原因とその対処法」についてまとめたい。気になる異性に話しかけることができないと悩むなら、理由を知って改善しよう。

スポンサーリンク
記事下アドセンス

慣れていない人との会話は緊張する

あなたが誰かに話しかけようとするとき、一番何も感じないのは「家族」ではないだろうか?ずっと一緒に過ごしてきた家族に対しては、ほとんどの人が緊張せずに話しかけることができる。

しかし、好きな人や気になる異性にはそもそも「慣れていない」から話しかけることができない。この「慣れ」はお互いのことを意味しており、要は「仲良くない」から話しかけられないという点は基本的でありながら意味深い。

好きな人に話しかけることができない人は、まず「接触回数を増やすこと」を念頭に、挨拶だけでもいいから「長く話すこと」よりも「何度も接触すること」を意識して好きな人に接触してみよう。「長く話そう」とするから会話力なども気にして余計に話しかけられない。

心理学では「単純接触効果」と言うのだが、人はよく会う人や話す人へ次第に好意的にになっていくという特徴がある。この場合の「好き」は恋愛感情よりも人間性の部分に近いが、会話する相手として慣れていけば次第に相手からも話しかけてもらうことができてきて、仲良くなることが可能だ。

恋愛では「恋愛経験」が時にモノを言うのは、それだけ「慣れているか」が「話しかける」という最も基本的なアプローチに関係しているから。

気になる異性に話しかけることができる人はそういった「意識する異性との会話」に慣れているからあなたよりも気軽に話しかけているように見える面も大きいだろう。恋愛経験は一朝一夕に手に入るものではないけれど、「特定の誰か」という面では接触回数を増やして「まずはお互いに慣れること」が大事になる。

よく知らない人に話しかけることができないのは、ある意味正常な感覚だ。

スポンサーリンク

好きになればなるほど意識してしまう

一途な片思いは叶う?叶わない?好きな人に執着する人の恋愛が上手く行かない理由
好きな人にのめり込むような「一途な片思い」は、恋愛が成就しにくいと言われる。 「のめり込む」という言葉自体がよく悪い意味で使わ...

上の記事でも紹介しているように、「好きな人に固執する人」は恋愛を余計に難しくしてしまっている人だ。一途に想う気持ちは決して悪くないものだけど、恋愛は好きになればなるほど自分の気持ちも制御できなくなって難しくなるので、意識し過ぎる人は話しかけることができない

気になる人のことを「気にするな」というアドバイスはナンセンスで何の意味も持たない。それと同時に「好きになり過ぎるな」というアドバイスも意味を為さないだろう。

だったら、恋愛が苦手で好きな人に話しかけられない人は、意識し過ぎる自分から少しでも改善するために、「意識を分散すること」が有効だ。大事に想い過ぎる恋愛は成就しにくいから、自分の気持ちを分散させるように努力をしてみよう。

たとえば「気になる人が何人かいる人」というのは、あなたよりも好きな人に気軽に話しかけることができる。恋愛では失う恐怖が付きまとうが、それこそ「男(女)は星の数ほどいる」を実践的に考えている人は「嫌われたら他の人のところへ行けば良い」という楽観的な恋愛が可能なので、一途に想う人よりも好きな人に話しかけることが簡単になる。(※あくまでも比較の話。好きな人から嫌われるのが怖いのはみんな一緒である)

少し乱暴な言い方をしてしまっているのは私も自覚しながらだが、このパートで大事なのは「強弱感」である。要は「意識し過ぎて話しかけることができない自分をどう改善するのか」という点を「分散」によって少しでも解決しようということ。

好きな人に話しかける時に色々思うのは、それだけ意識してしまっているからだ。これはやめようと思ってやめられるものではないから、「意識の上書き」をイメージして、もう少し視野を広げた恋愛の仕方も意識してみよう。

好きな人に憧れてしまうくらい美化して特別視しているなら、話しかけることができないのも致し方ない。

面と向かって会話するのはお互いに構えてしまう

好きな人と食事をする際、真正面に座るよりも、L字状に座る方が会話が弾む。人と人は相対した状態が苦手で、面と向かって話すほど構えてしまうのだ。好きな人の真正面から話しかけようと思っているなら、少しでも話しかけやすいポジションを意識するとか、方法論も考えてみよう。

そんな視点を持つと、先にLINEやメールを使って仲良くなってから話しかけることに挑戦する意義が理解できると思う。

好きな人に話しかけることができない人は「仲良くなってからLINEをしよう」とすることも逆に話しかけられない理由になっていて、距離の縮め方が不器用なのだ。

人に話しかけることが苦手な人は、仲良くなるために「LINE」や「メール」をしっかり活用しよう。LINEやメールでちょっとでも会話できれば、次に会ったときに「話題」ができる。きっかけがつかめるはずだから、少しずつでも話しかけることができてくるはずだ。

面と向かって話す方が携帯を使って連絡するよりも基本的にハードルが高い。好きな人に話しかけることができるようになるためには、いずれにしても「仲良くなること」が大事だから、仲良くなるためにLINEやメールを活用してみよう。

