元彼以上の人はいない、元彼以上の人と出会ないと思う理由や原因と対処法

元彼以上の人はいないと思ってこれからの恋愛に悩んでる女性

元彼が忘れられない女性は、どうしても「元彼以上の人はいない」「元彼以上の男とは出会えない」と思って不安になることがあるけど、なぜ元彼以上の人はいない・出会えないと思ってしまうのだろう?

もし、元彼以上の人と出会えないと思ったら、ぜひこの記事を読んでみてほしい。

確かに、元彼が理想の人であればあるほど “元彼以上の人” に対するハードルは高くなるのだが、それでも「元彼を超える方法」はあるし、適切な対処法を実践すればこれからの長い人生で元彼以上の人と出会うことができる人の方が多い。

この記事では、元彼以上の人はいないと思った女性向けに「元彼以上の男性がいないと思う理由や原因」から「元彼以上の人に出会ないと思った時の対処法」まで解説していく。

  1. 「元彼以上の人はいない」と思う女性はこんなにいる?元彼が忘れられない女性の割合とは
    1. 元彼を忘れられない女性の割合
  2. 元彼以上の人はいないと思う理由や原因
    1. 元彼と別れてすぐで、失恋から立ち直ってないなら「元彼以上の人はいない」と思っても当然
    2. 元彼の美化された思い出で他の男性と元彼と比べてしまうから「元彼以上の人はいない」と思ってしまう
    3. 元彼の最高の一瞬を切り取って「元彼は優しかったのに…」と思うと、元彼以上の人は現れない
    4. 元彼との相性は時間をかけて作り上げたものだから、新しく好きな人ができたとしても元彼以上の人はいないと思ってしまう
    5. 燃え上がるような恋愛は10代の頃の方が多い!20代や30代で元彼以上の人はいないと思ったら「恋愛観の変化」が原因?
    6. 元カレ以上の人と出会えない環境にいると過去の恋愛ばかり思い出す
  3. 元彼以上の人はいないと思った時の対処法:元彼以上の人と出会うには?
    1. 元彼以上の人がいないと思う自分を否定しないで受け入れる!元カレとのことで後悔の気持ちを強めると逆に元彼を忘れられない
    2. 元彼を過去の人にするには、記憶の整理が効果的
    3. 元彼を過去の人にするには、約1000万人いる他の男性から素敵な人を探すマインドセットをする
    4. 最初から元彼以上の人を求めないで、親しい男性を作る
    5. 元彼以上の人がいないなら、適切にアプローチして復縁を目指すのも過去を乗り越える方法になる
    6. 元彼以上の人がいないなら、行動して見つける
  4. まとめ

「元彼以上の人はいない」と思う女性はこんなにいる?元彼が忘れられない女性の割合とは

元彼以上の人はいないと思う女性は、言い換えると元彼が忘れられない女性ということだが、そういう女性はどのくらいの割合で存在するのだろう?

最初に「元彼が忘れられないのは普通のことなのか」という疑問から解決しよう。

元彼を忘れられない女性の割合

いくつかのインターネット調査を洗い出したところ、元彼を忘れられない女性の割合は約6割もあり、特に元彼と別れた後3か月から6か月(半年)の期間で元彼を忘れられないことに苦しむ女性が多かった。(※一生忘れられないと思う女性の割合は約10%という調査結果アリ)

【忘れられない人がいる、元彼が忘れられない女性の割合】

  • 株式会社エウレカの調査=61.3%
  • 株式会社リクルートの調査=62%
  • 株式会社小学館の調査=64%

どのくらい強い気持ちで元彼以上の人はいないと思うのかという程度問題と、どのくらいの期間元彼を引きずるのかという時間感覚も重要なのだが、「元彼が忘れられない女性の割合」は半数を超えるという調査結果が複数出ており、元彼以上の人がいないと思うのは “普通のこと” の範疇であることが分かった。

まずは、元彼以上の人はいないと思うことが決して異常ではないことを知識にした上で、次からは元彼以上の人はいないと思う理由や原因を様々な角度から解説しよう。

元彼以上の人はいないと思う理由や原因

元彼以上の人はいないと思う女性が元彼との思い出を思い出してる様子

元彼以上の人がいないと思う女性は、ここで取り上げる6つの理由や原因のどれか、又は重複して当てはまることがあるはずだ。

元彼以上の人に出会えないと思ってることを肯定的に考える人はいないと思うから、まずは「なぜ元彼以上の人はいないと思ってしまうのか」という点を具体化して、対処法に移っていこう。

元彼と別れてすぐで、失恋から立ち直ってないなら「元彼以上の人はいない」と思っても当然

誰でも別れた直後は元彼以上の人はいないと思うのが当然で、いろいろ思って落ち込む理由は「それだけ大好きだった元彼だから」「良い思い出ばかり思い出す時期だから」など、失恋の痛みやショックが原因だ。

特に元彼に振られた女性や、別れる雰囲気を察知してなかった女性は、その直後に元彼のことを考えないではいられないはず。

もしあなたが元彼と別れてすぐなら、失恋の痛みとして元彼のことを思い出しながら心の整理をつける期間を必要としている。

元彼を忘れる平均期間は3か月から半年だけど、少なくても別れてから3か月は「失恋から立ち直る期間」だと捉えよう。元彼との交際期間が長い場合や、週2回以上会うような親密な交際だった場合は、半年くらいの期間が必要になることもある。

この期間の中ではどんな人も「もう元彼以上の人と出会ない」と思うし、「もうあんな素敵な人と付き合うことはない」と思うものだから、元彼と別れたらある程度の期間は失恋の痛みとして元彼以上の人はいないという気持ちと付き合う必要がある。

元彼の美化された思い出で他の男性と元彼と比べてしまうから「元彼以上の人はいない」と思ってしまう

元彼以上の人はいないと思ってしまう女性は、元彼との思い出を振り返ることが多いと思うけど、別れて時間が経ってるほど、元彼との思い出は美化されることを意識しておかないといけない。

【心理学】なぜ思い出は美化されるのか:
人間の脳は、嫌な記憶に抑制がかかるようにできており、悪い思い出は思い出しにくいようにできているから。良い思い出は思い出すことで気分が良くなるため、思い出しやすいように脳ができている。人の脳は思い出す回数が多くなるほど強く記憶されるため、過去の人の思い出は「悪い思い出を思い出さない」「良い思い出を何度も思い出す」というメカニズムで美化されていく。

元彼は、別れて時間が経つほど美化されるという点が分かってないと、元彼を超える人は現れないと思って苦しむことになるし、その期間が長くなる。

元彼を忘れられない女性は新しく出会う男性を元彼と比べるのが癖になってしまってる人もいるけど、そこまで行かない女性も含めて、元彼以上の人はいないと思う原因は「元彼の美化された思い出と、新しくいいなと思う男性を比較してるから」だ。

元彼の美化された思い出から抽出された「長所・魅力」を他の誰かに求めても、それは無理難題で、比較したいなら元彼に傷つけられた思い出や、不満だったところや嫌いだったところを意識的に思い出すようにしないと、本当の意味でいい男は見抜けない。

心の底から元彼以上の人はいないと思い込んでる女性にはなかなか響かないところかもしれないけど、乗り越えたいなら記事後半の解説をじっくり読んでみてほしい。

元彼の最高の一瞬を切り取って「元彼は優しかったのに…」と思うと、元彼以上の人は現れない

今解説した「元彼と比べる」という行動は、元彼以上の人がいないと思う女性ほど、ある具体的なエピソードのある一瞬を切り取ってしまってるケースが目立つ。

次に好きになる人に対して、元彼のある時のある一瞬をサンプリングした「最高の元彼」と他の男性を比べてしまうと、比較対象の条件がずれているのだから、元彼を超える人が現れるわけがない。

たとえば、

「私が本当に辛かったあの時、元彼は仕事で疲れてるのに朝までずっと励ましてくれた、こんなに優しい人は私の人生でもう二度と現れない」
「元彼と沖縄旅行に行った時、私がずっと楽しみにしていたからって言って私のためにたくさんサプライズ用意してくれた、デート中にあんなに優しい人は元彼以外いない」

など、大切にしている元彼との思い出を思い出して比較する瞬間があると、他にどんな人が現れても元彼以上の人にはならない。ドキドキ・キュンキュンするような思い出の元彼と新しくいいなと思った男性を比べるなら、元彼以上に思うことはない。

特にデート中に関しては、「元彼はレディーファーストができてたのに、この人は自分勝手な人だな」とか「元彼の話は面白かったのに、この人の話はつまらない」などと元彼と比べて好きになれないことがあるけど、この時も無意識に元彼との思い出の中のある時のある一瞬を切り取って比較してることが多い。

