別れた恋人がすぐ結婚する時の理由~何で別れてすぐなのに他の人と結婚するの?

  ※ 当サイトはアフィリエイト広告を利用してます

別れた彼氏が他の女とすぐ結婚したことにショックを受けた女性が見つめる2つの結婚指輪

「付き合っていた恋人が、自分と別れたあとすぐに結婚した…」

別れたばかりの元カノや元彼があっさり結婚するという、大きなショックを受ける展開が、実は現実として経験している人が少なからず存在する。

なぜなら、恋人と別れた直後のスピード婚は、ただの偶然ではなく、理由が説明できるパターンが複数あるからだ。

元彼や元カノについては、たとえ冷めた後でも “その後” がちょっとは気になるもので、長く付き合って別れた後にすぐ結婚されたり、別れた後も好きだった元彼や彼女があっさり結婚するとモヤモヤが止まらない。

しかし、付き合っていた元カレや元カノが別れてからすぐに他の人と結婚する理由とはどんなものだろう?

この記事では、付き合っていた彼氏や彼女が別れてすぐに結婚したという人のために、「別れた恋人がすぐ結婚する時の理由」について徹底解説する。

付き合っていたと言え「腐れ縁」だったのなら納得できそうだが、長く付き合った元彼の結婚や元カノの結婚は「乗り換え結婚」という言葉だけじゃ説明が不足している。

次付き合った人と3か月とか半年で結婚するのは「スピード婚」の範疇だが、どんな理由や心理で結婚したのか、あるあるなパターンから理由をまとめてみよう。

  1. 「結婚を意識した」という理由で別れる選択をした人は、元彼や元カノと別れた後すぐに結婚する
    1. 元カノや元カレがあっさり結婚した場合は別れる前から結婚を意識していた可能性があり、別れた理由になっている場合もある
    2. 結婚観の違いで別れるカップルは、結婚を意識した方が別れてすぐに結婚する
    3. 結婚観の違いで別れた彼氏や彼女は、次の恋人を選ぶ際に結婚観の一致を条件にするから別れてすぐに結婚できる
  2. 腐れ縁で付き合っていたカップルは、新しい彼氏や彼女とすぐに結婚するパターンを経験しやすい
    1. 腐れ縁で付き合っていた状態で結婚相手候補と出会うと、別れて結婚する選択をする
  3. 別れてすぐに結婚した元カレや元カノは、「好きな人がいたから別れたパターン」を疑う必要がある
    1. 元カノや元カレが浮気してたから、自分と別れてすぐに結婚した
    2. 振った元彼や元カノが別れてすぐ結婚した時は、結婚しなくて良かったと思うこと
  4. 別れた元カノや元彼があっさり結婚するパターンでは「デキ婚(授かり婚)」も多い
    1. 元カレや元カノがデキ婚なら、交際期間がほぼ関係なくなるので、あっさり結婚したと思うような結婚をする
    2. 自分から結婚を選んだ場合と、結婚を選ばざるを得なかった場合では、離婚率が違う
  5. 元カレや元カノを振った後にすぐ結婚されるパターンはどんな理由が一番多いのか
    1. 別れた元カレや元カノが社内恋愛で付き合うとお互いに良く知ってるだけにあっさり結婚するパターンが多い
    2. 元カノや元彼に振られた後、信頼している人からアプローチを受けると、精神的には好きになりやすい状況もある
  6. 別れた後すぐに結婚した恋人は「運命の出会い」が理由?
    1. 元カノや元カレがあっさり結婚する時は、長く付き合わないでも結婚したいと思える運命の人と出会った可能性がある
  7. 元カノや元カレなど、短い交際期間でも結婚を決められる相手と復縁すると結婚が早い
    1. 別れた恋人が元カレや元カノと復縁するとあっさり結婚することがよくある
    2. 昔付き合っていた人と結婚適齢期に再会すると、付き合い始めた場合にすぐ結婚するパパターンが多い
  8. 結婚まで考えた元カノや、結婚を考えた元彼と別れた人は、失恋を割り切るために出会いを増やすパターンからすぐに結婚することがある
    1. 「長く付き合った」「結婚を考えていた」という人がいたのに別れてすぐ結婚する人は、別れたことで価値観の変化を起こしている可能性がある
  9. 別れてすぐに結婚する恋人は「婚活」を利用した「乗り換え結婚」も多くなっている
  10. 別れてすぐ結婚する男や女へのQ&A:元カノや元彼があっさり結婚した時に、よくある質問と答え
    1. 別れてすぐ結婚する男や女は失敗して不幸になる?やっぱり幸せになっちゃうの?
    2. 元カノや元彼があっさり結婚した理由が「デキ婚」だったら、離婚する?
    3. 別れてすぐ結婚する男や女に後悔させたい、どんな方法がある?
    4. 結婚すると思ってた人と別れた後に相手がすぐ結婚した、こんな時はどんな考え方をすればいい?
  11. まとめ

