お酒を飲めない女性を落とすには~デートはどうする?どうやって口説く?

お酒が飲めない女性がナース服でバツマークを作っている様子

お酒を飲めない女性との恋愛が難しいと感じるあなた。
男性は酔った勢いで口説くことも多いから、飲めない女性を落とすが難しいと思う気持ちはよく分かる。かつては私もそう感じていたころがあった。

「お酒を飲めない女性とのデートはどうしたらいいだろう?」
「お酒の勢いで口説くことができないと、どう口説いたらいいか分からない」

お酒と恋愛が切っても切れない関係にある男性は少なくないと思うので、そんな男性がよく問題となる「飲めない女性の口説き方」を今回はまとめてみよう。

「お酒を飲めない女性を落とすにはどうしたらいいか」をテーマに、デートの仕方や口説き方を紹介する。

お酒を飲めない女性の落とし方は2種類!どっちを選ぶかより重要なこと

お酒を飲めない女性は、多くの場合でそれを気にしているものだ。飲めない女性ともう何人も親しくしてきたが、経験上、女性自身がお酒を飲めないことで自分の恋愛に悪影響があることを自覚しているケースがかなり目立つ。

もちろん、意識しない男性の前で悩むことなどはないけれど、興味を持った男性がお酒を飲むタイプの男性だったらなら「飲みに行こう!」と誘ってもらいにくいのだから気にして当然だろう。

お酒を飲めない女性と恋愛する場合、大きく分けて2つの選択肢から落とし方を選ぶことになる。

  • お酒なしで口説く
  • 自分は適度に飲みつつ、お酒を飲めない女性を口説く

私の場合は過去に後者を選ぶ機会が多かったが、最近は前者も選択するようになっている。

これは、経験則から「より自分らしく女性を口説く方が上手く行きやすい」と感じてきたからだ。飲めない女性の気持ちもだいぶ理解が進み、好きになった後でアプローチする際に、二人で会う時にお酒を飲むかどうかは、そこまで問題じゃないということが分かった。

お酒を飲めない女性が苦手な男性は、「口説こうと思えない」のが落とし方が難しいと思う最大の原因だ。要は、口説く勇気が持てない。理屈よりもここは現実がそうなっているとよく感じる。

常にお酒ありきの恋愛をしてきたと言っても、本気で口説こうとすれば案外イケる。これが私の経験則なので、ある意味で自分の気持ちをどう盛り上げるかが大事になってくる問題とも言える。

飲むか飲まないかより重要なことは、気になる女性にアプローチする勇気を持てるかどうかだ。

補足:飲めない女性のことを気遣いたい男性へ

私の場合は、飲めない女性に対して自分は飲みながら楽しく食事をする方が恋愛しやすいと感じたのだが、優しさがウリの「女性を気遣うタイプの男性」は、飲まずに口説く方が上手く行くと思う。あなたの良さが伝わりやすいからだ。

私の場合は女性を引っ張るタイプなので、自分の表現方法が違うだけだ。要は、自分の良さを伝えつつ楽しく一緒にいる方法を模索すれば良い。

もし普段は飲むのに、飲まない女性に対して気遣う場合は、「飲まなくても一緒にいると楽しい」という気持ちが伝わるようにしよう。気遣われると女性も遠慮してしまうので、そこに対処するのが飲めない女性を落とすコツになる。

飲むか飲まないかが問題なのではなく、飲めない女性とどう楽しく食事するかということなので、あなたらしくアプローチしてほしい。

自分は適度に飲みつつ、飲めない女性を口説く

お酒と恋愛が切っても切れない男性は、「自分は飲む」というスタイルで女性を口説こう。前述しているように、気に入った男性とのことでは「自分が飲めないこと」を相手の女性は気にしているし、飲む男性とは「私は飲めないけど、あなたはどんどん飲んでいいよ」という気持ちを持っている人が多い。

女性の性格も考慮してほしいが、「自分が飲めないからおいしそうに飲んでいるのを見てるのが好き」というような人も多いので、似た発言があればそこまで気にしないで口説く方が恋愛自体うまくいく。

特に恋愛初心者は、お酒で勢いが付いたり、口説くモチベーションが上がるので、口説けなくなるくらいならお酒を飲もう。

その際に次の項は是非押さえておいてほしい。

お酒が飲めない女性とのデートでお酒を飲む時の注意点

お酒が飲めない女性とのデートをする際、食事で相手男性であるあなたがお酒を飲む時は以下の点に注意をしよう。

適度に飲む、飲み過ぎない

お酒を飲めない女性は、何となくしか「気持ちよく酔った状態」が分からないため、あなたがいつも通りどんどん飲んでしまって酔っぱらうのは避けた方が無難だ。「どんどん飲んでね」と言うのは、飲めない女性の気遣いである。