元彼の性格を思い出す時は具体的なエピソードがたくさん浮かぶため、「優しい」「思いやりがある」「気遣いができる」などの判断に元彼の最高の一瞬が比較対象になると、元彼以上の人を探すのは本当に難しいことになる。

元彼との相性は時間をかけて作り上げたものだから、新しく好きな人ができたとしても元彼以上の人はいないと思ってしまう

元彼以上の人はいないと語る女性と話してると「元彼は自分にぴったりの人だった」「元彼との相性は最高だった」と語られることが多いのだが、元彼との相性は二人が交際期間の中で作り上げたものだ。

好きだったら相性を良くする努力がストレスにならないから、本当は「だんだん相性が良くなった」のに「最初から相性が良かった」ように感じてるケースが多い。

もし、ちょっとでもいいなと思う男性が現れた時に、相性面や一緒にいる時の雰囲気で元彼以上の人はいないと思ってしまうことが多いなら、「元彼と最初から相性が良かったのか」という点が、別れた後なかなか客観的に分析できないことを知っておこう。

世の中には「付き合ってみないと本当の相性は分からない」と考えている人もいるくらい、人と人の相性は確認が難しい。特に恋愛になるとなおさらだ。

カップルの相性は少なくても付き合って3か月から半年しないと本当のところは分からないから、好きになる過程で元彼以上・元彼同等の相性を求めると、元彼以上の人はいないと思うのが当然の結果になってしまう。

もちろん、本当に最初から自分にぴったりの男性は存在しているとは思うけど、元彼を想定して最高の相性を語る時は、付き合う前後に「出来上がったもの」だという意識が大切になる。

燃え上がるような恋愛は10代の頃の方が多い!20代や30代で元彼以上の人はいないと思ったら「恋愛観の変化」が原因?

真剣に部活をやっていたタイプは分かりやすいと思うのだけど、いわゆる “情熱” というのは若い頃ほど強く持てるもので、人は悲しくも年齢を重ねるたびに大人になっていき、色々なものに冷めていくところがある。

これは恋愛にも言えることで、情熱的な恋愛は10代から20代前半の特権みたいな側面がある。ここは恋愛経験も関係してくるけど、元彼が2人3人以上いるなら10代→20代→30代と恋愛の質が変わってくるのは間違いない。(参考:好きなタイプが変わった?好きになる人が経験と年齢で変わる理由を紐解く

この点を踏まえて「元彼以上の人はいない」と思う現象を考察すると、「あの頃は良かった」と思う幼かった自分を想起してる場合や、10代や20代前半の情熱的な恋愛を想起してしまってる場合も多いのではないかと思うところだ。

20代後半や30代でも燃え上がるような恋愛はあるのだけど、どちらかと言えばそれは付き合った後の関係性(どんどん親しくなる状況)の中で育まれるものであって、好きになった瞬間からのめり込むような恋愛は年齢を重ねる度に少なくなる。

元彼以上の人はいないと思う女性は元彼と最高の恋愛をしたと思ってるわけだが、まだ何も知らなかった過去の自分が、色々な経験をして別れまで経験して、大人になった後も同じ恋愛観で恋愛できないのは当然だ。

もし元彼以上の人は現れないと思うなら、若い頃の情熱的な恋愛に憧れのような気持ちを持ってるのかもしれない。大人の恋愛には大人の恋愛の良いところがあるから、元彼以上の人と出会いたいと思うなら自分の恋愛観の変化も意識してみよう。

元彼以上の人はどんな人かと考える時、元彼以上に好きになれる相手というより、「安らぎ」や「癒し」を与えてくれる存在であることも多い。それは、純愛ができなくなったのが理由ではなく、自分を取り巻く環境の変化が理由だったり、自身の恋愛経験から恋愛観が変化したことが理由になっている。

元カレ以上の人と出会えない環境にいると過去の恋愛ばかり思い出す

元彼以上の人はいないと思ってしまう時は、環境面が影響していることも多い。特に最近は人と人の交流自体が制限され、「そもそも元彼を超える人と出会う機会がない、親しくなる男性がいない」という生活になってる人も多く、新しい恋の可能性を感じない中で過去の恋愛ばかり思い出してしまう状況に悩む人がひと昔前より増えた。

恋愛の話をするのに過去の栄光は違うけれど、今の状況が悪いと過去を美化する心理も強まるから、元彼以上の人と出会えない状況の中で誰かを求めれば、過去の思い出に浸りたい心理はどうしたって強くなる。

