彼氏が嫌がる彼女のファッション~デートで着る服で失敗しないために

奇抜な女性ファッションのイメージ画像です。

男性よりも女性の方が「自分の見え方」を気にする傾向が強いが、彼氏が嫌がる服装には理解があるだろうか。

ファッションというものは、確かに自分の好みを優先するべきかもしれないが、せっかくのデートだから彼氏が喜ぶコーデで会いたいと考えることは多いだろう。

そうなると意外と悩むのが、彼氏の嫌がるファッションとはどんなものかという問題。彼氏が喜ぶようにファッションを考えても、男性心理を誤解して彼氏に嫌がられるファッションになってしまっては完全に逆効果だ。

そこで今回は、「彼氏の嫌がる彼女のファッション」について男性目線で解説していく。デートで着る服に悩むなら、失敗しないために参考にしてみてほしい。

彼氏が嫌がる彼女のデート服① 露出が多いファッション

恋愛中のアプローチには有効になりやすい露出が多いファッションだが、彼女になったのなら抑える方向で調整をした方が彼氏ウケする。

女性の綺麗なプロポーションは男性を誘惑するので、片思いの時は積極的に露出を増やす女の子がいる。それ自体は付き合う前だと一定の効果が期待でき、片思いの好きな人をその気にさせるのに一定の効果がある。

しかし、彼女として付き合うなら、露出の多いファッションが他の男から軽くみられるんじゃないかと、彼氏に取って彼女が心配になる原因となる。

付き合う前と付き合った後とでは、女性のデート服は露出を控えた清楚系になる方が彼氏ウケするのだ。

また、男性は確かに女性の露出している服装に目が行ってしまうが、それはあくまで目の保養的な意味であって、無意識的である場合も多く、自分の彼女には露出度が高い服を求めていない。

むしろ、男性心理では自分の彼女の露出を他の男に見せたくないという心理を持つため、彼氏へのアピールなら逆効果になってしまうことも…。

好みの問題があるので、その彼氏の趣味を知る必要があるが、もし彼氏の嫌がるファッションをしたくないと言うのであれば、露出が多いファッションは避けておいた方が無難だ。

彼氏が嫌がる彼女のデート服② パンツスタイルでボーイッシュなコーデ

彼氏が嫌がるパンツスタイルのボーイッシュな服装でデートに着た彼女

これは実戦している女性が多いことだが、パンツスタイルよりもスカートの方が男受けは間違いなく良い。

男性は「デート」に彼女の女らしいファッションを期待しているので、パンツスタイルにボーイッシュなコーデを組み合わせるとがっかりするデート服になってしまうことがある。

デートにジーンズをはいていくことが彼氏の嫌がる服装というわけではなく、「いつもパンツスタイルの彼女」は可愛らしさに欠けるため、全般的に彼氏のウケが良くない。

やはり自分とのデートでは女らしいファッションをして欲しいと願う彼氏は多いから、体型の問題とか好き嫌いがあるとは思うが、彼氏が喜ぶデート服を着るという意味でも「自分に似合うスカートを探してみる」と良いだろう。

短すぎるミニスカートは彼氏が嫌がるデートファッション

注意点は、先程のところと被るが、露出が増えるミニスカートは避けることだ。

ミニスカートは男性から見て可愛いデートスタイルだが、やり過ぎは完全に逆効果だから気を付けよう。

「何でそこまで見せつけるの?」って彼女には思うことが多いから、「足を見せる」というところより、「スカートでデートに出かける」という彼女が彼氏ウケする。

短いスカートでデートに来ているのに何かに夢中になってスカートのことを気にしない彼女には彼氏が「もっと気を遣えよ」とイライラすることもあるので、ひざ上くらいの短さで抑えておくと彼氏ウケするデート服になるだろう。

彼氏が嫌がる彼女のデート服③ 個性が強すぎるファッション

デートには可愛いファッションで出かけたいと思うからか、時々自分の趣味が前面に出過ぎている女の子を見かける。彼氏はその彼女を好きになっているのだからすべてを受け入れているのだろうが、一緒に歩くことを考えるともう少し無難なファッションでデートに来てほしいのが彼氏の本音である。

自分に似合う服装をするのが一番可愛いファッションに近づくのは間違いないが、デートで行く場所だったり、その時々の季節感はよく気にするようにしよう。

デート服が場違いなファッションだと、たとえ可愛くても彼氏が嫌がるファッションとなるし、個性が強すぎるファッションも「何で俺と会うのにそんな服装なんだよ」と思われる。