酔ってはいけないとまで言わないので、あらゆる意味で「適度に飲む」ことをおすすめする。楽しくデートすることを念頭に考え、飲む自分と飲めない女性との間に大きなギャップを作らないようにするのが「口説き方」として基本になる。

一言気遣いの言葉を添える(相手が飲めないことについて、簡単で良い)

お酒を飲めないことを気にする女性も、飲めない自分を受け入れない男性、気遣いがない男性には「自分とは合わない」と思うものだ。

あなたが自分だけお酒を飲むデートをするのはアリだけど、相手は飲めないわけだし、そこをやさしさとして気遣えないといけない。相手の女性も楽しいデートができるように気を配ろう。

遠慮すればそれで喜ぶかと言えばそうではないので、お互いが自然体で一緒に居られる空気を作っていくのが「お酒を飲めない女性を口説くコツ」となる。

お酒の力よりもナチュラルにテンションを上げる

せっかく楽しいデートをしても、「お酒のおかげ」みたいになると、お酒を飲めない女性はテンションが上がらない。なるべくお酒に酔う前に楽しい雰囲気を作るのが落とすコツなので、ナチュラルに二人でテンションが上がっていく状態を目指そう。

「楽しいからお酒が進む」というイメージを持っていれば、失敗デートになってしまうことを防げるはずだ。

酔った勢いでハメを外さない(飲めない女性はここに敏感、恋愛的な意味で)

お酒を飲めない女性を落とすなら、「お酒で変わってしまう」という状態は絶対に避ける。特に、付き合う前だと二人の相性にも不安があるので、「合わない」と思われないために「酔った勢い」に注意をしよう。

酔った勢いでキスをしたり、そういう類の行動や態度にお酒が飲めない女性は敏感だ。飲める女性は二人で酔うことが可能なために雰囲気が出来上がることもあるが、飲めない女性との恋愛では多少慎重なくらいがちょうどいい距離感になる。

彼女の飲み物に気を遣い、ノンアルコールカクテルを勧めてみたり、2杯目の注文などを聞く

お酒を飲めない女性を口説きたいと思っているなら、ソフトドリンクを飲むよりもノンアルコールカクテルを飲んでもらった方が恋愛の雰囲気になりやすい。ジュースを飲むよりおいしいという面もあるので、気遣いの意味を込めて彼女に進めてみよう。

また、アルコールを飲まない女性はどんどん飲む感じにならないので、2杯目のタイミングが少し難しい。グラスが空きそうなら「2杯目どうする?」などの気遣いも忘れずに行いたい。

こういった気遣いができると、お酒を飲むか飲まないかはそこまで問題とはならなくなっていくはずだ。

会計の際、割り勘するなら自分が飲んだ分くらいは自分で払う(スマートに)

お酒を飲む男性と飲めない女性の会計は、普通の割り勘だと金額的に合わなくなる。単純計算で二等分にする割り勘の仕方ではなく、多めに払うのは基本的な振る舞いだ。

「俺、飲んでるからさ」と言えば多めに払うのに明確な理由があるし、気遣いの気持ちも伝わる。男らしくスマートに会計できると雰囲気も良くなるので、飲み代の支払い方法にも気を配ろう。

飲まない女性に通常の割り勘で会計すれば、「なんで私がおごるみたいになるの?」と不満を持たれてもおかしくない

飲めない女性が少しなら飲める場合は、「ちょっとだけ飲んでみる?」、「残ったらオレ、飲むし」と、聞いてみる

飲めない女性の中にも「付き合う程度なら飲める」というタイプがいる。

片思いが順調に進んで距離が縮まってきた段階では、「ちょっとだけ飲んでみる?」と自分のグラスを差し出してみたり、「少し飲めそうなお酒あったら頼んでいいよ!残ったら俺が飲むし(笑)」という感じで、フォローできるとスマートだ。

お酒を口にするだけで「二人で飲んでいる」という雰囲気ができるので、お酒があまり飲めない女性は男性の気遣いに喜んでくれる。

ただし、押し付けるようなお酒の進め方は絶対にNGなので、次で説明しよう。

お酒がまったく飲めない女性なら「一口でも飲もうよ!」と、押し付けない

冒頭から説明しているように、お酒が飲めない女性は飲めないことを気にしている場合がほとんどなので、ここが問題として目立つような事態が起きると恋愛はまず上手く行かない。絶対にお酒を強要するような態度や行動は取らないように注意しよう。

