社内恋愛で好き避けが多い理由とは?ごめん避けを押してはいけない理由も解説!

社内恋愛で好き避けする男女のイメージ

社内恋愛では「好き避け」が多くなるという特徴がある。

「社会人としてもういい大人なんだから、好き避けは無いんじゃないの?」と思う人が多いと思うけど、社内恋愛特有の複雑な理由もあり、恋愛経験が少ない片思いなら環境的に実は多くなっているのである。

会社の出会いは普段から一緒に働く中で恋愛感情を抱くのが珍しくない状況があるが、なぜ社内恋愛だと好き避けする人が増えるのだろう?

また、社内恋愛でアプローチした際に稀に起こる「ごめん避け」は、どんな対処が求められるだろう?

今回は社内恋愛の好き避けとごめん避けをテーマにまとめていく。

スポンサーリンク
記事下アドセンス

会社は仕事をする場所だから、周りと本人のリアクションが気になる

社内恋愛は、基本的に隠すのが一般的になっている。職場は仕事をする場所だから、そこに恋愛を持ち込むことへ反対派の人も少なくないし、肯定派も配慮を求める声が大きい。

現実的に、自分の会社で好きな人を作る人は積極的に社内で恋愛対象を探すというより、一緒に仕事をするうちに好きになるきっかけがあったり、自然なコミュニケーションの中で恋愛感情を持つことになったパターンがほとんど。第一印象から素敵だなと思っても、普通は節度のある接し方から仲良くなる。

従って、社内恋愛で好き避けが多い理由は、会社がパブリックな場所であるが故の「気持ちを隠すため」という理由が一番大きく、次に好きな人本人のリアクション次第で「仕事がやりにくくなるから」といいう理由が続く。

友達の紹介やパーティー系など、プライベートな出会いでは恋愛に積極的な人も、社内恋愛では基本的に慎重姿勢だ。噂になりたくないとの心理も見え隠れするが、それ以上に気にするのは自分が恋愛的な意味で起こすアクションが自分の首を絞めることである。

こういった理由から社内恋愛ではお互いが歩み寄るような恋愛の形が成功しやすく、表立ってアプローチする人は嫌がられる傾向が強い。せっかく悪くないと思っている人がアプローチしてくれても、会社は仕事をする場所である以上常識を疑うし迷惑も感じてしまうのである。

普段のアプローチよりも、より配慮が求められる恋愛の形なので、相手のことをちゃんと考える人がうまく距離を縮めている現状だ。

会社で気まずくなりたくない!恋愛経験が少ない人は好き避け傾向が

会社で好きな人ができると日常的に会う人だから恋愛は進めやすいと思うが、恋愛経験の少ない人は「会社で気まずい人を作る」ということに似た行為をしているように感じる。

先ほど挙げたように会社はパブリックな場所であるため、恋愛経験が少ない人は好き避けすることで何とか会社の居心地を確保しようとすることが多くなっている。ここには「気持ちを抑えようとする心理」と「変にバレてもっと気まずくなるのが嫌だという心理」が関係する。

どちらかと言うと社外で恋愛するタイプや恋人を作るタイプは恋愛が上手い人に多い傾向があって、身近な人とゆっくり恋愛するタイプは恋愛経験が少ない人に多い。社内恋愛の特徴としてどうしても後者の特徴は確認されるため、全体的に社内恋愛は好き避けが多い状況となっている。

恋愛のことを色々知っているタイプの人は「会社で彼氏・彼女を作ると何かと大変だから」と言って会社外で出会いを作っているので、社内恋愛する人の特徴として「もともと好き避けするタイプが多い」ともいえる。

好き避けは、元々好きな人の前で素直になれないことも影響しているものなので、それが社内恋愛で出ているという形。奥手の人だったりした場合は、オーソドックスな好き避けをしている人は意外と少なくない。

好きになりかけている自分を止める!社内恋愛しないようにブレーキする心理

恋愛は自然な感情の動きなので、「社内恋愛したくない」と考える人にもあり得ないことではない。もともとの考えとして積極的に社内恋愛したい人はそこまで多くもないため、好きになりかけた時点で気持ちにブレーキを踏むために好き避けする人がいる。

そうじゃないとしても、誰かを好きになりかけたときは積極的に気持ちを育てようと思う場合と逆に気持ちをなくそうとする場合があり、社内恋愛の場合は目立ったデメリットもあるから最初は否定に走りやすい。
仕事する場所で好きな人ができるのは、もちろん良いところもあるが、リスクを考えてしまう。

実際に好き避けしたならそれ以上仲良くなることを止められる効果もあるため、のめり込むように好きになってしまうのは防げるだろう。
みんながそう考えるわけではないものの、気持ちにブレーキをかけるために避ける人は少なくないのである。