「結婚を意識した」という理由で別れる選択をした人は、元彼や元カノと別れた後すぐに結婚する

別れた元カノや元カレがあっさり結婚する場合は、そもそも前の恋人と別れた時点で「結婚のこと」を考えていた可能性がある。

元カノや元カレがあっさり結婚した場合は別れる前から結婚を意識していた可能性があり、別れた理由になっている場合もある

結婚を意識した人は、その時点で付き合ってる恋人を結婚相手(候補)として見るようになるけど、結婚観が合わなかったり、結婚相手としてふさわしくないと思うと、好きかどうかと別次元のところで、別れる選択をすることがある。

つまり、元カノや元カレがあっさり結婚した場合は、別れる前から結婚を意識していた可能性があり、場合によってはあなたと別れた理由が「結婚したいと思ったけど、結婚相手に選ばなかった(選べなかった)から」かもしれないということ。

  • 結婚を意識してない男性や女性=恋人に愛情があり、楽しく付き合っているなら別れない
  • 結婚を意識した男性や女性=恋人を「結婚したい相手かどうか」で見るようになり、その点が何らかの理由で否定されると、持っていた愛情を度外視して別れることがある

結婚を意識したとしても、結婚相手は理屈で選ぶだけじゃないし、好きで付き合っていて楽しい交際になってるなら悩む期間は長くなるのだが、結婚願望のある人(結婚願望が強まった人)は、カップルの雰囲気が悪くなったり、喧嘩した時などに「将来を考えられない人とは別れた方がいい」と思いやすい

結婚を意識した人は交際する相手を結婚相手として判断するような見方もするので、そこで冷める面も関係している。

もし、あなたが別れた元カレや元カノが「結婚相手を探す(結婚できない人との交際をやめる)ため」に別れた場合は、その後の展開によって別れてすぐ結婚する可能性が高いパターンだ。

結婚観の違いで別れるカップルは、結婚を意識した方が別れてすぐに結婚する

「別れた恋人がすぐ結婚した」という経験をした人が珍しくないのは、結婚への意識が “別れの理由” に関係しているからである。

結婚したいと思うきっかけは、タイミングの問題や自分の気持ち的なもの、世間や家族の目などなど色々な理由があるのだが、悩んだとしたらとても深い悩みになるのが「結婚」にまつわる話である。

こんな背景もあり、長く付き合った恋人と「結婚」を本気で考えた人(検討の意味)は、結果として真逆の選択、つまり「別れ」を選ぶことがある。

結婚を具体的に考えることが別れの理由になるのは本人としても辛いけど、恋人への見方が変わったら気持ちが変わるのは自然なことの範疇ではある。

さらに、結婚相手として問題がなかった、むしろ結婚したいと思った人であっても、結婚観の違いから別れを選ばざるを得ないケースもある。

結婚を意識した人は、結婚するつもりがない彼女や彼氏と別れて他の人と結婚するケースもあるため、このパートで解説している内容は非常に複雑だ。下の2つの流れもぜひ確認しておいてほしい。

  • 結婚を意識した人→結婚のことを具体的に考えていく→結婚するつもりがない恋人と価値観が合わないで別れる選択肢を選ぶ
  • 結婚を意識しない人=結婚はまだ先というイメージのまま抽象的→結婚したくないのに結婚したがる恋人に飽き飽きする

この場合は、冷めたなど、他の言い訳で別れた場合も、実は結婚観の違いだったということがあるから、もし元カレや元カノが別れた後にあっさり結婚したことで自分たちが別れた時のことを思い出したら、少し深めに考察しないと真実とは違った答えにたどり着いてしまうことがある。

いずれにしても、結婚して一生付き合っていくことを考えた時に相手として問題があったり、結婚観に違いがあったり、家族観とか価値観の違いなど、結婚にまつわる色々なことと本気で向き合うと、人は出発した方向(結婚)とは真逆の答え(別れる)に辿り着くことがある。

ここは、カップルの意識の違いだけが問題ではなく、「結婚のことを考える」ことが交際を続けることの否定になって別れへと繋がっていくイメージだ。

そうなれば、次の彼氏や彼女とすぐに結婚する理由は、「結婚したいと思える相手と付き合うから」だとも言える。

結婚したいと思った人が、何らかの理由で結婚できない恋人を振ると、次に付き合う人は「結婚したい人であって、結婚相手にふさわしい人」を選ぶことは、想像に難くない。だから、別れてすぐ結婚するのである。

元カノや元カレがあっさり結婚したように見えても、実はそれまでの軌跡をたどると、別れてすぐ結婚する理由が明確にある場合が多く存在する。

結婚観の違いで別れた彼氏や彼女は、次の恋人を選ぶ際に結婚観の一致を条件にするから別れてすぐに結婚できる

一度結婚を本気で考えた人は、自分がどんな人と結婚したいのかとか、どのような人を望んでいるかが見えてくるので、次に付き合う人は結婚を意識した人になる。

自身の結婚観が明確になる中で、さらに新しい彼氏や彼女に結婚観の一致を条件にすることが多いから、次付き合った人と別れてすぐなのに結婚する。

結婚まで考えた人と別れてすぐに結婚するのは、はたから見ると不自然だけど、本人としては「違う相手と結婚のことを考えていた時間の量」がそのまま新しい彼女や彼氏とスピード婚する理由となる。

