恋の季節はいつ?~春・夏・秋・冬を恋愛で考える

恋の季節のイメージ

「恋の季節」と聞くと、あなたはいつをイメージするだろう?

恋愛に関するイメージは人によって大きく変わるため、恋の季節も人によって様々なイメージがある。

中には、1年中恋愛の季節だという人もいるのだが、実際「好きな人ができる季節」や「恋がしたくなる季節」、「恋人ができやすい季節」は一体いつなのか、この記事で解説していきたい。

  1. 恋がしたくなる季節はいつ?
  2. なぜ恋の季節は冬なの?冬が恋したくなる季節である理由
    1. 寒い季節は人肌恋しい気持ちになるから、恋の季節はやっぱり冬
    2. 冬はクリスマスとバレンタインがあるから「恋愛の季節」
    3. 冬は長期休みがあってスノボーやスキーなど「仲間内の旅行」が増えるから、恋愛が進むきっかけがある
    4. 冬は恋愛と相性が良い「夜の時間が長い」のが恋人ができやすい季節である理由
  3. 春が恋の季節だと思う理由:春は恋がしたくなる季節?
    1. 春は出会いの季節!好きな人ができる季節は「春」が多い
    2. 春は別れの季節だから、恋愛の答え合わせが行われる季節
    3. 寒い季節がやっと終わって気分やテンションが上がるのが春
  4. 夏が恋の季節だと思う理由:夏が恋したくなる季節だという人の理由とは?
    1. 春の出会いが夏に実るから、夏は恋愛の季節
    2. 夏は好きな人をデートに誘いやすい季節!恋愛と相性が良い「花火」「お祭り」などのイベントがたくさんある
    3. 夏は微妙な人からの告白をOKしやすい「開放的な気分」になるのが、彼氏ができる季節・彼女ができる季節だと言われる理由
  5. 秋は恋の季節じゃない?なぜ1年の中で秋が恋愛の季節じゃないという人が最も多いのか
    1. 夏バテが恋愛したい気持ちを削ぐ?やっと過ごしやすい季節になる「秋」は友達と遊ぶ季節になりやすい
    2. 付き合うかどうかまで行く人とは「夏」までに答えが出るから、「秋」は恋愛の季節ではない
    3. 秋に付き合い始めるカップルが少ないから、恋愛の雰囲気が漂わない
  6. 恋がしたくなる季節は、あなたの恋愛観や恋愛の仕方によって少し違いがある
    1. アクティブに恋愛する人は、春から夏に恋愛することが多い
    2. 奥手な人や恋愛経験が少ない人は、冬が恋したくなる季節
  7. まとめ

恋がしたくなる季節はいつ?

小学館が154人を対象に行った調査によれば、恋がしたくなる季節は、圧倒的大差をつけて “冬” がトップだった。

  • 冬に恋がしたくなる人の割合=61%
  • 春に恋がしたくなる人の割合=18%
  • 夏に恋がしたくなる人の割合=14%
  • 秋に恋がしたくなる人の割合=7%

みんなが恋をしたくなる季節(彼氏がほしくなる季節・彼女がほしくなる季節)は、冬になっていて、改めて “恋愛は寒い季節に向かって盛り上がる” ことが証明された形になった。

では、なぜ恋の季節は冬なのだろう?

恋愛したくなる季節が冬である理由を解説する。

なぜ恋の季節は冬なの?冬が恋したくなる季節である理由

恋の季節は冬だという人のイメージするロマンティックなデート風景

冬が恋の季節である理由は、主に4つある。恋人ができやすい時期を知りたいなら、ぜひここに注目してほしい。

寒い季節は人肌恋しい気持ちになるから、恋の季節はやっぱり冬

心理学の世界では、「人は気候や気温によって本能的心理変化が起きる」ことが分かっていて、寒い季節(冬)になれば身を寄せ合おうとする心理が働くことも分かっている。

これはまさに恋愛したい気持ちにストレートに影響する部分であり、彼氏がほしい季節・彼女がほしい季節だと言える最大の理由だ。

季節要因として、冬は恋愛を求める心理変化を与える。普段は「別に恋愛に興味がない」と言っている人でも、寒くなると心理学的には変化が起きやすいので、好きな人がいる人は勝負の季節になる。

