恋愛における「情」と「愛情」の違いを考えてみる~好きなのか、情なのか

情と愛情の違いをイメージした画像

過去記事で「情で付き合うこと」をテーマにしたことがあった。

恋愛感情が具体的に説明しにくい言葉であるように、「好きかわからない」とか「好きじゃなくて情な気がする」とか、恋愛に「情」の概念を持ち出すと自分の感情であるはずの「恋人を思う気持ち」にさえ疑問を持つことがある。

もし今付き合っている彼氏や彼女との付き合いが「情で別れられないだけ」なら、あなたはその付き合いをそのまま続けていくだろうか。

好きだから一緒にいる人だった恋人の存在が、少しずつ変わっていったときに「情と愛情の違い」が自分の中であやふやになることもあると思うが、あなたならどんな風に違いを表現するだろう。情と愛情の違いに悩んだとしたら、どんな答えを出すだろうか。

この記事では、恋愛の専門家の立場で「恋愛における情と愛情の違い」について考えてみようと思う。

好きなのか、情なのか、明確に答えがあるものではないと思うけど、愛情と情にはどんな違いがあるだろう。情が湧いた恋人を思い浮かべて読んでみてほしい。

「可愛そうと思う」のが情、「守りたいと思う」のが愛情

恋愛を前提に「情と愛情の違い」を考える時に、一番に浮かんだことは「情=情け」と言う気持ちだった。

「可愛そう」という感情は好きな人にも持つものだけど、「可愛そうとだけ思う」のは恋愛している人の気持ちとして少し違和感がある。愛情があれば「守りたい」という気持ちも抱くものだ。

これは男性心理だったら本能的になおのこと思うことであり、一部女性の中には「守りたい」と思うこと自体が恋愛している時でも少ないという人がいるけど、そんな女性は「積極的に彼氏をどうにかしてあげたいと思うかどうか」に変換して考えても良い。

彼氏や彼女を意識した時、「可愛そうだから一緒にいる」のは、正に「情で別れられない典型例」だ。好きな人にも「傷つけたくない」という気持ちを持つものだから、これだけで明確に愛情と情の違いを表現できないが、「守りたい」という気持ちを代表とする「積極的に相手に関わりたい」と思う気持ちがなくなっているなら、「惰性」との関連性も強くなるようにイメージする。

「自分が居なくなったらどれだけ傷つくんだろう」
自分のことを大好きな恋人を持つと、自分が居なくなった時の相手を「かわいそう」という気持ちで、情だけの付き合いをしてしまう人がいる。

でも、彼氏や彼女に「かわいそう」という気持ちだけを持っているなら、まさに「情け」の気持ちである以上「情」ということになり、「守りたい」とか「救ってあげたい」という気持ちを持てないなら「愛情」がない状態のように感じる。

愛情を持つ相手には「かわいそう」と思った時、もしくはそう思う前に「何かできることがしたい」と思うものではないだろうか。

離れた時に「会わなくても大丈夫」なのが情、愛情を持っていれば会いたいと思う

「情で付き合っているのか、好きだから付き合っているのか」に迷った時は、「距離を置くこと」が有効な対処法になる。

ずっと一緒にいる状態の相手に対して自分の気持ちを見失うことはよくある話で、一緒にいることで色々と溜まってくることもあるし、近いほど見えなくなることも多いから、一度離れてみると自分の気持ちがはっきりする。

実際に彼氏や彼女と距離を置いた場合、離れている時に「会いたくなる」のが愛情を向けている状態である。

愛情があるなら精神的な繋がりだけでなく「触れたい」とか「触れられたい」とも思うこともあって、様々な感情と共に「会いたくなる」気持ちを持つ。(※ちなみに情だけなら「触れられるのが嫌ではない」くらいの気持ちになる)

もし愛情が情だけになっているとしたら、相手とは何かしらの繋がりがあれば良いので、「会わなくても平気」「会わなくても大丈夫」という気持ちになり易い。離れた時に相手が気にならないのも「情だけ」になっている時の特徴だろう。

