大学生で彼女ができない男の特徴と理由に対する改善の方法~彼女を作るためにまず何をやる?

大学生で彼女ができない男子を解説する女子大生。

「せっかくの大学生なのに彼女ができない理由は何だろう?」

大学に入学したのに彼女ができないと、学生生活が充実しないという感覚になることがある。

社会人になれば大学生の頃にしかできなかった恋愛はもうできないから、大学生の恋愛が悩みになると、後悔したくない気持ちから焦りが出るし、やっぱりつらい。

でも、高校生の時に彼女ができなかった男子であっても、大学生ならまた違ったチャンスも多くなる。この記事を通してぜひ大学生の内に「学生恋愛」を経験してもらいたい。

人生全体を考えると大学生の頃は彼女ができやすい環境がある。しかし一方で、実際はモテる大学生とモテない大学生で恋愛格差が広がる時期でもある。

積極的に動けない男子大学生は「恋愛できなかった」と言って大学を卒業するのが本当に残念だから、「男子大学生用の恋愛指南書」をこの記事にまとめる。

この記事では、大学で彼女ができなったという経験をしないように「大学生で彼女ができない男の特徴と理由」を挙げながら、「大学生が彼女を作るための改善の方法」を示していく。

「男子大学生が彼女を作るためにまず何をやる?」という基本的な質問に答えを綴るので、大学生のうちに彼女作りを頑張りたい男子は参考にしてみよう。

せっかくの大学生生活をより満足できるものにできるように、具体的な努力を始めてほしい。

  1. 彼女ができない大学生が知るべき「女子大生の心理や恋愛観、恋愛傾向」とは?
    1. 大学生の恋愛に関する女子大生の心理
    2. 彼女ができない男子大学は「女子大生の恋愛観」を踏まえた恋愛の努力をしよう
    3. 女子大生は、イケメン以外と付き合わないのではない
  2. 彼女ができない大学生の理由① 女の子と知り合う数が足りない(大学生なのに女友達がいない、少ない)
    1. 彼女ができない大学生を卒業するために出会い力を高めよう
    2. 彼女ができない男子大学生が女子と出会うには?
  3. 彼女ができない大学生の理由② 「彼女を作りたい」とガツガツした態度を取っている
    1. 大学生で彼女が作れない男子が女子を落とすために「ちょうどいい押し方」をするには?
  4. 彼女ができない大学生の理由③ お金がないから活動範囲が狭く、女子が会話しても話題がつまらない
    1. 女子大生の生活と全然違う生活を送ってる男子大学生は「話が合わない」から彼女ができない
    2. 自分の趣味や、狭い興味関心にしかお金を使わない大学生は、大学生の恋愛に失敗する
  5. 彼女ができない大学生の理由④ 恋愛を諦めているような態度を取り、女子を女扱いしない
    1. 女子大生は自分を女の子扱いする男子にキュンとする!彼女が作れない大学生は、周りの女子を女扱いすることから接し方を改めよう
  6. 彼女ができない大学生の理由⑤ 女子ウケするファッションをしてない、自分を良く見せようと努力しない
  7. 彼女ができない大学生の理由⑥ 告白できないからせっかく好きな女子と仲良くなっても付き合えない
    1. 告白できる大学生は確率の問題で彼女ができるが、告白しない大学生はたとえいい感じになる女子がいても付き合えないで学生生活が終わる
    2. 大学生で彼女ができなかった人の8割は「告白できなかった」という後悔の気持ちを持っている
  8. 彼女ができない大学生の理由⑦ 消極的で女子と深い仲になるのを苦手にしてる、親しく女子と話せない
    1. 女子と仲良くなれない男子大学生が恋愛のコミュ力を手に入れるには?
  9. 大学で彼女を作るには恋愛で傷つく覚悟を決めることが重要
  10. 大学生で好きな人ができない男子は「出会い」を増やして「親しい異性」を作ることが対処法になる
  11. 恋愛がめんどくさい男子大学生の対処法
  12. 大学で彼女ができなかったら、社会人になってどうなるのか
  13. まとめ:大学生の内に恋愛できない、好きな人ができない問題を解決して、「彼女を諦めた社会人」にならないように今から行動しよう

彼女ができない大学生が知るべき「女子大生の心理や恋愛観、恋愛傾向」とは?

大学生の恋愛は、男女ともに「大学生活を充実させるために必要なもの」だと考える人が多い。

大学生は、時間・経済力・活力などたくさんのものでバランスが良い時期であり、生活に恋愛を加えても負担が小さく、大学生カップルは良い付き合い方ができる。

このことは男子大学生だけでなく、女子大学生も非常に高い価値観で見ていて、大学生の恋愛は他の世代以上に「男女ともに求めるもの」になっている。

彼女ができない大学生は、周りの女子に「彼氏がいなくても楽しそう」「彼氏がほしくないと思ってるんじゃないか」というイメージを持ちやすいのだが、実際の女子大生の恋愛観はそこまで冷めてないし、「彼氏は必要ない」とか「友達がいればいい」と100%思ってるわけではない。