元カノや元カレがあっさり結婚すると「いつの間に!」と思うけど、実は自分と付き合ってる時期から具体的に考えていたということが珍しくない。

2年や3年などの長く付き合った場合に多いパターンだけど、結婚観の違いで別れた人は、次に付き合う人と強く結婚を意識した中で交際をするので、別れた後すぐにでも結婚する人がいるのだ。

意識的に結婚を前提にして恋愛をするという場合もあるから、結婚適齢期に結婚したい彼女や彼氏と別れた人は、わずか数か月後に結婚する元カノや元彼に驚く経験をすることがある。

腐れ縁で付き合っていたカップルは、新しい彼氏や彼女とすぐに結婚するパターンを経験しやすい

あっさり結婚した元カレ、別れてすぐ結婚した

1つ目の見出しで解説した「結婚を意識したから」という理由で別れた後すぐに結婚するパターンは、付き合っていた頃に腐れ縁のようになっていたケース(=強い愛情は冷めたのに何となく付き合ってる状態だった時)で最も多い。

期間の目安は1年以上付き合った人であることが最低条件で、2年や3年以上の交際期間でよくある話だ。

「長続きしたから結婚する」
これは半分正解で半分間違いの考え方になっていて、確かに長続きしたカップルはその長い交際期間が結婚生活に自信を持つ理由になるし、一生一緒に居たいとの気持ちを持つ理由になるが、幸せに付き合っていないカップルは長続きしても腐れ縁のようになってしまうことがあり、この場合はむしろ交際期間の長さが結婚を遠ざける面がある。

情で付き合う男性心理とは~情だけで付き合うってどんな意味?愛情はないの?
「情で付き合う」というと、惰性で付き合っているだけのように思えて、恋愛的な意味で考えると寂しさを感じる言葉だ。 カップルも人間関係の一つだから、付き合いが長くなることで情が沸くのは事実で、男性心理では彼女に情が移ることがある。 そん

腐れ縁で付き合っていた状態で結婚相手候補と出会うと、別れて結婚する選択をする

腐れ縁と言っても、カップルとして付き合っているなら情が理由で「別れられない」と思うものだが、「そろそろ結婚しないと…」と考えるようになれば、結婚相手候補と出会った時に腐れ縁になっていた彼氏や彼女を振る。

次に付き合った人とすぐ結婚した場合は、その結婚相手の候補が現れたから、それまで腐れ縁で付き合っていた恋人と別れる決断をして、順調なお付き合いが結婚に繋がったのかもしれない。

カップルは長く付き合うことでだんだん愛情から情に変わることもあるし、気遣いや思いやりが欠如して惰性で付き合ってることもあるので、関係に甘えた状態が長引くと、恋人は結婚できる相手を見つけていなくなるパターンがある。

もし「あんなに長く付き合っていたのに、元彼・元カノがすぐ結婚した」というケースだったら、2人の交際期間の意味をもう少し深く考察してみるべきだろう。何となく続いていただけなら、相手にとっては深い意味がなかったかもしれない。

結婚を考えた人と別れた場合は、自分の付き合い方が正しかったのか振り返ってみるべきで、元カノや元カレがあっさり結婚した場合は自分自身にも原因がある場合がある。

別れてすぐに結婚された時は、あなたと付き合いながらも、自分の人生について悩んでいた可能性がある。

結婚の意思が無い彼氏…このままだらだらとした付き合いを続けてもいいの?20代から30代の「結婚願望のない男性」とのお付き合いについて
結婚の意思がない彼氏と付き合うと、「ダラダラと付き合っている」って感じがして、結婚願望が強い女性ほど悩みになってしまう。 「私は、このままで幸せになれるのかな…?」 「結婚する気がない彼氏と付き合っていたら後悔するかもしれない…」

別れてすぐに結婚した元カレや元カノは、「好きな人がいたから別れたパターン」を疑う必要がある

自分と別れた後すぐに結婚した彼氏や彼女には、「他に好きな人がいたから」という別れの理由を疑う必要もある。

元彼や元カノのスピード婚が「出来過ぎている」と感じる時は、やはり何か裏があるものだ。

元カノや元カレが浮気してたから、自分と別れてすぐに結婚した

振られた後すぐに結婚されるパターンは、浮気していた可能性をはらんでいるし、他に好きな人ができたことが別れのきっかけになっている可能性がある。

別れる際に正直な理由を話さないのは「優しさ」なのだろうが、本当にこの理由で別れを決めたのなら、嘘をついて別れたことは「ずるい」を通り超えて「卑怯」と言う他ない。

別れてすぐ結婚した元カノや元カレに対しては、浮気の問題を最初に考えた人も多かったと思うのだが、あえて他の理由の説明から入ったのは「相手にも色々な事情が考えられる」ということを知ってほしいからだった。