冬はクリスマスとバレンタインがあるから「恋愛の季節」

恋愛はイベント事と相性が良い。冬は1年の中でも誕生日以外のメインイベントと言える「クリスマス」があり、「年越し」があって、「バレンタイン」まであって色々な恋が様々な展開を見せる季節だ。

特にクリスマスに関しては「一人で過ごしたくない」とか「くりぼっちは恥ずかしい」なんて気持ちを持つ人も多くて、冬になるとやっぱりクリスマスを意識する人がたくさん出てくる。

【2019年】クリスマスの過ごし方、ぼっちの割合は?クリスマスを「1人で過ごす割合」と「恋人と過ごす割合」
恋愛に興味を持っているならクリスマスを一人で過ごすのは寂しいけれど、クリスマスにぼっちの人の割合を調べてみると、意外な結果が浮き彫りとなった。 この記事では、2019年のクリスマスの過ごし方について調査した2つのアンケートをも

イベント事があると、仲良くなった異性を恋愛の方向に意識しやすくなるし、恋愛を進める勇気も勢い的にでやすくなるため、1年の中で最も「恋愛イベント」がある冬は恋の季節だと言える。

冬は長期休みがあってスノボーやスキーなど「仲間内の旅行」が増えるから、恋愛が進むきっかけがある

冬は、学生はもちろん社会人も長期休みを取るから、仲間内の旅行が増える傾向がある。

これがグループ内恋愛を大きく後押しする理由になっていて、一気に距離を縮めるカップルがたくさん出てきて、まさに「彼氏ができる季節・彼女ができる季節」になっている。

特に冬に関しては、スノボーやスキーなどのウインタースポーツが旅行に行く理由になるし、寒い季節は温泉旅行も良い口実になる。大学生のサークルでは人肌恋しい季節に行われる冬合宿がたくさんのカップルを生んでいる現実を本当にものすごい数見てきた。

ふだんの飲み会やみんなで遊びに行くだけじゃ縮まらない距離感が「旅行や合宿」で縮まるのは、まさに恋愛で大事とされている “非日常感” があるから。テンションも上がるし、泊り前提の夜はドキドキするものだ。

もしグループ内恋愛をしているなら、多少強引であっても好きな人を巻き込んでみんなで旅行に行ってみると、今までの雰囲気が変わるかもしれない。

断られにくい誘い方7つのポイントと会話例!誘う言い訳や口実が大切なのは、相手が誘いに乗る理由になるから
「断られない誘い方がしたい!」 好きな人をデートに誘う時は誰もがこんなことを考えるけれど、あなたが実際に好きな人や気になる人を誘う時、「断られにくい誘い方」ができているだろうか? まだ付き合う前の関係では、二人で会うのに理由

冬は恋愛と相性が良い「夜の時間が長い」のが恋人ができやすい季節である理由

恋愛は最も感情的な営みだけど、人は昼間より夜の方が感情的になるため、夜間の時間が長い冬は、恋愛と相性が良い。

ここも心理学的に証明されていて、暗いと不安や心配の感情が高まることから、人が人を求める状態になるから、冬は新しい恋の季節になるのだ。

実際、冬のデートは午後に待ち合わせしてもすぐに夜になるし、ロマンティックなデートができるイメージがあると思うけど、夜が長い分お互いに感情が動きやすいことも関係している。

もちろん、クリスマスなどの関係からイルミネーションが綺麗なのも冬デートの魅力だ。

半数以上の人が恋の季節は冬だと言っているワケは、この4つのポイントで解説可能なのである。

ただし、恋愛の季節は冬だけじゃない。その他の季節が恋の季節だと思う人の理由に迫っていこう。

春が恋の季節だと思う理由:春は恋がしたくなる季節?

