真剣な人限定>>恋愛がうまくいかないのは恋愛力の問題?

別れた恋人がすぐ結婚する時の理由~何で別れてすぐなのに他の人と結婚するの?

別れた恋人がすぐに結婚した状態をイメージした画像

「付き合っていた恋人が、自分と別れたあとすぐに結婚した…」

大きなショックを受けるドラマや小説の中のような展開が、実は現実として経験している人が少なからず存在する。

なぜなら、恋人と別れた直後のスピード婚は、理由が説明できるパターンもあるからだ。

しかし、付き合っていた元カレや元カノが別れてからすぐに他の人と結婚する理由とはどんなものだろう?

この記事では、付き合っていた彼氏や彼女が別れてすぐに結婚したという人のために、「別れた恋人がすぐ結婚する時の理由」について解説する。

付き合っていたと言え「腐れ縁」だったのなら納得できそうだが、長く付き合った元彼の結婚や元カノの結婚は「乗り換え結婚」という言葉だけじゃ説明が不足している。

次付き合った人と3か月とか半年で結婚するパターンは「スピード婚」の範疇だが、どんな理由や心理で結婚したのか、理由をまとめてみよう。

「結婚を意識した」という理由で別れを選んだ人は、別れた後すぐに結婚する

一定の年齢を超えたカップルに取って、「結婚」という問題はナイーブな問題である。なんとなく彼氏・彼女のどちらかが探りを入れたりして、より具体的に結婚を意識した方は日常の会話に「結婚の話」を出すことがある。

遠回しでも、このようなアクションに寄って二人の考えが同じ方向へ向けば良いのだが、20代や30代前半では女性と男性で結婚観が違っていることが多く、当然個人差も大きい部分なので、案外「結婚」に対する考え方や価値観の違いは、カップルを引き離すところがある

「別れた恋人がすぐ結婚した」という経験をしたことが珍しくないのは、結婚への意識が「別れ」の理由に関係しているから。

  • 結婚を意識した人=結婚のことを具体的に考えていく
  • 結婚を意識しない人=結婚はまだ先というイメージのまま抽象的

結婚したいと思うきっかけは、タイミングの問題や自分の気持ち的なもの、世間や家族の目などなど色々な理由があるのだろうが、こればっかりは相手も完全同意、むしろ望んでくれないと結婚できないし、したくない。

悩んだとしたらとても深い悩みになるのが「結婚」にまつわる話だろう。

そんな背景もあり、長く付き合った恋人と「結婚」を本気で考えた人(検討の意味)は、結果として真逆の選択、つまり「別れ」を選ぶことがある。結婚を具体的に考えることが、別れの理由になるのだ。

結婚して一生付き合っていくことを考えた時に相手として問題があったり、結婚観に違いがあったり、家族観とか価値観の違いなど、結婚にまつわる色々なことと本気で向き合うと、出発した方向とは真逆の答えに辿り着くことがある。

意識の違いだけが問題ではなく、「結婚のことを考える」ことが別れへと繋がっていくイメージだ。

「この彼氏(彼女)と結婚はないな…」
本気で考えた分、自分がどのような人と結婚したいのかとか、どのような人を望んでいるかが見えてくるので、別れた恋人がすぐ結婚する時の理由として、元カノ・元カレとの間に結婚を意識したからと言う理由がある。

次に付き合う人はその影響で強く結婚を意識した中で交際をするので、別れた後すぐにでも結婚する人がいる。意識的に結婚を前提にして恋愛をするという場合もあるだろう。

腐れ縁で付き合っていたカップルは、新しい彼氏や彼女とすぐに結婚するパターンを経験しやすい

1つ目の見出しで解説した「結婚を意識したから」という理由で別れた後すぐに結婚するパターンは、付き合っていた頃に腐れ縁のようになっていたケースで最も多い。

「長続きしたから結婚する」
これは半分正解で半分間違いの考え方になっていて、確かに長続きしたカップルはその長い交際期間が結婚生活に自信を持つ理由になるし、一生一緒に居たいとの気持ちを持つ理由になるが、幸せに付き合っていないカップルは「長続き」が腐れ縁のようになってしまうことがあり、この場合はむしろ交際期間が結婚を遠ざける。

情で付き合う男性心理とは~情だけで付き合うってどんな意味?愛情はないの?
「情で付き合う」というと、惰性で付き合っているだけのように思えて、恋愛の意味では寂しさを感じる言葉だ。 カップルも人間関係の一つだから、付き合いが...

