真剣な人限定>>恋愛がうまくいかないのは恋愛力の問題?

男性を癒したい時にかける言葉と使い方~男性心理を理解して「男が癒される言葉」を好きな人に送ろう

男性を癒す言葉をかけてあげたい女性

好きな男性を癒したいと思った時、あなたはどんな言葉が彼を癒すと思うだろう?

恋愛は気持ちや心をやり取りするようなところがあるから、好きな人が頑張っている時や辛い時は「癒しの言葉」がとても重要だ。付き合っている彼氏のことは彼女として支えてあげたいし、片思いの好きな人にだって一人の友達として何か言葉をかけてあげたいはず。

しかし、男性心理がよく分からない女性は「男性が癒される言葉」が浮かばず、声をかけてあげたくても何もできなかったり、好きな人が求めている言葉がかけられずに、気持ちが空回りしてしまうことがあるかもしれない。

そこで今回は、男性を癒したい時にかける言葉と使い方を解説する。好きな人を癒せる女性は、男性を幸せにするから愛される。男性が癒される言葉とはどんな言葉か、男性心理に注目して解説するから、女子力をあげて好きな人を癒せる女性になろう。

男性心理を踏まえた「男の感性」とは

男性は、狩猟的な本能を持っているため、成果や結果に拘る心理が特徴的だ。自分の価値を示すのに、具体的な功績を好む傾向があることを知っておこう。

逆に女性は、受け身的・保守的な面から、自分の存在や努力の過程や周りへの影響の方を意識しやすい。

従って、男性を癒す言葉の原点は、過程よりも重視するべきは「結果」の方であり、女性の感性のままでは十分な効果が見込めないことに注意する必要がある。

男性心理と女性心理に違いがあることを知ると、「男性を癒す言葉」がより重要だと思えただろう。

次からは具体的にどんな言葉が男性を癒すのか解説していく。

結果が出た時に賞賛する言葉で男性を癒す

結果を重視する男性でも、当然ながら努力が素晴らしいものだとは思っている。女性の頑張る姿を見て感動することもあるし、同性でもそれは同じだ。

ただ男性の場合、努力の目的が結果を出すためであり、結果を出すのに必要なことが努力であるとの認識が自分のことになると強くなる。

従って、男性の得た結果が悪い時に
「すごく頑張ったじゃん!」
という言葉ではなかなか癒されないのが男性心理である。

彼女は普段接するからこういう言葉で場を持たせるためにも癒してほしいと思わないではないが、友達の時はそっとしておいてほしいと思うことも多いのである。

それなら、結果の出た時にしっかり賞賛してあげることで癒すことを考えよう。
「すごいね」
「カッコいい」
など、男性の単純さを考慮して、直接的でストレートな表現が良い。

それが、男性に取って日頃の努力に意味を出せた瞬間だから、結果的に過程への労いも含めて男性そのものを癒せることになる。

結果が出なかった時に男性を癒すには?

では、結果が悪く落ち込んだ時などはどのように癒したら良いだろうか。

好きな男性が本当に落ち込んだ時は、少し時間をあげることも実は重要な対処法だ。
男性は一人で考えたい時もあるので、寄せ付けないような感じを出すならそっとしておくことも大切だったりする。そこまで落ち込まない状況なら、過程を褒めると悔しさが出るし、カッコ悪い自分が思い出されるので、女性が癒したいと思ったときは自分が味方であることを伝えるような言葉が良い

「ずっと応援してたから、私も悔しいよ」
と同じ気持ちであることを伝える癒しの言葉をかけてあげたり、

あなたのキャラによっては、
「私、あの人嫌い。絶対〇〇くんの方がすごいのに」
と負けた人のことを言うことであなたが味方だと伝えてみたりすると、女性の気持ちは伝わりやすくなる。

男性は、落ち込んだ時にやせ我慢をするし、プライドが邪魔してグチを言いにくい男心を持っている。これを理解して、男性がグチり易くするのも一つだ。それなら、彼女が自分の味方であることを伝えることが癒しに繋がる。

結果が悪かったことで弱気になる男性もいるので、カッコ悪い結果の後でも味方でいてくれることは嬉しく感じることが多い。相手女性の愛情を感じ、「強くいなければ」と思わせてくれる。