まだそこまで気持ちが乗り切っていなければ、意識して自分から諦めると言うか、気持ちを消してしまう恋愛もあるが、その理由として「会社だから」という理由が挙がるイメージだ。ある意味それは的を射ていて、成就しない恋愛なら社内でわざわざ気まずくなる人を作ることは無いという合理的な判断はあり得る。

まだブレーキが踏める恋なら、始める前に進むべきか止めるべきかの判断があっても良い。
この理由によって社内恋愛で好き避けすることがある。

会社の誰かにツッコまれたことを契機に

社内恋愛は何かのタイミングで急速に仲良くなる過程で恋愛感情を抱くことも多い。普段は「会社の人」として見ているから、何かをきっかけに意識するところから始まる恋愛が多いだろう。

そうなると、自分が好きになっていることに気付くころには、周りが「仲の良い二人」だと認識しているパターンが増える。探りなどが入ることも多くて、社内の飲み会で話題に上ることも。

「ねー、ねー、○○と付き合っているの?最近仲いいよね?」
「○○と話すとき、態度違ってない?好きなの?」
会社だから本気半分冗談半分な聞き方だが、本人は内心で顔が真っ赤。自分でもよく分かってなかったことを突っ込まれるとかなり焦るものだ。そんなきっかけが好き避けへとつながる。

もしあなたが既に社内恋愛中で、好きな人から避けられたことでこの記事に興味を持ったなら、社内の誰かのツッコミで好き避けするようになったのかもしれない。急に態度が変わる場合は何かきっかけがあるものだから、本人に自覚がないなら周りの影響を疑ってみると正解に近づけるかもしれない。

好き避けは見方によっては好きな人がモロバレになるところもあるけど、会社では仕事の雰囲気が少し好き避けをしやすくしている部分があるように思う。どんな職場もふざけた感じはないので、真面目な対応と言うか、素っ気ないと感じる態度も似合わなくない。

周りを気にしないといけない社内恋愛は、周りの直接的な影響で好き避けする人が出てくる環境の恋愛である。

ここまで「社内恋愛の好き避け」を考えてきたが、次からは実際に社内恋愛している人や社内恋愛に興味がある人に向け、「社内恋愛のごめん避けを押してはいけない理由」について解説する。

社内恋愛は「ごめん避け」を押してはいけない!その理由とは?

f:id:Brightfuture:20160716182748j:plain

好き避けは「好きだけ避ける」という点で気持ち自体は好意的なアクションだ。行動が矛盾しているだけだから、受ける側になった場合に対処で末期化することが少ない。

しかし、ごめん避けは完全な拒絶の気持ちを示す行動なので、好き嫌い依然の問題で近づいてはいけないサインである。もし好きになった人がごめん避けをするようになった場合は、直ちに引くことがなにより大事だ。

ごめん避けは「あなたと関わりたくない」という強い気持ちがアクションとなったもの。これは、なぜ関わりたくないと思ったかに関係なく、一度引かないと完全に嫌われて恋愛どころか会社で仕事がしにくくなる。

好き避けの発展形でごめん避けをする場合もあるから、アプローチ中だと判断が難しいと感じるパターンだが、どんなに好き避けだと思っても一度引くのが正解となる。相手は気持ち的に整理している最中かもしれないし、いずれにしても「今は関わりたくない」という明確な意思を表現している。

ごめん避けは相手に対する優しさがないし、むしろそれを強調した態度を取っている。はっきり言って基本的には強い脈なしサインとなるため、多くの場合で嫌い避けされているものと判断するべきサイン。強めのアプローチをしていた人ははっきり言葉にされる前にひいて、社内の関係を維持するべきだろう。

ただ、繰り返すように社内恋愛は複雑な気持ちになることがあるので、ごめん避けが絶対に脈なしを宣言している意味になるわけでもない。最低限、冷却期間を置くならまた相手の気持ちを確認できる瞬間があるはずなので、しつこくしないようにしよう。余計に関係をこじらせると修復が厳しい。またチャンスを待つために時間を置くと相手の態度も軟化するはずだ。

まとめ

今回は、「社内恋愛で好き避けが多い理由」と「ごめん避けを押してはいけない理由」を説明した。

恋愛をどう捉えるかや、重要度などは人によって違ってくるところが、社内恋愛で好き避けが多くなる理由を複雑にしているところがある。

単純な好き避けだけの問題ではなく、もう少し現実的な意味が込められているところは特徴的だ。今回の記事で好き避けする気持ちが少しでもわかったと思うので、上手く恋愛を進めていくためにそれを踏まえた方法を取ろう。