しかし、「別れたばかりなのに、なんでそんなに早く結婚できるの?」と疑う気持ちが大きい時は、やっぱり認めたくない理由が存在していることが多く、自分と付き合っている頃から他の人と結婚する過程が始まっているケースも散見される。

振った元彼や元カノが別れてすぐ結婚した時は、結婚しなくて良かったと思うこと

ここを読んで具体的に怪しい行動や態度が浮かぶとムカつく人が多いと思うし、裏切られていたとショックを受けることもあると思うけど、別れてすぐに結婚した元カレや元カノが浮気をしていたのなら「結婚しなくて良かった」と思うべきだ。

一度浮気したら浮気を繰り返す傾向があるし、浮気症な人は結婚するべきではない「一途じゃない人」だ。「すぐ結婚したらすぐ離婚する」くらいに思っておく方が良い。

もし振った元カノや元彼が別れてすぐに結婚した時は、結婚するまでの交際期間が短い時ほど、ある意味「結婚を軽んじている人」と言える。こんな人と結婚してもその後は知れているだろう(詳しい解説はこの記事のラストで行う)。

特に結婚の話まで出ていた状態で浮気されたのなら自分の一生のパートナーとしてふさわしくない人だから、本当にこの理由で別れた後すぐ結婚した元彼や元カノがいる人は、引きずる期間が長くならないようになるべく早く気持ちの整理をするべきだ。

最初から他の人と結婚するつもりで別れたパターンがあるのはつらい事実だが、もしこれに該当する人は、元彼や元カノを引きずるのがもったいない。

どうしても落ち込んでしまう人は、未来の彼氏から裏切られることがないように、下の記事を読んで前向きに恋愛力を強化しよう。

別れた元カノや元彼があっさり結婚するパターンでは「デキ婚(授かり婚)」も多い

別れた元カノや元彼があっさり結婚するパターンでは、「デキ婚(授かり婚)」も多い。

相手の性格や人間性を考えて、「こんなにあっさり結婚するのはおかしい」と思ったら、できちゃった結婚だったからかもしれない。

前の恋人と別れて付き合ったばかりであっても、子供ができたら結婚に踏み切る人が男女ともに多く、特に最近は「授かり婚」と言葉を変えてきている関係で「デキ婚」のイメージが改善され、結婚の道を選びやすくなった。

デキ婚と授かり婚の違いは「同意の有無」と言われているけど、実際は都合良く使い分けされているだけだ。

元カレや元カノがデキ婚なら、交際期間がほぼ関係なくなるので、あっさり結婚したと思うような結婚をする

元カノがあっさり結婚した場合や、元カノが別れてすぐ結婚した場合は、子供の有無を確認できると良い。

もし交際期間が短い中の授かり婚だったら、結婚の決め手は「子供」である以上、今後の夫婦生活は未知数だ。

不幸になることも考えられるし、夫婦生活がすぐに破たんする可能性も高い。

きちんと責任をとって結婚することは良いことかもしれないけど、別れてすぐ結婚する理由が子供であったなら、元彼・元カノにはなかなかに厳しい未来が待っているかもしれない。

自分から結婚を選んだ場合と、結婚を選ばざるを得なかった場合では、離婚率が違う

交際期間が短いカップルでも、自分から結婚を選んだ(お互いに結婚したいと思い合った)場合と、結婚を選ばざるを得なかった場合とでは、将来の離婚率が違う。

では、なぜデキ婚で離婚率が高まるかと言うと、以下の2つが理由だ。

  • 結婚する覚悟が決まらないまま結婚の流れになるから
  • 深いところの相性を含め、お互いのことをよく知らないまま結婚するから

別れてすぐ結婚する場合であっても、お互いに結婚する気持ちを固めて、きちんと良く知り合ってから結婚するなら離婚率が高いということはないのだが、交際期間が短い中の授かり婚は将来のことを考えると問題点が多い。

もし、元カノや元カレがあっさり結婚した理由が「授かり婚」であったのなら、「本当に結婚したかったのかな?」と考えてみるべきだろう。

相手からしたら予期しないことだったかもしれない。仕方なく結婚するわけじゃないのだろうが、どこまで積極的に結婚したいと思っていたかは疑問である。

元カレや元カノを振った後にすぐ結婚されるパターンはどんな理由が一番多いのか

別れてすぐ結婚する理由を考えている女性

自分から振った彼氏や彼女が別れてすぐに結婚するパターンは、「近くにいる異性」が最も結婚相手になりやすい。

既によく知っていて、コミュニケーションも問題ない相手なら、元カノや元彼と長く付き合って別れた後、すぐに結婚する相手としては納得できる相手かもしれない。

彼氏や彼女と付き合っていた頃は友達として付き合っていた人と、別れた後で付き合うケースは王道的な展開だ。

別れた元カレや元カノが社内恋愛で付き合うとお互いに良く知ってるだけにあっさり結婚するパターンが多い

例えば、社内恋愛の場合は「相手に彼氏がいるから」「相手に彼女がいるから」との理由で止まっている恋愛感情がよく存在していて、その恋人と別れたことをきっかけに付き合い始めるケースがある。

