年下男性を振り向かせる年上女性のアプローチ方法とは~なぜ年下に甘えると恋愛が上手くいくの?

年下の男性を振り向かせたい年上女性の画像。年下にうまく甘えることで、恋愛を進めることに成功しているイメージ。

年下男性を振り向かせたいと思った時、あなたはどんな魅力をアピールして自分を意識してもらえるように頑張るだろう?

年上女性として好きな人にアプローチするときは、年下の男子が相手だからこそ自信がなくなってしまったり、不安に思ってしまって積極的にアプローチできない女子も多い。年下男子をキュンとさせるにはどうしたらいいんだろう?なんて考える時もあるだろう。年の差を意識するからこそ、恋愛が苦手な女性はアプローチ方法に迷うことが多い。

そこで今回は「年下男性を振り向かせる年上女性のアプローチ方法とはどんなアプローチなのか」をまとめたい。年上女性が男子をキュンとさせるにはどうしたら良いのだろう。年下の男子と恋愛している女子に参考にしてもらえたらと思う。

スポンサーリンク
記事下アドセンス

年の差恋愛の真相:年上女性はアリかナシか

マイナビウーマンの行ったアンケートによると、一回りも年上の女子を彼女として「アリ」と答えた男子が約40%存在していた。

Q.あなたは、「ひとまわり年上の女性」と付き合うのは、アリですか? ナシですか?

アリ……39.7%
ナシ……60.3%
男のホンネ! ぶっちゃけ「ひとまわり年上の女性」と付き合うのはアリ? ナシ?|「マイナビウーマン」

一回り年上の女子となると相当の年の差だと思うが、それでもありだと思う男子は少なくない。年上女性だからと言って自分に自信を失うことはないし、勇気を持ってアプローチするのに、両想いへの現実的可能性が著しく低いわけじゃない。

これは次のアンケート結果からも裏付けられている。

今回のアンケートでは「年上の女性(年下の男性)は結婚対象になりますか」と聞いたところ、全体の49.1%が「はい」と回答し、男性では47.2%、女性では51.4%が年上の女性、年下の男性は結婚対象になると考えていることがわかりました。
独身男女の結婚に関する調査結果

アスクリードが行ったアンケート結果によると、一般男性は年上の女性が「恋愛」よりも重い意味の「結婚相手」としてだって約50%がアリと答えている。年下女性や同い年女性の恋愛と同様に、相手次第と言った印象を私は持ったがあなたはどうだろう?

結局は、多くの恋愛のように「どんな人か」のほうがずっと大事な問題なのだ。年の差を乗り越える恋愛は確実に存在している。

年下の男性との恋愛は、「叶う恋」だとまずはしっかり自信を持つこと。適切なスタートラインから恋愛成就を目指そう。

スポンサーリンク

なぜ年上女性は恋愛対象になるのか、その魅力とは?

一般男性が年下と年上のどちらを恋愛対象として支持するのかと言えば、確かに「年下女性」なのかもしれないが、ここ最近の「男子の草食化」によって、年上女性の魅力に注目する男子が増えている

恋愛に消極的な草食男子は、女性に対して「しっかりしている」という魅力や「甘えられる」という魅力に注目する。「引っ張っていってほしい」とまでは言わないまでも、本音ではそれに近い感覚を持った男子も増えてきた印象だ。以前と比べて、年上彼女に魅力を感じる層が男性の中に多くなったと感じる。

年上の女性が持つ魅力と年下の男性がアピールしたい魅力
「年上の女性は魅力的だ」と言う男性がいるが、実際のところどんな所に魅力があるのだろう? もし恋愛をした場合に、男性はどんなとこ...