男性目線で言えば、奮い立たせてくれるような言葉をかける女性は癒しを感じるから、「私がどうにかしてあげたい」という気持ちより、文字通り「支えてあげる」というスタンスが合っている。

状況にもよるので、付け加えるエッセンスとして覚えておこう。

分かったような口を利かない。大変さを敢えて理解しない癒し方

プライドの高い男性は、事の重大さを理解しないままに屈託なく付き合う女性に癒しを感じ易い。

普段の仕事で疲れている彼を癒したいと思った時、中途半端に「ここが凄い」という具体的な言葉をかけるより、「なんかすごい仕事しているんだね」って言葉の方が癒されることもあるのだ。女性からの単純な尊敬の言葉は、男性が癒される言葉となる

例を示そう。
「私はよくわからないけど、すごいことしているんでしょ?」
「なんか聞いているだけですごいって分かるよ。だって全然わかんないもん」
男にありがちな「俺ってスゲーだろ!」って部分を刺激する一言は案外癒しのことばだ。

これは片思いの時だけじゃなくて付き合っている彼女の場合でも、女性から尊敬を得ているのが癒しになるパターンは多いから、知ったような口を利いて「おまえにはわかんないし、俺はもう既に頑張っているんだよ」なんて思われるよりずっと癒しになる。

意外と、自分の仕事などに理解を示すよりも、尊敬の眼差しや漠然と良いイメージを持っていることがわかる方が癒されると感じる男性は多い。大変さや、辛さをグチらないタイプには特に有効だ。

やせ我慢する甲斐もあるので、付き合っている彼氏がいるなら「なぜ男性はやせ我慢するんだろう?」と考えてみてもいいかもしれない。

答えは、誰と特定せず「男はカッコつけたいという心理がある」からだ。

自慢げに自分の仕事を語りだしたら、癒されている証拠。特に社会人同士で職種が違う場合などは、有効な一言になるはず。

信頼して甘えていることを伝える言葉で癒す

f:id:Brightfuture:20160718191903j:plain

あまり時と場合を限定しないタイミングで男性を癒したいと思ったら、「信頼して甘えていること」を伝える言葉が男性を癒す。

かける言葉の例はこんな感じだ。
「いつも甘えちゃってるよね?ごめんね」
「〇〇にはつい頼っちゃうな」
「いつも助けてくれてありがとう、心強いよ」

男性は、女性から頼られたり、甘えられるのが好きである。どんな男性でも、どこかに「男性は強くいなければならず、女性を守れないといけない」と思っている部分がある。付き合っている彼女に対しては当然だし、そうじゃなくても漠然とした心理としてこんな面があるのだ。

上に挙げた言葉は、そんなところがある男性を心理的にきちんと癒すことになる。3つだけしか挙げていないが、意味を知ればあなたの工夫次第で、好きな人にかける言葉は変わるだろう。

シチュエーションにあった言葉にカスタマイズできるはずだから、使い古されたテンプレートな言葉ではなく、あなたが送りたい「癒し言葉」を好きな人に送ろう

男性的な存在意義が確認できる言葉は、女性から言われて癒しに繋がるはずだ。

気遣いと心配の言葉は男性を癒す言葉になる

男性を癒したいと思ったら、女性らしい「気遣いと心配」はぜひ言葉にして伝えてみてほしい。元気を出してもらうために言った言葉で逆にストレスを与えることがなく、愛情が心に染みる言葉となるから、男性が癒しを感じる。

「ちょっと頑張りすぎじゃない?ご飯はちゃんと食べてね」
「体調崩さないか心配だよ」
「休むのも大切だよ!また明日がんばろ?」

気遣いの言葉や心配の言葉を彼に伝える時、ポイントになるのは「しつこくしないこと」だ。お節介な女性だと思われないために、声掛けのイメージで言葉をかけると癒し系女子のイメージを持ってもらえるし、男性が癒される。

男性は一つのことに集中する心理を持っているので、器量のいい女性はベストパートナーだ。頑張りすぎるタイプの男性の場合は、気遣いや心配の気持ちを伝え、必要なタイミングで少しブレーキをかけてあげると、「気にされている」という気持ちも伝わって癒しを感じる。