好きな人に彼氏・彼女がいるなら付き合いたいと思っていたわけじゃないけど、別れたのならチャンスができる。いいなと思っていたなら、お互いの気持ちときっかけ次第で急接近する場合があるのだ。

  • 気になった人が恋人持ち=諦められない時は気持ちを温めるだけで、友達として接する
  • 気になった人が恋人と別れた=友達でいないといけない事情がなくなったので、好意を伝えるためにアプローチする

もともと近くにいた異性は人間性をよく理解できているので、2人とも結婚適齢期に達している場合、付き合いたてであっても恋人同士として問題がなければ結婚が早いのが特徴だ。

交際期間が短くても、友達期間が長かったら、あっさり結婚しても結婚生活がうまくいく傾向もある。

社内恋愛に限らず、お互いに信頼関係が既にできていると、20代後半から30代前半のカップルは付き合い始めからスピード婚になるケースが非常に多い。

元彼がすぐに結婚した、元カノがすぐに結婚したという場合は、あなたと付き合っていた頃から友達関係だった(親しかった)場合が多いだろう。

元カノや元彼に振られた後、信頼している人からアプローチを受けると、精神的には好きになりやすい状況もある

振った彼氏や彼女が別れてすぐに結婚したという場合は「裏切られた」と感じる場合があったり、後悔する人もいて複雑だが、相手目線に立つと失恋した後の優しさは心に響きやすい。簡単に言うと、別れたばかりの時は心理的に落ちやすい状況になっている。

付き合っていた人が近くの異性からやんわりした好意を受けていた場合、失恋後すぐに結婚するというパターンがあるのは、「別れたことで好意を持っていた人がアプローチを始めること」と、「アプローチを受けた時に好きになりやすい心理状態にあること」の2点が理由だ。

別れが人生の転換点であるのは間違いないが、その際にもう一歩進んだ変化が起きれば、「別れてすぐにいきなり結婚する」ということも実は起こりやすい。

別れてすぐ付き合う人は悪い噂も立てられやすいが、それを乗り越えるほど好きになったのであれば、付き合ってすぐあっさり結婚するパターンになってもおかしいとは言えない。

別れてすぐ付き合う人はどう思われるのか~周りの見方と幸せへの選択
別れてすぐに告白されたり、別れたばかりなのに気になる人や好きな人ができた人は、「別れてすぐ付き合う」ことに様々な不安を持つことがある。 人の目が気にならないくらい好きになったらその限りではないかもしれないが、大学生以降、特に社会人にお

別れた後すぐに結婚した恋人は「運命の出会い」が理由?

最近は、結婚することに対して、付き合った期間はあまり関係ないと考える人が増えた。

芸能人のスピード婚も当たり前になって、交際期間が短い結婚を否定する考え方が減ったのだが、あなたはどう思うだろう?

「結婚する」ということ自体が、一般的なライフプランから一つの選択肢になってきており、事実婚も認める人が増えて、昔ほど形式に囚われなくなった人は増加傾向だ。

そんな時代背景を鑑みると、別れた後ですぐに結婚する理由に「運命の出会い」は重要なきっかけとして紹介するべき事柄である。

元カノや元カレがあっさり結婚する時は、長く付き合わないでも結婚したいと思える運命の人と出会った可能性がある

結婚はやはり勢いである。あるインタビューに答えた芸能人は、結婚した理由を聞かれて「正気を失ったんでしょうね笑」と答えていたのが印象的だったが、「(自分が結婚する人は)この人だ」と思う時に理屈はあまり通用しないところがある。

結婚の理由を説明することはできるとしても、本人に取ってそれは後付けの理由に過ぎないという場合もありふれているのが現実だ。

現実的な話が多くなる「結婚」に対して “運命の出会い” なんて言ってしまうと途端にメルヘンチックではあるが、スピード婚が成立するのに「勢い」は絶対的な条件だ。ある出会いが衝撃的なものであれば、すぐに結婚する勢いは付きやすい。

「ビビビッ」ときたのが、たとえ出会いの瞬間ではなくても、交際中のいずれかのタイミングでそう感じることも、今回の「別れてすぐ結婚した人」の理由の一つとなる。

元カノや元カレがあっさり結婚する時は、長く付き合わないでも結婚したいと思えるような “運命の人” と出会った可能性があり、「最高の相性の相手」だったり、「理想の人」との出会いが別れてすぐに結婚する理由になってることがある。

別れた恋人がすぐに結婚すると自分との交際との因果関係を考えてしまうけれど、それとはまったく次元の違うところで相手が結婚した可能性があることは理解しておこう。

別れた後のさみしさが次の恋愛に影響する場合も多いから、あなたが元カノや元カレと別れたことが結婚と繋がってないとまで言えないけど、実際は本当に大好き同士になると付き合って半年から1年くらいの結婚が一番勢いがつくパターンではある。