春が恋の季節だと思う理由は主に3つのポイントがある。恋がしたくなる季節として春を挙げる人はどんな理由でそう言うのだろう?

春は出会いの季節!好きな人ができる季節は「春」が多い

恋愛で言うところの「春」は、「出会いの季節」というのが一番当てはまる季節だ。下の記事でも詳しく解説している通り、恋愛は出会いがあってのものだから、春が恋愛の季節だという思う人は、春の出会いに大きな期待がある。

なぜ恋愛で一番大事な要素が「出会い」なのか~恋人を作ることができない人へ理由から対策方法までを徹底解説
当ブログ「恋愛のすべて」では、恋愛に必要な要素が3つに集約されることを何度も伝えてきている。 出会い コミュニケーション セルフイメージ この3つの基本的な要素を具体的な方法によって強化できれば、

そういう意味では、最も好きな人ができる季節は、春なのかもしれない。すぐに好きにならなくても、気になる人や意識する人の出会いはやっぱり春が多いだろう。

春は別れの季節だから、恋愛の答え合わせが行われる季節

春は出会いの季節だけど、別れの季節でもある。別れの季節では、それまで温めてきた恋愛の答え合わせをする気持ち(告白したい気持ち)を高め、実際に「卒業や転勤」などに向けてたくさんの恋愛が動き出す季節だ。

昔より減ったけど、別れが決まっている卒業を期に、一か八かの告白に踏み切る人も多くいる。「もう会えない」という気持ちと、「もう会わなくなる」という気持ちの両方が、「積極的に恋愛する気持ち」を高めるのだ。

今までいた場所を離れる時は寂しい気持ちや不安な気持ちも持つので、春は「出会いと別れの季節」であることが恋の季節だと言われる理由になっている。

男性が好きな人に告白したくなる時~どんな時に男は告白したいと思うの?
「最近、好きな人と両想いになれたかも…。でも、男性が告白したくなる時ってどんな時なの?」 「男性が告白するまでの心の動きってどんな感じなの?自分から告白する男の気持ちも知りたい!」 好きな人とどれだけいい感じになっても、

寒い季節がやっと終わって気分やテンションが上がるのが春

春は寒い季節から暖かい季節に変わることでポジティブな気持ちの変化が起きる季節である。日本人が大好きな桜が咲き、「春になると気分やテンションが上がる」という人がたくさんいる。

この “気分やテンション” は恋愛する上で本当に重要な意味を持っていて、最も感情的な営みである恋愛に頑張るには気分が上がってることが条件だ。寒い季節から春になって暖かい季節になると、このポジティブな心理変化が起きるので、自分から好きな人にアプローチするタイプの人が「恋の季節は春」だとイメージしている。

実際、冬から春になると寒いのが苦手で冬に引き混りがちな人も「出かけたくなる」「友達と遊びたくなる」という人が増えるため、恋愛に絡む「出会い」「異性と仲良くなる」ということが起こりやすくなっている。

夏が恋の季節だと思う理由:夏が恋したくなる季節だという人の理由とは?

夏が恋の季節だという人がイメージする夏デート

夏が恋の季節だという人の理由は主に3つポイントがある。

恋したくなる季節を夏だという人はどんなところに恋愛との相性の良さを感じているのだろう。

春の出会いが夏に実るから、夏は恋愛の季節

一般的に片思いは出会ってから3ヶ月が勝負になる(※好きになった人と友達になるリスクが高まるから)けど、春に出会った人で考えれば夏がちょうど3ヶ月後になるため、「付き合う季節が夏」だという人が多くなっている。