上の記事は過去に書いた男性向けの恋愛記事だが、年下女性に魅力があるように、年上女性にも違う魅力がある。この自分の魅力をきちんと認識してアプローチに活かせることができるかどうかは大きいので、自信を深める意味でも読んでみてほしい。

年上女性の魅力を意識できれば、年下男性の落とし方にも活路が見えるのだけど、今回まとめている「年下男性を振り向かせる年上女性のアプローチ方法」で主に伝えたいのは、「年上女性が男性に甘える効果」についてだ。

恋を進めるために、年下のカレを振り向かせるために、年上の魅力と共に「女子として見られるためのアプローチ」を紹介していきたい。

なぜ年下男性との恋愛で「甘えること」が大事になるのか

年下男性を振り向かせたいと思ったときは、基本的に年上女性としての魅力をメインにアプローチする。年上っぽくない感じで仲良くなっていく方法をおすすめしないわけじゃないけど、相手の男性にもあなたへのイメージがあると思うので、ギャップを意識するほうが恋愛関係になりやすい

恋愛成就を目指す際、1つ上や2つ上くらいの場合は気にしないほうがいいのだが、3つ以上離れている場合は年上女性らしさを大事にしよう特にアプローチの最初は、お姉さん的コミュニケーションから入るほうが違和感なく距離が縮められるはずだ。

年上女性と年下男性という関係で仲良くなれたら、そこから先輩後輩の関係で終わらないために「甘える」というアプローチ方法をおすすめしたい。普段しっかりした年上女性が、仲良くなってから自分に甘えてくる状態は好意を感じるし、女子らしく感じて男性がキュンとする瞬間になる。

年上の女性は、同い年の女性や年下の女性に比べて、自立していて考え方もしっかりしている。男心への理解もあるため、付き合いやすいのは特徴と言っていい。関係作りの形も各カップルでいろいろあるため、女子をリードできない男性は、恋愛相手にしたときに心理的負担も減る傾向があるだろう。年上好きの男性からこういった話をよく聞く。

ただ、多くの恋愛が現実的に「年上男性と年下女性」との間で存在している面があるので、「第一印象で恋愛対象に見られにくい」という意識はあるのだろうと思う。「恋愛対象外?」と聞くと「恋愛対象だよ」と答えるが、「ガンガン自分から行くのか」と問えば、「そうじゃないかも」となる印象。

仲良くなるなり、何かきっかけがあれば恋愛対象になり得る年上女性というカテゴリーの女性は、逆に言えば何もないと「ナシじゃないけどあんまり意識しない」という状態になりやすいだからこそ「甘える」というアプローチ方法に効果が期待できるのである。

年上女性の甘え方、どんなアプローチが男子をキュンとさせるのか

年上の女性が年下の男子をキュンとさせる甘え方の基本は「男扱いする」ことだ。ギャップを意識してこれをアプローチに織り交ぜる。

年下男性との恋愛を進めるために、ここで男性心理を学んでおこう。男性が女性に甘えられたとき、下の5つのように感じる。

  • プライドがくすぐられる
  • 甘える女性がかわいい
  • 自分が必要とされてる
  • 自分だけに心を開いている
  • 弱い女性を守ってあげたい

あくまでも年上の女性として振る舞いつつ、ある瞬間に年下男性を男扱いするように甘えることで女性として見てもらえるようにアプローチでき、同時にあなたからの好意を伝えることができる。普段甘えることがない年上の女性から甘えられるからこそ、そこに意味を感じやすいのである。

年上の女性は「可愛さ」を前面に出していると年齢が不利に働くこともあるのだけど、「素敵な女性」として年齢を味方につけることで、アプローチはしやすくなる。甘えるのが特別な意味になるから、恋愛に必要な「あなただけ」という感覚も提供しやすいだろうし、仲が良くなったと確信させるのにも「甘える」という行動が実際の効果を生む。

このブログで何度も言ってきているように、恋愛関係は特別な関係である以上「ギャップ」を感じることは大切なことだ。それだけ理解の進んだ関係でないと、ただの友達や知り合いで関係が止まる。