運命のパートナー9つの特徴!運命の人に出会った時のサインとは?
「運命のパートナーってどんな人なんだろう?」 「もし運命の人と出会ったらどんなサインが出るの?」 「運命の人と出会うとお互いに感じる?」 女性から恋愛相談を受けると "運命の人" に関する話がよく話題に上る。あなたも、もっと長く一緒に

元カノや元カレなど、短い交際期間でも結婚を決められる相手と復縁すると結婚が早い

元カノと結婚した元彼

結婚を決定付けるのに、「この人となら一生一緒にいられる」と確信することは大事なことだから、交際期間が短いとどうしても相手のことは深くまで理解できないまま結婚を決めることが大きなリスクだけど、よく知った相手なら結婚後の確信は得やすい

先ほどは「自分に近い異性」を社内恋愛の例で紹介したが、その意味で言えば、職場の同僚や先輩後輩、上司部下の関係以外に、「昔付き合っていた人」もよく知った相手だ。

別れた恋人が元カレや元カノと復縁するとあっさり結婚することがよくある

あなたと別れてすぐに結婚を決めた彼氏や彼女は、昔付き合っていた元彼・元カノなど、一生一緒にいられる確信を得るのに、実はちゃんとよく知るだけの付き合いがあった人が相手だったかもしれない。

世の中では「元彼が元カノと結婚した」とか「元カノが元彼と結婚した」ということが実際にたくさん起こっている。

この理由なら結婚をすぐに決めたことにも納得できるし、日常にもあり得る展開だ。別れた恋人がすぐに結婚する時の理由として「元彼や元カノとの再会」も挙げておくべき事柄である。

元カノと再会したらまた好きになるのか~元カノと再会する男性心理と、元カノと久しぶりに会ったその後
あなたは、元カノとの再会をどんな感じでイメージするだろう? 繋がりのある彼女と付き合った場合は自然にまた会うこともあると思うけど、一度完全に関係なくなった元カノとの再会に経験はあるだろうか? 元カノと久しぶりに会う機会としては、同窓

昔付き合っていた人と結婚適齢期に再会すると、付き合い始めた場合にすぐ結婚するパパターンが多い

交際ゼロ日で結婚をするカップルは世の中に珍しいとはいえ、昔付き合っていた人なら「交際期間」は関係なくなる。

過去の恋人と再会すると、お互いが結婚を意識する年齢になったからこそ感じることが変わる部分があり、再会から一気に結婚まで行きつくカップルも出てくる。

たとえば、20代前半で付き合っていた男性や女性と20代後半で再会すれば、お互いの成長を感じたり、付き合っていた当時の反省がお互いに重なったりして、復縁からあっさり結婚するケースがそこそこある。

「時間は人を変える」という言葉は真実だが、決して悪い意味ばかりではない。良い意味で昔と変わったと思えば、「前に付き合っていた人との再会」が別れてすぐに結婚する人の理由になる。

結婚まで考えた元カノや、結婚を考えた元彼と別れた人は、失恋を割り切るために出会いを増やすパターンからすぐに結婚することがある

結婚まで考えた元カノと別れた男性や、結婚を考えた元彼と別れた女性は、人生の転機を迎えていて、失恋した気持ちを割り切るための行動が必要になっており、その一つに「出会いを増やして新しい彼女や彼氏を作ろうとするパターン」がある。

実際、失恋した時に一人じゃいられない心理になる人は女性だけじゃないし、今は出会いを作ろうと思ったらマッチングアプリも充実している。

別れた彼氏や彼女がすぐに新しい恋人を作って結婚したのなら、あなたとの別れがきっかけで恋活・婚活したのかもしれない。

特に振られた立場だと「見返したい」とか「仕返し」の意味でマッチングアプリに登録することも多いため、振った振られたに関係なく「結婚を考えていた人と別れたこと」がそれまでの生活を変えるきっかけになるのが特徴だ。

しかも、長く付き合って別れた人がすぐ結婚する時は、価値観の変化も起こっているので、別れた後であなたが予想するような行動を取らないケースが目立つから注意が必要だ。

「長く付き合った」「結婚を考えていた」という人がいたのに別れてすぐ結婚する人は、別れたことで価値観の変化を起こしている可能性がある

元カノや元彼がマッチングアプリを使わないタイプだと思っていても、あなたとの交際期間が長くて将来を考えるほど密接な付き合い方をしていた場合は、「別れたことによる価値観の変化」が必ずと言えるほど起こっている

そのため、この項目は意外とたくさんの人が該当しているポイントである。

フリーになれば紹介も増えるし、新しい出会いに「忘れたい気持ち」を乗せることがあるから、本当に色々なタイプに「別れた後にすぐ彼氏を作る、彼女を作る」ということが起こっている。

恋活なら新しい恋人と付き合ってすぐ結婚するイメージはないと思うけど、様々な条件で出会う人を選べるマッチングアプリでは、恋愛的な好みだけじゃなく、結婚観や将来観、ライフプランまで一致している人と出会うことも可能だから、普通の出会いよりは結婚が早い。

