ネットの出会いはアリかナシか~女性の約5割はアリ!きっかけに拘るのはもう古い?

ネットの出会いがアリかナシか考える女性のイメージ

「ネットの出会い」というと、あなたはどんなイメージを持つだろう。

出会いがない人は恋愛の可能性すら感じない生活が続くので、ネットを使った婚活や恋活に興味を持つことがある。SNSを使った出会いも一般化しつつある現在において、出会いがない人の救いは確実にネット上にあると思われるが、「女性はネットの出会いをどう考えているんだろう?」と、男性女性に関わらずふと疑問に思ったことはないだろうか?

女性の方が恋愛には慎重であるし、トラブルを心配する割合も多いはず。ネットの出会いはアリか、ナシか、実際にネットで活動してみようと思う時に気になるものだ。

そこで今回は、「ネットの出会いはアリかナシか」をあるアンケート結果から紹介する。結果的には「女性の約5割はアリ」という数字が出ているので、恋愛のきっかけに拘るのはもう古い時代となっている。ぜひ今の女性の恋愛観に触れてみよう。性別に関係なく読んでみてほしい。

スポンサーリンク

 ネットの出会いはアリ?ナシ?女性の意識

マイナビの行ったアンケートに「ネットでの出会い、アリだと思いますか?」というものがあった。

マイナビの会員を対象にアンケートで200人の女性に聞いている。
(今回記事の参考:女性46%がネットでの出会い”アリ”派 -「今の彼もそう」「普通の人もいる」 | マイナビニュース

その結果は

はい 46.0%
いいえ 54.0%

と、過半数には僅かに届かなかったが、ほぼ半々の結果に。
慎重な人が多い女性でも約5割の人がネットの出会いがアリだと答えている。

ネットの出会いから恋愛に発展したり、友達を得たりする人の数が段々と増えた結果として意識が変わってきている状況。

様々なものが多様化の一途を辿っている世の中で、リアルとネットの垣根は崩壊しつつあるのが、「恋愛」にも波及してきている。

ネットの出会いはナシという女性

しかし、当然ながらネットの出会いに否定的な層の見方は厳しい。
「信用できない」
「簡単に嘘をつける」
「真剣さに疑問」
こんな声が目立ったのだが、色々なものの男女差を考えれば、こんな意見が出るのも当たり前であって、女性ならそう考えるべきだとさえ思う。

ハナから信用ありきで人付き合いをすれば、残念ながら傷付くのは自分である。

ネットには色々な人がいるし、基本「文字」を通して知り合っていくのだから、悪意のある人と関わると嘘をつかれてしまうこともあり得るだろう。
むしろ、そう思いながら利用しないといけないものだと私は思う。

しかし、それと同時に思うのは、「リアルではそんなことが無いの?」ということ。
ネット特有のものとして考えていることの多くは、実はリアルでも起こっていることであって、イメージが先行している部分があるように感じる。

アンケートの回答にも「知らない人が嫌い」とか「生身の出会いしか求めていない」との意見があったが、ネットの出会いはナシと考える女性の意見は、自分にある固定概念を重視している傾向が見えた。

利用の方法を考えると言うよりは、価値観として「ネットで人と知り合うのは嫌」と考えている人の割合はこれから減少することはあっても、なくなりはしないだろう。

確かに普段の生活の中で素敵な人と出会える方が、安心感があるし、自然なことのように感じる。そういった機会に恵まれている人は、自分が嫌いなネットの世界に出会いを求める必要はない。

しかし、普段の生活に出会いがない女性がそう言ってしまった場合は、少し事情が変わってくるのだろう。

カップルの1割はネットがきっかけで付き合っている

私が個人的にネットを恋愛のツールにするべきだと考える理由はいくつかあるが、その中でも大きいのは、ネットをきっかけに付き合ったカップルの割合が上昇しており、10%ほどいるという事実。

世の中の傾向を考えるとネットを排除するのは、勿体ないと思っているわけだ。

【調査で発覚 付き合ったことがない20代男性は4割!】20代の草食男子は出会いを求めて告白する勇気を持て
付き合ったことがない男性の割合が4割もいると言ったら、おそらく驚く人の方が多いのではないだろうか? 男性の中で恋愛に積極的でなかったり、異性をガツ...

世の中の恋愛事情を調べてみると、本当に多くの人が恋愛で上手く行っていない状況が目立っている。
それでもいいと思っている人は無理に努力する必要はないけど、良い人と素敵な恋愛がしないなら、出会いの幅は広い方がいいはず。

冒頭の記事でも触れているが、ネットでもリアルでもトラブルの多くは人付き合いの中から発生するものなので、慎重さを重んじながらも窓口は解放するべきかと思う。
「リスク=排除」ではリターンがないので、人生そのものがメリハリを無くす面もあるだろう。

もちろん、人との関わりを増やせばどうしても面倒は増えると思うし、減らせば穏やかな日々が送れる。メリットとデメリットの両面があるから、選択はあなた次第。

あなたが求めているものによっては、ネットの出会いを再検討してみてもいいだろう。

まとめ

今回はネットの出会いはアリか、ナシか、女性の意識をアンケート結果から検討してみた。

色々な考え方があると思うので正しい答えはないと思っているが、恋愛には出会い力が必要な面が大きいので、「ネット」も選択肢の一つにはなるだろう。

こちらも合わせて読んでみてほしい。

モテない男が彼女を作るために必要なこと~恋愛に必要な3つの要素を改善・対処する方法

出会い大学生の恋愛
スポンサーリンク
Brightfutureをフォローする
自分の結婚できる確率を理解する

結婚を具体的に考えるべき年齢は意外と若いって知ってましたか?結婚したいと思っている人は、自分の年齢によって変化していく「自分が結婚できる確率」を正しく理解しておくことが重要なんです。
下の記事では、総務省の国勢調査から年齢別・男女別に結婚できる確率を算出して、考察をまとめています。
後悔しないように、今の自分の結婚できる確率がどのくらいなのか把握しておきましょう。

スポンサーリンク
恋愛のすべて
タイトルとURLをコピーしました