腐れ縁と言ってもカップルとして付き合っているなら情が理由で「別れられない」と思うものだが、「そろそろ結婚…」と考えるようになれば「結婚相手の候補」が出てきた時にその縁を断ち切る。

次に付き合った人とすぐ結婚した場合は、その人が現れたから別れる決断をし、順調なお付き合いが結婚に繋がったのかもしれない。

別れてすぐに結婚した元カレや元カノは、「好きな人がいたから別れたパターン」を疑う必要がある

自分と別れた後すぐに結婚した彼氏や彼女には、「他に好きな人がいたから」という別れの理由を疑う必要もある。話が出来過ぎていると感じる時は、やはり裏があるものだ。

振られた後すぐに結婚されるパターンは、浮気していた可能性をはらんでいるし、他に好きな人ができたことが別れのきっかけになっている可能性がある。別れる際に正直な理由を話さないのは「優しさ」なのだろうが、本当にこの理由で別れを決めたのなら「ずるい」と言う他ない。

この理由を最初に考えた人も多かったと思うのだが、あえて他の理由の説明から入ったのは「相手にも色々な事情が考えられる」ということを知ってほしいからだった。

しかし、「なんでそんなに早く結婚できるの?」と疑う気持ちが大きい時は、やっぱり認めたくない理由が存在していることが多く、自分と付き合っている頃から他の人と結婚する過程が始まっているケースも散見される。

ムカつく人が多いと思うし、裏切られていたとショックを受ける理由だが、真正面からその恋人を見てみると、「浮気症」であって「一途じゃない人」だ。自分の一生のパートナーとしてふさわしくない人だから、本当にこの理由で別れた後すぐ結婚した人なら、早く気持ちの整理をするべきだろう。

振った後にすぐ結婚されるパターンはどんな理由が一番多いのか

自分から振った彼氏や彼女がすぐに結婚するパターンは、「近くにいる異性」が最も結婚相手になりやすい。例えば、社内恋愛の場合は、「相手に彼氏がいるから」「相手に彼女がいるから」との理由で止まっている恋愛感情がよく存在していて、別れたことをきっかけに付き合い始めるケースがある。

もともと近くにいた異性は人間性をよく理解できているので、付き合いたてであっても恋人同士として問題がなければ結婚が早い。お互いに信頼関係が既にできていると、スピード婚が多いパターンになっているのだ。

振った恋人がすぐに結婚したという場合は「裏切られた」と感じる場合があったり、後悔する人もいて複雑だが、失恋した後の優しさは染みやすい。付き合っていた人が近くの異性からやんわりした好意を受けていた場合は、失恋後すぐに結婚するというパターンがある。

別れが人生の転換点であるのは間違いないが、その際にもう一歩進んだ変化が起きれば、「いきなり結婚する」ということも実は起こりやすい。

別れた後すぐに結婚した恋人は「運命の出会い」が理由?

結婚に付き合った期間はあまり関係ないと考える人がいる。スピード婚を否定する向きも減ったように感じるのだが、あなたはどう思うだろう。結婚が一つの選択肢になってきており、昔ほど形式に囚われなくなった人は増加傾向だ。

そんな時代背景を鑑みると、別れた後ですぐに結婚する理由に「運命の出会い」は挙げるべき重要なきっかけだろう。

結婚はやはり勢いである。あるインタビューに答えた芸能人は、「正気を失ったんでしょうね笑」と答えていたのが印象的だったのだが、「この人だ」と思う時に理屈はあまり通用しないところがある。

結婚の理由を説明することはできるとしても、本人に取ってそれは後付けの理由に過ぎないという場合もありふれているのが現実だ。

「運命の出会い」なんて言ってしまうと途端にメルヘンチックではあるが、「勢い」がつく出会いがスピード婚を成立させている面はある。「ビビビッ」ときたのが、たとえ出会いの瞬間ではなくても、いずれかのタイミングでそう感じることも今回の理由の一つとなる。

別れた恋人がすぐに結婚すると、自分との付き合いの因果関係を考えてしまうけれど、それとはまったく次元の違うところで相手は結婚したのかもしれない。

ただし、別れた後のさみしさは次の恋愛に影響する場合が考えられる。元カノや元カレと別れたことが結婚と繋がっていることまでは否定しにくいのも事実である。

元カノや元カレなど、短い交際期間でも結婚を決められる相手は結婚が早い

結婚を決定付けるのに、「この人となら一生一緒に居られる」と確信することは大事なこと。交際期間が短いと、どうしても相手のことは深くまで理解できないまま結婚を決めることが大きなリスクだけど、よく知った相手なら確信は得やすい。先ほどは「自分に近い異性」を社内恋愛の例で紹介した。