結婚すると思っていた人と別れた人は、性格を超えて「何かをしたい」と思うこともあるから、こんな可能性も考えてみよう。恋活よりも婚活した方が別れてすぐ結婚する人が多いので、次で解説する。

日本で一番大きいマッチングアプリは、累計2000万人の会員数を誇る「ペアーズ」である。どんなものか使ったことがない人は、無料登録で相手検索ができるので、試してみると良いかもしれない。ちなみに、女性はすべての基本的な機能を無料で使うことができる。

別れてすぐに結婚する恋人は「婚活」を利用した「乗り換え結婚」も多くなっている

乗り換え結婚した元カノ、元彼と別れてすぐ結婚した

男性にも一定数存在するが、特に女性は「結婚する年齢」を気にする傾向が強い。「30歳までに結婚したい」とか「35歳までに結婚しないとヤバイ」などの話を一度も聞いたことがない人はきっといないだろう。

ただ、この結婚する年齢については、長く付き合ってる人がいると「相手の問題」だと思ったり、「結婚に焦ると余計に婚期が遅れる」と思って、成り行きに任せがちだ。

しかし、結婚を考えた人との別れを経験したり、長く付き合った彼氏と別れた経験をすると、自分の年齢を見つめ直し、「婚活を始めるきっかけ」になることがよくある。

長く付き合った彼氏との別れを機に婚活を始めると、出会う相手も結婚を強く意識した人だから、結婚に条件を求める人も短期間で「自分に合った相手」を見つける。

実際に婚活サイトをみていると、世間で常識とされている交際期間よりもかなり短い交際期間で結婚を決めている人が多い。データを確認すると、もし長年付き合った彼氏や彼女が婚活を始めたのであれば、わずか数か月であっさり結婚することが普通にあるのが分かる。

【結婚するまでの交際期間のデータ例】

  • 一般的なカップル:約4.59年
  • 婚活カップル:約8.9か月(入会から成婚脱退の期間は6か月~13か月)

(ソース:国立社会保障・人口問題研究所、オーネット)

結婚をしたいと思ったからそれまでの恋人を振って婚活を始める人がいたり、恋人に振られたことが一種の行動意欲を沸かせていたり、理由は色々だけど、恋人との「別れ」は何かしらの選択をさせるところがある。結婚を考えた彼女や彼氏と別れたことが、いわゆる「人生の転機」になる感じだ。

婚活を始めるとお互いに結婚をしたいと思っている中の出会いがあるため、相性やその他もろもろが印象としてピタッと合えば、早くに結婚する方が自然な流れだ。何を大事にするかでも違ってくる部分であり、結婚を迷う期間については正解のないところである。

結婚したいと思って付き合っていた人と別れた人は、その精神的ショックを癒した後、自分の人生もきちんと考えるように前向きな自分に変わっていこう。

結婚を一度意識すると恋愛観も変わると思うので、「出会い」はしっかり作っていくべきだ。素敵な人との出会いが傷を癒すこともあると思うので、ふさぎこまないようにしてほしいと思う。

結婚願望がありつつも、「私なんて…」と自信を失ってしまった人は、CMでもお馴染みのオーネット(旧 楽天オーネット)の「結婚チャンステスト」を受けてみると良いかもしれない。このテストでは、業界最大級の会員数を誇る結婚相談所の会員から、あなたにピッタリ合う相手が本当に婚活の場に存在しているのか、無料で診断してくれる。

別れてすぐ結婚する男や女へのQ&A:元カノや元彼があっさり結婚した時に、よくある質問と答え

最後に、別れてすぐ結婚する男性や女性、元カノや元カレがあっさり結婚した時について、よくある質問とその答えを解説する。

別れてすぐ結婚する男や女は失敗して不幸になる?やっぱり幸せになっちゃうの?

別れてすぐ結婚する人は、交際期間が短い中で結婚することになるが、失敗するかどうか、不幸になるかどうかは、交際期間だけでは分からない。

元カノや元彼があっさり結婚した場合でも、幸せになれることはある。

ただ、結婚は一生の事を決める以上、なるべく多くの判断材料が必要で、それが集まるまでは期間がいるのも事実だ。

昔付き合っていた人と結婚した場合や、友達付き合いが長かった人と結婚するなら、十分に判断材料が揃っていると思われるが、あなたと別れてから知り合った人とすぐに結婚した場合は「短い時間でテストを解いた時」と同じように、不正解の確率が高まる。

最終的にはその2人の相性やお互いの人間性を加味しないといけないので、第三者から言えることは限られてるけど、健やかなるときも病める時も愛し続けるということは容易ではない。

絆や積み重ねた時間の下支えが必要になる局面もあるから、「別れてすぐ結婚」が半年前後だったりするなら、必要なものが足りない可能性はある。

元カノや元彼があっさり結婚した理由が「デキ婚」だったら、離婚する?