彼女ができない男子大学生はまず、「今は女子も彼氏がほしいと思ってる」という点をしっかり腹の底に落として恋活に頑張ってほしい。

大学生の恋愛に関する女子大生の心理

「大学生の時に恋愛したい」という気持ちは、男子大学生が恋愛相手にする女子大生も全く同じ価値観で持っている気持ちだ。

高校生の時よりも余裕があって、社会人の時よりも時間がある大学生の時期は、女性に関しても「今は恋人がいらない」と思う人が少ないという特徴がある。

基本的に女子大生の恋愛に関するイメージはポジティブだから、しっかりアプローチできれば大学生で彼女ができる確率は低くない。

飲み会などで女子に「彼氏作らないの?」と聞くと「彼氏はいなくてもいいかな」なんて答えが返ってくるが、それが本音かというと実はそうじゃないケースがいくらでもあるのだ。

女子大学生は「がっついてると思われたくない」「彼氏がほしいのにできないと思われたくない」と持って恋愛に興味がないふりをする。

女性が好きな人に好意を隠す心理や特徴~単純な男性心理と違う女性心理とは
あなたは女性が好意を隠す心理や、好きだけど好意を隠す時の特徴に関して、きちんとした知識があるだろうか? 男性が恋愛すると本気になるほど心理的にも行動的にも単純になっていくが、女性が恋愛すると複雑な乙女心が余計に複雑性を増すため

何気ない会話を真に受けないようにしよう。

あるアンケートによれば、積極性の低い意見まで合わせると、約8割の大学生が、恋人がほしいと答えている。実際、このサイトでも大学生の女子から彼氏ができないことへの悩み相談をされることがたくさんあり、むしろ他の世代の女子より多い傾向だ。

女子も彼氏がほしいと思う時期が「大学生の時」なので、彼女がほしい男子大学生は「今が頑張る時だ」と思ってほしい。

大学で彼女ができないのを男子が残念に思っているように、大学で彼氏ができない女子も残念に思っている。悩みになっている女子だって少なくない。

彼女ができない大学生は、こういった環境の把握も誤解しているのが特徴だ。彼女作りのハードルを高く見ている内は積極的にアプローチできないため、あなたの認識から変えよう。

良い人と素敵な恋愛をしたいのは大学生の男女が両方とも望んでいることである。

彼女ができない男子大学は「女子大生の恋愛観」を踏まえた恋愛の努力をしよう

ただし、彼女がほしい男子大学生が絶対に勘違いしてはいけないのが女子大生の恋愛観だ。

女子大生は、彼氏作りに妥協したくないと思う心理が最も強い頃で、かっこよくない彼氏を作るくらいだったら友達と遊んでる方が楽しいと思っている。

彼女ができない男子大学生は、イケてる大学生になる努力が必要だ。特に「見た目」には最大限の努力がしたい。

大学で彼女ができない男は、大学生活を充実させたい女子が恋人にしたいと思う男子がどんな人か考えることが重要だ。

大学生である10代後半から20代前半の女性は、「自分がどんな人と一緒にいるか(一緒にいる相手への周りの評価)」に価値観が高く、「自分の生活が充実するのはどんな人か」という視点で彼氏だけじゃなく友達も選ぶ。

大学生の女子は、彼氏にする男子をしっかり選ぶのが恋愛観としての特徴なので、彼女ができないことが悩みになった男子大学生は、ファッションや髪型など、見た目アップに頑張れるポイントについてはしっかり努力しよう。

表面上のことは恋愛の本質ではないが、女子大生との恋愛はまず「見た目で恋愛対象外にならないこと」を前提に考えるべきだ。

女子大生は、イケメン以外と付き合わないのではない

女子大生の恋愛観や心理を解説すると、「俺はイケメンじゃないから彼女ができない」と思ってしまう人もいると思うが、先ほど紹介したアンケートでは、約8割もの女子大学生が、好きな人以外からの告白を前向きに考えることも報告されている。

女子大生が彼氏に良い見た目を求めるのは否定しようがない事実だけど、だからと言って10代後半から20代前半の女性が「かっこいい人以外と付き合わない」わけではない。

仲良くなった男子や、自分を好きになってくれる男子に対して好意を抱くことは普通にあって、特にアプローチがうまい大学生は好きになりやすいという恋愛傾向もある。

いいなと思うことは前提だけど、親しくなった男子を好きになりやすいのが女子大学生の恋愛観だ。

要は、彼女ができない原因を取り除いて対策・対処すれば、イケメン以外でも大学生で彼女を作ることは可能ということだ。

では、大学生で彼女ができない原因とは何なのか?