その意味で言えば、同僚や先輩後輩、上司部下の関係以外に「昔付き合っていた人」もよく知った相手だ。あなたと別れてすぐに結婚を決めた彼氏や彼女は、昔付き合っていた元カレ・元カノなど、一生一緒に居られる確信を得るのに実はちゃんとよく知るだけの付き合いがあった人が相手だったかもしれない。

それなら結婚をすぐに決めたことにも納得できるし、日常にもあり得る展開だ。別れた恋人がすぐに結婚する時の理由として「元彼や元カノとの再会」も挙げておくべき事柄だろう。

元カノと再会したらまた恋に落ちるのか~体験談をすごく私的な感情で綴る
あなたは、元カノとの再会をどんな感じでイメージするだろう? 繋がりのある彼女と付き合った場合はまた会うこともあると思うけど、経験はあるだろうか? ...

交際ゼロ日で結婚をするカップルは世の中に珍しいとはいえ、昔付き合っていた人なら「交際期間」は関係なくなる。過去の恋人と再会すると、お互いが結婚を意識する年齢になったからこそ感じることが変わる部分があり、再会から一気に結婚まで行きつくカップルも出てくる。

「時間は人を変える」という言葉は真実だが、決して悪い意味ばかりではない。良い意味で昔と変わったと思えば、「前に付き合っていた人との再会」が別れてすぐに結婚する人の理由になる。

別れてすぐに結婚する恋人は「婚活」を利用した「乗り換え結婚」も多くなっている

男性にも一定数存在するが、特に女性は「結婚する年齢」を気にする。結婚を考えた人との別れや、長く付き合った彼氏と別れが、「婚活を始めるきっかけ」になっているのだ。

長く付き合った彼氏との別れを機に婚活を始めると、出会う相手も結婚を強く意識した人だから、結婚に条件を求める人も短期間で「自分に合った相手」を見つける。

実際に婚活サイトをみていると、世間で常識とされている交際期間よりもかなり短い交際期間で結婚を決めている人が多いのだ。

【結婚するまでの交際期間のデータ例】

  • 一般的なカップル:約4.59年
  • 婚活カップル:約8.9か月(入会から成婚脱退の期間は6か月~13か月)

(ソース:国立社会保障・人口問題研究所楽天オーネット

結婚をしたいと思ったからそれまでの恋人を振って婚活を始める人がいたり、恋人に振られたことが一種の行動意欲を沸かせていたり、理由は色々だけど、恋人との「別れ」は何かしらの選択をさせるところがある。いわゆる「転機」になる感じだ。

お互いに結婚をしたいと思っている中の出会いは、相性やその他もろもろが印象としてピタッと合えば、早くに結婚する方が自然な流れなのかもしれない。何を大事にするかでも違ってくる部分であり、正解のないところ。

結婚したいと思って付き合っていた人と別れた人は、ショックを癒した後、自分の人生もきちんと考えるように前向きな自分に変わっていこう。結婚を一度意識すると恋愛観も変わると思うので、「出会い」はしっかり作っていくべきだ。素敵な人との出会いが傷を癒すこともあると思うので、ふさぎこまないようにしてほしいと思う。

結婚願望がありつつも、「私なんて…」と自信を失ってしまった人は、CMでもお馴染みの楽天オーネットの「結婚チャンステスト」をお勧めする。業界最大級の会員数を誇る婚活サイトから、あなたにピッタリ合う相手がいるのか、無料で診断してくれる。

楽天オーネット公式サイト >>結婚チャンステスト(無料実施中)

まとめ

今回は「別れた恋人がすぐ結婚する時の理由」についてまとめた。

別れてすぐに結婚されると思うことが様々あるだろうが、その別れがきっかけだったり、自分の環境が変わって強く結婚を意識したり、やはり相手にも様々な理由が考えられる。

今回のテーマは元カレ・元カノとの別れ方がどのようであったかも理由に大きな影響を与えている可能性がある。結婚はそれまでの恋愛と違い、一生を決める行為と捉えることが多いので「好きだけど別れる」という選択もあり得るだろう。

結婚にまつわる話の展開がきっかけで、最終的に愛情を失うことも珍しくない。結婚は大きな決断だけに影響する範囲も大きいからだ。

いずれにしても、元恋人の結婚を知るとなぜか大きなショックを受けてしまうもの。気持ちがまだあるとかないの問題ではないところがある。直接聞けないことが多いと思うので、うまく切り替えて自分の幸せを考えよう。

しっかり結婚と向き合いたい人は、下の記事も合わせて読んでみてほしい。「今までの恋愛」から「未来の恋愛」を変えることができるのは、あなただけだ。

関連記事:

タイトルとURLをコピーしました