前述している通り、元カノや元彼があっさり結婚した理由がデキ婚であったのなら、他の理由だった場合と比較して離婚率は高い。

ただし、一つだけ例外があって、あなたの別れた恋人が「子供が好きだった場合」は夫婦生活がうまくいきやすい傾向がある。

夫婦にとって「子は、かすがい」と言われるように、子供への愛情から絆が深まり、夫婦仲が良くなることは往々にしてあることで、子供好きの人の場合はその傾向がさらに強い。

子供が欲しかったと思っていた人は予期しないデキ婚にも覚悟が決まるし、2人ともが子供好きなら家族として絆を深めていくことが想定されるので、離婚しにくいだろう。

別れた元カレや元カノの今後が気になるなら、「子供を望んでいたのか」という部分をピックアップして考えてみると良い。

別れてすぐ結婚する男や女に後悔させたい、どんな方法がある?

別れてすぐ結婚する男や女に後悔させたいなら、下の7つの方法がおすすめだ。

  • 自分磨きをして見返す
  • イメチェンをして新鮮な自分をアピールする
  • 昔の自分とのギャップを魅力的に表現する
  • SNSでリア充アピールをする
  • 元カレや元カノ以上の人と付き合う
  • 連絡を取って誘惑する
  • 付き合っていた期間に対して感謝の気持ちを伝え、楽しかった思い出を思い出させる

別れてすぐ結婚する男にムカついたり、別れてあっさり結婚する女にイライラした時は、あらゆる意味で自分の魅力を高める努力をすると、ただ相手を後悔させるだけでなく、その頑張りがあなた自身を幸せにする。

黄色の枠内には、直接的に後悔させるための行動も取り上げているが、恨みの気持ちみたいなものは自分の気持ちも蝕むところがあるので、できたら自分を幸せにする方法の中から相手に後悔させる方法を選んでもらえたらと思う。

結婚すると思ってた人と別れた後に相手がすぐ結婚した、こんな時はどんな考え方をすればいい?

結婚すると思っていた人別れた後に、その相手がすぐに結婚したら、誰でもショックを受ける。それこそ、その辛さは筆舌に尽くしがたいだろう。

もしあなたがそんな経験をしたら、なるべく一人にならないようにして、信頼できる友達に話を聞いてもらい、感情を外に吐き出すようにしよう。

一人でいると悪いことが頭を支配してしまうし、暗いことばかり考えてしまうから、特に休日は外に出るようにして、元彼・元カノの結婚とあまり真正面から向き合わない方が良い。

ショックを受けてる期間を短くできたら、元の自分に戻る期間も短くなって、次の人を探す気力も沸く。直後はそんなこと考えられないかもしれないが、結婚すると思った人が一度でも現れたのであれば、これからの出会いにそう思える人がきっといる。

恋愛の傷は恋愛でしか癒せないとまでは言わないのだけど、結婚すると思ってた人と別れた人はそれ以上の人を見つけることでしか本当のリベンジはできないように個人的には思っているので、自分の気持ちを癒すことをまずは考え、前向きな自分に戻ることに努力してみると、これからの考え方も固まってくるように思う。

まとめ

今回は「別れた恋人がすぐ結婚する時の理由」を中心に解説した。

元彼や元カノに別れてすぐに結婚されると思うことが様々あるだろうが、その別れが結婚のきっかけだったり、自分の環境が変わって強く結婚を意識したり、やはり相手にも様々な理由が考えられる。

今回のテーマは元彼・元カノとの別れ方がどのようであったかも理由に大きな影響を与えている可能性がある。結婚はそれまでの恋愛と違い、一生を決める行為と捉えることが多いので、結婚したいと思った人が結婚できない相手と「好きだけど別れる」という選択をすることもあり得る

結婚にまつわる話の展開がきっかけで、最終的に愛情を失うことも珍しくない。結婚は大きな決断だけに、心理的に影響する範囲も大きいからだ。

いずれにしても、元恋人の結婚を知るとなぜか大きなショックを受けてしまうもの。気持ちがまだあるとかないの問題ではないところがある。直接聞けないことが多いと思うので、うまく切り替えて自分の幸せを考えよう。

しっかり結婚と向き合いたい人は、下の記事も合わせて読んでみてほしい。「今までの恋愛」から「未来の恋愛」を変えることができるのは、あなただけだ。後悔しないように時間を大切にしよう。

関連記事:

別れ結婚元カレ元カノ
Brightfutureをフォローする
自分が結婚できる確率を理解する
自分が結婚できる確率を知って具体的な努力をして結婚できた女性

結婚を具体的に考えるべき年齢は意外と若いって知っていましたか?
いつか結婚したいと思っている人は、自分の年齢によって変化していく「自分が結婚できる確率」を正しく理解しておくことが重要になってます。
下の記事では、総務省の国勢調査から、年齢別・男女別に結婚できる確率を算出して、考察をまとめています。
後悔しないように、今の自分の結婚できる確率がどのくらいなのか把握しておきましょう。

恋愛のすべて
タイトルとURLをコピーしました