なぜ彼女ができないのかの理由を取り上げながらその対処法を解説していく。

彼女ができない大学生の理由① 女の子と知り合う数が足りない(大学生なのに女友達がいない、少ない)

彼女ができない男子大学生が「知り合いの女子が少ない」と悩む様子。

大学生になって一気に交友の範囲が広がる男性が多い中で、大学生で彼女ができない男は、その環境を活かしきれていないのが特徴だ。

陽キャか陰キャかを別にしても、女子と知り合えない男子大学生は彼女ができない。たとえ知り合えても「女子と友達になれない」「女友達がいない(少ない)」という状況では、彼女ができない大学生の特徴に当てはまってしまう。

私の経験で話すと、恋愛的に可能性がある女性と知り合う機会は、大学生の時期が最も多かった。特に周りを見渡してもそうであったことを考えると、「出会いがない大学生」は行動が足りてないと言わざるを得ない。

もしあなたがそうなら、実際の生活自体が「彼女がほしくない男子大学生」の生活になっている。

客観的に言って、大学生はとにかく属するコミュニティーが多いから、色々なところで彼女を作るチャンスがある。大学内では講義関係の知り合いやゼミで女友達ができるはずだし、サークルの先輩女子や後輩女子と知り合うことができ、たくさんの女子と親しく友達付き合いできる環境がある。

大学外ではバイトやコンパや地元の付き合いなどもあるので、本当は各個人に合った方法で女子の知り合いを増やすことができる。

恋愛したいと思って彼女を作るために動こうと思ったら、大学生だったらできることが本当にたくさんある

周りの女子と恋愛しようとするとダメだった時のことが気になるが、彼女ができる大学生はそのデメリットも受け入れて恋愛している。実際、周りの人から彼女候補を作った結果、多少気まずい関係になったとしても大学生ならどうにかなるから、彼女ができないことで悩んだら「恋愛のリスクを恐れすぎてないか」をしっかり考えよう。

社会人では「建前」も尊重されるところがあり、特にこれまで彼女ができなかった男性は恋愛の仕方を大学生の内に経験しておかないと、社会人になった時も女性に手が出なくなるから本当に気を付けてほしい。

大学生で恋愛経験なしはヤバイ?不安なあなたへ、大学生恋愛の特徴と恋愛経験ゼロを卒業する方法を解説する
「せっかく大学生になったのに恋愛経験ができないのは寂しい…」 「このまま恋愛経験なしで社会人になっちゃうのが不安…」 大学生恋愛がうまくいかない人は、こんな悩みを持っているかもしれない。 高校生から大学生になると、時間

彼女ができない大学生を卒業するために出会い力を高めよう

大学で彼女ができない男は、まず出会いを増やそう。

きちんと「出会った」と言えるまでコミュニケーションを取ることを前提として、恋愛できない大学生は出会いをしっかり作ることが最も重要だ。出会いを増やしていくと「好きな人ができない」ことで悩んでる大学生も「いいなと思う女子ができる」などの改善がみられるようになる。

女友達からどうやって彼女にするかとか、押し引きがどうかとかはその後考えればいい。

出会いを増やすことであなたを気に入ってくれる女性が出てくることも普通にあるし、気の合う女性とも確率の問題で知り合うから、恋愛できない大学生は人間関係を広げる努力をしよう。

女性と接する機会や時間を増やすことができれば、女性の扱い方も分かる。友達としてでも仲良くなる女性が現れれば、女性が考えていることも分かってくる。

女友達を増やすことで、紹介とかコンパなどの具体的なチャンスが得られることもあるだろう。

逆を言えば、大学で彼女ができない男は、交友関係が狭く、女性が絡む付き合いに消極的なところが特徴としてある。

大学で彼女ができない男は気が利かないところも特徴や理由になっているけど、原因は「知り合った女性の少なさ」である。女性に触れない限り、女性が考えていることが分からないのである。

当然、恋愛の雰囲気を高めるような気の利かせ方ができない。大学生で恋愛を諦めたら社会人になってもっともっと苦しむので、今の学生の内にできるだけ女子とのコミュニケーションを増やそう。

社会人になったら女子と一緒に仕事をするから、「女性心理がわからない」「女心がわからない」では仕事ができない男になってしまう危険性も高まる。今が本当に大事な時期だ。

彼女ができない男子大学生が女子と出会うには?

男子大学生が出会いを増やすための具体的な改善の方法は、以下の5つから選んで実践してみよう。

  • とにかく積極的に何でも参加する
  • 女の子が多いバイト先でバイトする
  • 交友関係の広い友達と付き合う
  • きっかけを見つけて取り敢えず女子に話しかけることを続ける
  • 草食男子を言い訳にせず、友達と一緒にでも女子に絡む

大学生で彼女ができないと悩む男子は、積極的に女子と仲良くなれる男子と自分を比べてしまうこともあると思うけど、それでネガティブなセルフイメージを高めてしまっては、完全なる逆効果で、更に非モテ男子になってしまう。

「女子に積極的になれ!」と言ってもなかなか難しいとしたら、せめて自分と知り合う女性の数を増やすことで恋愛的な好循環に自分を持って行くことに努力してみよう。

恋愛においても、分母(出会う女子の数)を増やせば、確実に分子(彼女になる女子)へ作用する。

男として自信が無いと色々なイベントに出不精になりがちだけど、取り敢えず参加してみない限り、知り合う女性が増えないのだから彼女ができない。大学生の時間を恋愛の意味でも無駄遣いしないようにしよう。単位を取りつつ趣味だけ楽しむのではもったない。

知り合った女子にどれだけ積極的になるかといった気持ちはこの際置いておいて、自分の体だけでも出会いのある場所に持って行くことで物理的な「出会う女子の数」を増やすことは、誰にでもできることだ。