一般的な感覚で「一口飲んでみて!」くらいならそこまで問題とはならないが、酔っている時の勢いまで考慮すれば気を遣いすぎるくらいでちょうどいいかもしれない。

「やっぱ、お酒飲む人とは合わないかな」と思われればデートが盛り上がることもないので、お酒がまったく飲めない女性に対しては勧める行為自体を控えるのが無難だ。

まだ1回や2回しか食事していない関係の場合は「どのくらい飲めないのか」がよく分かっていない面もあると思うが、探りを入れるなら他の方法をおすすめする。

押し付ける感じに受け取られて合わないと思われないように注意しよう。

お酒を飲めない女性を落とすのに「自分も飲まないデートをする」という選択肢も

多くの恋愛を重ねてきたことで、個人的に最近は「お酒なしで口説く方法」がなんとなく板についてきた。女性を口説く方法を意識するなら結局は「どう勢いをつけるか」という点に尽きるのだけど、お酒を飲めない女性に「お酒を飲まないのに楽しいデート」ができると、その女性との恋愛は上手くいきやすい。

この部分は前半の補足部分でも説明している部分だが、「お酒を飲まないデートのポイント」を改めて紹介するので、恋愛経験がある程度あるなら「選択肢」として検討してみよう。

  • ドライブデートで「飲めない状態」のデートする
  • お酒が飲めないお店で食事する
  • 食べ歩きのようなデートにして、お酒無しでも自然なデートを演出する
  • 「今日はお酒無しね」など、飲めない女性に寄り添ったデートを挟んでメリハリをつける
  • 「昨日友達と飲んだから今日はお休みするよ」など、さりげなく優しさを伝えつつ酒無しデートをする

女性を落とすには、ラフになり過ぎないように「壁」を取っ払うことが重要で、「お酒を飲めない女性だから」と考えて実行することが、「過度に壁を意識させない方法」であれば、有効に作用する。

飲めない女性は、楽しくデートできるならお酒無しの方が気を使わないし、ストレスもないのが事実だ。相手男性がお酒を飲むことに「何にも思わない」という女性は少なくないが、酒無しで楽しいデートができ、相手の男性も変な気遣いをしているわけでないなら、恋愛対象の理想と言えば理想。これは、特に「全くお酒が飲めない女性」との恋愛では意識したい。

なぜなら、お酒に酔う感覚が本質的に体験できないので、どうしても想像によってしか酔ったあなたを判断できないからだ。「酔ったから口説いている」という疑念に似た感覚がお酒を飲める女性に比べて強くなる。

つまり、お酒が飲めない女性には、アルコールが入っていない状態で口説く方が気持ちが届きやすいということ。

お酒を飲まないと口説けない男性は、飲んでいい。
さきほど紹介したポイントを押さえつつ、楽しくデートをしよう。

もし、飲まなくても口説ける男性なら、飲まないデートで口説く方がストレートに気持ちが伝わり、相手の女性に不信感を与えない。

「好きな女性がお酒が飲めないこと」は、実は大きな問題ではないのだけど、一つの恋に本気なら「二人の相性」を良い方向で感じさせる方がうまくいく。あなたの恋愛の仕方に幅を持たせるのは今かもしれない。

まとめ

今回は「お酒を飲めない女性を落とすには」というテーマで、お酒無しのデートや飲めない女性をどう口説くかをまとめた。

経験すると分かることだが、「お酒が飲める・飲めない」という問題は恋愛を進める上で大きな問題とはならない。落とし方に若干の違いがあったとしても、問題はほかにあるのだ。

それは、「お酒を飲めない女性」を、普段からお酒を飲む男性が、アクションを起こせるほど「口説こうと思えるかどうか」という問題。

これは、相手の女性とあなたとの相性の問題もあるし、楽しくデートできて、楽しく一緒に居られるかという問題にまで波及する。

つまり、飲む男性からすれば、飲めない女性が「つまらない」と思ってしまう方が問題で、飲めなくても口説きたいと思えるなら今回の方法でデートや食事を楽しみつつ、恋愛を進めて行けば良い。

恋愛では結局「二人の相性」や「二人の縁」も強く作用しており、付き合う男女では特に色々なきっかけがあるかどうかで恋愛成就の可能性が分かれている。

☆デート服に自信がない男性は下の記事を読んでみよう。デートのファッションはトータルコーデが難しいけれど、下のサイトでは女性がコーデした服をマネキン買いできる。無難カッコいい服でデートに出かけよう。

関連記事:

アプローチ 二人で食事・飲みに行く
Brightfutureをフォローする
自分の結婚できる確率を理解する

結婚を具体的に考えるべき年齢は意外と若いって知ってましたか?結婚したいと思っている人は、自分の年齢によって変化していく「自分が結婚できる確率」を正しく理解しておくことが重要なんです。
下の記事では、総務省の国勢調査から年齢別・男女別に結婚できる確率を算出して、考察をまとめています。
後悔しないように、今の自分の結婚できる確率がどのくらいなのか把握しておきましょう。

恋愛のすべて
タイトルとURLをコピーしました