好きな男性をそばで見ていると、時々心配の気持ちからイライラをぶつけてしまう女性がいるが、一生懸命頑張る男性からするとダブルストレスとなって付き合いたい彼女ではない。

寄り添う気持ちを持つことで男性を癒せる女性になれるだろう。

彼女が彼氏に癒しの言葉を使うなら、「彼女にしてほしいこと」を聞く

彼女の立場で「彼氏を癒したい」と思った時は、「私に何かできることない?」とか「私にしてほしいことない?」とストレートに聞くのがおすすめの癒し方だ。そうやって「癒したい」という気持ちをそのまま伝えると、彼氏が癒される言葉になる。

もちろん、付き合う前の片思いの時期でも、距離が縮まってきたら少しニュアンスを変えてやってみたい男性の癒し方である。

この記事でなるべく多くの状況で男性を癒せる言葉を解説しているが、やっぱり相手の男性ごとに癒される言葉は変わる部分があり、ベストフィットする癒しの言葉が他にある可能性が残る。

しかし、付き合っている関係性を活かしてストレートに聞くことができれば、たとえば「じゃ、膝枕して!」なんて甘えてきたり、「ありがと、ちょっと頑張りすぎたかな」なんて感謝されたり、彼に合わせた癒し方が可能だ。

女性の「私も何かしてあげたい」という気持ちは、男性を前向きにさせる。男性が癒しを感じる「健気な女性」はこれが自然にできているので、「どうやって気持ちを表現したらいいんだろう?」と思う女性は、素直に好きな男性へ聞いてみよう。

男性を癒したいならたくさんしゃべられない!男性を癒す言葉の使い方の注意点

最後に、重要な注意点を紹介する。男性を癒す言葉の使い方の点だ。

あなたが男性を癒したいと思って接する時、場の雰囲気を良くしようと「たくさんしゃべる」という行動はやめよう。男性は落ち込んだ時や辛い時は「一人になりたい」と思うことが多く、無理にテンションを上げさせようとすると逆効果になりやすい。

もし気分を変えてあげたいと思うなら、食事に誘ったり飲みに誘ったりして、仕切りなおして雰囲気を変える方が男性は癒しを感じるし、自分のテンションが低い時にハイテンションな女性とは一緒に居たくない。

ここら辺は「空気を読む力」が問われる部分なので、男性の表情や雰囲気から気持ちを察してあげることができるといい。ネガティブな気持ちになった時にどんな態度で接するかは恋愛する上ですごく大切なポイントだ。

あくまでも好きな男性に元気がない時を想定していて、少し会話をしてもテンションが上がらないような時をイメージしているので、シュエーションごとに「どんな言葉が彼を癒すのか」という根本の部分を考えてみよう。

「言葉少なく、それでもそばに一緒にいる」

この雰囲気に癒しを感じるのが男性心理だったりするから、自分よりも相手男性の立場で癒し方を考えられるといい。男性が癒される女性の特徴についても学んでみよう。

まとめ

今回は、「男性を癒したい時にかける言葉と使い方」をまとめた。

ポイントは、男性心理を理解した上で、癒す言葉を考えることだろう。
「私だったら…」という考え方よりも、「あの人の場合は…」と考えると、今回だけじゃなくて今後の癒し方にもヒントがたくさん出てきて、付き合いが長くなる内に好きな人のベストな彼女になっていくのだと思う。

せっかくだから女性らしく好きな人を癒してあげて、「また頑張ろう」と思わせる彼女になろう。

今回は片思いも両想いも両方使えるように考えたつもりなので、「彼女じゃないから出しゃばりかな?」とは思わず、あなたの気持ちをぜひ表現してあげてほしい。

私自身、彼女に癒されて頑張れるところがたくさんある。この記事を最後まで読んでくれた女性も、好きな人にそんなことを思わせることができる人だと思う。

何も言わないなら伝わらないのが「気持ち」だから、方法を考えてぜひ届けてあげよう。一番大事なものは「好きな人を癒してあげたい」という愛情である。

下の記事を参考にして、その気持ちを表現できるようになろう。

タイトルとURLをコピーしました