統計から分かる「告白が成功する条件」~タイミング・時期・場所・方法~告白経験者233名の分析結果から見えたこと
片思いが進んでいよいよ告白のタイミングを考える時、「告白が成功するか失敗するか」という期待と不安は、なかなか告白に踏み切れない理由になる。 特に告白直前は好きな人ともある程度仲良くなった自覚がある頃だし、告白が失敗すれば友達関

暖かい季節は先ほども触れた通り、告白する勇気を持つだけのテンションの高さもあるため、コミュニケーションによって好きな人との関係を温めてきた人は夏に告白して付き合うことになっている。

夏は好きな人をデートに誘いやすい季節!恋愛と相性が良い「花火」「お祭り」などのイベントがたくさんある

夏と言えば、夏休みを始めにイメージする人がきっと多いはず。職場や学校で会っていた人と、初めて外でデートするカップルも多く、きっかけ的にもタイミング的にも良い時期だ。

特に夏は、野外で楽しむイベントが盛りだくさんで、色々な恋愛が新たな展開を見せる。花火に夏祭り、海やプールに行ったり、長期の休みだから旅行も多い。いずれも、好きな人と仲良くなるきっかけになるイベントだ。事実、恋愛の世界では「ひと夏の恋」という言葉までできていて、他の季節にない急展開な恋愛が多いのが特徴になっている。

花火大会の誘い方~好きな人(女性)を花火デートに誘いたいなら
夏と言えばイベントがたくさんあって、「仲良くなった気になる女の子をデートに誘いたい」って男性は、花火デートも考えるだろう。 漠然と「遊ぼう」って誘う時は、何をするかとか、どこに行くかなどの問題が煩わしいけど、花火のようなイベン

夏は4つの季節の中で一番、理由をつけてデートに誘いやすい季節だし、実際にグループで遊ぶことも多い。バーベキューなども人気で、夏の「夜に遊ぶことが多い」という特徴も恋愛と相性が良い。

夏は、暑いけど開放的な気分になる季節だから、色々な話をしながらイベントの話題に持ち込んで、暇な日を合わせて遊びにいく人が多い。ふらっと行ける春の花見も誘いやすいイメージがあるけど、案外時期が短いことを考えると、夏にある様々なイベントデートは恋の進展が期待できるイメージを持っている人がたくさんいる。

積極的にアプローチできない人にとっては、普段会える人と会えなくなってしまうこともあってヤキモキするけど、楽しいイベントに好きな人と一緒に出掛けることを想像することは多いのではないだろうか。

誘うつもりが無くても話の流れで遊ぶことが決まったりするから、そういう人はせめてイベントの話題を振ってみると良いかもしれない。

男性からデートに誘われる方法~付き合ってない男友達に誘ってもらいたい時にやってみること
男性からデートに誘われたいと思った時、女性であるあなたは、どんな行動や態度で好きな人にアピールするだろう? 今回解説する「男性からデートに誘われる方法」は、なかなか積極的にアプローチできない女性が絶対に知っておきたい恋愛知識だ

夏は微妙な人からの告白をOKしやすい「開放的な気分」になるのが、彼氏ができる季節・彼女ができる季節だと言われる理由

先ほども触れたけど、「ひと夏の恋」に象徴される通り、夏は火遊び的な恋愛も多い季節だ。夏の解放感が恋愛を後押ししている面があって、微妙な人からの告白をOKしやすい季節だと言える。

告白する勇気を持ちやすい季節であることと、それをOKしやすい季節であることの両面で夏は「彼氏ができやすい季節・彼女ができやすい季節」だと言われている。

ただし、この点は「夏は遊びの恋愛が多い」ことも示唆している。恋愛経験が少ない人は勢いをつける要因にしてほしいけど、恋愛経験豊富な人は一時の気の迷いみたいな恋愛に注意しよう。