完全に関係が切れてしまうことが、寂しかったり悲しかったりするだけなら、「情」しかない状態だ。愛情がある状態なら、どれだけ一緒にいることに慣れていても、たとえ多少の飽きがあったとしても、距離を取って離れた時に「相手の存在が自分に取ってどのような意味を持っていたか」を知る。

この時に、「あれ?」って不思議なくらい恋人がいない状態でも平気に感じる場合は、「情だけ」だった自分に気付く瞬間だ。

愛情を向けている相手なら、距離を置くことで急に気になり出したり、顔が見たくなるなど、気持ちの変化が恋愛を意識する内容に変わっていく。

情か愛情か分からなくなった人は、経験上、彼氏や彼女と距離を置いた状態で思うことが「情と愛情の違い」としてすごく大事なことだ。距離を置いたのに情か愛情か分からないなら、それはそれで答えが出ていて、愛情にしては自分が相手を気にする意識が低すぎる。その場合は、情だけで付き合っているのだろう。

「感情の起伏」で愛情と情の違いを考える

人の感情は、愛情のある相手に対して感情の起伏が大きくなる。いわゆる「喜怒哀楽」がはっきりし易いのだ。愛情があれば、他の人と比べて彼氏や彼女に感情が大きく動く。

対して、「情だけ」になってしまうと、感情の起伏がかなり穏やかになるのが特徴で、恋人の言葉や感情で自分の感情は大きく動かない。時にそれは、寂しさを感じるレベルで起こるもの。

カップルが情だけで付き合うようになると、ドキドキよりも安心感が完全に勝る状態となり、「こだわり」も特になくなるし、「嫉妬」に絡む感情もなくなるため、とにかくカップルらしい喧嘩をすることがなくなる。

カップルの間に問題だと感じることがあっても、情だけだからすぐに消化できることも多くて、どうでもよくなるのである。衝突して、気まずい思いをしてまで「伝えたいこと」がない状態は、「情で付き合う雰囲気」そのものである。

情と愛情の違いとして「無償性(※見返りを求めないこと)」はよく話題に挙がることだけど、特定の人に対して抱くのが愛情だから、その分実質的な「見返り」に固執することは決して少なくない。無償の愛を注げるのが愛情を持った状態であることを否定しないが、愛情の方が情に比べて自分に取って大事なものになり易い。失いなくない気持ちが強くなるから、ワガママのようなことを求めてしまう人も多いはず。

この点を踏まえて感情の起伏を考えたとき、情だけの相手には基本として「心配」がメインになるので、「求めない」のが大きい。自分の中で処理できないような感情も抱えないし、相手との関わりの中でいっぱいいっぱいになることもない。

穏やかさは幸せのひとつだから悪いことではないけれど、情で付き合っている時は居てくれるだけで良かったりするので、愛情がなくなって情だけになると、恋愛で抱きやすい感情はやはり無い状態だ。

しかし、だからと言って「ドキドキしない=愛情から情だけに変化した」とするのは間違いだと思っている。

慣れと安心感は長く付き合うようなカップルが時間の問題で経験することで、それが恋愛特有のドキドキを奪うのだけど、この状態で愛情がなくなって情だけになったということは言えない。

恋愛をしている時は常にドキドキするものではないから、付き合っている彼氏や彼女をイメージした時に安心感を抱くのは紛れもなく「幸せ」であり、ここは物差しにならないだろう。

そこで注目するべきが「感情の起伏」だと思うのである。

先ほど述べたように、愛情のある相手には、人が能動的になりやすい。自分の中に強い気持ちがあるからだ。実際に行動するかを置いておくとしても、「何かしたい」という気持ちが、相手の気持ちを考えるより自分の気持ちとして大きいので、積極的な感情が沸く。

