手を繋ぐのが嫌いな心理~好きな人でも手を繋ぎたくないのは何で?

手をつなぐのが嫌いな心理を象徴した「こぶし」を合わせるカップルの手

手を繋ぐのが好きな人もいれば、嫌いな人もいる。多くの人が好きな人とは手つなぎデートがしたいと思うところ、たとえ好きな人が相手でも「手をつなぎたくない」と思う人がいるのは、不思議に思う人もいることだろう。

「なんで手を繋ぐのが苦手なの?」
「手を繋いでくれない彼女や彼氏は何を考えてる?冷めたの?」
「手を繋ぐのを嫌がられた時はどうしたらいい?」

特にカップルとして付き合っている彼氏や彼女が手を繋ぐのが嫌いだったら、様々な疑問を持つはずだ。手を繋ぐのを嫌がられたら、本当に好きなのか愛情の問題も不安に思う人がいる。

そこで今回は、「手を繋ぐのが嫌いな心理」をまとめ、最後は「手を繋ぐのを嫌がられた時の対処法」まで解説する。

「手を繋がない彼氏や彼女は冷めたのか」と言う問題も取り上げるので、この記事を読むことで手を繋いでくれない彼女や彼氏に対する様々な疑問が解決するはずだ。

男性も女性も、手つなぎデートしたい彼氏や彼女がいるなら参考にしてみよう。

手を繋ぐのが嫌いな人の心理を正しく理解するために様々な角度から解説していきます。手を繋ぐのが苦手な人の心理の紐解きましょう。

  1. 手を繋ぎたくないのは「好きじゃないから」ではない
  2. ぶっちゃけ「邪魔だから」手をつなぐのが嫌いな心理
    1. 手を繋ぐと歩きにくいから手を繋ぎたくない
    2. 手を繋ぐのがうざいという価値観を持ってる人は「付き合い始めは手を繋いでくれてたのに手を繋がなくなった」ということが起こる
    3. めんどくさがり屋な彼氏は、付き合いが落ち着いてきたタイミングで手を繋いでくれなくなることがある
  3. 手をつなぐより腕を組みたい心理で「手をつなぐのが嫌い」という人もいる
  4. 手汗が気になるから手を繋ぐのが嫌いな心理:自分と相手(彼氏や彼女)の両面で気になるのが手汗
    1. 手を繋ぐのが不快だから手を繋いでくれない場合は、手汗への対策が必須
  5. 「手を繋いだり離したりを繰り返すのが面倒くさい」から、手をつなぐのが嫌い
  6. 「ガシっと掴まれている感じが苦手」だから手をつなぐのが嫌い…。恋人繋ぎしたくない、恋人繋ぎが嫌いな人もいる
    1. 恋人繋ぎが嫌い、恋人繋ぎするのが苦手な人も多い
  7. 「生理的に手を繋ぐのが気持ち悪い心理」で手をつなぐのが嫌いな人の存在
  8. 手をつなぐ場所の問題:人前で手を繋ぐのが恥ずかしい心理
  9. 手を繋ぐカップルがうざいと思ってる男性や女性は、自分の恋人とも手を繋がない
    1. 手を繋ぐカップルがうざいと思うのは「見せつけてる感」と「邪魔だから」が原因
  10. 【彼女の悩み】手をつながなくなった彼氏は愛情が冷めたのか
  11. 手を繋がないカップルは別れる可能性が高いのか
    1. 手を繋がないカップルは、彼氏か彼女かどちらかが不満を持っていると別れる可能性が高い
  12. 手をつなぐのを拒否された時の対処法:手を繋いでくれない彼女や彼氏にはどうする?
    1. 付き合って短いなら、手を繋ぐまでの期間を置く
    2. 雰囲気の良い場所で手をつなぐ
    3. 「手をつなごう?」と誘うことでソフトな誘い方をする
    4. 手を繋ぐのが嫌いな人には腕組みデートを提案してみる
  13. まとめ

手を繋ぎたくないのは「好きじゃないから」ではない

彼氏が手を繋ぎたくない理由を「好きじゃないから」と疑う彼女

手をつないでくれない彼女や彼氏と付き合っていると、「好きじゃないから手を繋ぎたくなんだ…」と思ってしまうが、手を繋がない以外のことで「好き同士で付き合っている雰囲気がきちんとある」なら、手を繋ぎたくない理由は「好きじゃないから」ではない。

世の中には好きな人とでも手を繋ぐのが嫌いな人が確実に存在しているし、様々な理由で好きだけど手を繋ぎたくないと思うことがある。

手を繋がないことで愛情を疑うと、それが原因でカップルは上手く行かないことがあるから注意しないといけない。手を繋ぎたくない心理を誤解すると喧嘩の原因になってしまうこともある。

ここら辺はカップルの価値観も関係する部分でもあるため、あなたの彼氏や彼女が手を繋いでくれない理由をしっかり把握するようにしてほしい。

では、手を繋ぐのが嫌いな心理とはどんなものがあるのだろう?

次から詳しく解説していく。

手を繋ぎたくないのは「好きじゃないから」が理由ではありません。実際に、好きだけど手を繋ぎたがらない彼氏や彼女もいますし、恋人の心理をきちんと把握することが「仲良く付き合うコツ」になっているので、この記事で少しでも彼氏や彼女の心理を理解しましょう。

ぶっちゃけ「邪魔だから」手をつなぐのが嫌いな心理

手を繋ぐのが嫌いという人の中には、そこまでネガティブな心理ではない場合も多い。

その代表は「手を繋ぐのが邪魔(=手をつなぐのがうざい)」という心理だ。

手を繋ぎたくないと思う人にも “程度問題” があるため、「どちらかと言うと手を繋ぐのが嫌い」という人は、極端な理由ではない理由で手を繋いでくれない。

手を繋ぐと歩きにくいから手を繋ぎたくない

男性と女性では歩幅が違うため、手を繋いで二人が繋がってしまうと、ずっと気にし続けてデートすることになるのが面倒に感じる人がいる。

もちろん、デート中は一緒に歩くために歩幅を合わせたり、色々な気遣いを彼氏も彼女もするのだが、つながることでその調整が少しシビアになるのは事実である。だから「手をつなぐのはうざい」と思う人がいる。

手をつないで歩くと、時々引っ張ったり引っ張られたりしながらカップルは歩く。結果、手を繋ぐと歩きにくいと思えば、不必要な時は「手を繋がない」という判断をするようになる人がいる。男性に多い傾向だ。

すごく簡単に説明すると、「愛情よりも機能性を取る」ようなイメージである。好きという気持ちと、手を繋ぎたいという気持ちが、リンクしない人がいることを理解してみてほしい。

手を繋ぐのがうざいという価値観を持ってる人は「付き合い始めは手を繋いでくれてたのに手を繋がなくなった」ということが起こる

深層心理で手を繋ぐのがうざいと思ってる人も、付き合い始めの時期に関しては手を繋ぎたいと思う気持ちが勝ることが多い。

付き合ったからこそ “すること” は、付き合い始めの時期に最も興味が強くなるからだ。やっと付き合えたならあんまり手を繋ぐのが好きじゃない人も、彼氏や彼女と手を繋いで歩きたいと思う。

しかし、付き合ってから3か月から半年経つと、付き合いが落ち着いてくることで恋人のの前で自分らしく振舞うようになり、手を繋ぐのがうざいと思ってる人ほど手を繋ぎたくないという気持ちが勝っていくことがよくある。

手を繋ぐのに飽きたわけじゃないけど、付き合い始めである「付き合って3ヶ月」を超えたあたりからは彼氏や彼女が本当の自分で付き合い始めるので、「愛情表現もしてくれるけど、デート中に手をつながなくなった」という場合は、愛情が冷めたのではなく、もともと手を繋ぐのが苦手・嫌いだった可能性が高い。

特に男性心理に多い理由なので、女性は理解しておこう。「好きだったら手を繋ぎたくなるはず」と思うのは確かに一般的な価値観だけど、「手を繋ぐのはうざくない?」と思う人が意外といる。

めんどくさがり屋な彼氏は、付き合いが落ち着いてきたタイミングで手を繋いでくれなくなることがある

彼女と手を繋ぐと片方の手でできることも限られるし、めんどくさいと思うと交際が軌道に乗って2人が自分らしく付き合い出した時に手を繋ぐのを嫌がる彼氏が少なくない。

めんどくさがり屋な人は、男性心理特有の「釣った魚に餌をやらない心理」も強い傾向があって、手つなぎデートが減る理由になっている

男性があまり拘ることなく何となく「手をつなぐのは嫌い」と言ったり、「彼氏から手を繋いでくれない」ことだけに悩むような時は、男性心理にありがちな「めんどくさい、手をつなぐのはうざい」という心理の可能性が高い。

