【大学生のデート代】割り勘?彼氏のおごり?付き合う前と付き合った後で割合に変化アリ

f:id:Brightfuture:20160526171454j:plain

大学生カップルのデート代は、昔と違って今は「割り勘」が主流になってきている。

本音では、彼氏のおごりを望むお金のない女性は少なくないと思うけど、実際の大学生がどんな風にデート代を出しているかについてはなかなか確認できないことだから、今回は一つアンケート結果を紹介したい。

そのアンケートによれば大学生の恋愛の場合、「付き合う前」と「付き合ってから」にデート代の負担割合に差が認められたり、興味深い内容だった。

大学生でデートに慣れていない人は、デート代の負担をどうしたらいいか迷うこともあるので、参考になる部分もあると思う。20代と30代のデート代に対する考え方にも触れているのだが、世代格差が出ている点も面白いデータだ。

スポンサーリンク
記事下アドセンス

大学生カップルのデート代はワリカン派が8割!

今回紹介するアンケート元は朝の情報番組「スッキリ!!!」が行った調査。

このアンケートでは大学生カップルの大半が、割り勘でデート代を平等に負担していることが分かった。

  • 彼氏がおごり 19.3%
  • 割り勘  80.7% 

デート代を彼氏が出すカップルは5組に1組。それさえ若干下回っている状況。サンプル数が少な目なのが気になるが、大学生はバイト代が主な収入源であり男女で収入に差がないので、男女平等の世にあって当然とも言える結果が出た印象だ。

このアンケートを参考にするなら、付き合っているカップルはデート代を「ワリカン」にしてOKということになりそう。番組内では男女の意見が紹介されていた。

【男性意見】

  • お互いバイトをしてたらワリカンでいい
  • お金ないから
  • 男性が女性におごるのは変だと思う

【女性意見】

  • 平等がいい
  • 男性におごってもらうのは申し訳ない
  • 気を遣わずにデートを楽しみたい

番組では大学生のデート代がワリカンになった考え方を以下のようにまとめた。

  • 男性=お金事情
  • 女性=男女平等

昔の感覚とのズレが話題となったが、若い女性は「男女平等」への感覚が強く、おごりたがりの男性を、「プライドの高い人」だと切って捨てた人も紹介されていた。

この結果を見るに「大学生は男女とも望んで割り勘デートをしている」と言えそうだ。

スポンサーリンク

カップルで過ごすイベントでは大学生も「彼氏のおごり」が増える

番組調査では、カップルで過ごすイベントになると、男性のおごりが増えることも伝えていた。

誕生日や記念日などは彼氏が彼女におごる割合が少し増える。考え方からすれば少し違和感があるが、昔のなごりともいえ、メリハリを付けた付き合い方をしているとも表現できる。完全に男性が女性におごる時代が終わったとは言えない印象を持った。

彼女が「たまには彼氏におごってほしい」と思うのは、大学生カップルであっても普通のことかもしれない。イベントの日くらいはおねだりしてもいいだろう。

付き合う前のデートは男性のおごりが6割!下心が見える?

大学生カップルの大半が割り勘でデート代を支払っていることが分かったが、付き合う前の男女となると少し事情が変わる。

付き合う前のデート代は大学生の場合であっても「男性のおごり」が約6割に増えたのだ。下心が垣間見れるアンケートになったのは少し興味深い。

おそらくこれは積極性の差も出ているのだろう。付き合う前にデートに誘うのが男性の割合が多いため、何か理由を付けて誘う際におごりをチラつかせたり、お金がないと交わされそうになる女性に譲歩しておごりの割合が増えるところもありそうだ。

実際の男性意見で「せっかくのデートだから頑張りたい」との意見もあった。

男子大学生への恋愛アドバイスとしては、「付き合う前はデート代をおごることも要検討だ」と言ったところだろうか。若干の差なのでそこまで気にするかどうかはそれぞれだけど、おごりも選択肢に入れて気になる女子をデートに誘ってみよう。

20代と30代のデート代に世代間格差が

番組では「今の若者のデート代事情」をテーマにしていたのだが、出演者はアンケートを受けた人よりも年上。コメントは驚いていることを連想させるものだったが、コーナー最後に世代間格差をアンケートしてみることになった。

その結果は、以下のようなものだった。

【20代】

  • 男性がおごるべき   4451票
  • ワリカンにするべき  5767票

【30代】

  • 男性がおごるべき  22654票
  • ワリカンにするべき 10672票

20代は大学生カップルと社会人カップルに分かれるので、「割り勘派」が少し上回る程度の結果に。30代との価値観の違いは大きく、考え方の違いが露わになる結果だった。

社会人になると男女で収入に差が出てくる場合がある。総合職と一般職という働き方の違いが出てきたりすることもその理由だ。

年齢が上がるにつれカップルのデート代も男性の負担割合が増える傾向があり、女性との収入差は頭に入れてデート代を出し合うべきなのかもしれない。

デート代は必ず男性が出すべき時代は終焉を迎えつつある。最終的には自分と相手の考え方や好みや価値観が優先されるので、そこは忘れないようにしよう。

まとめ

今回は大学生のデート代についてスッキリのアンケート結果を紹介した。彼氏や彼女がいる人はもちろん、片思いまで含めて恋愛をしている大学生は参考にしてみてほしい。

バイトをしている男女ならデート代は平等に割り勘。これが今の大学生の考え方だ。

気を遣わずお金のことを気にせずに恋愛したい人が大学生には多い。付き合う前はそれぞれの恋愛事情からおごりも選択肢にする男性もいるから、その点には注意をしよう。

関連記事: