お酒を飲めない女性を落とすには~デートはどうする?どうやって口説く?

お酒が飲めない女性がナース服でバツマークを作っている様子

お酒を飲めない女性との恋愛が難しいと感じる男性は、ぜひこの記事を最後まで読んで見てほしい。
男性は酔った勢いで口説くことも多いから、飲めない女性を落とすが難しいと思う気持ちはよく分かる。

かつて私も、「お酒を飲めない女や飲まない女は、落とすのが難しい」と感じていたころがあった。

「お酒を飲めない女性とのデートはどうしたらいいだろう?」
「飲まない女は、お酒の勢いで口説くことができないから、どう口説いたらいいか分からない」

お酒と恋愛が切っても切れない関係にある男性は少なくないと思うので、そんな男性がよく問題となる「飲めない女性の口説き方」を今回はまとめてみよう。

「お酒を飲めない女性を落とすにはどうしたらいいか」をテーマに、デートの仕方や口説き方を解説する。

  1. お酒を飲めない女性の落とし方は2種類!どっちを選ぶかより重要なこととは?
    1. 飲めない女性とのデートでは、自分が飲むか飲まないかはあまり気にしなくて良い
    2. 飲めない女性のことを気遣いたい男性はどうしたら良いか
  2. 飲まないと口説けない男性は、飲めない女性との食事でも「自分だけ飲む」という選択を取ろう
  3. お酒が飲めない女性とのデートで、お酒を飲む時の注意点と落とすコツ
    1. 飲めない女性とのデートでは、適度に飲む、飲み過ぎないことが重要
    2. 飲めない女性とのデートで「自分だけ飲む」場合は、一言気遣いの言葉を添える(相手が飲めないことについて、簡単で良い)
    3. 飲まない女性との食事中は、お酒の力よりもナチュラルにテンションを上げる
    4. 酔った勢いでハメを外さない(飲めない女性はここに敏感、恋愛的な意味で)
    5. 飲めない女性との食事中は、彼女の飲み物に気を遣うこと!ノンアルコールカクテルを勧めてみたり、2杯目の注文などを聞く
    6. 飲まない女性と食事した時の会計は、割り勘するなら自分が飲んだ分くらいは自分で払う(スマートに多めに払うのがマナー)
    7. 飲めない女性が少しなら飲める場合は、「ちょっとだけ飲んでみる?」、「残ったら俺が飲むよ」と、聞いてみる
    8. お酒がまったく飲めない女性なら「一口でも飲もうよ!」と、押し付けない
  4. お酒を飲めない女性を落とすのに「自分も飲まないデートをする」という選択肢もある!飲まないデートの仕方とは?
    1. 飲めない女性は、ドライブデートで「飲めない状態」のデートすると「飲めないこと」を気にさせないデートができる
    2. 飲めない女性とのデートは、お酒が飲めないお店で食事するのもおすすめ
    3. 食べ歩きのようなデートにして、お酒無しでも自然なデートを演出する
    4. 「今日はお酒無しね」など、飲めない女性に寄り添ったデートを挟んでメリハリをつける
  5. お酒が飲めない女性の落とし方は、飲まない時に口説くのが効果的
  6. お酒を飲めない女性は、つまらない女性なのか
    1. 飲めない女はつまらないという男性意見
    2. 飲めない女性、飲まない女性がつまらないと思わない男性意見
  7. まとめ

お酒を飲めない女性の落とし方は2種類!どっちを選ぶかより重要なこととは?

お酒を飲めない女性にアプローチする男性

お酒を飲めない女性は、多くの場合でそれを気にしている。飲めない女性と何人も付き合った経験があるけど、経験上、お酒を飲めないことで自分の恋愛に悪影響があることを、飲めない女性自身が自覚していると感じたことが何度もあった。

もちろん、意識しない男性の前で悩むことなどはないけれど、興味を持った男性がお酒を飲むタイプの男性だったらなら「飲みに行こう!」と誘ってもらいにくいのだから、気にして当然である。

この点を踏まえて、お酒を飲めない女性と恋愛する場合、大きく分けると2つの選択肢からアプローチの仕方や落とし方を選ぶことになる。

  • お酒なしで口説く(二人とも飲まないでデートする)
  • 自分は適度に飲みつつ、お酒を飲めない女性を口説く

私の場合は過去に後者(二人とも飲まないデートの仕方)を選ぶ機会が多かったが、最近は前者(飲めない女性とのデートでも自分だけ飲みながら口説く)も選択するようになっている。

これは、経験則から「より自分らしく女性を口説く方が、飲めない女性との恋愛も上手く行きやすい」と感じてきたからだ。

飲めない女性とのデートでは、自分が飲むか飲まないかはあまり気にしなくて良い

飲めない彼女との交際経験を積むことで、飲めない女の心理や気持ちの理解が進んだのだが、飲めない女を好きになった後でアプローチする際、二人で会う時にお酒を飲むかどうかは、そこまで問題じゃないということが分かった。

お酒を飲めない女性が苦手な男性は、「口説こうと思えない」のが落とし方が難しいと思う最大の原因だ。要は、酔わないと口説く勇気が持てない。理屈よりも、ここは現実がそうなっているとよく感じる部分で、お酒を飲まないであれば酔った勢いの言葉が出ないのだから、女性を口説くのが難しいと思って当然だ。

しかし、常にお酒ありきの恋愛をしてきた男性であっても、「飲まない女性との恋愛」を覚悟して本気で口説く心構えさえできれば、勢いに任せなくても口説くことはできる。

これが私の経験則だ。飲めない女や飲まない女を落とすには、自分の気持ちをどう盛り上げるかが大事になってくる。飲むか飲まないかより重要なことは、気になる女性にアプローチする勇気を持てるかどうかだ。

飲めない女性のことを気遣いたい男性はどうしたら良いか

私の場合は、飲めない女性に対して自分は飲みながら楽しく食事をする方が恋愛しやすいと感じたのだが、優しさがウリの「女性を気遣うタイプの男性」は、飲まずに口説く方が上手く行くと思う。あなたの良さが伝わりやすいからだ。

私の場合は女性を引っ張るタイプなので、自分の表現方法が違うだけだ。要は、自分の良さを伝えつつ、お酒を飲まない女性と楽しく一緒にいる方法を模索すれば良い。

もし普段は飲むのに、飲まない女性に対して気遣う場合は、「飲まなくても一緒にいると楽しい」という気持ちが伝わるようにしよう。気遣われると女性も遠慮してしまうので、そこに対処するのが飲めない女性を落とすコツになる。

飲むか飲まないかが問題なのではなく、飲めない女性とどう楽しく食事するかということなので、あなたらしくアプローチしてほしい。

【恋愛】思いやりがある人と思いやりがない人の違い~彼氏や彼女を思いやるとはどんなことか
恋愛では「思いやりを表現する力」が非常に重要な意味を持っている。 優しい人がモテるのは常識になっている中、片思いを成功させるのに手に入れたいのは、好きな人から思いやりがある人だと思われる方法である。 交際後に関しても、彼

飲まないと口説けない男性は、飲めない女性との食事でも「自分だけ飲む」という選択を取ろう

お酒と恋愛が切っても切れない男性は、「自分は飲む」というスタイルで飲めない女性を口説く方が上手くいく。前述しているように、気に入った男性とのことでは「自分が飲めないこと」を相手の女性は気にしているし、飲む男性とは「私は飲めないけど、あなたはどんどん飲んでいいよ」という気持ちを持っている人が多い。

女性の性格も考慮してほしいが、「自分が飲めないからおいしそうに飲んでいるのを見てるのが好き」というような人も多いので、似た発言があればそこまで気にしないで口説く方が恋愛自体うまくいく。

特に恋愛初心者は、お酒で勢いが付いたり、口説くモチベーションが上がるので、口説けなくなるくらいならお酒を飲もう。

その際の注意点について解説するので、次の見出しは是非押さえておいてほしい。

お酒が飲めない女性とのデートで、お酒を飲む時の注意点と落とすコツ

飲めない女性の落とし方、口説き方を実践する男性

お酒が飲めない女性とのデートをする際、食事で相手男性であるあなたがお酒を飲む時は以下の点に注意をしよう。

そもそも食事の誘い方やデートの誘い方が分からない男性は、先にこちらの記事を読んでから読み進めてほしい。

断られにくい誘い方7つのポイントと会話例!誘う言い訳や口実が大切なのは、相手が誘いに乗る理由になるから
「断られない誘い方がしたい!」 好きな人をデートに誘う時は誰もがこんなことを考えるけれど、あなたが実際に好きな人や気になる人を誘う時、「断られにくい誘い方」ができているだろうか? まだ付き合う前の関係では、二人で会うのに理由

飲めない女性とのデートでは、適度に飲む、飲み過ぎないことが重要

お酒を飲めない女性は、何となくしか気持ちよく酔った気分が分からないため、あなたがいつも通りどんどん飲んでしまって酔っぱらうのは避けた方が無難だ。

「どんどん飲んでね」と言うのは、飲めない女性の気遣いである。

飲めない女性とのデートで酔ってはいけないとまで言わないので、あらゆる意味で「適度に飲む」ことをおすすめする。楽しくデートすることを念頭に考え、飲む自分と飲めない女性との間に大きなギャップを作らないようにするのが「口説き方」として基本になる。

飲めない女性とのデートで「自分だけ飲む」場合は、一言気遣いの言葉を添える(相手が飲めないことについて、簡単で良い)

お酒を飲めないことを気にする女性も、飲めない自分を受け入れない男性、気遣いがない男性には「自分とは合わない」と思うものだ。簡単に言うと、趣味が合わない男性だと思われる。

あなたが自分だけお酒を飲むデートをするのはアリだけど、相手は飲めないわけだし、そこをやさしさとして気遣えないといけない。相手の女性も楽しいデートができるように気を配ろう。

「俺だけ飲んじゃってごめんね」
「○○ちゃん飲めないんだよね?俺も飲まない方がいいかな?」

など、きちんと言葉で相手に気遣いの姿勢を見せよう。

遠慮すればそれで喜ぶかと言えばそうではないので、お互いが自然体で一緒に居られる空気を作っていくのが「お酒を飲めない女性を口説くコツ」となる。

モテない男性がスマートな男になるために、努力してでも身に着けたい7つの特徴
あなたは「スマートな男」をどんな風に想像するだろう。 大学生くらいの恋愛では「適度なチャラさが恋愛に必須」なんて言われるけれど、その本質は「スマートな男性はモテる」ということを証明している事例でもあって、女性慣れしていると見に

飲まない女性との食事中は、お酒の力よりもナチュラルにテンションを上げる

せっかく楽しいデートをしても、「お酒のおかげ」みたいになると、お酒を飲めない女性はテンションが上がらない。

なるべくお酒に酔う前に楽しい雰囲気を作るのが飲めない女を落とすコツなので、ナチュラルに二人でテンションが上がっていく状態を目指そう。

「楽しいからお酒が進む」というイメージを持っていれば、失敗デートになってしまうことを防げるはずだ。「酔っちゃったよ」とか「ちょっと回ってきた」などの言葉を使わずに、「○○ちゃんと一緒にいると楽しい」という気持ちを伝えるとお酒がただの飲み物のように思ってくれるから、飲めない女性との食事も盛り上がる。

アンケートで分かる「正しい女性の褒め方」とは~社交辞令と思われない女性が喜ぶ褒め方も解説!
恋愛を語る上で、すごく大事な要素となるのが「相手を褒めること」だ。 しかし、あなたは自信を持って「女性が喜ぶ褒め方をできている」と言えるだろうか? 一般的な感覚として誰でも褒めらたらと嬉しいと感じるものだが、社交辞令を真

酔った勢いでハメを外さない(飲めない女性はここに敏感、恋愛的な意味で)

お酒を飲めない女性を落とすなら、「お酒で変わってしまう」という状態は絶対に避ける。特に、付き合う前だと二人の相性にも不安があるので、「合わない」と思われないために「酔った勢い」に注意をしよう。

酔った勢いでキスをしたり、そういう類の行動や態度にお酒が飲めない女性は敏感だ。飲める女性は二人で酔うことが可能なために雰囲気が出来上がることもあるが、飲めない女性との恋愛では多少慎重なくらいがちょうどいい距離感になる。

飲めない女性はお酒に苦手意識があるので、「酔った男性の勢い」はあまり良い印象にならないから注意しよう。下の記事を読むような事態になったら、飲めない女性との恋愛はまず失敗する。

お酒に酔った男が本命の女に取る態度と遊ぶ女に取る態度の違い
お酒を飲む機会が多い女性は、ときどき酔った男性に口説かれることがある。 本気で口説いてくる男性ならじっくり話を聞いてみたいと思う相手であっても、遊ぶ目的なら話は別。最初から気が無いくせに酔って近づいて来る男性は、恋愛に真面目な

 

飲めない女性との食事中は、彼女の飲み物に気を遣うこと!ノンアルコールカクテルを勧めてみたり、2杯目の注文などを聞く

お酒を飲めない女性を口説きたいと思っているなら、ソフトドリンクを飲むよりもノンアルコールカクテルを飲んでもらった方が恋愛の雰囲気になりやすい。

ジュースを飲むよりおいしいという面もあるので、気遣いの意味を込めて彼女に進めてみよう。飲めない女性はウーロン茶を飲んだりすることも多いが、ソフドリを飲むよりノンアルコールカクテルの方が「二人で飲んでる感じ」も出て、二人の食事自体に一体感が生まれる。

また、アルコールを飲まない女性はどんどん飲む感じにならないので、2杯目のタイミングが少し難しい。グラスが空きそうなら「2杯目どうする?」「何か飲む?」などの気遣いも忘れずに行いたい。

こういった気遣いができると、お酒を飲むか飲まないかはそこまで問題とはならなくなっていくはずだ。

飲まない女性と食事した時の会計は、割り勘するなら自分が飲んだ分くらいは自分で払う(スマートに多めに払うのがマナー)

お酒を飲む男性と飲めない女性の会計は、普通の割り勘だと金額的に合わなくなる。単純計算で二等分にする割り勘の仕方ではなく、多めに払うのは基本的な振る舞いだ。

「俺、飲んでるからさ」と言えば多めに払うのに明確な理由があるし、気遣いの気持ちも伝わる。男らしくスマートに会計できると雰囲気も良くなるので、飲み代の支払い方法にも気を配ろう。

飲まない女性に通常の割り勘で会計すれば、「なんで私がおごるみたいになるの?」と不満を持たれてもおかしくない

飲めない女性が少しなら飲める場合は、「ちょっとだけ飲んでみる?」、「残ったら俺が飲むよ」と、聞いてみる

飲めない女性の中にも「付き合う程度なら飲める」というタイプがいる。

片思いが順調に進んで距離が縮まってきた段階では、「ちょっとだけ飲んでみる?」と自分のグラスを差し出してみたり、「少し飲めそうなお酒あったら頼んでいいよ!残ったら俺が飲むからさ(笑)」という感じで、フォローできるとスマートだ。

お酒を口にするだけで「二人で飲んでいる」という雰囲気ができるので、お酒があまり飲めない女性は男性の気遣いに喜んでくれる。

ただし、押し付けるようなお酒の進め方は絶対にNGなので、次で説明しよう。

お酒がまったく飲めない女性なら「一口でも飲もうよ!」と、押し付けない

冒頭から説明しているように、お酒が飲めない女性は飲めないことを気にしている場合がほとんどなので、ここが問題として目立つような事態が起きると恋愛はまず上手く行かない。絶対にお酒を強要するような態度や行動は取らないように注意しよう。

一般的な感覚で「一口飲んでみて!」くらいならそこまで問題とはならないが、酔っている時の勢いまで考慮すれば気を遣いすぎるくらいでちょうどいいかもしれない。

「やっぱ、お酒飲む人とは合わないかな」と思われればデートが盛り上がることもないので、お酒がまったく飲めない女性に対しては勧める行為自体を控えるのが無難だ。

まだ1回や2回しか食事していない関係の場合は「どのくらい飲めないのか」がよく分かっていない面もあると思うが、探りを入れるなら他の方法をおすすめする。

押し付ける感じに受け取られて合わないと思われないように注意しよう。

お酒を飲めない女性を落とすのに「自分も飲まないデートをする」という選択肢もある!飲まないデートの仕方とは?

飲めない女子と飲まないデートをする男性

多くの恋愛を重ねてきたことで、個人的に最近は「お酒なしで口説く方法」がなんとなく板についてきた。女性を口説く方法を意識するなら結局は「どう勢いをつけるか」という点に尽きるのだけど、お酒を飲めない女性に「お酒を飲まないのに楽しいデート」ができると、その女性との恋愛は上手くいきやすい。

この部分は前半の補足部分でも説明している部分だが、「お酒を飲まないデートのポイント」を改めて紹介するので、恋愛経験がある程度あるなら「選択肢」として飲まないデートの仕方を検討してみよう。

飲めない女性は、ドライブデートで「飲めない状態」のデートすると「飲めないこと」を気にさせないデートができる

飲めない女性をデートに誘う際、もしアルコールナシでデートしたいと思ったら「ドライブデート」はおすすめだ。

車を運転するなら「飲む飲まない」の選択肢は飲まない一択になるので、変に飲めない女性に気を遣わせないし、夜のドライブは恋愛的な雰囲気も良い。

車を持ってない男性も、最近はレンタカーに対する女性の抵抗感もなくなっているので、「飲めない女性とのデートは誘い方が難しい」と思ったら、車で行くところを提案してみよう。

飲めない女性とのデートは、お酒が飲めないお店で食事するのもおすすめ

飲めない女性とのデートで「飲まないデートの仕方」をするなら、最初から飲めないお店で食事をすると良い。

たとえば、おしゃれなカフェで食事をしたり、スイーツをメインにしたお店で食事をすれば、そもそもお酒を置いてないからお互いに気を遣わないし、スープカレーやオムライスなどの専門店、蕎麦屋やうどん屋さん、野菜をメインにしたお店も「お酒を飲まない方が普通」みたいな雰囲気があり、飲めない女性との食事デートにおすすめだ。

お酒を飲めない女性との食事は「お店選び、場所」が難しいと思ってしまう男性も多いと思うが、基本的に女子が多く集まるようなお店は飲んでない人も多いから、意外と飲まないデートがきちんとはまる。検討してみよう。

食べ歩きのようなデートにして、お酒無しでも自然なデートを演出する

お酒を飲まないデートは、「食べ歩きデート」とも相性が良い。関東の有名どころでは「鎌倉デート」が人気になっているが、探してみると至るところに食べ歩きに向いたデートコースがあるから地元のデートスポットを探してみよう。

食べ歩きは二人の距離も縮まるデートの仕方なので、付き合う前の「距離を縮めたいデート」に向いている。

飲めない女性も全く気を遣わないでデートできるので、私も普段から使っている。

お祭りデートや花火デートも食べ歩きデートと似たような感じで飲まないデートになるので、考え方を応用して「お酒を飲まない女性の落とし方」に使ってみよう。

花火大会の誘い方~好きな人(女性)を花火デートに誘いたいなら
夏と言えばイベントがたくさんあって、「仲良くなった気になる女の子をデートに誘いたい」って男性は、花火デートも考えるだろう。 漠然と「遊ぼう」って誘う時は、何をするかとか、どこに行くかなどの問題が煩わしいけど、花火のようなイベン

「今日はお酒無しね」など、飲めない女性に寄り添ったデートを挟んでメリハリをつける

初デートや2回目のデートで「自分だけ飲む」という方法で飲めない女性にアプローチした男性は、次のデートで飲まない女性に寄り添ったデートをすると、一気に印象アップが狙えることがある。

さりげなくお酒を飲まないデートにするより、「今日はお酒ナシね」と一言いってお酒無しのデートをすれば、飲む人だという印象からTPOに合わせて飲む人だと思われるので、彼氏対象として評価がアップする。簡単に言うと「付き合ってもOKな人」だと思われるのに作用することがある。

社会人の男性だと好きな人と過ごす時間は最大限の癒しになるため、夜ご飯を一緒に食べる時はお酒を飲むのが当たり前的な振る舞いをしてしまうこともあるけど、そんな男性ほど「何度かに1回飲まないデートをする」と女性心理では寄り添ってくれてる感覚を覚えるので、ぜひ実践してみてほしい。

「昨日友達と飲んだから今日はお休みするよ」など、さりげなく優しさを伝えつつ酒無しデートをするのもおすすめだ。

なお、飲めない女性との恋愛に限らず、デートをしたら次のデートの誘いはすぐ行う方が付き合える可能性が高いので、デートの間隔は空け過ぎないようにしよう。詳しくは下の記事を参考にしてほしい。

お酒が飲めない女性の落とし方は、飲まない時に口説くのが効果的

女性を落とすには、ラフになり過ぎないように「壁」を取っ払うことが重要で、「お酒を飲めない女性だから…」と考えて実行することが、「過度に壁を意識させない方法」であれば、有効に作用する。

飲めない女性は、楽しくデートできるならお酒無しの方が気を使わないし、ストレスもないのが事実だ。相手男性がお酒を飲むことに「何にも思わない」という女性は少なくないが、酒無しで楽しいデートができ、相手の男性も変な気遣いをしているわけでないなら、恋愛対象の理想と言えば理想。これは、特に「全くお酒が飲めない女性」との恋愛では意識したい。

なぜなら、お酒に酔う感覚が本質的に体験できないので、どうしても想像によってしか酔ったあなたを判断できないからだ。「酔ったから口説いている」という疑念に似た感覚がお酒を飲める女性に比べて強くなる。

つまり、お酒が飲めない女性には、アルコールが入っていない状態で口説く方が気持ちが届きやすいということ。

お酒を飲まないと口説けない男性は、飲んでいい。
さきほど紹介したポイントを押さえつつ、楽しくデートをしよう。

だが、もし、飲まなくても口説ける男性なら、飲まないデートで口説く方がストレートに気持ちが伝わり、相手の女性に不信感を与えない。

「好きな女性がお酒が飲めないこと」は、実は大きな問題ではないのだけど、一つの恋に本気なら「二人の相性」を良い方向で感じさせる方がうまくいく。あなたの恋愛の仕方に幅を持たせるのは今かもしれない。ぜひ、飲まないデートでお酒を飲めない女性を口説いてみよう。「酔ったからでしょ?」と言わせない口説き方は、お酒を飲まない女性へのアプローチに効果的だ。

二人で食事する関係や二人で飲みに行く関係の脈ありと脈なしの違い~二人きりで会う意味をはっきりさせる
恋愛が進む時は、まず「二人で食事する関係・二人で飲みに行く関係」になりやすい。アプローチと見抜かれやすいデートに誘うよりも、最初に食事や飲みに誘う人はきっと多いはずだ。 しかし、この時の問題点は、友達や知り合いや同僚など関係性

お酒を飲めない女性は、つまらない女性なのか

飲めない女性はつまらない女なのか考える男性

ときどき、好きな人がお酒を飲めないと知った男性が「お酒を飲めない彼女は付き合ってもつまらないんじゃないか」と相談してくることがあるのだが、あなたが求める彼女像によっては確かに「飲まない女はつまらない」と思う可能性はある。

飲めない女はつまらないという男性意見

飲めない女がつまらないという男性は陽キャのパリピ的な性格の男性に多いのだが、実は「奥手な男性」も違う理由で飲めない女をつまらない女だと言うことがある。

それは、付き合った後もお酒の勢いがないと彼女との関係を進めていくことができないから。

お酒を飲めない女性は酔うことができないから、そういう雰囲気にするのが難しいと思う男性がいる。恋愛相手として飲めない女がつまらないと思ってしまうのだ。

確かにお酒に酔うと理性が緩んで「付き合わないとしないこと」に対してもハードルを低くするところがあるから、飲めない彼女は付き合いにくいのは事実かもしれない。ただ、恋愛には必ずアルコールが必要という条件があるわけではないし、楽しいつまらないを決定的に分けるものではない。

次の見出しに注目だ。

飲めない女性、飲まない女性がつまらないと思わない男性意見

好きになるタイプと飲めないことに関係ない場合、飲めない女や飲まない女でも楽しく付き合うのは彼女の扱い方がうまい男性に多い。

女性は男性よりも感情の起伏が大きく、お酒に酔わないでも楽しい雰囲気で好きな人と一緒にいることはできる。酔ってるわけではないから飲み会でよく見るテンションの上がり方ではないけど、それでも飲めない男よりずっと楽しく一緒にいることができるから、意外と飲めない女性でも楽しく食事することは可能だ。

問題になるのは「甘い雰囲気の作り方」だから、ここに対処できる男性は、飲まない彼女をつまらないと思わない。今回は恋愛経験によって色々と差が大きい部分なのである。

もし好きになった女子が飲めない女子だった場合は、酔わなくても恋愛の雰囲気が作れるように「雰囲気に酔うような恋愛の仕方」ができれば、つまらない彼女にはならない。付き合う前はそこまで甘い雰囲気を作ることができないけど、付き合い始めた後は男性の行動や態度しだいで彼女の気分も振る舞い方も変わるから、そこまで心配する必要はないかと思う。

どうしても好みの問題があるけど、私自身、飲めない女性と付き合った経験が複数あり、そのどの子に関してもつまらない女だと思ったことがなかったので、むしろ「飲まない女は浮気しない」などの “飲めない女のメリット” も勘案して恋愛を進めるか割り切って他の女子を探すか決めよう。

好きな人といい雰囲気になるにはどうしたらいいか~恋愛の「良い雰囲気」の作り方
恋愛は、二人が出会い、友達や知り合いとして仲良くなり、LINE・電話(通話)なども含めて会話や食事やデートを繰り返す中で両想いになって付き合うようになる。 その過程で「好きな人といい雰囲気になりたい」と思うのは、恋愛の進捗を確

まとめ

今回は「お酒を飲めない女性を落とすには」というテーマで、お酒無しのデートや飲めない女性をどう口説くかをまとめた。

経験すると分かることだが、「お酒が飲める・飲めない」という問題は恋愛を進める上で大きな問題とはならない。落とし方に若干の違いがあったとしても、問題はほかにあるのだ。

それは、「お酒を飲めない女性」を、普段からお酒を飲む男性が、アクションを起こせるほど「口説こうと思えるかどうか」という問題である。

これは、相手の女性とあなたとの相性の問題もあるし、楽しくデートできて、楽しく一緒に居られるかという問題にまで波及する。

つまり、飲む男性からすれば、飲めない女性が「つまらない」と思ってしまう方が問題で、飲めなくても口説きたいと思えるなら今回の方法でデートや食事を楽しみつつ、恋愛を進めて行けば良い。

恋愛では結局「二人の相性」や「二人の縁」も強く作用しており、付き合う男女では特に「きっかけがあるかどうか」で恋愛成就の可能性が分かれている。

恋愛が進んできたら、自分の気持ちだけで告白しないで、きちんと準備をしたうえで告白するようにしよう。

成功確率を劇的に上げる「告白の準備の仕方」!告白する前にすることとは?
告白が成功するか失敗するかは「告白する前にすること」で9割以上が決まる。 これは、より中身が重要視される30代や40代の恋愛ではあまりに有名な話だが、フィーリング恋愛が多い10代や20代でも大事な恋愛の格言だ。 「告白の

デート服に自信がない男性は下の記事がおすすめだ。デートのファッションはトータルコーデが難しいけれど、下のサイトでは女性がコーデした服をマネキン買いできる。無難カッコいい服でデートに出かけよう。

関連記事:

アプローチ 二人で食事・飲みに行く
Brightfutureをフォローする
自分の結婚できる確率を理解する

結婚を具体的に考えるべき年齢は意外と若いって知ってましたか?結婚したいと思っている人は、自分の年齢によって変化していく「自分が結婚できる確率」を正しく理解しておくことが重要なんです。
下の記事では、総務省の国勢調査から年齢別・男女別に結婚できる確率を算出して、考察をまとめています。
後悔しないように、今の自分の結婚できる確率がどのくらいなのか把握しておきましょう。

恋愛のすべて
タイトルとURLをコピーしました