彼女がほしいと思う大学生である以上ここはクリアしていきたい。

大学生の内なら、今の知り合いをつたっても女の子と出会う機会を作ることができる。社会人になった後ではもっと難しくなるという点は、大学生である今の内に理解しておいてほしい。今、女友達が少ない男子大学生は社会人になったらもっと女友達がいない社会人男子になる。そうならないように、今すぐ動き出そう。

男子大学生がサークルで彼女を作る方法についてはこちら
>>【大学のサークル】彼女の作り方~先輩と後輩とタメで相手別の恋愛方法を解説

彼女ができない大学生の理由② 「彼女を作りたい」とガツガツした態度を取っている

大学で彼女を作るためには積極的な行動が必要なのは間違いないが、10代後半から20代前半の女子は、男子のガツガツした態度に引いてしまうという特徴を持っている。

大学生で「頑張ってるのに彼女を作れない男子」は、ぜひアプローチの仕方や恋愛的な押し方を「女子大生心理」に基づいて最適化しよう。

積極的な態度はちょうどいい押し方を知ってないと、せっかく彼女を作るために頑張っても逆効果になってしまう。

大学生で彼女が作れない男子が女子を落とすために「ちょうどいい押し方」をするには?

大学で彼女ができない理由は「女子がいいなと思う押し方ができてない」という部分が大きいのだが、ちょうどいい押し方をするには「どんな態度がガツガツした態度か」という部分を考えながらアプローチすることが重要になる。

恋愛は積極的に動かないと弱者になる一方、努力が裏目になる可能性がある繊細さを持っている。

特に女子相手の場合は女心や女性心理に寄り添って「好きになってもらうために頑張る」ことが求められるから、頑張ればいいと言えないところに恋愛の難しさがある。彼女が作れない大学生は「好きになってもらう」という意識が低く、「自分に目を向けさせる」ことに意識が高い傾向が強いので、微妙なニュアンスをぜひ掴んでほしい。

恋愛アプローチの基本は、「相手の気持ちを考えて、相手が好印象を持つ接し方をし、女子の反応から積極性の強弱を決定する」ことが大切だ。

ガツガツした態度で女子と接してしまう男子大学生は「女子の気持ち」に関して意識が低いことがよく問題になっている。

ここら辺は女性心理の理解度なども絡んでくる問題だからまさに恋愛力の部分に当たるが、「押せば良い」という接し方でむしろ女子から引かれるアプローチをしないように注意しよう。

モテない大学生は積極性の出し方を勘違いしているパターンが実に多い。

「ガツガツした態度を取ってしまっていたかもしれない」と思うタイプの大学生は、下の解説記事をしっかり読んでみよう。「女子から嫌われるガツガツした態度とはどんな態度か」を理解すれば、気になる女子や可愛い女子に今まで以上に積極的になれる。

「女子から嫌われるガツガツした態度とはどんな態度か」を理解すれば、気になる女子や可愛い女子に今まで以上に積極的になれる。

彼女ができない大学生の理由③ お金がないから活動範囲が狭く、女子が会話しても話題がつまらない

彼女ができない大学生が、貯金箱を見ている様子。お金がないことに悩んでいる。

お金がない大学生は彼女ができない悩みを深くする傾向がある。

これは「女子に奢れない」という意味ではなく、「活動範囲が狭いために体験談が少なく、話題がつまらない」という意味だ。

女子大生の生活と全然違う生活を送ってる男子大学生は「話が合わない」から彼女ができない

たとえば、女子との会話で流行りのカフェが話題になった時、彼女が行ったカフェにあなたも行ったことがあれば、共感のある会話ができる。

そこにズバリ行ったことがない場合であっても、他に人気のカフェに行った体験談があれば盛り上がる会話が可能だ。

映画やテーマパーク、飲食店や話題のスポットなどでも同じことが言え、お金があってアクティブな生活をしている男子大学生は、女子との会話で「面白い話題」が提供できていて、実際に会話が盛り上がるからモテている。

こういう男子大学生には、女子が「気が合うね」「おしゃれだね」「今度一緒に○○に行ってみようよ」と思うから、彼女ができる大学生側に回れる。

しかし、女子大学生と全然違う生活を送ってる男子大学生は、話が合わないし、合わせられないので、相手女子と仲良くなれない。

彼女が作れない以前に、ご飯に誘える女友達もできない状況になってしまうこともある。

自分の趣味や、狭い興味関心にしかお金を使わない大学生は、大学生の恋愛に失敗する

お金がない大学生は交際費に回すお金がないという点も問題だが、それ以上に「自分の趣味や興味関心が強い分野」にだけしかお金を使わないと、知識や経験が狭いのが「彼女ができない原因」に影響してしまう。

自分の趣味や、狭い興味関心にしかお金を使わない大学生は、女子が「会話していても面白くない大学生だ」と思うから、気を引けないのである。

10代後半や20代前半の女子大学生は色々な世界を話す男子に興味を持つので、自分の趣味に走っている男子がどことなくダサいと感じて、「何を話せば良いか分からない」となりがちだ。

大学で彼女ができない男子は、「お金の使い道」を最適化して、女子が興味を持ってくれる自分に変わろう。恋したい大学生は「女子ウケする生活」も考えるべきだ。プライベートがダサい大学生は女子が彼氏にしたい大学生ではない。

好きな人との会話がすぐ終わる人へ!会話が続かない理由や特徴から、改善の方法を徹底解説!
好きな人との会話がすぐ終わる人は、距離を縮めるどころか、会話が続かないことで好きな人と仲良くなるのにも苦労している現状がある。 恋愛が苦手な人が増えた今、好きな人との会話がぎこちないことに悩んでいる人も多いことだろう。

彼女ができない大学生の理由④ 恋愛を諦めているような態度を取り、女子を女扱いしない

大学で彼女を作りたいと思ってたとしても、彼女ができないのが当たり前になった男子は、少しずつ恋愛を諦めてるような態度を取るようになる。

「どうせ俺には彼女ができない」と腹をくくってしまうと、一部の男子は、女子の扱い方が恋愛向きでなくなる傾向にある。恋愛を諦めた男子大学生は女子を女の子扱いするのがどんどん苦手になっていってしまう。

そんな流れで女子を男子扱いするような態度を取ると、結局自分から恋愛を遠ざけるようになり、合コンや紹介の案件からも遠くなって、大学生なのに彼女ができない原因になる。

そもそも、自分から女子の恋愛対象外になる態度を取ることは、恋愛したい男子に取って得策と言えない。本来は、その逆になっていないと彼女ができない方向に作用してしまうからだ。

女子大生は自分を女の子扱いする男子にキュンとする!彼女が作れない大学生は、周りの女子を女扱いすることから接し方を改めよう

大学で彼女ができない悩みを持つ男子は、「女子は、自分を女扱いする男子にキュンとする」ということをよく理解して、日ごろの行いから見直そう。

恋愛できないことに悩む大学生は、まず周りの女子を女扱いすることから「女子への接し方」を改める必要がある。

女性の扱い方が上手い男と下手な男の違い~女性の扱いを知らない、分からないならこの差を意識しよう
男性にとって「女性の扱い方」は難しいと思うことが多くて、特に恋愛中は好きな女性の扱い方が上手い人と下手な人の差が激しい。 あなたも好きな人が相手の時ほど「女性の接し方が分からない」と思う機会があるのではないだろうか? 恋

特に、そこまでモテない普通の女子にとっては、自分をお姫様扱いする男子に惹かれる傾向が極めて高いから、接し方を変えるだけでも彼女ができる可能性を作れる。

これは、ある女子を女の子扱いすることで気を引こうとする意味より、どんな風に女子を扱えば女子が喜ぶのか学んでいくイメージを持つと、彼女ができない悩みを解決するのに効果が高い。

女子をきちんと女子扱いすること女性心理を理解していくと、スマートな男性に近づいていけるからだ。

大学生の恋愛は色々なきっかけから交際に発展するパターンがあるため、周りの女子の扱い方はあくまでも「女の子扱い」をすることが基本となる。

彼女ができない大学生にならないように、普段の振る舞い方を振り返ってみてほしい。

彼女ができない大学生の理由⑤ 女子ウケするファッションをしてない、自分を良く見せようと努力しない

ダサいファッションの男子大学生を見て、がっかりしている女子大生。

彼女ができない男子大学生は、「自分の見た目」への意識が低いのが特徴だ。

さらに問題が深刻化して女子が嫌う「清潔感のない男子」にまでなってしまうと、彼女ができない大学生になってしまうのも仕方がないとさえ言える。

いつも似たような服装で学校に行く男子は、自分を良く見せようと努力しないので、どうしてもダサいファッションになりがちだ。

女子ウケする男子大学生のファッションも追及しないタイプが多いから、モテる大学生と大きく差が開いている。特にあまり異性と話さない大学生はここに絶対に注意してほしい、

ファッション雑誌を買ってモテファッションを研究するのはめんどくさいと思う男子も、せめて「カッコいい男子大学生の服装がどんな服装なのか」という視点で周りのモテ男を分析してみよう。

おしゃれをすることは彼女ができない男子がとりあえずチャレンジしたい分野だ。今さらオシャレになることに恥ずかしいと思った人は、絶対にそこを乗り越えて、1日でも早く「今風のファッション」にするのが大学生のうちに彼女を作るコツである。

ファッションセンスに自信がない男子は、女子ウケするファッションを前身コーデのマネキン買いができる「メンズファッションプラス」がおすすめだ。私も使っているサイトなので、大学で彼女ができない悩みを解決したいなら下の記事を参考にしてみてほしい。

【レビュー】デートに着る服は無難カッコイイが丁度いい!メンズファッションプラスでマネキン買いをしてみた
「デートに着る服はどんな服装が丁度いいんだろう?」 普段あまりファッションのことを気にしない男性も、「デートに着る服」は適当というわけにいかない。 しかし、だからと言ってキメッキメの服装でデートに行くのも何か違うし、何よ

男子大学生は髪型や髪色も重要なので、彼女が欲しいと思うなら最大限の努力をしよう。

彼女ができない大学生の理由⑥ 告白できないからせっかく好きな女子と仲良くなっても付き合えない

彼女ができない大学生の多くは「好きな人に告白できない」という悩みを持つ。

せっかく好きな女子と仲良くなることができても、最後の一歩が踏み出せないのであれば、どうしても片思いのすれ違いを経験する。

特に大学生同士の恋愛だと、お互いに恋愛経験が少ないので、恋愛感情が芽生えていてもどこかでこじれてしまうことが本当に多い。告白できない大学生はちょっといい感じになった女子ができてもそのまま告白しないので、片思いが付き合えないで終わるのだ。

告白できなかった人と両想いだったのを後から知ることは恋愛あるある~みんなの恋愛事情と共に
ある恋愛が過去になると、時々その答え合わせができる機会に遭遇する。 「え!あの時に告白したらOKだったの?」 同窓会などは一番イメージに近いけれど、告白できなかった人と両想いだったのを後から知ることは恋愛あるあるで、私も何度

告白できる大学生は確率の問題で彼女ができるが、告白しない大学生はたとえいい感じになる女子がいても付き合えないで学生生活が終わる

すごく極端な話をすれば、彼女ができない大学生の悩みは「告白しまくる」ことで解決は可能だ。

特に見た目が少しでも良い大学生は、仲良くなった女子に告白していれば、それこそ確率の問題で彼女が作れる。

これとは逆に、「仲良くなっても告白できない大学生」は「女子から告白されるのを待っている」という状態になり、いずれ関係が冷めていく原因になる。

やはり、女子は男子から告白されたいと思っているので、二人の間に恋愛観の不一致が起きてしまうのだ。

それほど、彼女ができない大学生の原因に「告白」という問題が絡みやすいのである。

大学生で彼女ができなかった人の8割は「告白できなかった」という後悔の気持ちを持っている

大学生で彼女ができなった人ともう何十人と出会ってきたが、自己分析による原因を聞いたろころ、8割以上の人が「好きな人ができても告白できなかった」と言っていた。

そのくらい、彼女ができない人は告白に躊躇する。

特に後悔の気持ちが大きくなるのは「いい感じの人ができたのに告白しなかった」場合だ。

大学生の内に恋愛したいと思うなら、仲良くなった女子と「友達のままでいい」とは思わずに、しっかり「付き合いたい」という気持ちを伝えよう。

詳しくは下の記事で解説しているが、ある女子と仲良しになって「告白しなければ気まずくならない」と思っても、そんな都合のいい関係は長続きしない。

ちゃんと彼氏になることがその子と長続きするコツなので、どんな状況になっても恋愛に守りに入ると後悔しかないので注意してほしい。

好きな人に告白できない人が後悔する前に考えたいこと~どうしたら告白できるようになるのか
好きな人に告白できない人は、男性・女性問わず、実はかなり多いことがデータ上ではっきり分かっている。 下の記事で紹介しているデータの中に、告白した人数の平均を条件別で算出している部分があるのだが、特に告白できない男性は彼女ができ

彼女ができない大学生の理由⑦ 消極的で女子と深い仲になるのを苦手にしてる、親しく女子と話せない

大学で彼女ができない男子が見つめる「女子の後ろ姿」

あまり極論に走りたくはないが、恋人が欲しい人同士が仲良くなれば、お付き合いにまで発展する可能性はやはり高くなる。

大学生同士の恋愛が多いのは、それだけ大学生の内に恋愛したいと思う人が多いことの証左でもあるのだ。

友達になったとしても異性として意識することが多くなるし、仲の良さと恋愛をリンクして考えやすいのも大学生の特徴である。

ある程度恋愛経験があると、こういった大学生の恋愛環境を肌で感じる部分があって、その積極性を後押しする。チャラい友達がいるなら、納得できるところだろう。

もともと恋愛には「マッチング」の感覚もあるが、大学生の場合はその確率が高く、恋愛に発展しやすい環境がある。

しかし、大学生の恋愛で勝ち組になってる割合は、統計によれば思っている以上に小さいのが現状だ。恋愛経験と恋愛経験がリンクしていってる男子(=恋愛的に好循環が起きてる男子)は現実的にはすごく少ない。

付き合ったことない男性は20代で3割以上?年代別・男女別の「付き合ったことない人の割合」
付き合ったことがない男性の割合が「3人に1人以上いる」と言ったら、驚く人の方が多いのではないだろうか? 男性の中で、恋愛に積極的でなかったり、異性にガツガツ行かないタイプを「草食系男子」と定義付けられて久しいが、この度発表され

大学生で彼女ができない男は、女子と普通に話しをすることができても仲良くなっていくことが苦手だから、深い関係になることができず、恋愛になかなか発展しないという特徴がある。その前段階である「親しく女子と話せない」という大学生も多い。

では、女の子と深い関係になれるコミュニケーション技術をどう得たら良いだろうか。

女子と仲良くなれない男子大学生が恋愛のコミュ力を手に入れるには?

女子と仲良くなれない大学生の解決策も、「出会い」がカギを握っている。

最初は上手くいかないこともあるから凹むことが多いと思うけど、これまでに色々と説明した通り、女の子と接することで自然と磨かれるコミュ力は相当レベルに達する。

女子と出会い、一緒に過ごす時間が増えると、女心を学べたり、女子との接し方を学べ、フィーリングが合う女子と仲良くなる経験ができる。

恋愛本で勉強するよりも、実際に経験する方が最終的に近道になるのは間違いないところである。

会話を盛り上げる方法として下の記事も参考にしながら、出会いを作ることで仲良くなる女の子を増やそう。

好きな人との会話が盛り上がらない人へ~盛り上がる話題や盛り上げ方
好きな人と会話しても盛り上がらない人は、恋愛を発展させることができずに悩むことが多いはず。 盛り上がる話題や盛り上げ方が分からないと、会話にリズムが生まれないから、デートに誘うのも腰が引ける。 好きな人との会話が盛り上が

これまでに当サイト内の過去記事で個別のテクニック的なものも多く書いてきているが、そういったものを参考にするのは出会いを増やした後で良い。特に大学生はノリと雰囲気が重視されるから、生活を変えてそのどちらも変われば、必要な恋愛知識も変わってくる。

それこそ、出会いを増やすことで「自分の雰囲気が変わる」のだから、彼女ができない悩みはまた違った方向の悩みへと変わって行く。

女の子と接している内に自分に足りないものが具体化されることもあるだろうし、個別に必要なものも具体化するだろう。

まずは、そこまで行くことが大切であり、最終的に最も大事なことは次のことになる。

大学で彼女を作るには恋愛で傷つく覚悟を決めることが重要

大学で彼女ができない理由として一番大きいのは、あらゆる意味で「勇気がない」ことだ。

女子とのコミュニケーションもそうだし、最終的に好きな人を彼女にするための告白においても同じことが言える。

大学で彼女ができないとモヤモヤしてセルフイメージを更に下げるような考え方になってしまうが、恋愛は傷つくものだと覚悟を決めて女子に踏み込んでいく勇気を持とう。

調査で発覚した草食男子の現状は、「好きな人に全く話しかけることすらできない」という人もいて、これまでの人生で彼女ができない男子は告白した人数が1人もいない人の方が多いくらいだ。

告白するためにはそこまで至る関係作りも重要な要素になるし、恋愛してもアピールはおろかコミュニケーションさえ取れないのであれば、やはり告白以前の問題になるから彼女ができないことが必然となってしまう。

彼女ができない大学生は、まずは出会いを増やす勇気を持つことからはじめてみてはどうだろうか。日常を変えられない、変えたくない人は大学生がよく利用しているマッチングアプリを使えば良い。特におすすめはアクティブユーザーが400万人もいるペアーズだ。

\国内最大級の恋愛アプリで大学生の利用率が高い/

もしきちんと出会いを増やす覚悟をつけることができた人は、下の記事を読むことで「大学生の恋愛」がもっとうまくいくだろう。

この記事で触れている部分もあるが、彼女ができない大学生向けにポイントを解説している記事なので、合わせて読んでおくことをおすすめする。

大学でモテる男の特徴と魅力~大学生で彼女を作るために今のあなたが手に入れたい魅力とは
楽しい大学生活を送りたいと思ったら、恋愛に興味がある人は「彼女がいること」が重要な条件の一つになる。 大学生の時にしておきたいことの中には「彼女としかできないこと」があるし、人生経験としても「大人の恋愛の初歩」を経験しているか

大学生で好きな人ができない男子は「出会い」を増やして「親しい異性」を作ることが対処法になる

彼女ができない男子大学生の中には、「好きな人ができない」という悩みを持ってることが少なくない。可愛いなと思っても “あんまり好きにならない男子” は、特に最近増えている傾向だ。

もしあなたが大学生なのに好きな人ができないことに悩んでいたら、「親しい異性を作る」という対処法を取ろう。

この記事の前半で女子大生の恋愛傾向は「親しくなった異性を好きになる」という特徴があると言ったが、男子大生についてもこの傾向がある。

大学生までは親しくなった異性の数がまだそこまで多くないので、友達だと割り切る気持ちが弱いからだ。

10代後半から20代前半の頃は友情を女子を友達だと割り切れない時期である。それこそ、恋愛的な過ちも多い時期だ。

恋愛感情は「好きになろうとする」と、逆に気持ちの上で反発みたいのが起こる。恋は「落ちるもの」だから、無理に好きな人を作ろうとすると逆に冷めるのだ。

大学生の恋愛は出会いから一気にするか、自然に好きになるかの2通りを意識して恋活する方が「好きな人ができる」ことには効果が高い。

その意味で、好きな人ができない男子大学生は、出会いを作って一気に好きになる女の子を探しつつ、親しくなる女の子を作って自然に好きになるタイミングを待ってみよう。

ある女子と仲良くなった後、二人でご飯に行ったり、二人で出かけたりすると、大学生同士ならお互いに好きになることも普通にある。「最初は友達だと思っていたけど…」という王道とも言えるような心境の変化が起きるからだ。

好きな人を作ると思うと自然に好きになる気持ちに逆効果になるから、好きな人ができないと思ってる人ほど「仲良くなった異性」「親しくなった異性」を作るように努力してみてほしい。