軽いニュアンスで手を繋ぐのを拒否する男性は、手を繋ぐ相手(彼女)が好きか嫌いかより、手を繋ぐこと自体にネガティブなイメージを持ってるから「なるべくなら手を繋ぎたくない」と思っている。

もし違う心理で手を繋ぎたくないと思ってるならもっと強い拒否反応を出すから、手を繋いでくれない彼氏に関しては「めんどくさいのかな?」ということも考えてみよう。サバサバしてる彼女に対しても同様だ。

「手を繋ぐのが嫌い」よりも「手を繋ぐのが苦手」な彼氏の場合は、手を繋ぐ時とつながない時のバランスが取れると良いですよ。「手を繋がないのは嫌いだから?」と思ったら、その行動以外のところで愛情を確かめましょう。

手をつなぐより腕を組みたい心理で「手をつなぐのが嫌い」という人もいる

手を繋ぐのが嫌いと言われた理由は「腕を組みたい」からだった。

手を繋ぐのが嫌いな人でも、意外とポジティブな心理でそう言っているパターンがある。その代表的な心理が「もっと密着したい」という気持ちだ。

手をつなぐより腕組みデートの方が好きな人は、手つなぎデートが嫌だと言う場合がある。

手をつなぐより、腕を組む方が密着してデートできるからだ。

比較して魅力を確認!手つなぎデートと腕組みデートのどっちの選択が正解か
カップルがデートする時は「手をつなぐ」のが一般的かもしれないが、実は「腕を組む」のが好きな人も多い。 そんな視点で街ゆくカップルを見渡すと、意外に腕組みデートをしているカップルもいて、手つなぎデートと腕組みデートの比較は、面白

手を繋ぐ行為はスキンシップの一つなので、「もっと密着したい」と思うことは恋愛中なら自然である。男性だけでなく、女性でもこんな心理を持つことがある。

手を繋ぐのが嫌いと言った時のニュアンスでネガティブな心理かポジティブな心理かは分かりそうなものだが、言葉を受け取る方がショックを受けたりして素直に言葉を受け取らない場合は少なくないので、こんな心理が「手を繋ぎたくないと思う理由」に関係することもぜひ覚えておいてほしい。

「手を繋ぐのが嫌いと言われたのは、きっと好きじゃないからなんだ…」

こんな考え方をすると、勘違いになるケースがよくある。

手を繋ぐより「腕を組みたい」と思った時でも、素直に言えないと言い方が悪くなる場合があります。ボタンの掛け違いでお互いに傷つけるような会話にしないように注意しましょうね。

手汗が気になるから手を繋ぐのが嫌いな心理:自分と相手(彼氏や彼女)の両面で気になるのが手汗

手を繋いだ時に、一番不快な気持ちになるのが「手汗」だ。

好きな人なら我慢できる人が多いし、自分が手汗をかくタイプなら受け入れて対処することになるけれど、いずれにしても「手汗が気になる」なら、手をつなぐのが嫌いになりやすい。

手汗問題は相手と自分の両面で問題となるため、時折り愛情の問題を超えるから注意が必要である。彼氏や彼女が手を繋いでくれない時は手汗のことも考慮しよう。

  • 相手が手汗をかく=不快だから手を繋ぐのが嫌い(手汗が嫌だから手を繋ぎたくないけどそれをストレートに言えない)
  • 自分が手汗をかく=不快に思われるんじゃないかと不安だから手を繋ぐのが嫌い(手汗が原因で嫌われたくない心理なので、これもストレートに言えない)

付き合っている彼氏や彼女、片思いしている好きな人が相手なら、手汗の問題は気にし過ぎなだけである場合も多いのだけど、ここにも程度問題やそれぞれの感じ方の問題がある

恋愛特有のナイーブさが問題を大きくする場合もあるだろう。手汗をかかない人も、「もしかしたら嫌がるかも」と心配する気持ちがストレスになって、手を繋ぐのが嫌だと思うこともある。

手汗のことは好きな人や彼氏・彼女に言いたくないことなので、手を繋がない理由を話してくれないのも困りどころである。

手を繋ぐのが不快だから手を繋いでくれない場合は、手汗への対策が必須

手を繋ぐのが嫌いな心理に「不快感」がある場合は、なるべく察していくか解決していかないと、嫌な事だけに別れる原因にまで発展することがある。

手を繋ぐのが気持ち悪いと思う原因では「手汗問題」が筆頭にくるから、気になる人は対策しておこう。

特に好きな人が綺麗好きだったり、潔癖気味だったらちょっとした努力で状況が大きく変わることがある。

ちなみに、私が使っている手汗ケアグッツは楽天やアマゾンでベストセラーになっている「テサラン」という上の手汗対策専用制汗クリームだ。

多くの雑誌でも紹介されていて、長時間「手汗」をサラサラにしてくれるからすごく重宝している。

手汗が気になって手を繋げない人や、好きな人と手を繋ぐ際に手汗が気になってしまう人は試してみると自信が持てるようになるかもしれない。

私は対策することでかなり自信がついたし、手を繋いでる時の不快感がなくなってどんなタイプの彼女とも手繋ぎデートするのが楽しくなった。

手汗が多い人はきちんとケアすることがエチケットでもあるから、彼氏や彼女に気を遣わせないように注意をしよう。

手汗は自分が気になる場合でも恋愛に悪影響を与える。自信をもって好きな人と手を繋げない原因になると交際そのものに影響を与えることがあるため、なるべく対策しておきたいところだ。

私の使っている手汗ケアグッツは高額なものではないので、手汗が不安な人は対処法としておすすめする。

私の場合は使ってみて夏でもサラサラの手で彼女と手をつなぐことができたので、好きな人に不快な思いをさせたくない人はアマゾンを見てみよう。

「手を繋いだり離したりを繰り返すのが面倒くさい」から、手をつなぐのが嫌い

手を繋ぐのが嫌いな心理は、特に男子の場合「めんどくさい」という心理が絡みやすい。言葉も気持ちも軽そうな感じで言うなら、結局面倒くさいという理由で説明できる場合が本当に多いのである。

手を繋ぐのが面倒臭い理由は、先ほど挙げた「行動の制限」以外に、「繋いだり離したりの繰り返し(=繋ぎ直す行動)」も含まれる。

デート中は手を使って色々なことをするので、意外と手を繋いだまま過ごす時間が短い。デート中に細かく手を離したり繋いだりを繰り返すため、手を離した際にまた繋ぎなおすのが面倒だと思う人がいる。

ショッピングデートの際など、よく手を使うデートでは一度手が離れると頻繁に繋ぎなおすことになり、何度も繰り返すと「もういい!」なんて気持ちにもなるもの。手を繋ごうとするのが彼氏や彼女の役目として片方に寄っていると、心理的な負担が大きくなる。

要は「手を離したらいつも自分からつなぎにいかないといけなくて面倒だから手を繋ぎたくない!」みたいな心理である。もっと簡単に説明すると「めんどくさい」ということになる。

長く付き合ったカップルが手を繋がなくなったり、夫婦になると手をつながなくなるのは色々な理由や心理があるのだが、一緒に歩くのに「機能面」が損なわれるのも現実的に大きいと感じるところだ。

交際期間が長くなることでカップルがどう変わっていくか知りたい人は下の記事を参考にしてほしい。

「ガシっと掴まれている感じが苦手」だから手をつなぐのが嫌い…。恋人繋ぎしたくない、恋人繋ぎが嫌いな人もいる

手を繋ぐのが苦手なのは、掴まれる感じが嫌だから。

解決が難しい心理として、手を繋いだ時に「拘束感」を抱くタイプが挙げられる。数自体は多くないが、女性の中には大きな男性の手に安心感を覚えるタイプがいる一方で、ガシっと手を掴まれてる感じが不快に感じるタイプもいる。

付き合いが長くなると彼氏に安心するからそんなことも減るのだけど、「付き合う前」や「付き合いはじめ」では、警戒してしまう女性もいるので、奥手な女性や大人しい女性と手をつなぐ際は少し意識できるといいかもしれない。