デートは二人で歩くものだから、彼氏のファッションとのバランスも考えられるとベストだ。その服装は確かに友達となら違和感はないのかもしれないが、彼氏と歩くには合わないのかもしれない。そんな見方をしてみるのも重要である。

彼氏が嫌がる彼女のデート服④ ブランドやアクセサリーで固めて華美なファッション

彼氏が嫌がる華美な服装の彼女

彼女がデートにオシャレをしてくれるのは彼氏に取って嬉しいことで、可愛くなるなら彼氏のリアクションがそこまでじゃなくても、内心では喜んでるケースが多い。

しかし、それが「華美」な感じになると嫌がられるファッションとなってしまうことがある。

付き合って1回目のデートや2回目のデートくらいなら気合が入ったファッションでデートに行くのもアリだけど、それが続くと彼氏としてはちょっと疲れてしまうのだ。

彼女のデート服が「気合が入ってる」と思えば、彼氏には「自分も気合を入れないと」という感じで変なプレッシャーが加わる。自信がない男性だったらブランド物やアクセサリーを購入することもあって、「これじゃ金が持たない」と思われることも…。

少なくても、華美なファッションをする彼女とはデートが面倒になる彼氏がいるので、もし彼氏がファッションに関して興味が薄い場合は、デートの予定に合わせてある程度ラフな格好をすることも、求められるバランス感覚だ。

せっかく着飾っても、彼氏が「この子とは合わないのかな」などと思ってしまっては元も子もない。

個性的なファッションとも繋がるが、音が鳴るようなネックレスや派手なメガネ等も男ウケしにくい。香水がキツイのもリアルに迷惑になるし、デートに対する力の入れ方が露骨に伝わると、女性のアピールとしてはマイナスだ。

見てすぐに全身をブランドで固めていることがわかるファッションも見栄っ張りに見えたりして、彼女の内面を疑う要素になることもあるので気を付けよう。

彼氏が嫌がる彼女のデート服⑤ まったくトレンドを追わないダサい服

女性の方がファッションには関心があるからデートでがっかりされる服装をする人が少ないのだが、やはり彼女になった初デートで「まったくトレンドを追わないダサい服装」で現れると、それだけで冷める男性がいるものだ。

特に10代後半から20代前半では、流行に敏感な彼氏や彼女を求める人が多いので、デート服のコーデにはトレンドを取り入れるようにしよう。

「何でその服装でデートに来たの?」と思われるのは、ダサい服だった時に一番思う。そのダサい服にトレンドが関係しているので、押さえておくと安心だ。

彼氏が嫌がる彼女のデート服⑥ 体のラインが出るタイトすぎる服装

タイトな服でデートに行く彼女

デートの服装を選ぶ時はニットワンピのような「タイトすぎる服装」は避けるようにしよう。露出ではないが、同じ意味で彼氏が嫌がるデート服になることが多い。

特に、デートシーンに合わない彼女の服装は男性ウケが非常に悪い。男性はファッションについてもある程度は理屈を持ちこむので、「なんで今日の予定でその服装なの?」と思われて、すごく浮いて見えることがあるから注意が必要。

「せっかく可愛いと思って着た服だったのに…」と思っても、空気が読めない彼女にはどうしても評価が低くなる。動くようなデートならタイトすぎる服装がなかなか合わないから、綺麗なラインを出したい時はトップスにニットを着たり、腰回りが閉まっているファッションを選ぶようにすると彼氏ウケするデートファッションができるだろう。

彼氏が嫌がる彼女のデート服⑦ 体型隠しのためのサイズ感が合わない大きめの服

自分の体型に自信がない女子は、気合いが入ったデートでも体のラインを隠すために、わざと大きめの服を着る(カーディガンで隠すなども含める)タイプがいるけど、男子ウケする服装ではないからやめておこう。

ファッションではサイズ感が合ってることが何より重要だし、体型隠しのためとはいえ、全体的なシルエットが大きくなってしまえば、男性目線だと「もっと太って見える」というのが感想だ。

体型を隠したいなら、ロングスカート(お腹の上まで上げるタイプ)を中心に下半身をカバーして、トップスはサイズ感を合わせたふわっとした服装をする方が男性ウケする服装になる。

彼氏の前で「太ってる」とか「太った」と思われたくないとの気持ちからシルエットがぶかぶかになっている女性を見かけるので、十分に気を付けよう。

彼氏が喜ぶデートファッションをするには?

彼氏が喜ぶデートの服装を考える女性

彼氏が嫌がる彼女のデート服を理解したところで、ここからは彼氏が喜ぶデートファッションをする方法について3つのポイントで解説する。

彼氏の好みの服装に合わせるのはアリかナシか

彼氏が喜ぶデート服を着たいと思った時に、まず疑問になるのが「彼氏の好みに服装を合わせる彼女はどう思われるのか」という点だ。

もしあなたがこんな疑問を持っていたら恋愛のセンスが良い。男性の中には「どんな服が好き?」とか「どんなファッションしてほしい?」としつこく聞く彼女がウザいと思ってしまうタイプがいて、自分好みに服装を変える彼女に「個性がない」とか「自分を持ってない」と思うタイプがいるからだ。

もちろん、多くの男性は自分好みに服装を変える彼女に嬉しいと思うのだけど、彼氏に「今日の服、どう思う?」と聞いた時のリアクションは「どう答えるか」だけじゃなく、「その質問をどう思うか」という点と合わせてチェックしよう。

彼氏の評価を気にしすぎる彼女は重いと思われることもあるから注意してほしい。

基本的には彼氏の好みに服装を合わせるのはアリなので、その方法についてもう一段の思いやりが持てるとさらに彼氏に愛される彼女になれるはずだ。

彼氏の好みの服装が分からない時は、女の子らしいファッションをしよう

彼氏が喜ぶデート服を着たいと思っても、付き合いはじめのデートでは「彼氏の好みの服が分からない」という事もあると思う。

そんな時は、女の子らしいファッションをするのが、彼氏ウケするデート服を選ぶコツだ。女の子らしいファッションとは、下の5つを条件としてイメージしよう。

  • シンプルな清楚系か、ふんわりしたイメージの服装
  • パステルカラー(特にピンク系、白でもOK)
  • スカート(ロングもアリ)、ワンピース
  • 小さめの可愛いバッグ
  • ワンポイントのアクセサリー

彼氏が彼女のコーデを見て、全体的なイメージが「女の子らしい」と思えば、まずがっかりされることは無いし、喜んでくれる。

自分のキャラに合わない場合は判断が難しくなるけど、可愛いと言ってくれる彼氏だったら変に照れる必要はないと思われる。「彼女」としての振る舞いにはなるべく積極的でいる方がずっと仲良く付き合っていけるだろう。

派手にならないシンプルカラーでコーデする

男性の服装がモノトーンで統一されやすいという点も影響していると思うのだが、男性はごちゃごちゃした彼女のファッションを低評価する傾向が強い。

そこで彼氏が喜ぶデート服を着たい女子に意識してほしいのが「シンプルカラー」でコーデすることだ。

デート服で女子がダサくなる理由の最たる例は「足し算ばかりでコーディネートすること」なので、シンプルにまとめる「引き算」を意識しておくと彼氏ウケするデート服を選ぶことができる。

デートに気合いが入ってる時ほど、女子はあれもこれもと付け加えることで失敗するケースが目立つので、全体感をまとめるようにしよう。

まとめ

今回は「彼氏が嫌がる彼女のファッション」を解説した。

女性がデート服を選ぶ時に重要なのは、「行き過ぎ」と「バランス」だ。その点に配慮していれば、可愛い服装をしようとする彼女の気持ちは基本、彼氏が嬉しいと感じる気持ちのはず。

工夫することは多くの場合で良い効果を生む。ここでは彼氏の嫌がることをテーマにしたのでネガティブな内容になったが、女性が可愛く見せようとする努力は、彼氏として歓迎している。

言葉で伝える彼氏は少ないが、心では「可愛いな」と思ってくれていると思うので、今回挙げたことを考慮して、オシャレをしてデートに出かけよう。

守りたい女と重い女の違い~守りたいと思う女性になるコツ!男性がそばにいてあげたいと思う女性ってどんな人?
男性が守りたいと思う女性について、あなたはどんなイメージを持っているだろう? 男性がそばにいてあげたいと思う女性とは、守りたいと思う女性だ。 「俺が一緒にいてあげたい」 そう男が思うときは、重い女だとは思っていない。

関連記事:

付き合いはじめデートのファッション
Brightfutureをフォローする
自分の結婚できる確率を理解する
自分が結婚できる確率を現実的に分かった女性

結婚を具体的に考えるべき年齢は意外と若いって知ってましたか?結婚したいと思っている人は、自分の年齢によって変化していく「自分が結婚できる確率」を正しく理解しておくことが重要なんです。
下の記事では、総務省の国勢調査から年齢別・男女別に結婚できる確率を算出して、考察をまとめています。
後悔しないように、今の自分の結婚できる確率がどのくらいなのか把握しておきましょう。

恋愛のすべて
タイトルとURLをコピーしました