下手に最初から意識してない分、距離が縮まる恋愛も経験できる。

恋愛がめんどくさい男子大学生の対処法

最近は「彼女がほしい」と思いながらも同時に「恋愛がめんどくさい」という大学生が増えた。

しかも、この心理は男女ともに高まっていて、たた男子に多いものの、女子も恋愛がめんどくさくなったと思う人が昔より増えている。

理由は詳しく解説すると長くなるが、簡単に言えば「一人の時間を充実させる方法」が現代は増えたのが最も大きい。

音楽や映画などのサブスク、ユーチューブやティックトックなどの動画配信アプリで暇な時間は気軽かつ簡単かつ楽しく過ごせる。

この環境がある中で、恋愛は傷つくこともあり、自分が思う通りにもいかず、気も使わないといけない。要は、恋愛はデメリットが大きいのだ。

気軽に会える友達がいれば生活は十分に楽しいものになるのに、好きな人や恋人ができると面倒も多い。だから、彼女ができたらいいなと思いながら、彼女を作る努力に頑張れない男子大学生が多い。

もしあなたがこのような大学生だったら、無理に彼女を作ろうとしないで、自分らしく無理をしないでも一緒にいられる女友達を作ることだけ頑張ってみよう。

大学生で最低限達成したい目標は「女の子の扱い方を知ること」なので、何年後かに「女性のことが分からない」と思って恋愛できなくなるのを避けたい。

大学生の時期にグループ交際だけだと、好きな人ができても何もできない人になってしまうので、普通にアリだと思うレベルの女友達で良いから「デート経験」や「連絡を取り合う」ということにチャレンジしておこう。

様々なデメリットやめんどくささを超えて「彼女がほしい」と思う時期はほとんどの人に必ず来る。今は友達が多くて休みの日の誘いも多いけど、大学生から社会人になるともう少し交友範囲は狭まって「自分にも大切な人がいれば…」と思う時がくる。

その時のための必要な体験は若いうちにしておくべきなので、「何事も経験だ」と思って必要最低限だけはやっておくと良い。

大学で彼女ができなかったら、社会人になってどうなるのか

大学で彼女ができなった男性は、社会人になると恋愛的な意味で女性に苦手意識を持つようになる。

もちろん、普通に会話できるし、普通に仕事上のコミュニケーションはとれるのだが、そこから先の「プライベート」では女っ気がない生活になってしまう男性が多い。

大学生までの頃にできた女友達や、グループ交際だけで女の子と絡む感じの生活になる人が多いのだ。

この現象を避けるためには前述したように「デート経験」や「親しい女子を作る経験」をしておくことが大切である。

大学を彼女ができないまま卒業すると「他の人は恋愛経験しているのに…」という部分で自分が欠落しているような印象を持ってしまうことがあるため、「別に彼女を作ろうと思ったらその方法はわかってる」という状況を作っておく方が良い。

女の子の扱い方や、女の子と親しくなる方法など、好きな人や気になる人以外で良いので自分なりにチャンレンジしておこう。

大学生の内なら色々なことを知らないでも問題ないけど、社会人になって年齢を重ねていく中では「この年齢になっても女を知らない」という点がコンプレックスになっていく。

【恋愛】大学生はなぜモテる人と非モテの人の差が広がるのか~恋愛格差の理由を知ればあなたも恋人ができるかも?
大学生の恋愛は、モテる大学生とモテない大学生の格差が広がる時期なのが特徴だ。 大学入学から1年たって2年生や3年生になると、最初についていた恋愛力の差がさらに広がったことに気付く。モテない大学生は先輩になっていくたびに恋愛しに

まとめ:大学生の内に恋愛できない、好きな人ができない問題を解決して、「彼女を諦めた社会人」にならないように今から行動しよう

今回は大学で彼女ができない男の特徴と理由に対する改善の方法を解説した。

恋愛はどうしても二極化してしまう面があるけれど、イケメンかブサメンかよりも大切なことは別になってくる。彼女ができない大学生を長く体験しないように、この記事で見つけた「自分の恋愛の問題」は具体的な行動を持って解決を目指してほしい。

親しい女友達を作る、彼女候補になるような恋愛対象の女子と出会うなら、大学生に一番人気のマッチングアプリを使おう。

\国内最大級の恋愛アプリで大学生の利用率が高い/

モテない大学生からモテる大学生に変わろう。

カッコイイ髪型をゲット!男子の美容室デビューを解説~大学生の頃の経験談と、大学生から美容室に行くべき理由
男子が外見を磨くのに、最も簡単で効果も高いのが「カッコイイ髪型になること」だ。 凝った髪型にすれば毎日のセットは少し面倒かもしれないけれど、それだって美容師との相談の中で解決が可能。恋愛に興味がある、モテる男になりたいという人

関連記事:

モテない男性大学生の恋愛
Brightfutureをフォローする
自分が結婚できる確率を理解する
自分が結婚できる確率を知って具体的な努力をして結婚できた女性

結婚を具体的に考えるべき年齢は意外と若いって知っていましたか?
いつか結婚したいと思っている人は、自分の年齢によって変化していく「自分が結婚できる確率」を正しく理解しておくことが重要になってます。
下の記事では、総務省の国勢調査から、年齢別・男女別に結婚できる確率を算出して、考察をまとめています。
後悔しないように、今の自分の結婚できる確率がどのくらいなのか把握しておきましょう。

恋愛のすべて
タイトルとURLをコピーしました