彼氏から手を繋ごうとするときに彼女に断られるなら、「不快」である心理も想像して、手のつなぎ方や力の入れ具合に工夫できると良い。

恋人同士になれば手を繋ぐのが当たり前と思ってしまうものなので、お互いの価値観や感覚が衝突するように話してしまうと、お付き合いそのものが上手く行かない。

仲良く手つなぎデートをしたいカップルは、手のつなぎ方を何となくでも二人で話せると上手く付き合うことが可能だ。何か問題があるなら、解決できる可能性もある。

議論するイメージではなく、違うかもしれない価値観を合わせるイメージで話題にできると、仲良く付き合えるカップルになれるので、初々しい会話の範疇として話題にしてみるといいだろう。

カップルが付き合い始めの最初にやるべき7つのこと~付き合うことになったんだけど、まずはじめに何したらいいの?
恋愛経験がない人に取って、「初めて付き合う」ということは初体験で分からないことだらけだ。 「付き合ったらすること」がわからないと、付き合い始めは彼女や彼氏ができた実感がわかない人や、付き合いたてに話しておくことがわからない人も

恋人繋ぎが嫌い、恋人繋ぎするのが苦手な人も多い

握手するような形で手を握るのが嫌いな人がいる一方で、「恋人繋ぎするのが嫌」「恋人繋ぎが苦手」という価値観を持ってる人も実はたくさんいる。

ここにも様々な心理が関係しているけど、恋人繋ぎするのが恥ずかしいから嫌だと思ってる人や恋人繋ぎするのが気持ち悪いと思う人もいて、いずれにしても “手の繋ぎ方を調整する意識” があるとうまく行くカップルがいる。

「カップルは恋人繋ぎするのが当たり前」「付き合ってるなら恋人繋ぎするでしょ」と思ってると、二人の価値観が合わないで手を繋がないカップルになってしまうことがあるので、手を繋ぎたがらない彼氏や彼女には「手繋ぐの嫌いなの?」「手繋ぐの苦手?」と聞いて色々話すようにしてみよう。

「手を強く握られるのが苦手なんだよね」とか「恋人繋ぎは嫌だけど普通の手の繋ぎ方なら好き」と言ってくれる場合が多々ある。

二人でどうしたら仲良くデートできるか話し合えるカップルはどんな問題が起きても仲良しでいられる。下の記事も参考にしてみてほしい。

「生理的に手を繋ぐのが気持ち悪い心理」で手をつなぐのが嫌いな人の存在

上であげた心理に付随する形となるが、手を繋ぐのが苦手な人の中には「生理的にダメ」と、具体的に説明できない感覚を持つ人もいる

手を繋ぐと気持ち悪いと思ってしまう人も、少数派であるが一部に存在するのだ。

この場合は仮に話し合いのような形になっても解決策が浮かばないため、どちらかが我慢するように付き合うしかない。

手と手をつなぐのが嫌でも「腕を組むのはOK」だったりするので、手をつなぐのが気持ち悪いなら、無理に手をつなごうとしないで他の対処法を取ろう。

潔癖症を想像とするとおおよその心理が理解できると思うのだけど、他の理由も複合的に関わっていたり、本人も「なぜ手を繋ぐのがだめなのか」漠然としてしまっている場合も少なくない。

手を繋ぐのが嫌いなのは「嫌いだから」だと言われるとちょっと怒ってしまいそうだが、やはり肌を密着させる行為ではあるので、生理的にダメな人もいるのは確かだ。

手をつなぐ場所の問題:人前で手を繋ぐのが恥ずかしい心理

恥ずかしいから手を繋ぐのが嫌いな女性。

人によって人前でカップルがしてもいいことの境界線は様々であるように、友達が見ているかもしれない状況や、知り合いが見ているかもしれない状況では、周りの目を気にして「手を繋ぐのもNGな人」が存在する。

その際の主な心理は「羞恥心(=恥ずかしいと思う気持ち)」だ。手を繋ぐのが恥ずかしいと思う人は、その気持ちがストレスや不快感と言えるほど大きいケースがある。

手をつなごうとして断られる時に「照れる感じ」なら恋愛的に全然気にしなくていいパターンも多いのだが、しつこくした時に怒る感じなら、照れてるのではなく「恥ずかしくて耐えられない」とか「人前で手を繋ぐのは見せつけているようで嫌だ」などのように、心理的に不快なレベルに達してしまっている。