年下の男性をキュンとさせるアプローチがしたいなら、「年上の女性らしさ」を魅力にしながら距離を縮め、甘えることで特別な好意を伝えてみよう。自分にだけ見せる姿にきっと彼はキュンとする瞬間ができるだろうし、意識するようにもなるはずだ。

年下男性の誘いを待つべきか、自分から年下男性を誘うべきか

好きな年下男性と関係ができてきた際、「どっちから食事やデートに誘うのか」という問題に悩むことがあると思う。女子から誘うと男性はどう思うのだろう?という不安はあるあるだ。

この問題の解決には、「それまでどんな関係作りを行ってきたか」に答えがある。つまり、自分がリードして関係を作ってきたのか、自分はきっかけだけで彼がリードして関係が深まってきたか、でどちらが誘うべきかの答えが変わるのである。

既に好きな人がノリノリで関係が深まってきた場合はデートのきっかけになる発言を織り交ぜながら誘いを待ってみよう。「連れてって!」「私も行ってみたい!」など、好きな人との会話が増えてくれば、デートのきっかけとなる発言に違和感はない。脈ありを伝えて恋愛を進める上でもぜひチャレンジしてほしい。

逆に「自分が年下男性をリードして関係を作ってきた女子」は、注意が必要だ。

それまでの関係が年上女性が主導であった場合、年下男性は誘い待ちになってしまうことが多いので、自分から誘う方が自然な流れとなる。関係作りにだけ積極的だと、せっかく恋愛を意識しやすい関係であっても、友達への道を進めていくことになってしまう。

ここまで説明してきているように、年上女性と年下男性の恋愛は女性側がリードして良い恋愛の形だ。むしろ、そこをあなたの魅力の一つとして、いやらしくない恋愛アプローチを目指すことで年上女性であることを恋愛の味方にしていきたい。

もし年下男性との恋愛をリードする形で進めている場合は、自分から好きな人を誘ってみよう。きっかけ作りよりも一歩先に進んだ「アプローチになるデートの誘い」が必要となる。最初は食事デートから始めると、仲良くなってきた段階ではそこまでハードルは高くないだろう。

脈ありなら相手男性も「誘ってほしい」と思っているので、それまでの関係作り同様、付き合うまでの「恋愛の後半」もリードできるように頑張ってみてほしい。下の記事は主に男性向けの記事となっているが、「好きな人の誘い方」についてまとめているので誘い方がわからない人は女性であっても参考になると思う。

中途半端なアプローチは引きずりやすいため、関係作りが進んできたら誘う勇気をもってほしい。

まとめ

今回は「年下男性を振り向かせる年上女性のアプローチ方法」をまとめた。なぜ年下に甘えると恋愛がうまくいくのか、その理由が分かっただろうか。

理想と現実のギャップではないが、いわゆる意識調査と実際の恋愛にはやはりギャップがある。「どんな条件の女性がいいか」という理想と「実際恋愛する女性」にはどうしたってギャップが生まれるため、「私のほうが年が上だから…」と何もできなくなってしまうのはもったいない

恋愛は結局のところ「相手次第」だし、「その恋愛毎に違う」ものだから、自分らしくアプローチすることを大事にしよう。年上女性がアリだと思う男子は増えているので、自信を失うことなく好きな人に頑張ってもらえればと思う。

年上らしい魅力に自信がない人は下の記事がおすすめだ。自分の恋愛傾向が分かり、恋愛アドバイスもしてくれる本格的な診断なので、あなたの恋愛に役立つだろう。郵送のものなので、真剣な人だけ読んでみてほしい。

年下男性との恋愛が社内恋愛なら下の記事を読んでみよう。

社内恋愛ができない人の特徴10選~あなたがなぜ会社で恋愛できないのか、なぜ社内恋愛が難しいのかを紐解く

社内恋愛のアプローチで片思いの時に気を付けること~同じ会社の人を好きになったら