お互いの気持ちがそれで良ければ問題ないけど、真剣な恋をしたいなら「ひと夏の恋」で相手がアプローチしているかを考えないといけないかもしれない。

本気で言う「好き」の特徴と適当な「好き」との違い~本気じゃない好きって何?
恋愛に絡む気持ちは「本気と遊び」の2つに分けられる。相手から改まった告白をされたのであれば本気で好きだと分かるが、さらっと好きと言われた時などは、場合によって「本気じゃない好き」があるのも事実だ。 もし「それって本気で言ってい

夏に付き合った人にキープされたり、適当な扱いを受ける女子がそれなりの割合で発生するので、今までの人生で色々あった人は良い恋愛をしたいという理由で夏の恋愛を避ける人までいる。

男性がキープしている女性に取る態度と行動~2番目の女に男性はどんな態度を取るのか
付き合う前の微妙な関係は、「キープされてるかも…」「私は二番目の女…?」と不安になってしまう女性が少なくない。 かっこいい男性、素敵な男性を好きになるのだから、「自分は本命じゃない」と、自信がなくなるのも無理はない。 実

秋は恋の季節じゃない?なぜ1年の中で秋が恋愛の季節じゃないという人が最も多いのか

秋は恋の季節だと答えた人が最も少ない季節で、秋に恋愛したくなるという人は1年の中で最も少ない。

では、なぜ秋は恋の季節ではないのだろう?

理由を3つ挙げる。

夏バテが恋愛したい気持ちを削ぐ?やっと過ごしやすい季節になる「秋」は友達と遊ぶ季節になりやすい

最近は夏が長い傾向があって、しかも酷暑が続くので、秋は夏バテからの回復を図る季節になりやすい。これが恋愛したい気持ちを削いでいて、気分的にもトーンダウンすることから1年の中で最も恋愛との相性が悪い季節だ。

さらに、秋は “食欲の秋” とも言われていて、友達に交際費が消えやすい季節でもある。秋に食べてしまって「太る」という理由から恋愛できない季節だという人もいるので、複数の理由で恋人ができにくい季節になっている。

暑い季節から過ごしやすい季節に変わるけど、それが恋愛したい気持ちに作用しないのが「秋は恋の季節じゃない理由」だ。

恋愛に興味がない人の理由・心理・考え方7選~枯れてる男子や女子の本音とは?
当サイトの関連記事『恋人がほしい人の割合と恋人がいらない人の割合~枯れてる男子や女子はやっぱり多い?恋愛に苦手意識があるか・ないかは「コミュニケーション力」がカギ』という記事で、恋愛に興味がない人が全体の4割くらいいることを紹介して

付き合うかどうかまで行く人とは「夏」までに答えが出るから、「秋」は恋愛の季節ではない

秋は出会いがない季節で、誰かと付き合うとしたらそれまで出会った人だけど、好きな人ができたのなら夏までに答えが出る。

春に出会った人と夏に距離が近づくと、告白のタイミング的に秋は選ばれやすそうだけど、実際は夏の勢いのまま秋に入るまでに告白してしまうことが多い。押していた夏を過ぎて、秋に一旦引いてしまうこともあるだろう。

秋は出会いも別れもイメージがないから感情の変化も起きにくいので、恋愛的に新たな展開が見込みづらい季節だ。

片思いに気付く時ってどんな時?好きになったことに気付く瞬間12選
あなたは、どんな時に好きになったと気づくだろう? 先日あるテレビ番組で発表されたアンケート結果では、友達になった異性を好きになる人の割合は5割を超えていて、友達から始まる恋愛はやはり多い状況なのだが、4割以上の人が「友達を好き