心の充電期間では新しい出会いを求めないのも悪くないけど、今の状況は自分から出会いを求めないと叶わない面があり、元彼以上の人はいないと思う気持ちを不必要に高めないためにも、自分の心をリフレッシュするためにも、新しい出会いはやっぱりポイントになる。

自然な出会いを恋愛につなげるためには~本当に出会いがないのが原因で彼氏や彼女ができない?
彼氏や彼女がいないシングルの人は、偶然やってくる「自然な出会い」に心のどこかで期待している人が多いと思う。運命の出会いや引き寄せ合うような出会い方は、確かに素敵な出会いであり、憧れの恋愛かもしれない。 しかし、「自然な出会い」

ここまでで「元彼以上の人はいない」と思う原因と理由を解説したところで、次はこの対処法を解説する。

元彼以上の人はいないと思った時の対処法:元彼以上の人と出会うには?

元彼以上の人はいないと思った女性が対処法を考えている様子

元彼以上の人と出会うには、「元彼を過去の人にする」という工程と、「元彼以上の素敵な人と出会う」という工程の両面で対処法を実践する必要がある。

元彼以上の人がいないと思う自分を否定しないで受け入れる!元カレとのことで後悔の気持ちを強めると逆に元彼を忘れられない

元カノを過去にするには、まず元彼を忘れられない自分を自分自身が受け入れる必要がある。

「元彼を忘れないといけない」と思ったとしても、思い出す回数が増えて考える時間が増えれば、いつまでも元彼の記憶が鮮明なままなので、前に進むことが難しい。

特にここが問題になるのは「元彼と出会わなければ良かった」とか「あの時、○○しておけば良かった」と元彼とのことで後悔の気持ちがある女性だ。

別れた後に後悔すること8選~彼女や彼氏に「あの時にこうしておけば良かった」と振り返ること
過去記事「別れてもよりが戻るカップルの特徴や別れ方~よりが戻せるカップルとは」で、「よりを戻すカップル」についてテーマにした。 別れた彼女や彼氏を思い出すときに「よりを戻したい」と思うのは別れた直後に多いけれど、ある程度時間が

元彼を過去の人にするには、付き合っていた頃のことを事実として受け入れて、過去は過去のこととして前を向かないといけないけど、後悔していたらずっとウジウジ考えることになって、過去が過去にならない。

それよりも、元彼以上の人はいないと思わせるくらい素敵な恋をくれた元彼に感謝して、そんな恋愛ができた自分を認めてあげて、大切な思い出の先に自分を幸せにする方法を考えよう

「忘れないといけない人」と思うと余計に意識してしまうから、「過去にあれだけ幸せを与えてくれた人なんだから簡単に忘れられない」と思って無理に忘れようとしないことが大切だ。

元彼を過去の人にするには、記憶の整理が効果的

前述している通り、過去の思い出は美化されるため、元彼と別れてから時間が経ってる人ほど客観的な評価がすごく難しい。

人によっては記憶の中で生き続けてるような感覚を持ってしまうこともあって、元彼が忘れられない女性ほど、元彼を思い出す時は感情的・主観的に良い時の元彼を思い出して、元彼以上の人はいないと思い込んでしまう。

この状態から抜け出すためには、記憶をより鮮明にする「元彼を思い出す回数と時間」を少なくするのが有効だけど、そのために重要なのが、記憶の整理だ。

では、どのようにしたら記憶の整理ができるのかという点だが、漠然と元彼を思い出すのではなく、元彼の良いところと悪いところ、良い思い出と悪い思い出を対比にして紙に書きだす作業をし、客観的な視点を持つようにすると良い。

元彼以上の人はいないと思いながら自然に元彼を思い出していると、元彼との記憶を反復して覚えるような作業をしてしまっているため、元彼への想いを断ち切ることができない。

ポジティブシンキングをするためには記憶の整理が必要なので、「元彼を忘れられない理由が明確に説明できない人」ほど、一度しっかり書き出してみよう。心理学的には、報告書を作るようなイメージで、他人へのプレゼン資料として作成するとより効果が高いとされている。(※主観だけではなく、第三者目線を意識するため)

記憶が整理できれば、堂々巡りのように元彼のことを考える時間が減り、元彼の悪いところや短所に注目することで気を逸らすことができてくる。

元彼を思い出すこと自体はすぐに止められないけど、ずっと良い思い出ばかり思い出して辛いという状況を回避できるようになるし、元彼以上の人がどんな人かも明確になる。

その他、「友達にじっくり話を聞いてもらう(吐き出す)」「新しいことをはじめて自分の意識を他に向ける」「ストレス発散」などを同時に行うと、より前向きな自分になれるだろう。

下の記事でも好きな人の諦め方を解説しているので、「どうしても忘れられない」と思ったら読んでみるとヒントがあるかもしれない。

元彼を過去の人にするには、約1000万人いる他の男性から素敵な人を探すマインドセットをする

元彼以上の人はいないと思い込んでる人は、心理的に元彼以上の人との出会いを否定してしまってる面があるため、「元彼以上の人と出会うことはできる」と心の底から納得する形でマインドセットする必要がある。

友達に「元彼が忘れられない」「元彼以上の人はいない」と語ると、「男なんて星の数ほどいるよ、他の男にもっと目を向けたら?」なんて言われると思うけど、実際総務省統計局 人口推計2021年(令和3年)5月報によれば、あなたの恋愛対象の年齢の男性は最低1000万人もいる。(※自分の年齢±5歳、又は10個上の年上までが恋愛対象と想定した場合)

この中で元彼が彼氏や結婚相手としての競争力がトップだと言うことはあり得ないし、一番相性がいい男性である確率も、一番好きになってくれる男性である確率も、一番優しい男性である確率もゼロに等しい。

確かにあなたが人生を通して出会える男性の数は限られているけど、「元彼以上の人を探す」と決めたら、意外と身近にも「本当は素敵な人」が見つかることがあるし、もしいないと思うなら、出会いの数を高めることで少なくても元彼クラスの人と出会うことはどんな人にも可能だ。

恋愛に関して統計学からのアプローチはナンセンスなのはわかっているが、「絶対に元彼以上の人はいる」と思えないと元彼以上の人を探す意識が低いままなので、まずは元彼以上の人がいることを信じることが元彼を忘れられない女性の対処法としてすごく重要である。

最初から元彼以上の人を求めないで、親しい男性を作る

長く付き合った元彼ほど自分との相性に確信があるけど、前述したように元彼との相性はある程度の時間をかけて二人で作り上げたものだから、最初から最高の相性の人とだけ親しくしようとしてもその相手は現れない。

そこでおすすめなのが、元彼以上の人を求めることなく、いいなと思う程度の男性でも仲良くしてみることだ。付き合う付き合わないと考えずに、素敵だなと思った人と親しくしてみれば元彼以外の人で相性が良い人も見つかるし、元彼以上の人がいることも信じられるようになる。

確かにすぐに大好きな人ができることは稀かもしれないが、親しい男性ができると、いい意味のギャップを感じることがあって、元彼以外の男性に対して気持ち的にオープンになる。ふさぎ込んでしまうとどんどん自分の内側に気持ちが向かってしまうため、「元彼以上の人を探す」より「元彼を超える」ようなイメージでもう少しオープンに生活してみよう。

実際、女性の恋愛観はゆっくり好きになるタイプが多いから、「仲良くなれる」という相性程度からでもその後に好きになる可能性も十分にある。ここは、特に1年以上付き合った元彼を忘れられない女性など、長い期間付き合った元彼を対象に「元彼以上の人はいない」と思う女性が、元彼を超える人を見つけるのに大切な視点となる。

【女の恋愛感情】女性はゆっくり好きになる?男性と違う「女心」は、気になる人からだんだん好きになる
あなたは、男性の恋の仕方と女性の恋の仕方に違いがあることを意識して、異性の気持ちに寄り添った恋愛ができているだろうか。 男性から見ると「女心」は複雑だけど、男性と女性は「好きになるタイミング」から違っている。女性は気になる人が

元彼以上の人がいないなら、適切にアプローチして復縁を目指すのも過去を乗り越える方法になる

元彼以上の人はいないと思う女性の中には、元彼への気持ちが完全に現在進行形になっている人もいるが、どうしても元彼への気持ちが断ち切れないなら、復縁を目指すのも過去を乗り越える方法である。

別れた後も元彼が好きだったら、振られないと前に進めない女性もいる。特に、きちんとした別れ話をしなかった場合や、自然消滅のような別れ方をした場合など、別れ方が悪いと元彼を引きずってしまうことがあるから、元彼の気持ちがはっきり分からないと思う女性ほど、きちんと振られることが前に進むきっかけになる場合がある。