好きな人とのLINEについては下のカテゴリーで色々なテーマを扱っているから参考にしてみてほしい。

好きな人の連絡先を知りたいという段階の人は下の記事にヒントがある。

話したいことがないから、話すことがない

恋愛は基本的にアクティブな人が成功している。明るい性格がコミュニケーションを円滑にしている部分は大きいものの、実は「好きな人との話題」という面でもアクティブな人は優位性を持っているのである。

好きな人に話しかけようと思うとき、「話題がない」と悩むことはきっと多いだろう。話しかけられない人は「話題を持ってない」ことも原因になっている。

好きな人に話しかけたいなら、好きな人に話したいことを作れるように、日常にも少し変化を与えよう。何もない生活を送っている人は興味深い人ではないから、会話しても盛り上がることが少なく、何かしらのきっかけで二人きりになってもその間が辛かったりする。

面白い経験や貴重な経験は盛り上がる会話の鉄板だが、それは日常がアクティブな人ほど手に入れることが多い。加えて色々なことを経験していたり知っているなら、好きな人の話にも「深い共感」ができるため、やはり有利なのである。

好きな人に話しかけられない人は「会話への自信がない」ことも原因になっているため、「経験値を増やすこと」にチャレンジしながら、下の記事も参考に少しずつ好きな人との会話に自信を付けよう。

二人きりが苦手だから話しかけられない

好きな人に話しかける方法は、大きく2通りある。一つは好きな人に個人で話しかける方法で、もう一つはグループで話しかける方法だ。

好きな人に話しかけられない人は、二人きりが苦手で、先に仲良くなってから二人きりになる方が恋愛を進めやすいタイプがいる。先にグループで付き合いを増やせばLINEやメールもしやすくなるし、実際個人プレーをしないで上手くコミュニティーを使って距離を縮めるのが得意な人もいるから、変に「好きな人に話しかけるんだ!」と意気込んで緊張するくらいなら、むしろ「みんなワイワイする」のもアリである。

あなたも、仲良くなった友達なら「二人きり」に緊張しないはず。それが好きな人なら多少の緊張は残ったままだけど、まずはみんなで仲良くなろうとするアプローチもしてみよう。

好きな人のことを知らないから話しかけられない

ある種、恋愛は情報戦だ。好きな人との距離を縮める時期に、相手の情報が多いほど選択肢が広がり色々なきっかけも見えてくるが、何も知らないなら話しかけることさえ難しいと感じるだろう。

最初の1回や2回の会話なら初対面のテンプレ的な話題があるからどうにかなるものの、それを過ぎると「話しかける必然性」がなくて、盛り上がる話題が分からないからつい好きな人を避けがち。

そんな原因で話しけることができない人に有効になるのが「好きな人の情報」を基にした話題の考え方だ。たとえば趣味や好きなことなど、食事に誘うなら好きな食べ物はすごく重要になるし、何かと恋愛を進めていくときは「相手の情報」が大事になる。

恋愛が苦手だと自分でいっぱいいっぱいになってしまうが、心地良いコミュニケーションを提供したい恋愛においては相手になるべく気遣いをしたい。そうなると、大事になるのが「相手に合わせた会話」である。

「合わせる」と言うと人間関係では嫌な意味もあるけど、ここで言いたいことは「興味・関心」を合わせるということ。つまり、面白い会話と言うのが、相手の好みなどで変わるということだ。相手のことが分かっていれば、その分話題に困ることがない。

好きな人の情報は、なるべくストックして多少あからさまな感じがしても気にせず話題を相手に合わせてみよう。とにかく最初は「盛り上がる会話をすること」が大事で、仲良くなればいちいち話しかけるタイミングにも迷わなくなる

好きな人はずっと意識し続けるが、仲良くなった後は「話しかけないと不自然」なんてタイミングも出てきて、むしろ縮んだ距離があなたの恋愛を応援してくれる。とっかかりとして好きな人の情報は大切なものなので、友達同士で会話しているときも好きな人の話す情報はストックして、会話する時の話題に活かそう

「聞いてたの?」と言われちゃうのは恥ずかしいし失礼なことでもあるため、「話題を合わせるイメージ」で使ってみるといい。

まとめ

今回は「好きな人に話しかけられない原因とその対処」をまとめた。気になる異性に話しかけることができないと悩むなら、理由をきちんと知って改善してみてほしい。

今回紹介した中で一番大事なことは、あらゆる意味の「慣れ」が必要だと言うことだろう。恋愛では失敗しながら学ぶことを恐れる人があまりに多く、結局ずっと経験値を上げられないから恋が叶うコミュニケーション能力が備わっていかない。

どうでもいい人で良いから、異性とのコミュニケーションに慣れることが恋愛成就のスタートラインになる人も少なくないはずだ。恋愛では、まず積極性がないと勝手に関係が進んでいくことはあり得ないし、男女の会話は同性同士の会話と違っている点も少なくないため、ある程度の経験は求められている。

どんなコミュニケーション術を学んでも、対人関係の悩みは解決に画期的な改善案がない。いずれにしても実践が大事になっていく。

下の記事も参考にしながら、ノウハウコレクターになることなく実践をしっかり行っていこう。

関連記事: