恋人に依存してしまう人の治し方~彼女や彼氏に依存症の人が克服する方法

恋人に依存してしまう人の治し方を解説している女子

恋人に依存してしまう人は、本人がつらいのはもちろん、恋人にも負担をかけてしまうから悩みが深くなりがちだ。

最初はうまく気持ちのバランスが取れていたはずなのに、彼氏や彼女と仲が深まる内に依存する人は少なからず存在していて、カップルは適度な距離感が難しい。

仲が良いカップルで収まっていればそれはそれで良い付き合い方ができているとも言えるが、恋人の負担になって「依存している」という状態に陥るなら、対処法や解決策を知りたくなるはず。

そこで今回は、「恋人に依存してしまう人の治し方」について解説したい。彼女や彼氏に依存症の人が克服する方法としてまとめていくので、恋人と丁度いい距離感で付き合いたい人は参考にしてみよう。

恋人に依存してしまって辛いという人は、依存するタイプから卒業するために、この記事をじっくり読んでみてほしい。

  1. そもそも、あなたは彼女や彼氏に依存症なのか:彼氏依存症、彼女依存症の特徴とは?
    1. 彼氏依存症、彼女依存症の特徴7つ
    2. 彼氏に依存してしまう、彼女に依存してしまうのをやめたい
  2. 彼氏依存・彼女依存を治すには、彼女や彼氏に依存することが悪いこととは思わず、まっすぐ自覚すること
    1. 彼氏依存症や彼女依存症の自分を自覚する際のポイント
    2. 恋人に依存する原因に「自信の無さ」が関係するため、自己否定をしないことが治し方のコツ
  3. 彼氏に依存する、彼女に依存する自分を治すために「自分にルールを課す」
    1. 恋人依存症の治し方は、彼氏に会う回数や彼女に連絡する頻度を調整した時の「空いた時間の過ごし方」にポイントがある
  4. 彼氏依存症や彼女依存症を克服するために!彼氏や彼女と離れている時間を楽しく過ごす具体的な施策
    1. 彼氏以外の人や彼女以外の人との時間を増やすと、ストレスがない「恋人依存症の治し方」が達成できる
  5. 彼氏依存症や彼女依存症を治すために、恋人に依存することの「悪いところ」を理解する
    1. 彼女や彼氏に依存する人の問題点
    2. カップルに依存の問題が出てくると、恋人を思いやることができなくなる
  6. 彼氏依存症を克服する、彼女依存症を克服するには、「話を聞いてもらう」ことがすごく重要になる
    1. つらい気持ちを聞いてもらうと、気持ちの整理ができる
    2. 彼女や彼氏に、「依存していること」を話しても良いのか
    3. 彼氏依存、彼女依存がつらい人は、電話占いの無料相談を利用してみよう
  7. まとめ

そもそも、あなたは彼女や彼氏に依存症なのか:彼氏依存症、彼女依存症の特徴とは?

まずは、彼氏依存症や彼女依存症の特徴からチェックしておこう。

恋愛経験が少ないと自分を客観的に分析するのも難しいので、今の自分が普通なのか、それとも依存気味なのかというところを最初にはっきりさせてから読み進めよう。

彼氏依存症、彼女依存症の特徴7つ

  • 彼氏や彼女と離れている時間はずっと不安になっている
  • 彼氏や彼女のSNSを常にチェックしたくなる
  • 彼氏や彼女のためなら、自分のことを平気で犠牲にする
  • 彼氏や彼女のことで友達から言われると、正論でもイライラする
  • 彼氏や彼女のことを常に優先して生活している
  • 彼氏や彼女に意見を聞かないと決断できない
  • 彼氏や彼女の都合を考えずに会いに行ってしまう

依存度については程度問題があるし、それぞれの好みの問題もあるが、半分以上当てはまる人は「彼氏依存症・彼女依存症」の疑いが強い。

どれか一つ二つ当てはまるくらいなら「恋人依存症予備軍」までなので、過度に心配する必要はない。

彼氏からもっと愛されたいと思って「依存」の問題を考えている女子は、下の記事も参考にしてみよう。

自立した女性がモテる理由~彼氏に依存する女性との比較で「なぜ自立できている女は恋愛で幸せを掴むことができるのか」を考える
自立した女性はただ男性にモテるだけでなく、恋愛で幸せを掴む人だ。自立した女性は凛とした女性の美しさを意識させ、多くの人がパートナーに選びたくなる人。年上女性に多いイメージだろうか。 しかし、大人になっても自立できていない女性は

彼氏に依存してしまう、彼女に依存してしまうのをやめたい

恋人依存症の人の特徴を見ても分かるように、彼氏や彼女に依存してしまう時の大きな問題点は、自分がつらいのはもちろんのこと、あなたの恋人にもつらい思いをさせてしまうこと。

恋人に依存気味の人は、「依存してしまうのをやめたい」と思うタイミングが必ずと言って良いほど、いつかやってくる。

では、恋人に依存してしまう人は、どのように治せば良いのだろう?

次の見出しから具体的に「彼氏や彼女に依存してしまう人の治し方」を解説していく。

彼氏依存・彼女依存を治すには、彼女や彼氏に依存することが悪いこととは思わず、まっすぐ自覚すること

彼氏依存症の女子が、自分の問題と向き合う様子

恋人に依存してしまう人がまず大事にしたいことは「まっすぐな自覚」である。

自分が恋人依存症かどうかが気になって色々と調べたりする人もいると思うが、チェックシートの当てはまる項目で依存度を調べることも大事な一方で、もっと重要なことは「あなたがどれだけ辛いか」である。

「彼女や彼氏と離れている時間が不安」とか、「いつも気になって仕事に集中できない」など、影響しているところは色々と種類があるのだと思うけれど、依存がつらいから対処や克服を考える場合、あまり依存症かどうかをはっきりさせることに拘らず、その辛さを少しでも和らげる方向にアクションを起こした方が良い。

結果的にそれがカップルに取って良い方向へと繋がっていく。

彼氏依存症や彼女依存症の自分を自覚する際のポイント

恋人に依存してしまう自分を自覚をする際、大事にしてほしいのは「彼氏や彼女に依存してしまうのが無条件に悪いものだ」とは思わないこと。

恋愛の専門家として、様々な恋愛経験とコンサル経験から総合的に考えた時に、私は「恋人に依存してしまう」のは恋愛観次第である程度仕方のないことだと思っている。

「彼氏や彼女に依存しちゃだめだ!」と自身の否定を強めれば、悪い自覚の仕方ががさらなる辛さを運んできてしまうので、客観的に自分の状態を「把握する」ようにしてみよう。

あくまでも前向きに、恋愛依存症の治し方や克服方法を考えるために、今の自分を見つめるようにする。

恋人に依存する原因に「自信の無さ」が関係するため、自己否定をしないことが治し方のコツ

彼氏や彼女に依存する人の治し方で、なぜ自己否定に走ってはいけないかと言うと、恋人に依存する原因の一つに、「自信の無さ」があるからだ。

どんどん自分を否定してしまうように考えていくと、どうしても彼氏や彼女への依存度を高めていってしまう方向へ精神的に作用するので、恋人に依存したくなる気持ちを悪いものだとは思わずに、「辛い気持ち」を和らげるための対処だと思うようにしてほしい。

大事で支えにもなってくれる彼女や彼氏に依存してしまうことは仕方のないことでもあるのだし、好きな人に依存するのは程度問題とも言えるものなので、自覚することで自分を責めないようにする。

なるべく自分を前向きにもっていけるように、無理にでもこの考え方を意識しておくといい。自分の恋愛をまっすぐ把握すれば、自分の問題点と向き合える効果がある。

彼氏に依存する、彼女に依存する自分を治すために「自分にルールを課す」

恋人への依存を克服するためには、あなたから恋人に起こすアクションの「頻度」を調整しないといけないので、「自分にルールを課すこと」は基本的な対処方法となる。

彼氏や彼女に依存してしまっている人は必然的に連絡や会う頻度が高くなってしまっているので、徐々にでも良いから頻度を調整できるように「彼氏との付き合い方、彼女との付き合い方」に自分のルールを作ってみよう。

距離を取ることと同時に何かを始めたりすることで、心にぽっかり穴が空いたような状態にしないことが、彼氏依存や彼女依存の治し方のコツになる。

恋人依存症の治し方は、彼氏に会う回数や彼女に連絡する頻度を調整した時の「空いた時間の過ごし方」にポイントがある

連絡や会うことを控えた結果、相手のことばかり考えてしまうのでは逆効果になってしまうので、「空いた時間」の過ごし方も同時に考えるのが、彼氏依存症・彼女依存症の治し方でポイントになってくる部分だ。

たとえば、新しい趣味を作ったり、同性の友達と遊びに行く回数を増やしたり、「彼氏だけ・彼女だけ」の自分に対して、精神的な意味だけでなく、時間的な意味も含めて改善していく。

好きな人とはどれだけ連絡を取り合っていようが、会っていようが、不安は常に心のどこかにあるもの。それだけ大切に想っている証とも言える。

彼氏や彼女とうまく付き合っていく方法を取るためにも、辛い恋愛にしないようにするためにも、依存気味になってしまった時は、自分から必要な距離を取るようにしよう

それがカップルに取って丁度いい距離感を作っていく。彼氏や彼女から求められる感じが戻ってきたら、もう依存してしまう問題は大きく改善できたというサインになる。

恋愛における信頼関係の構築方法とは~カップルが信頼関係を作るにはどうしたら良いか
カップルの信頼関係を作るには彼氏と彼女両方の努力が必要だが、努力の仕方が分かっていなければ、せっかく好きな人と付き合えても信頼関係の作り方に失敗することで付き合いはじめから気まずい雰囲気が漂う。 恋愛では、彼氏や彼女と信頼関係

彼氏依存症や彼女依存症を克服するために!彼氏や彼女と離れている時間を楽しく過ごす具体的な施策

彼氏に依存するのをやめたいと思っている女性

彼氏や彼女に依存していくと、多くの時間を相手のために使ってしまう。友達がいないからそうなってしまったり、そうなっていった結果として遊ぶ友達がいなくなってしまったり色々とあっても、それだけ自分の中で彼氏や彼女の存在が大きくなってしまっているので、心のシェアを下げるように「他のこと」に気持ちを向けるようにしよう。

恋人と離れてる時間を無理なく過ごすためには「楽しく過ごすための具体的な施策」が必要だ。「考えないようにする」という行動そのものが考えることに該当するため、恋人依存症だと感じる人は、離れている時間の過ごし方を具体的に変えていくといい。

何か目標を設定して取り組むものを探してみたり、友達と交流を持ったりして彼女や彼氏がいなくても楽しく過ごせるように工夫をしよう。使う時間のシェアを変えるイメージで具体的に設定できると良い。

彼氏以外の人や彼女以外の人との時間を増やすと、ストレスがない「恋人依存症の治し方」が達成できる

恋人依存症になる原因に「自信の無さ」があるから、このような時間に「自分磨き」をすることはよくお勧めされているけど、精神的な自立が図れれば良いので、それよりは他者との接触を増やす方がストレスは減る

彼氏依存症の人や彼女依存症の人が自分磨きをすると、「理想の自分と現実の自分」の中で悩むことも多いので、ストレスがない「恋人依存症の治し方」をしたいなら、友達との時間を増やす方がうまくいくはずだ。

もちろん、趣味の時間を増やすのも有効な方法だ。

自分の性格も加味して考えると、彼女や彼氏に依存する自分から抜け出す時のストレスを軽減できる。

彼氏依存症や彼女依存症を治すために、恋人に依存することの「悪いところ」を理解する

何かを克服したり治したりするには、「モチベーションの高さ」が重要だ。

彼氏に依存する、彼女に依存するのがつらいから「依存症を治す」というのも一つの考え方に違いないが、依存が強いと恋人との関係に悪影響がある点を理解すると、今よりもっと「恋人に依存するのをやめたい」というモチベーションを上げることができる。

治す必要がある状態になっているなら、覚悟をもって克服したい。当然ながら前述しているように前向きさはここでも大事だ。

彼女や彼氏に依存する人の問題点

彼氏や彼女に依存する場合に、「カップルのお付き合い」として悪いところとは以下の3つが代表的だ。

  • 必要以上に愛情が伝わって相手の負担になってしまう(=重い)
  • 過度な安心感を与えて逆に彼氏や彼女が冷める悪循環がおきる
  • 辛さを訴え過ぎてしまって暗い会話が増える(もしくは無理に自分の気持ちを隠して自分らしくいられない)

彼氏依存症や彼女依存症の問題点は、重い恋人になってしまいやすいのが、カップルに取って最も大きなデメリットだ。

バランスの問題であるし、相手の好みにも寄るところだからどの程度から依存の悪さが出るかは難しいけど、彼氏依存症の人や彼女依存症の人は、「解決するべき課題」ができている。

落ち込まずに対処法を考えて、悪循環になってしまうのは防ごう。

カップルに依存の問題が出てくると、恋人を思いやることができなくなる

相手を思いやることができずに自分がいっぱいいっぱいになってしまうと、多くの場合でカップルはうまくいかない。

カップルの気持ちの偏りは厳密に珍しくないけれど、問題となるなら重くなってしまって恋人が離れていく事態を避けたい。

もし既に彼氏依存や彼女依存が問題だと感じ始めているなら、「恋人依存症を直す」のがうまく付き合っていくために必要な努力であると思って、自分ができることに一生懸命に取り組もう。

「こんな私じゃダメだよね」と思っているなら、きっと彼氏も「もうちょっと自立してほしい」と思っているはず。

短期間なら人によっては愛情を感じて良い作用もあることなので、今から克服できれば大きな問題とはならない。依存してしまう自分から変わろうとするモチベーションを高くして対処に当たろう。

恋人依存症の治し方を考えるだけでなく、実際の行動が大事となる。

彼氏依存症を克服する、彼女依存症を克服するには、「話を聞いてもらう」ことがすごく重要になる

彼氏に依存するのがつらいと、話を聞いてもらっている女性

恋愛に絡む悩み事は、ため込むのが最も良くない。

悪循環になるのはカップルの関係だけでなく、自分の中でも起こり得るので、モヤモヤを抱え過ぎないように、信頼できる友達などに話を聞いてもらって、暗い感情のアク抜きをしておこう。

つらい気持ちを聞いてもらうと、気持ちの整理ができる

人に話を聞いてもらうと、自分の気持ちが整理できる。最終的な目的は「恋人に依存しないでうまく付き合っていくこと」なのだから、愚痴を話したら前向きに話を終えるのがポイントだ。

現状を語ることで客観的に自分のことを見られるから、そのような感覚で話をしてみるといい。

ここは、問題の解決を目指すより、自分のストレスを外に出して、前向きに対処法を実践するマインドセット(心構え)をするイメージで行う。

彼女や彼氏に、「依存していること」を話しても良いのか

相手の彼氏や彼女に依存していることを言うかどうかの問題については、「相手次第」になる。

ちなみに私は、強い愛情を感じると言う意味で重い彼女が嫌いではないのだけど、そういうタイプの人には「負担をかけすぎないようにしたい」と気持ちを少し語っておいた方が「改善したい」という気持ちが伝わってうまくいく。

恋人依存症の治し方を実践した結果、いきなり外に目を向け始める彼女に不安感を覚える彼氏もいるので、きちんと話すことで「二人に取って適切な距離を一緒に考えること」は間違いとはならないはずだ。

恋人からするとあなたが距離を取ろうとしていることが寂しく思ったりすることもあるので、「うまく付き合っていくために」色々と話してみるのも一つとなる。

しかし、お互いを尊重し合って付き合っていきたいタイプなど、あまりベタベタしたくない彼氏や彼女が恋人なら、依存の話をしない方が良い。相手に伝えることでより意識させてしまうから、あなたの心配や不安がより顕在化する可能性がある。

「ちょっと依存ぎみかも…」
そんな一言から重さを意識してしまう人も多いので、恋人のタイプを見極めて対処を考えた方が無難だ。経験上思うところで、やはり言葉にするかどうかは大きな問題である。

彼氏依存、彼女依存がつらい人は、電話占いの無料相談を利用してみよう

彼氏に依存してしまう女性や、彼女に依存してしまう男性は、「自分の中で抱えて、こじらせる」のが最も良くない状態だ。

しかし、「聞いてもらいたいけど、恋人にも友達にも恥ずかしくて言えない」という人もきっと少なくないはず。

もしあなたがそうなら、創業16年の実績と信頼がある「電話占いヴェルニ」でプロの占い師にアドアドバイスをもらってみるのもおすすめの対処法だ。

ヴェルニの占い師は採用率わずか3%で、占いスキルだけでなく、相談者への思いやりや社会的なモラル、占い結果を分かりやすく伝えるプレゼンテーション能力も加味して厳選された占い師だけが在籍している。

今なら最大2500円分の無料ポイントがもらえるので、計算して先に「〇〇分内に終わりたい」と伝えれば、無料分だけの利用も可能だ。

興味があれば、公式サイトをチェックしてみると良い。話を聞いてもらうだけでなく、適切なアドバイスまでもらえれば、彼氏依存症の治し方も、彼女依存症の治し方もより精度が上がるのは間違いないだろう。

未来の不安がなくなる女子も少なくないため、つらい状態から明るい自分に戻れる人も多い。

まとめ

今回は「恋人に依存してしまう人の治し方」をまとめた。

彼女や彼氏に依存症の人が克服する方法をいくつかの視点から恋愛の専門家の立場で答えたが、参考になっただろうか。

恋愛は色々なバランスが大事だ。それは自分の中でもそうだし、二人の間でもそうだ。カップルの交際においては、彼女や彼氏に依存状態かどうかが問題というよりも、二人の雰囲気に悪影響が出ているなら対処を考えるべきとの考え方を私はしている。

恋愛は楽しいことばかりではなく好きだからつらいと感じることも多い。恋人依存は程度の問題だけで、ある程度は多くの人が近い状態になっているのだろう。それだけ密接な付き合いをするのが彼氏と彼女の関係だ。

彼氏依存や彼女依存を治したいと思ったら、この記事を参考にしながらまずは何か具体的にやってみること。それだけで精神衛生上も良い影響があるから、とにかく取り組んでみよう。

落ち込むだけだと改善への道のりを進めないので、前向きに捉えて頑張ってみてほしい。

プロに相談してみたい人は、ヴェルニの無料ポイント2500円分を活用してみよう。

関連記事:

長続き 嫉妬
Brightfutureをフォローする
自分の結婚できる確率を理解する

結婚を具体的に考えるべき年齢は意外と若いって知ってましたか?結婚したいと思っている人は、自分の年齢によって変化していく「自分が結婚できる確率」を正しく理解しておくことが重要なんです。
下の記事では、総務省の国勢調査から年齢別・男女別に結婚できる確率を算出して、考察をまとめています。
後悔しないように、今の自分の結婚できる確率がどのくらいなのか把握しておきましょう。

恋愛のすべて
タイトルとURLをコピーしました