恋愛では譲り合いなども前提に、お互いの価値観や考え方が最大限考慮されるべきで、自分に合う人と付き合うことがベストと言えばベストである。手を繋いでデートするのか、腕を組んでデートするのか、ただ並んで歩くデートをするのかの全ては、そのカップルごとに自由だから、二人で一致点が探れると良いだろう。

「彼氏・彼女になったなら手を繋いでデートするのが当たり前でしょ?」と思って話をすると今回のテーマは地雷を踏むこともあるため、理解し合おうとすることが大切だし、譲り合いも重要だ。

手を繋ぐカップルがうざいと思ってる男性や女性は、自分の恋人とも手を繋がない

手を繋きたくない彼氏や彼女は、「手を繋ぐカップルへの価値観」が関係しているケースもある。

手を繋いでデートするカップルが「うざい」と思ってるようなタイプは、自分に彼氏や彼女ができた時に周りからうざいと思われたくないと思って手を繋ぎたくないと思うことがある。

手を繋ぐカップルがうざいと思うのは「見せつけてる感」と「邪魔だから」が原因

手を繋いでるカップルを見てうざいと思う人は、「見せつけてる感」と「邪魔」なのが原因なのだが、普段から手を繋ぐカップルに嫌なイメージを持ってると、「人にされて嫌なことは人にもしない心理」で手を繋いでくれない。

ここは手を繋ぐのが恥ずかしい心理とも少し関係するのだけど、好き同士で付き合ってることを信じられる人は、付き合う前後に強くあった「手を繋ぎたい」と思う気持ちが弱まることで「手を繋ぐカップルがうざい」という価値観を優先するようになるタイプがいる。

これは実際に私の友達に複数いて、男性心理ではそこまで珍しくない価値観だ。女性は好きな人と自分の世界を楽しむ傾向が強いが、交際後6ヶ月から1年すると「別に手を繋ぐ必要はない」と思うタイプもいる。

確かに混んでる場所で手を繋いでるカップルは邪魔に思うことがあるし、手を繋いでるカップルに変なアピールをされてるように感じることもあるからそこまでおかしな理由ではない。

二人きりの空間で仲良くしてくれる場合は「外で手を繋いでくれないだけ」なので、愛情面より他の理由で手を繋ぎたくないと思っている。ただ、それでも気になるのが「冷めたから手を繋いでくれないのか」という不安なので次で解説する。

【彼女の悩み】手をつながなくなった彼氏は愛情が冷めたのか

手を繋がなくなった彼氏の理由や心理~急に手を繋がなくなる男性は何を考えている?
彼氏の態度の変化に敏感な女性は多いけど、カップルの基本的なスキンシップであるはずの「手をつなぐ」という行為がなくなった時は、不安や心配が大きくなると思う。 最初からあまり手を繋がない彼氏だったら気にしない女性が多いものの、手を

詳しくは上の記事でまとめているが、手をつながなくなった彼氏は、その事実だけで「愛情がなくなった」と確定しない。

付き合いはじめは「安心感」より「嫌われたくない」とか「本当に好きなのかな?」と言った不安や心配が大きいので、「本当は手を繋ぐのが嫌いな男性」でも手をつないでデートすることが多い。

いわば、普通のカップルになろうとする心理が働くこともその理由だろう。手を繋いでくれない彼氏に彼女が不満を持つことは何となく彼氏側もわかるし、付き合ってるのに手を繋がないカップルに「雰囲気が悪い」という印象も持つから、付き合い始めは頑張る彼氏が多い。

しかし、付き合いが長くなるにつれて自分の価値観を優先するようになると、もともと手をつなぐのが嫌いだった場合は「手をつながなくなった」という悪い変化が起きる。この現象を愛情の問題とごっちゃに考えると彼氏の気持ちを見失う原因になるから注意をしよう。

愛情が冷めたことを原因に「手をつなぐのが嫌い」と言い始めたかもしれないと不安なら、その他の彼氏が冷めたサインを確認するようにし、手を繋ぐか繋がないかという点だけに拘って考えないようにしよう。

彼女の方から手をつなごうとするのも一つの対処法になるし、長く付き合う中では色々な変化が起きるので、複数の視点を持って彼氏を真っすぐ見るようにしよう。

手を繋がないカップルは別れる可能性が高いのか

自分が ”手を繋がないカップル” になると、このまま仲良く付き合っていけるか不安になることがあるけど、確かに「手を繋ぐカップル」より「手を繋がないカップル」は別れる確率が高い傾向がある。

ただし、手を繋がないカップルというだけで別れやすいわけではないのでポイントを解説する。

手を繋がないカップルは、彼氏か彼女かどちらかが不満を持っていると別れる可能性が高い

手を繋がないカップルは、彼氏と彼女のどちらかが「手を繋いでくれない」と不満を持ってる場合に別れる確率が上がってしまう。

これは、「恋人に不満がある状態」がマズイだけでなく、価値観を合わせられないのがマズイ。

手を繋がないというだけで彼氏や彼女に冷める人は少ないけど、不満を解消できずに付き合ってると、その他の不満と重複した時に「合わない」と思われて別れる可能性が高まってしまう。

たかが「手を繋ぐか繋がないか」という問題ではあるのだが、他に合わないことが出てくれば「相性が悪いカップル」だと思ってしまう人がいるのは想像できるだろう。

対処法については次の見出しで詳しく解説するけど、手を繋ぐのが嫌いな人と付き合ったら、その価値観を受け入れられるように色々と話を聞くのがポイントだ。

ちゃんと気持ちが聞ければ納得できることも多いし、二人で解決策や歩み寄れるところを探れたら仲良しで付き合っていける。

私も手を繋いでくれない彼女と付き合ったことがあるのだが、その際は色々なことを話して、普段一緒に歩く時は腕を組んで歩くことにした。私は手を繋いでデートしたいと思っていたわけだが、その時に彼女に不満があったかと言えばそれはない。二人で納得して私たちらしいデートの仕方をしていたからだ。

他人同士、特に異性同士で付き合っていれば価値観が違うところが出てくるのがむしろ普通だから、二人で話し合うことができれば大概のことは納得できる。

これができないのが別れるカップルの特徴だ。

手を繋がないカップルは別れるのではなく、手を繋がないカップルになってしまったことを不満に思うと別れる確率が上がってしまうので誤解がないようにしてほしいし、対処法を知っておいてほしい。

次はそこを詳しく解説する。

手をつなぐのを拒否された時の対処法:手を繋いでくれない彼女や彼氏にはどうする?

手を繋いでくれない彼女や彼氏への対処法を考えながらカップルで見る観覧車

手を繋ぐのを拒否された時、手を繋ぐのを嫌がられた時は、その原因を考えて理由がはっきりした場合は解決した上で再度アクションを起こそう。

この記事を熟読することであなたのパターンに当てはまる原因が分かったら、対処法はそこまで難しくないはずだ。

ただし、恋愛初心者の人はいくつか間違いやすいポイントがあるので、解説を加える。最後は手を繋ぐのが嫌いな彼氏や彼女への対処法も取り上げる。

カップルを想定して書くので、付き合う前の人はこちらを参考にしよう。

付き合って短いなら、手を繋ぐまでの期間を置く

付き合っている彼氏や彼女と「手をつなごうとしたのに嫌がられた」というパターンは、付き合って短い場合、タイミングやシチュエーションを間違えた可能性が高いので、「少し期間を置く対処法」を取ろう。

カップルなら手を繋ぐのを嫌がられた場合であっても気まずくならないように雰囲気を維持して、仕切り直せば良い。

付き合ったばかりのカップルなら、相手は「急に手を握ってきたから驚いた」とか「いきなり手をつないできたから条件反射で避けた」とか、本心とは違った態度になった可能性もある。

重く考えるとそちらが原因で雰囲気が悪くなるので、次の機会を大事にしよう。

基本的に付き合ったら手を繋ぐのが当たり前と思っている人の方が多いのだが、恋愛に慎重な人もいる。

手をつなぐデートは何回目のデートから?付き合う前の手つなぎデートを徹底解説!
「付き合う前の手をつなぐタイミングは何回目のデートがいいんだろう?」 遊び目的などの特に黒い理由もなく、恋愛を前に進めるためのアプローチとして付き合う前に手つなぎデートを考える際、適切なデートの回数を知りたいという人はきっと多

雰囲気の良い場所で手をつなぐ

カップルがはじめて手をつなぐ時は、やはり「ムード」が大事である。

手をつなぐことを恥ずかしがる人もいるし、リアクションの方法が分からないなど複雑に考えてしまう人もいるので、「手をつなぐ雰囲気を作る」のが意外に大切になるパターンがある。