情だけの相手には「頼られたら助けたい」とは思っても、自分から出張っていくことが稀だから、お互いに心の距離感を感じるものだ。個人的な性格も関係しているとは思うものの、共感できる人は多いのではないだろうか。

情と愛情の違いを考える際は、完全に愛情が冷めた状態ではないことが多い

この記事を通して「情だけで付き合う」と表現したところがいくつかあったが、情と愛情の違いを考える際は、「完全に愛情が冷めた」という状態では無いことが多い点に注意してほしい

私の経験を振り返っても、情と愛情の違いを考える際は「本当に好きと言えるのか」というレベルで悩む機会が多かったし、1000以上の恋愛相談を通しても、情と愛情の違いを考える際に「完全に冷めた」という人はほぼいなかった。

なぜなら、本当に情だけになってしまった人は、程なくして次のステージの悩みである「別れ」に頭の中が切り替わるからだ。自分の気持ちが情なのか愛情なのかに迷う人は、少なくても愛情が残っている状態なので、付き合い続けるべきか別れるべきかで悩むのである。

対処法に関しては前述しているように「距離を置くこと」が最も効果を期待できるが、それでも情と愛情の違いで悩み続ける人がいる。これも、「完全に冷めてない」のが理由になっている部分だ。

ただ、本来愛情をもって付き合っている彼氏や彼女を思い浮かべて、自分が持っているはずの「愛情」を疑う時は、「情」が勝っている状態なのはほぼ間違いないと思っている。別れるまで愛情が冷めたかどうかがポイントになっていることが多くて、後悔したくないから決断できないケースが本当に多かった。

情と愛情の違いに答えを出す際は、このことを念頭に、納得できるまで悩み続ける時間が必要になる。付き合いを続けることで大きなデメリットがないなら、自分の気持ちを確かめるために時間を使おう。

情で付き合う彼氏や彼女に罪悪感を持つこともあると思うが、長く付き合った恋人なら別れは人生の転機ともなりかねない。カップルには倦怠期もあるので、一時の気の迷いでダメにしてしまうのは後悔の元である。

この記事があなたの選択に役立てばうれしい。

まとめ

今回は「恋愛における情と愛情の違い」を考えてみた。
それぞれで答えが違っていても良い分野だと思うが、あなたはどう感じただろう。

恋愛につきものの「ドキドキ感」や「ときめき」「キュンとする瞬間」は、長く付き合うとどうしても失われやすい。それに代わって抱く感情が「安心感」や「信頼感」「充足感」だろう。

完全に移行していくかは人に寄るけど、カップルが長続きする内にウエイトは確実に変わっていく。

もし今付き合っている恋人との関係で「情と愛情の違い」が問題になった時は「距離を置くこと」が最も有効な手段になるので、煮え切らない気持ちが抱えきれなくなる時は試してみると自分の気持ちがはっきりしやすいと思う。

いずれにしても情と愛情の違いを考える時は完全に冷める前の状態だから、簡単に答えは出せないし、出すべきでもない。カップルには良い時期と悪い時期があるので、これまで良い付き合い方ができた相手なら悩む時間が無駄にはならないはずだ。

後悔しない、納得できる答えを出そう。

男性は下の記事も参考にしてみてほしい。

情か愛情か悩む中で「幸せじゃない」と確信している人は、下の記事も読んでみよう。

関連記事:

倦怠期 私の恋愛観
Brightfutureをフォローする
自分の結婚できる確率を理解する

結婚を具体的に考えるべき年齢は意外と若いって知ってましたか?結婚したいと思っている人は、自分の年齢によって変化していく「自分が結婚できる確率」を正しく理解しておくことが重要なんです。
下の記事では、総務省の国勢調査から年齢別・男女別に結婚できる確率を算出して、考察をまとめています。
後悔しないように、今の自分の結婚できる確率がどのくらいなのか把握しておきましょう。

恋愛のすべて
タイトルとURLをコピーしました