要は、曖昧な恋の結果は、強い愛情を持っていた時ほど、曖昧に温めてしまうということだ。

もちろん、元彼へのアプローチが復縁のきっかけになることもあるし、過去を過去にするためにも行動する意義は大きい。

では、「具体的にどんなアプローチをすれば元彼と復縁できる可能性があるのか」という点だが、ここは専門的に解説している下の記事を参考にしてほしい。

今さらだと思う女性は元彼へのアプローチに躊躇すると思うけど、「復縁を目指すのか、元彼は忘れると決めるのか」という点と真剣に向き合うことは、元彼以上の人と出会うために大切なことだから、そういう意味でも一度しっかり考えてみても良いかもしれない。

ウジウジ考えながらも行動しないことで元彼への想いを温めるような感じになると、結果的に不幸せな時間が長引くことになる。後悔の気持ちも強まるだろう。

元彼以上の人がいないなら、行動して見つける

私が元彼以上の人はいないと言う女性の相談を受けて最も強く思うのは、「元彼に拘ってしまっていて視野が狭い」という点と「元彼以上の人を探す具体的な行動ができてない」ということだ。

前述している通り、恋愛対象の男性は星の数ほどいる中で、元彼以上の人はいないと思い込むのは理屈的には無理があって、深層心理で元彼以上の人を探すつもりがないか、元彼以上の人と出会える可能性がない生活を送っているかのどちらかになっている女性が本当に多い。

今は特に社会人だと紹介や自然な出会いは減ってしまっているけど、時代的にはマッチングアプリで出会うのが普通になってきており、意識を変えれば工夫できる要素は多い。

元彼以上の人がいないのが事実だとしても、それは自分の周りだけの話なので、出会いを作る努力は視野を広げて考えるべきだ。行動すれば元彼を忘れることにも効果があるので、前向きになりたいと思うなら行動面で具体的な施策を打とう。

なぜ恋愛で一番大事な要素が「出会い」なのか~恋人を作ることができない人へ理由から対策方法までを徹底解説
当ブログ「恋愛のすべて」では、恋愛に必要な要素が3つに集約されることを何度も伝えてきている。 出会い コミュニケーション セルフイメージ この3つの基本的な要素を具体的な方法によって強化できれば、

恋愛における「出会いの意味」は上の記事で解説しているが、ただ元彼以上の人と出会うという点以外の効果もあるので、時間を大切にする意識も持ってほしい。

自分が結婚できる確率って実際どのくらい?5年以内に結婚できる確率から見える現実
20代後半から30代になると、結婚願望がある人は「自分はこのままで本当に結婚できるのだろうか」と不安に思うことがあるのではないだろうか? 20代半ばにある「結婚のピーク」で周りの人が次々と結婚していくのを見ると、結婚に焦りを感

まとめ

今回は、元彼以上の人はいない、元彼以上の人と出会ないと思う理由や原因と、その対処法を解説した。

元彼が素敵な人だったり、いい人だったりする中で良い交際ができると、忘れるまでの期間はどうしても長くなるし、誰でも引きずる。

別れたばかりなら真剣交際だったからこその失恋の痛みは享受しないといけないが、別れてから3か月~6か月経った頃には「元彼以上の人と出会いたい」と言う気持ちをぜひ大切にしてほしい。

元彼を過去の人にする方法は本文で述べた通りだが、「自分を幸せにする」という考え方で前に動き出せば、いつまでも同じ気持ちを持つことが難しい人の心理を鑑みるに、未来を明るくすることはできると思う。

失恋にも色々なパターンがあるけど、素敵な恋愛ができた人はこれからだって素敵な恋愛ができる人だと思うから、前に進むために動こう。

関連記事:

元カレ
Brightfutureをフォローする
自分の結婚できる確率を理解する

結婚を具体的に考えるべき年齢は意外と若いって知ってましたか?結婚したいと思っている人は、自分の年齢によって変化していく「自分が結婚できる確率」を正しく理解しておくことが重要なんです。
下の記事では、総務省の国勢調査から年齢別・男女別に結婚できる確率を算出して、考察をまとめています。
後悔しないように、今の自分の結婚できる確率がどのくらいなのか把握しておきましょう。

恋愛のすべて

コメント

タイトルとURLをコピーしました