秋に付き合い始めるカップルが少ないから、恋愛の雰囲気が漂わない

秋は周りに付き合い始めるカップルが少ないため、自分のコミュニティー内にも恋愛したい雰囲気が高まらない季節だ。

浮いた話が多い季節は友達からの恋愛相談やのろけ話で自分の感情も恋愛に向きやすいが、秋は友達の恋愛も落ち着いていて、時期的は充電期間になってしまっている。

特にイベント関係も少ないし、最も恋愛と相性が悪い季節はやはり秋なのだろう。

恋がしたくなる季節は、あなたの恋愛観や恋愛の仕方によって少し違いがある

恋がしたくなる季節がいつなのか考えながら見つめる砂時計

最後に、恋の季節に「冬が推される理由」を少し広い観点から解説する。

実は、昭和の頃は、恋の季節は春か夏だったのだ。これが奥手な人や恋愛に消極的な人が増えたため、恋の季節が冬に変わってきた。

アクティブに恋愛する人は、春から夏に恋愛することが多い

積極的に恋愛する人や、アクティブに恋愛する人は、気分が高揚する春から夏にかけて恋をする。冬の寂しさが恋愛したい気持ちに関係しないわけじゃないが、活動的な人は春に出会った人と夏にかけて恋愛している状況だ。

肉食男子は昭和の頃にたくさんいたけど、今は草食男子が全体の半分を超える時代。気分が高揚する季節は、好きな人ができる季節というより、意識する人ができる季節・気になる人ができる季節として春と夏がイメージされるようになってきた。

男性が「気になる女性に無意識にやってしまう行動や態度」を徹底解説!男は気になる人にどんな態度を取る?
女性が気づかないことでも、同じ男性から見ると「あー、こいつ、あの女の子のことが気になっているんだな」と思うような行動や態度がある。 男性にはついつい無意識に気になる人や好きな人にやっていることがあって、同性から見ると時々、意識

奥手な人や恋愛経験が少ない人は、冬が恋したくなる季節

一方、奥手な人や恋愛経験が少ない人は冬に恋したくなる。特に恋愛に興味がないと思っていても、冬の寂しさや人恋しさが作用して「恋がしたくなる」という気持ちに繋がるからだ。

恋愛に消極的なあなたは、好きになる人にもその傾向がある(パリピを好きにならない)と思うから、ぜひ冬から春にかけての恋愛に頑張ろう。冬は、好きな人の気持ちも恋したい季節になっている。

冬は彼氏がほしくなる季節・彼女がほしくなる季節だから、春の出会いからアプローチを受けることに期待して空振りするより、自分からアプローチして恋人ができる人になってほしい。

まとめ

今回は、「恋の季節はいつ?」をテーマに、春・夏・秋・冬を恋愛的な観点で解説した。

恋の季節は冬をイメージする人が圧倒的に多い状況だが、あなたの恋したくなる季節はいつだっただろう?

恋愛には色々な要素が絡むため、季節要因は1つの要素に過ぎないが、恋の季節が冬だと言える理由は根拠を示すことができ、逆に秋が恋の季節ではない理由も論理的な説明が可能だ。

もし恋した方が良い季節に恋愛したいと思うなら、冬に頑張ってみよう。あなたが意識する人や気になる人も心理的に恋愛したくなっている可能性がある。

なかなか苦手な恋愛と向き合えないという人は、下の記事を読むと「そろそろ本気にならないと手遅れになる」ということが実感できるかもしれない。

自分が結婚できる確率って実際どのくらい?5年以内に結婚できる確率から見える現実
20代後半から30代になると、結婚願望がある人は「自分はこのままで本当に結婚できるのだろうか」と不安に思うことがあるのではないだろうか? 20代半ばにある「結婚のピーク」で周りの人が次々と結婚していくのを見ると、結婚に焦りを感

関連記事:

私の恋愛観
Brightfutureをフォローする
自分の結婚できる確率を理解する

結婚を具体的に考えるべき年齢は意外と若いって知ってましたか?結婚したいと思っている人は、自分の年齢によって変化していく「自分が結婚できる確率」を正しく理解しておくことが重要なんです。
下の記事では、総務省の国勢調査から年齢別・男女別に結婚できる確率を算出して、考察をまとめています。
後悔しないように、今の自分の結婚できる確率がどのくらいなのか把握しておきましょう。

恋愛のすべて
タイトルとURLをコピーしました