たとえばイルミネーションデートなどだったら地元を離れているし、見ている周りの人も少ないため、初めて手つなぎデートをするのにおすすめだ。

基本的には「好きな人だったら手をつなぐのはOK」なはずだから、手をつなぐ雰囲気を作る方向でも対処法を考えてみよう。

ちょっと嫌がられたように感じた人のように、そこまで強く拒否されなかった人は、この対処法で解決できる可能性が高い。

「手をつなごう?」と誘うことでソフトな誘い方をする

既に一度手をつなぐのを拒否されている人は、「手、つなごうか」と言葉で誘ってみる方法をお勧めしたい。

話題にすることで手をつなぐのが嫌いな理由もはっきりすることがあるし、いきなり手を握るよりもソフトな誘い方になって、手をつなぐのを断られた時でもフォローがしやすい。

恋愛のステップアップは二人で息が合わない時もあるので、恋愛を進めていくのが苦手な人は強引に行くよりもソフトに進める方が気まずくならないだろう。

もちろん、関係を温めた上で雰囲気を作りつつトライするのが前提だけど、無言で手を握るよりチャレンジしやすいはずだ。

デートで自然に手を繋ぐ方法~きっかけが分かったら自分から手を繋げる!
好きな人とデートをする時、手を繋ぎたいのに繋げないことで「手を繋ぐ方法を調べておけば良かった」と思う経験をしている人は意外と多い。 まだ付き合っていない女性や男性とのデートでは「付き合う前に手を繋ぐべきかどうか」も悩むし、付き

手を繋ぐのが嫌いな人には腕組みデートを提案してみる

手を繋ぐのが嫌いな人に対しては、まず「何で手を繋ぐのが嫌いなのか」を聞いて、解決できる問題かどうか判断する。

その上で解決が難しいと思った先は先ほど触れているように「腕を組む」のがおすすめだ。

やはり、カップルはスキンシップがあった方が仲良く付き合えるので、手を繋がないなら腕を組む対処法を取った方が長続きする。

ソフトな感じで腕を組むなら嫌がる人は少ないので提案してみよう。それも嫌がるようだったら「仲良しカップルになりたい」という気持ちを伝えながら、「譲り合い」の気持ちを持ってもらえるように話し合おう。

話し合うと言っても何も重い話をするわけじゃなく、どんなデートの仕方をすれば二人が楽しくデートできるのか、お互いに本音を伝え合う感じだとイメージしてほしい。

明るい雰囲気で話せる内容なので、不満をため込む前に二人で話せると良い。手を繋ぐのが無理ならその他のことで仲良しデートができれば大きな不満はなくなるはずだ。

まとめ

今回は「手を繋ぐのが嫌いな心理」をまとめた。好きな人が相手でも手を繋ぎたくない気持ちが理解できただろうか。

今回のテーマは嫌いのレベルも、問題の深刻さもかなり違っているので、恋人のリアクションや話しぶりをみてツッコミ方を気遣えると仲良く付き合っていくことに繋がるかと思う。

何も言わないで我慢するだけが対処法ではないし、自分の感覚だけで相手を責めたり、イライラするのも違う。

良いコミュニケーションが取れるとカップルでいよう。

付き合ってから態度が変わる男性の心理~付き合い始めに「男性の急な態度の変化」はなぜ起こるのか
「付き合う前と付き合ってからで、彼氏の態度が変わった」 付き合う前と後の変化は、女性よりも男性の方が多く大きいのが特徴だけど、なぜ男性は付き合ってから急に態度が変わる人がいるのだろう? 「付き合う前はあんなに優しかったの

関連記事:

付き合いはじめ男性の心理と特徴女性の心理と特徴
Brightfutureをフォローする
自分が結婚できる確率を理解する
自分が結婚できる確率を知って具体的な努力をして結婚できた女性

結婚を具体的に考えるべき年齢は意外と若いって知っていましたか?
いつか結婚したいと思っている人は、自分の年齢によって変化していく「自分が結婚できる確率」を正しく理解しておくことが重要になってます。
下の記事では、総務省の国勢調査から、年齢別・男女別に結婚できる確率を算出して、考察をまとめています。
後悔しないように、今の自分の結婚できる確率がどのくらいなのか把握しておきましょう。

恋愛のすべて
タイトルとURLをコピーしました